パニック障害の原因
 ―――――――――――――

 ( *** 「陣痛促進剤」を使用することの最大の弊害は、胎児自身がそのことをまったく自覚しないうちに、また心の準備が何もできていないうちに、力ずくで外へ押し出されてしまうことです。これこそが最大の問題点なのです。*** )


  次に紹介するのは、精神障害の一種である「パニック障害」のアメリカの診断基準の一部です。

   ↓    ↓     ↓

   C.発作の少なくとも一つに、以下の症状のうち少なくとも4項目が発現する。

    (1)呼吸促進(呼吸困難)または息苦しい感じ
    (2)めまい感、頭が軽くなる感じ、ないしふらつきの感じ
    (3)心悸亢進、ないし心拍数の増加(頻脈)
    (4)身震い、または振戦
    (5)発汗
    (6)窒息感
    (7)嘔気、または腹部の不調
    (8)離人感、ないし非現実感
    (9)しびれ感、ないしうずき感(知覚異常)
    (10)紅潮(突発性の熱感)、ないし冷感
    (11)胸部痛、ないし胸部不快感
    (12)死への恐怖
    (13)気が狂ったり、なにか制御できないことをしてしまうという恐怖

    注;4つ以上の症状をもつものが恐怖発作である。症状が3つ以下のものは症状限定発作である。

   D.少なくとも数回の発作中に“C”の症状の最初のものが現れてから10分以内に“C”の症状の少なくとも4つが突然現れ、その強度を増す。

         ( 『パニック障害』 貝谷久宣/不安抑うつ臨床研究会編 参照 )


   ↑    ↑     ↑


  これが、「パニック障害」と呼ばれる精神障害の診断基準です。そして、Dの説明にあるように、少なくとも4つ以上が、ほぼ同時(10分以内)に現れることが必要であるということです。

  ( ---  しかし、しかし、、、三つ以下の「症状限定発作」だって、パニック障害
    には違いなかろうにぃ、、と、どうしても思ってしまうボク、。σ(?_?)。 --- )

  要するに原因が分からずに作った基準だから、現われた症状だけで判断しているわけです。いずれの症状も同じ原因で発生することが分かれば、この診断基準にこだわる必要はなくなります。たとえ一つだけの症状限定発作でも、パニック障害には違いないからです。


  さて、ところで上の診断基準に、前回紹介した「戦闘態勢用プログラム」を当てはめてみてください。多くの該当項目があることに気づきます。
  人が生死をかけた闘いの場面に臨んだ時には、呼吸が荒くなり、心臓が早鐘のように鼓動し、ガタガタと武者震いが起きます。また冷や汗が出て、顔面は真っ青になり、死の恐怖を感じ、居たたまれない心理状態になります。呼吸が早くなってのどが渇けば、窒息感も生じます。

  これを上の診断基準の項目の中から選び出すと、次のようになります。

   (1)呼吸促進(呼吸困難)または息苦しい感じ
   (3)心悸亢進、ないし心拍数の増加(頻脈)
   (4)身震い、または振戦
   (5)発汗
   (6)窒息感
   (10)紅潮(突発性の熱感)、ないし冷感
   (12)死への恐怖
   (13)気が狂ったり、なにか制御できないことをしてしまうという恐怖


  つまりこれ等は、人が生死を掛けた闘いの場面に直面した時に出現する現象と同じものなのです。或いは、大相撲の力士が本番の取り組みの前に行う、「仕切り直し」の際に発生する現象と同じものです。ですから上の八項目は、戦闘態勢用プログラム、或いは、格闘技型のプログラムが活動するために出現する症状であるということです。

  要するに「パニック障害」の主症状というのは、具体的には今から始まる闘いに備えて、身体を創りあげるための現象であるということです。診断基準の十三項目のうちの八項目が該当するということは、そのことを明確に示しているわけです。その他のものは、付随的に発生するのです。


  さて、そこで問題なのは、このプログラムが、まったく必要が無い状況であるにも関わらず、勝手に活動してしまうことです。
  今から闘いが始まるのであれば、これはぜひとも必要な機能です。また、今から相撲の取り組みが始まるのであれば、絶対的に必要なものです。もし闘いに備えた身体が創られなければ、相手と対戦する前に、すでに負けが決まってしまいます。
  ところがこれが込み合った電車の中や、地下鉄の中で突然、発生するのです。最悪の場合には、夜、自宅で寝ている時にも発生するのです。まったく必要の無い状況下で、この「戦闘態勢用プログラム」が活動してしまうわけです。

  それは一体、なぜなのかということです。

  以下、順を追って説明することにします。



  ○----○ --- ○---○
  ○----○ --- ○---○


   「出生外傷(トラウマ・オブ・パース)」が引き起こす障害


  ここでは「出生外傷(トラウマ・オブ・パース)」が生じることによって、具体的に、どのような障害が引き起こされるのかという点について説明しておきます。
  以前に紹介した『誕生を記憶する子どもたち』(春秋社刊)という本の中に、次のような事例が紹介されています。


  ○ 事例 その一

  三十七歳のある女性は、しばしば“ 奇妙な呼吸障害 ”に見舞われたということでした。胸のあたりが圧迫されて、空気が十分に吸えなくなるというものでした。
  その原因を探るために、その女性を催眠状態に入れたところ、やがて彼女は、出産の時に、危うく窒息し掛かったことを思い出しました。
  その概略は、次のようなものです。原文では、けっこう長い説明がされていますが、ここでは箇条書きの形にして、その経過だけを辿っておくことにします。


  ○ ( まず、子宮の中での記憶として) “ 私 ”のまわりじゅうが、血の海になっています。母親が、死にかかっているのが分かります。

  ○ 私が、(子宮の中から)出ていきます。

  ○ ( 出てから) 私は、逆さまにされて、叩かれます。叩かれるのはイヤだ。早く母親のところへ連れていってもらいたいと、切実に思う。

  ○ 看護婦は、私が、もう死んでいると言う。しかし、医者は、手を止めずに、救命処置を続ける。

  ○ 医者が、気管に管を通そうとするが、入りすぎて、胃まで行ってしまう。

  ○ もっと太い管を使ってようやく私の中に、少しだけ空気が吹き込まれた。でも、まだ足りない。

  ○ だいぶ時間がたった。でも感覚があるのは、胸の上のほうだけだ。

  ○ 医者が、本当に私を、助けたがっているのがわかる。

  ○ 私は、自分で呼吸している。まだ苦しいけど、気分はよくなってきた。


   ( 『誕生を記憶する子どもたち』(デーヴィッド・チェンバレン著  片山陽子訳 春秋社刊 ) 12章 キットは死に直面した より )


  さて、この事例で分かることは、次のようなことです。
  その女性が、今現在苦しんでいる「奇妙な呼吸障害」の原因が、出生時のこの外傷体験まで溯るものであったということです。つまり出産時のそうした原体験によって、今現在の障害が創り出されたのです。そのことが証明されるのは、この出来事を思い出して話した(言語化した)ことによって、その女性は病気から回復し、元気になったからです。
  この章の末尾は、次のような一文で締めくくられています。

  『 現在のキットは、知性と人間的魅力にあふれ、企業の重役として活躍している。母と娘の間柄は常に親密であたたかい。』


  これは、無意識界に閉じこめられていた過去の記憶を、今現在の記憶として呼び戻して話す(言語化する)、というフロイトの「精神分析」の技法と同じことが行われたからです。つまりこれは、精神分析療法と催眠法とを組み合わせた治療法なのです。決して怪しい技法が用いられたわけではありません。
  そして、この治療によって、症状が消えた(治った)ということは、両者の間に密接な因果関係があったことを証明します。つまり、出生時の心的外傷が、現在の障害を創りだしていたということです。


  この事例は、「出生外傷(トラウマ・オブ・パース)」が引き起こした障害の典型的な例と言うことが出来ます。
  そして、この事例により、その女性の「奇妙な呼吸障害」が、かつて体験した出来事の“ 再現・復元 ”であったことが分かるわけです。
  つまり、『胸のあたりが圧迫されて、空気が十分に吸えなくなる』 という現在の症状は、

   〇医者が、気管に管を通そうとするが、入りすぎて、胃まで行ってしまう。
   〇ようやく私の中に、少しだけ空気が吹き込まれた。でも、まだ足りない。
   〇感覚があるのは、胸の上のほうだけだ。

  という当時の出来事が、そのまま“ 再現 ”されたために創り出されたものであったということです。
  ですからこれは、出生時にインプリント(刷り込み)された一種の「条件反射」のプログラムが、三十数年後に突然、発動したことによって引き起こされた障害であるということです。そうした通常では考えられないような「因果関係」が成立しているわけです。
  この貴重な事例によって、そのことを確認することが出来たことになります。


       *****   ○○   ○○   *****


  <  次回に続きます。 >


                             2001.  7 .25.        店主記す




 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒