大阪府  

  芳野
○理子 さんの体験談

 ――――――――――――――

   2005年 2月 8日
   大阪府にお住まいの 芳野 ○理子 さんから、次のような体験談をお寄せいただきました。


    ↓     ↓     ↓


 ラッキー・ドラゴン社 水晶にまつわる不思議な話 担当者様

 こんにちは。
 約二年半ほど前に、ラッキー・ドラゴン13号ハイ・グレード・タイプと、カーアクセサリーのCA-HG-07を購入した大阪の芳野○理子です。

 我が家のドラゴンは、今でも、たいへん元気です。天気がよい日は、ベランダでダンスを踊ったりしながら、くるくる回っています。
 初めて水晶が発光(Spark)するのを見たときは、本当に感動しました。こんな光り方は想像以上でした。
 部屋の中に、虹が入って来ると、今でも見とれてしまうことがあります。庭木で木陰になっているところにも虹が届くので、洗濯物を干しながらも楽しんでいます。光の世界がこんなに美しいことを、初めて知りました。

 我が家にドラゴンが来てから、まもなくして娘の結婚が決まりました。旦那さんになった彼氏とは以前からお付き合いしていましたから、それはドラゴンが来たことと関係なく、すでに決まっていたことだと思っていました。娘は今、一児の母になって、隣の市で幸せに暮らしています。

 実は先日、こんなことがありました。
 いつものように自分で車を運転して、娘夫婦が住んでいる隣の市まで出かけました。孫に着せる衣類を届ける予定でした。途中でスーパーに寄って買い物を済ませてから、午後二時ごろに着くように時間を調整しました。この日は、風が少しありましたが、晴れていました。

 その途中のことでした。
 交差点で信号待ちをしていたところ、突然、目の前が暗くなりました。フロントガラスが一瞬、黒く曇ったのです。前が見えなくなりました。それと同時に、吊り下げてあったドラゴンヘッドの水晶が、ピカッと光りました。私はハッとして、ブレーキを踏みました。
 そのとき左から大きなトラックが、まったくスピードを緩めずに、交差点の中に入って来ました。
 もしブレーキを踏むのがもう少し遅れていたら、そのトラックとぶつかっていたに違いありません。本当に、ぞっとしました。

 このあたりの土地柄で、車は正面の信号でなく、隣の信号の変わり目で発進の準備をします。少しでも遅れると、後ろから煽られることがあります。私は信号で先頭になったときは、いつも緊張してしまいます。
 そのためにブレーキの足が、少し浮き加減になっていたようです。私の車はオートマ車のため、ブレーキから足を離すと動いてしまいます。自分では気がつかないうちに、車が停止線からはみだしていたようです。しかも左から車が来るのは当たり前なのに、そのことをまったく忘れていました。
 なぜそのときフロントガラスが黒く曇ったのか、今でも不思議です。ドラゴンの水晶が光るのはいつものことなので、このことは特に不思議ではありませんが、その前に一瞬、目の前が暗くなったこととの関連性がわかりません。

 娘の家に着いてからこの話をしたら、その交差点は事故が多いことで知られているとのことでした。死亡事故が年に数回は起きているということで、魔の交差点だったようです。
 また、そのときに娘から聞いて初めて知ったのですが、義理の息子になった今の旦那さんは、娘と結婚の約束はしたものの家の事情で、会社をやめていったん田舎に帰ろうかと悩んでいたそうです。その頃、お父さんの体調が思わしくなく、家業が継続できなくなる心配があったということでした。そうなれば娘との結婚は当分お預けになり、もしかすると破談になっていたかも知れないということでした。

 わが家にドラゴンが遣って来たのは、ちょうどその頃でした。まもなくお父さんの体調は回復して、近所の人たちの助けもあり、家業は何も心配なく続けられることになったということです。結婚式でお会いしたときはお元気そうでしたが、私の知らないところで、そんなことがあったのです。

 石は昔から好きで、水晶に限らずいろいろなものを集めていました。床の間に飾って家のお守りにできるような大きな水晶は、値段が高くてとても買えません。そこでラッキードラゴンを選んだのですが、正解だったと思っています。今では我が家の守り神のように思っています。
 先日、不思議なことが起きて、ようやくこのことに気が付きました。きっと今後も活躍して、守ってくれると思います。

 もしこれが採用されて、賞品のミニ・ドラゴンがいただけたら、娘夫婦にあげようと思っています。孫が元気に育つように、マンションのベランダに飾ってあげようと思います。
 よろしくお願いします。



       ↑     ↑     ↑     ↑     ↑     ↑ 


  以前にお買い上げ戴いた当店の品物が、交通事故の防止に役立ったとのことで、たいへん感激しながら読ませていただきました。
  さっそく体験談として採用させていただきました。

  魔の交差点と呼ばれる場所で起きた不思議な出来事は、やはりあちら側の世界に存在する何らかの機能が働いたためではないかと思われます。フロントガラスが曇ったことと、ドラゴン・ヘッドの水晶が光ったことは、大いに関連性があるものと考えられるからです。
  こうした事例には、多くの場合、守護霊というものを持ち出すのが一般的ですが、しかしその場に、ドラゴン・ヘッドの水晶がお守りとして吊るしてあったということは、水晶という石が持っている能力が関わったということの証明にもなります。

  こうした事例をたくさん積み重ねることによって、本当に水晶が“お守り”になるということを証明したいものです。


                                    2005.  2.  8.       店主





 もとの場所に戻る。
    


s p ⇒