条件反射のプログラムとインプリント(刷り込み)機能

 ――――――――――――――――――

  ○ 精神障害を創り出すそもそもの要因


  「条件反射」というのは、一般的によく知られている現象です。ごくありふれた現象ですから、おそらくほとんどの人ご存知のはずです。あらためて説明するまでもないかもしれませんが、忘れかけている記憶を呼び起こす意味で、簡単に紹介しておくことにします。

  そもそも「反射」という機能は、明るいところで瞳孔が自動的に縮小し、暗いところでは拡大するように、人の意識や思考による支配を受けずに機能するシステムです。これまでに発見されているだけでも、数百種類にのぼるということです。そして一定の条件を与えたときに、この反射機能が発生するようにしたものが「条件反射」です。
  これは一般的には、パプロフの犬の実験で知られています。犬にベルの音を鳴らしてから餌を与えつづけると、ついにはベルの音を聞かせただけで、犬がよだれを垂らすようになるというものです。

  同様のことは、人の場合にも起こります。酸っぱい梅干しを思い浮かべただけで、口の中につばがたまります。お腹がすいている時に、おいしいご馳走を思い浮かべれば自然によだれがでます。飛来物に対しては、瞬間的に目を閉じます。熱いものに触れた時には、瞬間的に手を引っ込めます。落下物に対しては、思わず頭部を両手でかばいます。
  これ等はいずれも、脳による思考のプロセスを介さずに働く機能です。飛んで来る物体が、何であるかを認識してから瞼を閉じているわけではありません。それでは間に合わないからです。何かが飛んで来そうだと感じた時には、すでに両瞼を閉じています。それによって、眼球が傷つくのを防いでいるわけです。ですからこの場合は、飛来物に対して条件付けされた反射行動ということになります。

  この条件反射は、さらに複雑な形で機能することがあります。これもよく知られていることですが、人が生死に関わるような闘いの場面に直面した時には、顔面蒼白の状態になって、ガタガタと武者震いが起きます。
  これは出血を止めるための機能、痛みを抑えるための機能、瞬時に最大限の力を発揮するための機能、身体を俊敏に動かすための機能などが、自動的に活動を開始するために出現します。つまりこれは、そのような「戦闘態勢用プログラム」が、人の精神神経回路の中に組み込まれていることによって引き起こされるのです。

  そして、これが自律神経系の支配をも含む、まさに全身的な機能として活動する点に注目する必要があります。普通の人は意識的に心臓の鼓動を早めたり、遅くしたりすることは出来ません。また皮膚表面の毛細血管を、意識的に収縮させることも出来ません。さらには発熱して体温を上げるために、筋肉を自動的に収縮させることも出来ません。これ等は本来、人が意識的に介入することの出来ない、自律神経系の支配下にある機能です。
  つまり意識的な支配の及ばない臓器や皮膚組織や、筋肉の活動状態までもが、このプログラムの中に組み込まれているということです。心臓の鼓動が早くなるのは、そのプログラムが活動するためです。顔色が青くなるのも同様です。武者震いが起きるのも同様です。それらのプログラムが自動的に活動して、今から開始される戦闘に適した身体の状態が作り上げられるわけです。

  ( ただし、熟練したヨーガの修行者の場合は、自律神経系の機能を意識的に操作することが可能です。呼吸数を減らし、心臓の鼓動を遅くして体温を下げ、一種の冬眠状態を作り出すことが出来ます。従って、ヨーガの呼吸法は、自律神経系を自分の意志で操作する技術ということができます。)


  ところで、これに関連して、非常に興味深い事例がありますので、ここに紹介しておくことにします。
  大相撲の力士は、取り組みの前の数回の仕切り直しで、呼吸が荒くなって身体が熱くなり、大量の汗をかきます。よく見ると、顔まで真っ赤になる力士がいます。
  相撲の仕切りというのは、実際の取り組みの前に、対戦する両者が互いに手を突いて睨み合うだけの動作です。運動量としては、さほど大きなものではありません。ですから本来なら、それほどの汗をかくはずがないのです。普通の人がやっても、そうした状態にはなりません。かなり太った人でも同様です。多少、息が切れる程度です。
  ところが彼らは、タオルで拭うほどの汗をかきます。それだけ心悸が亢進し、体温が上昇しているのです。しかも力士の中には、実際の取り組みの直前に、その汗がピタリと止まる人がいるそうです。

  これは今から始まる闘い(取り組み)に対して、最良の状態で臨めるように、身体が作り上げられるために生じます。つまり数回の仕切り直しによって、全身的な臨戦態勢に入るわけです。呼吸数が増加し、動悸が亢進して、筋力が増強され、その他諸々の機能が今から始まる闘いに備えて活動を開始するのです。それによって最大限の力が、瞬間的に出せるようになるわけです。その結果、あの大量の汗が出現するのです。
  ですからこれもやはり、一つの「戦闘態勢用プログラム」と言うことができます。そうした全身的な活動が、条件付けされた一定のプログラムによって引き起こされるのです。ただしこの場合は、格闘技型、或いは実践スポーツ型のプログラムと言い替えた方が適当かも知れません。また制限時間の直前にピタリと汗が止まる人の場合は、格闘技型と死闘型が組み合わされたものということになります。

  大相撲の力士の場合は、そうした条件付けが意識的になされていますから、取り組みが終われば、そのプログラムも自然に活動を停止します。従って取り組みの後は、身体の機能は自動的に通常の状態に戻ります。これは日々の鍛錬によって、「意識的な条件付け」がなされているためです。「これから戦いを始めるぞ」という自分の意志によって、そうした状態が自動的に引き起こされるように身体が出来上がっているわけです。
  ( これに対して、本人がまったく意識していないのに、これと同様のプログラムが勝手に活動してしまうのが「パニック障害」です。これについては、後で触れることにします。)

  もちろん相撲だけに限らず、他の種目の運動や格闘技をやる人達の場合も、日頃の鍛錬によって、そうしたプログラムが自動的に活動するように条件付けされています。それによりわずかな準備運動で、競技が開始されると同時に全力で戦えるように、身体が出来上がって行くわけです。
  つまり準備運動と本番競技のスタートとが、意識的に条件付けされているのです。これはスポーツ競技でよい成績を上げるためには、必要不可欠なものであると言えます。数回の試技で最大のパワーが出せるようになるのは、このプログラムが活動するからです。相撲の仕切りと同様のことが起きるわけです。


 **  ○○ ** ○○  **


  ところでこの「条件反射」に関しては、さらに興味深いことがあります。

  新生児が成長していく段階で、次のような現象が起こることが知られています。通常は「臨界期」とか「敏感期」といった言葉が使われていますが、「刻印づけ(インプリンティング)」や「初期刺激づけ」といったものが、非常に起こりやすい時期があります。

  ○ サルの場合は、生後 3〜6ヶ月。

  ○ ヒトの場合は、生後 3〜4歳まで。
    ( 生後一年以内は、特に顕著である。)


  ではこの時期には実際に、どのようなことが起きるかということですが、よく知られているものとして、片方に眼帯をした乳幼児は、約一週間ほどで、その眼が修正が不可能なほどの弱視になってしまうということが起きます。
  生後4〜5週では、3〜4日でそれが起きるということです。そして、その状態から、二度と回復することがないということです。つまりものを見るための機能が、わずか数日で失われてしまうのです。

  また、生まれてきた赤ちゃんは、わずか数年で、二本の足で立って歩けるようになります。両手両足を使ったはいはいから始まり、つかまり立ちに移り、やがてよちよち歩きをするようになります。
  この二本の足で歩くという、人にとって当たり前の行動が出来るようになるのは、実は何十という条件反射のプログラムが連動して働いているためなのです。

  我々は、いちいち平衡感覚がどうの、足の筋肉の動かし方がどうのといったことを意識しながら歩いているわけではありません。何も考えずに、ほとんど無意識的に歩いています。しかしこれは、それぞれの神経系をつなぐ複雑な回路が、有機的に結ばれており、かつそれらの連携をとるプログラムが自動的に機能しているからこそ出来ることなのです。
  あまりにも当たり前すぎて実感することができませんが、歩きながら突然、方向転換をした場合を考えてみると分かり易いかもしれません。身体のバランスを崩さないためには、全身の筋肉や筋が相互に連携して、姿勢を微妙に制御する必要があります。実際には方向転換して斜めになっている身体を、つま先の一点で支えなければならないわけです。これは極めて複雑で微妙な動きです。重心がわずかにずれただけでも、転倒してしまいます。そうしたことが寸分の狂いもなく行われているのです。しかもここには、脳による思考のプロセスは一切介入しません。

  ようやく身体が出来上がった新生児は、それだけのことをわずか数ヶ月で身につけるのです。ですから乳幼児期というのは、そのような条件反射のプログラムが、非常に設定されやすい状態にあると言えるわけです。要するにインプリンティング(刷り込み)の機能は、赤ちゃんの成長・育成にとって不可欠のものなのです。
  ですから言い方を替えるならば、乳幼児期というのは、脳の精神神経回路の中に様々なプログラムをインプリント(刷り込み)するシステムが、もっとも活発に活動している時期であるということです。
  そしてこれは同時に、「出生外傷(トラウマ・オブ・パース)」というものが様々な障害を創り出す原因にもなるわけです。つまりインプリント機能が活発に働いていることによって、この時期に体験した出来事もまた一種の「条件反射」のプログラム」として、脳の精神神経回路の中にインプリンティングされてしまうのです。赤ちゃんの成長・育成にとって不可欠なこの機能が、同時に様々な障害を創り出す原因になるということです。


 **  ○○ ** ○○  **


  この条件反射のプログラムは、長い間使われなかったからといって、自然に消えて無くなることはありません。「般化」や「強化」といったことが行なわれなければ、多少は弱まりますが、完全に消えて無くなることはありません。
  ちなみに「般化」というのは、条件付けされた刺激に「類似する刺激」でも、同様の反応が起きるようになる現象のことです。
  また「強化」というのは、条件付けをした時と同じような状況に遭遇することによって、その反応がより出現し易くなる現象のことです。

  しかも、どのような刺激が「強化」として働くかは、誰にも分かりません。またそれが「般化」によって、どの程度まで拡大されているかもわかりません。従って、この条件反射のプログラムは、本人さえ予測出来ない時に、突然、発動するといったことが生じます。
  つまり「般化」や「強化」といった現象が生じることによって、この条件反射のプログラムが発動する切っ掛けが、徐々に拡大されて行くのです。ですから何が引き金になってそのプログラムが発動するかは、誰にも分からないということです。例えて言うならば、いつ爆発するかもわからない時限爆弾を、知らないうちに抱え込んでいるようなものです。

  こう考えると、それらの条件反射のプログラムが、後年、突発的に発動するメカニズムを理解することが出来ます。精神障害が何の前触れも無く突然発症するのは、そのためなのです。

  ( これ以外にも、「部分強化」や「二次的強化」といったものがあります。興味のある方は、ご自分で調べて下さい。)


 **  ○○ ** ○○  **


  ここで全体を整理しておくと、次のようなことになります。

  ○ まず我々人間には、インプリント(刷り込み)という現象を生じさせるシステムが、脳の精神神経回路の中に備わっているということです。
   現に地下鉄サリン事件の被害者を、今も苦しめている「フラッシュ・バック」という現象は、この機能の発動によって創られた障害といえるわけです。

  ○ そして、胎児期、乳児期、幼児期というのは、「原始反射」や「条件反射」といった各種の反射プログラムが、脳の中にインプリンティングされるのに最も適した時期であるということです。

  ○ 従って、この時期に体験した印象の強すぎる出来事というのは、「一種の条件反射のプログラム」として、いつまでも脳の精神神経回路の中に確保されており、一定の条件さえ整えば、後年、そのプログラムが突然、発動することがあり得るということです。
  それによって、様々な精神障害が引き起こされるということです。


  さて、こうした考え方を取ると、これまで説明のつけられなかったものが、ほとんど説明できてしまいます。原因さえ分からないとされてきた「躁鬱病」「パニック障害」「対人恐怖」「ひきこもり」「家庭内暴力」「登校拒否症」「幼児虐待」といったものが、容易に説明できます。
  しかもそれだけでなく「精神分裂病」の発生原因までもが、それなりに説明できてしまうのです。ですからこれは、なかなか画期的な考え方と言えるわけです。


                             2001. 7.21.        店主記す





 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒