犯罪に加担した最高裁判所 第二小法廷 (千葉勝美・小貫芳信・鬼丸かおる・山本康幸)



  最高裁判所は、15人の裁判官で構成されます。

  参考までに。
    最高裁判所のホームページです。
      ↓
  http://www.courts.go.jp/saikosai/index.html


  こちらに最高裁判所の裁判官、15名が全員、紹介されています
      ↓
 http://www.courts.go.jp/saikosai/
about/saibankan/index.html






  それぞれの裁判官の紹介ページは、こちらです。
      ↓

  最高裁判所長官
  寺田 逸郎
第二小法廷
最高裁判所判事
  櫻井 龍子
第一小法廷
 
  千葉 勝美 ( 2016年(平成28年) 8月24日 定年退官 )
第二小法廷
 
  岡部 喜代子
第三小法廷
 
  大谷 剛彦
第三小法廷
 
  大橋 正春
第三小法廷
 
  山浦 善樹
第一小法廷
 
  小貫 芳信
第二小法廷 
 
  鬼丸 かおる
第二小法廷
 
  木内 道祥
第三小法廷
 
  山本 庸幸
第二小法廷
 
  山ア 敏充
第三小法廷
 
  池上 政幸
第一小法廷
 
  大谷 直人
第一小法廷
 
  小池 裕
第一小法廷
 
 

  このうち第二小法廷に属するのは、千葉勝美・小貫芳信・鬼丸かおる・山本康幸の各裁判官である。
  最高裁長官である寺田逸郎裁判官も、第二小法廷に属するが、なぜか調書(決定)の書類には、その名前が記されていない。故に、当該事件の審理には、関わっていないことになる。


  従って、上記四名の裁判官が、遺言書の偽造という犯罪に加担したことになる。

  つまり、上告を棄却することにより、一審のさいたま地裁、二審の東京高裁と同様に、最高裁判所までもが、犯罪を隠蔽したのである。
  すなわち違法行為を幇助し、容認し、結果的に犯罪に加担したのである。

  そのことを示す書類が、下に紹介する調書(決定)である。

  ペラ紙二枚だけの書類である。








  因みに、千葉勝美裁判官は、2016年(平成28年)8月24日、定年退官したために、上の裁判官の紹介ページが抹消されている。

  以下、参考までに、この人物について紹介しているサイトを、いくつか掲載しておくことにする。

        

  ウィキペディア
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E8%91%89%E5%8B%9D%E7%BE%8E


  e-hoki
  http://www.e-hoki.com/judge/1840.html?hb=1


  ( 日本最大の法律事務所である )
          
    西村あさひ法律事務所
  https://www.jurists.co.jp/ja

  https://www.jurists.co.jp/ja/news/161003.html
 
  https://www.jurists.co.jp/ja/attorney/0828.html


  Yahoo!知恵袋
  http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%
  E5%8D%83%E8%91%89%E5%8B%9D%E7%BE%8E



  
  ( 定年退官した日が、2016年(平成28年)8月24日(水)であり、次の西村あさひ法律事務所に入所したのが、2016年(平成28年)10月03日(月)(広報の掲載日)である。
  その間、わずか39日である。実質の日数は、さらに短い。つまり異例の速さで、再就職が決まったことになる。

  しかも裁判官は『国家公務員法』第二条 十三 で定める公務員である。従って、同法の 第百六条の四 の離職後、二年間の制限規定が適応されるはずなのだが ・ ・ ・ ・ ?、 はて、サテ、、?。 。 (@_@) 。 ?。

  実は、ここには癒着の構造がある。
  こちらは、その問題点を指摘するサイトである。
        ↓
    ニュースサイト『MyNewsJapan』
  http://www.mynewsjapan.com/reports/1570

  要するに、最高裁の裁判官といえども、決して清廉潔白な聖人、君子などではないということである。
  一皮むけば、汚れた手と、黒い腹の中が透けて見える。
  そして、ここにも例の陰の組織が、裏で関わっている可能性が出て来た。
  日本公証人連合会という巨大組織が関与すれば、定年退官する以前に、次の就職先が見つかっていたとしても、何ら不思議ではない。ただし、その代わりに、この組織が関わっている裁判には、不正が行われる可能性が大きいということである。

  従って、当該事件も意図的に、上告を棄却する判断が示された可能性が出てきたことになる。つまり岡田紀彦最高裁調査官による、間接的な不正工作だけでなく、直接、千葉勝美裁判官による不正が行われた可能性が出て来たということである。
  そして、その見返りが、日本最大の法律事務所への再就職である。それが、わずか39日の早業の理由である。
  こうして正義の女神が、カネで売られたのである。日本の司法は、土台から腐っているのである。 )

                                 ( 以上、追記  2017.02.03 )






一枚目の書式がこちら。


  


こちらに、より鮮明な画像を紹介しておきます。

  調書(決定)_の拡大画像 





二枚目の書式がこちら。







こちらに、より鮮明な画像を紹介しておきます。


これは正本である。の拡大画像 →  









  最高裁判所まで入り込んでいる陰の組織


  2015年(平成27年) 7月 18日(土)に、特別配達で受け取った『調書(決定)』の書類一式は、上に紹介したようなものです。
  二枚のペラ紙が、ホッチキスで二か所、止めてありました。
  いずれも定型文が記載された、既成の印刷物です。


  そして、主文には、
    本件上告を棄却する。
 とあり、
  また、理由の欄には、

   民事事件について最高裁判所に上告をすることが許されるのは、民訴法312条1項又は2項所定の場合に限られるところ、本件上告の理由は、明らかに上記各項に規定する事由に該当しない、
  と記されています。
  民事訴訟法312条というのは、上告をすることが出来る要件について定めたものです。
      ↓

  民事訴訟法312条
  (上告の理由)

  第312条
  1.上告は、判決に憲法の解釈の誤りがあることその他憲法の違反があることを理由とするときに、することができる。

  2.上告は、次に掲げる事由があることを理由とするときも、することができる。ただし、第四号に掲げる事由については、第34条第2項(第59条において準用する場合を含む。)の規定による追認があったときは、この限りでない。
   一  法律に従って判決裁判所を構成しなかったこと。
   二  法律により判決に関与することができない裁判官が判決に関与したこと。
   三  専属管轄に関する規定に違反したこと(第6条第1項各号に定める裁判所が第一審の終局判決をした場合において当該訴訟が同項の規定により他の裁判所の専属管轄に属するときを除く。)。
   四  法定代理権、訴訟代理権又は代理人が訴訟行為をするのに必要な授権を欠いたこと。
  五  口頭弁論の公開の規定に違反したこと。
  六  判決に理由を付せず、又は理由に食違いがあること。



  すでに申し上げているように、上告理由書をきちんと読めば一審、二審の判決が、憲法違反であることは、誰にでも分かることです。
  そもそも法と証拠に基づかない裁判は、裁判ではなく、まさに茶番です。裁判の名を借りたタチの悪い偽装工作であり、ペテン師も、詐欺師も顔負けのいかさま行為です。つまり、裁判所の裁判官による犯罪行為です。

  それにも関わらず、千葉勝美・小貫芳信・鬼丸かおる・山本康幸の四名の最高裁判所裁判官は、上告する理由に該当しないとして、上告を棄却する判断を示したのです。
  言い換えれば、一審と、二審の裁判所が、平成26年9月22日のさいたま地裁での最終弁論期日に行なわれた法廷での遣り取りと、この日提出した証拠資料に関する部分を故意にに欠落させて、正義を実現するための正当な判断を下さなかったとしても、憲法違反ではないというのです。
  裁判官が、法と証拠に基づかないインチキ判決文を作成しても、一向に差し支えないと言うのです。

  これが『本件上告を棄却する。』の意味であり、遂に、最高裁判所(最高裁判所裁判官)までもが、犯罪に加担したのです。
  要するに、陰の組織の圧力に屈したのです。









  最高裁判所の裁判システムのカラクリが見えて来た


  それにしても、それにしても、、、
  何と、、、驚いたことに!!、、一枚目の調書(決定)の書類で、裁判長認印の欄に押してある『丸の中に印』のマークは、ゴム印です。
  また、一番下の裁判所書記官の名前の右側に押してあるのも、同じゴム印です。

  ハンコ主義の役所の最高峰であるはずの最高裁判所に於いて、およそ民間では通用しないような、ゴム印を押した文書が、正式書類として作成されているのです。

  二枚目の書類の裁判所書記官名の右側には、「最高裁判所裁判所書記官印」と刻まれた印鑑が押してあります。これは、おそらく公印です。
  これにより一応、この書類一式が、最高裁判所で作成された書類であると分かります。

  しかし、上の用紙にホッチキスで、この書類が止められているからと言って、上の書類が、裁判所の正式な書類であるという証拠にはなりません。
  もしかすると、何の権限も持たない裁判所書記官が、勝手に作成した書類であるかも知れないのです。
  裁判長の印鑑が押された正式な書類を、自分の目で確認しない以上は、とうてい納得することが出来ません。

  そこで、最高裁判所に問い合わせてみると、裁判長の認印が押された正式な書類は、裁判所内に保管されているということでした。

  また、この『調書(決定)』の書類が作られる過程で、最高裁判所調査官が作成した書類(調査官報告書)も残されているはずであり、それらは、すべて調書綴り(訴訟記録)の中に挟み込まれているに違いないのです。

  そこで、この際、遠路はるばると最高裁判所まで出向き、直接自分の目で、その書類を見てくることにしたのです。

        ↓ (次のページで紹介します。)

   2015年(平成27年)   8月 3日(月) 
     最高裁判所にて『調書(決定)』の正式書類を受け取る
      【 最高裁判所の裁判システムは憲法違反である 】


  実はそれにより、最高裁判所の裁判システムのカラクリが見えて来たのです。また、そこに陰の組織が付け入る隙があったのです。憲法に違反しているシステムが創り出した隙間です。

  その隙間を埋めない限りは、陰の組織の黒い魔の手が密かに入り込み、やりたい放題のことが出来てしまいます。

  その状態が、これまで何十年もの間、放置されて来たのです。

 




 もとの場所に戻る。
      



sp ⇒