精神障害を治す方法
 ――――――――――


    心の病気を治す方法はあるのでしょうか。

  これまでの一連の考察により解ったことは、さまざまな精神障害は一種の「条件反射」のプログラムによって、かつて体験した出来事が“ 再現・復元 ”される形で発生するということです。つまり胎児期、乳児期、幼児期に“記憶”と共にインプリントされた一連のプログラムが後年、本人さえ気付かないうちに、自動的に発動することによって引き起こされるのです。これこそがすべての原因であり、また精神障害が発生するメカニズムです。
  要するに、人の心的機能・構造の中にはもともと、そうした基本的なシステムが存在するということです。なぜならこれは人が成長して行くためには、ぜひとも必要なものであり、且つ不可欠なものからです。然し一方では、このシステムが機能することによって、精神障害を引き起こすプログラムが創られてしまうのです。

  ところで、我々が頼りとする現代医学は、薬物療法が中心です。これは内科、外科に限らずに、心の病を扱う精神医学の分野に於いても同様です。つまり精神科の医者は、目の前に出現した症状に対して様々な薬を使って、脳内の物質の働きを調節することによって対処しているのです。
  その結果、精神分裂病に対しては、原因物質とされるドーパミンの働きを制御する薬物を「抗精神病薬」として開発しました。
  うつ病に対しては、ノルアドレナリンやセロトニンの働きを調節するための薬「抗うつ剤」が開発されました。
  そのほかにも不安や緊張を緩和するために、「抗不安薬」が開発されました。また躁病の興奮状態を沈静化するために、リチウムが使用されています。

  これらの薬物は、実際の医療現場で使われているものです。ですから、それぞれの症状に対して効果があることは、すでに確認されています。つまりこれ等の薬物を投与することによって、患者の症状は、間違いなく良くなるのです。もちろん多少の副作用が出ることもありますが、病状は確かに改善するのです。
  その病状が改善することをこの業界の専門用語で、寛解(かんかい)を得たとか、寛解に至ったと言います。これは国語辞典には載っていない特殊な言語です。業界の内部だけで通用する言葉です。つまり医者は、決して「治った」とは言わないのです。なぜなら病気が完治していないことは、医者自身が一番良く知っているからです。

  精神分裂病の人は医師が処方する薬によって、たしかに一時的にはよくなります。しかし多くの人が、いずれまた再発します。再び入院して、投薬治療を受けなければなりません。うつ病の人もまた同様です。薬物による治療によって、一時的には良くなるものの、何度も再発を繰り返します。従って何年も、何十年も薬を飲みつづけなければなりません。
  要するに現代医学が取り入れている薬物療法は、心の病気に対して、決して万全ではないのです。そして最大の問題点は、その病気を「完治」させることができないことです。なぜならこの治療法では、原因そのものが取り除かれないからです。薬物療法は、一時的な対症療法なのです。
  病気が何度も再発して、その度に入・退院を繰り返えすのは、本人も家族もたいへんな苦労です。また安定した職業にも就けませんから、経済的にも大きな負担がのしかかります。


  また、どんなに副作用の少ない薬でも、人体にとって毒物であることには変わりがありません。ですから妊娠して子どもを産みたいと思っている女性は、病気の再発を危惧しながらも、薬を呑むのを一時中止しなければなりません。胎児に悪い影響のあることが分っているからです。これは精神分裂病でもうつ病でも、そのほかの病気でも同じです。子どもを産むためには、再発の危険性を覚悟して、薬を呑むのを中断する必要があります。そして、もし妊娠中に発病すれば、再び投薬治療を受ける代わりに、胎内の子どもは中絶しなければなりません。患者にとっては救われない選択肢が待っているのです。
  しかもこの薬物は、成長段階にある子供たちにも使えません。小さな子どもたちには、及ぼす影響が大きすぎるからです。ですから小・中学生が不登校や、ひきこもりになったからといって、抗不安薬を使って登校訓練をすることは出来ません。また家庭内暴力が激しいからといって、薬でおとなしくさせることもできません。その結果として小・中学生だけで、十三万人もの不登校の子供たちがいるのです。医学的には、何も手の打ちようが無いからです。

  それでは薬物を使わない精神療法では、どうかということになりますが、この方法で病気を治そうとしても時間ばかり掛かって、一向によくなりません。ある著名な精神分析学の先生の所には、うつ病の治療のために、すでに二十年以上も通っている人がいるそうです。たとえ月に一・二回としても、たいへんな時間と労力が要ります。しかもそれなりに費用が掛かります。この治療法には多くの場合保険が利きませんから、よほど経済的に恵まれた人でなければ、この治療法を続けることは出来ません。
  そもそも精神分析療法で病気を治すには、原因が生じた時の出来事を思い出して、言葉にして人に話す(言語化する)必要があります。ところがその原因が、乳幼児期以前の出来事であった場合、通常の方法では、記憶をそこまで遡ることが出来ません。我々が思い出すことの出来る記憶は、せいぜい三〜四歳までが限度です。それ以上古い記憶を呼び起こすことは、自由連想法では絶対的に不可能です。
  それ故に、うつ病の治療法としては、本来この方法は成り立たないのです。もし良くなることがあるとしたら、それは「般化」や「強化」の切っ掛けを作った部分が取り除かれるためです。ヒステリーや神経症の治療にこの方法が有効なのは、そのためです。
  しかもカウンセリングを受けるにしても、もし本人に「対人恐怖」があれば、カウンセラーと直に話をすることが出来ません。ましてや自分の部屋や、家の中から外に出ることが出来ない「ひきこもり」の人たちには、カウンセリング以前の段階で対応ができないことになります。これは患者との直接的な会話が成り立たなければ、成立しない治療法なのです。


  さて、現代医学がそうした状況であるならば、それでは広く民間療法の中に、埋もれている有効な治療法は無いのかということになります。もしそうしたものが見つかれば、多くの人たちが救われることになります。
  ところが精神医学に関わる人たちは、民間療法の中から、そうしたものを探そうとはしません。医師という地位や、博士や教授といった肩書きが、それを妨げているのです。これは精神医学というものが、権威主義のはびこる医学界のピラミッド構造の中に組み込まれているための弊害です。民間療法ごときに関わっていては、医者や学者や教授としての権威や、威信や、名誉に傷がつくからです。

  本来であれば、まったく原因が分かっていない病気であるなら、実際にやってみて効果のある方法が、その病気に対する最も適切な治療法ということになります。何事に於いても理屈や理論は、後から付いて来るのです。効能書きは、体験した人があって、はじめて書かれるのです。つまりその治療法に対する科学的な証明は、結果の当否によって決められるのです。病気が良くなったという事実が、新たな治療法の開発に結び着くわけです。科学的な真理は、そうした事実の裏側に隠されているのです。
  ところがピラミッドの頂点に君臨する人たちは、広く民間療法の中から、有効な治療法を開発しようとする努力さえしないのです。むろん他の医者も同様です。権威至上主義の世界では、何事も上に倣えの精神がはびこるために、変わったことをして上から睨まれるのが恐いからです。権力構造の保持と我が身の保身こそが、一番大事なのです。要するに患者の病気を治すことが、医者としての最優先課題ではなくなっているのです。

  病気で苦しんでいる人にとっては、どんなに立派な肩書きのある医者に診てもらうよりも、確実に病気を治してくれる人のほうがありがたいのです。もし医者でだめならば、たとえ怪しくとも祈祷師や新興宗教の教祖のほうがありがたいのです。或いは、自閉症の子どもを抱える家族にとっては、海のイルカのような動物でも、病気を少しでも良くしてくるものの方がありがたいのです。いわゆる「イルカ療法」が自閉症の改善に効果があることは、よく知られていることです。もちろん医学的には、その理由は解明されていません。ただそうした事実があるだけです。

  怪しい治療法によって、病気が悪化するといけないからやめなさいというのは、極めて常識的な意見です。誰もが考える妥当な判断です。しかし医者に病気が治せないことが分かっている以上は、わずかな可能性を求めて、実績のある他の治療法に賭けてみようと考えるのは本人にしても、家族にしても当然のことです。ワラにもすがりたい人たちにしてみれば、たとえ小さな可能性であっても、大きな希望につながるからです。閉ざされている未来が、もしかしたら開かれるかも知れないからです。

  ただし、問題は、その方法なのです。もし適切な方法が見つかれば、全国に百万人もいるという「ひきこもり」の人たちにとっては、たいへんな朗報です。「家庭内暴力」もなくなりますから、家族にとっても朗報です。そして、十三万人の「不登校」の子どもたちもいなくなります。またうつ病の女性も精神分裂病の女性も薬を呑む必要なくなりますから、安心して子どもが産めます。さらには、うつ病による自殺者もいなくなります。もし精神分裂病の後期症状が治せれば、長期入院の必要が無くなり、社会復帰をすることが出来ます。それは本人にとっても、家族にとっても喜ばしいことに違いありません。

  ということで、この機会に、もしかしたら効果があるかも知れない方法を、いくつか紹介しておくことにします。


 **○○ * ○○**


  まず、実績のある方法から紹介します。

  ( 一 ) 催眠法(退行催眠)

  催眠法というのは、我が国ではあまり馴染みが無いために、少々怪しいもののように考える人が多いようです。テレビの番組などで、催眠術を使ったお遊び的なものが多く放送されるためかもしれません。しかしこの治療法は、アメリカでは実際の医療現場でごく普通に使われています。セラピストにとっては必需品です。
  催眠法の中には強い暗示効果を用いるものや、催眠が終了した後にも効果が継続する後催眠暗示(事後暗示)を用いるものがありますが、ここで取り上げるのは、そうした力で押さえ付ける種類のものではありません。過去の記憶を遡るために退行催眠(逆行催眠)を用いて、そもそもの原因が生じた時点まで遡り、その時の記憶を今現在の記憶として甦らせて言語化する(話す)という方法です。ですから、これは精神分析療法と、催眠法とを合体させたものと言うことが出来ます。

  フロイトが開発した精神分析療法は、無意識界に封じ込められた記憶を今現在の記憶として呼び戻して、言葉にして人に話す(言語化する)ことによって治療が完了します。つまりそれによって、患者の症状が消えるわけです。ただし自由連想法で思い出せる記憶は、せいぜい三〜四歳くらいまでが限度です。それ以上古い記憶を遡ることは、絶対的に不可能です。
  ところが催眠法を用いると幼児期から乳児期、さらには胎内記憶まで遡ることが可能です。つまり、精神障害の原因を創った出生時の記憶も、これによって甦らせることが出来るのです。
  すでに紹介した『誕生を記憶する子どもたち』(春秋社)という本の中には、そうした事例が幾つか紹介されています。そして、この治療を受けた患者たちは、出生時のそうした様々な出来事を思い出して話した「言語化した」ことによって、症状が消えているのです。つまり、病気が治っているわけです。この事実こそは、この技法が決して怪しい治療法でないことの証明です。つまり実質的には、精神分析療法と同じことが行われるからなのです。


  ただし、実際にこの治療法で病気を治そうとする場合に、幾つかの問題点があります。その一つは、我が国ではこの治療法があまり普及していないために、催眠法に関する専門的な知識や、技術を持った人があまりにも少ないことです。催眠術という言葉が示すように、この技術は学問領域として確立されていません。誰もが知っている現象でありながら、実際には何も解っていないのがこの催眠現象なのです。そもそも専門的な知識や、技術を持った人を育てる機関が無いからです。
  乳・幼児期から、さらに胎児期の記憶まで遡るには、患者をかなり深い催眠状態に導く必要があります。しかし技術の未熟な施術者では、患者をうまく誘導することが出来ないために、そうした状態に持って行くことが出来ません。しかも誘導法を誤ると、本人の記憶ではない別の記憶が誤って植え付けられるなどの弊害が生じる危険性があります。ですから実際にこれを行うには、高度な知識と、専門的な技術を身に付けることが不可欠なのです。

  こうした状況を考え併せると、実際の治療にこの方法を役立てることは、意外に難しいのかもしれません。
  またこの方法は、催眠が掛からない人には使えません。原因は不明ですが、何割かの人たちには、催眠術が掛からないということです。ですからその人たちには、他の方法を探す必要があります。ただし、催眠が掛かり易い子どもたちには、極めて有効な治療法と言えます。不登校や引きこもり、家庭内暴力の治療には大いに役立ちます。

  もちろん成人でも、催眠が掛かる人には使えます。私のかつての知人は、この方法でパニック障害を治したと言っていました。なんでも高齢のおじいさんがやっていた治療院だったということで、今ではもう無くなってしまいました。料金もかなり良心的だったそうですから、或いは、もぐりの治療院だった可能性があります。宣伝などもまったくしていなかったようです。それでも控え室はいつも満席だったそうですから、治療の実績が口から口へと伝わったために、宣伝などはする必要が無かったのかもしれません。今となっては、その治療成果を証明することが出来ないのが残念です。私としても、人から聞いた話として紹介するしかありません。
  当人はこの病気のために、会社を辞めてしまいましたから、なかなか大きな犠牲を払ったことになります。電車での会社通勤が出来なくなったということで、どうしょうもなかったようです。有名大学を卒業してエリートコースを順調に歩いていたようですが、とんでもない挫折を味わったことになります。病院と医者を何軒も渡り歩いて、最後に行き着いたのが、その治療院だったそうです。その順序が逆にならなかったところに、彼の運命があったのかもしれません。それでも今は海外で活躍しているようですから、自分なりの夢をつかんだようです。

  こうした民間療法には、保険が利きません。ですから通常は、けっこう高い料金を取られます。それでも何回か通うだけで病気が完治するとしたら、トータルで見れば安くつくはずです。パニック障害では、十年以上も苦しんでいる人がザラにいます。長い間、苦痛と不安を抱きながら苦しむことに比べれば、一時的な金銭的負担だけで済むのは、むしろありがたいことに違いありません。
  もちろんこれは、それだけの知識と技術力を持った人と、幸運にもめぐり合った場合のことです。そうした治療院を探し出すことが、まず先決問題となります。


  ところで、この治療法で最も期待されるのは、精神分裂病の発生原因が確認できるかもしれないということです。もし患者の記憶を妊娠三ヶ月目くらいまで遡ることが出来れば、その時に何が起きたかを、今現在の記憶として呼び戻すことが可能です。つまりそれによって、その時の出来事が原因となって後年、精神分裂病が発生したということが確認出来るわけです。もちろんそれと同時に、この病気の治療も完了することになります。
  そして、もしそのことが確認されれば、同じ方法で、関節リウマチの治療も可能になるかもしれません。つまり、この難病が治せるかもしれないということです。ですから精神分裂病の治療にこの方法を取り入れることで、画期的な発見が期待できるわけです。
  ただし実際にそれを行った場合に、どのような弊害が伴うかはまったく予測することができません。そもそもこうした発想が無かったために、過去にやった人がいないからです。従って、現実に治療が可能かどうかも、まったく不明です。


  ( 二 ) 呼吸法

  この「呼吸法」という言葉も、あまり一般的には使われていません。ですから、初めて耳にする人も多いことでしょう。しかしその内容は、誰でも知っています。
  この技法を取り入れたものには、「気功」「太極拳」「ヨーガ」などがあります。これ等を知らない人は、まずいないはずです。さらには「合気道」や「新体道」「西野流呼吸法」といったものもあります。禅の「瞑想」も呼吸法の一種なのですが、ここでは宗教色を排除するために、一応分けて考えることにします。

  この「呼吸法」は目的によって、様々な種類があります。効果も、それぞれの種類ごとに異なります。
  42.195キロを走るマラソン選手が取り入れているものと、短距離走の選手が取り入れているものとでは、息を吸う回数、吐く回数がそれぞれ違います。短距離走では、吸って吐くだけの呼吸ですが、中・長距離走では息を二回吸って、二回吐くという呼吸法が一般的です。左右の足の接地リズムに合わせた呼吸法です。また選手によっては、一回吸って、二回吐くという呼吸法を使い分ける人もいます。それぞれの選手が状況に応じて、もっとも自分に合った呼吸法を適宜に使い分けているわけです。

  赤ちゃんの出産に際しては、「ラマーズ法」による呼吸法が用いられます。自然分娩で子どもを産んだ経験のある人は、誰もが習ったはずです。短く二回吸って、一回で吐きます。これは安産のための呼吸法です。出産の苦痛が和らぐと同時に、分娩の機能や能力が向上します。
  長い時間、海の中に潜る海女さんの呼吸法は、独特です。ぴゅーっと口笛を吹くようにして息を吐きます。これが出来ないと、一人前の海女になれません。海の中では体力の消耗が激しいため、長く潜っていられないからです。

  多くの人が健康のために行っている「気功」「太極拳」「ヨーガ」なども、すべて呼吸法の一種です。それぞれが異なった呼吸法を取り入れています。
  そして同じ気功でも、内気功、外気功では、その方法が異なります。しかもこれは、かなり複雑です。鼻から息を吸って、口から吐く。逆に、口から吸って、鼻から吐く。吸う息、吐く息に幾つかの段階をつけるなどなど、実に様々です。

  これ等の呼吸法は、すべて腹式呼吸によって行なわれます。ただし一口に腹式呼吸と言っても、上腹部を使うもの、下腹部を使うもの、腹部を膨らましながら息を吐くもの、腹部をへこませながら吐くものなどなど、これまた種々雑多です。
  つまりこうした多種、多様で、複雑な呼吸法が、それぞれの目的によって使い分けられているわけです。それはこの呼吸法の数だけ、現われる効果に違いがあるからです。効果というのは、実際に現われる現象のことです。その現象を引き出す技法・技術が、この「呼吸法」なのです。


  (1) 気功

  さて、そうした呼吸法の一つである「気功」に関して、次のような資料がありますので紹介しておきます。
  この本の編著者は、元上海中医学院中医研究所の副所長であり、気功麻酔の第一人者であるということです。つまりそれなりの経験と実績と、社会的な地位を有する人物であるということです。

  ↓   ↓   ↓   ↓

   122 [ ノイローゼに対する治療効果 ]

  上海第一医学院神経病学研究グループ、ノイローゼ予防治療研究グループなどは、ノイローゼ患者に対して気功を主とする総合治療を973症例に採用し、三〇日間くらい鍛錬をおこなった。結果、89.5パーセントを占める870人が有効であり、10.5パーセントにあたる103人が無効であった。治療終了時に療効のよくなかった63症例の患者は、継続して気功を主とする鍛錬をし、三ヶ月から一年間の鍛錬により、治療終了時と比較し、20例が好転し、25例が変化なく、21例が悪化していた。もしも患者が疾患について正しい認識をもち、かつ行動上で自主的に積極的に鍛錬し、または各種の医療的措置をうけ入れるならば、療効はさらによくなるだろう。  ーー 以下、略 ーー   


   123 [ 精神分裂病に対する治療効果 ]

   広東省澄海県人民病院は各種のタイプの精神分裂病患者200症例に対して気功治療を行っている。半年間の気功鍛錬による治癒率は93パーセントであった彼らは次のように考えている。人類のすべての活動には、いろいろな動作や振る舞い、精神的活動、内臓活動が含まれている。これらはすべて神経系統の指揮協調作用によって実現される。気功鍛錬によって、脳神経が安らかで静かになり、神経の興奮と抑制のバランスがとれ、こうして神経系の調節力が強くなり、生体の生命力がまし、身心の健康がえられる、と。

   ( 『中国気功』 林厚省編著 杉充胤訳 たま出版 
       「 VIII 臨床実験 (気功鍛錬の作用と効果)」より )


  ↑  ↑  ↑  ↑

  ここにある数字をどう判断するかは、その人の自由です。すべてウソだと思う人がいても、一向にかまいません。しかしある程度までは、一定の事実に基づいていると考えるのが妥当ではないでしょうか。ましてや編著者の経歴をある程度信頼するならば、決して好い加減な内容ではないと考えるべきでしょう。

  上の文中に、「ノイローゼ」とあるのは、不安神経症や強迫神経症、うつ病などが含まれていると考えられます。それがわずか30日間の気功鍛錬で、約90パーセントに効果があったというのです。ただし、21例が悪化したとありますから、この人たちには、別の治療法が必要になるでしょう。
  また精神分裂病の治療効果で、93パーセントの治癒率というのは、最初から脳に器質的な損傷があった人を除けば、実質100パーセントを意味します。話半分としても、50パーセントの百人です。百分の一でも、二人が治っていることになります。つまり精神分裂病という病気は、現代医学が言うような不治の病などではないということです。やり方次第では治る病気であり、治せる病気だということです。

  気功はヨーガや太極拳と同じように、たいていの人が健康法の一種と考えています。或いは、心身を鍛練するための技術と考えています。実際にそれによって、身体が健康になるからです。しかし上の数字は、それだけでなく、精神病の治療にも効果があるということを示しているわけです。「気」というものを扱う技術について、もう一度、根底から調べなおす必要がありそうです。

  また、気功を始めたら、アトピーが治ったという事例があります。従って、花粉症や食物アレルギーにも効果があるはずです。さらには、関節リウマチにも効果があるものと考えられます。要するに気功には、病気の原因を創り出す原始的なプログラムを、解除する働きがあるのではないかということです。それ故に、自然に病気が治って行くのではないかと考えられるわけです。


  (2) 白隠禅師が伝えた「内観の秘法」と「軟ソの法」

  「呼吸法」に関して、もう一つ別の例を紹介しておきます。

  かつての禅の高僧に、白隠禅師という人がいました。この人の場合は、若い頃に激しい修行を行ったために、禅病という病気に罹って、このままでは命が危ないという時に、ある人から治療法を伝授されました。
  それが「内観の秘法」(ないかんのひほう)と「軟ソの法」(なんそのほう)というものです。これも「呼吸法」の一種です。

  これはもともとは京都の北白河に住んでいた、白幽という仙人から伝授されたものです。仙人というと、なんとなく怪しい人を想像しますが、今で言う「仙道」の修行者です。これもやはり気功や、ヨーガなどと同じ呼吸法の一流派です。あまり世間に知られていないだけで、今でも存在するものです。
  そして、この技法を伝えた白幽仙人もまた、若い頃に身体が弱く、様々な治療法を試みたものの治らずに、ついに医者からも見離されていよいよ死に瀕した時に、この呼吸法を会得したことによって命が助かったということです。
  しかも白隠禅師と出会ったときには、自分の年齢が分からないほど、長生きをしていたということです。何と、数百歳とも伝えられています。もちろん真偽の程は定かではありませんが、この呼吸法によってかなり長生き出来たことは確かなようです。仙人と呼ばれる由縁です。

  その後、白隠禅師によってこの治療法が広く伝えられたことにより、たくさんの人たちの病気が治ったということです。
  詳しいことは、禅師の著作物である『遠羅天釜(おらてがま)』及び『夜船閑話(やせんかんな)』に記されています。現代人の我々には、原文はなかなか読めませんが、解説書がたくさん出ています。また学研の『禅の本』(赤い表紙のシリーズ本)には、イラスト入りで分かりやすい説明がしてあります。ご参照ください。

  ところで、この技法の治療効果ですが、白隠禅師自身が、もしこれで病気が治らなかったら、私の首を差し上げましょうとまで言っているくらいですから、相当な自信があったようです。また実際に、それだけの効果があったようです。


  *** ○○ ***

  白隠禅師が罹っていた病気は、「禅病」というものであったと言われています。若い頃、あまりにも熱心に修行に励んだ禅師は、修行を始めてからわずか三年で、「悟り」の境地を体験します。ところがその後、しばらくしてから次のような症状が現われたということです。

   「 ----- 頭痛、胸痛がはなはだしく、肺と心臓がやけ焦げるようで、両手両足は氷雪のように凍え、耳はガンガン鳴りつづけ、なにごとに対しても臆病になり、神経過敏に、かつ恐怖に駆られ、心身困憊し、夜は眠ることもできず、夢と現(うつつ)の境を行き交い、両脇はつねに汗ばみ、両眼は涙が流れつづけるようになってしまったのである。
  そこで名医という名医を訪ね、あらゆる治療をうけたが、すべての鍼灸医薬もなんら効果をしめさず、絶望の淵にしずんだのであった。」

  ( 『白隠禅師 健康法と逸話』直木公彦著 日本教文社 夜船閑話 本文(意訳) より )


  症状的には、一般的に言われるノイローゼの激しいものです。現代医学で使われる病名では、心身症、自律神経失調症といったところかもしれません。
  そして、この症状が内観の秘法を毎日、時間を決めて行ったところ、
  『三年にもならぬあいだに、いままでの病気は芯から全快してしまった』というのです。
  上のような症状の病気を現代医学で治すとしたら、果たしてどれくらいの年月がかかるでしょう。そもそも完治したというところまで、行き着くかどうかさえ怪しいところです。それが三年で、「完治した」という事実に注目する必要があります。


  ところで、この呼吸法の効果を、さらに具体的に証明する資料がありますので、下に紹介しておきます。
  白隠禅師の寺では、かなり厳しい修行が行われたために、心身の均衡を崩す若い僧が続出したようです。それを治すために、この呼吸法が取り入れられたということです。その結果、どのような結果が生じたかが、下の引用文の中に記されています。

  ( 『夜船閑話』という書物は、わりに短い書き物です。その序文を、白隠禅師の弟子の一人であった窮乏庵主(きゅうぼうあんしゅ)、キトウセンという人が書いています。その中に、「内観の秘法」の実際のやり方や、その治療効果について、分かりやすく記されている部分があります。そこから引用させていただきます。 )


  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


  これについて、禅師はつぎのように申しておられます。
  「 もし、学問の道にすすみ、懸命に一心に真理の道をもとめ悟道にこころざすものが、勉学身に過ぎ、頭脳が逆上し、心身疲労はなはだしく、内臓の調和がみだれてきたならば、鍼灸や医薬などで、この病をなおそうとおもっても、癒るものではない。
        / ーー 中 略 ーー /

  この秘法を実習しようとするときは、すべからく人間界の思いわずらいや工夫をすて、小智才覚の一切を放下し、かんがえること、見ること、話すこと、感ずること、一切の雑念など心の外部への活動を追いはらってしまい、からっぽになってこの『内観の秘法』をおこない、深く眠り込み、そのあとで、肉体の眼とともに心の目をさますというようでなければならない。すなわち、床に入り、眠りに入るまえに、両脚を長く踏みそろえ、一身の元気を臍(へそ)のまわりから気海丹田(きかいたんでん)、腰、股や両脚から足のうらに下し充して、つぎのように何回も繰り返し繰り返し内観するのである。

  (1) わが気海丹田腰脚足心(きかいたんでんようきゃくそくしん)、まさに是(こ)れわが本来の面目(めんもく)、面目なんの鼻孔(びくう)かある。
  (2) わがこの気海丹田、まさに是(こ)れわが本分(ほんぶん)の家郷(かきょう)、家郷なんの消息かある。
  (3) わがこの気海丹田、まさに是(こ)れわが唯心(ゆいしん)の浄土(じょうど)、浄土なんの荘厳かある。
  (4) わがこの気海丹田、まさに是(こ)れわが己身(こしん)の弥陀(みだ)、弥陀なんの法をか説く。

  このようになんどもなんども打ち返し、繰り返し、想像し観念し、想像力を集中するがよい。観念想像力構造の効果がつもってあらわれてきたならば、一身の元気はいつしか、腰や脚部や足のうらに充ち満ちて下腹部の丹田はヒョウタンのように、かたくなってくるのである。
  右のように『内観の秘法』を一心に、真剣に、切に修するときは、二、三週間にしていままでの苦悩、不快、神経衰弱、肺病、などあらゆる難治の病の症状が、底をはらったように全治するものである。もしも、これが偽りならば、この老僧の首を斬りとって持ち去るがよい」と。

  そこで、弟子ら一同はたいへんよろこび、懸命に精進修行したところ、各人ことごとく不思議なる効果が現われ、ほとんど病の症状は消えて、やがて全快してしまったのであります。修行精進の深い浅いによって快復の遅い、早いはあったけれども、全員完治してしまったのであります。いまさらながら、この「内観の秘法」の効果の偉大さにおどろき、かつ賛嘆してやむところを知らなかったのであります。

       ( 同上 夜船閑話 序文(意訳) より )

  ↑ ↑ ↑ ↑ ↑  

  上の内容を読めば分かるように、この呼吸法を実践したところ、弟子たち全員の病気が治ってしまったということです。しかも『苦悩、不快、神経衰弱、肺病、などあらゆる難治の病の症状が』とあるように、一つの病気だけでなく、様々な種類の病気に対して効果があったということです。
  これは先ほどの気功の場合と同様に、それらの病気を創り出すそもそもの原因が、自動的に取り除かれるためであろうと考えられます。つまり原始的なプログラムによって創り出される病気だからこそ、この方法で治せるのであるということです。ただしここに肺病とあるのが、結核をも含むとすると、もう少し別の角度からも考える必要があるかも知れません。

  ところで、一口に呼吸法と言っても、ただ息をすることと、何が、どう違うのかが分からないと、せっかくの効果を導き出すことができません。『夜船閑話』の本文の中には、この呼吸法を行う際の要領や、コツのようなものが、過去の偉人たちの言葉として紹介されています。以下のようなものです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓      


  八百歳まで生きた有名なホウソはつぎのように説いている
  『 心をやわらげ、元気を全身に満たすようにみちびく方法は、はなれた密室に入り、床をのべて、その上にあおむけによこたわり、枕の高さ二寸五分のものをして正しく上をむいて身体をねかせ、しずかに目をつむり、心気を丹田におさめ、鼻孔の上にやわらかい鳥の羽毛をつけてあるものと想像し、この羽毛の動かぬようにしずかに息をすること三百回に至れば、耳にはなにも聞こえず、目はひらくともなにも見えないようになる。このようになったならば、いかなるはげしい寒暑をも身体を害することができず、熊蜂が刺してもいたみ毒することができず、ーー 以下、略 ー 』と。

  またソナイカンはいっている。
  『 まさに空腹をおぼえて食し、つかれるまえにやすむ。なるべく散歩逍遥して、腹をすかせるようにつとめ、腹のすこしすいたときに、しずかなる小部屋に入り、端座し、無念無想に入り、呼吸する息の数を数えるがよい。一よりしずかにかぞえ出し、・・・十・・百・・千までかぞえれば、この身のこの心は寂然こつ然として、天地宇宙一切のものと溶けあって一体となり心身の清浄なることを感ずるであろう。このような状態になることひさしくして、呼吸はいつしかやみ、<息出でず、入らず、しずかにしてやむ>の境地に入るものである。このとき、体中の息は、八万四千の毛孔より雲霞のように、自然に蒸発していくように感じられて、いかなる難病もたちまち全快するのをはっきり自覚するであろう。ーー 以下、略 ー 』と。

          ( 同上  夜船閑話 本文(意訳) より )

 ↑ ↑  ↑  ↑  ↑  

  この技法は、呼吸法のコツを修得するまでが、けっこうたいへんなような気がします。私自身も試みに何度かやってみたのですが、さっぱり要領がつかめませんでした。なぜかすぐに眠ってしまいました。熱心さが足りないためかもしれません。ぜひ指導者が欲しいと思った次第です。しかし、一度コツさえつかめば、その効果が絶大であることは上のような弟子たちの事例からも、まず間違いないでしょう。

  以上が、「内観の秘法」という呼吸法です。

  白隠禅師は、この時いっしょに「軟ソの法」という呼吸法も伝授されました。これは白幽仙人自身がかつて様々な病気に苦しめられ、ついには医者からも見離されて、最後の手段として天地の神々に祈ったところ授けられたというものです。そして、これを熱心に実行したところ、それほどの大病が、一ヶ月ほどで治ってしまったというのです。
  こちらはどうやら胃腸、内臓の諸機関の働きを活発にし、内分泌機能を盛んにさせ、心身を壮健にする呼吸法のようです。
  まず、頭の上に、丸い仙薬が乗っている状態をイメージします。その仙薬が少しずつ溶け出して、全身の隅々にまで行き渡るように想像します。それを何度も繰り返すだけです。

  興味のある方は、ぜひ一度、原典をお読みになることをおすすめします。「内観の秘法」と「軟ソの法」を組み合わせて行うことで、より効果が高まることもあるはずです。それにより現代の難病も治せるかも知れません。もしガンや糖尿病が治せたら、多くの医者がいらなくなりそうです。しかもそれだけでなく、もしかしたら仙人になれるかも知れません。21世紀の現代に生きる仙人というのも、なかなか存在感がありそうです。

  ***  ○○  ***

  ところで、この白隠禅師が伝えた呼吸法に関しては、私自身にも、その治療効果を確認した実例がありますので、ついでに紹介しておきます。
  以前、パソコン通信のある会議室で、この方法を紹介したところ、一ヶ月もたたないうちに、病気が良くなったという返事が返ってきました。その時の経緯を説明すると、つぎのようなものでです。

  あるネットのある会議室に、知人の女性の病気がなかなか治らずに、いくら医者に罹っても一向に好くならない。かえって悪くなる一方である。もしかしたら「気」が原因の病ではないかということで、ある人がその会議室に、救いのための情報を求めてきました。
  問題のその女性は、内科から精神科までのあらゆる病院を渡り歩いたそうです。症状は、どうやら白隠禅師の場合と同じように、自律神経失調症か心身症のようなものであったと思われます。
  そして、その女性は以前、呪術的な要素のある呼吸法を習ったことがあるということでした。それでもしかしたら、それが原因なのではないかというものでした。つまり気功の「偏差」のようなものです。きちんとした指導者につかないで、自己流で気功の練習を行うと、一種の自律神経失調症か心身症のようなものが発生することが知られています。

  そこで、この白隠禅師の呼吸法を紹介したところ、すぐに始めたそうです。間もなくして病気が、どんどん好くなって行くという書き込みがあました。そして、ついには病気が、ほとんど治ってしまったという報告がありました。そうなるまでに、一ヶ月ほどしか掛かりませんでした。医者も家族もびっくりだったようです。


  その女性の場合は以前に、「呼吸法」というものに関して、ある程度の知識と経験があったために、要領やコツが分かっていたようです。それで、そんな短期間で病気を治すことが出来たのだと思います。
  普通の人が、初めからそう簡単にコツがつかめるとは思えませんから、やはりそれなりの時間を掛けて、繰り返し鍛錬・訓練をするしかないだろうと思います。それでも白隠禅師の場合は、三年で完全に快復したということですし、弟子たちの場合は、もっと早く快復したように読み取れます。二、三週間で効果が現われるという禅師の言葉がありますし、また気功鍛錬の場合も、わずか30日間でほとんどの人が治っています。ですから一ヶ月というのは、一つの目安になりそうです。

  とにかく医学の進歩した現代でも、すべての医者から見離される人がいるのです。これは言うなれば、現代の難病です。そうした病気の人が、たった一ヶ月で完治してしまったのです。そのことを励みとして努力を続ければ、必ず活路が見出せるような気がします。


 *○○**○**○○*

  上に紹介した「気功」も、白隠禅師が伝えた「内観の秘法」「軟ソの法」も、ともに呼吸法の一種です。呼吸法というのは通常、「気」を操作する技術・技法であると考えられています。もちろん、ヨーガ、太極拳も同様です。
  そして、そうしたものの一つである気功には、様々な精神障害を治す効果があり、また白隠禅師が伝えた呼吸法も、同様に様々な精神障害に対して効果があるというのです。上に紹介した資料は、そのことを示しているわけです。これは一体、どいうことなのかを考えてみる必要があります。

  気功はきちんとした指導者につかないで、自己流で行うと、少々厄介なことが生じます。「偏差」と呼ばれていますが、一種の自律神経失調症か心身症のようなものが発生することがあります。禅も呼吸法の一種であると述べましたが、これからは「禅病」と言われるものが生じます。白隠禅師が罹った病気です。
  呼吸法を自己流で行なったり過激に行ったりすると、なぜそうした障害が発生するのでしょう。きちんとした指導者についた場合と、そうでない場合とでは、何が違うのでしょうか。このあたりに、上の疑問を解く鍵がありそうです。
  そして、この点に関しては、およそ次のように考えることが出来そうです。

  きちんとした指導者がいる気功教室で気功を習うと、練習の最後に必ず「終功」というものを行います。それによって、一度上がった気を降ろすといわれています。そのために腹部の丹田という部位に、気を降ろす動作を行います。これは運動をした後の整理体操や、ストレッチ体操と同じ効果を持つと考えられます。
  激しい運動をした後で翌日、筋肉痛を起こさないためには整理体操や、ストレッチ体操をやる必要があります。これは脳の興奮を、短時間で鎮める作用のあることが分かっています。脳波計で見ると、それまでは興奮状態であった脳が、急速に鎮まっていくのが分かります。つまり運動を止めてからも、脳の興奮状態はすぐには治まらないのです。その興奮状態が続くことで筋肉が休まらず、翌日の痛みの原因を創りだすのです。疲労が残る原因になります。

  呼吸法でも、それと同じことが起きると考えられます。つまり呼吸法を行ったあとの興奮が、脳の中でいつまでも持続している状態が、気が上がった状態と言われるものです。放置すれば、その状態がいつまでも持続します。ストレッチ体操や整理体操のようなもので、興奮を鎮める必要があります。
  運動終了後の整理体操やストレッチ体操は自己流で練習すると、最もおろそかになりやすい部分です。ですから偏差、禅病というのは、それをきちんとやらないための障害ではないかと考えられるわけです。

  要するに気功の効果というのは、その終功によってもたらされるのではないかと考えられるわけです。これをやらないために偏差という精神障害が発生し、これをきちんとやることにより様々な精神障害を治すことが出来るというのは、この終功の効果の中に、すべての秘密が隠されていると考えるのが妥当です。つまり、それによって、精神神経回路の中に創られた例のプログラムの活動を停止させることが出来るのではないかということです。
  禅の場合は、それが非常にゆっくりと進行するために、大抵の場合は禅病にならずに済むわけです。あまり過激に行うことがないように、危険防止のための機能が、座禅修行の行程の中に組み込まれているのです。つまり掃除や食事などの日常的な作業ともに、座禅修行が定期的に行われるようになっているのです。ここに古来よりの人々の知恵が取り入れられているわけです。


  さて、この「呼吸法」の効果を、もう少し原理的に説明すると、およそ次のように整理することができそうです。
  気功も禅も呼吸法の一種です。呼吸というのは、意識的に自律神経系に働きかけることが出来る唯一の方法です。そもそも自律神経系の機能は、発汗や心臓の鼓動のように、人が意識的に操作することの出来ないものです。ただし呼吸だけは自分の意志によって、早くしたり遅くしたりすることが出来ます。その呼吸に連動させる形で、他の臓器の機能を調節することが出来れば、結果的には、自分の意志で自律神経系を操作することになります。
  たとえばヨーガの達人は、呼吸数を減らし、心臓の鼓動を遅くして体温を低下させ、一種の冬眠状態を創り出すことができます。それを意識的に行っているのです。つまり自分の意志で、自律神経系を操作しているわけです。

  従って、「呼吸法」というのは、本来古い脳の支配下にある自律神経系に、意識的に介入することの出来る技術・技法ということになります。一方、精神障害を創りだすプログラムは、一種の「条件反射」のプログラムです。そのプログラムが自律神経系を操作して、様々な障害を創り出しているわけです。
  その自律神経系に意識的に働きかけることが出来るということは、結果的に、精神障害を創り出すプログラムの活動を押さえることが出来るというこです。きちんと終功を行うことで、自律神経系の興奮を鎮める作用が生じれば、病気は自然に治ることになります。要するに原因を創り出すプログラムさえ働かなくなければ、病気は発生しないということです。

  上に紹介した気功や、白隠禅師が伝えた呼吸法には、もともとそうした効果があると考えられるわけです。つまり呼吸法というのは、自分の意思で病気を治す技術・技法であるということです。
  ですから白隠禅師が、もしこれで病気が治らなかったら、私の首を差し上げますとまで言い切ったのは、それなりの根拠があったということです。要するに「呼吸法」には、現代科学が見逃している真理が隠されていたということです。或いは、解明されていないメカニズムが存在するということです。

  科学的な思考法の原点は、起きている現象を正確に捉えることです。そして事実を事実として捉えて、正しく分析することです。そうした姿勢で臨めば、呼吸法の有効性が、科学的に証明されるはずです。
  またこの方法を薬物療法と組み合わせて使えば、今までは完治させることのできなかった病気が、確実に治せるようになります。そうすれば患者も、家族も大いに救われます。

  精神医療に携わる人たちは、ぜひこうした観点に立って研究を進めて戴きたいものです。他の分野では、予防医療の一環として、気功を取り入れている病院があります。その効果も確認されています。従って、精神病院で気功や、白隠禅師の呼吸法を取り入れても、決しておかしくはありません。
  それどころか、今までは治せなかった病気が治せれば、精神病院のあり方が変わります。患者を世間から隔離するための病院から、病人を治すための病院になります。それこそが本来の病院のあり方です。


  ( 三 ) 麻酔剤を使う方法

   「星状神経節ブロック療法」

  三つ目は、少々怪しい方法です。実績もおそらく無いはずです。しかし、もしこの治療法の有効性が確認されれば、非常に有益な方法になります。なぜなら極めて簡単な治療で、たくさんの患者を治すことが可能になるかもしれないからです。

  ただし、これはあくまでも理論的に考えられるだけの方法ですから、実際にやってみなければ、治療の効果があるかどうかは分かりません。そうした極めてあやふやな治療法なのですが、それでも敢えて紹介するのは、もしこの治療法が確立されれば、多くの人たちを苦しめている病気を簡単に治すことが出来るからです。しかも長い間、努力したり、鍛錬したりといったことも必要ありません。ほとんど時間も掛かりません。そうした夢のような治療法です。しかし最大の問題点は、実績が無いことです。おそらく成功事例も、失敗事例も無いはずです。なぜならこの治療法を、実際に試みた人がいないからです。ですからこれに関しては、眉につばをつけながらお読みいただきたいと存じます。


  花粉症の治療法の一つに「星状神経節ブロック療法」というものがあります。これはのどの奥の方にある星状神経節の近くに、微量の麻酔剤を注入するというものです。その後、三十分ほど、音楽を聴きながら休むだけです。それを何度か繰り返えすことによって、花粉症が治ります。
  これは花粉症の治療法としては、すでに確立されているものです。実績ももちろんあります。しかもこれは、関節リウマチにも効果があるということです。

  さて、すでに申し述べましたように、花粉症もアトピー性皮膚炎も関節リウマチも、一種の「条件反射」のプログラムによって引き起こされるのではないかと考えられたわけです。つまり、胎児期に創られた原始的プログラムによる自己免疫疾患であろうということです。
  ですから花粉症の治療に効果があり、関節リウマチにも効果があるということは、当然のことながら、アトピー性皮膚炎にも効果があるはずですし、食物アレルギーにも効果があるはずです。さらには、関節リウマチと逆相関関係にある「精神分裂病」にも効果があるに違いないと考えられるわけです。

  だいぶ前に見たテレビ番組では、麻酔科の医師が出演して、花粉症に対するこの治療法の説明をしていました。その際に、脳の血流量の状態を示す装置を使って、麻酔剤を注入した時の状態が画面に映し出されました。麻酔剤を注入した直後から、急速に脳の全体に、血液が流れて行く様子が映し出されていました。まるで押さえられていた血液の流れが、突然、開放されたような印象を受けました。

  うつ病の人たちは、脳の内部の血流がよくないことが解っています。これもやはり同じ装置を使って、目で見て確認することが出来ます。うつの症状が出ている時は、灰色の部分が多くなります。流れている血液が少ないからです。ですからその調節をしているものが星状神経節であれば、この部分に対する麻酔剤の注入は、うつ病を物理的に治すことになります。血液の流れが、強制的に促進されるからです。
  同様のことは、他の様々な精神障害についても言えます。脳内を流れる血液の量と精神障害とは、密接に関連しているのです。脳の活動性を高めるには、エネルギー補給が必要だからです。従って、一時的にしろその状態が改善されれば、あとはその良好な状態を継続させればよいことになります。

  麻酔剤を注入した後、しばらく音楽を聴くというのは、右脳にその状態を認識させて、新たな条件付けのプログラムを形成するのに役立つのではないかと考えられます。つまり、それによって、かつての原始的プログラムが解除され、正常な状態の脳に変化して行くのではないかということです。病気を作り出すプログラムが解除されれば、精神障害は自然と治って行くことになります。
  つまり原理的には、麻酔剤と音楽によって、古い脳と右脳との関係が新たに構築されるためではないかと考えられるわけです。テレビに出演した医師の話では、この治療法は医学的にまだ説明が出来ていないそうです。ただし理由はわからないながらも、これによって花粉症は確かに治って行くのです。
  そして関節リウマチにも効果があるというのが、最大の注目点です。すでに述べたように関節リウマチと精神分裂病は、同一の原因で発生している可能性があるからです。そして、精神分裂病をはじめとする諸々の精神疾患は、すべて原始的な「条件反射」のプログラムによって引き起こされていると考えられるからです。
  従って、同じ「条件反射」のプログラムによって創り出される病気であるならば、うつ病、パニック障害、強迫神経症、引きこもり、家庭内暴力、幼児虐待、ストーカー、摂食障害なども、同様に治せるに違いあるまいということです。つまり、うつ病やパニック障害の人で、同時に花粉症の症状があれば、この治療を受けることによって、両方ともいっぺんに治せるかも知れないわけです。

  しかしながらそうした実例は、今のところ無いようです。そもそもこういう考え方がなかったため、実際にやった人がいないからです。発想そのものが無かったからです。
  もちろんこれは人に対して、実験することは出来ません。ですから誰かが試験的にチャレンジして、実際にやってみなければ、効果のほどは分からないということです。勇気のある人が、自主的にやってみるのを待つしかないわけです。

  その結果、もしこの方法の有効性が確認されれば、一番手軽な治療法ということになります。ただし、失敗した場合の弊害がどの程度であるかは、まったく予測することができません。何も起こらないかも知れませんし、場合によっては、生命の危険さえあるかもしれません。そうした危険性があるということは、一応、付け加えておきます。


  ******* ○○ *****

  【 お 断 り 】
    最後に一言、お断り申し上げておきます。

  上に紹介した治療法に関する考え方は、大筋では間違っていないように思います。様々な心の病気は、一種の「条件反射」のプログラムが原因で創り出されるのです。ですからそのプログラムさえ解除することが出来れば、病気は自然に治って行くことになります。つまり原因となるものが除去されれば、病気にはならないということです。これは自明の理です。
  上に紹介したものは、いずれもこの考え方に基づく説明が可能になるものです。従って、出生外傷(トラウマ・オブ・バース)が原因で生じる病気に対しては、すべてに効果があるものと考えられます。ですからまさに万病に効く治療法ということになります。これは普通に考えれば、かなり怪しくて、そして胡散臭い治療法です。本来であれば、およそあり得ない治療法だからです。

  そうした好いことづくめの治療法は、大いに疑って掛かる必要があります。ペテンと詐欺の常道に引っかかったら大変なことになります。必ず裏があると思って、石橋を叩きながら渡ることをお勧めします。なぜなら万一のことが起こってからでは、遅いからです。

  そうした意味から、上に紹介した資料をどう役立てるかは、その人の勝手です。まったく根拠の無いものとして読み飛ばすのも勝手ですし、これを参考にして、何かをやってみようと思うのもその人の勝手です。是非にと言って勧めるものは、誰もおりません。ましてや強制する者などは、絶対におりません。これを読まれた方の判断こそがすべてです。
  それでなくとも上に紹介したものの中には、多少の危険性を伴うものもあります。ですから私としては、情報は提供いたしますが、決してお勧めはいたしません。ご自身の判断に従って、ご利用ください。
  そもそも宗教家でもない私は、親切心や、慈悲心に満ちあふれた人間には出来上がっていません。しかもどちらかというと、運命論者です。人の運命は、その人が生まれる前からすでに決まっているという考え方を持っています。ですから精神的な障害を背負ったまま、一生を終える運命の人もいるのだろうと思っています。また、それとは逆に、自分の運命を自らの努力によって切り開く人もいるのだろうとも思っています。その人たちは自分で、自分の病気を治す努力をするはずです。その結果として、もともと病気が治せる運命を有っている人は、もしかしたら治せるだろうくらいに考えています。要するに、そのような一運命論者の、同情心に基づく情報提供です。同じ人間としての同情心からです。親切心からではありません。その情報をどう利用するかは、ご本人の判断次第です。

  しかしながら精神分裂病にしても、うつ病にしても、パニック障害にしても現代医学では、原因さえ分からないと言っています。強迫神経症、不登校・ひきこもり、家庭内暴力なども同様です。ですから医学の進歩だけを頼っていたのでは、結局、死ぬまで病気が治せないということです。
  つまり一つだけ確かなことは、何もやらなければ、結局、何も変わらないということです。今の状態がこの後、何年も何十年も続くかも知れないということです。或いは、一生涯続くかも知れないということです。ですから、あとは自己責任に於いて、何かをやってみるしかないだろうということです。

  ただし、やってみた結果についても、保証は、一切ありません。もしうまくいけば、病気が治るかもしれません。逆に下手をすれば、さらに悪化するかもしれません。成功事例はありますが、それが万人に当てはまるかどうかは、個々の結果をみなければ分かりません。そうしたかなりあやふやなものであることは、事前に申しあげておきます。


  万一、あとから責任を追求されると困りますので、確認の意味で最後に、もう一度、繰り返しておきます。
  それをやるかやらないかは、ご本人がきめることです。私は、決してお勧めいたしません。あくまでも自己責任に於いて、もし気が向いたら、やってみられたらいかがでしょうかと申し上げておきます。幸運の女神が微笑むかどうかは、やはり人によって異なるはずだからです。

   2001. 9. 17.    店主記す





 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒