ご   注   意   書   き


          





 【 天使(Angel)の羽の取り付け方 】

 (1) 羽(セルシート)の中心部分を縦に二つに折って、回転翼を作ります。
   (注。その際、中央部分にのみ折り目を付けること。羽の先端部分は、飛行 機の翼のように弓状にしておくこと。竹とんぼの羽をイメージして下さい。)


 (2) 折り曲げた羽の中心部分に、本体を吊り下げる支持糸をセットします。
    * 接着テープ(セロテープ)で、羽の中央部を止める。
      ( この段階では、まだ羽の片側しか固定されていません)
    * ホッチキスで、二カ所以上を止めて固定する。
      ( これで羽と糸とが、完全に固定されます)


   (注。落下防止用の補助糸は、上下にある程度の余裕を持たせて、羽といっしょに固定してもかまいません。ただし別にしておいた方が、回転性能は高くなります。)

 (3) 羽を二枚使って、回転翼を十字形にとり付けると、より回転性能を高めることが出来ます。ただし風が強いときに、糸が巻上がり易くなりますのでご注意下さい。


 


   ― 捕捉説明 ―

   上の説明文だけでは分かりにくいようなので、少々捕捉しておきます。


   まず、横長のセルシートの中央部分を、指で軽くつまんでください。それだけで竹とんぼの羽状になります。
   それをセロテープを使って、糸にセットします。

  〇 取り付ける位置は、主糸のほぼ中央部です。長いほうの糸は、落下防止用の糸ですから、そちらではありません。
     ただしこの状態では、まだ片面しか固定されませんので、さらにセロテープの上から、ホッチキスで止めます。二ヶ所ほど止めてください。それで完成です。

  〇 ナス環を持って本体を持ち上げると、補助糸がらせん状に絡み付いてきますから、逆に回転して、ほどいてから取り付けてください。二本が絡みついたままで、その上から止めてしまってもかまわないのですが、しっかりと固定するためには、主糸だけに取りつけたほうがよいでしょう。
    

  〇 また、羽を十字形に組み合わせる件ですが、この状態に取り付けるには、まず二枚の羽を、密着させて取り付ける必要があります。そして、それを細く切ったセロテープでたすき掛けに固定します。やりかたが悪いと、形がゆがんだりしますからご注意ください。

   これは風の通りが悪いような場所や、モビールがかなり重いときに、回転性能を高める際に有効です。
   しかしたいていは一枚だけで、驚くほど回転しますので、ほとんど必要がありません。また強風の時には、糸の磨耗度が高くなります。その点をご承知おきください。

 
  こちらに、実際に羽を取り付けた状態の*  
       写真を用意しました。  ⇒    ご参照ください。

*  
*  
       
*  
         




 
 
   


 【 お取り扱い上の注意 】


 (1) 盗難にご注意下さい。
     本製品は通常、太陽光が直接当たる屋外に吊り下げますので、盗難の危険性があります。吊り下げる場所や、周囲の情況をよく検討された上で設置して下さい。また外部からの侵入に対処出来るような、安全な場所を選定してさい。

 (2) 風の強い時や、降雪の時は屋内に取り入れて下さい。
     本製品はある程度の風や、雨には耐えられるように作ってありますが、台風などの強風時は想定しておりませんので、必ず屋内に取り込むようにして下さい。強い季節風が吹く時も同様です。また着雪や氷結のある地域では、その期間、屋外での設置は避けて下さい。

 (3) 吊り下げ用の糸は適宜交換して下さい。
     本製品を吊り下げる糸には衝撃や、腐食に強い特殊なナイロン糸を使用しています。従って、かなり長期間の使用に耐えられます。ただし、半永久的に使用することは出来ません。時々、糸の状態を点検し、あまり損傷が目立ったら新しいものと交換して下さい。落下防止用の補助糸だけで吊り下げることは、極力避けてください。予備の糸を使い切ったら、魚釣り用の糸(より糸)をご利用することをお進めします。

 (4) 衝撃を与えないで下さい。
     本製品は堅いものと衝突することにより、破損する場合があります。地面に落下させたり、他の固いものと衝突させることは絶対に避けて下さい。風が強いと窓ガラスやコンクリートの壁、或いは、鉄の支柱等と衝突することがありますのでご注意ください。

 (5) 化学薬品(薬物)の使用は避けて下さい。
     本製品に化学薬品を使用すると、変形、変質、腐食の原因になりますので、絶対に避けて下さい。また、同様に熱源に近づけることも避けて下さい。

 (6) 金属線の先端部には触れないでください。
     尖った金属線の先端部に素手で触れると、ケガをする場合があります。絶対に 触れないで下さい。また危険防止のために巻き込んである部分は、ほどかないで下さい。さらに予防処置として、小さなお子さんの手の届かない場所に設置して下さい。

 (7) 本体が汚れたら拭いて下さい。
     本製品は錆びに強い特殊な金属線を使用していますが、汚れが付着したまま放置すると錆の原因になります。付着した汚れは、中性洗剤(食器用洗剤)に浸した布などで拭き取って下さい。また輝きを保つために、水晶の表面の汚れを拭き取って下さい。







 Top ページへ戻る
   
  お店のご案内     ドラゴン・N ・シリーズ  
  感動の美の世界      ドラゴン・H G ・タイプ  
  お 断 り の 件     ドラゴン・S ・H G ・タイプ  
  ご 注 意 書 き     ドラゴン・Y ・J ・シリーズ  
  虹 の 写 真      フェアリー・シリーズ   
  ペガサス・シリーズ   
  プレゼントのお知らせ      コメット・シリーズ   
  ご注文の受け付け     フェニックス・シリーズ  



s p