水晶のブレスレットが防いだ衝突事故
 ―――――――――――――――――

   σ (^-^;) ボク、ここの店主でーす。 (^0^)/。

  少々古くなりますが、テレビ番組「アンビリバボー」(フジTV)で、1998年 10月29日(木)に放送された内容を紹介しておきます。

  この回の「恐怖のアンビリバボー」は、“ 心霊スポット ”を扱ったものでした。そしてこの中で、水晶に関係のある非常に興味深い出来事が起きていました。
  このコーナーにもってこいの内容なので、取り上げさせていただきます。


   ↓      ↓      ↓      ↓


  茨城県 ひたちなか市に、『 夢屋伝兵衛 』というタウン誌を発行している出版社があります。その雑誌では毎年、夏になると「怪奇特集」を組むということです。

  編集長の中原○治さん(当時28歳)の話。
  この年に企画されたものは、霊能者を伴って、うわさの心霊スポットを訪ねるというものでした。そこで霊能者の立原美幸さん(当時36歳)と交渉した。(この方は、今も、この番組によく出演している女性です。まったく霊能者らしくなくて、自然体の語り口が好感を持てます。)
  興味本位で霊を見に行くのは危険だからと渋る立原さんを説き伏せて、なんとか引き受けてもらうことになりました。
  (この場面の再現映像では、立原さん役の女性は右手に、水晶のブレスレットを付けていました。)


  1998年7月4日。
  ○ まず向かったのは、ひたちなか市の多良崎城に続く山道。
    ここはバイク事故が、立て続けにおこる場所であるという。

  十数年前、カーブがある場所で、男女二人乗りのバイクが事故を起こし、男性は一命を取り留めたが、女性は即死した。顔面にひどい傷を負っていた。その直後から、女の霊が現れるようになった。

  そして、まるで呼び寄せられるように、バイク事故が、立て続けに起こるようになったという。現在は、ここへのバイクでの立ち入りは、禁止されている。

  一行の車がその心霊スポットに近づいた時、突然、カーステレオのテープが切れた。しかも取りだしたカセットの表面は、大きなヒビが入って割れていた。(実物の写真が映し出された。人の顔面と共通する部分が割れていたのが不思議です。)

  ○ 同行した大学生レポーター、奥山○子さん(19歳)の証言
    『 ・・ なんかそういう、、目に見えることが起きるとは思わなかったので、・・驚きました。』


  霊能者の立原さんが、現場で霊視を試みた。
   『ここには、非常に多くの霊が集まっています。』

  それは事故で亡くなった人の霊かとの問いに対して、
   『もちろんそれもありますが、たくさんの霊が、自縛霊となって、ここから動けないでいます。 』

  周囲の写真を撮ることにした。中原さんは、道路や森の中を写した。するとその時、立原さんが、車に霊が乗り込んでしまったと言った。中原さんが、車の写真を撮った。
  その写真の映像。 → 人のいない運転席のガラスの部分に、ゆがんだ女性の顔が写っている。またその左右にも、霊(顔)らしきものが写っていた。


  次に向かったのは、茨城県の西部にある佐白山(笠間城跡)

  ○ 佐白山のトンネル。
     ここではエンジンもライトも消してトンネルの中で、ププーッとクラクションを二回鳴らすと、入り口の方に、白い人の影が現れるといううわさがある。

  * 編集部の知り合いの人の実際の体験(五年前の出来事)。
    うわさの真偽を確かめようと、仲間の数人の若者たちとそのトンネルに行った。車に乗ったまま、トンネルの中でクラクションを二回鳴らした。すると本当に、霊が現われた。若者たちは、あわてて車を発進させようとした。しかし車が動かない。ドライバーが必死になって発進させた。その車は、対向車と正面衝突した。
   男性二名、女性一名が即死した。その知り合いの人だけが、かろうじて生き残った。


  霊能者の立原さんの霊視。
   『とても霊気の強いところです。殺された武将の霊が見えます。誰かの影武者にさせられ、逃げる途中に、ちょうどこのトンネルの真上で、何者かに斬り殺されたのだそうです。』

  * このトンネルの入り口を撮った写真には、人の顔(霊)が幾つも写っていた。


  しかし霊能者の立原さんによれば、そこにいる霊たちは、邪魔をしない限りは、特に悪さをする霊ではないという。
  多くの事故を引き起こしているのは、このトンネルに通じる道の傍らにある池にいる霊だという。そこの霊が、人に取り憑いて災いをもたらすという。

  霊能者の立原さんが、そこに近づくのは、本当に危険だと忠告する。自分は怖いから行かないという。
  この時も立原さんは、右手に水晶のブレスレットをしていた。その水晶の石が、何かに反応していた。(音声による解説では「水晶の数珠のお守りが反応していた」となっていました。しかし再現映像では、どうみても数珠ではなく、ブレスレットでした。透明な石のほかに、やや小さ目の黒い石がついていました。)


  編集長の中原さんが一人で、池に近づいて、カメラを構えて写真を撮ろうとした。だが、シャッターがロックされてしまって押せない。
  むりやりに撮ろうとしたら突然、カメラの焦点が、池の中心から外れてしまった。中原さんはその時、強い恐怖感を感じた。

  霊能者の立原さんから、
  『中原さん。早く逃げて!!』
  とその場から急いで戻るように、指示があった。

  『早く車を出して!!』
  中原さんは、急いで車を発進させた。だが突然、ハンドルの自由が効かなくなった。
  霊能者の立原さんが、霊が一人、車に乗り込んでいると言う。

  その時、対向車が近づいて来た。しかし、ハンドルが動かない。このままでは、正面衝突である。車内がパニック状態になった。
  立原さんが両手を組んで、ふと目を閉じた。次の瞬間、立原さんが腕にはめていた水晶のブレスレットが、バラバラになって飛び散った。同時に、ハンドルが効くようになった。一行が乗った車は、かろうじで衝突をまぬがれることが出来た。

  立原さんの説明では、その水晶のお守りが、身代わりになって事故を防いでくれたということであった。その話をきいて、編集長の中原さんは、ぞーっとしたという。( ← この人が、この出来事の目撃者であり、証人です。)

  インタビューを受けた際の中原さんの言葉を、以下に忠実に書き記しておきます。
  『 ・・・ で、その、お守りが、結局、、、身代わりになってくれて、今の事故は防げたんだ、みたいな話をされまして、非常に、こう、ぞーっとしたというか、、、恐ろしくなりました。 』


  ○ その後に起きた異変。

  * 怪奇スポット特集の記事だけが、コンピューターから呼び出せなくなった。

  * 深夜に突然、部屋中にラップ音が鳴り響いたり、パソコンのスイッチが突然入ったりした。


  ○ 10月上旬に、アンビリバボーの取材班が、現地の池を見に行った。

  一行が歩いて池に近づくと、霊能者の立原さんが突然、反応を示した。そばにいた学生レポーターの奥山さんも、同時に影響をうけた。二人は、首筋を押さえて、痛い痛いと言っている。映し出された立原さんの腕には、鳥肌が立っていた。霊たちが群がり始めていたのである。

  池の手前のガードレールのところで、立原さんが今の状況を説明した。
  『今日は、まだおとなしいほうです。警戒色が出ていないから、大丈夫。』

  前回、編集長が撮った池の写真には、奇妙な赤い光が写っていた。それが警戒の光だ、という解説者の声による説明。

  そして立原さんは、霊を引っ張ってくるから、写真は撮らない方がよいという。また興味本位で近づくと、危険であるとも説明した。

  『 興味本位で、賑やかしをすると、、、うるさい、邪魔だ、と言われたときには、死ぬこともあります、、はっきり言って。だから、けっして興味本位では、近づかないでほしいです。』 


  ○ 司会役の佐藤藍子さんの説明。

  佐白山のトンネルのそばに、(笠間城跡に)古い井戸がある。その井戸に、足をつっこんで、ふざけて写真を撮った人がいた。
  その後、その人は事故で、両足を切断してしまった。


  *****  ****  ***** 


  さて、エート。^o^;)。
  心霊スポットと言われているところでは、たしかにいろいろと不可解なことが起きるようです。
  ただし、それ等のすべてが霊の仕業であると考えるよりは、そうした現象を生じさせるような原因が、背景に、何かあるのではないかと考えられます。例えば地球上には「レイライン」というエネルギースポットがあるように、霊的な現象を生じさせやすい場所があるのではないかということです。おそらく昔は、そうしたところに神社や、祠を祭って、特別な場所として扱ったのではないでしょうか。

  いずれにしても、そうした言い伝えや噂のあるところへ、興味本位で近づいてはいけませんよね。科学的には起こり得ないことが、実際に起きるからです。
  昔から謂われのある古井戸に足を突っ込むなどの行為は、科学的に説明のつかない迷信だからやってもかまわないのではなくて、最先端の現代科学でも説明がつかないことが起きるから、やってはいけないと考えるべきです。
  呪いや、祟りや、心霊現象を、科学的に無理にこじつけようとするテレビ番組がありますが、あまりにも軽率で、無責任な態度と言えるでしょう。番組の内容を信用してしまう若者はたくさんいます。その人たちの中から、犠牲者が出ます。この番組のスタッフは、今度は自分たちで、ぜひこの古井戸に、手や足や頭や上半身を突っ込んで、お互いに写真をパチパチ撮りあってほしいものです。もちろん結果は、すべて自己責任です。


  ところで立原さんたちが乗っていた車は、水晶のブレスレットが守ってくれたおかげで、正面衝突を避けられたわけですが、こうしたことは普通の人でも起きるのだろうかという疑問があります。
  もしかするとこの場合は、霊能力のある立原さんが身に付けていた水晶だからこそ、そうしたことが起きたのかもしれません。また立原さんの場合は、特殊な能力によって水晶が無くても、なんとか助かったかも知れません。或いは、水晶があったからこそ、その力が倍増されて、全員が無傷で助かったのかも知れません。
  いろいろな疑問が浮かんできますが、この事例だけでは、なんとも判断がつけられません。

  ただし、今回のこの事例から、一つだけ言えることは、水晶をお守りとして持つことが、まったく根拠の無いことではないということです。実際に、人を「事故から守る」という現象が起きたのであり、その場面に、水晶という石が関与した事実があるからです。従って、古くからの言い伝えに、一定の根拠が示されたと言えそうです。


  〔 ― 補足 ―  〕
   ― そういえば、編集部の知り合いの人が乗っていた車は、対向車と正面衝突する大事故を起こしたといことでした。今回も、もしハンドルが動かなければ、同じような大事故になったに違いありません。ここには不思議な共通点があります。
  もしかするとこの霊の意志(“意図する意味・内容”)は、車同士を衝突させることだったのかもしれません。自分自身がそういう死に方をした可能性があります。つまり、その時と同じ状態を創り出す何らかの“力 ”が働いたのです。
  (この点は、上のバイク事故の場合も同様です。カセットテープのフェイス部分が割れたのは、女性が死んだ時と同じ状態を造りだす力が働いたためです。) この件に関しては、さらに死者の霊は自分の死の状況を“再現・復元”する をご参照ください。

  そして、そうした衝突による死(人の破壊)を、水晶のブレスレットが身代わりになって引き受けたことで、運転していた中原さんに対する呪縛(身体的拘束)が解かれたのです。別の形で霊の意志(意味・内容)が実現されたからです。
  従って、もしこの場に水晶のブレスレットが無かったら、おそらく衝突事故が起きてしまったことでしょう。そして、その知り合いの人の時と同じように、特殊な能力のある立原さんだけが助かった可能性が大きいと考えられます。ですから全員が死んでいてもおかしくない状況で、一人だけ助かったその知り合いの人にも、何か、それなりの理由・原因があったように思われます。 ― 


  ということで、、、
  これは自分自身の体験談ではありませんが、証言者のいる確かな出来事です。実際に起きた事例として、紹介しておきます。


  なかなか作品が集まらないので、こうしたものでもけっこうですよということで、サンプルとして書いておくことにしました。
  たくさん応募してくださーい。

  では、、、。(^o^)/~~~~~。


                             2002. 6. 5.       店主記す





 もとの場所に戻る。
     


s p ⇒