この世界は「 確定未来形 」である〔三〕
 ―――――――――――――――



  ―― 前回からの続きです ――


   ( 三 ) この世界は超々巨大な“意味”の集合体である。

  さて、以上によって最先端の宇宙理論と、宗教の中にある宇宙論とが完全に結び着きました。しかし実は、ここから先の方がよほど重要なのです。
  なぜなら『旧約聖書』の原著者たちのような特殊な能力がある人には、「究極の過去」が見えて、さらに釈迦やイエス・キリストのような能力のある人には、「究極の未来」が見えるというただそれだけのことでは済まなくなるからです。その背後には、もっととんでもないことが隠されているからです。それは具体的には、次のようなことです。

  『旧約聖書』の「創世記」に記されている「究極の過去」の出来事は、すでに起きてしまった歴史的事実として、今現在もあちら側の世界に保存されている筈です。ですからあちら側の世界をのぞき見ることが出来る人なら、『聖書』の原著者たちと同様に、それらの出来事を自分自身の目で見て確認することが出来る筈です。そこにはビッグバンに始まるこの宇宙の歴史的出来事が、すべて残されているに違いありません。
  また、釈迦やイエス・キリストと同等の能力をもつ人であるなら、「究極の未来」で生じるはずの宇宙的な規模の大異変を見ることが可能な筈です。何となれば、釈迦やイエス・キリストが見たそれらの出来事は、いずれは実際に生じる出来事として、今現在もそこに存在する筈だからです。従って、彼らが見たのと同じ天体の大異変が、実際に見えるに違いありません。

  ということは、、、、。
  問題は、ここです。
  これは次のように発展させると分かりやすくなります。

  ○ それでは未来の出来事というのは、一体いつ創られたのか。
  ○ 将来それ等の出来事が生じることは、果たしていつの段階で決められたのか。
  ○ しかも、究極の未来の出来事まで見えるのはなぜか。


  結論として言えるのは、こういうことです。
  この世界は、何と!。この世界の最初の始まりの時に、最後の結末までが出来上がっていたのです。つまり究極の過去から、究極の未来の出来事までがビックバンより以前に、すべて完成していたということです。
  未来予知が可能なのは、そのためです。究極の未来までもが見えるのは、そのためなのです。従って、未来の出来事というのは、けっして不確実なものではなくて、すでに出来上がって存在している出来事なのです。そうなることが、すでに確定している出来事なのです。それ故に、未来予知が可能なのです。
  そして、これが『旧約聖書』の冒頭に突出して記されている一文、『 始めに、神は天地を創造された。』の本来の意味なのです。つまり『旧約聖書』の原著者たちには、そのことが分かっていたということです。


  少々分かりにくいかも知れませんので、もう一度、全体を整理しておくと、およそ次のようなことになります。
  この世界を創るプログラムは、初めに「神」によって創られました。それは「創造神」によって、実際にこの世界の創造が始められる以前に、すでに最後の結末部分までが出来上がっていたのです。
  そして「創造と破壊を司る神」、すなわち「創造神」は、その設計プログラムに従ってこの世界を創り、出来上がったその世界を時間の経過とともに展開し、発展させ、最終的には、次の世界の創造のために「破壊」するのです。
  そうした一連の定型的なプログラムを毎回、一切の誤りが無いように動作させるのが「創造と破壊を司る神」の本来の役割であるということです。そして『旧約聖書』の「天地創造」の部分には、その始まりの一部分だけが記されているということです。


  ***  ○○  ***


  この世界は『確定未来形』である。
  この章の題名にした「この世界そのものが、実は、確定未来形である」というのは、まさしく上に述べたようなことを指します。
  我々の人生のプログラムが、我々が生まれる前に、すべて決まっているように、この世界のプログラムもまた、この世界が創られる以前に、すべて決まっていたのです。
  従って我々は、そうした「確定未来形の世界」の中で、さらに「確定未来形の人生」を歩んでいることになります。つまり我々個々人の人生のプログラムは、その超々巨大なプログラムの中に組み込まれているのであって、決して別物として存在しているわけではないということです。

  もう少し詳しく説明すると、次のようなことになります。
  すでに申し述べましたように、我々の人生は「確定未来形」です。もちろん我々の父親、母親もまた持って生まれたプログラムに従って、確定未来形の人生を辿ったのです。さらに遡れば、先祖代々が、そうした確定未来形の人生を辿ったわけです。もっともっと遡れば、原始の人たちも、そうした確定未来形の人生を辿ったのです。これを突き詰めて行けば、五百万年前のアダムとイブまで遡ることになります。
  しかもそれだけではなくて、さらに突き詰めれば、地上に生物が誕生した時まで遡ります。或いは、地上の生物の元になった生物の誕生の時まで遡ります。要するに、この連鎖の最終地点は、この世界が創造された時まで遡るわけです。つまり、これはビック・バンによって、この世界が創造された時から続いている連鎖なのです。

  そして、その連鎖の最終的な結果として、百五十億と二千一年目の現在の時点で、我々がこの世界に存在しているわけです。言い換えれば、本人が意識しようがしまいが、否も応も無く我々は、そうした連鎖の流れの中に存在するということです。つまり我々は連綿と続く時間の流れの中で、自分たちに付与された“意味・内容”を実現するべく、各個々人の人生のプログラムを辿らされているわけです。
  こう考えると、ご先祖様の霊を敬うことの重要性が、容易に理解されます。それはめぐりめぐって、今現在の自分自身に撥ね返ってくるからです。ご先祖様がいて、今の我々が存在するからです。従ってご先祖様のお墓参りは、結局自分のためでもあるということです。

  さて、そうすると聖者・アガスティアは、その確定未来形の世界に組み込まれている、人々の「運命と宿命」の部分を捉えるのに成功したことになります。つまり『旧約聖書』の「天地創造」の部分が数千年も前の人たちによって知られたように、また釈迦やイエス・キリストが究極の未来で起きる出来事を察知したように、アガスティアもまた、その地を訪れる人たちの「運命と宿命」を察知したのです。要するにそこに機能している、未知の「原理、法則」を捉えることに成功したということです。
  それ故に、「アガスティアの葉」に書かれている人々の「運命と宿命」は、決して否定すべきものではなくなるわけです。むしろそれどころか、積極的に肯定すべきものであるとも言えるのです。


  ところで我々の人生は、「一連の意味のあるストーリー(意味の集合体)」で構成されていると考えられたわけですが、それと同様のことが、この世界のプログラムに関しても言えることになります。
  つまり、この世界は我々と同様に、持って生まれた一連の“意味・内容”を実現させるために存在するのであり、それはビッグバン以来、途切れることなく続いている超々巨大な“意味・内容”の集合体であるということです。
  そして、その“意味・内容”を実現させるための“力”が、今現在も途切れることなく、リアルタイムで機能しているわけです。つまり、

    神は言われた。
     「 ****** せよ。」
     そのようになった。
    神はこれを見て、良しとされた。

  こうした“力”があらゆる場面、あらゆる局面で働くことにより、その超々巨大なプログラムは、一切の誤り無く実現されて行くのです。
  ですから、過去に向かって歴史が創られるのではなくて、すでに設定されているそのプログラムをひも解いていくことが、この世界の歴史となるということです。そして我々には、光の到達した地点の出来事だけが、歴史的事実として認識されるということです。

  従って、一連のプログラムの“意味・内容”を時間の経過とともに展開し、具体的に実現するために、この世界が存在しているとも言えるわけです。より具体的には、この世界で生じるあらゆる出来事は、すべてあちらがわの世界にあるプログラムに「“意味”の連続体」として設定されているということです。それを光の速さで実現して行くことが、この世界の持って生まれた運命であり、宿命であるということです。要するに、我々と同じ「人生のプログラム」を持っているのです。
  これが副題として掲げた、『この世界は超々巨大な“意味”の集合体である』の本来の意味です。

  *** ○○○ ***

  さて、ところで次の段階として、その大もとのプログラムは、どこでどのようにして創られるのだろうかという疑問が生じます。
  これについても、そんなことまで分かるはずがありませんと言ってしまえば、すべては終わってしまいます。この章も、ここで終了です。
  ただし、そのためのヒントになりそうなものがありますので、ついでに紹介しておくことにします。これはあくまでも考え方のヒントです。もしかすると参考になるかもしれませんので、若干申し述べておくことにします。


  仏教の教えの中に、「アラヤシキ」という概念があるそうです。

   「 あらや-しき【阿頼耶識】
    〔仏〕(梵語 laya-vij na) 人間存在の根底をなす意識の流れ。経験を蓄積して個性を形成し、またすべての心的活動のよりどころとなる。唯識派で説く。八識の中の第八識。旧訳(クヤク)では阿梨耶識。略して阿頼耶・頼耶・阿梨耶・梨耶とも 」
                     ( 岩波 CDロム版、広辞苑より。)


  これだけの説明ではよく分かりませんが、通常「アカシックレコード」と言われているものと対比させると、理解しやすいと思われます。要するに、この世界で生じるすべての基本となるものが保存され、蓄積されている場所という意味です
  ですから、もしそうしたところに、この世界で起きた総ての出来事、さらに人の意識や、思考、記憶などが全て残されおり、蓄積されているとすれば、一つの世界が終わっても、次の世界を創り出す基礎資料が残されていることになります。

  しかも、仏教の教義の中には、「縁起の理法」と言われるものがあります。

   『 因是有是、此生則生(これあるによりて、これあり。これ生じるに則りて、これ生じるなり) 』というものです。
  これは、総てのものが互いに影響しあっているという関係性の法則のことです。

  ですからこの法則によって、「阿頼耶識」に蓄積されている“意味・内容”が相互に結びつけられれば、次の回の世界で使われるプログラムは、容易に立ち上げることが可能です。
  このあたりにどうやら、何度もこの世界を形創る基本原理が潜んでいるのではなかろうかと考えられるわけです。
  従って、

  「初めに、神は天地を創造された」
  というのは、具体的にはそうした基本原理によって、毎回、自動的に創られるプログラムを指すことになります。
  すると、そこにあるのは「神の意志」というよりは、メカニックに起動するシステムと考えることが可能です。毎回そのシステムが起動して、この世界のプログラムが創られ、永遠に創造と破壊とが繰り返されていくということです。
  すると、神とは、何か。永遠の課題が残されることになります。


  **** ○○○ ****


  さて、しかしながら、上に申し述べたようなことは、目に見える世界のお話ではありません。ですからいくら説明しても、容易に分かってもらえるようなものではありません。もしかしたら分かってもらえる人には、分かってもらえるかも知れないといった類のものです。もし一握りの人たちでも、分かってもらえる人たちがいらっしゃれば、大いにありがたく思う次第です。

  ところでここで、何か教訓的な内容を導きだすとするなら、次のようなことが言えそうです。
  我々の人生は確定未来形であり、我々自身の自由意思ではなかなか動かせない部分が多いとは言いながらも、人それぞれが今の人生をいかに歩んだかが、次の回の世界でのその人の人生のプログラムに、何らかの形で反映されると考えられるわけです。従って、今の人生を、決していい加減に生きてはならないということです。真剣に、精一杯に生きることが、自分自身の霊性を高めるということです。

  こう考えると多くの宗教が、一方で人生論的な教訓を説くのも、大いにうなずけるわけです。またそれが様ざまな戒律となり、最終的には形を変えて社会規範である法律として定められているとしたら、少なくとも法令に反するような行為だけはしてはならないということです。むしろ多くの人たちから、感謝されるような生き方をしなければいけないということです。それは決して他人のためでなく、翻って自分自身のためになるからです。


  最後に、もう一つだけ申し述べておきますと、仏教では、未来仏である「弥勒菩薩(みろくぼさつ)」が登場して来るのが、56億7千万年後であるということです。これに何らかの真理が含まれているとすれば、今すぐにこの世界が無くなるようなことはありません。あの太陽が燃え尽きるまでには、約五十億年ほどかかるそうですから、この数字の附合には、何らかの真理が含まれているようにも思えます。

  もし、これまでに申し述べたことで、不安をあおるようなことがあっては本来の趣旨から外れますので、最後に申し添えておきます。
  ただし、そんな心配をするよりは、我々人類が自らの手で、自分たちの生活環境を破壊していることにもっと注意を向けるべきでしょう。我々人間の身体に関しても、すでに遺伝子レベルでの破壊が進んでいるかもしれないのです。

  人類の誕生以来、たかだか五百万年です。近代文明が築かれて、たったの数百年で、ここまで破壊が進んでしまったのです。
  しかもその破壊は、百年後の予測さえつかないほど急ピッチで進んでいます。千年後のこの地球上に、我々人類の子孫が果たして、存在しているかさえおぼつかない状況です。

  もし、この世界が無くなる時まで、我々人類が存在しつづけることが出来たら、その最後の人類は祝杯を挙げながら、最後の瞬間を待つことが出来ます。ぜひともそうあって欲しいものです。
  地球環境は、今の我々のためだけにあるのではありません。我々の子孫のため、そして未来の人類のためにも、豊かな自然を残したいものです。


                             2001. 6.13.          店主記す






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒