運命と宿命 (二)
     「人の“こころ”は どこにあるか」

  〔その2〕 五臓六腑に宿る運命のプログラム

 ――――――――――――――

  我々の“こころ”はいったい、どこにあるのでしょう。
  一定の考察を積み重ねたときに、どうやら“こころ”は、「五臓六腑」に宿っていると考えられるのです。
   なぜなら「臓器移植」によって、“その人らしさ” が大きく変ってしまうからです。
   それは元の持ち主の“こころ”が、いっしょに移植されるされるからです。


 −−−−−   −−−−−

   五臓六腑に宿る運命のプログラム


  前回では、臓器移植手術後に起こる不思議な現象に関して、あるテレビ番組で取り上げられた事例を紹介しました。
  そこで紹介された幾つかの事例によって、この現象に関する予備知識を得ることが出来ました。またこの現象が、現代科学では、まったく説明がつけられないことが分かりました。

  ところで物事の原因や真相を探る際に、一つや二つの事例では何も見えなくても、幾つかの事例が寄り集まると、自然と見えて来ることがあります。臓器移植手術後に現れる不思議な現象に関しても、それと同じことが言えます。ですからそのための資料となる事例は、出来るだけ多いに越したことはありません。


  これから紹介するのは、『記憶する心臓』( クレア・シルヴィア&ウィリアム・ノヴァック著 飛田野裕子訳 角川書店 )という本の中で紹介されているものです。
  この本は「心・肺同時移植」を受けたクレア・シルヴィアという女性が、実際に体験した出来事を記したものです。従って、事実に基づく証言とも言えるものです。
  またこの女性の体験談は、例のテレビ番組「アンビリバボー」でも取り上げられました。 ( 1999年6/24(木) (フジTV) 放送。)

  この時の再現映像では、この本の内容がほぼ忠実に再現されていました。また、この本の著者であるクレア・シルヴィアさん自身も出演していました。この人は現役でダンス教師をしているそうですが、優雅に踊っている姿などは実際の年齢よりもかなり若く見えました。


  ***  ○ ○  ***

   【具体事例】
    ケース、その4
    クレア・シルヴィアさんの場合。
     この女性は、心肺同時移植手術を受けた。


  まず、この女性が体験した不思議な現象の経緯を、箇条書きにして紹介しておくことにします。それは、およそ次のようなものでした。

  ○「原発性肺高血圧症」という原因不明の難病に冒された彼女は、「心・肺同時移植手術」を受けた。
   この病気は、発病後三年から五年で、すべての患者が死に至るという難病です。そして臓器移植だけが、唯一残された延命のための方法であるということです。
  ○ 彼女には、バイク事故で脳死状態になった、十八歳の男性の臓器が移植されました。そして、そのことを契機に、様々な不思議なことが起こり始めます。


  その手術で一躍有名になってしまった彼女は、退院後、テレビのリポーターから、今一番したいことは、何かと訊かれたのに対して、
   「ビールが飲みたい」と答えました。
  しかし彼女は、これまでビールは決して好きではなかったし、かつて一度も好きであったためしがないというのです。それなのに、その質問がされた瞬間に、強烈にビールを飲みたいと感じたのだというのです。

  その二日後、彼女は深い憂鬱感に取り付かれました。それは、二度と立ち上がれないのではないかと思われるほどの落ち込みでした。それが、約一週間ほど続きました。これは手術後によくある鬱症状だそうです。
  しかしその後、彼女は、わたしは一体誰なのか。ここで何をしているのかという疑問を抱くようになります。それによって、自分の中にいる「何者か」を意識し始めたということです。

  それ以外にも、様ざまな現象が生じます。その具体的な内容を要約して書き出すと、次のようになります。

  [ 手術後に現れた変化 ]

  ○ 食物の嗜好の変化
    甘いものは、以前から好きであったが、手術後は、比較にならないほど大量に食べるようになった。
    以前は、サラダに入っているピーマンでさえ、除けて食べていたほど嫌いだったが、手術後は、ありとあらゆる料理にピーマンを使うようになった。
    以前は、ファーストフードの店には近寄りもしなかった。だがある日、どうしてもチキンナゲットを食べたくなって、ケンタッキー・フライドチキンの店に車を乗り入れた。

  ○ パーソナリティの変化
    孤独感を感じることが無くなった。自分の中に、もう一人の自分がいると感じることがあった。時には、「私」と考えるところを、「私達」と考えることがあった。

  ○ 性格の変化
    より男性的になった。以前より、闘争的で独断的になり、何事にも自信がもてるようになった。
    女性は知らないが、男性ならば知っているという類の知識を、いつの間にか身に付けていた。
    歩き方までが男っぽくなった。ある時、娘から、フットボールの選手みたいだと言われた。

  ○ 性的嗜好の変化
    以前は黒髪で背が高く、ほっそりしている女性を好ましく思っていたが、手術後は、ブロンドで背が低く、ふっくらしている女性に目が行くようになった。
    ある時、女性から、性的関係を結びたいというアピールを受けた。断ると、相手の女性は非常に驚いていた。また、女性と一緒に暮らしていたり、結婚している夢を何度も見た。


  やがて彼女は、自分に臓器を提供してくれたドナーとおぼしき少年の夢を見るようになります。そして、夢に出てくるその少年こそが、この心臓の前の持ち主であると確信するようになります。

  その夢というのは、現実の出来事と思えるほど生々しいものであった。具体的には次のような内容である。
   『 自分と若者が、楽しく話し合っている夢。最後に、その若者を自分の中に吸い込む。二人が永遠の絆で結ばれたと感じる。』
   『 車の事故の夢。スピードをあげてヘアピンカーブを曲がっていく。だがカーブを曲がり損ねて、車線を越えて道路の上を対向車に向かって飛んでいく。車が崖から落ちていく。』


  [ 二年後の変化 ]

  ○ 五十歳になっていたが、二十五歳のころよりも、スタミナとエネルギーに満ちあふれていた。
  ○ 体力が向上した。いつもじっとしていられない気分だった。
  ○ 以前は、比較的早寝だったが、手術後は、完全な夜型人間になった。
  ○ 自分よりも若い人たちとの付き合いに、魅力を感じるようになった。


  この本の著者であるクレア・シルヴィアは、その後、サイキックの能力があるという青年と知り合う。そして、その青年がみた夢から、メイン州の新聞記事にドナーのことが載っていると知らされる。
  その新聞には、著者のクレア・シルヴィアが手術を受けたちょうどその日に、バイク事故で死んだ十八歳の少年のことが書かれていた。それによってドナーの身元を知ることが出来た。
  クレア・シルヴィアは迷った末に、ついにドナーの家族と会う決心をした。

  そして、ドナーの家族の話から、臓器の持ち主であった少年の性格や、趣味、嗜好などが分かった。

   ○ ドナーの少年は、ピーマンが大好物だった。
   ○ なかでもチキンナゲットが一番の好物だった。
   ○ ビールが好きだった。
   ○ ほとんど病気に罹らなかった。もし罹ってもすぐに治ってしまった。
   ○ エネルギッシュで、じっとしていられないたちの少年であった。

  これ等は、すべて著者自身が、手術後に感じていたドナーの性格や趣味、嗜好と一致するものであった。

   * ドナーのその少年は、頭から立木に突っ込んだ。ヘルメットを着けていなかった。救急車が来たときには、脳味噌がすっかり露出していた。


  テレビの再現映像では、これ以外に、次の二点が追加されていました。本の中では、あまり詳しく記されていない内容です。一緒に紹介しておくことにします。

  ○ 不思議な夢。
   検査を受けて、ドナー待ちの登録をした日の晩に見た夢。
  クレアは、4杯のミルクを飲む夢を見た。(クレアは、もともとミルクは好きではなかった。)
  不思議なことに、次の日にドナーが見つかって、すぐに手術を受けることになった。免疫抑制剤を飲むために、その病院ではミルクが使われていた。朝晩、2杯づつ飲むために、合計4杯になった。

  ○ 手術から4年後。
   しばしばドナーのティムがバイクで疾走している夢を見た。
   バイクの運転が出来ない彼女は、友人が運転するバイクの後ろに乗せてもらった。
   それ以後、ティムの夢は見なくなった。


  ***  ○ ○  *** 


  以上が、その女性が体験した出来事の全体像です。前回紹介した幾つかの事例と、この事例とを一緒にして総合的に考えると、これまでは見えなかったものが見えてきます。そのあたりを整理しながら、全体をまとめておくことにします。
  ただし、これらの事例を漠然と眺めても、ちょっと分かりにくいと思いますので、臓器移植手術が行われる前と、後とで本人にどのような変化が生じたかを、両者を比較する形で羅列してみることにします。それだけでも変化の内容が、かなり具体的になります。


  〔事例、NO.1〕
   臓器移植手術を受けた後のカルロスは、意味も分からずに「コバスティック」という言葉を口にするようになった。つまりスペイン語しか知らないカルロスが突然、英語をしゃべるようになったのである。しかもそれは、グレンダとデビットしか知らない暗号の言葉であった。

  また、臓器移植手術を受ける前のカルロスは、
  ○ 菜食主義者で、
  ○ 聞く音楽はヘビーメタル、
  ○ 内向的で友人も少なく、家の中に閉じこもりがちであった。

  ところが、心臓移植を受けた後は、
  * ステーキなどの肉料理が好きになり、
  * 音楽の好みも明るい五〇年代ロックに変わり、
  * 服装の趣味も変わった。
  * そして、よく友人とドライブに出掛けるようになった
  つまり、カルロスの趣味や好みが、臓器提供者であるデビッドと同じものに変わったのである。


  〔事例、NO.2〕
   ○ 移植手術を受けたある男性は、以前は静かなクラシック音楽が好きだった。

   * ところが手術後は、ロック音楽を大ボリュウムで聞くようになった。
   * さらに娘の友人の十代の若い女性に、心を奪われることが多くなった。
   彼の臓器提供者はロック音楽が好きな、十七歳の青年であった。


  〔事例、NO.3〕
   三十六歳の心肺同時移植を受けた女性。
  ○ 以前は怒りっぽく、閉じこもりがちな性格であった。

  * ところが手術後は、いつもほほえみを絶やさない社交的な性格に変わった。
   臓器提供者は結婚を間近に控え、婚約者とデート中に事故死した二十歳の女性であった。


  〔事例、NO.4〕
  今回紹介したクレア・シルヴィアの事例では、次のようなことが起きました。

  ○ 甘いものは、以前から好きであったが、手術後は、比較にならないほど大量に食べるようになった。
  ○ 以前は、サラダに入っているピーマンでさえ、除けて食べていたほど嫌いだったが、手術後はありとあらゆる料理にピーマンを使うようになった。
  ○ 以前は、ファーストフードの店には近寄りもしなかった。だがある日、どうしてもチキンナゲットを食べたくなって、ケンタッキー・フライドチキンの店に車を乗り入れた。
  ○ 孤独感を感じることが無くなった。自分の中に、もう一人の自分がいると感じることがあった。時には、「私」と考えるところを、「私達」と考えることがあった。
  ○ より男性的になった。以前より闘争的で、独断的になり、何事にも自信がもてるようになった。
  ○ 女性は知らないが、男性ならば知っているという類の知識を、いつの間にか身に付けていた。
  ○ 歩き方までが男っぽくなった。ある時、娘から、フットボールの選手みたいだと言われた。
  ○ 以前は黒髪で背が高く、ほっそりしている女性を好ましく思っていたが、手術後は、ブロンドで背が低く、ふっくらしている女性に目が行くようになった。
    ある時、女性から、性的関係を結びたいというアピールを受けた。断ると、相手の女性は非常に驚いていた。また、女性と一緒に暮らしていたり、結婚している夢を何度も見た。

  そして後日、臓器提供者の少年について分かったことは、次のようなことでした。
   * 臓器提供者の少年は、ピーマンが大好物だった。
   * なかでも、チキンナゲットが一番の好物だった。
   * ビールが好きだった。
   * ほとんど病気に罹らなかった。もし罹ってもすぐに治ってしまった。
   * エネルギッシュで、じっとしていられないたちの少年であった。


           ***  ○   −−−−−    ○   ***


  改めて申し上げるまでもなく、心臓や肺や肝臓、腎臓といった臓器は、人体の器官の一部品に過ぎないものです。これらの臓器は、確かに重要で不可欠なものですが、人体を構成する一つの部品です。場合によっては、それを人工の臓器と取り替えても、多少は生きられます。
  従って、脳死状態の人から取り出されたそれらの臓器は、本来であれば、ただの肉の塊です。ごみ箱に捨てれば、すぐに腐ってしまう蛋白質のゴミに過ぎません。しかるに、ただの肉の塊に過ぎないその臓器が、移植された人たちにこれだけの変化を生じさせたのです。
  しかももとの持ち主は、その臓器を摘出したことによって、生物学的にもすでに死んでいるわけです。ですから、本人との心のつながりはまったくありません。

  前回紹介したテレビ番組に登場した学者や医者は、この変化を、ドナーの記憶が引き継がれるためであろうと考えました。前の持ち主の臓器が移植されたことによって生じた現象だからです。つまり、臓器そのものに記憶する能力があるのではないかと考えたわけです。
  しかし、その結果導き出されたものは、いずれも不十分なものであり、到底納得できるものではありませんでした。かなり奇想天外なものも登場しましたが、それでもやはり不完全でした。従って、心臓や肺に、本人の記憶が蓄積されていると考えるのは、そもそも無理があるということです。


  ところで、上のように両者を対比する形で書き出してみて分かることは、その変化が、すべて実際の行動に結びつくものであるということです。
  内容をよく読めば分かるように、移植手術を受けた後の彼等は、いずれも「趣味」「嗜好」「好み」といった直接、行動に結びつく部分が変化したのです。或いは、「欲求」「欲望」の“傾向”が変化したのです。

  その結果として、クレア・シルヴィアの事例では、突然、ビールが飲みたくなり、甘いものが大好きになり、ピーマンが好きになり、チキンナゲットが食べたくなったのです。そして実際に、それらの欲求を満足させるための行動を起こしたのです。
  またカルロスの例では、肉料理が好きになり、音楽の好みが変わり、服装の趣味が変わり、またドライブが好きになりました。
  これらは記憶そのものとは、直接的には関係しません。いずれも趣味、嗜好、好みが変化したために起きたのです。他の事例で、異性に対する好みが変わったのも、やはり同様です。その人の「女性に対する好み」が変わったからです。

  要するに、臓器移植によって生じる変化は、臓器提供者の記憶そのものが引き継がれるためではないということです。かつて自分はビールが好きだった、以前の自分はピーマンが好きだったという記憶ではないのです。
  実際に変化したのは「趣味」「嗜好」「好み」であり、或いは「欲求」「欲望」の“傾向”、または“種類”なのです。今、自分はビールが飲みたい。今、自分はピーマンが好きだという直接的なものです。そうした自分自身の行動に直結する部分に変化が生じたのです。
  これは我々が以前、「煩悩」と解釈したものです。つまり、あちら側(次元を超えた)の世界から我々の行動を操作し、制御するために用いられる部分に変化が生じたということです。

  以前紹介した「神の御業で救われた15人の聖歌隊の命」の事例や、「双子のジム兄弟」「フランク・ジョセフさんとイグナティウス・ドネリー」等々の事例は、次元を超えたあちら側の世界に、我々の「運命と宿命」を決定するものが確かに存在することを示していました。
  つまり我々は、確定未来形の人生を歩んでいるのであり、その「運命のプログラム」は、我々が生まれる以前にすでに決まっていたのです。そして我々が、その運命のプログラムに従って行動するするように調節し、制御するものが「欲求」であり「欲望」であり、仏教で言う「煩悩」ということです。ですから臓器移植によって生じる変化は、前の持ち主の「運命のプログラム」の一部が引き継がれるためであると考えられるわけです。


  ここで一つ補足しておくと、カルロスの場合は意味も分からずに、突然「コバスティック」という言葉を口にするようになりました。もしこれが記憶の一部であれば、この言葉の“意味”も分かっていなればなりません。ところがカルロスには分かりませんでした。つまり彼は、この言葉を単なる音として発声していたのです
  この言葉は、グレンダとデビットの「運命の言葉」でした。つまり二人はある状況に至ったときに、互いにこの言葉を発することが運命づけられていたのです。そして、その運命の一部分が引き継がれたことによって、スペイン語しか知らないカルロスが突然、この言葉(音)を口にするようになったのです。ですからカルロスに引き継がれたものは記憶ではなく、運命の一部であったということです。


  さて、以上のことから移植される臓器は、もとの持ち主(ドナー)の運命の一部を保持していると考えられるわけです。それにより、その臓器が移植された人たちに、様ざまな変化が生じたのです。従って、もし一部の臓器だけでなく、それ以外の複数の臓器が同時に移植されれば、臓器提供者がもともと持っていた運命のプログラムを実行するためのさまざまな行動を取るようになるでしょう。
  クレア・シルヴィアの事例では、おそらくもう一度バイクで立ち木にぶつかって、死ぬことになるでしょう。それが臓器提供者であった少年の定められた運命であり、持って生まれた宿命だったからです。
  またカルロスの場合は、やはり交通事故で死ぬ運命を辿ることになるでしょう。それが臓器提供者であったデビッドが持って生まれた運命であり、宿命だったからです。
  そうしたもともとの臓器の持ち主の「運命」の一端が、カルロスの場合はドライブが好きになるという傾向となって現われ、またクレア・シルヴィアの場合は、バイクに乗って疾走する夢、即ち願望となって現われたわけです。


  以上のことから、どうやら我々の生や死への衝動は、あちら側(次元を超えた)の世界から完全に操作されており、我々個人の自由意志によって決められるものではないということが言えそうです。
  むしろ人の生死に関しては、かなり厳重に管理されていると考えるべきでしょう。これは以前紹介したような、双子の姉妹が同時に亡くなっていたという事例によっても裏付けられています。
  つまり、最終的にその人がどのような死に方をするかといったことまでが、すべて決められているということです。逆に考えれば、それ以外の死に方は、本人にも選べないということになります。


  −−−− ○ ** ○ −−−−


  さて、人の“こころ”はどうやら、古来より多くの人が考えてきたように、「五臓六腑」に宿っていると言ってよいでしょう。実際に心臓と肺を取り換えたら突然、ビールやピーマンが好きになったというのは、“こころ”が入れ替わったためであると考えるのが妥当です。趣味、嗜好の片寄りは、その人のこころが反映された結果だからです。
  ただしその真相は、こころそのものではなくて、元の持ち主の「運命と宿命」を全うするために機能するこころの一部であるということです。その部分が、元の持ち主のものと入れ替わったということです。

  おそらく“こころ”そのものはあちら側(次元を超えた)の世界にあって、脳によって密接につながれており、その中の原始的な欲求(煩悩)の部分が各臓器と結ばれていて、それによって「運命のプログラム」が確実に実行されて行くと考えることができそうです。
  つまりこの現実の世界では、脳と各臓器が一体になって、人の“こころ”を創っているのです。それぞれ分担するものが異なるだけであるということです。

  従って、そもそも人の“こころ”というのは、次元を超えて存在することになります。なぜなら臓器が分担する“こころ”の一部は、本人の死後も、現実のこの世界に存在しつづけるからです。そして、その“こころ”の主体こそが、霊(意識主体)と呼ばれるものであるとすれば、我々は死後も存在しつづける霊との結合によって成り立っていることになります。死後の世界というものが、かなり現実味を帯びてきます。


  そうすると脳死状態の人というのは、いったい何なのだろうかと考えてしまいます。脳そのものは死んでしまっても、肉体はまだ生きています。そして、生きている臓器が、その人の“こころ”の一部「運命」として、その肉体の中に留まっています。従って、その肉体は、すでに死んでしまっているという過去形の存在ではなくなります。
  しかも、たとえ臓器が摘出されてその肉体が灰になってしまっても、その人の“こころ”の一部は他人の肉体の中に宿って、かつての自分の「運命のプログラム」を遂行させるための活動を開始するのです。
  新たな臓器の持ち主に、以前は飲みたくもなかったビールを飲ませ、大嫌いだったピーマンさえ食べさせるのです。さらには、本人がまったく知りもしない言葉さえ話させるのです。

  脳死状態というのは、人が、二度と生き返らない状態であるということは間違いないでしょう。しかしその肉体は、まだ親や兄弟との「運命の絆」を保ったまま、この世界に存在していることになります。そのあたりに脳死を、人の死として認めさせにくい意識が生まれるのかもしれません。そうすると人の死というのは、一体、いつ決まるのでしょうか。さらなる疑問が生じます。

  もし一人の人間から摘出されたそれぞれの臓器が、何人かに振り分けられた場合に、その人たちにどのような変化が生じるのか、非常に興味深いものがあります。移植された臓器の種類によって、引き継がれる「運命」に違いがあるのかどうか、さらには、何人かの人たちから各種の臓器を寄せ集めて移植された場合に、その人の趣味、嗜好にどのような変化が現れるのかなども、興味津々といいったところです。
  もしそうした統計が取られれば、あちら側(次元を超えた)の世界にある運命のプログラムと、我々の肉体との関係が解き明かされるかもしれません。

  しかしながら、臓器提供者(ドナー)から引き継がれた運命のプログラムは、いつまでもその人の中に残っているわけでもないようです。
  クレア・シルヴィアの事例では、少年がバイクに乗って疾走するという夢をみました。夢は「願望の充足である」というフロイト流の考え方に立てば、この願望は彼女自身のものではありません。ドナーとなった少年が持っていた願望です。要するに、少年の煩悩の一つだったわけです。
  そしてクレア・シルヴィアが、友人のバイクのうしろに乗せてもらって走ってから、そうした夢を見なくなったのは、形こそは異なるものの欲望が満たされて、煩悩がふり祓われたためであろうと考えることが出来ます。つまりここには、カルマ落としといわれるものと同じ原理が働いたと考えられるわけです。別の形でそれが実現されたことによって、煩悩が祓われたのです。それによりバイクに乗る夢も見なくなったわけです。

  ですからそのようにして、新たに付け加えられた運命のプログラムは、徐々に消えて行くものなのかもしれません。
  これ以外の事例に関して、ぜひクレア・シルヴィアのその後の経過報告がほしいところです。もしかしたら、完全に入れ替わってしまって、そのままになってしまう部分もあるのかも知れません。そのあたりの検証が必要です。


   −−−− ○ * ○ −−−−


      2001. 4. 29.          店主記す





 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒