水晶が創り出す感動の美の世界

 いろいろな方とお会いする機会があるたびに、お訊きしたところ、たいていの人が強い太陽の光線を浴びた水晶球が、白く発光(Spark)することを知りませんでした。また水晶柱から、七色の虹が出ることもほとんどの方が知りませんでした。かく言う私も、実は、つい最近まで知りませんでした。ですから、決して威張れたものではありません。

 水晶は多くの場合、お守りとして売られています。この石には、秘められた不思議な“力”のあることが広く知られているからです。たいていの人がその “ ごりやく” を期待して、神社・仏閣、お宮などに参詣した記念に買って帰ります。
 おそらく神社の売店で、この石を置いていないところは、まずないでしょう。そうしたごくごく一般的な石です。しかも宝石の仲間でありながらも、産出量が多いことから比較的安く手に入ります。そのために、みやげ物や記念品として最適なのです。しかも御利益があるとなればなおさらです。

 大きな水晶玉は、占いや、易などに用いられます。たいていは怪しげな女性がその前に座っていて、何かが見えるとか見えないとか、本当かウソか分からないようなことを言います。これは水晶そのものが持っている “力” ではありません。なぜなら私のような “見えない者” には、結局ただの透明な石でしかないからです。これは前に座っているその人の、特殊な能力によって引き出されるものです。
 ただし、へたにその言葉を信用すると、あとで大枚を巻き上げられたりしますから用心が必要です。果たして、その能力が、占い師としての能力なのか、或いは、ペテン師としての能力なのかを見極める必要があります。もし宗教家を気取った詐欺師だったりしたら、さらに悲惨な目にあいます。先祖代々引き継いで来た家・財産さえ失うことになります。十二分に注意しなければいけません。

 六角柱の水晶は、やはりお守りにしたり、大きなものは部屋の飾り物として、床の間に置かれていたりします。一家の守り本尊といった意味合いがあります。人が身に付けるものとしては、ブレスレットや、ネックレス、イヤリング、或いは、数珠などがあります。
 水晶は透明な美しい石ですから、女性がそうしたものを身に着けると美しい人はさらに美しくなり、美しくない人もそれなりに美しく見えるようになります。なぜか錯覚を起こさせる不思議な石です。どうやらその女性のもっている “ 美 ” が強調されるようです。
 仏具として水晶の数珠を使うと、亡くなった人が迷って出て来ないような気がするからさらに不思議です。一方では人の美的感覚を狂わせ、その一方では、死者を迷わせないというのがこの石に秘められた本当の “力” なのかもしれません。そう考えると、なかなかに怪しい石です。

 おそらく水晶の玉を、一個も持っていないという人は、まずいないのではないでしょうか。それほどこの石は、ごくありふれた石です。ところがその石が白く(七色に)発光(Spark)したり、虹を創ったりすることは、ほとんど知られていないのです。
 しかもこの石を、実際に取り扱っている人たちでさえも、そのことを知らないのです。ただ単に、装飾品としての石を取り扱う人は、石の専門家とは言えませんから、知らなくても差し支えはありません。しかし原石を取り扱うようないわゆる “石やさん” でも、そのことを知らない人が多いというのはちょっとした驚きでした。
 それはたいていの人が、この石を、上からしか眺めたことがないからです。石そのものを、上のほうに吊り下げるという発想が、これまでは無かったからです。

 私も水晶のお守りを、ずうーっと机の引出しにしまい込んでいました。旅行などで、各地の神社・仏閣、お宮などを訪れた記念に、いろいろなところで買い集めましたから、だんだん増えてしまいました。
 お守りならば肌身につけて持ち歩けばよさそうなものですが、実際はけっこう邪魔になるものです。キーホルダーには、一個だけつけてあります。首からぶら下げるタイプのものは、細い鎖が皮膚に食い込んだりしますからやはり危険です。しかも、金属アレルギーを引き起こす原因にもなります。やはり邪魔になって、外してしまいました。その結果、多くの水晶が、まったく日の当たらない机の引出しの中で眠ることになったのです。

 ある時、机の中を整理した際に、引出しの中で眠っていたそれらの水晶玉をすべて引っ張り出して、針金でぶら下げてみました。そのようにして普段から目につく場所に吊り下げておくと、それまではまったく気づかなかった美しさのあることを発見しました。
 この石は、弱い光でも、けっこう光ります。空中に、たくさんの水玉が浮かんでいるようでした。しかも外から帰ってきたときに、薄暗い部屋の中に、透明な水玉が浮かんでいるのはかなり新鮮な感覚でした。この石が、「水の結晶」と命名された由来が実感できます。
 
さらに水晶球は蛍光灯の光でも、けっこう光るのです。畳に寝そべって下から見上げると、光る水玉状になっていました。空中に浮かんで光っている水玉というのも、けっこう趣があるものです。本来何も無い空間に光があるだけでも不思議な感覚です。

 そんな状態を楽しんでいた時に、ふと窓から差し込んできた太陽光線がその水晶球に当たったのです。すると何と!。水晶の球が白く発光(Spark)し、六角柱からは虹が出たのです。新たな現象の発見の瞬間でした。
 その日以来、水晶柱も水晶球もみんな針金で吊り下げました。ブレスレットはバラバラにして、針金の両端に取り付けました。つまり、簡単な水晶のモビールを創ったわけです。しかし、ただ吊り下げただけでは動きがありませんから、あまり面白味がありません。そこで動力源として、風の力を利用することを思いつきました。
 まず水晶球を両端に括り付けた針金細工のモビールを、糸で吊り下げました。そして、その糸の中ほどに、プロペラ状に切った薄いプラスチックの羽を取り付けました。吊り下げる素材に “より糸” を使うと、小さな羽でもけっこうよく回転します。
 その水晶のモビールを洗濯バサミを使って、ベランダの物干し竿に取り付けました。少しでも風があれば、モビールは自動的に回転します。太陽が出ていれば、水晶球が白く発光(Spark)します。水晶柱からは虹が出ます。その水晶柱の角度を一定に保つことによって、部屋の奥まで七色の虹が入って来るようになりました。

 水晶が創る七色の虹を初めてみた時は、まさに感動ものでした。何と、!!。これが水晶というものが持っている本来の能力だったのかと驚きました。また普段は何も感じない太陽光線が、これほど美しいものであったのかと改めて認識した次第です。これはそもそも太陽の光が持っている「美」だったのです。
 それまで虹というは、雨上がりの空に架かるものしか見たことがありませんでした。それは遥か遠くの方から眺めるだけのものです。しかも最近では、めったに見る機会がありません。ですから、これほど身近に七色の光が存在することにびっくりしたのです。

 また太陽光線の強さと角度によって、水晶球が白く発光(Spark)するのです。チカチカと光る程度のことは誰でも想像できますが、球が真っ白く発光する様は、実際に見たことのない人には分かりません。その状態を、言葉でどのように表現したらよいかも分かりません。例えて言うならば、電気溶接の火花が空中に留まっているような感じです。ミクロの太陽と言ってもよいでしょう。それほど強烈に発光(Spark)することがあります。
 なんとかしてその状態を写真に撮りたいと思っているのですが、今のところ成功していません。カメラのレンズが、光をかなり吸収してしまうからです。以前、聞いた話では、一枚のレンズで、三〜五パーセントほどの光を吸収するそうですから、何枚も組み合わせた多焦点レンズでは、実際の見え方とはかなり違ったものになってしまいます。白い紙に映した七色のニジが、なぜか黒くなってしまうのはそのためでしょう。ここに光を写真に撮ることの大きな障壁があります。

 それ以来、会う人ごとに水晶はぜひ太陽光にかざして、下から眺めるように見ることを勧めています。水晶という石は、上から見下ろすのではなくて、下から見上げてこそ本来の美しさが発揮されるのです。これが私の発見した水晶の “ 正しい見方” です。

 水晶をベランダや、軒下に吊るしておけば、一家のお守りになります。古くから言われているように、「魔除け」、「厄除け」、「災難除け」になるかも知れません。そして、それだけ悪いものが取り除かれれば、あとは幸運が舞い込むだけです。七つの福が、数珠つなぎでやって来るかもしれません。

 もちろんそうした “ 縁起かつぎ ”をしない方にもお勧めです。美しい七色の光が、部屋の中で居ながらにして楽しめるのです。お部屋の中だけでなく、こころの中まで明るくなります。光の饗宴が、あなたのこころに響きます。
 ぜひ、水晶パワーを活用しましょう。もしかするとあなたのお宅にも、たくさんの幸運が訪れるかも知れません。机の引出しやタンスの奥にしまいこんでおいたのでは、あまりにももったいない気がします。蛍光灯の笠に吊り下げるだけでも、お部屋の雰囲気が変わります。

 もしかするとその水晶によって、あなたの世界観さえ変わるかもしれません。それは七色の虹が創り出す新しい世界観です。それによって明るい未来が拓かれます。また、夢と、希望がふくらみます。そうすると幸運は、向こうからやってきます。これがもう一つの水晶パワーです。
 以上、店主記す。