< 裁判02-法務大臣あて要望書 >
     2020年 10月 20日
  法務大臣      上川 陽子 様
  法務副大臣     田所 嘉徳 様
  法務大臣政務官   小野田 紀美様
  法務事務次官     辻 裕教 様
            埼玉県 久喜市 栗橋☆☆番地
             森 田 英 一 郎   印

      依 頼 書 兼 要 望 書
  民法 第969条に不備・欠陥がある。修正、補正が必要である。同時に“公証人法”の廃止、又は改正が不可欠である。至急、対処してください。
 ( 菅内閣の誕生により担当大臣の変更がありましたので、最新版を提出いたします。)

 〔一〕 民法 第969条に不備・欠陥がある。修正、補正が必要である。
    (公正証書遺言) 第969条
   公正証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。
   一 証人二人以上の立会いがあること。
   二 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。
   三 公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。
   四 遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる。
   五 公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。
 以上のように第四項には、遺言書の作成要件として『 - - - 各自これに署名し、印を押すこと。』とある。
 だが、それぞれの人物が、普段、どのような筆跡の文字を書いているかを証明する資料の添付が、義務付けられていない。つまり遺言書に署名した人物の筆跡が、間違いなくその人自身の署名であると、証明する必要が無いのである。従って、第三者による代筆(偽造)が可能になってしまうのである。
 本人以外の何者かが、勝手に遺言作成者の署名を代筆して、その書類を偽造したとしても、後に残された遺族には、そのことを立証することが困難であるばかりでなく、裁判所(裁判官)及び警察、検察に、筆跡鑑定をさせないことにより、遺言書の偽造という犯罪を、隠蔽することが出来てしまう。すなわち組織的な犯罪が可能になるのである。それによってまさに完全犯罪が成立する。
 実際に、次のような事件が起きている。
  →『 裁判官が犯罪に加担している。(盗人の片棒を担いで70年。一度も失敗なし。発覚、露顕なしの完全犯罪。被害者が全国規模。遺恨を抱いたまま草葉の陰へ。あとに残るは蓄積された憤怒の情と怨念。) まさに由々しき事態である。司法の破綻であり、法治国家の破滅である。国家存亡の危機につながる。』
 この事件の詳細については、私の個人用ホームページ(商用)をご参照戴きたい。
  → ラッキー・ドラゴン社(ショップ名 七色の虹を創る水晶のモビール)
  URL http://lucky-dragon.world.coocan.jp/
 このページのタイトル → 遺言書偽造捏造事件
  URL http://lucky-dragon.world.coocan.jp/A1-Saiban-01-.htm
 
 法治国家であるはずの我が日本国において、現実に、このような事件が起きているのである。これは多くの国民が知らない事実であり、知らされてこなかった真実である。すべての事実関係が、まったく表面に出ることなく裏から裏へと潜行し、秘密裏に進行して行くからである。司法界全体に事件を、事件化させない大きな“力”が働いているからである。
 因みに、そうしたことが可能になるそもそもの原因は、この条文に不備・欠陥があるためである。つまり法的な抜け穴があり、全体的に網羅されるべき法体系が、一部分、完結しない構造になっているためである。まさに抜け穴そのものである。従って、その穴を塞ぐための追加、補足条項として、次のような一文を付け加える必要がある。
 →『 六 遺言作成者本人、証人(立会人)、公証人等、すべての関係者の筆跡を容易に照合することが出来る資料を、作成した遺言書に添付すること。』
 この条項を付け加えることにより、司法界(法曹界)の陰の組織として、密かに蔓延っている悪徳公証人たちによる犯罪を、未然に防ぐことが出来る。同時に、国民の財産が守られることになる。
 これは言い換えれば遺族にとっての貴重な相続財産が、長年にわたって小狡い犯罪者と一部の悪徳公証人によって、密かに奪い取られてきたということである。より具体的には、公文書偽造、虚偽公文書作成、公正証書原本不実記載、偽造公文書行使、詐欺、財産横領、窃盗、等々の犯罪が行われているにも関わらず、それ等がすべて見逃されて来たということである。犯罪が隠蔽されているのである。まさに司法制度の破綻である。法治国家の破滅である。

 〔二〕 “公証人法”の廃止、又は改正が不可欠である。
  明治19年8月11日に公布された公証人規則より始まったこの制度は、すでに組織的な体制疲労が起きている。公証人組合という特権組織が、全国規模の集団にまとめられて、一つの意思を持った組織として機能することにより、司法界全体を牛耳るほどの大きな力を持つようになってしまった。その力を背景に、法曹界の人事にさえ影響を及ぼしている。
 もし、ひとたびこの組織に睨まれれば、裁判(司法)に関係する仕事は出来なくなる。つまり裁判官、検事、弁護士、書記官等々、誰もこの組織の指示、命令には逆らうことが出来ないのである。なぜなら業界から締め出されることによって、その後、飯の食い上げにつながるからである。
 この組織が持っている権限は、余りにも強大である。公文書を作成することが出来る人たちの集合体だからである。しかも、そこにカネ目当ての好からぬ下心をもった輩が、密かに付け入るスキ間が出来ている。要するに彼らは、国民の目に見えないところで、組織的に甘い汁を吸っているのである。
 故に、この問題のそもそもの発端となっている公証人制度の廃止、あるいは新たな別の組織への移行が必要となる。このままでは司法界を腐らせている陰の組織が、自然消滅することはない。未来永劫、何時までも、存在し続けることになる。司法が、土台から腐っているのである。

 もしそれが、すぐに出来ないのであれば、少なくとも公証人法 第十三条、及び、第十三条ノ二の削除が不可欠である。これ等の条文によって、現役を退いた法曹界のOBたちが、優遇される構造が出来上がっている。そして、そのOB同士が結束することにより、他者の侵入を妨害することが可能になる。つまり必然的に新たな人材と、新鮮な空気を取り込むことが出来ない状態が創られている。それにより内部腐敗が起きているのである。
  → 第十三条 裁判官(簡易裁判所判事ヲ除ク)、検察官(副検事ヲ除ク)又ハ弁護士タルノ資格ヲ有スル者ハ試験及実地修習ヲ経スシテ公証人ニ任セラルルコトヲ得
  → 第十三条ノ二 法務大臣ハ当分ノ間多年法務ニ携ハリ前条ノ者ニ準スル学識経験ヲ有スル者ニシテ政令ヲ以テ定ムル審議会等(国家行政組織法 (昭和二十三年法律第百二十号)第八条 ニ定ムル機関ヲ謂フ)ノ選考ヲ経タル者ヲ試験及実地修習ヲ経スシテ公証人ニ任スルコトヲ得但シ第八条ニ規定スル場合ニ限ル

 要するに、公証人の欠員が生じた際、補充する新たな公証人の人選に際して元裁判官、元検事といった司法関係者のOBが選ばれることにより、現役の若い司法関係者(裁判官・検事)に対するところの、多くの実務経験と豊富な知識を有する先輩たちの集団という上下の関係が創られる。つまり、能力、実力の未熟な現役の司法関係者、対、海千山千のまさに百戦錬磨の先輩集団という図式である。
 そうした優位な立場を利用して、実務経験の乏しい裁判官や、未熟な検事に対して、様々な圧力が掛けられる。しかもバックには、すべての公証人が所属する日本公証人連合会という巨大な組織が付いている。これはすべての公証人が、強制加入させられている団体である。従って、たとえ法的に身分保証がなされている裁判官、検事といえども、この組織に睨まれると、将来的に様々な困難が生じる。要するに法曹界で生きていくことが困難な状況に陥る。それほどの“力”をもつ組織なのである。

 それにより、正義を実現するはずの裁判所(裁判官)が、いやいやながらも違法な判決文を作成するのである。法と証拠に基づかないインチキ判決文を、強制的に書かされるのである。担当の書記官も同様にして、その判決文の内容に即した調書に、強引に内容を変更させられるのである。
 すなわち担当の裁判官、書記官の身分と収入の安定を保証するのと引き換えに、正義の女神が掃き捨てられるのである。そうして各担当者の地位と身分と名誉が、カネで売買されるのである。つまり、それが陰の組織の存続に寄与する隠蔽工作と、引き換えに得られる報奨である。
 しかもこの組織は、法律のプロ集団であるから、如何にしたら国民に、陰の組織の存在そのものを知らせずに済むかを心得ている。これはもともと存在するはずのない組織であり、そうした組織の存在が、世間に明らかになっては拙いからである。
 そのために民事では、弁護士に対して、公証人が関係した事件の弁護を引き受けさせない。もし裁判が始まってしまった場合は、原告に対して、巧妙に、訴訟の取り下げを誘導する。
 刑事では、警察、検察に被害届、告訴状を受理させない。被害者が持参した関係書類は、一切受け取らせない。つまり事件を、入り口で遮断するのである。事件そのものが、最初から、無かったことにするのである。
 そうして実質的には、警察が、盗人の片棒を担がされるのである。( 参照資料 盗人の片棒を担がされた埼玉県警 幸手警察署 警察組織で起きた“ あきメクラ現象 ”)
 そのような事件を事件化させない体制が、組織的に創られているのである。しかも全国規模で整備されているのである。そうして公証人が関わった事件は、すべて陰から陰へ、闇から闇へと、一切、国民に知らされることなく、秘密裏に葬られて行くのである。

 こうした状況が、すでに70年以上も続いているのである。ただし、これは日本国憲法が制定されて以来、今日、只今まで、という意味である。実際にはさらに、さらに遡ることが考えられる。明治18年(1885年)12月に内閣制度が発足し、第1次伊藤博文内閣が誕生した。初代司法大臣に就任したのが、山田顕義であった。陰の組織は翌、明治19年8月11日に公証人規則が施行された直後から、すでに活発に暗躍していたものと考えられる。
 つまり新制度に必要な人員が、便宜的に第十三条、及び、第十三条ノ二によって集められ、選出された第一期の公証人たちが、そのままの形で居残り、互いに結託し、また共謀するすることによって、司法界を裏から支配する陰の組織が形成されたのである。しかも制度の発足当初、法的な知識と、能力を有する人材を効率的に集めるために使われたこの条文が、そのまま放置され、残されてしまったのである。従って、言うなれば法律の不備、欠陥によって生み出された組織である。その組織が巨大化したのである。

 その場合は1886年(明治19年)から、2019年(令和元年)までの、何と、134年もの歴史を持つことになる。司法界の陰に巣食う存在として、また裏に潜む魑魅魍魎として、人知れず、密かに暗躍して来たのである。
 しかしてこの国には、もともと法治国家という概念は、存在しなかったのかもしれないのである。まさしく明治憲法の時代から、司法が私物化され、小狡い司法関係者に都合の好い裁判が行われてきたのである。早い話が、正義がカネで買われたのである。
 私の事件の場合も、同様にして、最後の頼みとなるはずの最高裁判所の裁判官でさえ、その組織の意向には逆らえなかったのである。公平、公正な判断を仰ぐために、15名の裁判官全員による審判を要望したにも関わらず、正義を実現させない判決文(調書決定)が最高裁判所判事、千葉勝美裁判官によって作成されたのである。この人物は最高裁を定年退官した後、ごく短期間で、我が国最大手の法律事務所、西村あさひ法律事務所に再就職している。しかも2017年11月には、旭日大綬章を受章した。この人物の実力、能力のほどは別としても、余りにも恵まれすぎる転職、受賞である。ほぼ同時期に定年退官したもう一人の人物と、一律に比較することは出来ないとしても、ム、、はて、ウーム、さて?、と疑問符だらけなのである。
 現実に起きているこうした長い歴史的悪幣を断ち切るためには、次期候補者となる人物の過去の経験や、それまでの実績を踏まえて判断するのではなく、すべて公平に試験と、面接の結果で選ぶ必要がある。要するに、若い現役の裁判官や、未熟な検事の上に立つ集団、屋上屋の二重構造、優位な立場の支配階級の集団を創ってはならないということである。
 そして、その公証人は、法務大臣が任命することになっている。

 → 第11条 公証人ハ法務大臣之ヲ任シ及其ノ属スヘキ法務局又ハ地方法務局ヲ指定ス
 従って、歴代の法務大臣は、知ってか知らずか、故意か過失か、はたまた知らぬ存ぜぬの知らぬ顔の半兵衛を決め込んだ結果かは不明ながらも、司法界の陰の組織となる犯罪者集団の成長に、密かに手を貸して来たことになる。これもまた由々しき事態である。
 この際、何としても、陰に隠れている巨悪を排除して、司法の世界に、正義の女神を復活させねばならない。法による支配が成り立っていない現状のままの体制では、野蛮国家として、世界中から笑われるに違いない。しかも、このまま法による正義が実現されなければ、被害者による個人的な報復が正当化される。まさに血で血を洗う抗争が、一般化される。そして、もし暴力行為だけで済まなければ、殺人事件にまで至る。それこそ未開で、野蛮な、後進国家である。
 我が日本国を、法による正義が実現されている先進国家にしなければならない。そして、わが国は紛れもなく、法に依る正義が実現されている国であり、世界に名だたる先進国家であると、胸を張って言える状態にしなければならない。
 ということで関係者であり、当事者でもある皆様方には、是非とも、そのための尽力をお願いしたい。被害者は、全国規模であり、今現在も出続けています。
 故に、これは緊急課題である。次の被害者がでる前に、至急、対処してください。
    以  上
  * このメールは上川陽子前法務大臣の時から数えて通算、四通目になります。
  * このメールの内容は、正式な文書として、押印した書類を郵送すると同時に、インターネットでも公表いたします。掲載URLアドレス→ http://lucky-dragon.world.coocan.jp/A1-Saiban-01-.htm
  * 返事を戴いた場合は、その内容も公表する予定です。