精神分裂病(統合失調症) の発生原因
 ――――――――――――


  今回は、「精神分裂病(統合失調症)」に関して、申し述べておくことにします。
  この病気の罹患率は意外に高く、一説には人口の、約一パーセントにのぼるということです。分かりやすくするために具体的な数字で示すと、約百三十万人です。大きな集会などで、百人集まれば一人、千人集まれば十人はいる計算です。
  ですからこれは、決して珍しい病気ではないということです。時としてこの病気の人が事件などを起こして、社会的にやや問題視される傾向があるために、この病気に罹っていることを本人も家族も公表することはありませんから、よく知られていないだけなのです。要するに、けっこう身近な病気であるということです。

  そして、この病気もまた、医学的には、まったく原因が分かっていません。原因が分からない以上は、当然のことながら、治し方も分かりません。従って病院に入院して、薬物治療を受けることにより、一時的には良くなりますが、完治させることが出来ません。患者は常に再発の危険性を抱えたままです。
  実際に何度も再発して、そのたびに入退院を繰り返す人がいます。ですからこれは医学的には、不治の病ということになっています。なかなか厄介な病気です。

  ところで、この病気に関しては、これまでの研究結果により、次のような特徴や傾向のあることが分かっています。それ等は、この病気を考える上で、貴重な資料となります。
  要点を抜粋して、下に書き出してみることにします。


  (1) 発病時期
     多くは青年期に発病する。子どもの精神分裂病は、極めて少ない。

  (2) 他の病気との関係
     「関節リウマチ」の患者には、精神分裂病が発生しない。(極めて少ない)
     ○ 「関節リウマチ」の患者は、3 〜 4 : 1 の割合で女性に多い。
     ○ 「自閉症」では、逆に、3 〜 4 : 1 の割合で、男児に多い。
       (一部では、7.7 : 1 という数字が上げられている。)
     ( * この男女差の片寄りには、何か意味があるはずです。)

  (3) 微細な身体形成異常
      精神分裂病の患者には、微細な身体的奇形が見られる。たとえば次のようなものである。
     ○ 足の第三指が長い。足の第一指と第二指の間隔が大きい。
     ○ 指紋隆起に異常がみられる。等々。

  (4) 免疫機能の異常
     精神分裂病の患者には、免疫機能に何らかの異常がある場合が多い。

  (5) 原因
     母親が妊娠初期に、インフルエンザのような「ウィルス性疾患」や、何らかの「細菌」に感染した場合に発生する比率が高い。
     ( * このことは母体が「風疹」に罹った場合に、「流産」や「早産」になる危険性が高いこととの関連性が推測されます。中期以後の安定期に入ればまず大丈夫というのは、胎児と母体との間に別の関係が働くためと思われます。共に同じウィルス性疾患であるという点が注目されます。 )

  (6) 双子や多胎児の場合
     一卵性の双子で一人が精神分裂病を発病した場合に、もう一人も必ず発病するとは限らない。一致率は、約36パーセント。二卵性では、約14パーセント。
    * 一方、一卵性の四つ子の全員が、精神分裂病に罹った事例がある。ただし経過や症状は、それぞれバラバラであった。
    * また、一卵性の双子の一方が「リウマチ」で、一方が「精神分裂病」に罹ったという事例がある。

  (7) 病状の推移
     症状は「陽性症状」と「陰性症状」に大別される。つまり幻覚、妄想のある「急性期」と、その後の、感情が鈍麻した状態の「慢性期」に分けられる。
    * 初期から中期にかけて発生する、「幻覚」や「妄想」を伴った症状が「陽性症状」と呼ばれる。それを何度か繰り返すうちに、次第に喜怒哀楽の感情が失われて、何事にも関心を無くし、ついには終日ただ臥床するだけの「陰性症状」が現われる。陰性症状の内容を具体的に列挙すると、次のようなものである。
     @ 情動の平板化  A 思考の貧困  B 快感消失・非社交性
     C 意欲の喪失   D 注意の障害

  (8) 医学的な仮説
     「ドーパミン仮説」が最も有力視されている。これは神経伝達物質の一つであるドーパミンが、脳内で過剰に生産、分泌されるために発症するというものである。実際にドーパミンの働きを制御する薬物 (抗精神薬) を投与することによって、急性期の症状が改善する。ただしこの仮説では、慢性期の「陰性症状」については説明することが出来ない。

  (9) 発病に至る直接の原因
     風邪(インフルエンザ)に罹って、その後に精神分裂病に罹患した事例がある。また、怪我をして手術を受けた後で、この病気が発生した事例がある。

   ***  ○ ○  ***

  さて今回の課題は、発病の直接的な原因となる(9)と、大もとの原因と考えられる(5)と(3)との間に、何らかの因果関係のあることが立証できれば、ほぼ達成されたことになります。なぜならこの病気にも、これまでに申しあげた「インプリントプログラム自然発動説(注)」の考え方が当てはまることになるからです。

  つまりこの「精神分裂病」は、胎児期に、インフルエンザに感染した時、或いは、微細な身体奇形を創る原因が発生した時に創られていた一種の「条件反射」のプログラムが、後年、同じくインフルエンザに罹患したことにより、或いは、怪我などをして手術を受けたことにより目覚めさせられて、遂に、活動を開始したための障害であるという図式が成り立つからです。


 [  注  ――  おことわり ――  
  [   これまでに申し述べた考え方に、何か呼び名が無いといろいろと不便が生じます
  [ ので、名前を付けました。
  [   名付けて、「インプリントプログラム自然発動説」 としました。
  [  要するに、これは「胎児期、乳児期、幼児期」にインプリント・システム(刷り込み機能)
  [ が活動して、インプリントされていた一種の「条件反射」のプログラムが、後年、本人さ
  [ え気付かないうちに自動的に発動して、様々な精神障害を引き起こすというものです。
  [   つまりあらゆる精神障害は、その「条件反射」のプログラムによって、かつて体験し
  [ た出来事が“再現・復元”される形で発生するということです。


  ところで、このことは「精神分裂病」のそもそもの原因が、胎児期の外傷体験によって創られるということを立証することにもなります。ですから、たとえ論理的な仮説とは言いながらも、この病気の発生原因に、一定の根拠が与えられるということです。従ってこれは、なかなかに重大な意義を持つことになります。
  ただし、そこに行く着くためには、けっこう回りくどい説明が必要になります。以下、順を追って申し述べることにします。


  ( 一 ) ウィルス・細菌の感染と関節リウマチ

  上に列挙した項目の中で最も注目されるのが、(2)の関節リウマチの患者には、精神分裂病が発生しない(極めて少ない)というものです。
  この逆相関関係が意味するものは重大です。この病気の謎を解く鍵が隠されているに違いないからです。従って、まず「関節リウマチ」とは、一体何なのか、ということを考えてみる必要性が生じます。当然のことながら、何らかの関連性があるに相違ないからです。

  関節リウマチは、「自己免疫疾患(膠原病)」の一つと考えられています。しかし、この「自己免疫疾患」というものからして、あまりに不可解な病気です。これもまた現代医学では、原因が解明されていない難病の一つです。
  そもそも「免疫システム」というものは、自分自身の身体を外敵から守るための機能です。つまり、ウィルスのような自分の身体に害を与えるものを、自動的に排除するためのシステムが、この免疫システムなのです。しかるに、この「関節リウマチ」や「進行性筋ジストロフィー」といったものでは、その免疫システムが自分自身を攻撃するために機能してしまうのです。まったく方向性を取り違えて機能するわけです。ですからそのような不可解千万な事態が、なぜ発生するのかということです。


  ところで実はここにも、これまでに申し述べた「インプリントプログラム自然発動説」の考え方を導入すると、その原因を無理なく説明することが出来るのです。つまりこの「関節リウマチ」も、かつて体験した出来事の“ 再現・復元 ”によって引き起こされるのではなかろうかということです。
  さて、その場合に「関節リウマチ」というのは、手足の関節の骨が変形したり、溶解したりする病気であるわけですが、関節の部分をそのように変形させる必然性というのは、一体どのような状況であろうかということになります。

  妊娠の初期に、母親が「風疹」に罹ると、実際に現れる症状はたいしたことがないのに、流産や、早産・死産の原因になる危険性の高いことが知られています。これは母体と胎児との間で、出産に関してある種の選択が行われるためであろうと考えられます。その選択というのは、言うまでもなく胎児の「生・死」に関するものです。つまり、胎児の成長をこのまま続けるか、或いは、取りやめて体外へ「排出」するかといった重大な選択です。
  その結果、何も異常の無い胎児であれば、そのまま成長が継続しますが、何か重大な問題を抱えてしまった場合には、成長が停止されます。それにより、流産や早産・死産といった事態が発生するわけです。

  ところで、自然に発生する「流産」の場合には、一方に胎児が元気良くすくすくと育っている状況があるにもかかわらず、それを力ずくで排出するなどといったことはおよそ考えられません。つまり母体さえも傷つけてしまうような、強引で、無理な排出は行われないはずだということです。流産する胎児を無理なく排出するために、胎児自身に何らかの生体的メカニズムが働き、それによってスムーズに体外へ出て行くことになると考えられれます。
  そうした無理のない排出が行なわれるためには、胎児の身体を分解したり、溶解したりする方法がもっとも理に適っています。固い骨格の部分は、母体を傷つける凶器にもなり得るからです。ですから骨格の関節の部分を溶解したり、分解したりするのは、胎児を自然に「流産」させるための処置であるということです。これは胎児自身が持っている機能(メカニズム)です。言うなれば自己破壊、自己消去のための機能です。昔から「水子」という言葉が使われていますが、これはそのような状態になっている胎児の実態を指す言葉と考えられます。( 市販されているある家庭医学書では、魚のはらわたのような、という表現がなされていました。)

  従って、この「関節リウマチ」を始めとする「自己免疫疾患」と言われるものは、胎児が自分自身を分解し、消滅させるための機能(メカニズム)であると考えることが出来るわけです。
  そして、その「自己破壊・自己消去」のための機能が、一種の「条件反射」のプログラムとして脳の精神神経回路の中にインプリントされているために、後年、何らかの切っ掛けで突然発動し、「関節リウマチ」を始めとする様々な原因不明の難病が引き起こされるのです。


  「関節リウマチ」とウィルスや細菌の感染との間には、以上のような考え方が成立することになります。
  さて、それでは問題の「精神分裂病」との間には、どのような関係があるのかということです。また逆相関関係が生じる原因は、果たしてどこにあるのでしょう。この点が、まだ解明されていません。


  ( 二 ) ベータ・エンドルフィンの生産・製造

  もし我々が怪我などをすれば、「痛み」を取り除くために、脳内では「ベータ・エンドルフィン」という物質が生産されます。この物質は「脳内麻薬」の一種であり、モルヒネの約十倍という強力な「鎮痛作用」を持っています。それによって、痛みに慣れるという現象が生じるわけです。最初のうちは、のたうち回るほどの痛さでも、次第に、その痛みが和らいで行くのはそのためです。
  同様にして、たとえ母胎内にいる胎児と言えども、ウィルスや細菌に感染した場合には、それなりに“ 苦痛 ”を感じているはずです。又は、(3)のような「微細な身体形成異常」を創る原因が発生すれば、胎児はかなりの“ 痛み ”を感じているに違いありません。従って脳内では、この「ベータ・エンドルフィン」が生産されているはずです。

  そして実は、この「ベータ・エンドルフィン」という物質が、胎児期からすでに造られていることは、専門家の間ではよく知られていることなのです。次のような一文を紹介しておきます。


  『 ーーー 快楽物質βエンドルフィンはおもに下垂体で製造されるが、胎生七週目から血液中に現れる。一二週目になるころには、ほぼおとなと同じように作られている。胎生中期には他のペプチドも現れる。また視床下部(下垂体に接続し、密接な関係にある)も四カ月になる前に完全に発育するらしい。研究者はこうした組織や物質が現れるのはそれなりの目的があるからであり、おそらく現れるのと同時に機能しはじめるものと推定している。』

 ( 『誕生を記憶する子どもたち』(デーヴィッド・チェンバレン著
    片山陽子訳 春秋社刊)1章 胎児の成長 より )

  胎生十二週目ということは、妊娠三ヶ月にも満たない時期です。その頃からすでに、この物質が製造されているいるのです。つまり文中にもあるように、何らかの必要性に応じてこの「ベータ・エンドルフィン」が生産されて、その目的のために実際に使われているということです。

  ところで、この「ベータ・エンドルフィン」は「チロシン」という物質が原材料となって造られます。この物質が製造されるまでの流れを、図にして示すと次のようになります。

 フェニルアラニン → チロシン → 「ペータ・エンドルフィン」
                            ↑
                 ( この物質によって痛みが押さえられる。)


  ここに同時に、精神分裂病の原因物質とされている「ドーパミン」が製造されるまでの過程も示しておきます。両者の類似点に注意しながらご覧ください。


   フェニルアラニン → チロシン → ドーパ → 「ドーパミン」 →
                                   ↑
   → ノルアドレナリン → アドレナリン         ↑
         ↑            ↑               ↑
         ↑           ↑  ( この物質が過剰に供給されるために精神分裂病が発生する)
         ↑           ↑
    ( この二つの物質によって、生体が活性化される)

     ( 以上『心がここまでわかってきた』 大木幸介著 光文社刊 参照 )


  さて、上の図で注目されるのは、両者に共通する原材料である「チロシン」という物質の存在です。
  もし胎児期に、強烈な「痛み」を体験すれば、その苦痛を取り除くために「ベータ・エンドルフィン」が製造されます。そして、この時の体験が、一種の「条件反射」のプログラムとしてインプリントされることになります。当然のことながら、原材料となる「チロシン」の製造も、一連のその工程の中にインプリントされます。

  そして、この遺産的なプログラムによって、後年、何らかの切っ掛けで実際には使用されない「ベータ・エンドルフィン」が自動的に製造されれば、すぐに供給過剰になります。( 多くの精神分裂病の患者が、痛みに対して鈍感なのはこのためです。)
  しかも原材料の「チロシン」が、大量に余ってしまいます。この物質は、自らチロシン分解を行うほど活動が活発であるということです。従って、その余剰分が「ドーパミン」の製造にまわされることになります。それにより、ドーパミンの供給過剰という事態が発生します。
  これが「精神分裂病」の発生原因であると考えられるわけです。つまりこの障害も、かつて体験した出来事が、後年、“ 再現 ”される形で発生するということです。


  補足的に触れておきますと、「ドーパミン」と禁止薬物として知られる「覚醒剤」は、化学構造が非常によく似ています。
   * アンフェタミンという覚醒剤は、ノルアドレナリンにそっくりです。
   * メタンフェタミン(ヒロポン)は、アドレナリンにそっくりです。
   * エフェドリン(喘息薬)は、アドレナリンに似ています。

  これ等は、いずれも水酸基の足が無いだけです。そして水酸基が無いために脂溶性になり、脳関門を通過することが出来るのです。従って、これ等を人為的に取り入れることにより、覚醒作用、快感作用が生じます。
  また麻薬として知られる「モルヒネ」は、エンケファリン、エンドルフィンに似ています。従って、これを人為的に取り入れることにより、幻覚、妄想が発生します。

  以上のことは、精神分裂病で現われる覚醒や幻覚・妄想等の症状が、脳内で製造される化学物質によるものであることを示しています。つまり精神分裂病だから幻覚・妄想が現われるのではなく、脳内で麻薬と同じような物質が自動的に創られるために現われるわけです。
  「抗精神薬」は、そうした物質の働きを制御するためのものです。ですから本来であれば、脳内で創られる化学物質の片寄りに応じた、様々な種類の薬が必要になるわけです。ただしそうした細かな対応ができていないために、この種の薬が効かなかったり、副作用が強く現われる人が出てくるのです。

   ( 人工的に造られる薬物は、体内で分解されにくいために、かなりの悪影響を残します。しかも依存性が強く、中毒症状から抜け出すことが極めて困難となります。近年、若年者層に覚醒剤の使用が蔓延する風潮があるようですが、絶対に手を出してはいけません。自分で自分の脳を破壊する行為です。 )


  ( 三 ) 関節リウマチと精神分裂病の関係

  さて、ここで「関節リウマチ」と、「精神分裂病」との関係を、一通り整理しておくことにします。両者の関係は、およそ次のように考えることが出来ます。

  自己免疫疾患の一つとされる「関節リウマチ」を発生させるプログラムというのは、胎児を自然に排出(流産)するるための機能(メカニズム)です。ただし急激な状況の変化によって、それが中止となり胎児の成長がそのまま続行されたために、「自己破壊・自己消去」のプログラムが遺産として残されてしまったのです。
  もし、赤ちゃんが誕生する以前に、また同じような状況が発生すれば、このプログラムが発動して、赤ちゃんは死産になります。或いは、生後、このプログラムが何らかの切っ掛けで活動を開始すれば、難病とされる自己免疫疾患が発生することになります。「関節リウマチ」は、そのうちの一つです。

  一方の「精神分裂病」のプログラムというのは、胎児の「苦痛」を除去し、取り除くための機能(メカニズム)です。( * あるいは、後に触れることになる、胎児の生体を「再活性化」するためのメカニズムです。)
  つまり、これは胎児が母体内にいた時にインフルエンザに罹ったり、細菌に感染したりして、「苦痛・痛み」を感じたときに設定された「ベータ・エンドルフィン」を造り出すためのプログラムなのです。その遺産的なプログラムが残されていることにより、後年、何らかの切っ掛けで、自動的に「ベータ・エンドルフィン」が製造されます。まったく必要性が無いのに、この物質が造られてしまうわけです。従って、原材料の「チロシン」が余ってしまいます。それが「ドーパミン」に変化して「精神分裂病」の急性期の症状が現れるわけです。( * あるいは、ドーパミンを原料とする次の段階の物質が作られるために、自動的にドーパミンの生産が行われるのです。)

  従って、どちらの場合も、一種の「条件反射」のプログラムが関わることによって引き起こされる症状であるということです。つまり、かつて体験した一連の出来事が、遺産的なプログラムとして残されていることにより、それぞれの病気が創り出されてしまうわけです。


 *** ○○ ***

  ところで、先ほど一卵性の双生児でありながら一方が「精神分裂病」で、一方が「関節リウマチ」になった事例があると紹介しましたが、それは具体的には、次のようなものです。

  『 ーー 略 ーー  トーリー、ゴッテスマンらが行っている聖エリザベス病院での分裂病に関する一卵性双生児研究のなかに、一三年間片方が分裂病を発病しない興味ある一組がいる。発端者のみが一〇歳のときから気管支喘息にかかり、大学生の頃に、精神症状が徐々に起こりはじめ、結局は三一歳の時分裂病のため入院となった。双生児のもう一方は四四歳の今日まで正常のままであるが、こちらのほうは七歳の時リウマチ性関節炎と診断されていた。同一の遺伝子を持ち同じ生育環境にありながら、リウマチ性関節炎を有する双生児が分裂病にかかっていないのは不思議なことである。』

     (『分裂病の起源』 I・I・ゴッテスマン 著 内沼幸雄 南光進一郎 監完訳 
       第10章 精神分裂病と社会および社会政策 リウマチ性関節炎 より )


  これは、なかなか興味深い事例です。一卵性の双生児の場合は、母親の胎内ではまったく同じ環境で育ちます。しかるに、一方が精神分裂病で、もう片方が関節リウマチになったのです。
  しかしながら、この場合の説明も簡単に付けられます。母親の胎内にいたときに、罹った病気の状態がどの程度であったかで、それぞれに振り分けられたと考えればよいからです。
  つまり症状が、重かったか、軽かったかということです。その時の状態に対応するプログラムに、「流産」の方向性が書き込まれたものが「関節リウマチ」であり、そのまま「出生」の方向性を保っていたものが「精神分裂病」であるということです。

  ですから、精神分裂病と関節リウマチの間に生じる逆相関関係は、生・死のどちらに傾いたかの選択の結果であり、両方の病気を併せ持つことはあり得ないと言えるのです。もしそういう人がいた場合は、さらに特殊な要因が働いたためであるということになります。
  そして、これには感染したウィルスや、細菌の種類、性質も関係してくる筈です。また感染していた時間も大きく影響します。なぜなら同じウィルスでも「風疹」「インフルエンザ」「ヘルペス」では、胎児に与える影響に、それぞれ差があると考えられるからです。全身に発疹をともなう「風疹」の場合に、流産や、早産・死産になりやすいのは、そのことを証明するものと言えるでしょう。
  従って、精神分裂病の患者に「免疫機能の異常」がある人が多いというのは、インプリントされたプログラムの一部に、自己破壊のプログラムが書き残されているためと考えることが出来ます。つまり、かろうじて「出生」の方向に傾いたために、「流産」の方向性のプログラムが一部残されているということです。

  ( 自閉症と関節リウマチの関係については、男女の体質の差に原因があると考えられます。3〜4 : 1 というかなり際だった片寄りが生じるのは、それなりの理由があるはずです。おそらく女性ホルモン、男性ホルモンの働きが関係するように思われます。要するに、精神分裂病と関節リウマチと自閉症の間には、相互に、性ホルモンが造りだす相関関係が働いているということです。またこれには、性同一性障害も関係してくるかもしれません。ただし、この件に関しては資料の持ち合わせがありませんので、それ以上のことは申し上げられません。 )


  ( 四 ) 陰性症状とは何か

  さて、精神分裂病の「陽性症状」については、以上によって説明がつけられたことになにります。次の段階として、それでは「陰性症状」というのは一体、何かということになります。これも説明できなれば、完全ではありません。そのためのヒントになるものがありますので、下に紹介しておきます。


  前に紹介した「パニック障害」の事例では、例の女性はまず「乗り物恐怖」「広場恐怖」から始まり、最終的には「外出恐怖」へと移行しました。つまりこの病気は、子宮の外に出たことがそもそもの原因であり、また障害の出発点であったわけです。従って「外出恐怖」というのは、その出発点のところまで溯って行った症状ということになります。言うなれば、原点回帰です。このことから、この種の「条件反射」のプログラムには、そうした一連の「流れ」があることが分かります。

  さて、そうした時に、精神分裂病の場合にもそうした一連の流れのそもそもの出発点が、例の「陰性症状」ではないかと考えることが出来ます。つまりパニック障害と同じように、出発点への回帰現象が起きているのではないかということです。
  そのための手掛かりとなるものがありますので、下に紹介しておきます。


  『 胎児が羊水穿刺に不思議な反応をみせることも知られている。最近よく行われるようになったこの処置は、遺伝性の欠陥を調べる目的で、子宮に針を刺してサンプルの羊水を抜き取るというものである。デンマークのある医師が胎生一六週の胎児の穿刺後のようすをフィルムに収めたところ、半数に衝撃的な、なにか不吉な感じさえする反応がみられた。二分間というもの、動きが止まってしまったのだ。
  これらの胎児には通常みられる拍動の変化もなくなってしまった。まったく平坦な拍動のパターンは、重い障害のある赤ちゃんやヴァリアム(*精神安定剤の商標)などの薬物に作用されたときにもみられる。このパターンが羊水穿刺後はじめて現れたことから、医師は処置への反応と判断した。胎児は決して無頓着ではないのである。これは自分の聖域で起こったことへの敏感な反応であり、おそらく非常にショックを受けたというしるしだったのだ。』

          ( 『誕生を記憶する子どもたち』 同上 4章 小さな人格 より )


  上の文中に記されているように、胎児は、自分が棲む領域で起きている出来事を、すべて関知しているのです。そして、その出来事の性格・性質に応じて、自分自身の今後の身の処し方を決めるのです。ですから『拍動の変化もなくなってしまった』というのは、そのための準備段階に当たるわけです。要するに「死」の準備です。
  ですからこれと同様にして、胎児がウィルスや細菌に感染したときにも、これと同じことが起きると考えられます。つまり、「生きるべきか、死ぬべきか」の判定待ちの状況が、まず最初に創られるということです。

  そして、その判定の結果が、生の方向に傾けば「ドーパミン」を原材料として、「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」が作られて、生体が再び活性化されます。しかし、もう一方の死の方向に傾けば「インターロイチン6」のような自己破壊のための物質が製造されて、「流産」になるわけです。インターロイチン・スィックスというのは、関節リウマチの原因物質の一つです。

  ですから、精神分決病の「陰性症状」というのは、その時の状態まで遡行した症状であると考えることが出来るわけです。つまり「生・死の宣告」が下されるのを待っている状態です。胎児にしてみればまさに、生きながらにして死んでいるのであり、しかもその状態で固定されている状態です。
  それが前記したような、陰性症状特有の症状となって現れるわけです。これを言い表すのに「魂の死の状態」という形容は、言い得て妙と言えます。そしてここにもまた、その状態を“ 再現・復元 ”させるプログラムが機能しているということです。


  ( 五 ) 「精神分裂病」の治療薬

  精神分裂病の治療薬としては、神経遮断薬(メジャートランキライザー)というものがあります。ドーパミンの神経伝達を阻害する薬です。この薬を使って早期に手当てをすれば、病気の進行を食い止めることが出来ます。ただし、この薬は「陽性症状」にしか効きません。
  この病気が進行してから現われる「陰性症状」に対する薬は、今のところ見つかっていません。ですからこの段階の人に対しては、何も手の打ちようが無いというのが実情です。従って、患者は、病気を治すために入院しているのではなく、外部と隔離する目的のために入院させられていることになります。これは病院の本来の有りようではありません。

  ところで、そのための薬を探すうえで、もしかしたらこれまでに申しあげたことが何かの手助けになるかも知れませんので、もう一度ここで整理しておくことにします。

  「精神分裂病」の発生原因となるプログラムというのは、初期の段階ではドーパミンから「ベータ・エンドルフィン」や、「アドレナリン」「ノルアドレナリン」といった物質を脳内で製造するためのものであり、後期の段階では、「生の停止(判定待ち)状態」 を創り出すプログラムであるということです。
  これが「陽性症状」と「陰性症状」の違いです。従って、その「生の停止(判定待ち)状態」 を創り出す物質が何であるかが分かれば、「陰性症状」の薬物による治療も可能になるはずです。

  一方、関節リウマチの患者には、「朝のこわばり」 という特徴的な症状があります。自分の意志で身体が動かせない状態です。これも一種の「生の停止(判定待ち)状態」 と考えることが出来ます。そしてこれも、かつての一連の出来事が“ 再現・復元 ”される形で発生している可能性があります。ですから精神分裂病の「陰性症状」も、この状態を作り出す物質と共通するものによって創り出されている可能性があるわけです。
  逆相関関係にある両者の接点にこそ、その原因物質を探る手掛かりがあるかもしれません。
  手探りで何かを探すときは、できるだけ大きく手を開げる必要があります。幅広い視野での研究が必要です。
  突破口は、意外なところで開かれる気がします。

  もし陰性症状に効果のある薬が開発されば、患者にとっても家族にとっても、たいへんな朗報になります。
  今後の医学的な研究の成果が期待されます。


  2001. 8. 9.     店主記す






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒