CA-HG-07 の拡大写真です。
   石は、十二ミリ + 十ミリ + 八ミリ  + 八ミリ の計四個を使っています。 いずれも128面カットです。

    石の下に垂らしてある房に宗教的な意味合いはありませんが、朱の色は、もともと魔よけとして使われる色です。神社の鳥居が、この色で塗られているのも同じ意味からです。
    写真では、黄色っぽく写っていますが、実際は緋に近い鮮やかな朱色です。
  ラッキー・ドラゴンの能力が、事故の防止に役立てば幸いです。
* * 
* 
   お断り。
    下の写真の吸盤は透明の物を使っていますが、集光現象を心配される方がいらっしゃいますので、実際には黒色のものをお付けいたします。

          ↓
* 

 下の写真は、フラッシュ撮影したものです。
  
光量が足りないために、どうしても暗くなってしまいます。
* 
*
 

* 
* 
* 
* 
* 
↓ 直接、太陽光線が当たると、こうなります。
光の当たった水晶が輝いています。
  * 
  
* 
* 
* 
* 
*  


  

* 
* 
* 
* 
* 



* 
* 
* 
* 
* 
  

 

* 
* 
* 
* 
* 
 もとの場所に戻る。
      
 
* 
* 
* 
* 
* 
* 
* 
* 
* 
* 
* 
* 
* 
*