この世界は「 確定未来形 」である〔二〕
 ―――――――――――――――

         ―――  前回からの続きです  ―――

   (二) 何か科学的な裏付けがあるか


  前回での考察により、はからずも宗教上の思想と、最先端の宇宙理論とが結びつくことが分かりました。
  つまりこの世界は、現代宇宙論的には「閉じられた宇宙」であり、今現在は膨張・拡散を続けているものの、いずれは収縮へと転じるということです。そして釈迦もイエス・キリストも共に、この宇宙が収縮へと転じる際の出来事、即ち「究極の未来」で生じる出来事を、実際に目撃したのではなかろうかということです。前回紹介した事例は、そうした方向性を示しているわけです。

  ところで、この点に関しては、もう少し科学的な根拠に基づく説明が必要となります。なぜならただ単に「見える人には見える」とか、「分かる人には分かる」という説明では、納得しない人たちのほうが多いからです。
  ましてや現代科学が万能であるかのように信じきっている人たちには、それなりの屁理屈をつけて説明しないと、その未熟さが認識できないのです。しかもその未熟な科学ですべてを測ろうとして、科学的な説明がつけられないものは、現象そのものまでが存在しないと言い出す始末です。
  それも一般の人たちが言うのであればまだしも、大学教授という肩書きを持った科学者が真理の探究を放棄して、相手の人格攻撃まで展開するのです。これははなはだ卑怯なやり方です。然るにそうした人物が、やたらと公共のテレビ番組に出演して、いかにも真理の代弁者であるかのように振舞うのです。テレビ局側も、それを許しているのです。
  これは、一種の社会的な害毒です。未知の現象に対する科学的な解明が進めば、社会的に大きな利益がもたらされるのに、それを妨げているからです。この人たちは謙虚な真理の探求者、即ち、科学者と呼べる人たちではありません。限られた貧弱な知識に溺れて、実際に起きている現象を正確に捉える努力をしていないからです。要するに科学的探究心が欠如しているのです。もっと有り体に言えば、彼等は真の科学的発展を、自ら阻害しているのです。


  さて、まともに考えても分かるはずが無い「究極の未来」の出来事に対して、どのような考え方をしたら、それなりに納得することが出来るかですが、ここでは次のような考え方を紹介しておくことにします。基本的には『旧約聖書』の「天地創造」を解釈した時と、ほぼ同様の考え方です。

  この世界が創造された時には、創造の各段階で「神の言葉」が発せられたことにより、それが一定の方向性を持った「力」として作用し、最終的に今のような世界が出来上がったのでした。つまり何らかの「未知の原理、未知の法則」が、それぞれの段階で働いたということです。その積み重ねにより、現在のような世界が出来上がったのです。
  そして、適宜にそうした“力”を発生させたものが、古来より「創造と破壊を司る神」とされて来たものです。すなわち「創造神」です。
   従って、この世界が消滅する時にも、やはりそのような何等かの「力」が関与するであろうと考えられるわけです。それでこそ「創造と破壊を司る神」ということになります。もちろんそこに働く“力”というのは、「未知の原理、未知の法則」と言い換えることが可能です。

  ところで、これも以前に申し上げたことですが、現在のこの世界には「四つの力」が働いています。具体的には「重力」「電磁力」「強い力」「弱い力」の四つです。そしてこれ等は、もともとは一つの力であったものが、宇宙の温度が下がるに従って、徐々に枝分かれしたと考えられています。
  ただし、これ等の四つの力の中で「重力」は、他の三つの力と較べてみると、極端に弱いのです。
  具体的な数字で示すと、次のようになります。

  「強い力」を1としたときに、
   電磁力」は、その 100分の1
   「弱い力」は、その 一万分の1
   「重力」は、その 10の39乗分の1


  このように他の力と較べると、「重力」は桁外れに小さいのです。もちろんそれぞれの力の性質が違いますから、全体的にはそれで釣り合って、今の世界が出来上がっているわけです。
  しかし、このあまりにも極端な片寄りは、ちょっと奇異に感じられます。そして、このことは、もし「与えられる条件」が変わったら、果たして、どうなるだろうかという疑問を抱かせます。その与えられる条件というのは、当然の事ながら、宇宙の温度のことです。
  つまりこれ等「四つの力」は、宇宙の温度が下がるに従って枝分かれして来たわけですから、もしさらに宇宙の温度が下がったら、一体どうなるだろうかということです。その時に、この片寄りを修正するような現象が、何か発生するのではなかろうかという予測が成り立つわけです。


  現在の宇宙の温度は、2.7度Kであるということです。理論的に考えられる最も低い温度である「絶対零度(マイナス273度C)」よりも、わずかに2.7度だけ高い温度です。
  そしてこの宇宙は、今でも膨張を続けています。従って宇宙の温度は、今後も徐々に下がって行くと考えられるわけです。またインフレーション宇宙理論では、もう一度、宇宙のインフレーションを引き起こすエネルギーが残されているかも知れないと考えられています。その場合は、2.7度くらいは一気に下がってしまいます。

  もし宇宙の温度が絶対零度まで下がったとしたら、果たして、どうなるのかというのは非常に興味深い予測です。つまりその段階で、重力の不足分を埋め合わせるような、何等かの「新たな力」が生み出される可能性を否定できないということです。従って、ここに「五つ目の力」、「六つ目の力」というものが浮上して来ることになります。
  そして、その新たに発生して来る「力」によって、この宇宙が収縮へと向かうとしたら、我々が棲んでいるこの宇宙は、温度変化によって「膨張と収縮」を繰り返えしている存在であり、永遠に「創造と破壊」が繰り返えされていることになります。これにより、先に紹介した「仏教宇宙論」との完全な一致が見られることになるわけです。

  ですから、釈迦やイエス・キリストが見た光景というのは、その新たに発生して来る「力」によって引き起こされる、全宇宙的な規模の異変であるということになります。
  それであるならば、

  ○ あらゆるものは水車のように回り動いて崩壊する。
  ○ 空より土が降り、昼は夜のように暗くなり、太陽も月も星も輝きを失い、再び現れることはない。
  ○ 日月の運行が狂って寒暑の時節が逆になり、赤い日、黒い日が出たりする。
  ○ 28宿の星座、星宿の運行が狂う。妖星・彗星が現れたりする。
  ○ その苦難の日々の後、たちまち太陽は暗くなり、月は光を放たず、星は空から落ち、天体は揺り動かされる。

  または、

   『 その苦難の日々の後、たちまち
    太陽は暗くなり、
    月は光を放たず、
    星は空から落ち、
    天体は揺り動かされる。』


  こうした天体の大異変の生じることが、無理なく理解されます。これ等はまさしく、この宇宙が収縮へと転じた時の出来事であるということになるからです。
  そして、これこそは今のこの世界で発せられる、最後の「神の言葉」によって引き起こされる現象であり、神の意志によって創られたこの世界は、同じく神の意志によって閉じられるということです。
  つまり「光あれ」の言葉で、ビッグバンが発生したように、今度は「光よ消えよ」或いは「無に帰れ」の言葉で、消滅へと向かうということです。

  ですからせっかくコンピューターを駆使して、どれほど正確に宇宙の重量を計算しても、何の役にも立たないということです。この宇宙は、現在知られている「四つの力」以外の力によって操作されるからです。

  また「創造神」と言われるものは、天地の「創造」から、出来上がったその世界を「展開し発展させ」、最後に「破壊」するという一連の作業を実際に行う現場担当者であるということになりまです。すなわち、創造から破壊までの一切を取り仕切るのがこの神なのです。
  これは創造から破壊までの各段階で、様々な原理と法則に則って、一定の「力」を発生させるシステムと言い換えることが出来ます。すなわち特定の目的と役割を担って毎回起動する、一定のメカニズムであるということです。

  すると今現在という時間は、その創造神が展開し、発展させている長大なプログラムの中の一点を指すことになります。言い換えれば、それは「光の速度」で創られていくこの世界の、一経過点のことです。



 ○ ** ○○ ** ○


          ――  次回につづきます ――



   2001. 6.13.       店主記す






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒