運命と宿命 「人の“こころ”は どこにあるか」
 ―――――――――――――――――

   我々の“こころ”はいったい、どこにあるのでしょう。

   一定の考察を積み重ねたときに、どうやら“こころ”は、「五臓六腑」に宿っていると考えられるのです。

   なぜなら「臓器移植」によって、“その人らしさ” が大きく変ってしまうからです。

   それは元の持ち主の“こころ”が、いっしょに移植されるされるからです。


  ○ **** ○ **** ○


  この人の“こころ”は、果たして、どこにあるのかという疑問は、かなり古くからある議論であり、いまだに解決されていない難問です。

  この疑問をいきなり尋ねると、なんとなく胸のあたりを指す人たちがいます。その人たちはどうやら心臓や肺の辺りに、“こころ”があるように感じているようです。

  また医学的な知識で判断しようとする人は、脳の中にあると考えている人が多いようです。人は脳からの指令で行動し、思考を司るのも脳だからです。
  従って、“こころ”もまた、その脳の中にあると考えるのは自然の成り行きです。

  しかし、どうやらこの考え方は、訂正する必要がありそうです。

  やはり、こころは心臓をはじめとする各臓器にあると考えられるからです。


  この件に関して、以下のような章建てをして、考察を進めて行くことにします。

       ↓

  運命と宿命 〔その1〕

       ――  臓器は「運命」の一部である ――


  運命と宿命 〔その2〕

        ――  五臓六腑に宿る運命のプログラム ――


                             2001. 4. 29.          店主記す





 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒