ま え が き

 ハーイ。
 △□○ 太郎 でーす。(^o^)/。
〔 ←― ここの店主とは別人格です。σ(゚.゚) 〕

 某創作系ネットの会議室に、小説もどきの作品をアップしたのですが、同じものをこちらにも掲載しておきます。
 自分では一応、小説として書いたつもりでいるのですが、実際に、小説になっているかどうかは分かりません。
 ただし、もし小説になっていないと、いろいろな面で差し障りが生じるかもしれませんので、自分では、あくまでも「これは小説である」と言い張ることにしました。
 すなわち、ここに記されている内容はすべて、fictionであり、架空の創作作品であり、決して事実そのものでは無いということです。そして創作作品である以上、登場人物も、もちろん私自身ではないということです。
 そうした前提を踏まえて、お読み頂ければ幸いです。イヤ必ず、そうした前提でお読みください。φ(。。;;)チェックチェック


                        太郎 (・_・)/


 p.s.
 それにしても、こんなものを仕上げるのに、かなりの時間が掛かってしまいました。
 そもそも能力の無い者が、遣るような事ではないと実感しました。


 ****** ○○ **** ○○ *******


  【 ボ ク の 剱 岳 】

        △□○ 太郎


 ボクには、けっこう無鉄砲なところがある。両親ともわりに堅実なタイプだから、これは親譲りというわけではないようだ。従って、突然変異で生まれた、不肖の息子ということになる。
 しかし親譲りであろうが、なかろうが、それで損をする点は、同じである。がむしゃらに突き進んでしまうために、時として周囲の人たちと、軋轢や、摩擦が生じる。仕事の上のしくじりは、勤める会社を変えればすむことだが、事と次第によっては、それだけでは済まない場合がある。生命にさえ関わることがあるからだ。
 もし天の助けが無かったら今頃、ボクは、ここにこうして存在していないかもしれない。もしかするといらっしゃるかも知れない神様に一応、感謝しておこう。


    ( 1 )
 1997年八月二十日。ボクは午前八時、新宿発の中央本線、南小谷行き、スーパーあずさ号に乗った。そして、大糸線の信濃大町駅で下車した。
 そこからバスに乗り換えて、扇沢へと向かった。バスが山間部に入ると、正面に赤沢岳が顔をのぞかせた。
 その扇沢で、今度は、トロリーバスに乗り換えた。赤沢岳の山腹をくり抜いて創られた、長いトンネルの中を行くバスである。それで黒部ダムへと向かう。自動車の排気ガスが無いので、空気が清浄である。窓から入って来る風が、ひんやりとしている。

 到着した地下駅から、長い階段を登って地上に出ると、目の前が大きなダム湖になっている。黒部ダムである。出来上がるまでに、幾多の逸話を持つ巨大なダムである。人類の英知と、多くの人々の血と汗とによって築きあげられたものである。

 その黒部ダムの堤防の上を歩いて、反対側へと移った。そこでケーブルカーに乗った。ただしそのケーブルカーで、一気に頂上まで行けるわけではない。この険しい山々を越えるには、まだ幾つかの乗り物に乗り換える必要がある。
 ケーブルカーの到着地点が、黒部平である。ここは見晴らしが好く、周囲の山々が見渡せて、眺めが実にすばらしい。ここでの待ち時間は、約三十分ほどであった。その間に、昼食を済ませた。

 次に、ロープウエイに乗った。それで大観峰まで行くことが出来る。室堂へ行くには、そこで再度、バスに乗り換えなければならない。
 大観峰から室堂までは、地下のトンネルでつながっている。バスは、立山の真下を通って行く。その終点が、目指す室堂である。つまり合計、三つの高い山のどてっ腹を通り抜けて、長野県側から富山県側へと移ったことになる。その途中で使った交通機関が、計四つである。距離にしても、かなりのものになる。ガイドブックに記されている数字をトータルすると、直線距離にして十二.二キロになった。ダムの堤防を歩いた分は別である。地下通路でつながっている全長距離である。

 室堂駅は、三階にあたる部分が出口になっている。そこから一歩外へ出れば、北アルプスの天上世界が広がっている。ここはすでに、二千四百三十メートルの高地である。周囲には、真夏でも雪が残っている。
 室堂平という名前の如く、ここは小さな平原になっている。近くにはミクリガ池や、ミドリガ池といった雪解け水を溜めた池がある。それ等の池のへりの部分には、まだ溶けきっていない雪が残っている。この池の周囲を散策してみるのも、また一興である。
 一丿越へ行くには、右手に高くそびえ立つ雄山へ向かう道を行く。小さな平原の中の小径は、よく整備されているので歩きやすい。

 その途中に、雪渓の雪を使って、夏スキーを楽しんでいる人達がいた。ただしリフトが無いので、せっかく登った距離を、アッという間に滑り降りてしまう。労多くして、益の少ないこと夥しい。雪の坂道を登ること自体が、そもそもの訓練なのだと思わなければ、とうていやれないスポーツである。それは登山にしても、同様かもしれない。おそらくやらない人から見れば、ともに何の酔狂で、そんなことを、ということになるであろう。
 ここから先は、徐々に勾配が増してくる。ややきつい登りになる。空気がかなり薄くなっているので、すぐに息が切れる。ゆっくりゆっくりと登って行く。
 間もなくすると、右手に、小さな祠があるのが見えた。祓堂である。お賽銭をあげてから、そこで一服した。ここまで来れば、一丿越山荘はもう目の前である。そこが今日の宿泊予定地である。


    ( 2 )
 八月二十一日。朝食後すぐに、ボクは雄山の頂上を目指して、山荘の前の急な斜面を登り始めた。大きな岩がゴロゴロしている。勾配が、かなりきつい。すぐに息が切れた。
 登るに従って、周囲の景色が、鮮明に見えて来た。風が少しあるが、雲はまったく無い。遠くの方に、槍ガ岳の穂先が望まれた。

 登り切った山の頂上には、雄山神社がある。社務所の前を横切って、少し行くと、木の鳥居がある。その下をくぐって、階段状に積まれている石段を登る。上には小さな社がある。
 その社のある場所が、三千三メートルのこの山の頂点である。社の前に座って、その場に居合わせた七・八名で一緒に、神主からお祓いを受けた。
 その社は去年、新しく造り変えられたものである。去年見た時は、木目が見えるほどピカピカだったのだが、わずか一年で、だいぶくすんでしまった。四六時中風雨に曝されているのであるから、それも已むを得ない。このあたりの尋常ではない大自然の厳しさが伺われる。

 次に向かうのは、大汝山である。登山道は、鳥居の横にある大きな岩で隠されている。岩の間を通って、道を下って行く。岩山の斜面に付いている細くて、不安定な道である。そこを少し行くと、すぐに登りになった。
 何度か上り、下りを繰り返すと、やがて大汝山の直下に出た。荷物をそこに置いて、山頂まで登ってみる。幾つもの巨岩が積み重なった最上部が、大汝山の頂上である。そこが三千十五メートルの地点である。周囲の山々が、一望にして見渡せる。ここから眺める景色は、ただただ雄大である。
 その次が、富士丿折立である。これは三千メートルに、一メートルだけ足りない。しかもピークがあまり目立たないので、うっかりすると知らずに通り過ぎてしまう。

 これまでの三つの山を総称して、立山主峰と呼ぶ。従って、立山という個別の名前を持つ山は無いことになる。ただ単に立山と言う場合は、最初の雄山を指す。
 やがて、かなり急な下りが待ち受けていた。どんどん高度を下げて行く。右手には、カールの底にへばり付くように、雪が残っている所が見えた。内蔵助カールである。その前方に見えるのが、真砂岳である。真砂岳は、二千八百六十メートルの山である。これまでの山と比較すると、ほとんど高さが感じられない。むしろ平坦な所である。
 再び、ゆるい傾斜の道を降りて行った。降りる時は楽に感じられるが、降りた後には、必ずきつい登りが待ち受けている。やがて目の前に立ちはだかったのが、別山である。二千八百七十四メートルの山である。今度は、先程下ってしまったのが、恨めしく感じられるほどの急傾斜の登りであった。別山のピークにも、やはり小さな社が祀られている。

 この場所からは、剣岳を真正面に見ることが出来る。目の前に見える剣岳は、先端がとがった巨大な岩山である。鋭い錐のような岩峰が天空に向かって、何本も突き立っている。異様とも思えるほどの光景である。そのどこに登って行く道があるのかと思うような、急峻な山である。
 また、ここからは今日の宿泊予定地である剱山荘(けんざんそう)を、眼下に見ることが出来る。剱沢の雪渓をはさんで、手前に見えるのが剣沢小屋である。この二つの小屋が、剣岳登山の前哨基地となる。ただし、それ等は目の前に見えていながら、実際は、けっこう遠いのである。

 別山を下って、しばらく行くと剣御前小屋に到着した。時間的には、けっこう余裕があるので、ここでしばし休憩をとることにした。
 剱山荘には、夕刻よりだいぶ前に着いた。この小屋では、風呂に入ることが出来る。こうした険しい山の中では、風呂は貴重である。昼間の汗を洗い流して、さっぱりとした。


    ( 3 )
 八月二十二日。いよいよ剣岳の頂上を目指して、剱山荘を出発した。きつい登りが続く。一服剣、前剣を経て、平蔵の頭に出た。ここから先は、一段と険しさが増す。
 やがてカニのタテバイに着いた。剣岳の中でも、最大の難所とされている場所である。岩の壁が、ほぼ垂直に立ちはだかっている。
 しかし今回は、去年までは無かった新しいボルトが、最初の足場となる部分に取り付けられていた。去年のシーズンが終わった後、古くなった鎖や、ボルトの架け替え工事が行われたのである。

 ここでは、その危険な断崖絶壁に、かなり身を乗り出さなければならない。次の足場が、その張り出した岩肌に付いているからである。下は、垂直に切り立った崖である。落ちれば、まず助からない。しかし、そのボルトがあるおかげで、体重移動がスムーズに行き、登りやすかった。たった一本のボルトの効用にしては、非常に大きなものがある。工事をしてくれた関係者の方々に、感謝である。

 頂上までは、きつい登りが続いた。空気が薄くなった分だけ、疲労が溜まりやすくなっている。それでも今日は、ガスがかかっていて直接、太陽光が当たらないので、かなり楽である。もしギンギンの直射日光に曝されたら、疲労度は二倍にも、三倍にもなる。
 大きな岩の所々に、赤いペンキで丸印が付けられていて一応、登山ルートが示されている。その目印に添ってひたすら一歩、一歩と、登って行く。
 そして、ようやくにして、幾つもの巨岩が積み重なった所まで行き着いた。ここまで来れば、もうしめたものである。そこは、もう頂上の一部だからである。
 大きな岩の間を通り抜けて、少し行くだけで、小さな社の前に出られる。そこが剣岳の頂上である。最後の一踏ん張りであった。
 やがて視界が開けて、たくさんの人がたむろしている場所に到着した。遂に、登頂である。こうしてボクは、北アルプス唯一と言われる峻険な山、剣岳を征服したのであった。

 今回のドラマは、ここから始まった。
 ここでの主役は、何といっても北アルプスの山々である。或いは、岩や、谷や、雪である。言い換えるならば、大自然そのものである。
 その雄大な大自然の中では、人間は補助的な存在でしかない。演じる役割は、端役である。実際に、その中に入ってみれば、自分が、いかに矮小な存在であるかを実感する。そして、それを実感することによって、大自然と一体化することが出来る。同時に、今現在の自分自身の存在が確認できる。


    ( 四 )
 剱岳は、石と岩だけで出来た山である。木々の緑は、どこにも見当たらない。それこそ山全体が、巨大な岩の塊なのである。見る角度によっては、鋭く先の尖った岩峰が、天に向かって聳え立っている。その有り様は、恰も地球に生えた巨大なトゲである。森や林に囲まれた、なだらかな山しか見たことがない人には、異様な光景に映る。
 山肌には、無数の岩石が積み重なり、がっちりと噛み合っている。小さく砕けた石が、岩と岩の隙間を埋めている。そうした石と岩の集積体が、徐々に一点に向かって絞られて行く。その究極の到達点が、頂上である。

 ただし、そこへ行き着くまでが、たいへんな苦労である。難所と言われる幾つかの危険な場所を通過して、すべての体力と気力を使い果たして、ようやく辿り着けるのである。途中の難所で一歩でも足を滑らせれば、もちろん命が無い。数百メートルの断崖を、真っ逆さまに転げ落ちることになる。下で待ち受ける岩盤に、もろに敲き付けられたら、まずもって助からない。人生、一巻の終わりである。
 頂上の周辺には、人の背丈より遥かに大きい岩が、ゴロゴロしている。そうした巨岩が寄り集まって、山頂の部分が形創られている。従って、足許が、かなり不安定である。もちろんそこは、面積も狭い。
 その中央部には、半ば朽ちかけた木造の小さな社が設置されている。そこは大小の岩が組み合わされて、一番安定した場所となっている。なんでもその社には、須佐男尊(すさのをのみこと)が祀られているという。雷が落ちるのを避けるために、鉄釘は、一本も使わない構造になっている。

 たいていの人たちが、その社をバックにして、記念写真を撮る。なにしろ三千メートルの山のてっぺんで撮る写真である。生涯の思い出になるに違いない。
 そもそもここは、誰もが、容易に来られる場所ではないのだ。かなりの危険を犯して、しかも相当に苦しい思いをして登って来なければ、絶対に来られない場所なのである。従って、下界に降りてから、自慢の一枚となる写真である。その古びた社が、自分の横に写っていることが、何よりの証拠となる。
 ただし、剱岳の標高は、三千メートルに二メートルばかり足りない。正確には、二千九百九十八メートルである。(最新の計測では、2999メートルとなった。) 高さの点では、他の山々に一歩を譲るとしても、険しさの点ではまったく他の追随を許さない。剱岳は極めて峻険な山である。従って、遭難者が耐えない、非常に危険な山である。

 晴れてさえいれば、この頂上からの見晴らしは素晴らしい。遠くに連なる北アルプスの山並みが、一望のもとに見渡せる。しかし山の天気は、ただでさえ変わりやすい。
 ここを訪れる大抵の人たちが、視界を遮るガスや、眼下の雲に恨みを抱きながら、下山して行くことになる。そして、次回の登山に、その夢を持ち越すのである。


    ( 五 )
 ボクが登って行った時も、視界がまったく効かない状態だった。雨こそは降らなかったものの、山全体を霧状の雲が覆っていた。しかも少し風があったために、途中で立ち止まっていると、寒いくらいに感じられた。
 果たして、頂上に着いても、すべてが雲と、濃いガスの中に閉ざされていた。周囲の景色は、何も見えなかった。

 山頂の社の周囲は、写真を撮ったり、小休止をしたり、或いは、早めに昼食を摂る人たちでにぎわっていた。そうやって時間をやり過ごすうちに、風向きの加減で、一時的にでも視界が開かれるのを期待しているのである。
 だが、この日の天気は、すぐに回復するような徴候は見られなかった。それでも人々は、淡い期待を抱きながら、少しでも長くそこに留まるのであった。

 そうした人たちに混じって、ザックの後ろにピッケルを装備した一団があった。五・六人の若者たちのグループであった。頂上まで荷物を背負い上げて、しかもピッケルを持っているということは、この後、どこかの雪渓をやるに違いなかった。
 同類を見つけた気がして、ボクは、彼らの動きに注目した。ボク自身はこの後、長次郎雪渓を下る予定にしていたからである。
 こうした山の中では、同行者がいると安心できる。もし事故でも起きた時に、互いに助け合うことが出来るからである。それでなくとも危険がいっぱいのこの山では、単独行というのは本来、望ましいことではない。怪我をして動けなくなれば、即、遭難という事態が発生するからである。

 ただし、グループ登山なら安全かというと、決してそうは言い切れない。もし、メンバーの中の一人が負傷しても、全員が動けなくなってしまうからだ。グループ全体が、一番弱い者に合わせて行動する必要がある。つまり、その負傷者のために全体の行動が制約され、それにより全員が、山中に閉じ込められるという危険性が潜んでいる。
 低山ハイクの場合は、そうした危険性が少ないために、グループのメンバーと歓談しながら、ゆっくりと歩くことが出来る。それはそれで、楽しいことである。しかし、危険性の高い山になるほど、同行者を選ばなければならない。メンバーそれぞれに、筋力、体力の違いがあり、経験、能力の違いがある。その差が少なければ、問題は少ないものの、その違いが大きいと、他のメンバーに負担を掛ける。場合によっては、生命に関わる事態が発生する。

 そして、もっとも困難なのが日程、及び、行動予定の変更である。天気図とにらめっこをしながら、好天の日を選んで、直前に行動日程を決めるということが出来ない。つまり台風が近づいていても、予定を変更することができないために、場合によっては大雨の中を出掛けて行く羽目に陥る。
 これこそは、もっとも危険な行為である。典型的な無謀登山となり、確実に遭難に繋がる。これは旅行会社が企画するツアー登山で、遭難事故が多発する要因でもある。天候の変化に、柔軟に行動予定を変えられないために起きる悲劇である。

 かつてはボクも、山の同好会のメンバーとグループ登山で、行動を一緒にしたことがある。だが、日程をずらすことはもとより、自分の体調に合わせて、その日の行程を変えるなどが、簡単には出来ない。果ては、自分で休みたいところで休めず、休みたくないところで休むという、ペース配分に由来する不満が高まる。
 しかも自由な行動が制限されるため、見たいものが見られず、行きたい場所へ行けないという不合理が生じる。殊にグループ内に女性がいる場合は、必然的に、その人に合わせたペース配分となる。あと数メートル先まで行けば、別世界が広がっていると思っても、それを自分の目で確認することが出来ない。次第に、不満が充満して来る。

 また危険性を伴う場所では、余計な神経を使わなければならない。険しい山になるほど、その度合いが増す。踏み出す次の一歩が、もしかしたら命取りになるかもしれないと思うと、こちらの神経の方が先に擦り切れてしまう。イライラが昂じて、疲労度も増す。
 結局、楽しいはずの登山が、だんだんつまらなくなってしまった。徐々にグループで行くよりも、一人で出かける割合が増えた。一度、自由登山の楽しさを知ってしまうと、もうもとには戻れない。今では、どこへ行くにも、一人で出かけることにしている。気楽と、危険が隣り合わせの単独行である。もちろん何が起きても、すべて自己責任である。

 ともかくもここでは、その人たちと同行できれば心強いと思ったボクは、たまたま近くに来た一人を捕まえて、どこの雪渓をやるのかと訊いてみた。すると雪の状態がよく分からないので、このまま降りるかも知れないという返事であった。まったくの初心者がいるということで、危険なコースは、なるべく避ける必要があるという。なるほど、もっともな話である。
 だがボクとしては最初から、この先の長次郎雪渓を下るつもりで荷物を担ぎ上げたのだから、他の人たちが行こうが行くまいが、本来ならば関係のないことであった。やはり気の迷いが生じたのである。
 なぜならこの時、ふと数年前の記憶が甦ったからである。それはけっこう強い恐怖感を伴う体験であった。その記憶が、しばしボクを躊躇させたのである。

 しばらくすると、その一団は、山を下って行ってしまった。ボクはやむなく、一人で行くことにした。下山する方向とは逆に、社の前を通り過ぎて、そのまま少しばかり行くと、突然、急な下りになる。それは下りと言うよりは、切り立った崖っぷちを、這い降りるような感じの所である。もちろんそこは、通常の登山道ではない。
 その急な断崖を、ボクはゆっくり、ゆっくりと、降りて行った。もし一歩でも足を踏み外せば、確実に下まで転げ落ちる。そうすれば怪我どころでは済まない。一瞬たりとも気が抜けなかった。
 ようやく崖を下りきって、道とも呼べない狭い道をしばらく行くと、前方に白い雪が残っている谷が見えて来た。それが、これから下る長次郎雪渓である。冬の間に降り積もった雪が、真夏の八月になっても、溶けずに残っているのである。雪の固まりが、余りにも大きいためである。そして、その雪が、氷河のように、どこまでも続いているのである。

 さらに行くと、その雪渓の最上部の頭の部分に、二本の亀裂が走っているのが見えた。いわゆるクレパスである。上の方の一部分を残して、雪面が下に滑り落ちたために出来たものである。黒い筋が二本、横にぽっかりと口を開けていた。
 今年は雪が少なかったと見えて、この谷全体の容量に対して、雪面がかなり低く感じられた。二本のクレパスが出来たのは、そのためかとも思われた。しかし下流の方は、特に異常が無いようである。雪渓そのものは、どうやら連続しているようであった。

 下まで降りきってから見上げると、空には、まったく雲が無かった。雲やガスは、剣岳の向こう側にだけ寄り集まっていたのである。
 谷底は、まさにカンカン照りの状態であった。時々、千切れた綿のような雲が、上空を流れて行く。また下からは、白い雪が真夏の太陽光線を、ギラギラと照り返していた。

 ボクは靴にアイゼンを装着するために、腰の卸せる適当な場所はないかと、辺りを見回した。すると雪渓の最上部の岩の上に、何か、妙なものが置かれているのが見えた。
 足許に用心しながら近付いてみると、それは四本爪の軽アイゼンであった。平らな岩の上に、一足分が、きちんと並べられていた。


    ( 六 )
 剱山荘のお知らせ板には、この雪渓で、遭難者が出たことが記されていた。これから自分が行こうとしているところなので、少々気になって、どのような遭難事故か、小屋の人に聞いてみた。するとアイゼンを持たずに、雪渓の上に降りた人がいるという返事であった。
 その時は、ちょっと不思議な気がした。いかに登山の初心者でも、剱岳の雪渓を下るのに、アイゼンが必要なことを知らない人がいるとは思えなかったからである。
 だが、そこに置かれていた軽アイゼンを見て、なるほどと納得した。その人も確かに、アイゼンと名の付くものは持参していたのである。ただしここでは、この軽アイゼンなるものが、まったく役に立たないことを知らなかったのだ。この雪渓を降りるには、最低でも六本爪のアイゼンが必要なのである。

 しかし実は、ボクも人のことを、とやかく言えないのだ。この雪渓では、ボク自身にも苦い経験があった。初めてここに登った時に、やはりこの雪渓に四本爪の軽アイゼンで降りてしまったのである。
 その時は、途中から道連れになった同行者がいた。一見して山のベテランと分かるおじさんであった。山頂で話をした際に、その人が自分はこの後、長次郎雪渓を下るのだと言った。ボクもその時は、ガイドブックからの知識で、雪渓歩き用の軽アイゼンを持参していた。通常の雪渓ならば、これで大丈夫だということになっている。
 ただし、そのおじさんがこれから行くところが、それで大丈夫だという保証はない。そこで念のために、そのおじさんに尋ねてみた。するとおじさんは、たぶん大丈夫だろうと言った。ボクはベテランのおじさんがそう言ってくれるのだから、なんとかなるに違いないと判断した。

 その当時、スキーを始めたばかりだったボクは、真夏のこの時期に、白い雪の上が歩けるというだけで、ワクワクしていた。ただし初心者であったために、あの長いスキー板が持っている本来の機能と、雪というものの本当の恐ろしさを、よく理解していなかったのである。判断の誤りは、そこから生じた。
 ボクは靴にアイゼンを取り付けると、早速雪の上に降りた。ところが、その四本爪のアイゼンは、まったく滑り止めの効果を果たさなかった。爪が短いために、表面のやわらかい雪を引っかくだけで、その下の堅い部分まで届かないのである。

 雪面に降りた途端に、ボクは、いきなり滑った。アッという間に、尻餅をついた。人の踏み跡の上を歩きなさいというおじさんのアドバイスで、ボクは雪面の丸くくぼんだ所を探しながら慎重に歩き出した。
 なるほど、こういうコツがあったのかと感心したものである。そのへこんだ部分では、真ん中に重心が掛かるために、若干滑りにくくなるのである。ところがいくらも歩かないうちに、またもやすってんコロリンと転んだ。それしきのコツや小細工では、何ほどの効果も無かったのである。

 この雪渓の最上部は、傾斜がかなり急である。ボクは両手を突いて、腹ばいになったまま、ズズズーッと滑り出した。一度滑り出すと、もう止まらなかった。そのまま、ザザザーッと流されて行った。
 その少し先に、土砂や小砂利が帯状に浮き出している箇所があった。ずり落ちた氷河が、谷底の土や小石を巻き上げたのである。ボクは何も出来ないまま、そこまで流されて行った。その小砂利の層が滑り止めになったおかげで、なんとか止まることが出来た。その代わりに、腕の何カ所かを擦りむいた。大いに痛かった。

 ボクは迂闊にも、そこまで降りてしまってから、ようやく気がついた。この四本爪のアイゼンでは、ここは降りられないと。しかし、もう引き返すことも出来なかった。
 最初によちよちと歩いた分と、今滑り落ちた分を合わせると、すでにかなりの距離を下ってしまったからである。剱岳のてっぺんは、遥か彼方の上空にそそり立っていた。そこまで再び登ることは、絶対に出来ないと思った。
 ボクはこの時、初めて恐怖感を覚えた。雪というものの恐ろしさを、真に認識したのである。同時に、無謀登山により、剱岳の雪渓で、遭難者一名と報じられる新聞記事のことが脳裏をよぎった。友人や、知り合い連中からは、きっと死んだ後まで笑われるに違いないと思った。

 例のおじさんは、さっさと先へ行ってしまった。このおじさんは確かにベテランであった。なにしろ市販の八本爪のアイゼンが、どうも引っかかり具合が悪いからと、近所の鍛冶屋に頼んで、十本爪に改造してもらったという人である。今回は、その成果を確かめに来たのだという。
 動くに動けないことを悟ったボクは、途方に暮れた。一歩でも足を踏み出せば、再びすっころんで、滑り落ちることが分かっていた。そうなる確率は、十割であった。それはたった今、実体験で学び取った真理であった。まさに万事休すの状態であった。自力では、どうすることも出来なかった。

 と、その時であった。思案に暮れているボクのすぐ側を、
 『こんにちは』と挨拶をしながら、誰かが通り過ぎて行った。
 あれっ!!、と思った。
 その人は、ピッケルを小脇に抱えてうまくバランスを取りながら、靴スキーの要領で滑り降りて行った。
 続いて、もう一人が、ザザザーッと上から滑り降りて来た。その人に続いて、さらに二、三人が、まとまって降りて来た。
 こんにちは、こんにちはの連続であった。最後の人は、途中で、何回かこけていたから、おそらく上級者の順に降りて来たのであろう。後ろから見ると、その人達は、小さなサブザックしか背負っていなかった。
 この時、ボクは、ハッと気付いた。そうだ!。重い荷物を背負っているから、自由が利かないのだ。まず、これを何とかしよう。

 ボクはピッケルの代わりに、ジュラルミンの杖を持っていた。形はピッケルの形状をしているが、本来の用途は杖である。やや細身なので、強度に不安があった。そこでしなり具合を試してみると、なんとか使えそうであった。棒の形状が平べったい楕円形になっているので、雪面に接する角度と、持つ場所を調節すれば大丈夫そうである。
 そこで荷物を先に流すことにした。ボクはザックを降ろすと、それを細引きの先端にくくりつけた。そして、少し勢いをつけて押し出してやると、ザックはザーッと雪の上を滑って行った。勢いが余って、途中から転がり出した。それがどこまでも転がり落ちないように、ひもを引っ張って止めた。
 そのあたりは傾斜が、やや緩やかになっていたので、手を離しても、荷物はそこに止まっていた。
 ボクは、その荷物を追いかけるように、ザザザーッと滑って行った。なにしろ初めてなので、ザザザーッと調子よくはいかなかったが、ズズズーッくらいには滑ることが出来た。
 これがけっこう面白い。まさに靴スキーである。進む方向もある程度は、変えることが出来る。しかも重い荷物が無いから、いくら転んでも平気である。
 先ほどまでの恐怖感が、一転して、快感に変わった。ヤッホーッと、歓声を上げたい気分であった。ボクは嬉々として滑り降りて行った。そして途中で、先に行ったおじさんに追い着いた。

 下からボクの様子を眺めていたおじさんは、そうやってここが降りられれば、雪渓のエキスパートだと言って誉めてくれた。だが必死で降りただけのボクは、あまり嬉しくも感じなかった。実のところ、その言葉の意味が、よく分からなかったのである。
 そのピッケルを使った降り方が、グリセードというかなり高等な技術であることは、後で本を読んで知った。冬場の雪山で必要となる技術である。そして、その時に、おじさんの言葉の意味が、ようやく分かった。それは本来、ボクのようなまるっきりの初心者に、容易に出来るような芸当ではなかったのである。おじさんはそのことを誉めてくれたのであった。

 それ以来ボクは、六本爪のアイゼンと、軽いチタン製のピッケルと、杖を持ち歩くことにしている。もちろん万全を期すには、アイゼンは十二本爪の方が好いに決まっているが、形が大きい分だけ重くなる。全行程のうちで、数時間分しか使わないのに、何日間も、荷物として持ち歩かねばならないのは苦痛である。それで今でも、六本爪で間に合わしている。
 ジュラルミンの杖は、木の杖に変えた。高い山ではなんと言っても、落雷が恐いからである。その杖に、細引きの一端を結んで雪面に突き刺しておけば、かなりの急斜面でも荷物を固定することが出来る。これは身軽になるための必需品である。もちろん歩行用にも重宝している。やはり握りの部分が、小さなピッケルの形をしている。

 岩の上に置かれていた軽アイゼンが、その遭難者のものであるとしたら、その人はおそらく、この先に口を開けているクレパスに落ち込んだに相違ない。そう考えながら下って行くと、やがてその裂け目が見えてきた。それは上から見ると、かなり深いクレパスであった。幅もけっこう広い。
 その部分は、側面の壁に取りついて降りて行った。下に降りきってから眺めると、目の前に、雪の壁が立ちはだかっていた。高さが、三〜四メートルはある。幅は、四・五メートルほどであった。谷底の部分には大小の石が、ゴロゴロと転がっていた。
 もしその人が、ここに落ち込んだのだとしたら、一体、どれほどのケガをしたであろうかと思った。ボクには、他人事と思えなかったのである。

 ところが実は、その遭難者のケガの程度について、後で、意外なところで知ることになる。それはこのような何も無い山の中では、なかなかに興味深い出来事であった。またそれは、現代の情報化社会の一端を象徴するような出来事でもあった。
 そのすぐ先に、もう一つのクレパスが口を開けていた。そこまで岩壁の底の部分に取り付いた状態で降りて行った。やや不安定な歩き方になったが、距離的には短いので、アイゼンを付けたままで行った。
 二つ目のクレパスも、高さは同じくらいのであったが、幅は少し狭かった。数メートルだけ離れて出来たこの二つのクレパスには、一体どのような力が働いたのだろうかと、ちょっと不思議な気がした。
 そして、急な角度の斜面を登って、再び雪渓の上に出た。目の前には、真っ白な雪の世界が広がっていた。そこは真夏のスキーヤ―の世界である。靴スキーの準備のために、不要となったアイゼンを取り外した。


    ( 七 )
 上空から、ヘリコプターが近付いて来た。けたたましいエンジン音が、周囲の静寂を破った。長野県警の救助用ヘリコプターが、この付近をパトロールしているのである。
 それでなくともこの辺りは、遭難事故が多いのだ。特に左手に聳え立つ八つ峰では、岩登りをする人たちがいることから、滑落事故が多いのである。ヘリは、そのための監視を兼ねた巡回である。

 ボクは例の遭難者もおそらく、このヘリコプターで救出されたに違いあるまいと思った。すると急に、そのヘリに乗り組んでいる人たちに、親近感が湧いて来た。ボクはそのヘリに向かって、手を振ろうと思った。そもそもこうした山の中では、ヘリコプターには手を振るものと、相場が決まっているのだ。テレビにはいつも、そうやって手を振っている人たちが映し出されているではないか。
 だがボクは、現在の我が身を振り返ってみて、それは取り止めることにした。決して、後ろめたいことがあるからではない。このような理由からである。

 ボクは、約二十メートルほどの長い細引きを使って、荷物を先へ流しておいて、自分は後から、ザザザーッと滑り降りて行くという例の行動を繰り返していた。これがなかなかに爽快であった。少し勢いをつけると、けっこう長く滑って行ける。冬のスキーの醍醐味が、真夏のこの時期に味わえるのである。これがやりたかったがために、わざわざこの雪渓を下って来たのである。
 しかし、ふとこう思った。おそらくこの雪渓を、こんな風に降りる者は、そうざらにはいないに違いない。ざらにいないどころか、たぶん一人もいないことだろう。そもそも大事な荷物は、紐に括り付けて、雪上を転がすものではない。ザックは背中に担ぐように出来ているのである。
 ヘリの乗組員たちも、あ奴は、あそこで一体、何をやっているのだろうくらいのことは考えているに違いない。ましてや紐の先にくくりつけてある荷物が、上からは、人の形にでも見えていたら大変なことになる。

 その証拠でもあるかのように、上空のヘリコプターは、いつまで経っても、ボクがいる場所から離れて行かなかった。やはりボクの行動を怪しんでいるように思えた。それでなくても、このだだっ広い雪の原で一人、変なことをやっている奴がいる。不審千万な奴だくらいは、思っているかもしれないのだ。
 そう気が付いたボクは、これはあくまでも荷物であって、決して紐の先に、遭難者がくくりつけてあるわけではありませんよと、上空のヘリの人たちに、知らせる必要があると思った。そこで彼らが見ている前で、例の降り方をやって見せることにした。
 他人から監視されていると思うと、なんとなく行動がぎごちなくなった。だが、それを何度か繰り返えすうちに、いつのまにかヘリコプターは、別の方角へ飛び去って行った。

 さらに下って行くと、左手の前方に、小山のような岩が見えてきた。通称、熊の岩である。それがこの谷の左右の分岐点になっている。ここからコースを変えて、右俣へと移るのである。ただし登って来る方向から見ての右だから、実際には、左側へ移動することになる。このまま下って行くと、この先にある大きな滝に、行く手を遮られてしまうからだ。
 例のおじさんの話では、かつて一緒に行った人が、そこから落ちて死んだということであった。どうやらボクと同じように、雪の上ですっころんで加速度をつけたまま滑って行き、その滝壺に落ち込んだらしい。

 この時のボク自身の体験からも、もし重い荷物を背負ったまま流されたら、まず助からないだろうと思った。そもそも身体が荷物に固定されているために、手足の自由が利かない。従って、流されても止めようがないのだ。そのうえ加速度が付く。これがいちばん恐い。ある程度以上のスピードが出てしまうと、手足のふんばりだけではどうにもならない。何かにぶつからない限りは、絶対に止めようが無い。そして、ぶつかる物が何も無ければ、どこまでも流されて行くことになる。
 そこに待ち受けているのが、この先にあるクレパスである。かなり落差がある滝の上から、大きく口を開けている氷の隙間に落ち込むのである。氷の下は雪解け水が、ゴーゴーと音を立てて流れている。そこに呑み込まれるのだ。絶対に助からない。
 ここでは同様の事故が、けっこう起きているということであった。分厚い氷の下に閉じこめられた遺体は、雪がすべて溶ける秋口まで見つからなかったそうである。

 右俣の雪は、表面がやや汚れている。八つ峰で遮られる風の影響で、ゴミや埃が左俣よりも溜まりやすいのである。また、ここからは傾斜が、かなりゆるやかになるために、もう荷物を先に流すことは出来ない。
 以前には、少しでも楽な方法でと考えて、文字通り荷物を引き摺って歩いたことがある。わずかな力で引っ張って行けるので、背負うよりはよほど楽である。その代わりに、ザックにくくりつけておいたナイフの片面を失くした。半分がナイフで、半分がフォークとして使える優れ物であったが、荷物が幾度も雪の上を転がった衝撃で、接合部分が外れてしまったのだ。大事な荷物を、粗雑に扱ってはいけないという教訓である。そうした過去の反省もあって、今回は、ここから背負って行くことにした。ここで再び、靴にアイゼンを取り付けた。

 どこまでも続く、長い長〜い下りであった。午前中に登った分だけを下っているはずなのであるが、なぜか途方もなく長く感じた。一面が雪の原で、周囲の変化に乏しいことが原因かも知れなかった。なにしろ前方は、見渡す限りの雪、雪、雪なのである。
 去年は、積雪は多かったのだが、なぜかこの長次郎雪渓が通行禁止になっていた。おそらくあちこちに先程のような、クレパスが走っていたのであろう。そのために剱岳には、荷物を持たずに登った。手ぶらで頂上まで登って、そのまま同じルートを下り、一旦、出発地点の小屋に戻った。その後、剱沢雪渓を下って、真砂沢ロッジへと向かったのである。それが通常のルートである。ただしこの長次郎雪渓をやり残したがために、今回、再度の挑戦となった。
 それに比べれば、今年は、かなり近道をしていることになる。いくら長く感じられるからといっても、去年よりは、遥かに歩く距離が短いのである。

 もうだいぶ前のことになるが、ほとんど積雪が無かった年に、この雪渓を下ってしまったことがある。なにしろその時は、この谷には必ず、雪があるものと思い込んでいたのだ。残雪情報などは、まったく気にも留めなかった。だから通行止の告知がしてあったかどうかも知らない。今でもそれは分からない。
 そして、どうやらこれはとんでもないところに来てしまったようだと気付いたのは、雪渓をだいぶ下ってからであった。なにしろ途中から、雪が、まったく無くなっていたのである。
 今まで歩いて来た雪渓が、突然、前方で途切れていた。要するに、地べたが無くなっていたのである。見下ろすと、スッパリと切り落ちた雪渓の下は、深い川になっていた。冷たい雪解け水が、勢いよく流れている。溶けて落ち込んだ雪の塊が、その流れの中に沈み込んでいる。周囲を見回してみても、谷全体がそういう状態になっていて、何処からも前へ進めないのであった。

 ふと前方を見ると、遥かな先に、地べたの続きらしきものが見えた。そこまでは、かなりの距離がある。側面の壁に取り付いて、なんとかしてそこまで行くしかない。
 ところが、ついついその壁を、高く登りすぎてしまう。壁の腹に当たる部分が、氷河によって、丸くえぐり取られているために、その途中には足場が無いからである。ある程度の高さまで登らないと、平らな面に出ないのである。
 すると、あろうことかそこは、断崖絶壁になっている。降りるための足場どころか、わずかな手掛りさえ無い状態である。従って、そこからでは降りるに降りられない。
 やむを得ず、もとの場所へ引き返えそうとするのだが、登る時にはたいしたこともなかったような所が、上から見ると、まるで谷底のように見える。おまけにそこの岩肌が、水で濡れていて、見た目にも滑りやすくなっている。容易に跳び降りることさえ出来ない。
 進退に極まるというのは、まさにこのことであった。一度登ってしまってから、一体どうやって、そこから降りたものかと思案しなければならなかった。わずかな距離を進むのも、大変な苦労であった。しかもその状態が、この先、どこまで続いているのか、まったく分からないのである。

 先へ進むにつれて、徐々に雪の無い状態が増えてきた。下を流れる水のために、雪渓の下部は、丸くえぐり取られている。立ち上る水蒸気で、雪が融かされるのである。その雪の下は、水がもの凄い音を立てて流れている。もし立っている足元の雪が崩れて、そこに落ち込んだら、アッという間に流される。そして、氷の下に閉じこめられて、間違いなくお陀仏である。それこそ、一巻の終わりである。
 無論のこと、あたりに人影は無かった。だんだんと心細さが募って来た。それが次第に高じて来て、ついには恐怖心に変わった。
 時々、崖の上の方から小石や、土砂が落ちて来た。突然、ガツンとか、バサッという音がする。
 何か、出たのかと、一瞬、ギクッとして身構える。この辺りでも、熊ぐらいは出るかも知れないのだ。しかしこれも、強い恐怖心の為せる業であった。向こうだって、そうそう用事も無いのに、人の前になど出て来るはずがないのだ。

 そして、ようやくにして剱沢との合流地点が見えてきた時には、半泣き状態だったような気がする。一安心というのは、まさにこういう心理状態のことであろうか。それまでの不安と、恐怖が消えて、心の底から安堵感が湧いてきた。それが徐々に安心感に変わり、遂には、歓喜に変わった。
 辺りに人がいないのを幸いに、
 「やったぞーっ!。このやろーう!」とか、
 「とうとう、着いたぞーっ。こんちくしょーっ!」などと、叫んだような気がする。
 まさに地獄の一丁目から、ようやくにして、この世に舞い戻った心地であった。

 ところが、その合流地点には、最大の難関が待ち受けていた。この辺りの雪渓も、ずたずたに切断されていたのである。
 雪面には、大小のクレパスが、幾つも走っていた。一歩も前に進めない状態になっていた。しかも雪の下は、トンネル状になっていて、もの凄い勢いで、雪解け水が流れていた。ゴーゴーという音が周囲に響いて、まるで滝壺の中にでもいるような感じであった。その音だけでも、さらに恐怖心がかき立てられた。
 やはり側壁をよじ登るしか、方法はないかと思いながら、慎重に周囲を見回してみた。だが、この辺りの壁は、腹部が、深くえぐり取られたような状態になっていた。これも、やはり氷河の仕業である。垂直の断崖よりも始末が悪い。しかもビルの三階から、四階ほどの高さがある。たとえ少し引き返して、壁の上へ登ったとしても今度は、降りるに降りられなくなる。従って、どうしても雪渓の上を渡って行くしかないのである。

 そこで注意深く見渡すと、雪面同士が、約一メートルほどまで接近している箇所があった。ただし、下部が丸くえぐり取られているため、そこは向き合った屋根の庇状になっていた。その庇状の雪が、ボクの体重を支えきれるかどうかの保証は無かった。しかし、そこを渡るしか、他に方法は無いのである。
 遂に、意を決したボクは、恐る恐るこちら側の庇の最先端部まで進んだ。そして、まず荷物を、向こう側へ投げた。その雪庇は、荷物の重量には持ち堪えた。そこに、さらにボクの体重が加わるのだ。
 なんとか持ってくれ。神様、仏様。何卒、ご加護を、と勝手な神頼みまでした。これが生死の境目かと思うと、なかなか覚悟が決まらない。どうしても、一歩が踏み出せなかった。手足がブルブルと震えている。

 いつまでも、そうして居るわけにはいかない。ボクは、そうっとバランスを取りながら、エイッと跳び移った。もし、その雪庇の部分が、崩れ落ちていたら、今頃ボクは、ここにこうしていなかったに違いない。
 これはまさに、最期の試練であった。絶体絶命の命掛けの一歩であった。その試練を、なんとかクリアしたことになる。

 だがその先に続く剱沢雪渓は、雪面が連続していたので、何も問題は無かった。さらなる恐怖を味わうことなく済んだのは、幸いであった。剱岳の頂上で、ふと思い出したのは、この時のことであった。だいぶ忘れかけていた記憶が、強い恐怖感と共に甦ったのである。
 それに比べると今年は、やや少な目とはいいながらも、ともかく連続して雪がある。歩いて行ける道がある。ボクを支えてくれる地べたがある。こんな有り難いことはないのである。長くて単調な道には違いないが、確実に前へ進めるのである。不平を言うどころではない。そんなことを考えながら下って行くと、やがて剱沢との出合いが見えてきた。


    ( 八 )
 ここまで来れば、もうしめたものである。今日の宿泊予定地の真砂沢ロッジには、あと一時間ほどで到着する。そう思うと急に、空腹感を覚えた。もう正午に近いというのに、今まで腹が減らなかったのが不思議である。それだけ気が張りつめていたのである。やはり単独行という緊張感のためであった。

 どこかで弁当を食べてしまって、背中の荷を少しでも軽くしようと、適当な場所を探しながら歩いた。しかし、なかなか好い場所が見つからない。この辺りまで降りて来てしまうと、雪の表面は真っ黒である。スプーンカットされた雪は、ゴミや埃を大量に吸い込んで、黒ずんだ魚の鱗状態になっている。ザックを下に降ろすことさえ出来ない。どこかに大きめの石か、或いは、木片でも落ちていないかと、周囲を見回しながら歩いて行った。

 しばらく行くと、前方に、大きな岩があるのが見えた。近づいてみると、それはかなり大きな岩であった。高さが、ボクの胸くらいまである。しかも上が真平らで、人が座っても十分に余裕のある広さである。おまけに途中には、足を掛けるのに都合の好い、階段状の出っ張りまで付いている。まさにここにお座りなさいと言わんばかりの岩であった。
 その岩が、この雪の上に載っているということは、周囲の崖から崩れ落ちたに違いない。しかしその場所は、岸からはだいぶ離れていた。従って、上の方で転げ落ちた岩が、氷河の移動によって、ここまで運ばれて来たことになる。底知れない氷河の威力である。

 ボクがその岩の上で、弁当を食べていた時のことであった。ふと人の話し声が聞こえた。前方を見ると、二人連れの登山者の姿が見えた。どうやら剱沢雪渓を下って来たようである。声からして、二人とも女性であった。
 そのうちの一人が、持っているストックで前方を指し示しながら、相手に何か話し掛けていた。二人がいる所までは、まだかなりの距離があったので話の内容は聞こえなかったが、どうやら歩いて行くルートを確認しているようであった。
 それは数時間ぶりで見る人の姿であった。急に、人なつかしい気がした。もし、もう少し近ければ、大声を出して、挨拶を交わしたに違いない。
 この時ボクは、その二人も今日は、どのみち真砂沢ロッジに泊まるに違いあるまいと思った。時間的にはやや早いものの、次の小屋まで行くには少々無理がある。この先に、かなりきつい行程が待ち受けているからである。また今頃の時期は、午後から天気が変わりやすいので、早めに小屋に入るのが常識だからである。

 それにしても、今のこの時間帯にこんなところで出会うとは、あの二人は一体、どのコースを歩いて来たのだろうかと思った。ボクは剱岳の頂上から、最短のコースを通って来たのである。もしかすると、あの二人は頂上には登らずに、剱沢雪渓を下ってきたのだろうか。昼食を済ませた後、ボクはそんなことを考えながら、再び歩き始めた。
 その二人がいた地点には、間もなくして着いた。この場所から見上げる長次郎雪渓は、けっこう角度が急である。さっきまでボクが座っていた岩が、驚くほど上の方に見えた。左手の剣沢雪渓は、かなりなだらかに感じられた。
 あの二人は一体、何を話題にしていたのだろうかと、その辺りを散策してみたが、それらしいものは何も見当たらなかった。

 やがて、雪渓が途切れた。前方には、大きなクレパスが口を開けていた。雪渓歩きは、ここで終了する。ボクは、左手の川岸に付けられた登山道へと移った。
 去年は、あまりにも雪が多かったために、一度もアイゼンを外すことなく、雪渓通しで真砂沢ロッジの玄関先まで行き着くことが出来た。残雪の量で、歩くコースまでが変わるのである。
 真砂沢ロッジには、早目の時間帯に着いた。ゆっくりと歩いたにも拘わらず、予定よりも早く着いてしまった。余裕があると距離感まで違ってくる。

 小屋の前に置かれたベンチには、二人の先客があった。中年のご夫婦であった。その二人は、小屋番のアルバイトのお兄さんと話をしていた。ボクは挨拶をした後、早速、先ほど見掛けた二人連れの女性のことを訪ねてみた。すると何と、その二人ならば次の小屋を目指して、さっさと行ってしまったということであった。
 これには、ちょっと驚いた。次の仙人池ヒュッテまでは、四〜五時間は掛かるはずである。しかもその途中には、かなりきつい登りが待ち受けている。女性の足では、日暮れまでに小屋に辿り着けるかどうかもあやしい。
 ボクは自分自身のことを棚に上げて、かなり無謀な行動だと思った。登山の一般常識から、やや懸け離れているように思えたのである。ところが実は、それがまったくの考え違いであることを、後になって知るのである。
 そもそもこの二人連れの女性に関しては、通常の常識を超えた判断が必要だったのである。従って、ボクの無謀という感想は、その時点で、自動的に訂正されることになる。

 ボクがベンチでビールを飲みながら、先客達と話をしていると、やがてピッケルを持った一団が到着した。剱岳の山頂で見掛けた、例の若者たちのグループであった。むこうもボクのことを覚えていて、
 「やあ!。やあ!。あの時の!」と、互いに挨拶を交わした。
 こうした山の中では、一度知り合った人と、再び出会うのは嬉しいものである。言うなれば、目的を同じくする戦友との再会だからある。
 聞くと彼らは、平蔵谷を下ったということであった。それは頂上から、少し下ったところにある雪渓である。距離的には、長次郎雪渓より少し短い。その代わりに、傾斜がやや急である。まったくの初心者には、かなり厳しい状況であったに違いない。

 だが、この若者たちのグループには、長老格のベテランの登山家がついていた。どうやらその人の判断によるものとみえる。せっかく重い荷物を担いで登ったのに、このまま下山するのは忍びなかったに違いない。しかし、もしかすると平蔵谷を下るのは、当初からの予定であったかもしれない。グリセードなどの冬山で必要な技術を訓練するには、雪面に、ある程度の傾斜があったほうが好い。そのためにやや急な斜面が続く、平蔵谷雪渓を選んだのであろう。
 この危険が多い山の中では、そうしたベテランからの指導が受けられるのは、非常に有り難いことである。何が無謀で、何が無謀ではないかを、経験的に知っているからである。一行のメンバーの実力から、無理のない判断を下したに違いない。そして今回、講習を受けて習得した技術が将来、必要となる機会が来るかもしれない。それは冬山をやる人には、絶対に必要となる技術だからである。

 この真砂沢は、各登はんルートの起点となる場所である。ロッジの前がテント場になっているので、そこをキャンプ地として使って、周囲の山々へと出掛けて行くのである。この日は二張りほどしか無かったが、お盆休みの時期などは、無数のテントで埋め尽くされてしまう。
 ボクも初めての時に、ここにテントを張った。ただし、ここを起点として、どこかへ出掛けて行くためではなかった。ただ単に、この山にテントを持って登ることが、いかに不合理であるかを知らなかっただけなのだ。テントと寝袋と、数日分の食料を持つと、約五キロほどは重くなる。食料は使った分だけが減るものの、それ以外のものは減ってくれない。
 最初の日は楽に背負えたザックが、次の日からは、肩に食い込むように感じられる。溜まった疲労の分だけ、重さが増すのである。しかも足には、マメが出来る。マメは、荷物が重いほどできやすいのだ。それが潰れて、歩くたびに痛む。従って、歩くのが厭になる。
 その時は、全行程で、四泊することになっていた。ところが、実際にテントが使えたのは、ここでの一泊だけであった。それ以外のところでは、そもそもテント場が無かったり、到着するのが遅くなったりで、結局、テント一式を抱えて山小屋に泊まったのである。せっかく重い荷物を背負い上げたのに、四泊のうちの一泊しか使えなかったのだ。
 これではあまりにも効率が悪すぎる。重い荷物のために、楽しいはずの登山が、ひたすら苦しいものになってしまった。足の裏のマメは、大豊作であった。残った食料は捨てるわけにもいかず、そのまま家まで持ち帰った。それ以後、テント一式は、我が家の押入れで、持ち腐れ状態になっている。

 この山小屋は、時として緊急時の避難場所にもなる。もし近くで、何か事故が起きたとしても、ここまで辿り着ければ助かるのである。以前、晩飯を食い終わって、皆が一旦、寝静まったところへ、五〜六人のグープが入って来たことがある。なんでもこの先の雪渓で、道を間違えたということであった。道とは言っても、雪渓の上では、有るか無いかの微かな踏み跡を辿るだけである。もともと無いに等しいような目印である。間違えるのも当然なのだ。幸いにして、暗くなる前に登山道に出られたので、どうにかここまで辿り着くことが出来たのだという。
 こうしたことがしばしば起きるのが、この辺りの山なのである。そして、そうした緊急時にも受け入れてくれるのが、山小屋の有り難いところである。だからこの小屋は、ぜひともこの場所になくてはならないのである。収容人員が少ないから、混雑する時期は、ギシギシに詰め込まれるが、それくらいのことはむしろ当たり前と思わねばいけない。

 この小屋には、今のところ例の若者たちのグループを別にすると、五・六人しか泊まっていない。昨日泊まった剣山荘も、一昨日の一丿越山荘も、まるでガラガラの状態であった。お盆休みから数日、ずらしただけで山は、閑散としてしまう。去年も一日違いで同じコースを歩いたのだが、ほぼ同じくらいの人数であった。快適登山をするには、入山の時期を若干ずらすとよい。ただし、そうした日程的なズレはあるにしても、そもそも山をやる総人口が減っているのである。

 晩飯までには、だいぶ間があった。その間に、いろいろと話を聞いてみると、同宿のその五〜六人というのが、いずれもくせ者揃いであることが分かった。それぞれが、とんでもないことをしていたのである。
 ある人の場合は、剱岳のてっぺん付近で道が分らなくなり、長いこと、その辺りをさまよっていたという。しかも、長時間の藪こぎまでしたという。どうやら池丿平へ行く道を見失ったらしい。そのうえ前日は、頂上付近で、ビバークしたのだという。
 もう一人は、上の三の窓雪渓を降りてきたのだが、途中で雪が無くなっており、一歩も前へ進めなくなってしまったのだという。やむを得ず壁に取り付いて、上に這い上がったところ、今度は、降りるに降りられなくなった。そこで岩にハーケンを打ち付けて、二重にした細引きを使って、どうにかこうにか降りることが出来た。しかしその細引きが、回収出来なくなり、やむを得ず置いてきてしまったという。

 いずれもが、かなり際どい体験である。一歩間違えば、生死にさえ関わる状況である。それを平然とした顔で言うのであった。ここは、そうした猛者たちが、多く集って来るところなのだ。ただし、そうした人たちだけではなく、前の剱沢雪渓を下ってきたのだが、雪が滑りそうで恐くて、ずーっと崖っぷちの道を歩いて来たという妙な人も居た。
 山の中では、こうした話を聞くだけでも興味が尽きない。なにしろここでは、しばしば下界の常識では測り知れないことが起きるからだ。そして、それがいつ自分の身に降り掛かって来るかも知れないのである。体験者の話は、貴重な情報源である。

 翌朝、ふと気が付くと、顔がピリピリした。鏡を見ると、顔全体がむくんでいた。瞼が腫れ上がり、眼は、奥の方に引っ込んでいる。そして、色が、異常なほどに黒い。ただの日焼けではなく、皮膚が炎症を起こしていたのである。顔を洗おうにも、痛くて洗えない。
 なにしろこの三日間、カンカン照りの下を歩き、しかも昨日は、たとえ数時間とはいえ、真っ白な雪の上にいたのである。かなりの量の紫外線を浴びたことになる。目はサングラスで保護することが出来たが、まさか顔の保護までは考えが及ばなかった。
 例の剱岳の頂上付近をうろついていたという人も、やはり、
 「どうも顔が、ビリビリする」と言っていた。
 その人の顔を見ると、やはり真っ黒な顔の中に、眼だけが光っていた。もし下界で不意に出会ったら、驚いて逃げ出しそうな顔である。ここでは誰もが、同じような顔をしているので、特に気が付かないのだ。だが、実はみんな、かなり悪い人相になっているのである。本人だけが、そのことを知らないのだ。
 去年は途中で、若い女性の二人連れと出会った。夏休みの間、室堂付近の山小屋でアルバイトをしていたという。その時に、なんとなくその二人が、ボクのことを警戒しているような気がした。それは、この異常なほどの黒さのせいであったかと、今頃になって気が付いた。


    ( 九 )
 夜明けと同時に、昨夜の泊まり客は、全員が出発して行った。行き先は、それぞれバラバラである。登る人あり、下る人ありである。登る人たちは、小屋の前の剱沢をそのまま溯って行けば、最終的に剱御前小屋の前に出る。あとは雷鳥沢を下れば、じきに室堂に着く。登りの行程がやや長いものの、時間的には一番早い。今日のうちに、自宅へ帰り着くことが出来る。
 下る人たちは、二方向に分かれる。一つは、黒部ダムへ向かうコースである。この後、幾つかの難所を越えて行かねばならない。それでも、こちららも今日中に、家へ帰り着くことが出来る。同じ室堂に通じている交通ルートに辿り着くからである。残る一つは、仙人池から阿曽原温泉小屋(あぞはらおんせんごや)へ向かうコースである。これはもう一泊が必要となる。

 小屋の横から見下ろすと、剱沢に架けられている手製の釣り橋を、今しも渡って行く人たちの姿が見えた。それは黒部ダムへ向かうコースである。登山道は、対岸の山腹に付けられている。
 その一団は、ゆうべ遅くに小屋の前でテントを張っていた、四〜五人の若い男女のグループであった。一団の中に、ショートパンツ姿の女性がいることからすると、どうやら初心者が含まれているようだ。リーダーも経験が浅いのかもしれない。ちょっと気に掛かる一団である。
 例のピッケルを持った若者たちのグループも、すでに出発した後であった。先程まで、小屋の前のベンチで自炊をしながら、どちらへ行くか検討していたようであったが、話の様子ではやはり黒部ダムへと向かったようである。

 その黒部ダムへのコースは、ボクも以前、歩いたことがある。例のおじさんが帰って行ったルートなので、どのようなところか一度、見ておきたかったからである。今では、かなり印象も薄くなってしまったが、眺望の利くところは、ほとんど無かったような気がする。
 しかもあまり人が歩かないために、道が荒れていた。一部では、延び放題になっている木の枝や草を、杖と手でかき分けながら歩いた。藪こぎと言うほど酷い状態ではなかったものの、一部には、ややそれに近い所もあった。従って、長袖、長ズボンで完全防備する必要がある。皮膚や素肌が露出した服装では、絶対に立ち入ることの出来ないコースである。

 ただし最後は、黒部ダムを真下から見上げる場所に出るので、そこの印象は今でも鮮明である。目の前に、巨大な人工の壁が立ちはだかっていた。その大きさに圧倒された。そして、その垂直の壁の上に、小さな人影がうごめいていた。
 下から歩いて行くボクは、大勢の人たちの注目の的になっているような気がした。自分は、たった今、向こうに見える大きな山を征服してきたのだと、ちょっと得意であった。もちろん実際のところは、誰も注目などしていないのである。ダムの上部から、勢いよく放出されている水と、そこに掛かっている美しい虹を眺めているだけなのだ。
 帰りのバスの中では、自分だけが異分子のように感じた。一般の観光客と、山をやる者の服装とでは、根本的な部分で違いがある。山用の衣服には、華やかさというものが、まるで無いのである。機能性と実用性が重視されるからである。必然的に野暮ったくなる。着飾った女性や、子供たちが多いところでは、どうしてもそれを意識してしまう。しかも、あちこちが汚れていて、かなり汗臭い。周囲の人たちからは、嫌われる異分子であった。

 今回も来る時は、その黒部ダム経由、室堂着のルートで登ったのだが、実はこのコースには、大きな落とし穴がある。ケーブルカーとトロリーバスを乗り継ぐと、黙っていても終点の室堂ターミナルに行き着いてしまう。自分の足では一歩も登らずに、二千四百三十メートルの地点に立てるのである。あまりにも楽ちんな登山である。一丿越山荘が二千七百メートルだから、最初の日に、自分の足で登ったのは、わずか三百メートルである。
 その一丿越山荘で同宿だった人の中に、夕方の食事が、まったく摂れないという人がいた。頭痛がして、しかも吐き気がするという。無理に食べても、吐いてしまうということであった。これは高山病である。原因は一気に、二千七百メートルの地点に到達してしまったからである。その急激な気圧の変化に、身体が順応出来なくなったのである。その人は、翌朝、真っ直ぐ下山して行った。だから高山病になりやすい体質の人は、注意が必要なコースである。

 出遅れて最後になったボクも、アルバイトのお兄さんに挨拶をして、いよいよ出発することにした。アルバイトのお兄さんは、わざわざ小屋の表まで出て来て見送ってくれた。
 このお兄さんは、誰もいなくなったこの小屋で、今日の宿泊客が来るまで、たった一人で過ごすのである。もし登山者が来なければ、まったくの一人である。これからは入山者が減るので、一人で過ごす日が増えるだろうと言っていた。孤独に強くなければ出来ないアルバイトである。それでも去年は、若い女性が一人でやっていたのだから、山好きな人は、もともと孤独にも強いのかも知れない。

 仙人池へは、左手の河原伝いの道を行く。しばらくは川の流れに沿った登山道を歩くが、やがて河原歩きの道になる。広い川の中州が、歩くのにちょうど好いのである。右手に、剱沢の清流を見ながら歩いて行く。ほとんど傾斜が無いので、なかなか快適である。
 去年は、この河原のかなりの部分が、雪で埋もれていた。つまり雪渓になっていたのである。ところがその雪渓が、至る所で寸断されていた。そして、急ごしらえの道が、左右の岸壁のような急斜面に付けられていた。従って、そのつど急な崖っぷちを、ロープに取りすがってよじ登らねばならなかった。そして藪の中に、急拵えで付けられた道を辿り、次に雪があるところまで行ってから、再び急斜面を下るのである。その連続であった。
 登り降りには、自分の体重と荷物の総重量を、二本の腕だけで支えなければならない。これがかなりの運動量になる。殊に、登る時の体力の消耗が甚だしい。腕の力だけでなく、全身の筋肉を使うからである。従って、それがあまり頻繁に続くと、ばてるのが早くなる。だから雪が多すぎるのも、それはそれで一苦労なのである。

 そういえば去年は、このあたりで野生のサルを見掛けたという人がいた。しかもただ見掛けただけでなく、そのうちの一匹が、その人に近付いて来たのだという。
 その人は、途中で道が分からなくなったので、雪の上にザックを降ろして、タバコを吸いながら、赤ペンキの目印を探していた。そして、何気なく後ろを振り返ると、すぐ近くに一匹のサルがいた。ちょいと手を伸ばせば、触れられるくらいの距離であったという。しかもそ奴が、両手を上げて、牙を剥いていたというのであるから、ちょっと穏やかではない。周囲を見渡すと、ボスザルとおぼしきサルが、岸辺の大きな岩の上に座って、じっとこちらを見ていたそうである。その周囲には、グループのサルたちが、何匹も群れていた。そのすぐ近くに、赤ペンキの目印が見つかったのだと言う。
 その人は、目の前のサルに一瞬ひるんだものの、そ奴を無視してザックを担ぐと、そのまますたすたと歩き出した。するとそのサルは、何事も無かったかのように、群れの中へ戻って行った。同時に、他のサルたちも、周囲へ散って行ったという。

 最初、この話を聞いた時、もしかするとその人は、サルと同類だと思われたのではないかと思った。つまり縄張りを荒らしに来た他のグループのサルと、間違われたのではないかということである。しかし、いかに野生のサルとはいえ、この辺りで人間の姿をまったく見たことが無いサルもいないであろうから、何か別の意味があったのかもしれない。
 まさかそのサルたちが、道に迷っているその人に、赤ペンキのある場所を教えてくれたとも考えにくいが、同類と間違えられたというよりは、話に夢がある。なんとなくメルヘンチックで、好感が持てる。その人も、なんとも不思議な体験をしたと言って笑っていた。

 やがて、二俣に出た。二俣というのは、今まで歩いてきた剱沢に、もう一つ別の川が合流して来る地点のことである。二本の川が合わさって、一つになった剱沢は、そのままゆるく右にカーブしながら流れて行き、はるかな先で黒部川と交差する。そこが名高い十字峡である。
 二俣には、鉄の吊り橋が架かっている。その橋のたもとで一休みして、この後のきつい登りに備えた。
 そして、いよいよ登りに取りかかった。ここの急な登りは、これこそが山登りのお手本だというようなきつさである。まず傾斜が急である。また、ところどころに、金属製の梯子が懸けられている。それが無ければ登れないからである。しかも、道が、深い溝の中に付いている。もし大雨でも降れば、そこは川になる。周囲には、雑木が生い茂っている。従って、風がまるで通らない。溝の中は、湿度が高く、蒸し暑い。そうした最悪の状態の登りが、延々と続くのである。

 少し登っただけで、どっと汗が噴き出した。荷物がやけに重たい。やたらと息が切れる。猛烈にしんどい。すぐに足が上がらなくなった。こういう時こそ、普段の運動不足が祟るのである。鍛えられていない肉体が、すぐに悲鳴を上げた。それでも足を動かした分だけは、確実に登って行けるので、ヒーヒー言いながらも、徐々に高度を上げていった。

 やがて、少しずつ視界が効くようになった。灌木の葉の隙間から、チラリ、チラリと三の窓雪渓や、小窓雪渓が見えて来た。これらの雪渓は、なんとも不思議な印象を与える。谷底に白い雪が残っているだけなのだが、それがあまりにも高い所にあるために、まるで宙に浮かんでいるかのようだ。しかも今年は、その雪が少なくて、下に続いている部分がまったく無くなっているために、特にそうした印象が強い。それを見ながら、昨夜、同宿になった人が使った細引きは、どの辺りに残されているのだろうかなどと考えた。

 この辺りまで登って来ても、まだまだ先は長い。そろそろてっぺんに着く頃だろうと期待するのだが、どこまで登っても先がある。いい加減へばった頃に、前方に赤い屋根の建物が見えて来た。それが仙人池ヒュッテである。
 それを見つけて、あともう少しだと喜ぶのだが、ところがどっこい、それが見えていながら、なかなかそこへは辿り着けないのである。この山の裏側に、さらにもう一つの山が隠れていて、それを越えて行かねばならないのだ。

 たいていの人が、そこまでで体力と、気力の全てを使い果たしてしまうので、その後の登りが、限りなくきつく感じられる。そのことが分かっていながら、ボクもやはり、そこでへばってしまった。ひとまず休憩である。
 カンカン照りの下を歩いたので、喉が、カラカラであった。ようやく小屋に辿り着くと、まず缶ビールである。小屋の入り口の土間に自動販売機が設置してあるので、早速一本。
 これが、うまいの、なんの!。焼けた喉に、冷たいビールが染み込んで行く。一本では足りずに、二本目を飲んでようやく生き返った。


    ( 十 )
 この仙人池ヒュッテには、風呂がある。けっこう早い時間帯から沸かしているということで、ここに泊まる人たちはいつでも入れる。しかし真砂沢からでは、ここに午前中に着いてしまう。泊まるにしては、やや早すぎる時間帯である。どうしても次の小屋までということになる。その風呂は、こうした人達に対する足止め策の一つになる。

 去年は、剣山荘と真砂沢ロッジで同宿だった青年が、その風呂の誘惑に捕らえられた。ボクが小屋の入り口で、他の人たちと立ち話をしていると、二階の窓からいきなり、
 「やあ!。ここに泊まることにしたよ!」と言って、眼鏡の青年が手を振った。
 それは何と、今日のうちに、次の阿曽原温泉小屋まで行くと言っていた青年である。
 アレッと、ボクが驚いていると、
 「いやぁ。ここへ来るまでに、もう疲れきっちゃって!」と言う。
 そして、たった今風呂から上がったばかりだと言って、部屋の外の物干し竿に、タオルを干している。
 先ほどのきつい登りで、かなりの体力を消耗したことは確かである。その疲労のせいで、風呂の誘惑に負けたのかも知れない。なかなか効果てき面な風呂である。しかし、もう一つの理由としては前日、黒部ダム経由で、真砂沢までやって来たカメラ趣味の若者が、ここに泊まることになっていたので、その人につられた可能性がある。
 そのカメラの若者は、ここから見える剱岳の写真を撮るために、わざわざ重い機材を背負ってやって来たのである。二人は、カメラのことで意気投合していたから、それで眼鏡の青年も、ここに泊まることになった可能性がある。

 ボクがビールを飲んでいると、その気配を察知したと見えて奥の方から、若い娘さんが出てきた。なんとなくこの小屋主のお母さんに、顔が似ているような気がした。雰囲気も似ている。だが聞いてみると、ただのアルバイトだという。
 ボクはその娘さんに、夕べここに泊まったはずの、例の二人連れの女性のことを聞いてみた。娘さんはアルバイトとは言いながらも、けっこういろいろなことを知っていた。
 その娘さんの説明によると、二人連れの女性は、夕べさほど遅くならないうちに、この小屋に辿り着いたということである。夕べは、日が落ちて暗くなりかけた頃から、一時的に、雨がザーザー降りの状態になったのであるが、どうやらその雨には濡れずに済んだようである。

 そして、娘さんからの情報で驚かされたのは、その二人の女性が、早月尾根からのルートで来たということであった。それは、きつい登りが連続しているコースである。しかもほとんどゼロメートルの地点から、すべて自力で登って来なければならないのである。それはボクが最初に、剱岳に登ったときのコースであった。そのコースは、下山用に使うのが一般的だというのは、後で知った。
 前日の出発地点が、その途中の早月小屋であったとしても、そのコースをとって一日で、ここまで来ることが出来たというのは、かなりの驚きである。なぜなら早月尾根から登って来ると、自然と剱岳の頂上へ行き着いてしまうからである。従って、たいていの人がへばってしまう先程のきつい登りを、剱岳の頂上に立ったその足で登ったことになる。一日に二つも、大きな難関を越えたのである。

 この時ふと、その二人の女性というのは、一体、何者であろうかと思った。なんとなくではあったが、一般の登山者とは異なる人たちのように思えたのである。わざわざきつい登りがあるコースを選んだ、とも考えられるからだ。
 しかし、その娘さんも、この疑問には答えられなかった。それ以上は、手持ちの情報が無かったからである。ちょっと首を傾げただけであった。従って、この疑問に対する答えは、もう半日ばかり持ち越されることになる。そして、さらに驚きの結末に到達するのである。

 ボクは話のついでとして、その娘さんに、長次郎雪渓で遭難事故があったことを話した。すると、何と!。その娘さんは、そのことも知っていた。情報源が何も無いこんな山の中で、どうして知っているのかと不思議に思った。
 そこで尋ねてみると、無線でのやり取りを傍受したのだという。山小屋に緊急用に備えられている無線機である。なるほど、その手があったのかと合点した。通信の端末機器さえあれば、リアルタイムで事件や、事故の情報入手が可能なのである。現代社会を象徴する情報通信網は、こうした険しい山の中まで深く浸透していたのである。

 その娘さんの話によると、例の遭難者は、肩の脱臼程度で済んだようである。なんでも一連の会話の中で、救助隊員が、
「肩が、ブラブラしている」と言っていたという。
 もし骨が折れているのであれば、明確に骨折という言葉を使うであろうから、おそらく肩の関節が外れただけで済んだのであろう。重い荷物を背負ったまま、あのクレパスに落ち込んだために、ザックのベルトで肩が捻られた可能性がある。それによって肩関節が外れるということは、大いにあり得ることだ。ブラブラという表現は、そうした状態を指したものであろう。
 それにしても、あの軽アイゼンの持ち主が、その程度の怪我で済んだのは、不幸中の幸いと言うべきである。もし骨折でもしていたら、数ヶ月間の入院が必要になる。ましてや首の骨でも折っていたら、即死だったに違いない。

 ボクは今更ながらに、ガイドブックの書き方は、不親切だと思った。本来ならば、まったくの素人でも分かるように、ここの雪渓では必ず、六本爪以上のアイゼンを使用することといった、具体的な記述をするべきなのである。
 如何せん雪渓や、雪山の初心者には、ガイドブックだけが頼りである。それは必要不可欠な情報を得るための本であり、そこに記されている文章だけが、未知の領域を埋める手掛かりとなる。その必要な手掛りが、欠落しているのだ。
 しかし、それは四本爪の軽アイゼンで、実際にすっ転んだ経験の無い者には、分からないことなのだ。ガイドブックの記述が曖昧なのは、それを書く人たちが、最初から十二本爪しか持ち歩かないプロの人たちだからである。要するに、経験の無い素人の未知の領域は、ガイドブックの記述では埋められないということである。そのことを多くの人たちが、知らずにいるのだ。例のおじさんが知らなかったのも当然なのだ。従って、今後も、同様の事故が起きる要因が残されている。
 ボクは、二本のビールの酔いも手伝って、
 「だからして、軽アイゼンには、本来、アイゼンなどというという紛らわしい言葉は、使うべきではないのだ!」とその娘さんに、半ば本気で力説していた。

 そんな話をしているところへ、奥の方から、この小屋のお母さんが出て来た。去年も顔を合わせたのだが、わずか数分間だけの立ち話であった。従って、こちらは知っているが、向こうは覚えていないに違いない。それでなくとも、お母さんの方は、山岳雑誌などでよく紹介されているから、こっちにすれば一方的な知り合い感覚である。一年ぶりの再会が、なんとなくなつかしかった。
 挨拶の後で、お母さんは、入り口に立て掛けてあるボクの荷物に目をやって、
 「あれ、あれ。まあ!。ピッケルを二本も持って、どこをやってきたんだか」
 こう言いながら、洗濯物の入ったバケツを持って、表へ出て行った。

 そうこうしているうちに、真砂沢で同宿だった人が、ようやくここまで辿り着いた。この人も、やはりカメラ趣味の人であった。その人は小屋に着くと、すぐアルバイトの娘さんに、この辺りの撮影ポイントなどを訊き始めた。そして、この辺りは景色の好い所が多いので、写真を撮るだけでも一泊する価値があるという娘さんの説明で、結局、ここに泊まることになった。
 この小屋の前には、小さな池がある。そこに映る朝日を浴びた剱岳は、逆さ剱として、写真誌などによく紹介されている。また、ここから少し先へ行った池の平あたりの景色は、これまた一見の価値があると言う。アルバイトの娘さんにしては、なかなかにポイントを心得た説明であった。
 そういえば真砂沢ロッジで最初に出会った中年のご夫婦は、ゆっくりと記念写真を取りながら、各駅停車で山小屋に泊まるということであった。従って、今日は、この時間帯にして、すでに三人の宿泊客を確保したことになる。足止め対策の風呂の効果もさることながら、眺望と写真の撮影ポイントとして効果も、なかなかのものであった。

 ところで山小屋の管理人というと、一見普通のおじさんや、ただのおばさんがやっているように考えがちだが、決してそれだけでは勤まらないのである。実は、この後、そうした山小屋の管理人の極めて的確で、且つ鋭い観察眼に、改めて驚かされるのである。
 それによって、先ほど、ここのお母さんがボクの荷物を見て言った何気ない一言に、どれほどの意味が含まれていたかを、具体的に知らされるのである。それはこの後で起きる、ちょっとした事件が、その発端となる。


    ( 十一 )
 次の休憩地は、仙人温泉である。時間にすれば、約一時間半ほどの行程である。ボクは荷物を担ぐと、ヒュッテの横から続いている急な坂を下って行った。
 間もなくして、沢添いの道に出た。そこから、またもやきつくて苦しい行程が始まった。
 それでも今年は、去年に比べれば、かなり楽なのである。なにしろ去年は、この辺りの道も、ほとんどが雪で覆われていた。そして、その雪渓が、いたるところで寸断されていた。必然的に、急斜面の登り降りの連続となった。それを思えば、今年はとにもかくにも、しっかりとした道がある。ロープに取りすがって、急な崖をよじ登る必要がない。それだけでも有り難いことであった。

 しかし、去年の大雪の爪痕は、まだ至る所に残されていた。雪とともに崩れ落ちた大量の土砂が、登山道を埋め尽くしていたのである。そこはやはり崖をよじ登って、高巻きのルートを取るしかない。そうした箇所が、けっこう頻繁にあった。
 もしその土砂で塞がれた道を、すべて元通りに復旧させるとしたら、たいへんな労力を要するものと思われた。そのための出費も莫大なものになるであろう。どうやら去年の雪害の痕跡は、当分の間残りそうである。

 だいぶ歩いてからであった。道が沢筋から離れた。対岸に移って、急な斜面を登って行くと、周囲が樹林帯のようになった。ここまで来ると、もう次の休憩地は近い。いや、近いはずである。
 しばらく行くと、前方に白い煙が立ち昇っているのが見えた。温泉の源泉があるところである。仙人温泉の湯は、そこから谷をまたいで引いているのである。

 樹林帯の中の道を、ひたすら歩いて行く。小屋に水を引くための黒いゴム管が、登山道に沿って、どこまでも延びている。所々で、水が、シューシューと音を立てて吹き出している。
 だいぶ歩いたので、もうそろそろ着いてもよい頃だと思う。しかし、いっこうに着かない。いい加減、厭になってくる。近いようでいて、実際は、けっこう遠いのである。しかも眺望が利かないから、気の紛れることが無い。
 まだか、まだかと思いながら、ひたすら歩きつづける。こうなると辛抱の山歩きである。ただ黙って、歩くだけである。
 すると突然、木々の隙間から、ひょっこりと建物の影が現われた。仙人温泉小屋である。おゝ!。ようやく着いたぞと、道なりに回り込んで、小屋の正面に出た。

 この小屋の前には、小さな露天風呂がある。角張った巨大な岩の横を、少しばかり掘り下げて、周囲をコンクリートで固めただけの簡素な風呂である。上にせり出している岩が、屋根の庇のように、風呂の一部を被っている。
 木の台に固定された黒いパイプから、源泉の湯が流れ込んでいる。そのパイプの口から出ている湯は、かなり熱い。日中は、湯気が見えないから、たいていの人が気付かないのだが、うっかり素手で触れると火傷をするほどである。このことは迂闊にも、体験した者だけが知っている。
 その熱い湯を埋めるための水が、同じように、黒いパイプで引いて来てある。その水は一旦、風呂の縁に置かれている、桶に注ぎ込まれる。その桶の中に、ビールやジュースが冷やしてある。もちろんお湯も、水も流しっぱなしである。

 この露天風呂は、たいていのガイドブックで紹介されている。従って、かなり有名な温泉である。しかし、いかに昨今の温泉ブームでも、わざわざここまで入りに来ることは出来ない。まさしく秘湯中の秘湯である。山をやらない人にとっては、幻の露天風呂である。
 ただしこの露天風呂は、休憩所の眼の前にあるために、昼間ここに入るのは、かなりの度胸がいる。いつ何時、他の登山者がやって来るか分からないからである。以前、この小屋に泊まった若者のグループが、タオルで前を押さえながら、人々の前を走り回っていたことがある。
 どうやら人の来ない時間帯を見計らって入ったものの、いつの間にか大勢の人たちが集まってしまって、出るに出られなくなったらしい。我慢して入っていたものの、茹で上がってしまい、たまらずに素っ裸のまま飛び出したものとみえる。

 去年は、途中から、高齢のご夫妻と同行することになったのだが、この風呂に入って、記念写真を撮るのが夢だと言っていた。旦那さんが入るものと思っていたら、奥さんの方が先に入ったので、ボクは目のやり場に困った。旦那さんはカメラに三脚を取り付けて、入浴中の奥さんの写真を撮っていた。後で、旦那さんも一緒に入るものと思っていたら、自分は入らないと言っている。場合によっては、シャッターを押す掛りを申し出ようと思っていたボクは、おや、と思った。
 もしかすると、ボクの人相が悪いのを警戒したのかも知れない。なにしろこの時もボクは、日焼けで真っ黒になっていた。異様なものに対して警戒心を抱くのは、当然の心理である。
 ただしもう一つの解釈として、その旦那さんが、けっこうシャイな人であったということが考えられる。年齢から推しても、おそらく昔気質の人であったから、他人が見ている前で、夫婦で風呂に入ることに気後れしたのかも知れない。どちらにしても原因は、ボクがそこに居たことにあったような気がする。そのご夫婦には、ちょっと悪いことをしたような気がする。

 もちろんここには、内風呂もある。若い女性の泊まり客もあるわけだから、そのための用意である。しかし、何といっても人気なのは、この露天風呂である。大自然のまっただ中にある温泉である。夜中に、瞬く星を眺めながらゆっくりと湯に漬ったら、最高だろう。そうした趣味のある人には、堪えられない風呂である。

 この仙人温泉の休憩所には、先客がいた。休憩所とは言っても、長椅子が幾つか置いてあるだけの場所である。
 その人は、そこで自炊をして、昼食を摂ったということで、もうかなり長い時間、そこに居たらしい。しかし、それだけ長く居たにも拘わらず、人に出会ったのは、ボクが初めてだと言う。やや中途半端な時間帯であるから、誰にも会わなくても特に不思議ではない。だが、そもそも入山者の絶対数が少ないのである。登山者さえ多ければ、長い空白の時間帯が生じることは無いからである。

 近頃では、中高年の人たちに、登山ブームが起きているということだが、このあたりの山に入るには、ある程度の体力が必要である。少なくとも、全コースを歩き通すだけの持久力がなければならない。
 そうするとやはり、若い人たちということになるのだが、その肝心の若者たちに、登山離れが進んでいるのだ。都会という自然の無い環境で生まれ育つと、身近に自然を感じる必要性まで無くしてしまうのかも知れない。人間が、自然な存在ではなくなった証拠であろう。

 ボクもそこで、昼食を摂ることにした。その前に、まずビールである。最近では、小屋ごとにビールを飲むのが習慣になってしまった。水分とカロリーが、一度に補給できるので、体力の回復にはこれが一番なのである。ただしこれが下界でも習慣になってしまうと、すぐに腹が出てきて、今度は減量で苦しむことになる。
 ボクは代金を支払うために、一つ奥の小屋に入った。売店には、去年とは違うおじさんが座っていた。
 先客は、ボクが昼食を摂っている間に出発した。テント一式を持っているということで、荷物がかなり重そうに見えた。その分歩くのが遅くなるので、ボクは、じきに追い着くだろうと言って、先に送り出した。
 どのみち今日の泊まりは、阿曽原温泉小屋である。たとえ追い着かなくても、そこで再び、顔を合わせることになるのは間違いなかった。否、間違いない筈であった。

 ボクは昼食を済ませてから、その人より、やや遅れて出発した。少しばかり行くと、仙人谷の支流に突き当たった。登山道は、対岸の山腹に付けられている。目の前にある川を渡って、向こう岸に移る必要がある。
 去年は、この谷の一面が、残雪で覆われていた。そのために、かなり下流の方まで、雪渓を歩いて行くことが出来た。しかし今年は、まったく雪が無い。河原の石が、完全に露出している。大変な違いである。水量も、かなり少ない。そのため川の中にある大きめの石を選びながら、向こう岸まで歩いて渡ることが出来た。

 初めてここに来た時には、この谷に架かっていたスノウブリッジが壊れ掛けていた。下部が丸くえぐり取られていて、今にも崩れ落ちそうであった。
 先へ行った人たちは、川下の方から、飛び石伝いに渡ったようである。ところがその辺りは、かなりの急斜面になっていて、容易には降りられない状態であった。
 そこへ山岳ガイドと、その生徒たちの一行が来合わせた。その人たちがザイルを持っていたので、先に各自の荷物を吊り降ろそうということになった。重い荷物さえ無ければ、たいていの人が身体に羽が生えたようになる。
 その時は、十四・五人が、そこに団子状態になっていた。吊り下ろした荷物は、手渡しで、向こう岸まで運ぶことが出来た。山の中では、そうした協力関係が、すぐに出来上がるのである。

 対岸の登山道に入ってから、間もなくのことであった。突然、足の裏に痛みを感じた。靴の中に、小石が入ったらしい。だでさえマメが出来ていて、痛いのであるから、そこに当たったら大変なことになる。早速、靴を脱いで、小石を取り出すことにした。
 そして、ボクが前かがみになって、靴紐を解いていた時のことであった。
 「こんにちは」と、二人連れの女性が、挨拶をしながらボクの横を通り過ぎて行った。突然だったので、ちょっと吃驚した。ボクはその二人の存在に、まったく気付いていなかったのである。

 靴を履きなおしてから、少しばかり行くと、また谷川に出た。それは谷川と言うよりは、沢の最上流部といった場所である。足許の岩と岩の間を、冷たい雪解け水が勢いよく流れていた。ちょうどよい水場になっていた。
 先へ行った二人の女性は、そこを少し通り越した岩の上で、小休止していた。ボクもその場にザックを降ろして、水を飲んだり、顔を洗ったりした。
 ところが実は、この時の出来事が後で、ちょっとした事件に結び着くのである。その二人の女性は、位置的にやや高い所にいたので、かなり遠くの方まで谷の下流を見渡すことが出来た。もちろんそこは、登山ルートではない。
 しかし、二人の女性は、そこを人が歩いて行くのを目撃していた。ザックを背負った人が、下流へ向かって歩いて行ったという。ただしその時は、魚釣りをする人だろうくらいに思ったということで、別段不思議に思わなかったのだという。この目撃体験が後で、その事件を解決に導く鍵となる。

 道はやがて、樹林帯に入った。またもや長くて、苦しい道のりの始まりであった。このあたりの登山道も、やはりあちらこちらが削り取られていた。従って、ロープに取りすがって、登ったり降りたりの連続となった。
 高いところでは、数十メートルのロープが、何本も架けられていた。それを登ったり降りたりするのである。場所によっては足元が、かなり滑りやすい。細心の注意が必要であった。それでも去年の応急処置のロープに比べれば、今年は、しっかりとしたものが張られていた。従って、安心して体重を懸けることが出来た。

 そうした応急処置の施された箇所を、幾つも通過してようやくのことで、下の廊下に通じる合流地点に辿り着いた。この道を右へ行けば、S字峡、十字峡、白竜峡といった有名な峡谷を経て、最終的に、黒部ダムに出られる。ただし、そこは雪が完全に消える、秋口にならなければ通行できない。

 ここまで来れば、もう着いたも同然である。あとは急な下りを、ひたすら降りて行くだけである。
 阿曽原温泉小屋は、位置的にはかなり低い所にある。標高が八百六十メートルである。ここから数百メートルも下る必要がある。かなり急な坂道で、膝がガクガクになった頃に、ひょっこりと見覚えのある山小屋が現われた。
 早速のビールが、めちゃめちゃ旨かった。これは下界の日常生活では、絶対に味わえない旨さである。身体が、その成分を欲しがっているからだというのは、去年、例のサルに出会った人から聞いた説である。成る程と思った。まさに理に適っている。そして、どうやらボクの場合は、ビールの成分がやたらと不足する体質らしい。またもや、立て続けに、二本飲んでしまった。


    ( 十二 )
 阿曽原温泉小屋はその名の通り、温泉付きの山小屋である。風呂は、ここから三〜四分ほど下ったところにある。もちろん天然の露天風呂である。かつて黒部ダムに通じるトンネル工事の際に湧き出した湯が、その源泉になっている。
 言うまでもなく、青天井の風呂である。日が照っていれば太陽を仰ぎながら入り、雨が降れば濡れながら入る。夜は、もちろんランプが必要である。そして、目の前にあるのは、雄大な峡谷である。対岸までは、数百メートルの距離がある。これこそは黒部の源流が創り出した大自然の美である。ただ単に、秘湯と呼ばれる温泉は各地にあるが、これだけの絶景を目にすることが出来る温泉は、そうざらにはあるまい。

 この日は、わざわざこの温泉に入る目的で、欅平から、五時間も掛けて歩いて来たという若者たちがいた。聞いたところでは、彼らは少し前まで、白馬岳の山小屋でアルバイトをしていたという。なる程、山のことを、ある程度知っていてこそ出来ることである。単に温泉ブームに浮かされたくらいでは、ここまで歩いて来るだけの根性は無い。幻の秘湯めぐりをするには、気力と、体力と、さらに根性が必要なのである。
 ここでは時間差を設けて、男女が別々に入浴する。女性陣の方が、人数が少ないことから、先に入ることになっていた。ボクは同部屋になった例の若者たちと、後から一緒に入った。
 そして、雄大な大自然の中で、ゆったりと湯に浸った。まだ陽が残っていて、辺りが明るかったので、眼の前の木々の緑が新鮮であった。実に、爽快である。これまでの疲れがいっぺんに飛んで行った。ただし、潰れた足のマメに、チリチリと湯が沁みた。

 ボクたちが風呂から帰ってみると、すでに夕食の準備が整っていた。そして、今日の泊まり客が全員、広間に集まっていた。全員とは言っても、わずか十名足らずである。去年はもう一組、五・六名のグループがいたのだが、今回はその人たちの分だけ少ないことになる。
 広い部屋を少人数で使えるのはありがたいのだが、これで山小屋の経営が成り立つのだろうかと、少々心配になる。今は、いずこの山小屋も、同じ悩みを抱えているに違いない。

 ボクは席に着くと、早速、例の二人連れの女性を探した。その二人には、必ずここで出会えると思っていたのである。なぜなら女性の足で、この先へ行くなどということは、絶対にあり得ないと思っていたからだ。
 とにもかくにも安全な登山をするには、日程に、有る程度の余裕を持たせることが必要である。余裕が無いと、つまらない所で無理をして、それが遭難事故の原因となる。この基準に照らせば、その二人の女性も、今夜は間違いなくここに泊まっているはずであった。

 食器が並べられている席は、すべてふさがっていた。従って、他に泊まり客はいないことになる。だが、何度見回してみても、それらしい二人連れの姿は無かった。
 この時になって、ようやくボクはその二人が、ただ者では無かったことに気付いたのである。今ここに居ないということは、すでに欅平に向かったということである。
 前の宿の仙人池ヒュッテから、最終の欅平まで歩くとしたら、それは普通の人の二日分の行程である。何という強腱であろう。しかも、驚くほどの俊足である。
 そう言えば以前、ボクがヒーヒー言いながら欅平に着いたら、仙人温泉の露天風呂で前を隠しながら走り回っていた若者たちが、ほぼ同時に到着したので驚かされたことがある。だから体力があって、荷物さえ軽ければ、さらにもう一つ手前の仙人池ヒュッテからでも、同様のことは可能なのである。例のアルバイトの娘さんが、朝早く発てば、ここからでも欅平へ行けますよと言っていたのは、たしかに根拠のあることだったのだ。しかし、それが二人連れの女性であるという点が、僕には、どうしても納得出来ないのであった。

 やがて食事をしながら、お互いの情報交換が始まった。今日の泊まり客の中に、昨夜、仙人池ヒュッテに泊まった人たちがいた。その人たちに、例の二人連れの女性のことを尋ねてみた。すると、その二人のことは、やはり前の小屋でも話題になっていたということであった。
 しかしその二人は、前日の夕方、遅くに小屋に着いて、今朝は、早出をしたということで、他の人たちとは、ほとんど話をする機会が無かったらしい。ここに居合わせた人たちも、詳しいことは何も知らなかった。従って、手掛かりになりそうな情報は、誰からも得られなかった。

 ボクが、一度でいいから、是非、その二人の顔を見たかったと言ったら、特に変わりのない普通のおばさんだったという返事が返ってきた。
 だが普通のおばさんが、この超難コースを、人の二倍近い速さで歩いてしまうというのは、ただ事ではない。山中にたった二泊しただけで、日本一険しいこの山を、疾風のように駆け抜けて行ったのである。ボクの登山常識は、完全に覆されたのである。
 もしかすると、その二人は、よほど山慣れしているか、或いは、何か他の目的のために、トレーニング用として、このコースを使ったのかもしれない。いずれにしても、ごく普通の一般登山者に出来ることではない。
 しかしこの場で、取り敢えず分かったことは、その二人の女性が、驚くべきスーパーおばさんであったということだけである。この山には、そういう人たちも遣って来るのである。

 この話が、一段落した時であった。食事も、ほぼ終わり掛けた頃である。昨夜、仙人池ヒュッテに泊まった中年のご夫婦が、ふと妙なことを言い出した。今夜、ここに泊まるはずだった何人かが、まだ着いていないようだと言うのである。
 みんなが一斉に、その二人に注目した。外は、もう真っ暗である。もしその人たちが、今も登山道を歩いているとしたら、非常に危険である。遭難事故につながる可能性がある。
 そのご夫婦の説明によると、たしかあの人とその人は、今晩、この小屋に泊まるはずだったのだが、どういう訳か、その人たちの姿が見えないというのである。すでに先へ行ってしまったのか、或いは、まだここに到着していないのかが分からないと言う。
 そうした話が始まったところへ、そう言えばあの時、谷を下って行ったあの人は一体、何処へ行ったのだろうと、例の二人連れの女性が言い出した。
 この時になって、ようやくその人の行動に、不審感を抱いたのである。ボク自身も、仙人温泉で先に送り出した人が、まだここに着いていないようなので、ちょっと気になっていたところであった。風呂への行き帰りには、テント場の横を通るので、その周辺を探してみたのだが、それらしい人影が見えなかったのである。

 そこで、みんなで意見を出し合って、あの人は、こういう人相風体の人で、その人は、こういう特徴の人だったという情報が集められた。
 さらには地図を引っ張り出して、その人たちと最後に出会った場所を確認したり、間違え易い分岐点や、迷い込みやすい道の予想などを行った。歩くコースは一本道であるが、もし一カ所でも外れてしまうと、ここには辿り着けないからである。
 そして、そうした断片的な情報の中から、それではやっぱりあの人と、その人が、まだ、ここに到着していないようだ、という結論が導き出された。

 我々がそうした話をしているところへ、この小屋の主人がやって来た。食事が終わって、もうだいぶ時間が経つのに、泊まり客が、一向に席を立たないので、一体何をしているのかと、様子を見に来たのである。
 この小屋の主人というのは、つい数年前まで、長野県警の山岳遭難救助隊にいた人である。経歴がやや異色であることから、小屋の代替わりの時に、地元の新聞にも大きく取り上げられた。また、山岳雑誌などでも紹介された。いわばこの世界の有名人である。
 その主人に、これまでの経過を説明した。途端に、主人の顔付きが変わった。ただの山小屋の管理人から、もとの山岳救助隊員に大変身したのである。

 主人は早速、アルバイトの従業員たちに今日、小屋の前を通過して行った人の聞き取り調査を始めた。同時に下のテント場に、今どういう人たちがいるかも調べさせた。
 それが済むと、今度は無線電話を取り出して、あちこちに電話を掛け始めた。仙人温泉のおじさんとは勿論のこと、もう一つ手前の仙人池ヒュッテのお母さんとも、長いこと話をした。そこが問題の人たちが泊まった小屋だからである。
 それによって昨夜、仙人池ヒュッテに泊まった人たちの特徴が、かなり明確になった。それぞれの人が背負っていた、ザックの形や、色、大きさ。着ていた服のデザイン。被っていた帽子の形状。そして、最後には、職業までもが分かったのである。

 それらの情報をもとにして、今度は、相互の突き合わせ作業が行なわれた。その特徴の人は、今日の何時頃、この小屋の前を通過して行ったから、どうやらその人ではないようだとか、その人は今朝、早く発ったから、多分その人でもないだろうといった具合に、次第に焦点が絞られて行った。
 そして最終的に、ボクが仙人温泉で、じきに追い着くだろうと言って先に送り出した人と、最後の水場となった谷川で、二人の女性が目撃した人とが、おそらく同一人物であろうということになった。行方不明者は、遂に、一人に絞られたのである。
 小屋の主人の話では、その谷川は途中で、行き止まりになっているということであった。そのまましばらく行くと、やがて滝の上に出るという。その下は、切り立った崖だという。従って、魚釣りどころではないのである。

 ところで、その電話でのやり取りを聞いていて驚いたのは、仙人池ヒュッテのお母さんが、前夜の泊まり客の特徴を、極めて正確に把握していたことである。
 我々は、みんなで意見を出し合いながら、かなりの時間を掛けて、なんとかかんとかその人の特長を割り出したのであった。しかし我々の場合は、同じ人物を見ていながら、それぞれの捉え方がまったく異なっていた。お互いの意見を突き合わせようにも、まるで咬み合わなかったのである。各人が、一方的に、それぞれの印象を述べ合うだけであった。それほど不確かで、あやふやな記憶であった。従って、我々が長時間を掛けて、ようやくまとめ上げたものが、仙人池ヒュッテのお母さんの言葉によって逐一、裏付けられた恰好であった。

 そこには山小屋の管理人の観察眼と、我々一般人の観察眼との明確な差異があった。つまり仙人池ヒュッテのお母さんが、ボクの荷物を見て言った何気ない一言には、その奥に、これだけのものが含まれていたのである。それは登山者の特徴を、一目で、正確に捉える見方であった。これこそ山小屋の管理人が、決して普通のおじさんや、ただのおばさんではないことの確かな証明であった。登山者の安全が、こうした人たちの注意深い努力によって守られているのである。これもまた、多くの人たちには知られていない事実である。

 去年も、何人かは、道に迷った人たちがいた。なにしろ登山道が、ほとんど雪で覆われていたために、肝心の目印がなかなか見つからなかったのである。その目印を、一つ見落としただけでも、とんでもない所へ出てしまう。注意深く確認しながら、慎重に、慎重に行動しなければならなかった。
 それでも雪渓を下るところを、逆に登ってしまい、元のコースに戻るまでに、何時間ものロスをしたという人たちがいた。
 ボク自身も、何度も迷い掛けては、途中から道を引き返した。例のサルに出会った人も、また同様であった。みんなが大いに迷ったのである。従って、真砂沢ロッジで一緒だった人たちが全員、この阿曽原温泉小屋に無事に辿り着いたことが分かった時には、それこそ奇跡のように思ったほどである。

 それに比べると今年は、歩くべき道がしっかり付けられており、目印も、取り立てて分かり難いということは無かった。すべての点に於いて、去年よりは、よほど益しな状態になっていた。
 ところが真砂沢ロッジで、例のお兄さんから聞いた話では、どういうわけか今年は、やたらと遭難事故が多いのだということであった。そして、その度に、この阿曽原温泉小屋の主人が、その人たちの救出のために走り回ったのだという。
 案の定、今回も、小屋の主人が明朝、夜が明けるのを待って、その辺りまで様子を見に行くということになった。そして夏山のことであるから、死人が出るようなことも無かろうということで、その場は、お開きとなった。


    ( 十三 )
 すでにみんなが出発した後であった。ボクもそろそろ出掛けようと、小屋の玄関先で、靴を履いていた時のことである。
 上の方から、ドスン、ドスンという音が聞こえて来た。異様な音であったが、よく聞いてみると、それは人の足音であった。
 その音が、次第に大きくなって来る。そして、遂に、小屋のすぐ上の所まで来た。
 ボクが、そちらへ目を遣ると、ゆるい登り坂になっている小径の中央に、束ねたザイルを肩に掛けた、小屋の主人の姿が現われた。
 そのすぐ後から、昨日、仙人温泉の休憩所で会った青年の顔が現れた。ボクは思わず、
 「おおっ!。よかった、よかった。よくぞご無事で!」と声を上げた。
 よほど急いで歩いて来たとみえて、その遭難者一名は、顔中に大汗をかいていた。大きな荷物を背負って、ゼーゼーと息を切らしている。

 小屋の前まで辿り着いたその青年は、地面にぺたんと腰を卸した。小屋の主人は、その隣に、中腰で座って、ニコニコと笑っている。
 一昨日、この青年と同宿だった中年のご夫婦は、つい先程、小屋の横の石段を降りて行ったばかりである。まだ、近くに居るはずであった。
 ボクは、その二人がいる方へ向かって、
 「おーい!。お二人さん。無事に、あの人が、着きましたよーっ!」と叫んだ。
 すると間もなく、そのご夫婦が、石段の下に戻ってきた。そして、上を見上げながら、
 「おーっ!。よかった、よかった。無事に、到着しましたね!」
 「あっ、お元気で!。ご無事で。よかったですね!」
 「どうも、どうも、ご心配をお掛けしました」
 双方で、こうした会話が交わされた。お互いに知らぬ者同士ながらも、不思議な連帯感があった。これも危険が多い山の中でこそ生まれる連帯感である。たった一晩の同宿の者同士でも、一種の家族のような絆が生まれるのだ。
 こうして遭難者の無事を確認した二人は、安心して出発して行った。

 その青年に昨夜の経緯を聞いてみると、例の谷川を、かなり下ってしまってから、道を間違えたことに気が付いたという。
 すぐに引き返して、どうにかもとの場所まで辿り着くことは出来た。しかし、すでに日が暮れていたので、それ以上は動くのをやめて、昨夜は、テントにくるまって、道ばたで休んだということであった。
 例の地点から、ここまでの間には、けっこう足場の悪いところがあった。ランプや懐中電灯で照らしたくらいでは、細かな凹凸が見えない。もし足を踏み外せば、谷底に転がり落ちることもあり得る。テントを持っていたことで、敢えてそうした危険な行動をとらずに済んだのである。重いテントを持ち歩いた最大の効用であった。

 一通りの話が終わった後で、その遭難者一名は、ボクの顔をつくづくと見ながら、こう言った。
 「あそこでも、思ったんですが、顔がほんと、真っ黒ですね」
 たった今、救出されたばかりの遭難者にしては、余裕の反撃であった。隣にいた小屋の主人も、しきりに頷きながら笑っている。
 一晩経って、さらに黒さが染み着いたのである。だが、これはボクのせいではない。いちいち説明するのも面倒なので、ボクも一緒に笑って済ませた。それ以上の追及が無かったのが幸いである。
 遭難者一名の無事が確認出来たので、ボクも安心して出発することにした。先へ行った目撃者の二人連れの女性には、水平道の途中で追い着いた。本日の最新情報、昨夜の遭難者、無事、小屋へ到着の知らせは、これで全員に届いたことになる。

 その後は、欅平までの長い、長〜い道のりが続いていた。道とは言っても、ここの場合は、垂直に切り立った崖の横っ腹を、ノミでコの字型に削り取って、なんとか人が歩けるようにしただけのものである。ほとんどの所で、足許のすぐ下が断崖絶壁になっている。地面は、数百メートルも下である。落ちたら、絶対に助からない。
 しかも、その地べたの一部分が崩落していて、何本かの丸太を結びつけて、橋を掛けたようになっている箇所がある。下は、もちろん千畳の谷である。その橋が崩れ落ちても、やはり助からない。そうした道とも言えないような道が、延々と続くのである。

 去年は、例の高齢のご夫妻と一緒に、この水平道を歩いた。そのご夫妻は、四国の徳島から来たということであった。二人して、坦々と歩いておられた。しかも、歩くペースが一定で、極めて安定した歩き方であった。年齢というものを、まったく感じさせなかった。それどころか、一緒に歩くと、歳の若いボクの方が、先にばててしまうほどであった。
 旦那さんの荷物の中には、カメラの機材などが入っていたから、かなり重かったはずである。昔の人は、鍛え方が違うのかもしれない。インドの哲人を思わせるような日焼けした顔が、今でも印象に残っている。
 そう言えば今、ボクの前を歩いている二人連れの女性は、北海道の旭川から来たということである。さすがは北アルプスである。日本全国から、山の愛好家たちが集まって来るのである。山好きの人にとって、ここはまさに憧れの山なのである。

 水平道の後には、今度はきつい下りが待っていた。かなり急な坂が、どこまでも続くので、膝がガクガクになった。体重と荷物の総重量が、一点に掛かるためである。しかも普段の鍛え方が足りないから、じきにへばってしまった。所々で足を休ませながら、ようやくにして欅平まで辿り着くことが出来た。

 欅平は、トロッコ電車の終着駅である。ここは、すでに下界である。下界は今日も、大勢の観光客でごった返えしていた。
 山から下りて来た者は、こうした所ではどうしても、異分子になってしまう。服は汚れていて、身体は汗くさく、しかも顔が真っ黒である。これだけでも相当に怪しい人間である。その上、またもや着いた途端にビールを飲んでしまったから、アルコール臭まで加わった。周囲の人たちから、嫌われる要素が盛りだくさんな異分子である。なんとなく肩身が狭くなる。

 ここから先は、名物のトロッコ電車に乗って、トコトコと宇奈月まで行く。その間の景色の変化も、また一興である。
 このトロッコ電車には、視界を遮る窓が無いから、深く切り立った谷や、渓流を、直に目にすることが出来る。大自然の景観が、ありのままの姿で迫って来る。頬を撫でる風も心地よい。
 ただし、額に汗をかきながら見る景色と、こうして楽に手に入る景色とでは、本質的に異なるものがある。山をやる人間にとっては、やはり汗をかきながら見る景色の方が、上等なのである。なぜなら感動と快感は、流した汗の量に比例するからである。そして、達成感こそが、生き甲斐に繋がるからである。


          ○   ***   ○


 ボクが山をやるようになったのは、自分の性格を変えたいと思ったからである。このまま無鉄砲が続くようでは、将来が思いやられる。自制心と、忍耐力と、他人に対する寛容さを養うには、厳しい大自然に触れる登山が最適であろうと考えたからだ。
 しかし、生まれついての性格というものは、どうやら一生涯変わらないようだ。しかも心を磨くとか、精神を鍛えるとかいうのは、ボクには似合わないらしい。すでに二十年以上にもなるが、性格には、ほとんど影響を与えなかった。結局、ただの山好きに仕上がってしまった。
 ただし、この無鉄砲が祟って、いつ大事に至らないとも限らない。そう思って、冬山だけはやらないことにしている。もし厳冬期の山をやっていたら、生命が幾つあっても足りないだろう。

 今回紹介した夏山のドラマは、この年の夏に、ボクの人生の一ページに新たに書き加えられたものである。我が忘れ得ぬ記憶として、また自分自身が、今現在も存在し、まさに生き続けていることの確かな証として。

 そもそも山は、人が登るために、そこにあるのだ。古来より、人々は、その頂点に立つことを目指して来た。それは高い山でも、低い山でも同じである。人々は、ただひたすら頂上へと向かって、登って行くのである。
 それは文明の進んだ二一世紀の現代に於いても、変わりなく続く現象である。人々は今も、山の頂上を目指して登り続ける。それは登るための山が、そこにあるからなのだ。

 山では、様々なドラマが生みだされる。冬の山は、雪と氷に閉ざされた死の世界である。だが、それでも人々が登るのは、そこで繰り広げられる人生のドラマを求めているからだ。
 そして、夏の訪れと共に、そのドラマは、色とりどりの光を放って輝き始める。人々は、その光に魅了され、輝きに幻惑されて、こぞって山へと向かう。そして、額に汗して、ひたすら登り始める。

 山は、新たな人生のドラマを生みだすために、そこにあるのだ。人々は、山に登ることによって、自分自身の人生に、新たな一ページを書き加えるのである。
 またいつの日にか、ボクは額に汗して、ひたすら頂上を目指して、山に登ることだろう。大自然が創り出すドラマを求めて。意味のあるこの人生に、さらに付け加えるためのドラマを求めて。

 ボクの場合、決して自慢にもならないが一度山に登っただけでも、いろいろなことが起きる。数回の山行きで、一つの物語が出来上がってしまう。その一つが、今回紹介したドラマである。この他にも八ヶ岳版や、槍・穂高岳版。富士山版などがある。また、沢登り版もある。

 また、もし機会があったら、こうした登山編に限らず、別の事例も紹介することにしよう。酒の上の豪傑談から、勘違いの失敗談。ゴマすり上司との対決編、等々。武勇伝として取り上げてもきりがない。それぞれの事例で、一つの物語が出来上がってしまうのである。題材には不自由しない。
 もしかすると、ボクの人生そのものが、一つの物語になるかも知れない。あまり誉められた取り柄ではないが、これも一つの特色にはなるだろう。無鉄砲も、捨てたものではない。またの機会をお待ちいただきたい。


          ―――  完  ―――



  あ と が き
 こんにちは。 (^o^)/
 みなさんは『剱岳 点の記』という映画を、ご覧になりましたか。2009年六月に公開された作品です。ボクは、すこし前にテレビで放送されたものを、ビデオに撮っておいて、ようやく先日、見終わりました。

 この作品は、いろいろな賞を取っているということで、なかなかに見応えのある作品に仕上がっていました。
 視聴率も高かったのではないでしょうか。
    ↓( 公式サイトです。剱岳の写真と映像を見ることが出来ます。)
  http://www.tsurugidake.jp/

 ところで、2010年八月十七日の朝日新聞(埼玉県版の夕刊)には、その剱岳で、危うく遭難しかけた八人が、県警のヘリコプターで救出されたという記事が載っていました。

 その八人は、山頂付近で二晩、ビバークしたということです。公開された映画がヒットしたことから、安易に剱岳に登る人が増えたようです。
 その記事の内容が分かり易いので、新聞の太字で書かれている見出しの部分を、下に紹介しておきます。一目で、この事件の全体像を把握することが出来ます。

  〔 剱岳で8人救助  登山中連絡途絶える 〕
  〔 悪天候の中、山中で二晩 〕
  〔 映画化で人気、増える登山客 〕

 そして、そこには、一行はヘルメットや、ピッケルなどの基本的な装備は所持していたが、一般登山者のような軽装備だったとも記されています。

 一行は前々日が、仙人池ヒュッテで、前日は、真砂沢ロッジに泊まったということですから、映画の測量隊と同じく、長次郎雪渓を登って、頂上付近まで行ったことになります。どうやらそこに、落とし穴があったようです。
 たいていのガイドブックには、剣沢雪渓を歩くには軽アイゼンを持っていくとよい、といった注意書きがされています。ただし、途中からその剣沢雪渓に合流する長次郎雪渓については、何も注意事項は記されていません。従って、軽アイゼンがあれば、その長次郎雪渓もなんとか大丈夫なのではないかという誤解が生じます。
 ところが、剣沢雪渓と長次郎雪渓では、傾斜の角度が違います。長次郎雪渓は、傾斜がかなりきついのです。

 それでも昇って行くことは出来ます。登りでは、重心を前に置くために、滑り落ちることが無いからです。しかし同じところでも、そこを下るとなると、話が違います。雪渓の傾斜に対して、重心が後ろになりますから、滑りやすくなります。
 しかも重い荷物を背負っていると、全体の重心が高くなりますから、足下のわずかな動きが滑落の原因になります。つまり、登ることは出来ても、その同じ場所を、下ることが出来ないのです。

 それだけではありません。雪渓の下の方は表面が土や、木の葉で汚れているために、それが滑り止めになっていますが、上部の方では、真っ白な雪のまま残っています。そして、その表面の部分は、雪がザラメ状になっていて、固まっていません。ですから、アイゼンの刃先が、かなり長くなければ、その下にある堅い部分まで届かないのです。
 軽アイゼンというのは、四本爪ということになっていますが、短いその爪は、無いに等しいものです。雪が深ければ、滑り止めの効果は、まったくありません。最低でも六本爪のアイゼンでなければ、有効な爪の長さにならないのです。冬山でも使える12本爪ならば申し分無いものの、ガサばるうえに荷物が重くなるという難があります。

 また靴に、アイゼンを装着するには、最近はやりの軽登山靴は不向きです。自分の体重と、荷物の重量を、靴全体で支える状態にしなければなりません。従って、かかとの内側の部分に、アイゼンの端を食い込ませることが出来る構造の靴が必要です。つまり、いわゆる重登山靴でなければ、傾斜の大きい雪渓では使えないということです。

 記事にあった『一般登山者のような軽装備』というのは、こうした点を指摘したものと思われます。
 もちろん天候さえよければ、その先に立ちはだかる垂直に近い岩場に取り付いて、山頂まで行き着くことが出来たかも知れません。しかし、山の天気は、いつどう変わるか、誰にも分かりません。常に最悪の場合を想定して、装備だけは、十分に整えておく必要があります。

 ボクが最後に剱岳に登ったのは、もう10年以上も前のことになります。29歳というトシを考えると、もう一度くらい、行くチャンスがありそうです。
 今回、遭難しかけた人たちも、50歳代後半から、60歳代前半ということでしたから、これに懲りずに、再度、慎重な準備のもとに、チャレンジしてほしいものです。

 ということで、、、
 でーわ、また。(^^)/~~~ 。


                   2010. 9. 11.

                       △□○ 太郎 (・_・)/


 p.s.
 なぜか29歳からトシをとらないボク。σ(O.O;)σ( ゚_゚;)。29サイ。σ(^Q^)
 長次郎谷というのは、映画の中に宇治長次郎という人物が登場しますが、この人物に由来する名称です。 
 また現在の登山ルートは、戦後に開拓されたということです。カニのタテバイ、カニのヨコバイという難所には、鎖や、ボルトが打ち込まれていますが、それによって通行が可能になったルートです。


  ---------------------------------




                                        2010. 10.  11.     店主記す



 


    「秘密の小部屋」 に戻る。                 
 .        


s p ⇒