「 出生外傷 (トラウマ・オブ・パース) 」 が創る精神障害
 ―――――――――――――


       < 前回からの続きです >

  ここでは二つの事例を用いて、「パニック障害」を始めとする様々な精神障害について、少し細かく解説して行くことにします。これまでに紹介した考え方を念頭に置きながら、注意深く読んで頂きたいと存じます。つまりほとんどの精神障害が、「出生時」或いは、「乳・幼児期」に体験した出来事の“再現・復元”によって引き起こされているということです。
  この認識が無いために、最先端の現代医学をもってしても、原因が突き止められないのです。そして原因が分からないために、治療方法も分からないということになってしまうのです。要するに、根本的な発想の転換が必要なのです。

 ( *** 「陣痛促進剤」を使用することの最大の弊害は、胎児自身がそのことをまったく自覚しないうちに、また心の準備が何もできていないうちに、力ずくで外へ押し出されてしまうことです。これこそが最大の問題点なのです。*** )

  まず始めに紹介するのは、「パニック障害」と診断されたある女性の体験談です。これは前回紹介した本の中から、部分引用させて戴いたものです。この障害の全体像が、非常に分かりやすく記されています。例の「診断基準」と比較しながらお読みください。この障害についての知識が無い方でも、容易に理解することができます。


   ↓    ↓    ↓

   ○  事例 その二

   思い起こせば、一八年前、まだ一歳の長男を連れ、家族で東京近郊の温泉に行った帰りのバスの車中で、なにがきっかけともいまだに思い出せないのだが、突然動悸がはじまり、説明しがたい恐怖感におそわれ、ついに耐えがたくなって『おりる!』と突然叫ぶようにして、呆然とついてくる家族ともども、バスから降りてしまった。
  それからは発作が頻繁に起こるようになり、このままではどうなることやらと、実家の母に子どもを預け、夫に付き添ってもらってようやく乗り物に乗って、紹介された病院での治療に始まり、 ーー 略 ーー
   / ーー 中 略 ーー /
  しかしそうした切実な思いとは裏腹に、状況は悪化するばかり。近くのスーパーで買い物をしている最中に発作が起こり、ふるえる手でようやくお金を払って、ふらふらと地に足がついていないような感じでようやく家にたどりついてからは、家を出るのを極力避ける日々が続いた時期もあった。
  さらに、TVに新幹線や飛行機、高速道路の渋滞、とくに年末年始のラッシュのようすなどが映ると、動悸がはじまったり、と心の休まるときが少なくなっていった。つねに神経がはりつめている、いつ乗り物に乗らざるを得ない状況に陥るかと、おかしな話かもしれないが、それが他人事であっても落ち着かないのである。神経がすこしずつ磨耗していくような感覚をふっと意識すると、 ーー 略 ーーー
   / ーー 中 略 ーー /
  そんなある日、いちばんリラックスできるはずの自宅のソファーにいて急に発作が起こり、『えっ、なぜここで発作が起こるの? 私はどうなってしまうの』と、そのことがいっそう恐怖をつのらせたらしく、全身がけいれんしはじめ、ついにみかねた夫が救急車を呼び、入院となった。精神安定剤(たぶん)の点滴を受け、翌日診察の結果、『異常はありません。過喚起症候群という、あなたぐらいの年齢の女性がよくなる症状ですよ。今度なったらビニール袋で云々・・・』とのこと。『絶対に違う。そんなんじゃない』と内心つぶやきながら、どうせ分かってもらえないと黙って退院した。 ーー 以下、略 ーー 


    ( 『パニック障害』 貝谷久宣/不安抑うつ臨床研究会編  患者さんの体験記 開かずの扉がひーらいた 遠藤○子さんの手記 より )


  ↑    ↑    ↑


  この事例の中で、もっとも奇妙に感じるのが、
   「 そんなある日、いちばんリラックスできるはずの自宅のソファーにいて急に発作が起こり、『えっ、なぜここで発作が起こるの? 私はどうなってしまうの』 ーーーー 」
  という部分です。
  本来であれば、自宅のソファーの上というのは、精神的にもっともくつろげる場所のはずです。ところがそうした状況のもとでも、この発作が起きたのです。
  また、『ーーー TVに新幹線や飛行機、高速道路の渋滞、とくに年末年始のラッシュのようすなどが映ると、動悸がはじまったり、ーーー 』とあるように、その状況を考えただけでも、この発作が起きるのです。

  しかも、この本の中に紹介されている他の人の事例では、この発作は夜中に、寝室で寝ている時にも起きるということです。それもたいていの場合、限られた一定の時間だけ起きるというのです。ですから発作が起きて、急いで病院へ駆けつけても、病院に着いた時には何も症状が残っていないということが起きます。症状が残っていない以上は、どんなに説明しても医者は半信半疑で、まともにとりあってもらえません。結局、何も治療を受けることが出来ないまま自宅に帰されることになります。

  このように本来であれば、およそ起こり得ないようなことが実際に起きるわけです。そして、これに対して付けられた病名が、「パニック障害」なのです。そのための診断基準が、前回紹介した十三の項目です。

  ○ なぜ、そうしたことが起こるのでしょうか。
  ○ 原因は、一体、何なのでしょう。


  現代医学は、それを解明するに至っていません。ですから病院で医者にたずねても、「原因は分かっていません」という虚しい返事が返って来るだけです。患者の不安は、いよいよ募ります。原因さえ分からない難病に罹ってしまったと思い込んでしまうからです。
  しかし、これ等の疑問を解いてくれるものが、次に紹介する事例です。例の『誕生を記憶する子どもたち』という本の中からもう一つ、下のような事例を紹介させていただきます。

  これはある女性の「出生時の記憶」を、詳しく記録したものです。その女性が抱えていた障害については記されていませんが、当然のことながら、何らかの障害の治療のために催眠療法を受けたものと思われます。ですからこれはその際の、驚くべき「証言記録」ということになります。

  またこの中には、生まれてくる赤ちゃんが、決して物質的な存在ではないということが明確に示されています。生まれて来る赤ちゃんは一見、何も感じていないように考えられ勝ちですが、実際には、非常に傷つきやすい心を持ち、また様々な「感情」を持っています。
  この点には、最大限の注意を払う必要があります。なぜならこの「感情」が、その時の「記憶」と結びついて、様々な精神障害の原因を創り出すからです。つまり原理的には、「フラッシュ・バック」と同じことが起きるわけです。
  すでに説明したように、「フラッシュ・バック」を引き起こすプログラムは、記憶と連動して脳内で「感情物質」を作り出すプログラムです。これは一種の「条件反射」のプログラムです。その時の状況を思い出すだけで、かつて体験した「恐怖」や「苦痛」が、自動的に“ 再現 ”されてしまうのです。「記憶」と「感情」が、一体になっているわけです。そして、これと同じことが発生することによって、その他の様々な精神障害が引き起こされるのです。


  この事例の中には、そうした様々な精神障害を作り出す原因となるものが、非常に多く含まれています。
  ですからこの事例を細かく分析することにより、上に紹介した「パニック障害」を初めとして、「不登校」「ひきこもり」「家庭内暴力」「対人恐怖」「広場恐怖」「うつ病」等々の原因を解明することが出来ます。おそらくこれを丹念に読むだけでも、そうした障害がなぜ発生するのかということが、容易に理解していただけるはずです。

  ただしその際に、出生の際に体験した「気分や感情」までもが、脳の精神神経回路の中に、正確に、且つ詳細にインプリント(刷り込み)されるという点に留意して下さい。つまり「脳神経系」「自律神経系」「内分泌系」の働きはもとより、「脳内物質」の量や、片寄りまでが、その時の記憶とともにインプリントされてしまうわけです。それによって、一種の「条件反射」のプログラムが創られるのです。
  これこそが、最大のキーポイントです。後年、その条件反射のプログラムが自動的に発動することによって、様々な精神障害が発生するからです。要するに、すべてはかつての出来事の“ 再現・復元 ”なのです。


  ↓    ↓    ↓

   ○  事例 その三

    <見て、わたしはここよ!>
   お医者さんはなにかを探して、よそ見をしている。わたしが出かかっているのに‥‥ 。
   ちょうど眼のところまで出たみたい。からだはまだなかにあってあたたかい。でも、頭はだんだん寒くなってきた。明るい黄色い光の部屋。人がおおぜいいるのが見える。
   お医者さんは黒い髪をして、白い上着を着ている。よそ見をしているから、わたしが出てきたのを知らないみたいだ。
          / ーー 中 略 ーー /
   すごく寒くなってきた。じっとしていられないくらい。不愉快、だれがわたしを取り上げるか決めないで、みんなでよってたかってつかむんだから。そんなふうにされたくない、だれもさわらないでほしい。
   外がこんなだとは思わなかった。もう一度中に戻りたい。この人たちはみんなきらい。この手もいやだ。ひっぱるんだもの。からだの残りを引き出すのに、こんなにてこずったりして。 ーー 以下、略 ーー

    <わたしはだいじょうぶ>
   寒くてしかたがない。手足がすごく冷たい。こんなに寒がっているのを、みんなは知らないみたい。お母さんがいったい何事が起きているのか見たがって、きょろきょろしている。でもみんなが寝台に押さえ付けてしまった。泣いている。きっと心配だからだ。わたしになにか起きたと思ったからだ。
   わたしはだいじょうぶ。ただ寒いだけ。 ーー 以下、略 ーーー

   <内側の世界>
   [子宮の]内側は、静かで、温かくて、気持ちがいい。そして暗い。だれにも邪魔されない。そこにいるのはとても幸せだった。ところが突然なにかがはじまった。静かで快適だった世界が、目まぐるしく変わりだした。
   わたしのからだがガタガタ振動したり上下に揺れたりした。とても驚いたけれど、おびえはしなかった。なにもしないで、ただじっとしていた。なにかが起こっているけれど、わたしにはどうすることもできないと知っていたから。 ーー 以下、略 ーーー  

   <分娩の進行>
   さんざん押されたり、もまれたり、揺すられたりしている。なにか良くない事が起きる感じだ、起きてほしくないことが。だって、わたしは今のままが一番いいのだから、少しも変わってほしくないのだから。でもわたしにおかまい無しに、どんどん様子が変わっていく。
   わたしは巻き込まれたくない。でも、どのみち巻き込まれるほかないような気もする。もしかしたらそのうち止まるかもしれないとも思う。けど、もっと深いところでは、これはもう決して止まらないと思っている。わたしはいったいどうなるんだろう、こうしてもまれたり揺すられたりしたあげく、いったいなにが起こるんだろう。まだなにひとつわからない。

   <子宮の外で>
   突然の出来事だった。なにが起ころうとしているのか、ようやくわかりかけたとき、いきなりわたしの目の前に、この黄色い部屋とおおぜいの人とが現れたのだ。あまりうれしいことではなかった。だから、そのきもちを、すぐみんなに訴えようとした。
   最初は、うんと嫌な顔をしただけ。できるだけ不愉快そうに見えるように。
         / ーー 中 略 ーー / 
   [子宮の中で]ひとりでいたときは、声を立てる必要なんかなかった。そのままでとても気に入っていたから。だから、いろんなものにすごく腹がたっていたんだと思う、だれにというわけではなく、なにもかもに、たぶんわたしの暮らしがかき乱されたことに。
   腕が自由になると、すぐにバタバタさせた。ほんとうにだれかを叩いてやりたかったほどだ。おもいっきり振りまわしたような気がする。そのとき手先が紫色になっているのが   ーー 略 ーー 。 とにかく怒りで頭が一杯だったのだ。そのときだった、わたしに声が出せるとわかったのは。いよいよ頭に血がのぼってきたとき、喉からなにかが出た。
    ーー  略 ーー  だからわたしは怒りばかりか、失望も感じ出してしまった。だって、わたしがなにもできないとわかっていたから。腕をブンブン振り回してだれかを、いいえ、みんなを思いっきり叩いてやりたかったのに。 ーー   以下、略 ーー

   <呼吸と声>
   はじめて息をしたとき、とても奇妙な感じだった。とても奇妙な感じだった。そんなこと一度もしたことがなかったから。 ーー  以下、略 ーー 

   <大変化>
   この世界に腹が立ってしかたがない理由はこうだ。ひとりで内側にいたときは、なにもかもわたしの望む通りだった。
          / ーー 中 略 ーー /
   ところが出てきてみると、この世界にすごく腹がたった。まったく歯がたたなかったから。一生懸命やってみても、だれもわたしに注目してくれなかった。 ーー 略 ーー  ますます腹がたってしかたがなかった。


   (『誕生を記憶する子どもたち』 (デーヴィッド・チェンバレン著 片山陽子訳 春秋社刊)  11章 デボラは思う、私には心があると より )

        ↑      ↑      ↑      ↑


  さて、以上の二つの事例を用いて、諸々の精神障害の発生原因について検討して行くことにします。
  それによって「パニック障害」というものが、なぜ発生するのかが理解していただける筈です。またその作業を進めることにより、その他の様々な精神障害が発生する理由も、同時に理解していただけるはずです。

  *** ○○ ** ○○  ***


   まず最初に確認しておかねばならないのは、自宅のソファーのうえでゆったりとくつろいでいたり、静かな自分の部屋でぐっすり眠ったりするのは、母親の「子宮の中」にいる状態と同じだということです。
  そこは赤ちゃん(胎児)にとっては、守られた場所であり、安心のできる場所であり、もっとも快適な場所なのです。この認識が出発点となります。
   ( 『誕生を記憶する子どもたち』の中には、フロイトの理論をさらに発展させたオットー・ランクの考え方が紹介されています。しかしこれは、フロイトの「象徴化」の考え方を拡大解釈すればこと足りることですから、あえてここでは紹介しません。要するに家の中や、自分の部屋というのは、母親の「子宮の中」にいるのと同じ意味をもつということです。)

  従って、上のパニック障害の女性の手記の中にあった『 いちばんリラックスできるはずの自宅のソファーにいて、ーーー 』というのは、
  ○ 『[子宮の]内側は、静かで、温かくて、気持ちがいい。そして暗い。だれにも邪魔されない。そこにいるのはとても幸せ』
  という部分に照応します。そして、そのような状態の時に、突然、
  ○ 『ところが突然なにかがはじまった。静かで快適だった世界が、目まぐるしく変わりだした。』
  という出来事が生じたのです。

  これは、「陣痛」の始まりです。赤ちゃんの出産に向けて、母胎内に変化が生じたのです。それによって「静かで快適だった世界」が、「目まぐるしく変わりだし」たわけです。
  例の「戦闘態勢用プログラム」は、この時に創られます。出産には、多くの危険が伴います。赤ちゃんにとっては、命がけの一大事業です。当然それに備えた身体創りが必要です。つまり「心悸亢進、身震い又は振戦、発汗、紅潮ないし冷感」などは、出産時の危険に対処するための身体的な変化なのです。いよいよ開始される戦闘のための準備です。
  そのことが確認できるものがありますので、下に紹介しておきます。

   『 暗い・・・ エネルギーが押し寄せてくる。からだがすごく緊張している、筋肉が全部かちかちになって。でもわたしはどこにも行かない。ここにずっとこうしているつもり。
   不安だ。だんだん明るくなってきた。それに頭痛も。ああ、頭が爆発しそう、いろいろなものがわたしの頭に突進している。』

  これはこの本の第9章、「赤ちゃんの見た出産」<テレーサ> に記されている内容です。これからも分かるように、胎児の身体が自然に緊張し、筋肉までが硬くなって、これから始まる闘いに備えているわけです。戦闘態勢用プログラムが自動的に活動したのです。
  そして、この「戦闘態勢用プログラム」が、様々な出生時の「記憶」と結びついたものが「パニック障害」です。

  パニック障害の発作が、夜中に自分の寝室で寝ている時にも発生するのは、この時の状況が“ 再現 ”されるためです。その不安と恐怖と苦痛は、母親の子宮の中でゆったり休んでいる時に、突然起こったのです。
  つまり「ところが突然 ーーー 静かで快適だった世界が、目まぐるしく変わりだした」という一連の出来事が、そのままインプリント(刷り込み)されているわけです。そして、それがそのまま“再現”されることによって、自分の寝室でぐっすり寝ている時にも、この発作が起きるのです。


  ○ 『わたしのからだがガタガタ振動したり上下に揺れたりした。とても驚いたけれど、おびえはしなかった。なにもしないで、ただじっとしていた。』

  これは子宮の中にいた胎児が、「産道」へ運ばれて行くときの様子です。この女性の場合は、そうしたことが起きることをある程度予測していたために、あまり慌てずに済んでいます。
  しかし、もしこれが、心の準備が何も出来ていないうちにいきなり発生したら、たいへんな「不安」や「恐怖」を味わうことでしょう。「とても驚いたけれど、おびえはしなかった」という程度では済みません。その場合は強力な不安や恐怖が、出生時の記憶といっしょにインプリントされることになります。
  ( *** 「陣痛促進剤」を使用することの最大の弊害は、胎児自身がそのことをまったく自覚しないうちに、また心の準備が何もできていないうちに、力ずくで外へ押し出してしまうことです。これこそが最大の問題点なのです。*** )

  これにより「乗り物」に乗っている時の状況と、強い不安・恐怖の「感情」が一体となって連動することになります。つまり「自動車」や「バス」や「電車」や、「飛行機」のような自分自身を自動的に運んでいくものが、恐怖や不安の対象になってしまうのです。「乗り物恐怖」は、こうして創り出されます。
  例のパニック障害の女性の場合は、ある時「バス」に乗ったことによって、この時の出来事が“ 再現 ”されたのです。つまり、出生時に抱え込んでいた爆弾が、その時、遂に爆発したわけです。
  それによって『 ---- 突然動悸がはじまり、説明しがたい恐怖感におそわれ、ついに耐えがたくなって ーーー 』という事態に陥ったのです。それが「一八年前の、ーーー 帰りのバスの車中」であったということです。ただし、その大もとの原因は、この出生時の記憶(出来事)まで遡ることになります。


  そして胎児が、狭い産道を通過する時の印象が、次のように記されています。

  ○ 『さんざん押されたり、もまれたり、揺すられたりしている。なにか良くない事が起きる感じだ、起きてほしくないことが。だって、わたしは今のままが一番いいのだから、少しも変わってほしくないのだから。』

  この状態は人々が、満員電車に詰め込まれた時の状況に類似します。従ってこれは、もっともパニック発作が発生しやすい状態と言えるわけです。
  パニック障害の発作が交通機関の中で多く発生するのは、この産道を通過した際の出来事が、恐怖と苦痛を伴って“ 再現・復元 ”されるからです。完全に閉じこめられた状態になる地下鉄、電車、飛行機の中というのは、まさに産道と同じなのです。
  しかも赤ちゃんは、この狭い産道を通過するために、頭蓋骨の蝶つがいを外して頭を細長く変形させて通過します。ですから、極限の苦痛を味わっていることになります。その苦痛までもが“再現”されるのです。死ぬほどの苦痛という表現が、よく理解できます。

  そして例の女性の、『 ーーー TVに新幹線や飛行機、高速道路の渋滞、とくに年末年始のラッシュのようすなどが映ると、動悸がはじまったり、ーーー 』という不可解な事態は、まさに「条件反射」のプログラムが持つ特徴によるものです。
  我々が飛来物に対して瞬間的に瞼を閉じるのは、飛んで来た物が何んであるかを確認してから閉じているわけではありません。直感的に、何かが飛んで来そうだと感じたときには、すでに瞼が閉じられています。また現物の梅干を口にしなくても、すっぱい梅干を思い浮かべるだけで、口の中につばが溜まります。これは思考の段階を跳び越えて働くプログラムなのです。
  その女性の場合も、これと同じことが起きているわけです。つまり、それによってかつて実際に体験した記憶(出来事)は思い出さなくても、「フラッシュバック」と同じことが起きるわけです。
  「フラッシュ・バック」の場合は思い出す「記憶」と、恐怖・苦痛の「感情」が一体となって“再現”されます。しかし「パニック障害」では、原体験から“ 般化 ”した記憶(出来事)と結びついて、同様のことが生じるのです。
  つまりテレビに映る『新幹線や飛行機、高速道路の渋滞、とくに年末年始のラッシュのようす』などは、狭い産道を通過した時の記憶(出来事)に相当するわけです。そのために、かつて体験した「苦痛・恐怖」が、自動的に“ 再現・復元 ”されてしまうのです。まさに「条件反射」のプログラムである由縁です。


  ○ 『わたしはいったいどうなるんだろう、こうしてもまれたり揺すられたりしたあげく、いったいなにが起こるんだろう。まだなにひとつわからない。』

  ここには、自分の未来に対する不安や、この先何が起きるのか分からないという恐怖があります。将来への期待も多少はありますが、しかしもっとも強く印象づけられるのは、やはり「不安感」と「恐怖感」です。
  この「不安・恐怖」が様々なものと結合してインプリントされることによって、我々の人生もまた、不安に満ち満ちたものになってしまうのです。つまり「わたしはいったいどうなるんだろう」「いったいなにが起こるんだろう」という将来に対する不安や恐怖は、極めて根元的なものであるということです。
  そして、これは我々の人生において、何度となく繰り返される場面でもあるわけです。実際、明日のことは、誰にも分からないからです。
  従って、もしこれが強くインプリンティングされていれば、「不安神経症」の原因になります。人生そのものが、不安と焦燥とで満たされてしまうわけです。あの天が落ちてくるのを心配する不安の原点は、まさしくここにあるわけです。いかに根深いものであるかが分かります。

  また、ここには「うつ病」の発生原因が隠されています。鬱病では昇進や栄転や結婚といったような、むしろその人の人生にとって晴れがましいと思われることが、逆にこの病気の引き金になってしまうことがあります。それは、こうした状況が「未知」のものや、「将来」に対する不安・恐怖と結びついているからです。
  たとえ栄転や昇進と言えども、それは未知の世界の出来事であり、何が起きるか分からないという状況は同じだからです。しかもこれに、次のような感情が付け加えられます。

  ○ 『すごく寒くなってきた。じっとしていられないくらい。不愉快、だれがわたしを取り上げるか決めないで、みんなでよってたかってつかむんだから。そんなふうにされたくない、だれもさわらないでほしい。  /   外がこんなだとは思わなかった。もう一度中に戻りたい。この人たちはみんなきらい。この手もいやだ。ーーー 』

  ここにはうつ症状を創り出す要素が、ふんだんに存在します。「不快」「不愉快」「苛立ち」「失望」「嫌悪」「厭世」などがあります。また、これと平行して「躁」の感情がインプリンティングされれば、「躁鬱病」の発生原因になります。
  しかも「外がこんなだとは思わなかった。もう一度中に戻りたい」という感情が強くインプリンティングされれば、それは「死」へと向かう意識となって刻み込まれます。つまり「生の否定」です。これが強い不安・恐怖・厭世といった「感情」と結合して、うつ病のプログラムとして機能するわけです。それによりうつ病の人たちが突然、自殺するということが起きるわけです。


  ○ 『いきなりわたしの目の前に、この黄色い部屋とおおぜいの人とが現れたのだ。あまりうれしいことではなかった。』

  これは「対人恐怖」「広場恐怖」の原因を創り出します。この場合は『あまりうれしいことではなかった。』という程度で済んでいますが、もし人との最初の出会いが強い「不安・恐怖」を伴っていた場合には、それが出生にまつわる一連の出来事と一緒にインプリントされます。それによって、人に会うのが恐いという「対人恐怖」になります。また広い部屋の印象と結びつけば、「広場恐怖」の原因になります。

  例の女性が「乗り物恐怖」から、さらに「広場恐怖」へと移行していったのは、出生時のそうした一連の流れに沿ったものです。かつて不安と恐怖に怯えながら狭い産道を通過して、ようやく辿り着いたところが「広い空間」だったからです。そして、この流れに従って、ついには「子宮の中から出る」のが恐いという「外出恐怖」に至ったのです。実際に子宮の中から外に出た時に、たいへんな不安・恐怖・苦痛を味わったからです。

  また、この外出恐怖は、「ひきこもり」や「不登校(登校拒否症)」の原因になります。家の中や、自分の部屋というのは、守られた空間です。つまり「子宮の中」にいるのと同じ状態なのです。ひきこもりの人たちは、そこから出ることが「怖い」のです。
  登校拒否症というのは、自分の意志で学校へ行きたくないのではありません。そもそも「外へ出る」のが恐いのであり、また外に出て「人と会う」のが恐いのです。なぜなら本人の意思とは無関係に、「不安・恐怖・苦痛」を感じるプログラムが自動的に発動してしまうからです。そのために、怖くて外に出られないのです。


  「パニック障害」の発作は、多くの場合30分から、せいぜい1時間くらいでおさまってしまいます。ですから発作が起きてから急いで救急車を呼んでも、病院に着いたときには、何も症状が残っていないということが起きます。
  それはこの発作が、「出産に要した時間」に対応して発生するためです。通常、初産婦では1〜2時間、経産婦では、30分〜1時間で終了します。陣痛促進剤を使えば、この時間はより短くなります。つまり胎児が不安・恐怖・苦痛を味わった時間までもが、正確にインプリントされているのです。


  ○ 『[子宮の中で]ひとりでいたときは、声を立てる必要なんかなかった。そのままでとても気に入っていたから。だから、いろんなものにすごく腹がたっていたんだと思う、だれにというわけではなく、なにもかもに、たぶんわたしの暮らしがかき乱されたことに。』

  ○ 『この世界に腹が立ってしかたがない理由はこうだ。ひとりで内側にいたときは、なにもかもわたしの望む通りだった。 / ーー 中 略 ーー / ところが出てきてみると、この世界にすごく腹がたった。まったく歯がたたなかったから。一生懸命やってみても、だれもわたしに注目してくれなかった。ー  ー 略   ーー ますます腹がたってしかたがなかった。』


  胎児が「子宮の中」にいたときは、快適で、気持ちがよく、平穏そのものだったのです。その状態が、突然かき乱され、破壊され、非常に棲みにくい世界に投げ出されてしまったのです。
  『いろんなものにすごく腹がたっていたんだと思う』というのは、そうした急激な環境の変化に対して、強い「怒り」の感情が伴っていることを示しています。また『内側にいたときは、なにもかもわたしの望む通りだった。』とあるように、自分の思い通りに行かないことで、よけいに腹が立つのです。
  そして、この「怒り」の感情が強くインプリントされていれば、「家庭内暴力」の原因を創り出します。しかも基本的には「外出恐怖」があるために、普段は自分の部屋の中に閉じこもり、部屋から出ると同時に家族に対して、「怒り」の感情を爆発させるのです。
  これが「家庭内暴力」の発生するメカニズムです。つまりこれはインプリンティングされた「条件反射」のプログラムが、自動的に発動するためなのです。従って、本人の意志や理性では、なかなか抑えることの出来ない行動なのです。

   ( ----- だいぶ以前のことになりますが、息子の家庭内暴力に耐えかねて、寝ている高校生の息子を金属バットで叩き殺してしまったオヤジがいました。裁判の結果は、懲役三年という温情判決でした。当人も上告しませんでした。
  その息子の場合は、家族への暴力が中学一年の時に、突然始まったということでした。母親が朝、いつものように起こしに行ったところ、いきなり頭を叩いたり、蹴ったりしたということです。
  これは少年が、まだ子宮の中にいた時に突然、目覚めさせられた状況に該当します。ですから、その少年には、そうした出生時の「怒り」の感情が、強力にインプリンティングされていたのです。
  また小学校に入学した当初は、『ドアにしがみついて学校へ行くのを嫌がった』ということです。これは「外出恐怖・対人恐怖」があったためです。
  そして中学三年の9月には、「不登校」が始まりました。外出恐怖、対人恐怖が次第に強くなって行ったのです。同時に、その少年の心の底に強くインプリントされていた「怒り」の感情が甦ったのです。それによって少年は、自分の部屋から出て来ては、家族に対して暴力を振るうようになったのです。
  この事件の真の原因を解明するためには、その少年の出生時にまで溯って調べる必要があります。懲役三年という温情判決だけでは、何も解決されていないのです。被害者である少年はもとより、加害者になってしまった父親もまた浮かばれないでしょう。殺人者の父親を持ってしまった家族も、また同様です。----- )


  もし、怒りの感情によって暴力を振るわなければ、ただの「ひきこもり」です。ただし自分の部屋から、容易には外に出られない状況です。またその状態で「鬱」が生じれば、自殺にも発展します。

  ごく普通の子供たちが、突然、キレるというのも、この「怒り」の感情と直結するプログラムを持っているためです。自分の思い通りに行かないことで、すぐに腹が立つのです。普段は隠されている強い怒りの「感情」が、ふとした切っ掛けで爆発するからです。「切れやすい」というのは、この条件反射のプログラムがより「強化」され、より「般化」して、発動しやすくなっているためです。そうした子供たちは何も理由が無くても、突然、キレるのです。


  ○ 『腕が自由になると、すぐにバタバタさせた。ほんとうにだれかを叩いてやりたかったほどだ。おもいっきり振りまわしたような気がする。』

  もしこの行動様式・思考形態が強くインプリントされていれば、カッとして、何をしたかも分からないうちに、はっと気がついたら、先生をバタフライ・ナイフでめった刺しにしていたということが起こりまます。これはしばらく前に、栃木県のある中学校で実際に起きた事件です。これもやはり、そうした一連のプログラムによって引き起こされた事件なのです。

  拳銃やライフル銃の保持が規制されていないアメリカでは、さらに悲惨な事件が発生します。少年たちの身近に大量殺戮のための道具があるために、一度に何人もの死者が出ます。まったく無関係の人たちが、突然、拳銃やライフルで撃ち殺されるのです。
  しかも同様のことが今後も起こることは、ほぼ間違いがありません。なぜならこのプログラムの形成は、決して特殊なものではないからです。今の社会は、そうしたプログラムが組み込まれた少年たちで、溢れ返っているのです。そして誰がその引き金を引くかで、加害者になるか、あるいは被害者になるかに別れるだけなのです。


  出産に際して、赤ちゃん自身に外へ出て来る心構えが出来上がっている場合と、まったく何の準備もされていないうちに、突然、力ずくで押し出される場合とでは、「不安・恐怖」を感じる程度が異なります。
  たとえそれが条件反射のプログラムとしてインプリントされなかったとしても、記憶の奥底に強く残されることは間違いありません。現在の少年たちが抱えている不安や恐怖は、そうした出生時の「感情」が強く印象づけられているためです。
  そして、心の底にそうした強い不安感・恐怖感があるために、家の外へ出るのが怖いのであり、また人が多く集まる学校に行くことが恐怖の対象になってしまうのです。さらにはそうした潜在的な不安や恐怖があるために、ナイフを持たないと外に出られないのです。
  ですから、そうした精神状態の少年たちを創り出してしまうことが、「陣痛促進剤」を使用することの最大の弊害であると言うことが出来ます。


 ** ○○  ○○ **

  さて、以上によって、ほとんどの精神障害が「出生時」に体験した出来事の“再現・復元”によって引き起こされるということが、理解していただけたと存知ます。
  ところで「パニック障害」の診断の際に使われた十三項目のうち、次のものが洩れていました。ここで簡単にふれておくことにします。

   (2)めまい感、頭が軽くなる感じ、ないしふらつきの感じ
  これは上の事例の中に『 ○ いよいよ頭に血がのぼってきたとき、喉からなにかが出た。』とあるように、一種の「激昂状態」が生じたあとの後遺症のようなものです。よく人の怒りが頂点に達したあとで、軽いめまいが生じるのと同じです。その状態が“ 再現 ”されるわけです。

   (7)嘔気、または腹部の不調
   (9)しびれ感、ないしうずき感(知覚異常)
   (11)胸部痛、ないし胸部不快感
  これらは胎児が狭い産道を通過した際に、腹部や胸部が強く圧迫されたための症状です。ようやく頭の部分が出たものの、胸から下が挟まったままの状態で長時間放置されれば、吐き気、しびれ、胸部痛が生じます。それが“ 再現 ”されるのです。そもそも妊産婦の産道がよく開かない状態で、力ずくで押し出すことに問題があるのです。

   (6)窒息感
  これは喉に、異物が詰まっているための症状です。上に紹介した『ーーー、喉からなにかが出た。』に至る前の段階で創られる症状です。つまり異物のために、充分に息が吸えない状態になっていたのです。その状態が“ 再現 ”されるわけです。ですからこれは、「過呼吸」と一体になって創られる症状と考えられます。

   (8)離人感、ないし非現実感
  これについてはうまく説明することが出来ないのですが、もしかすると赤ちゃんが生まれてくる時の、心のありようが“ 再現 ”されるためかもしれません。例の本に紹介されている多くの事例から、赤ちゃんは心そのものとして存在していることが分かります。つまり肉体の中に閉じ込められた存在ではなく、こころとして別の場所に存在するのです。肉体と一体であって、実は、一体ではないのです。その状態が“ 再現 ”されるために、離人感、非現実感が発生するのかもしれません。ここには人間の本質に関わる、重大な秘密が隠されているような気がします。

 * ○○○ ** ○○○ *


  ところで、上に紹介した事例と同様の考え方で、さらに次のような精神障害も説明することが出来ます。

  ○ 「強迫神経症」
  これは生まれたばかりの赤ちゃんが、強い「不安と恐怖」を伴った状態のまま、放置されることによって創られる障害です。
  赤ちゃんは強い不安と恐怖を抱いて産まれて来ます。そして新生児の身体を清めるために産湯を使うと、人の手が触れられることにより赤ちゃんは、一時的に安心します。しかしその後、再び放置されることによって、また強い不安と恐怖を体験します。
  これによって手を洗うこと、身体を洗うことを途中で止めるのが「不安・恐怖」の対象になってしまうのです。かつての出来事が“ 再現 ”されるからです。
  ですから、いくら手を洗っても気が済まないのは、本人の意思によるものではないのです。理性や理屈では分かっていても、どうしても止められない行動なのです。


  ○ 「過食症・拒食症」
  これも同様のメカニズムで発生します。母親から引き離された新生児は、生まれてすぐに「飢餓」と「飽食」を体験しているのです。それによって、食べたくても食べられない、食べ始めると止められないというプログラムが創られてしまうのです。ダイエットのための食事制限が、そのプログラムを活動させる切っ掛けになるのはそのためです。
  ですから、これもかつての出来事が“ 再現 ”されることによって創られる障害です。つまり、本人の意思とは無関係に活動する一種の「条件反射」のプログラムによるものなのです。


  ○ 「幼児虐待」「児童虐待」
  最近問題になっている「幼児虐待」「児童虐待」は、乳・幼児期に虐待を受けて育った子どもたちが、今度は、自分が親になった時に、同じように子どもたちを虐待をしてしまうことが知られています。
  これも自分自身が過去に体験した出来事を“ 再現 ”するプログラムが、自動的に発動するためです。それによって本人の意思に関わらず、ハッと気がついたら、我が子をたたいていたということが起こり得るわけです。
  つまり、これも一連の行動様式、思考形態が、一種の「条件反射」のプログラムとしてインプリンティングされることによって引き起こされる現象なのです。

  それが結婚後に発生するのが、「ドメスティック・バイオレンス」(夫や妻による家庭内暴力)です。これはただ単に「怒り」の行動を向ける対象が、他の人物に変えられただけです。
  またそれが息子の嫁に対して向けられたものが、俗に言われる「嫁いびり」です。「婿イジメ」も同様です。
  ですから「弱者」に対する陰険で、執拗な「イジメ」も、この思考プログラムが原因になっていると考えられます。つまりすべては、かつての出来事の“ 再現・復元 ”により引き起こされるのです。

  このことは逆に考えると、親が自分の子どもを可愛がるのも、この原理に基づく自然な行為であると言うことができます。昔から言われてきたように、愛情深く育てれば優しい人に育つというのは、この思考プログラムが関係しているわけです。ただしそれは、ものごころがつく前にインプリントされる、一種の「条件反射」のプログラムによって形成されるということです。


 ****  ****


  さて、ついでに紹介しておきますと、この『誕生を記憶する子どもたち』の著者によれば、その他の様々な病気で、出産時の外傷体験と結びつくものが数多く見つかったということです。
  参考までに、この本の中に紹介されているものを無作為に抽出して、下に羅列しておきます。

   ○「消化器系の潰瘍」      ○「食道や大腸のけいれん」
   ○「喘息」             ○「肺気腫」
   ○「呼吸亢進」          ○「片頭痛」
   ○「不妊症」            ○「不感症」
   ○「月経痛」            ○「月経困難」
   ○「習慣性流産」         ○「早産」
   ○「妊娠中毒症」


  こうした様々な病気・障害が、出生時に生じた外傷体験によって引き起こされるということです。
  従って、それぞれ病名こそは異なりますが、発生原因はすべて同じであるということです。つまりこれ等の病気・障害にも、一種の「条件反射」のプログラムが関与しているということです。これは出生時の心的外傷体験が、いかに多くの病気と関わっているかの証拠と言えるでしょう。

  ただし、そのことを合理的に理解するためには、最初に申しあげましたように、
  『 出生の際に体験した「気分や感情」までもが、脳の精神神経回路の中に、正確に、且つ詳細にインプリント(刷り込み)される ーーー つまり「脳神経系」「自律神経系」「内分泌系」の働きはもとより、「脳内物質」の量や片寄りまでが、その時の「記憶」とともにインプリントされてしまう −−−− 』
  ということを認識する必要があるわけです。

  要するに多くの病気・障害の原因が、出生時のわずかな時間に創られるということです。赤ちゃんの出産が、いかに重大な出来事であるかが分かります。


     2001. 7.31.     店主記す






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒