精神障害の原因〔捕捉〕
 ―――――――――――

  この章に関連する事項を、いくつか捕捉しておきます。

 捕捉 -- 〔 1 〕
  【 幼児の胎内記憶 】

  朝日新聞 2001年9月23日。家庭欄に『おぼえているよ、ママのおなかの中で泳いだこと』と題して、ある産婦人科医の調査結果が紹介されました。

  次のようなものです。少し長めに引用させていただきます。

  「 胎内や出産の時の記憶が子どもにはあるのか。産婦人科医が母親を通じて幼児79人に聞き取り調査をしたところ、『胎内』は53%、『出産時』は41%が記憶を口にしたという。/ ーー 中 略 ーー /
  それによると、胎内の記憶があったのは42人。内容は『暗い』『赤い』など明るさや色の表現が20人で最も多かった。2歳9ヶ月のころ、部屋の豆電球のあかりをさして、『ママのおなかの中と同じ色』と話した5歳の男児もいた。
  次いで多いのが、動いていた記憶(19人)。『ぐるぐる回っていた』『泳いでいた』など気持ちのよい自由な印象が目立つ。
  出産時の記憶は32人にあった。 一番多いのは『早く出たいと思った』『痛い』『落っこちる感じ』など感情を表わしたもの(14人)。生まれた時の様子を話す子は11人いて、『ママのがんばれという声が聞こえた』『みんなが「おいでおいで」といった』と具体的なものもあった。
  母親が『難産だった』と答えた7人の子は全員、記憶があり、『落ちる』『冷たい』などマイナスイメージだったという。
  また、小学一年の男児は学校の作文で『おかあさんのおなかにいるときにほうちょうがささってきて、あしをつかまれておしりをたたかれた』と書いていた。ーー 略 ーー 母親に聞くと、帝王切開で逆子だった。ーー 以下、略 」


  この調査結果は、同じ日に、札幌市で開かれた保団連医療研究集会で発表されたということです。ですから、この集会に参加された人たちは、さらに詳しい内容を聞かれたことでしょう。

  さて、この中で注目されるのが、
  「母親が『難産だった』と答えた7人の子は全員、記憶があり」
  という部分です。
  このことが広く認識されていないために、出生外傷(トラウマ・オブ・バース)が創り出す様々な精神障害が理解されなくなってしまうのです。要するに、この時の記憶を、成長後に思い出すことが出来ないことが問題なのです。この記憶には「感情」が引っ付いていて、それがふとした切っ掛けで、突然“再現・復元”されることがあるからです。それが精神障害となって現われるのです。

  それにしても、こうしたことはどちらかというと、産婦人科の医者がやるよりは、心の専門家である精神科、神経科、心理学の分野の人たちがやるべではないかと、、、
  どうしても思ってしまいます。


                               2001. 11. 23.        店主記す


 ---------------
  *********
 ---------------

 捕捉 -- 〔 2 〕
  【 脳の中の鏡・・・ ミラーニューロン 】


   生命38億年スペシャル
  (2001年11月17日(土) TBSテレビ 午後9時〜11時48分)より

  我々の脳の中には、無意識的に他人に共感してしまうシステムが、始めから組み込まれている。
  これは近年の大発見である。

  発見者は、イタリア北部の古い町、パルマにある パルマ大学人間生理学研究所
  ジアコーモ・リッツォラッティ博士である。


  ○ サルの脳の F5 と呼ばれる領域には、サルが物を掴む時に働く神経がある。
    ある時目の前で、研究者が物を掴んだときに、サル自身は物を掴んでいないのに、この神経が激しく活動した。

  自分は何もしていないのに、他人の動作を見るだけで、同じ事をしているかのように、脳が活動する。
  まるで鏡のように反応するこの神経システムは、その名の通り、ミラーニューロン(THE MIRROR NEURONS)と名づけられた。


  ○ このミラーニューロンは、人間にもある。
   人がりんごを掴む動作をしようとたときに、脳のある部分が活発に活動する。その部分が活動することによって、人は掴むことを意識し、実際に掴む動作を起こす。

  一方、他の人が、同じようにりんごを掴むのを見るとき、自分は動かなくても、脳のまったく同じ部分が活動する。
  つまり人間は、このミラーニューロンの働きにより、他人の行動をあたかも自分の行動のように感じ取ることが出来るのである。


  ジアコーモ・リッツォラッティ博士の説明
   『 我々が人の身振り手振りを理解できるのは、他人と同じ状況に、自分の身を置くことが出来るからです。自分にも出来ることだから、人のやることも理解できるのです。
  人間は、ほかの人の心の動き方を読み取ることが出来ますが、この能力は、生まれつき持っているミラーニューロンを子どもの頃から使うことで発達するのです。』


  ○ 西谷信之博士の研究 (国立身体障害者リハビリテーションセンター)

  MEG(脳磁場計測装置)を使った実験
    脳の活動をリアルタイムで詳しく調べることが出来る
    TBSの山内あゆアナウンサーが実験台となる。

  被験者は、次の三つの課題を実行する
  (1)棒の先を自分のペースで自由につまむ。
  (2)他の人がつまむのを、ただ観察するだけ。(被験者は何も考えないようにする)
  (3)他人が棒をつまむのを見たら、即座に、自分もまねをしてつまむ。(被験者は何も考えないようにする)


  実験結果
  (1)脳の前頭葉のある一部分に、活動している部分が現われた。
    ( 映像では、脳の一部分に白っぽく輝くような部分が現われていた。)

  (2)まったく同じポイントが活動していることが分かった。
     ( 上とまったく同じ状態になった。)
    * このことから、他人の動作に共感するシステム、ミラーニューロンが、人間の脳で働いていることが、はっきりと証明されたことになる。

  (3)ミラーニューロンの活動が、より激しく、大きくなった。
     ( 上の二回の場合よりも、輝く部分がかなり大きく広がった)

    西谷信之博士の説明
    * 動作を自分ひとりでやる時よりも、真似るときのほうが、やりやすいということを裏付けるものといえる。


  ○ ミラーニューロンがある脳の場所。
   言語に関係すると言われる、ブローカ野(運動性言語野)であった。本来ここは、言葉を話すときに働く部分である。

  西谷信之博士の説明
   * ここはもともとは、言語発生以前には、或いは現在の我々にも、相手の動作を認識していた場所ではないか。今現在の我々にも、それが残っているのではないかと考えられる。


 ―― ** ○○ ** ―― 

  このミラーニューロンは、当然のことながら乳・幼児期から機能しています。ですからこれは親のやることを、すべて自動的に吸収するメカニズムともいえるわけです。
  その記憶が、一種の「条件反射」のプログラムとして保存されることにより、後年、ふとした切っ掛けで、同じ事が“再現・復元”されるのです。
  「幼児・児童虐待」の世代連鎖が起きるのは、そのためです。ストーカー行為、ドメスティック・バイオレンス等々も同様です。本人が過去に体験した出来事が、知らず知らずのうちに“再現・復元”されてしまうのです。


    2001. 11. 23.      店主記す





 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒