“ からだに好いブレスレット ”
      光のブレスレット(Word Light Bracelet)
        商品番号  ALB-11-07 

           ――  補足説明  ――

  パワーストーンの能力(“意味・内容”)  


  天然石はすべて、様々な能力(意味・内容)を持っています。それはこれまでの長い歴史の中で、経験的に知られたものであり、人々の多くの体験が集約化されたものです。つまりはるかな昔から伝えられて来た、知慧であり、叡智であり古来よりの伝承です。それがパワーストーンと呼ばれる由来です。

   ( もちろんこれは科学的に証明されたものではありません。むしろ目に見えて手で触われる物質世界のみを対象とする現代科学では、とうてい解き明かすことが出来ないものです。永遠に謎として残されるものです。或いは、根拠の無い“ 迷信 ”として否定されるものです。 このことを解き明かすには、未来の科学が必要です。つまり超次元の科学です。 それは現在の人類がまだ手に入れていない科学であり、現代科学がすべてであると思っている人たちには、まさに夢のようなお話です。)

  そして、その能力は、石の種類ごとに異なります。この光のブレスレットに組み込まれているそれぞれの石には、一般的に次のような能力があるとされています。 それぞれの特徴について、簡単に説明しておきます。


  〔1〕 無色透明な水晶(ロッククリスタル) Quartz
    成分:SiO2

     水晶は古代エジプトの時代から、“ 幸運を呼ぶ石 ”とされてきました。
     この石は、多くの場合、「お守り」として利用されています。
     潜在能力を引き出し、やる気や決断力を高めます。
     創造力や洞察力、霊的能力をアップします。



  〔2〕 黄水晶(イエロークオーツ=シトリン)Citrine
    成分:SiO2
      ( この名称はラテン語の”Citrus=柑橘類”に由来します。水晶の中に含まれるわずかな鉄分が、暖かみのあるイエローカラーを創り出します。
    紫水晶(アメジスト)成分:SiO2 を加熱処理すると、色が紫から黄に変化します。石の中に含まれているカラーセンター(紫色を創る)と呼ばれる部分が壊されて、微量に含まれる鉄分 FeO(OH) Fe2(OH)6 が強調されることより、鮮やかな黄色に発色します。含まれている成分のわずかな違いにより、金,赤褐色,レモン色,淡緑と多彩な種類があります。
   加熱後の色は、安定していて日光の紫外線などで褪色しません。天然の黄水晶では高価なものを除いて、あまりよい色のものがありませんが、この方法により安価で、しかもより色の好いものが創られています。
   市販されているものは、殆どが天然のものではなく,紫水晶や煙水晶を加熱処理したものです。当店でも加工作業の過程で、どうしてもロスが生じることから、この石を使用しています。)


    商売繁盛と多くの富をもたらします。
    幸運を引き寄せます。



  〔3〕 トルマリン Tourmaline(ブラック)
    ( 別名 =電気石。圧力が加わると電気を発生します。マイナスイオンを発生します。)
   成分:珪酸塩鉱物の中の13種類の鉱物からなり、次のような複雑な化学組成を持つ。NaFe3Al6(BO3)3Si6O18(OH)4〔鉄・ナトリウム〕、 NaMg3Al6(BO3)3Si6O18(OH)4〔マグネシウム・ナトリウム〕、 Na(Li,Al)3Al6(BO3)3Si6O18(OH)4〔リチウム・ナトリウム〕、 Ca(Li,Al)3Al6(BO3)3Si6O18(O,OH,F)4〔カルシウム・リチウム〕、 (Ca,Na)(Mg,Fe)3Al5Mg(BO3)3Si6O18(OH,F)4〔カルシウム・マグネシウム〕 

    心を癒し、穏やかな精神状態にします。
    優しくなる。 美しくなる。
    邪気を払う。
    この石を身につけると健康になるとされています。



  〔4〕 ヘマタイト Hematite  (別名 =赤鉄鉱  塊状の結晶が赤色。鉱物名はギリシャ語の haima (血の意)による。)
   成分:Fe2O3

     血液を浄化する効果があります(血圧、婦人病に効果が大)。
     お金や物質を引き寄せる作用があり金運を招く。
     勝利を招くとされる石です。


  〔5〕 タイガーアイ Tiger's eye(ブラック)  ( 別名 =虎目石 クロシドライト(角閃石の一種)に石英が混入し、中に含まれる成分によりイエロー、ブルー、ブラック等々に変化する。)
    成分:NaFe、(SiO3)2 との混合

    金運はもちろんあらゆる吉運を招くとされています。財産運、仕事運を良くする。商売繁盛。
    強力な邪気払いの効果がある。
    集中力、判断力、決断力を強化する。
    身体、特に消化器系に効き目がある。
    「閃き」や「アイデア」を生み出す手助けをする。



           ***** ○○ *****  --------  ***** ○○ ***** 
   
   言葉が持つ能力(“意味・内容”) 
 


  このブレスレットに使われている水晶球には、次のような文字が書き込まれています。 それぞれの文字(言葉)に含まれる“意味・内容”について、簡単に説明しておきます。


   (一) 光
    我々がいるこの三次元世界は、 “光りあれ” の言葉によって始まりました。そして、今も光の速さで拡大しています。
   光は、この世界の創造を意味する言葉であり、万物の創造を意味する言葉です。従って、新たな創造と結びつきます。光明を見出す力が授けられます。
   幸運を呼ぶ石、水晶との組み合わせで、様々な願い事が叶えられます。

   (二) 愛
    愛・真・善・美・創造 等々を司るそれぞれの神々がいます。イエス・キリストが愛を司る神の化身とされることにもつながります。
   水の結晶でも、『愛・感謝』の言葉を見せたときに、もっとも美しい結晶が出来るということです。
   愛は、人と人のこころを結び着けます。 男女の結び着きには欠かせません。夫婦の幸せな家庭は、愛によって築かれます。
   また愛は、他人に対する慈しみのこころ、優しさが生まれる源泉です。ですから人が、人としてあるために不可欠な要素です。
   幸運を呼ぶ石、水晶との組み合わせで、素敵な人との出会いが生まれます。

   (三) 健
    人は肉体的にも健康であり、精神的にも健康でなければいけません。
   子供たちの健やかな発育、健やかな成長も、心身の健康によってもたらされます。心身ともに健康であれば、病気は寄り付きません。
   もし何か病気を抱えていれば、その病を撃退し、健康な状態になることが当面の目標です。人が持つ自然治癒力を高める手助けをします。
   幸運を呼ぶ石、水晶との組み合わせで、様々な病気から解放されます。

   (四) 笑
    笑うことによって、人の「自己免疫力」が高められます。落語や漫才を聞くことにより、実際に、ガン患者の腫瘍マーカーの値が下がります。
   このことから医師たちで作る研究会「癒しの環境研究会」が、「笑い療法士」認定制度をスタートさせました。2006年度に認定された人は、全国で49人です。笑いがもたらす自然治癒力の効果が、あらためて注目されています。
  大いに笑って、元気になリましょう。こちらのサイトをご参照ください。   

   この笑の石により、常に身体(水)全体が、笑っている状態になります。
   また幸運を呼ぶ石、水晶との組み合わせで、笑いの自然治癒力がよりいっそう高められます。たいていの病気が吹き飛びます。
    『笑う門には福来る』 の故事・格言を、身をもって体験してください。
    きっとたくさんの福の神が、その笑い声に誘われて集まって来ます。
   まさしく幸運・幸福を呼ぶ笑いの石です。

   (五) 幸
     しあわせの基準は人によって異なるものの、誰もが求めてやまないものです。
   小さな幸せでもたくさん集まれば、大きな幸せになります。長く苦しい人生を明るくします。それにより明日につながる生き甲斐が生み出されます。
   黄水晶(シトリン)との組み合わせで、金運・財産運が上昇します。
   お金に不自由しないことも、幸せの一つです。

   (六) 福
    福の神は、幸運を授ける神です。たくさんの幸運と、幸福をもたらします。
   多額のお金や財産を得ることも福ですが、好機(ラッキー・チャンス)に恵まれることも同様に、福につながります。
    福は当店(ラッキー・ドラゴン社)で扱う商品の象徴です。 黄水晶(シトリン)との組み合わせで、金運・財産運が上昇します。
   笑いによって招き寄せられた福が、さらに幸との組み合わせで幸福な未来を拓きます。あなたの将来の展望が明るくなります。
   新たなチャレンジが、必ず成功に向かいます。

   (七) 美
    容貌が美しい、スタイルが美しいだけでなく、肉体を形造るすべての細胞レベルで美しくなることによって、美の完成形が創られます。
   余分な脂肪や、シミ、そばかすなどの美を損なうものを肉体から排除し、また心も美しくなることにより、人としての価値が高められます。
    遺伝子レベルでの美を獲得すれば、様々な病が自ずから退散します。美は健康な肉体に宿ります。黄水晶(シトリン)との組み合わせで、金運・財産運が上昇します。
   真実の美はお金では買えないものの、お金を掛けて造られる美もたしかに存在します。その手助けをしてくれます。

   (八) (^0^)v
    Victory のVサインを出した勝利の女神が、大きな口をあけて高らかに笑っています。
   このマークは笑いと、勝利の象徴です。笑いをより具体化し視覚的に表現したものです。
    これまでの努力と、精進の成果が、きっと実現します。そのときこれまでの苦労が、歓喜に変わります。これは勝利がもたらす大笑いです。
   黄水晶(シトリン)との組み合わせで、金運・財産運が上昇します。

   真の勝利者になるためには、それなりの投資・出資が必要です。これは必要経費であり、戦いに勝ち残るための出費です。その手助けをしてくれます。
   勝利者としての栄冠が、すぐそこに待っています。
   あなたのこの笑顔がきっと実現します。



 ***** ○○ ***** ○○ *****  

 
      水と 言葉と ニセ科学 
  


  水に好い意味を持つ文字(言葉)を見せて、それを凍らせると、美しい形のよい結晶が出来ます。逆に悪い意味の言葉を見せた水は、醜い形の結晶しか造りません。音楽でも同様に好い曲を聞かせると、よい結晶が出来ます。

   このことは 『水からの伝言』江本勝著 という本の中で、写真入りで詳しく紹介されています。こちらのサイトをご参照ください。⇒    及び   


   ***** ○○ ***** ○○ *****


  ところで、この本の内容に対しては、次のような批判があります。
  朝日新聞 2006年1月5日付に、日本物理学会の活動に関する記事が 『ニセ科学に 科学のメス』 と題して載っていました。この学会は、東京大学教授の佐藤勝彦氏が会長で、一万八千人もの会員がいるということです。かなり大きな組織です。

   記事の内容は、3月に開かれる学会のシンポジウムで、『ニセ科学』に ついて議論するというものでした。学会最終日の、2006年3月30日です。

  このシンポジウムを企画したのは、学習院大学教授、田崎晴明氏(統計物理 学)だということです。氏の 『 ニセ科学は物理現象にかかわるものが多い。物理学者がきちんと批判していくことは重要だ 』 というコメントが載っています。
  また大阪大学教授、菊池誠氏(統計物理学)の 『 「水に優しい言葉をかける と美しい結晶が出来る」などとする珍説が、小学校の授業で紹介されている。 』 というコメントが紹介されており、最後に、会長の佐藤勝彦氏の 『 ニセ科学を批判し、社会に科学的な考え方を広めるのは学会の重要な任務の一つだ 』 という談話が紹介されています。

  この新聞記事で紹介された、第六十一回 日本物理学会のシンポジウムの具体的な内容は分かりませんが、これに関係するものがインターネット上の幾つかのサイトで紹介されています。
  次のようなものです。 ⇒           

  ( さらに、2006年12月11日付朝日新聞(夕)、文化欄の「ブロブグ解読」で、明治学院大学 稲葉振一郎氏の 『反「水からの伝言」に檄』 によって紹介されたサイトがこちらです。⇒ 何と「水からの伝言」を信じないでください というサイトです  )


  ***** ○○ *****  ○○ *****


  この一連の動きは、当店で扱う製品と直接的に関係することから、一言、ここに申し述べておくことにします。

  上に紹介した本の著者は、こうした現象が生じるのは水が、言葉の意味を理解するからであると考えておられるようです。( 『 水は文字のもっている固有の振動を感じることができると考えられます。』 と述べています。) ですから科学者の側から、そんなことはあり得ない、それはニセ科学であるという反論が出てきます。科学的には、そうしたことはありえないからです。

  ただし現実に起きている現象でありながら、現代科学で説明がつけられないことはいくらでもあります。現代科学は万能ではないからです。つまり、このことも、そうしたものの一つであると考えるべきなのです。

  要するに現代科学は目に見えて、手で触われる“物”を対象とした科学であり、三次元の物質世界だけで通用する学問体系です。目に見えないもの、手で触れることの出来ないものをも含む超次元の科学ではありません。ここに古来よりの人類の知慧・叡智が、蔑ろにされる原因があります。結果的に、真理の解明が遠ざけられています。

  そもそも現代科学は、万有引力と重力を、同じものと考えています。300年前のニュートンの考え方は、もちろん今でも正しいからです。そこから先に進まないのです。
  「気」の正体は、いまだに解明されないままです。不思議なもの不可解なものは、この世に存在しないからです。人に理解できないものが存在してはいけないのです。
  故に霊も、この世に存在しないことになっています。見える人≠セけに見えるという現象は、元来あり得ないからです。
  古くは道元禅師の書物にも紹介されている超能力(神通力)は、すべてインチキ手品かペテン師が扱う道具です。
  予知も予言も、ただのたわごとにすぎません。たとえ予知や透視によって難解な事件が解決されても、まったく取り合おうとしません。
  超常現象も起きなければ、神仏が関わる奇跡も存在しません。そもそも人智を超越した存在などはあり得ないからです。
  極めて稀に生じる偶然の一致は、天文学的な数字を並べて確率を計算するだけです。双子が辿る数奇な運命も、膨大な数字の羅列でしか示すことが出来ません。
  移植された臓器によって引き継がれるものを、ドナーの記憶だと考えています。そのために心臓や、肺が、記憶を持っていることになります。まさかそこに運命の必然性が関わっているとは、およそ考えもしません。
  血液の型の違いで、人の性格が異なることはありません。血液という生体物質が、人の精神世界にまで影響を及ぼすことはないからです。故に、骨髄移植によって生じる変化は、錯覚か、単なる思い込みです。本人や家族の証言は、取るに足らないつぶやきに過ぎません。
  これが現代科学です。あまりにも未熟であり、情けないほど不完全です。

  従って、水の結晶で生じる現象が、超次元的に発生する現象であるなら、それは現代科学の立ち入ることの出来ない領域です。
  つまり、まったく刃が立たないわけです。計るための物指しが、何も無い状態だからです。要するに超次元的には当たり前に発生する出来事を、まったく寸法の足りない三次元世界の物指しで測って、その枠からはみ出して測りきれないものをすべて否定しているわけです。

  虫眼鏡や望遠鏡で海の底を覗いて、何も見えないから海底に生物はいないと言っているのと同じことです。しかも反対の意見を言う人たちを、マスコミやメディアを使って声高に非難しているのです。

  そのために使われる代表的なものが、「迷信」という言葉です。「非科学的」という言葉です。「科学的常識」という言葉です。これ等は真実を隠蔽するのに、非常に便利な言葉です。
  その根底には、科学者といわれる人たちの傲慢さが透けて見えます。実際に起きている出来事を真摯に受け止めるものでもなければ、その真理・真相に迫ろうとする謙虚さも見受けられません。真理の探究を放棄するに等しい態度です。
  ただし実のところは現代科学が、あまりにも未熟であることに気付いていないだけなのです。人々の無知、無教養、不見識を嘲りながらも、実は、そうした根本的な部分の間違いに気付かないのです。

  水の結晶で起きている現象に対しては、まずそれを計るための物指しを獲得する必要があります。それを用意してからでなければ、すべては単なる批判のための批判ということになります。
  少なくとも自分で実際にやってみて、これまでとは異なる結果が出ることを立証する必要があります。そこで起きている事実を正確に、且つ詳細に捉え直すことが必要です。
  それが判断の基礎となり、是非の評価の基準となります。そうした手続きを踏むことが科学的なものの見方であり、誰からも受け入れられる正しい批判の仕方です。
  これはむしろ科学に携わる人として、当然の責務です。あえてここで申し上げるまでもなく、科学的思考法の原理・原則です。

  そして、見せた言葉の内容によって、なぜ造られる氷の結晶の形が変化するのか。聞かせる音楽の種類によって、なぜ変化するのか。その真相が解明されたときに、現代科学はいっそうの進歩を遂げることになります。
  ただしそれは、超次元の科学へと踏み出す第一歩です。もちろんこれまでの世界観を変えなければ理解されない世界です。
  言い換えれば、それは未来の科学であり、この世界の謎を解き明かすことが出来る科学です。
  真理の探究を目指す科学者の方々におかれましては、是非とも使命感を持ってこの件に、真剣に取り組んで戴きたいものです。

                                        2006.  6.  11.   店主



 

  ***** ○○ ***** ○○ *****

 
     水晶 ⇒ SiO2 と 水 ⇒ H2O と 言葉 ⇒ 文字記号
  


  多くの方がご存知のように、水晶は古くから、お守りとして利用されて来ました。もちろん今でも多くの神社・仏閣で、この石がお守りとして売られています。それは買う人たちが、迷信を信じているからではなく、現実に何らかの効果が期待できるからです。そうした事例が、過去に実際に起きているからです。そこには、この石の成分、分子化学式 ⇒ SiO2では現わせないものが含まれています。

  水晶がお守りになるのは、持ち主に向けられた邪気・邪念を、この石が先に吸収するためです。それ故に持ち主は、降り懸かる災いから逃れることが出来るのです。この石が、本人の身代わりになってくれるからであると言ってもよいでしょう。これがお守りとなる由縁です。

  そして、石に乗り移ったそうした穢れを浄化するには、流水に晒すことが有効と考えられています。洗面器のようなたまり水ではなく、流れている水に一晩ほど浸けておくと、元の清浄な石に戻るとされています。
  このことは水が、邪気・邪念等の穢れを吸収する性質があることを意味します。つまり水が、水晶の中に溜まっている邪気・邪念を吸着させて少しづつ持ち去ることにより、石の浄化という作用が起きるのです。ここにも、水の分子式 ⇒ H2Oでは現わせないものがが含まれています。

  邪気・邪念というのは、悪意に満ちた意志のことです。邪悪な心が生み出した思念です。分かりやすく言えば、“悪意に満ちた意味・内容の集合体” です。水は、そうした“意味・内容”を、吸収する能力があるということです。

  これと同様にして、水に好い“意味・内容”を持つ言葉を見せて、それを吸着させれば、その水は好い“意味・内容”を持った水になります。それにより邪気・邪念が、人に災いをもたらすのとは逆の現象が起きます。
  その水は人に幸運をもたらしたり、人を美しくしたり、人を健康にしたりします。好い音楽を聞かせた植物や、動物が元気になるのも、同様の原理によるものです。これにも単に文字記号としての言葉、様々な音の集合体としての音楽という概念では現わせないものが含まれているわけです。

  ( 例のルルドの泉の水は、医学的に治療が困難な人たちの病気も治す効果があるとされています。そこに湧き出す水を飲むだけで、医者にも治せなかった様々な病気が実際に治ってしまうのです。今でも世界中から、たくさんの人が治療のために集まってきます。
   そうした多くの事例から、この水による治療効果は確認されています。従ってここにも、化学式⇒H2Oでは現わしきれないものがあるわけです。

   原理的にはこれも、水が吸着した“意味・内容”によって実現される効果と考えられます。まさに邪気・邪念が人に災いをもたらすのとは逆の現象であり、聖なる意思に基づく神聖な癒し効果です。人を元気にする奇蹟現象です。それが水を介して行われるわけです。これはただの水 ⇒ H2O が、ただの水ではなくなるという具体例としてあげることが出来ます。)


  この世界には、そもそも美を創り出す根源的な力が働いています。我々がいる世界に存在する万物(森羅万象)が、この力の影響を受けます。それ故に花々は美しく咲き、蝶の羽は美しく彩られ、様々な結晶が幾何学模様の美しい形状に凝固するのです。
  言葉や音楽が持つ“意味・内容”は、それ等が成育する段階で“力”として作用します。その結果、美しい言葉・音楽によって植物の生長は促進され、動物たちはより元気になり、水の結晶も美しい形に成長します。逆に醜い言葉や音楽は、醜い水の結晶を創ります。それ等の言葉や音楽が持っている“意味・内容”が、力として作用するからです。つまり力は、成長して凝固する過程の水の結晶に影響を与えるのです。美を創り出す“力”に助勢するか、逆に阻害するかの“意味・内容”として機能するわけです。


  この世界は、超々巨大な意味・内容の集合体です。そして、個々の“意味・内容”を実現する現象が存在します。言い換えれば、万物(森羅万象)がもっている“意味・内容”は、それ等を実現する“力”を持っているのです。そのことに気付かなければ、この考え方は理解できないかもしれません。

  ただし最後にお断りしておかねばならないのは、これはお読みになられた方に、私の考え方を理解していただくために書いたものではないということです。未完成のままの私の考え方をまとめるために、全体を整理する目的で書き記したものです。説明が充分でなく、また論理が飛躍しているのは、そのためです。
  一応、この点をお断り申し上げておきます。もし、お読みになられた方に何か、参考になる点があれば幸いとするところです。


                                        2007.  1.  3.   店主


  もとの場所に戻る。
   


s p ⇒