遺言書 偽造 捏造 事件

   
   裁判所が犯罪に加担した。
       この事実は、断じて放置することが出来ない。
        これは、もう一つの事件である。



 




 . 〔 裁判所(裁判官)の犯罪 〕
 
  公証人によって作成される遺言書が、遺言公正証書である。
  法律の専門家が作成するために、極めて信頼性の高い遺言書とされている。
  その遺言書が偽造、捏造されたのである。

  しかも、その事実を裁判で立証したにも関わらず、判決文に、それが反映されないという不可解な出来事が起きた。
  裁判所が、犯罪に加担し、故意に、不正な判断を行ったためである。

  これは、由々しき事態である。
  正義が実現されない裁判があるとは、衝撃の事実である。
  我が国の司法は、そこまで腐っているのである。
  そうした不正が、これまでまかり通っていたのである。

  この事実は、断じて放置することが出来ない。
  当事者の一人として、そうした事実を知り、自ら体験したことから、この際、広く世間一般に知らせる必要性があると判断した。
  故に、ここに事実を、事実として公表する次第である。

  我が日本国は、あくまでも法治国家であり、曲りなりにも、法による正義が実現されている国である。そして、世界が認めている礼節、礼儀を守り重んじる国である。
  この国において、不正義が野放しにされ、また、違法行為が見逃されることがあってはならない。
  後世のためにも、断固、糾弾する必要がある。
  また国の将来のためにも、是非とも裁判所を改善し、法制度のあり方を是正しなければならない。







      裁 判 の 経 緯  .


   一 審 〔さいたま地方裁判所〕

  2014年(平成26年)   3月 18日(火)  訴状を提出する。
        さいたま地方裁判所

  2014年(平成26年)   4月 25日(金)  訴状訂正申立書を提出する。

  2014年(平成26年)   6月 11日(水)
       第一回口頭弁論期日

  2014年(平成26年)   7月 14日(月)  第二回口頭弁論期日

  2014年(平成26年)   9月 22日(月)  第三回口頭弁論期日


      参照資料  .

  2014年(平成26年) 9月 22日(月) 第三回 口頭弁論期日までに提出した資料。
           

    甲第  15・16・17 号証(省略)

    〔 被相続人(遺言者・森田末○)の筆跡 一 〕

    甲第18号証 【公証人の犯罪 = 陰の組織が司法の独立を破壊した 】   
  


  
  〔 被相続人(遺言者・森田末○)の筆跡 二 〕

   
甲第19号証 【遺言公正証書が偽造できる原因と背景 】( すべての公証人が、公証人協会という組織に所属する。) 



    〔 被相続人(遺言者・森田末○)の筆跡 三 〕

    甲第20号証  
【 遺言書の偽造と陰の組織 (公証人会) 】  

        ・  21 ・ 22 ・ 23号証(省略)

   
  森田末○本人の筆跡。 “田”の字に特徴がある。右肩に留めを利かせてから、そのまま筆先を、下に降ろす。故に、角が、丸みを帯びることが無い。



     〔 遺言書に記されている各人の筆跡との照合 ( 被相続人・森田末○と証人・新井邦○、証人・塚越武夫、公証人・開山憲一 ) 〕

     甲第24号証 【憲法第76条が破壊された】〔 陰の組織(公証人会)が憲法第76条を破壊した 〕  



    〔 被相続人・森田末○本人の筆跡と証人・新井邦○の筆跡を比較する ( 1 )( 2 ) 〕

     甲第25〜26号証 【 遺言書偽造事件を裁判所が隠蔽した 】 〔 裁判所(裁判官)が犯罪に加担したのである〕 
 


   
 〔 被相続人・森田末○本人の筆跡と証人塚越武○の筆跡を比較する ( 1 )( 2 ) 〕

    甲第27〜28号証 【 完全犯罪を生み出す公証人制度 】 〔 すでに司法制度が破綻している 〕   



  2014年(平成26年) 10月 22日(水)  一審・さいたま地裁判決日

  2014年(平成26年) 10月 24日 一審の判決文を特別送達で受け取る。
     正義の女神は死んだ!。驚愕の事実  (?_?)エ?。


   〔 一審(さいたま地裁)判決文 * * 裁判所(裁判官)が犯罪に加担した * * 〕

   判決文の全文
        ↓

     犯罪に加担したさいたま地方裁判所第6民事部 ( 佐野信 裁判官 )

    【 遺言公正証書が偽造された。裁判所(裁判官)が犯罪に加担した。 】



    さいたま地方裁判所の犯罪
     〔 これは一裁判官の判断で出来ることではない。また、一書記官が自ら進んで行うことでもない。








   二 審 〔東京高等裁判所〕


  2014年(平成26年)  11月 6日(木)  控訴状を提出する。
        東京高等裁判所

控訴理由書
  2014年(平成26年)  12月 26日(金)  控訴理由書を提出する。

  控訴理由書の全文
     ↓

     〔 遺言公正証書 偽造事件 控訴理由書 神聖な場所であるべき裁判所が、魑魅魍魎によって食い物にされている 〕

     【 遺言公正証書 - 偽造事件 - 控訴理由書  (法曹界全体が陰の組織に牛耳られている) 


    参照資料
控訴審用証拠書類
  2014年(平成26年) 12月 26日(金) 控訴理由遺書に添付して提出した資料。
          

     〔 甲第31号証  その場にいた四人の筆跡を比較・検討する 〕

     〔 甲第32号証  塚越武○と遺言書の筆跡を様ざまな角度から比較する(その1) 〕

    甲第31〜32号証 【 遺言書偽造と公証人連合会 】 〔 我が国の司法界(裁判所)には、巨大な力を持つ陰の組織が存在する。 〕




     〔 甲第33号証 塚越武○遺言書の筆跡を様ざまな角度から比較する(その2) 〕

     〔 甲第34号証 塚越武○と遺言書の筆跡を様ざまな角度から比較する(その3) 〕

    甲第33〜34号証 【 公証人(陰の組織)が憲法第32条を破壊した。国民の権利が奪われた。】



     〔 甲第35号証  塚越武○と遺言書の筆跡を様ざまな角度から比較する(その4) 〕

     〔 甲第36号証  塚越武○と遺言書の筆跡を様ざまな角度から比較する(その5) 〕

    甲第35〜36号証 【 すでに裁判制度が破綻している 】(陰の組織(公証人会)によって、憲法第32条が破壊された) 



     〔 甲第37号証 塚越武○と遺言書の筆跡を様ざまな角度から比較する(その6) 〕

     〔 甲第38号証 塚越武○と遺言書の筆跡を様ざまな角度から比較する(その7) 〕

    
甲第37〜38号証  【 遺言書の偽造と裁判制度 】(公正証書(公文書)が違法に作成されたのである) 



  2015年(平成27年)  1月 31日(土)  被控訴人より控訴答弁書を受領

  2015年(平成27年)  2月 3日(火) 控訴審 第一回 口頭弁論期日
     同 日  第2準備書面を提出する。

   第2準備書面の全文
       ↓

    〔 遺言書偽造捏造裁判  あるいは、これも過去の多くの成功事例に倣ったものであり、一審の時と同様、 ・ ・ ・ つまりこの控訴審でも、強烈なプレッシャーが掛けられ、正義の女神を力でねじ伏せて、被控訴人に都合のよい判断が下されるということなのか。 〕

     【 遺言書偽造捏造裁判 控訴審 第2準備書面 】( 一体、ぜんたい裁判所というところは、そもそも何をする所なのだろうか ) 



  2015年(平成27年) 3月 5日(木) 二審・東京高裁判決日
二審判決文
    3月 7日 (土) 二審の判決文を特別送達で受け取る。

     正義の女神は死んだ!。驚愕の事実  (?_?)エ?。

     〔 遺言書の偽造と裁判官の犯罪 一審のさいたま地裁は、最終弁論期日に提出した資料を、故意に欠落させて、 ・・・ 二審の東京高裁は、その違法な判断を、判決文の基礎資料とした。つまり一審と、二審が、二重構造で犯罪に加担したのである。 〕

    判決文の全文
       ↓

   犯罪に加担した東京高等裁判所第21民事部

    
 ( 斎藤隆 栗原洋三 鈴木正弘 合議体裁判官 )


     【 遺言書の偽造と裁判官の犯罪 】 ( 一審と二審が二重構造で犯罪に加担した ) 





  


     一審、二審の判決文の対比・整理
          ↓

    〔 不思議なことに・・・・ 何故か、裁判官というお偉い人たちには、書かれてもいないものが読めてしまうのである。しかも、提出してある判断に必要な資料は、読まないのである。そして、証拠も見ずに、判決文を書いてしまうのである。一体、ぜんたい裁判所という所は、そもそも何をする所なのだろうか。σ(?_?)エー?。〕

      〔 遺言書 偽造事件 〕 一審、二審判決文の対比・整理 ( 結果的に、法と証拠に基づく判断が二段階で行われなかった ) 








   三 審 〔最高裁判所〕


  2015年(平成27年)   3月 18日(水)
   『上告状 兼 上告受理申立て書』を提出
      最高裁判所御中

上告理由書
  2015年(平成27年)   5月 11日(月) 
    上告理由書を提出

      上告理由書の全文
        

    〔 遺言書 偽造事件 - 数の力が必要である。 ・ ・ ・要するに、陰の組織は、100年もの間放置されて来たことから、それほどまでに強大な力を持ってしまったのである。 ・ ・ ・ 最後に、繰り返し申し述べておく。上告人・森田英○○(私)としては、公平、公正な判断が下されるべく、最高裁判所の裁判官、15名全員による大法廷での審理を、強く要望する。 〕

      【 遺言書 偽造・上告理由書 】 ( 裁判官15名全員による大法廷での審理を強く要望する )   



上告受理申立て』 を却下
  2015年(平成27年)  5月22日(金)
       『上告受理申立て』 を却下する判決文
         ↓

   〔 陰に隠れているお前の名前を公表しなさい。東京高等裁判所民事部 第21民事部を、遺言書の偽造という犯罪に加担させた張本人である。いかさま師集団の親玉である。 〕

     【 最高裁へ ← 遺言書偽造事件 】 ( もし、開かれれば、公証人制度の問題点に、初めて司法のメスが入る。 ) 



  2015年(平成27年)  6月13日(土) 
       『 記録到着通知書 』 を受領する。
          ↓

     〔 いよいよ最高裁へ  我が国の裁判制度には、重大な欠陥がある。そこに付け込んで、陰の組織が暗躍しているのである。裁判所を完全に私物化しているのである。さらには法曹界全体が、その組織に牛耳られているのである。従って、その組織の魔の手は、最高裁判所にも及んでいるに違いない。 〕


     【 いよいよ最高裁へ―遺言書偽造・捏造事件 】 ( 下級裁判所を指揮、統括する立場の最高裁自らも、その犯罪に加担したことになる ) 



  2015年(平成27年)   7月 18日(土) 
     『 調 書 (決定) 』 を特別配達で受領する。
          
    
    〔 ・ ・ ・ 上告理由書をきちんと読めば一審、二審の判決が、憲法違反であることは、誰にでも分かることです。・・・ それにも関わらず、千葉勝美・小貫芳信・鬼丸かおる・山本康幸の四名の最高裁判所裁判官は、上告する理由に該当しないとして、上告を棄却する判断を示したのです。言い換えれば、一審と、二審の裁判所が、平成26年9月22日のさいたま地裁での最終弁論期日に行なわれた法廷での遣り取りと、この日提出した証拠資料に関する部分を故意にに欠落させて、正義を実現するための正当な判断を下さなかったとしても、憲法違反ではないというのです。裁判官が、法と証拠に基づかないインチキ判決文を作成しても、一向に差し支えないと言うのです。これが『本件上告を棄却する。』の意味であり、遂に、最高裁判所までもが、犯罪に加担したのです。要するに、陰の組織の圧力に屈したのです。 〕


  【 犯罪に加担した 最高裁判所 第二小法廷

     
 ( 千葉勝美 ・ 小貫芳信 ・ 鬼丸かおる ・ 山本康幸 )  




  2015年(平成27年)   8月 3日(月) 
     最高裁判所へ行き『調書(決定)』の正式書類を受け取る



   最高裁判所の裁判システムは憲法違反である 】

    〔 (1) 秘密主義がはびこる最高裁判所 (2) 調査官が作成した書類は綴じられていなかった。 (3) ようやく受け取った調書(決定) の正式書類  * * 調査官が作成する書類は内部文書か? * * 〕(実質的には上告審の審理が、高等裁判所の裁判官の資格しか持たない、調査官によって行われているのである)


    〔1〕 最高裁判所の犯罪 = 当事者(原告)にも見せない秘密書類 → 調査官報告書



   〔 最高裁判所の裁判官ではない者が、上告事件の実質的な裁判を行なうシステムは、憲法第七十九条に違反する。 裁判は公平、公正を期するために、常に国民から監視されている状態で行われる必要がある。 ・ ・ ・ 分かり易く言えば、最高裁判所では、不正な秘密裁判が行われているのである。 〕

   〔 憲法 第82条 【裁判の公開】
      第1項 裁判の対審及び判決は、公開法廷でこれを行ふ。
        こうした事態は、裁判に関係するすべての過程、すべての経緯・経過が、国民の監視の目から遮られているために起きたのである。 / 憲法第82条が定める『裁判の対審及び判決は、公開法廷でこれを行ふ。』という、開かれた裁判の理念に、違反するシステムが取り入れられているために生じたのである 〕


     〔2〕 憲法違反の裁判システム = 高裁判所の裁判システムは憲法違反である





     ↑     ↑     ↑ 

   以上、First Stage 民事の部

      おまけ。




    お ま け 。


 
 〔 一 〕

    
 警察組織は誰の指示で動くのか。

  善良な一般市民を、強引に、犯罪者に仕立て上げる目的で、組織的に監視し尾行まで行ったのか。

  何者かによって埼玉県警の刑事組織が、私的に利用されたのである。

  税金が無駄に使われたのである。

  公器である警察権を、秘密裏に、且つ、私的に動かしたのは、何処のどいつだ!!。


             ↓
    【 陳述書より一部抜粋 】遺言書の偽造と私物化された埼玉県警の警察権 .




  〔 二 〕

     陰の犯罪組織を生み出した最高裁事務総長の無能と無責任

  ('_')/ ( ゚゚;) 。
  司法を司るべき裁判所全体が、腐っている。そして、司法界全体が、腐りきっている。要するに、法曹界全体が腐っているのである。
  その元凶となるのが最高裁事務総局であり、そこの責任者が、先日、ハンセン病患者の裁判が、隔離先の療養所などに設けた「特別法廷」で開かれていたとして謝罪した、今崎幸彦事務総長である。

  そうした体たらくの状態だからこそ、陰の組織が付け入る大きな隙間が出来てしまうのである。正規の裁判官に、法と証拠に基づくまともな裁判をさせない裏の組織が、増長し、蔓延ってしまったのである。
  まさしくそれがこの国の、あまりにも情けない現状であり、法治国家であるはずの我が日本国の恐るべき司法の実態なのである。

  いっそ無くしたほうが良い組織である。
  欠陥組織は、切り取って捨てるしかない。国民が迷惑する。σ(゚.゚) σ(--;)
  実際に、迷惑している。
    ('_')/ (-_-#)

          

     【 陰の犯罪組織を生み出した最高裁事務総長の無能と無責任 】




 
〔 三 〕

    
法の盲点=法体系の欠陥


  民法第969条は、公正証書によって遺言をする際には、二人以上の証人の立会いが必要である旨を定めている。
  また、民法第974条では、証人及び立会人になることが出来ない人たちについて、次のように定めている。
  (証人及び立会人の欠格事由)
   第974条
    次に掲げる者は、遺言の証人又は立会人となることができない。
     一 未成年者
     二 推定相続人及び受遺者並びにこれらの配偶者及び直系血族
     三 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人

       

    【 公証人の犯罪と立証を妨げる欠陥法体系 】




 
〔 四 〕
    
有罪率 99.9%の障壁=検察組織の犯罪


  検察官は、絶対に有罪に出来そうな事件を選別して、起訴する。その逆のことが予想される場合は、起訴しない。当然の結果として、99.9%が、有罪となる。
  ここに犯罪被害者から提出された告訴状を、密かに握り潰す口実と、屁理屈が、隠されている。これは被害者に、裁判を起こさせないシステムである。裁判制度の私物化である。警察や検察組織が犯罪を隠蔽し、犯人を擁護し、犯行を助長しているのである。

       

   【 陰の組織と検察組織の共謀 】




 〔 五 〕

    刑事責任が問われるべきは誰と誰と誰だ。


     犯行を実行した人物。
     犯行を指示した人物。
     犯行に加担、擁護した人物。
     犯行を隠蔽した人物。

  遺言書の偽造という犯罪行為が、現実に行われたのである。しかも、それを立証した民事裁判では、陰の組織から強い圧力を受けた裁判官たちによって、虚偽と欺瞞と誤魔化しによるペテン師も顔負けのインチキ判決文が作成された。つまり、裁判所が地裁、高裁、最高裁の三段階で、犯罪に加担したのである。
  そのことに関わった人物は、いずれも刑事責任の対象となる。たとえ関与した割合、程度により多少の差があるとしても、まったく責任が問われないということは有り得ない。
  公文書である遺言公正証書の偽造行為は、国の法秩序を踏みにじる大罪である。また正規の裁判官が、陰の組織の言いなりになっている今の裁判所の現状は、この国が、法治国家であることを完全否定するものである。
  関係者に対して、正当な裁きが行われる必要がある。
       

    【 刑事責任の対象者 】









      * * * * ○  ☆☆ ○ * * * * * * * * ○  ☆☆ ○ * * * * * * * * ○  ☆☆ ○ * * * *






  2017年(平成29年)   ○月 ○日(○) 



  2017年(平成29年)   ○月 ○日(○) 









   * * * * ○  ☆☆ ○ * * * * * * * * ○  ☆☆ ○ * * * * * * * * ○  ☆☆ ○ * * * *

   * * * * ○  ☆☆ ○ * * * * * * * * ○  ☆☆ ○ * * * * * * * * ○  ☆☆ ○ * * * *








      * * * * ○  ☆☆ ○ * * * * * * * * ○  ☆☆ ○ * * * * * * * * ○  ☆☆ ○ * * * *






  2017年(平成29年)   ○月 ○日(○) 



  2017年(平成29年)   ○月 ○日(○) 









   * * * * ○  ☆☆ ○ * * * * * * * * ○  ☆☆ ○ * * * * * * * * ○  ☆☆ ○ * * * *

   * * * * ○  ☆☆ ○ * * * * * * * * ○  ☆☆ ○ * * * * * * * * ○  ☆☆ ○ * * * *





    ○  ☆  * * *  ☆  ○


      果たして、最高裁の開かずの扉は、開かれるか?。
      もし、開かれれば、公証人制度の問題点に、初めて司法のメスが入る。
      開かれなければ、犯罪に加担した地裁、及び、高裁のもう一つの事件は、一切表面化することなく、すべて地下に隠蔽されたままとなる。下級裁判所を指揮、統括する立場の最高裁自らも、その犯罪に加担したことになる。
      従って、我が日本国は、法による正義が実現されている法治国家ではなく、陰の組織に牛耳られている無法国家であることが明らかとなる。司法の信頼は失われ、同様の犯罪が今後も、広くはびこることになる。小狡い犯罪者の天下である。それは絶対に、あってはならないことである。



   ☆  ** ― ○ ○ ― ** 



  裁判所は今後、改善される余地はあるのか。

  おそらく世間一般の大多数の人たちが、裁判所では、必ず事実関係が解明されて、正義が実現されるに違いないと思っている。裁判所に正義の女神像(テミス像)が、建てられているのは、そのためである。つまり、その正義の女神像は、単なる象徴として存在するのではなく、必ず実現されるために存在するのであると。
  控訴人(原告・私)の場合も、資料として提出してある事実関係を、裁判所が正確に判断すれば、誤った判断などは出るはずがないと考えていた。裁判所では、必ず、正義が実現されるに違いないと思い込んでいたからである。

  ところが実際には、一審のさいたま地裁では、勝てなかったのである。しかも、ただ負けたのではない。裁判所が犯罪に加担したために負けたのである。
  これは被告の立場から見れば、裁判所が違法行為を故意に見逃し、犯罪を擁護したからこそ勝てたのである。つまり、正義を実現するための司法制度が、プレッシャー団体によって食い物にされており、判決文の作成にまで関わっているために、裁判に勝てたのである。これは、なんともおそろしい事実である。

  おそらく今後も、こうした裏事情を知っている人間が、こっそり公証人に依頼して遺言書を造り、被相続人が死亡した時点で、是、この通り、正式な遺言書が存在すると言って開示するに違いない。
  そうすれば多くの人たちは、まったく手が出せないことになる。それが偽造されたものであろうと、ねつ造されたものであうと、或いは、犯罪行為によって作成されたものであろうと、自分で、そのことを証明しなければならないからである。
  いかに不審に思ったとしても、或いは、怒り、憤る人がいたとしても、裁判さえ起こせないのである。いくら手を尽くして探しても、弁護士が見付けられないからである。故に、法的な対抗処置がとれないのである。被害者は、ただ泣き寝入りするしかないのである。

  控訴人(原告・私)としては、こうした事実が存在することを、広く、世間一般に知らせる必要があると考えている。神聖な場所であるべき裁判所が、魑魅魍魎によって食い物にされている事実を。司法制度そのものが、ゆがめられている事実を。しかも、裁判所が、犯罪に加担するという事実を。

  そして、いずれ司法制度が正しく機能し、仏教思想における因果応報、自業自得の原理・法則が、現実世界の法制度、法秩序と合致している事実を確認したいと思っている。無論、すべては天の配剤によるのである。だが、そこに人の意志が介在した時に、見えない世界の力が現実となり、真理・真相を解明するための正義が、この世界に於いて実現されるのである。
  もし、この国の法曹界に、自浄機能が働いていないのであれば、外部から力を加えてでも、なんとか清浄化作用を促進させる以外に、方法、手立ては無いのかも知れない。労多きことであるが、それもまた、むべなるかなである。

   ― 以上 控訴理由書 より ―











 
もとの場所に戻る。
      


もとの場所へ戻る
sp