この世界は「 確定未来形 」である〔一〕
 ―――――――――――-――――――

  これまで我々が棲んでいる世界について、様々な考察を重ねて来ましたが、ここで一つの重大な疑問に突き当たります。
  それは『旧約聖書』の「天地創造」に記されている内容が、この世界の「究極の過去」の出来事であるとしたときに、それでは逆に「究極の未来」の出来事も、同様にして知ることが可能なのであろうかということです。

  そして、どうやらそれが可能であると考えられることから、「初めに、神は天地を創造された。」という冒頭の一文を、「この世界の全体の設計図(プログラム)がまず創られた」と解説したのであり、またその設計図には、「この世界の結末までもが書き込まれている」と申し上げたのです。
  つまり未来予知は、可能であるということです。そして、「究極の未来」の出来事までも、知ることが出来るということです。
  ただし何の根拠も示さずにこう言っても、誰も信用しませんから、以下、順次説明して行くことにします。


  ○ *** ○○ *** ○


  (一) 未来予知は可能か。

  お話の順序として、まず「近未来」の出来事の予知に関して申し述べることにします。
  よく知られているものとして、「予知夢」というものがあります。以前夢で見たことが、後で、現実の出来事になるというものです。一般的には「正夢(まさゆめ)」と言われるものです。
  これはけっこう多くの人たちが、実際に体験しています。ことに身内の人たちの不幸が、そうした夢になって現われる場合が多いようです。ある時、遠く離れて暮らしているおじいさんやおばあさんの夢を見たら、その数日後に、訃報が届いたという事例は枚挙にいとまがありません。
  自分自身のことに関しても、夢の中で偶然、旧友と出会う夢を見たら、現実にそれと同じ事が起きて驚いたことがあります。その時は、突然の出会いによる驚きよりも、不思議に対する驚きがありました。ですから正夢と言う現象は、疑う余地がありません。
  従って、この場合の夢は、フロイトの言う「願望の充足」ではなく、「予知夢」と考えるのが妥当です。なぜなら無意識的にでも身内の人の死を願っているような人は、まずいないからです。これは夢というものが持っている、もう一つの側面と考えるべきです
  ですから未来予知という現象は、これだけでも確かに存在すると言えるわけです。ただし明確な根拠が示せないために、ただの不思議な偶然と思っている人たちが多いのです。

  易や、占いによる予言も、けっこう当たることがあります。易や占いについては、これを統計的な判断の一つとする見方があります。もし手相や占星術や姓名判断を、多くの統計数字から割り出した一定の指針と捉えるならば、それを否定する根拠がなくなります。むしろそれは科学的な根拠に基づく予測といえます。
  従って、将来発生するかもしれない出来事に関しても、そうした一定の確率と考えるならば、やはり否定する必要がなくなります。つまり過去の統計結果で、貴方の場合は将来こうした出来事が発生する確立が高いので、充分に注意しなさいという忠告には、大いに耳を傾けるべきであるということです。
  ただしここで問題となるのは、易断や占星術といったものが、その人の特殊な能力によって行われた場合です。要するに、予言者の能力に基づく予言です。
  これは統計や、確率に基づくものではありません。その人の「直感」によるものです。言うなれば第六感からのメッセージであり、一種のインスピレーションです。そこには科学的な根拠は、何も見当たりません。それにも関わらず、かなりの確率で当たることがあるのです。

  その代表的な例として、一時期大騒ぎされた、ノストラダムスの予言を上げることが出来ます。彼の場合は、詩文の文章がどうとでも取れるような内容であることから、解釈をめぐって様ざまに意見が分かれました。中には、そのすべてを、インチキ呼ばわりする人もいたほどです。
  しかしながら、彼の予言が幾つかの重要な出来事を、かなり正確に言い当てていたいたことは確かです。ここでその確率を計算しても意味がありませんが、かなり高い的中率を示しています。中にはまったく疑いを差し挟む余地が無いほど、正確に言い当てているものもありました。
  そのために例の「終末予言」が、大きくクローズアップされてしまったのです。ただし彼の場合は、宇宙的な規模の異変を察知する能力は無かったのです。従って、身近な出来事の予言が、間違った解釈により、本来の真相が歪められてしまったと考えるのが妥当です。おそらく後で、ふと気が付いた時に、これがあの終末予言と間違われたのかというものがみつかるはずです。
  ですから彼の場合は、すべてをひっくるめて総合的に判断するならば、やはり特殊な能力による予知現象が起きていたと考えられるのです。要するに、未来予知という現象は、確かに存在すると言わなければならないのです。


  ところで、この「未来予知」という現象に関係して、どうしても外せない事例があります。それは日本国内で起きた有名な出来事です。例の酒呑童子号の遭難事故の一件です。この事件は新聞やテレビでも大きく報道されましたから、ご存知の方も多いと思います。
  船長の諸井清二さんが単身で乗り込んだヨット酒呑童子号が、海で嵐に遭って遭難し、一時は絶望視されたものの、数ヵ月後に無事救出されたという出来事です。今でも時々、ご夫妻でテレビに出演して、その時の状況を語り伝えています。これは、それほど有名な事件です。
  その概略を説明すると、およそ次のようなものです。

  『環太平洋ヨットレース』に参加するために、自分のヨット酒呑童子号に乗り込んだ諸井清二さんが兵庫県西宮港を出発したのは、1994年(平成6年)二月十一日のことでした。
  ところが大しけのために、ヨットが破損し、諸井さんは遭難してしまいます。無線での連絡も取れなくなりました。そして、ついに四月八日には新聞に、諸井さん遭難の記事が載りました。
  そうした状況の中で、奥さんの千恵子さんは、ある時、不思議な夢をみます。
  夢の中で目を覚ました千恵子さんは、食卓の前に、夫の清二さんが座っているのを見つけます。そこで千恵子さんが、いつ帰ってきたのかと聞くと、清二さんは、六月七日に帰ってきたと答えました。
  このことから千恵子さんは、船の捜索を是非とも六月七日までは続けるようにと、各方面に依頼したということです。これは五月十一日に起きた出来事です。
  後で分かったことは、諸井清二さんは船の中から、奥さんが起きる直前の時間帯を見計らって、自分が無事でいることを知らせるために毎日、テレパシーを送っていたということです。後日、テレビで紹介された日誌には、そのことが詳しく記されていました。
  そして、運命の日であるその六月七日に、韓国の釜山港から、夫の諸井清二さんが無事救出されたという知らせが、自宅に居る奥さんの許へ届いたのです。


  この事例は、未来予知という現象が、確かに存在することを示すものです。この場合は、いわゆる夢枕に立つという現象ですが、それによって約一ヶ月も先の、夫の清二さんが救出される正確な月日が知らされたのです。おそらく諸井清二さんが船の中から送ったテレパシーも、何らかの形で影響したものと思われます。もしかしたらこれは、夫婦という強い心の結びつきがあって生じた現象かもしれません。
  ともかく諸井さんの奥さんの千恵子さんがみた夢の中で、一ヵ月後の六月七日という日付けが、明確に提示されたのです。そして実際に、夢の中で見たとおりのことが起きたのです。ですからこれこそは、劇的な正夢であったといえるわけです。


  ***   ○   ***


  さて、以上は「近未来」の出来事についての予知ですが、それでは「究極の未来」の出来事については、どうなのかということになります。究極の未来ということは、この世界の終わりの時という意味です。ただしその前に、この世界には、終わりが有るのか、無いのかということが問題となります。
  そこでこのことに触れる前に、最新の宇宙理論では、この世界の終わりをどのように考えているかを整理しておくことにします。

  前にも少しだけ触れましたが、現代宇宙理論ではこの宇宙は「閉じられた宇宙」なのか、或いは「開かれた宇宙」なのかという大問題が提起されています。
  閉じられた宇宙というのは、この宇宙はいずれは自分の重力によって、「収縮」へと向かうというものです。また開かれた宇宙というのは、このままどこまでも果てしなく「拡散」を続けて行くというものです。
  そして、そのことを調べるためにブラックホールの質量や、ダーク・マターと呼ばれる未知の物質の存在を想定して、壮大な計画のもとに、コンピューターを駆使した膨大な計算が行われているということです。
  ただし結論が出るのは、まだまだ先のことになるということです。ですからはっきり言ってしまえば、科学的には、何も分かっていないということです。ここに現代科学の限界があると言えるわけです。


  ところが、驚いたことに仏教の世界では、この難問に対する答えが、すでに用意されているのです。
  仏教の世界観によると、この世界は「成劫」「住劫」「壊劫」「空劫」という四つの宇宙周期を繰り返しているということです。これは現代語に訳すと、次のようになります。 

   「 成劫 」 ⇒ 宇宙が形成されていく時期。
   「 住劫 」 ⇒ その宇宙が持続される時期。
   「 壊劫 」 ⇒ 宇宙が消滅していく時期。
   「 空劫 」 ⇒ 何もなくなった状態が継続される時期。

  ( 一劫が四三億二千万年で、全体の百七十二億八千万年が、「大劫」であるということです。)

  つまり、これを現代宇宙論的に見れば、「閉じられた宇宙」であると言っていることになります。「成劫、壊劫」という言葉が示すように、「創造と破壊」とが、何度も繰り返されていることになるからです。従ってこの世界は、一回限りで終わる世界ではないということです。これは『具舎論』という書物に記されているそうです。


  ところで、不思議なことに「アーユルヴェーダ」でも、これと同じような考え方がなされているということです。
  アーユルヴェーダというのは、インドに古くから伝わる伝承医学のことです。青山圭秀氏の『理性の揺らぎ』という本の中から、その一部分を抜き出して紹介しておくことにします。

  『 ーーー 宇宙は創造され、維持され、破壊される。これが繰り返し行われるというのがヴェーダの宇宙観である。 
   これはビックバンよって一点から始まった宇宙が、条件によってはある時点で収縮に転じ、ついにまた一点に戻るだろうという、現代物理学の理論と似ている。ただし、物理学は、その前後については一切口をつぐむ。ーーー 』

   (『理性の揺らぎ』(三五館) 第八章 生命の科学・アーユルヴェーダ より)

  この「アーユルヴェーダ」と「仏教思想」との関係は定かでありませんが、ほとんど同じ様な考え方がなされているのは、非常に興味深いことです。


  さて、以上のことが、もし何らかの真理を物語っているとすれば、現在我々が棲むこの宇宙は「閉じられた宇宙」であり、いずれは収縮へと転じるであろうということになります。
  従って、これをそのまま信用してしまえば、現代宇宙論の大問題はいとも簡単に解決することになります。莫大な経費をかけて、研究を続ける必要が無くなります。ただし、そう簡単には行かないのが、科学的思考方法というやつです。なかなか厄介です。


 *** ○ ○ ***


  上に紹介したように、「仏教思想」と「アーユルヴェーダ」は、いずれも我々が棲んでいるこの宇宙は「閉じられた宇宙」であり、いずれは収縮へと転じるであろうと言っていることになります。
  ところで、こうした観点に立ったときに、実は、これまではなにが何だかよく分からなかったものが、一定の方向性が示されたことにより、かなり明確になって来るものがあります。それは次のようなものです。

  仏教には、「末法思想」というものがあります。なんでも「末法」の世に入ると、とんでもない危機的な状況があらわれるのだそうです。そして、この世界は、すでにその末法の世に入っているのだそうです。
  この思想の中心をなすものが、『月蔵経(がつぞうきょう)』という書物に記されている出来事です。正式名称は『大方等大集月蔵経(だいほうどうだいじつがつぞうきょう)』といいます。

  ただしちょっと困ったことに実は、この経典は封印されているために、経典の現物はもとより、参考資料も詳しいものがほとんど出されていないのです。
  実際に私が以前、図書館で調べたときにも、資料と言えるようなものはまったく見つかりませんでした。そうした意味からすると、次に紹介する本は、けっこう貴重なものと言えるかもしれません。ようやく手に入れることが出来た、唯一の資料だからです。

  それは、
  『封印された釈迦の秘予言』(福島裕鳳著 日本文芸社)という本です。以下の引用文は、この本の中からのものです。

  ところでこの「末法思想」については、いろいろと面倒な解釈が成り立つそうなのですが、我々にとっての最大の関心事は、最終的には一体、どのような出来事が生じるのかということです。つまり我々としては、結論の部分が知りたいわけです。
  そして、この本の説明によると、『月蔵経』の『法滅儘品(ほうめつじんぽん)』には、次のような記述がしてあるということです。


   『 その時虚空に大音響が鳴り響き、大地震が起こり、あらゆるものは水車のように回り動いて崩壊するだろう。城壁(都市の建物)は崩れ落ち、人家はことごとく壊れ、ーー 略 ーー 大飢饉によって地球上の全ての生物は死滅するだろう。空より土が降り、昼は夜のように暗くなり、太陽も月も星も輝きを失い、再び現れることはないであろう。ーーー 』


  これを一読しただけでも、なにやらとんでもない事態が発生することが分かります。
  しかも、これとは別の『仁王経(にんのうきょう)』という経典の中には、次のような記述がしてあるということです。私としては、むしろこっちの方が凄いと思うんですが・・・。
  ただし次に紹介するものも、やはりお経の原典からではなく、日蓮の『立正安国論』の中から抜き出したものだそうです。直接原典に当たれないのが残念ですが、日蓮という人は、『月蔵経』についてくわしく研究した人であり、その内容にもかなり精通していた人であったそうですから、大筋において違いは無いと言えるでしょう。


   「 仁王経に曰く 『 大王、吾が今化するところの百億須弥、百億の日月、 ーー 略 ーー   日月度を失い、時節反逆し、或は赤日出で、黒日出で、二三四五の日出で、或は日蝕して光無く、或は日輪一重二三四五重現ずるを、一の難とす也。
  二八宿度を失い、金星、彗星、輪星、鬼星、 ーー 以下、略 ーー 」


  これだけでは、何がなんだかさっぱり分かりません。現代語の訳文を紹介すると、次のようになります。

   ( 吾が宇宙には、100億の世界があり、各世界には日があり、月があり、須弥山があり、  ーー 略 ーー   その恐るべき七つの難とは、日月の運行が狂って寒暑の時節が逆になり、赤い日、黒い日が出たり、2、3、4、5、と日が並んで出たり、或いは蝕けて日に光がなくなり、あるいは、1、2、3、4、5と月が重なって現れる恐ろしい現象が生じるのが第一の難である。
   また28宿の星座、星宿の運行が狂う。妖星・彗星が現れたり、五星(水・金・地・火・木・土)に異変がおこり、 ーー 以下、略 ーー )


  これでもまだ分かり難い内容です。しかしいずれにしても、とんでもない大異変が生じると言っていることは間違いありません。こうした驚くべき内容からして、これらの経典が封印されることになったのも大いにうなずけるものがあります。
  さて、そうした時に、

  ○『あらゆるものは水車のように回り動いて崩壊する』
  ○『空より土が降り、昼は夜のように暗くなり、太陽も月も星も輝きを失い、再び現れることはない』
  ○『日月の運行が狂って寒暑の時節が逆になり、赤い日、黒い日が出たり、』
  ○『28宿の星座、星宿の運行が狂う。妖星・彗星が現れたり、』

  こういった記述によって表わされているものが、具体的には、何を意味するかということです。
  これらが尋常一様の天変地異でないとことは、その内容からも明らかです。つまりこれらは地球規模の異変というよりは、むしろ全宇宙的な規模の異変と考えるのが妥当であろうということです。要するにこれ等の記述を、上に述べたような宇宙の収縮の始まりの時の出来事と関連させて捉えると、いろいろな点で辻褄が合ってくるということです。


  さて、これを単独で紹介しても、あまりにも漠然としていて、結局は、ただのお話の世界になってしまいます。傍証の一つに過ぎません。従って、確かな方向性を指し示すものにはなり得ません。
 ところが実は、『聖書』の中からも、これと同じような内容の記述を見つけだすことが出来るのです。そうなるとこれは、ただのお話の世界ではなくなります。上に紹介した内容が、にわかに現実味を帯びてきます。


  『聖書』のマタイによる福音書・24の中には、イエス・キリスト自身が語った言葉として、次のようなものが記されています。ある時、イエス・キリストが、弟子達から尋ねられたことに対して答えたものです。
  これとほぼ同じ内容のものが、他の弟子達の福音書の中にも記されていますから、どうやらこれは大衆の面前で語られたもののようです。

  イエスは、まず、
  『ーーー これらすべての物を見ないのか。はっきり言っておく。一つの石もここで崩されずに他の石の上に残ることはない。』

  こう言って、その後に起こる悲惨な状況を、いろいろと説明します。ただしあまり具体性が無いために、それが実際にどのようなことを指すのかよくわかりません。
  これは釈迦のときと同じです。弟子達がもっとよく確認しながら聴いておいてくれればいいのにと、いまさらグチってもしょうがないのですが。。どうして偉い人の取り巻きってのは、いつもこうなんだろう。まったく!!。(--;)。


  さて、多くの部分は、それが何を意味するのかよく分からないのですが、しかし、その中に、次のようなものがあります。

    『 その苦難の日々の後、たちまち
     太陽は暗くなり、
     月は光を放たず、
     星は空から落ち、
     天体は揺り動かされる。』

  これは大いに注目しなければならない部分です。先ほどの釈迦の言葉と同じように、全宇宙的な規模での異変が生じると言っているからです。
  『星は空から落ち、天体は揺り動かされる。』というのは、当然のことながら地球的な規模の異変ではありません。「天体」という言葉が示すように、全宇宙的な規模で生じる大異変を指します。

  しかもイエスは、さらに次のように続けるのです。

  『 ーーー はっきり言っておく。これらのことがみな起こるまでは、この時代は 滅びない。天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。』

  ここでは明確に、「天地は滅びるが、ーーー 」と言っています。要するに、この世界は間違いなく滅びると言っているのです。世界が滅びるということは、すなわち無くなるということです。


  このようにして、釈迦が言ったこととイエス・キリストが言ったことを並べてみて気付くことは、両者とも「全宇宙的な規模で生じる異変」について語っているということです。また釈迦にしてもイエス・キリストにしても、彼らにはその時の様子が、かなりはっきりと見えていたようだということです。
  従って、釈迦もイエス・キリストも「究極の未来」で生じるところの、同一の出来事を見ていたのではなかろうかと考えられるわけです。つまりこれこそは拡散・膨張を続けているこの宇宙が、いずれ収縮へと転じた時に生じる出来事ではなかろうかというこということです。

  このように考えると、宗教上の思想と最先端の宇宙理論とが、はからずも一致して来ることになります。ただし現代科学のほうは、ようやくその足元に辿り着いたにすぎないといった状態なのです。


  ○ *** ○○  *** ○


          ――  次回につづきます ――


    2001. 6. 8.          店主記す





 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒