「陣痛促進剤」 が創り出す精神障害
 ――――――――――――――


  今年(2001年)の五月に、厚生労働省が発表した統計では、ひきこもりの人がいる家庭は八十万世帯にものぼるということです。その中には兄弟・姉妹でひきこもっている家庭もありますから、実に、百万人以上の人たちが、家の中から外へ出られない状態になっていることになります。しかも自分の部屋に閉じこもっているだけならばまだしも、その何割かは家族に対して、暴力を振るって暴れているのです。
  下に、そのひきこもりに関する統計数字を紹介しておきます。

  ○ 問題行動
       親への暴力         18 %
       自傷行為・自殺未遂    2 %
       不登校の経験       41 %

  〇 年齢別
        10 〜 15      8.4 %
       16 〜 20    19.8 %
       21 〜 25    20.8 %
       26 〜 30    18.2 %
       31 〜 35    10.2 %
       36以上        8.6 %
        不明         14.1 %

  〇 期間
       6ヶ月 〜 1年未満     17.9 %
        1年 〜 3年未満      26.3 %
        3年 〜 5年未満     14.7 %
        5年 〜 7年未満       9.7 %
        7年 〜 10年未満      5.9 %
        10年以上            7.7 %
        不明              17.8 %

                      ( 以上、2001年5月9日 朝日新聞より )


  上の数字を分かりやすくするために、具体的な数字に置き換えると、14万4千世帯の親たちが、子どもから暴力を振るわれていることになります。そして、その何割かは、兄弟・姉妹から、同時に暴力を受けているわけです。
  しかも二十一歳以上の成人で、57.8パーセントの人たちがひきこもっているということは、46万世帯で、すでに立派な大人になっているのに、家から外へ出られない人がいるということです。また三十一歳以上が、18.8パーセントということは、15万世帯で、働くことの出来ない人たちを抱え込んでいることになります。

  こうした大きな社会問題になっているにもかかわらず、ひきこもりも家庭内暴力も、残念ながら病院では治すことが出来ません。たとえ本人を強引に病院へ連れて行ったとしても、医者は精神安定剤などの薬を処方するだけです。また対人恐怖がベースにあるために、カウンセリングも受けることができません。もし受けたとしても時間ばかりかかって結局、完治するというころまで行き着くことはありません。ここに現代医学の限界があります。
   しかも、そもそも原因さえ分かっていないというのですから、医学的には何も手の打ち様が無いというのが現状です。


 *** ---- ○○ ---- *** 


  ○ 不登校、ひきこもり、家庭内暴力、パニック障害等の発生原因

  これらの精神障害は、残念ながら医学的には原因が分かっていません。専門書を見ても、原因について明確に記されているものはありません。つまり最新の医学をもってしても、解明することができない事態が起きているわけです。
  しかし、たとえ医学的には原因が分からなくても、常識的な考え方を積み重ねて行くと、それなりの要因を探り出すことが可能です。つまり、それらしい原因を、突き止めることが出来るのです。ですから、もしかしたらこれは、現代医学が見逃している盲点かも知れません。
  この章の標題とした、出産時の「陣痛促進剤」の使用がそれです。つまり、赤ちゃんを産む時に「陣痛促進剤」が使用されることよって、そうした様々な精神障害が創り出されるのではないかということです。少々長くなりますが、以下に、その考え方の概略を紹介しておきます。


  「 PTSD(心的外傷後ストレス障害)」のもっとも代表的な症状は、「フラッシュ・バック」といわれるものです。地下鉄サリン事件の多くの被害者が、今も悩まされている症状です。これはその時の状況を思い出すだけで、当時の恐怖感や、苦痛までもが、まざまざとよみがえるというものです。それにより、地下鉄に乗るのが恐いという状態になっている人がいます。事件を思い出す切っ掛けになるからです。

  過去の記憶が、ふとよみがえるのは、誰にでもあることです。ただし通常は、それに付随する感情までが“ 再現・復元 ”されることはありません。フラッシュ・バックの場合は「記憶」と「感情の再現」が、連動してしまっているのです。つまり記憶そのものと恐怖・苦痛を感じるプログラムが、一体になって動作してしまうわけです。それによって、その時の状況を思い出すだけで「恐怖」を感じる物質、「苦痛」を感じる物質が、脳内で勝手に創られてしまうのです。
  このことは逆の見方をすれば、そうしたプログラムを創り出す機能が、人の精神神経回路の中にもともと存在するということです。これは記憶と、体験を直接結びつけて、一定のプログラムとしてインプリント(刷り込み)する機能です。ですからフラッシュ・バックというのは、その機能が勝手に働いてしまったことにより創り出された障害であるということが出来るわけです。


  「パニック障害」の人たちは突然、なんの原因も無いのに、死ぬほどの苦痛に襲われます。この症状も、フラッシュ・バックと同じ原理で創り出されます。電車や地下鉄やバスに乗ったときの状況が、過去の記憶と結びつくために、かつて創られていた原始的プログラムが突然、活動してしまうためです。そのために強烈な恐怖感や苦痛に襲われるのです。
  ただしパニック障害の場合は、過去の記憶を思い出していないのに、フラッシュ・バックと同じことが起きます。ですから記憶とは直接、連動していないことになります。では、そのもとになる記憶は本当に無いのかということですが、実際には存在します。あまりにも古い記憶であるために、思い出すことが出来ない状態になっているのです。なぜなら、それは「胎内記憶」であり、又は「出生時の記憶」だからです。無意識の段階に押しやられている記憶なのです。

  すべての人に胎内記憶が存在することは、先に紹介した事例によっても明らかです。また胎児や新生児が、様々な感情を持っていることも事実なのです。退行催眠(逆行催眠)を用いることにより、そうした記憶をよみがえらせることが出来ます。これについては、『誕生を記憶する子どもたち』(春秋社)をご参照ください。この本の中に、幾つか事例が紹介されています。そして、その記憶を思い出して話す(言語化する)ことによって、患者の障害が消えることが説明されています。

  胎児は出産に際して、狭い産道を通過するために頭蓋骨の蝶つがいを外して、頭を細長く変形して出て来ます。ですから本来は、大変な苦痛を感じているはずなのです。ただし自然界というものはよくしたもので、その苦痛を取り除く物質も同時に創られているのです。うまくバランスが取られているわけです。
  パニック障害の人の苦痛は、出産時に味わったその苦痛が、そのまま“ 再現・復元 ”されるために生じるのです。ぎゅーぎゅー詰めの満員電車というのは、かつて狭い産道を通過した時の状況と一致します。その状況が、原始的なプログラムを活動させる切っ掛けになるのです。

  その原始的なプログラムというのは、一種の「条件反射」のプログラムです。つまり与えられた刺激に対して、反射的に生じる行動です。すっぱい梅干を思い浮かべただけで、口の中につばがたまるのと同じです。飛来物に対して、瞬間的にまぶたを閉じるのと同じです。これ等は思考の段階を経ないで機能するプログラムです。
  この条件反射のプログラムには、「般化」や「強化」という現象が起こることが分かっています。それによりこのプログラムが活動する機会が、徐々に増えていくわけです。つまり直接的な切っ掛けがなくても、類似する出来事で、このプログラムが勝手に動作してしまうのです。
  たとえば飛来物に対しては、何かが飛んできそうだと感じただけで、自動的にまぶたが閉じられます。飛来物を実際に、目で見て確認していないのに、このプログラムが勝手に機能するわけです。それにより眼球が傷つくのを防いでいるのです。
  パニック障害の人の予期不安は、これによって引き起こされます。テレビに映る地下鉄や電車、バス、飛行機を見ただけで、かつての恐怖感や苦痛がよみがえるのです。まさに考えるだけでも怖い、苦しいという状態になってしまうわけです。

  また産道を通過した際の体験だけでなく、出産の時に体験したことに関連する出来事が、その引き金になります。生まれた直後に突然、医者や看護婦に出会ったこと。いきなり広い場所に放り出されたこと。これ等と似たような状態に置かれることによって、このプログラムが勝手に活動するのです。
  これらには「対人恐怖」や、「広場恐怖」といった別々の病名がつけられでいますが、もともとは同じものです。出生時の体験が原因となる障害です。

  しかもこのプログラムは「一定の行動様式、思考形態」としてインプリンティング(刷り込み)されます。つまり一連の体験が、そのまま条件反射のプログラムとして記憶されてしまうわけです。従って、今日問題になっている様々な精神障害は、この原始的なプログラムによって引き起こされていると考えられるのです。要するに何年も何十年もたってから、かつて体験したことが、突然“ 再現・復元 ”されるという現象が発生するわけです。それが様々な障害を引き起こす原因なのです。
  具体的な事例を幾つか紹介しておくと、次のようになります。

  「ひきこもり」というのは、そもそも外に出るのが怖いから、自分の部屋や家の中から出られないのです。なぜならもっとも安全な空間である子宮の中から、この世界に放り出されたときに、たいへんな恐怖や苦痛を味わったからです。部屋の外へ出ようとするだけで、その恐怖や苦痛を感じる物質が脳内で勝手に作り出されて、その時の状況が“再現・復元”されてしまうからです。

  「家庭内暴力」というのは、最初に出会った医者や看護婦、或いはそこに居合わせた人たちに対して、強い怒りの感情を抱いたからです。その時の感情が“再現・復元”されるために、自分の部屋から出るたびに家族に対して暴力を振るうのです。
  「ドメスティック・バイオレンス」も同じです。その怒りの感情が身近にいる妻や、他の家族に対して向けられるだけの違いです。家庭内暴力と同様に、かつての怒りの感情が“再現・復元”されるために引き起こされます。

  「ストーカー」というのは、新生児が無菌の保護室に入れられて長時間、母親と隔離される状況によって創られます。母親に対する愛と、憎しみと怒りの感情が、ガラス窓で遠く隔てられたまま封印されている状態です。従って、好きな女性、愛する女性は、愛の対象であると同時に憎しみの対象であり、また怒りの対象でもあるのです。別れた妻や恋人に対して、しつこく付きまとうストーカー行為の原点がここにあります。しかも、もし強力な怒りの感情と結びつけば、ストーカー殺人にまで発展します。

  「過食症・拒食症」のプログラムは、乳児が欲する時間に、正しく授乳が行われなかったために創られます。つまり母親から引き離された新生児は、生まれてすぐに飢餓と飽食を体験しているのです。その状態が、プログラムとしてインプリントされたものが過食症・拒食症です。
  若い女性のダイエットのため食事制限が、直接的なきっかけとなって発症するのはそのためです。それによってかつて創られた原始的プログラムが、勝手に活動を開始するわけです。そして食べたくても食べられない、食べ始めるとやめられないといったことが起きるのです。


  以下は省略しますが、このように様々な精神障害のもとになるものが、出生時の「記憶」と直接的に結びついているのです。つまり本人も気が付かないうちに、「フラッシュ・バック」と同じ現象が起きているということです。
  ですから出産の際に胎児が、自分自身で覚悟して出て来るのであれば、何も問題は生じません。「陣痛促進剤」によって、強制的に排出されることが問題なのです。自然な状態で産まれて来るということは、自然界の法則が働くということであり、そうした様々な障害を生み出すようなプログラムは創られないからです。


      *****  ○○   *****  ○○  ******


  陣痛促進剤というのは、女性ホルモンの一種です。従って、母体に影響を与えることはありません。産婦人科の医師は、そのことを強調しています。ですから少し前までは、その薬剤を使用することを、妊産婦本人にも知らせずに行っていました。もしかすると、今でもそうかもしれません。

  およそ五年ほど前に起きた事件で、次のようなものがありました。
  ある女性は、子宮破裂で死にかけたそうです。危ういところでなんとか一命を取り留めましたが、二度と子どもが産めない身体になってしまいました。胎児は、圧死していたそうです。通常であれば軽く済むはずの二度目の出産で、そうしたことが起きたのです。裁判を起こしてカルテを確認したところ、三種類の陣痛促進剤が使われていたそうです。
  被告となった女性の産婦人科医師は、医学的にはまったく問題の無い行為だと言っていました。また、その日は出産予定者が立てこんでおり、この薬剤を使わなければ処理し切れなかったとも言っていました。通常、カルテは公開されないために、裁判を起こさなければ、被害者本人でさえ見ることができません。これは今でも同じです。

  つまり母親である妊産婦自身が知らない間に、この薬剤が勝手に使われて、生まれてきた赤ちゃんには、フラッシュ・バックと同じような「出生外傷(トラウマ・オブ・バース)」のプログラムが植え付けられてしまうのです。それによって、今日問題になっているような、様々な精神障害が生み出されているのです。
  一見、元気な赤ちゃんが産まれたからといって、手放しで喜んでいる場合ではありません。十数年後に、その子が不登校になって家の中にひきこもり、さらには家族に対して暴力まで振るうとしたら、誰が責任を取るのでしょう。

   ○○   ○○


  ついでに申しあげておきますと、この考え方に従うと花粉症、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどの「自己免疫疾患」と言われるものの発生原因も説明することが可能です。
  これ等は通常は、自分自身を守るために機能する免疫機能が、なぜか自分を攻撃してしまうために起きると考えられています。免疫機能が、本来とは逆の働きをしていることになります。しかし、なぜそうしたことが起きるのかは、まだ分かっていません。
  ただし、これにも上に述べたような“ 再現・復元プログラム ”が働いていると考えると、まったく無理なく理解することが出来ます。要するに、これ等の症状も、かつて母胎内にいた時に体験したことが、そのまま“ 再現・復元 ”されるために引き起こされると考えればよいからです。

  つまり花粉症の場合は、その子が胎児の時にスギ花粉に含まれているものと同じような科学物質で、眼や鼻の粘膜に刺激を受けていたのです。アトピー性皮膚炎の場合は、ダニが持っている物質と同様の物質で、皮膚に炎症が生じていたのです。食物アレルギーの場合は、飲み込んだ羊水に含まれていた化学物質で、口やのどや胃や腸が炎症を起こしていたのです。
  そうしたことが生後、何年もたってから突然“ 再現・復元 ”されることによって、本来自分自身を守るための免疫機能が、自分を攻撃するという不可解な現象となって現われるのです。

  実際に起きた事例として、次のようなものがあります。
  ある女性の場合は妊娠期間中に、栄養が豊富だからと、積極的に玉子を食べていたそうです。子どもが生まれて、しばらくしてからその母親が玉子を食べた後で、授乳をしました。すると赤ちゃんが死んでしまいました。死因は、「玉子アレルギー」でした。
  鶏卵の場合は簡単に、いろいろな色の付いた黄身の玉子を産ませることが出来ます。食べさせる餌に色素を混ぜれば、それが黄身の中に含まれて出て来るからです。実際に黄身が赤や緑や黒などの、様々な色のついた玉子が売られています。このことから分かることは、玉子の黄身の中には様々な物質が、簡単に取り込まれてしまうということです。
  従って、その中に人体に有害な化学物質が含まれていれば、それは血液を通して妊婦の羊水の中にも浸入します。母体には何も影響を与えなくても、抵抗力の無い胎児には大きな影響が及びます。化学物質による炎症が生じます。それが玉子アレルギーの原因です。生後、その時の状態が“再現・復元”されることによって、アレルギー症状が発生するわけです。


  **** ---- ○○ ----- ***** 


  さて、今回は概略だけを、駆け足で説明しました。もしかしたら論理の飛躍があって、分かりにくい面もあったかもしれません。
  そこで次回以降で、もう少し詳しく内容を説明して行くことにします。



                             2001.  7. 18.        店主記す



 ――――――――――――――



    陣痛促進剤の使用により、さらなる被害が発生しています。
     極めて現実的な被害です。
    こちらにリンクさせていただきました。
           ↓

    痛促進剤による被害を考える会




 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒