夏目漱石の「狂気」と“ 幼児虐待 ”  a@1
 ――――――――――――――

 漱石に発生した不可解な精神異常の謎 ・・・ その 一


  夏目漱石は、文豪として知られる作家です。『吾輩は猫である』『草枕』『坊っちゃん』『虞美人草』『三四郎』『それから』『行人』『こころ』『道草』『明暗』などの、多くの作品を残しています。千円札の肖像画にもなっていますから、日本人でこの人を知らない人は、まずいないでしょう。まさに国民的な大作家です。

  その漱石に、何らかの「狂気」があったことは、一般的にはあまり知られていないかも知れません。しかし専門家や研究者の間では、広く知られています。鏡子夫人が残した『漱石の思ひ出』(夏目鏡子述、松岡譲筆録)という本の中には、家庭内に於ける漱石が、どのような異常を示したかが詳しく記されています。これを読めば誰もが、認めなければならない事実ということになります。

  しかしながら、それではその「狂気」の正体は、一体、何であったのかということになると、それがさっぱり分からないのです。病跡学や精神病理学の専門家の意見が、バラバラだからです。ざっと拾い上げてみると、およそ次のようになります。

 ○ 「 非定型の躁鬱病 」   中川秀三 
 ○ 「 病状は分裂病だが、周期的なところは躁鬱病 」 高良武久 
 ○ 「 混合精神病 」  西丸四方 
 ○ 「 精神分裂病圏の病気 」  荻野恒一 
 ○ 「 内因性うつ病」  千谷七郎
 ○ 「  同 上  」  加賀乙彦 


  漱石一人の病状に対して、こうした様々な病名が並べられているのです。しかもここに書き出した以外にも、さらにいろいろな説が提出されています。従って、漱石の病名は、研究する学者の数だけあるといった状態なのです。
  これだけの病名があればへたな鉄砲と同じで、どれかに当てはまりそうなものなのですが、実際のところは、何れもが決め手に欠けるのです。専門家や研究者がどれほど真剣に検討しても、まさしくこれこそが妥当であるという結論に到達しないのです。
  それは、あれだけの作品を残した大文豪、漱石という人に、何らかの精神的な異常の存在を認めることがそもそも困難だからです。残された業績の評価と、作者本人の実像とがつながらなくなるからです。つまり漱石という人に、何らかの精神的な異常があったならば、あれだけの作品を残せるはずがないということです。しかも実際に現われた症状を、うまく説明できる学説が無いからです。

  判断基準となる『漱石の思ひ出』の中で説明されている症状に、既存の病名をそのまま当てはめれば、誰もが間違いなく「精神分裂病」という病名をつけるに違いないのです。実際に漱石には、精神分裂病の初期症状が出現していたからです。ところが現実には、誰一人として、そういう診断は下していないのです。せいぜいが「精神分裂病圏の病気」といった段階に止まっています。或いは、「病状は分裂病だが、周期的なところは躁鬱病」などと、わけのわからないことを言っている人もいるくらいです。つまり残されたあまりにも偉大な業績が、この病名をつけることを否定しているのです。

  これこそは天才、漱石の漱石たる由縁と言えるでしょう。「天才と狂気は紙一重」ということわざは、まさしく漱石の場合にこそ、もっともよく当てはまるのです。そして同時に、それが後世の学者や研究者の頭を悩ませる原因にもなっているわけです。


   ( 一 )


  漱石の「狂気」について考える場合に、絶対に見逃すことが出来ないものとして、次のような出来事があります。漱石が留学先のロンドンから、帰国した直後の出来事です。次のようなものです。

   「 −−− たしか三日めか四日めのことです。長女の筆子が火鉢の向こう側にす
    わっておりますと、どうしたのか火鉢の平べったいふちの上に五厘銭が一つのせ
    てありました。べつにこれを筆子が持って来たのでもない、またそれをもてあそ
    んでいたのでもありません。ふとそれを見ますと、こいついやな真似をするとか
    何とかいうと思うと、いきなりぴしゃりとなぐったものです。何が何やらさっぱ
    りわかりません。筆子は泣く、私もいっこう様子がわからないから、だんだんた
    ずねてみますと、−−− 」

     (『漱石の思い出』夏目鏡子述、松岡譲筆録 文春文庫 一七 帰朝 )



  漱石が国費留学生として留学していたイギリスから帰国したのは、明治三十六年一月のことでした。漱石が三十七歳のときです。妻の鏡子の証言によれば、このときから漱石には、精神的な異常が発生したということです。
  そのことを証明する事例が、上のような出来事でした。火鉢の前に座っていた長女の筆子を、いきなりぴしゃりと叩いたというのです。ロンドン留学中にも、漱石発狂の噂は伝わって来ましたが、実際に妻の鏡子が体験したのがこの出来事でした。

  この文章の後には、その理由として漱石自身がロンドン時代に、下宿のおかみさんから受けた仕打ちについて語った内容が記されています。漱石がある時、乞食に銅貨を恵んでやったところ、それと同じ銅貨が下宿の便所の窓に乗っていたというのです。それでやはり下宿のかみさんが、四六時中自分のことを見張っていて、これ見よがしに乗せたに違いないと憤慨したというのです。要するに、その時のことと混同したというのが、漱石の言い訳であったというのです。

  この漱石の言い訳の内容は、いかにももっともらしく聞こえます。しかしここで問題にすべきは、まだ年端も行かない自分の娘を、いきなりぴしゃりと叩いたいという行為そのものです。実際にこうした行動を引き起こした、心理的メカニズムです。
  筆子が生まれたのは明治三十二年五月ですから、当時は、まだ三歳八ヵ月の幼児でした。その筆子を、いきなりぴしゃりとなぐったのです。漱石本人の言い訳は別として、その奥に隠されているものを探り出す必要があるわけです。これは通常では起こり得ないことだからです。突然こうした行動を起こさせた原因が、何か、あるに違いないからです。


  そして、もう一つは、次のような出来事です。これは次男の夏目伸六氏が、まだ幼かった頃に、実際に体験した出来事です。

    「 ーーー 子供心に驚異の眼を見張りながら、一心不乱にこの光景を眺めていた
     。すると、
     『おい?』突然父の鋭い声が頭の上に響いた。
     『純一、撃つなら早く撃たないか』
      私は思わず兄の顔へ眼を移した。兄はその声に怖気づいたのか急に後込み
     しながら、
     『羞(はず)かしいからいやだあ』
      と、父の背後にへばりつくように隠れてしまった。私は兄から父の顔へ眼を転
     じた。父の顔は幾分上気をおびて、妙にてらてらと赤かった。
     『それじゃあ伸六お前うて』
      そういわれた時、私も咄嗟にきおくれがして、
     『羞かしい‥‥‥僕も‥‥‥』
      私は思わず兄と同様、父の二重外套(まわし)の袖の下に隠れようとした。
     『馬鹿っ』
     その瞬間、私は突然怖ろしい父の怒号を耳にした。が、はっとした時には、私
    はすでに父の一撃を割れるように頭にくらって、湿った地面の上に打倒(ぶった
    お)れていた。その私を、父は下駄ばきのままで踏む、蹴る、頭といわず足とい
    わず、手に持ったステッキを滅茶苦茶に振り回して、私の全身へ打ちおろす。兄
    は驚愕のあまり、どうしたらよいのか解らないといったように、ただわくわくし
    ながら、夢中になってこの有り様を眺めていた。その場に居合わせた他の人達も
    、皆呆っ気とられて呆然とこの光景を見つめていた。私はありったけの声を振り
    絞って泣き喚きながら、どういう訳かこうしたすべてを夢現(ゆめうつつ)のよ
    うに意識していた。また自分自身地面の上を、大声をあげてのたうちながら、衆
    人環視の中に曝(さら)されたこうした自分の惨めな姿を、私は子供ながらに羞
    かしく思わずにいられなかった。 ーー 以下、略 ーー 」

    ( 『 父・夏目漱石 』 夏目伸六著 (文春文庫)父・夏目漱石 )



  これは伸六氏が、まだ幼かった頃に、見世物小屋が立ち並んだ神社の境内で、兄の純一氏と一緒に、射的をした時に起きた出来事であるとのことです。
  次男の伸六氏が生まれたのは、明治四十一年十二月です。この出来事が起きたのが、氏が四〜五歳の時であったとすると、ちょうど大正二年の『行人』執筆中の時期と一致します。この時期の漱石は強度の神経衰弱と、それに続く胃潰瘍のために『行人』の新聞連載を、半年ほど休んでいます。三月から九月までです。ですからこれは、そのことと関連する出来事であったと思われます。

  ここには、我々が知っている漱石とは、かなり異った漱石像が描かれています。しかも、まだ年端も行かない我が子に、殴る蹴るの乱暴を働いたというのです。ですからこれも、何らかの精神的な異常の存在を裏付けるものとなります。
  また、上の伸六氏の文中にある、
   『父の顔は幾分上気をおびて、妙にてらてらと赤かった。』という観察は、次に紹介する妻の鏡子の証言とも一致しています。

   「  いったいこの時以後気のついたことですが、あたまの悪くなる前には、まるで
    酒に酔っ払ったように顔が上気するのです。初めはそんなことに気がつきません
    でしたが、後ではそれが分かり、子供たちまで上の方の娘などはそれを知って、
    いくら前の晩ににこにこしていても、顔がゆだったように火照(ほて)っている
    時には、それ明日またと警戒しています。ときまって翌朝になると、がらりと雲
    行きが変わるのだから不思議です。」

    ( 『漱石の思い出』 夏目鏡子述、松岡譲筆録 文春文庫 二二 小康 )



  つまり鏡子の観察によれば、漱石に何らかの精神的な異常が発生するのは、なぜか『顔がゆだったように火照(ほて)っている時』であったというのです。
  ですから、この時も漱石の精神状態は、やはり異常な状態であったと考えられるわけです。つまり、これも何らかの「狂気」の出現によって引き起こされた出来事であったということです。ちなみに、上の文中に「上の方の娘」とあるのは、長女の筆子を指します。

  ところで、長女の筆子が帰国直後の漱石にいきなりひっぱたかれたのが、わずか三歳半の時でした。また伸六氏がステッキで殴打されたのが四〜五歳の頃であったとすると、最近注目されるようになった「幼児。児童虐待」との関連性が浮かび上がって来ます。
  幼児虐待は、幼い頃に虐待を受けた子供たちが成長すると、今度は虐待をする側にまわって、自分の子供たちに虐待を加えてしまうことが知られています。虐待の世代連鎖と言われるものです。たとえぱ幼い頃に虐待を受けて育った母親が、いつまでも泣き止まない我が子に、一瞬、カットなって我を忘れ、ハッと気がついたら、その子を無意識的に叩いていたということが起きます。。かつて自分自身が体験したことが、本人の意思とは無関係に自動的に再現されてしまうのです。要するに過去の体験が、今現在の自分の行動として繰り返されるわけです。
  従って、上に紹介した二つの事例で見た場合に、漱石にもそれと同様のことが発生した可能性があるわけです。


   ( 二 )

  さて、上に紹介した事例を、現在社会問題になっている「幼児・児童虐待」として捉えた場合に、もしかすると漱石は幼児期に、同様の虐待を受けていたのではなかろうかと考えることが出来ます。つまり漱石自身が、かつて同様の虐待を受けており、それが繰り返されたのではなかろうかということです。
  そこで漱石の誕生から、幼年期、少年期までを調べてみると、次のような状況下で育ったことが分かりました。年表の形で示すと、以下のようになります。


  ○ 漱石が生まれたのは、1967年(慶応3年)2月9日。父の小兵衛直克が50歳。母のちゑが41歳の時であった。金之助と命名される。
    生まれてすぐに(推定、同年2月15日)、四谷の古道具屋(一説に八百屋)に、里子に出される。
                          < 満 0歳 >
  ○(推定)1868年(明治元年)11月 塩原昌之助(28歳)・やす(28歳)夫婦の養子となる。
                         <(推定)1歳9ヶ月 >
  ○(推定)1870年(明治2年)この年に受けた種痘が原因で、天然痘に罹る。
                        <(推定)3歳 >
  ○1874年(明治7年)1月 養父母の間に不和が生じる。
                          < 6歳 >
  ○  同  年     4月 養母のやすが、金之助をつれて別居する。
                           < 7歳 >
  ○  同  年    12月 養父母が離縁となり、金之助は養父の昌之助と日根野かつ(28歳)の許に引き取られる。そこにはかつの連れ子で、一歳年上の娘、れんがいた。
                           < 7歳 >
  ○1875年(明治8年)12月 塩原姓のまま、夏目家に戻る。
                           < 8歳 >


  以上のように、漱石こと夏目金之助は、高齢の夫婦の恥かきっ子という境遇に生まれました。そして、母親に乳が出なかったことから、生まれてすぐに里子に出されました。そのあたりの経緯については、『漱石の思ひ出』に次のように記されています。

   「 ところが生まれはしたものの父の五十四歳かの時の年寄り子で、はたへ対して
    もみっともよくない上に、第一お乳がでない。そこで家へ女中に来ていたものの
    姉が、四谷で古道具屋をやっている。そこへ乳があるというので里子にやること
    になりました。ところがその古道具屋というのが、べつにれっきとした店をもっ
    てるほどのものではなく、毎夜お天気がいいと四谷の大通りへ夜店を張る大道商
    人だったのです。
     ある晩高田の姉さんが四谷の大通りを歩いていますと、大道の古道具屋のそば
    に、おはちいれにいれられた赤ん坊が、暗いランプに顔を照らし出されて、かわ
    いらしく眠っております。近よってみると紛(まご)う方なくそれが先ごろ里子
    にやつた弟の「金ちゃん」なのです。何がなんでもおはちいれに入れられて大道
    の野天の下に寝せられているのはひどい。姉さんはむしょうにかわいそうになっ
    て、いきなり抱きかかえて家へ帰って参りました。が一時の気の毒さで連れ帰っ
    てはみたものの、もともと家には乳がありません。そこでお乳欲しさに一晩じゅ
    う泣きどおしに泣き明かす始末に、連れて来た姉さんは父からさんざん叱られて
    、しかたなしにまたその古道具屋へかえしてしまいました。こうして乳離れのす
    るまで古道具屋に預けておかれました。」

 ( 『漱石の思い出』 夏目鏡子述、松岡譲筆録 <文春文庫> 七 養子に行った話 )


  このようにして漱石は、乳離れのしたあと、一旦、里親の古道具屋のところから実家に戻されます。その後、今度は、塩原昌之助の所に養子に出されます。その経緯は、次のように記されています。上に紹介した部分のつづきの部分です。

  「 けれどももともと家へは置いときたくない父の肚ですから、機会があれば他へ
   養子にでもやろうとしていたものでしょう。そこへ折りよく養子の話が持ち上が
    りました。もらいたいというのは子供のいない塩原夫婦です。
   塩原昌之助というのは、もと夏目の家に書生をしていたものですが、この男み
   どころがあるというわけで、名主の株を買ってもらってだんだん取り立てられ
   、そのころでは浅草の戸長となっておりました。妻女のおやすさんというのも、
   たしか夏目の家に奉公していて、いっしょにしてもらったのだそうですが、夫婦
   の間に子供がありません。養子を物色していたところへ、第一候補に上がったの
   が、いらないもの扱いにされている夏目の末っ子です。恩人の子ではあり、男の
   子で願ったりかなったりで、こちらもやるくらいなら気心の知れたところがいい
   というので、とうとう塩原へ養子に行くことになりました。それが夏目が三歳の
   時です。」

                       ( 同 上 )


  上の文中に『それが夏目が三歳の時です』とあるのは、数え年で三歳ということです。従って、満年齢では、二歳ということになります。
  ( 上の年表で一歳九ヶ月としたのは、諸説あるうちの一つです。いずれが正しいかは、今となっては分かりません。ただし実家で数ヶ月間過ごしたとすれば、どちらも間違いとはいえません。)


  また、塩原昌之助の所へ養子に行ってから、最終的に八歳で夏目家に戻ることになるまでの状況も、『漱石の思ひ出』の中に詳しく記されていますので、ここに紹介しておきます。上の部分は、さらに次のように続きます。

  「 最初のうちは夫婦二人ともたいそうなかわいがりようで、ことに妻女のおやす
   さんなんかは、何でも欲しいというものは買ってくれるし、それはそれはわが子
   のようにちやほやしたそうですが、そのうちに子供はそっちのけにして、夜昼喧
   嘩ばかりするようになりました。いったいおやすさんという人は、根が非常なや
   きもちやきだったのですが、やきもち喧嘩をするには原因があったのです。とい
   うのは、戸長をしておりましたもので、浅草のどこかの後家さんで淋しく暮らし
   ている女(ひと)があり、それがいくらか地所や何かの財産をもっているところ
   から、いろいろそのめんどうをみてやっているうち、女のほうではひどくそれを
   力にして頼ってきたのが始まりで、しまいには色にからんでしまったものらしい
   のです。やきもちが募れば男も意地ずくになりましょうし、後家さんのほうでも
   嵩にかかってきて、とうとうその女が家に入り込んで、あべこべにおやすさんを
   追い出そうと言う始末。そうそう喧嘩ばかりしている家では、子供の上にどんな
   災厄が振りかからないものでもない。こういうのでことに一番上の大一兄さんが
   たいそう同情して、自分は病身ではあり、とうてい妻帯もできそうにないので、
   『金ちゃん』を養子にして後を取らせようと、引き取ることになったのだそうで
   す。それが夏目が七歳の時の話です。」

                       ( 同 上 )


 ( ここに『 ーー 夏目が七歳の時の話です』とあるのは、どうやら鏡子の記憶違いかと思われます。漱石は日根野かつの連れ子のれんと、しばらくの間一緒に育てられたはずですから、七歳では計算が合わなくなります。上の年表の、満八歳を正解としておきます。)


 さて以上のように、漱石の乳幼児期は、けっこう波瀾万丈であったことが分かりました。そして、生まれてすぐに里子に出されていた期間を別とすれば、幼児期の漱石に最も強い影響を与えたのが、養父母である塩原夫婦でした。
  とりわけ注目されるのが、養母の塩原やすという女性です。この女性が、どのような人物であったかを調べることにより、漱石の幼児体験とのつながりが見えて来ることになります。


   ( 三 )


  幼児期の漱石に最も強い影響を与えたのが、養母の塩原やすという女性でした。この女性が、どのような人物であったかを調べることによって、漱石の幼児期のトラウマ体験を探ってみることにします。それによって、上に紹介した二つの奇怪な出来事とのつながりを見つけだすことが出来ます。また、そのことを解明することにより、漱石の「狂気」と言われるものが、今日大きな社会問題になっている「幼児・児童虐待」と同様のメカニズムで発生したという裏付けにもなります。つまり意外な事実関係が見えて来るわけです。

  塩原やすという女性に関しては、伝記などの形で詳しい資料が残されているわけではありません。しかしながらこの女性は、漱石の作品の中に登場しています。『道草』の中で、島田の細君として登場しているのがその女性です。御常という名前になっています。
  『道草』の四十回には、その御常の人物像が、次のように描かれています。

  「 島田は吝嗇(りんしょく)な男であった。妻の御常は島田よりも猶(なお)吝
   嗇であった。
    『爪に火を点すってえのは、あの事だね』
    彼が実家に帰ってから後、こんな評が時々彼の耳に入った。然(しか)し当時
   の彼は、御常が長火鉢の傍(そば)へ坐って、下女に味噌汁(おつけ)をよそっ
   て遣るのを何の気もなく眺めていた。
    『それじゃ何ぼ何でも下女が可哀相だ』
    彼の実家のものは苦笑した。
    御常はまた飯櫃(おはち)や御菜(おかず)の入っている戸棚に、いつでも錠
   を降ろした。たまに実家の父が訪ねて来ると、きっと蕎麦を取り寄せて食わせ
   た。その時は彼女も健三も同じものを食った。その代り飯時が来ても決して何時
   (いつ)ものように膳を出さなかった。それを当然のように思っていた健三は、
   実家へ引き取られてから、間食の上に三度の食事が重なるのを見て、大いに驚い
   た。」
                   ( 『道草』 四十 新潮文庫版 )


  これを一読しただけでも、御常という人物が、いかに吝嗇であったかが分かります。即ち、たいへんなケチであったということです。しかも、『島田は吝嗇な男であった。妻の御常は島田よりも猶吝嗇であった。』というのですから、かなりのものだったのでしょう。
  しかも、その後に記述されている、『ーーー 戸棚に、いつでも錠を降ろした。』とあるのは、それがやや病的なものであったことを示唆しています。

  当時の物騒な世情からすれば、金銭的な価値のある物は、すべて厳重に保管する必要があったものと思われます。しかし日々、日常的に使用する食品戸棚にまで施錠するというのは、やや異常です。これは、この女性の性癖の一端を表わすものと考えてよいでしょう。つまり、ただの吝嗇ではなく、やや病的な側面をもつものであったということです。
  同時に、この女性の性格の中には、他人が一切信用できないという強い猜疑心があったと考えることが出来ます。他人が信用できないからこそ、食品戸棚に施錠が必要になるのです。またこれはあとで紹介しますが、その強い猜疑心の故に、いずれは夫婦関係の破綻さえ生じさせることになるのです。しかもこの女性は、非常にウソをつくことか巧みでした。世渡りの権謀、術策に長けていたのです。いわゆる渡世技巧と言われるものです。これについては、また後で触れることにします。
  これが現実の塩原やすという女性の性格であり、特徴だったのです。つまり漱石の母親代わりであった女性は、こういう性格的に片寄りがある人物であったということです。幼年期の漱石は、そうした家庭環境で育てられたわけです。


  さてところで、塩原やすという女性のこのような性格を念頭に置いた上で、例の筆子が帰国直後の漱石に、いきなりぴしゃりと叩かれたという出来事を重ね合わせてみると、これまでは見えなかった部分が見えてきます。また、或る方向性を持った推測が可能となります。

  「 −−− 長女の筆子が火鉢の向こう側にすわっておりますと、どうしたのか火
   鉢の平べったいふちの上に五厘銭が一つのせてありました。ーーー ふとそれを
   見ますと、ーーー いきなりぴしゃりとなぐったものです。何が何やらさっぱり
   わかりません。−−− 」


  塩原やすという女性が、それほどの吝嗇であったならば、たとえ小銭一枚といえども、もし失くなれば、それこそ血眼になって、必死で探したことでしょう。
  そして、その五厘銭を、何も知らぬ子どもの漱石がもてあそんでいたとしたら、
   『ふとそれを見ますと、ーーー いきなりぴしゃりとなぐったものです。』という事態が発生したとしてもおかしくはありません。つまり、筆子に生じた出来事とまったく同じことが、かつて漱石本人に対して、実際に行われたのではなかろうかという推測が成り立つわけです。
  塩原やすという女性の性格を、やや病的な側面を持つ吝嗇と説明したのは、そうした見境がつかなくなるような状況のあったことが想像されるからです。理性を失くして、まさに金の亡者となっている人には、相手が幼い子どもであるかどうかの判断はつきません。病的というのは、そうした意味を含むわけです。

  従って、その時の体験が、トラウマとなって漱石の記憶の中に残されており、後年、同じ様な状況の下で、突然、それが“ 再現・復元 ”されたと考えると、漱石の不可解な行動の意味を理解することが出来ます。つまりそれは、かつて漱石自身が受けた“虐待”の体験が、そのまま繰り返されたものであったということです。
  ここには、幼い頃に虐待を受けていた子供たちが、成長すると今度は、虐待をする側にまわって、自分の子供たちを虐待するという「幼児・児童虐待」のメカニズムが働いているわけです。要するに、上に紹介した二つの事例で見た場合、漱石にもそれと同様のことが発生した可能性があるということです。


  ( 四 )


  さて、漱石の「狂気」を代表するものの一つが、実は今日大きな社会問題となっているところの「幼児・児童虐待」と、同様のメカニズムで発生した可能性のあることが分かりました。つまり幼児期に、養母であった塩原やすという女性から受けた虐待の体験が、トラウマとなって漱石の記憶の中に残されており、後年、同じ様な状況の下で、突然“ 再現・復元 ”されたものであるということです。
  従って、もう一つの出来事に対しても、これと同様の考え方が成り立つ可能性が出て来たことになります。つまり、夏目伸六氏が体験した奇怪な出来事も、もしかしたら「狂気」の産物と言うよりは、むしろ過去に漱石自身が受けた「虐待」の“ 再現・復元 ”ではなかったかということです。

  そうした観点に立って島田夫婦と、子ども時代の漱石の関係を調べてみると、次のような状態であったことが分かりました。まず養父母となった島田夫婦は、前にも申し述べましたように、たいへんな吝嗇でした。ところが彼らは、そうした本心とは裏腹に、貰いっ子であった漱石に何でも買い与えていました。
  その辺りのことが『道草』には、次のように記されています。

  「 然し健三に対する夫婦は金の点に掛けて寧ろ不思議な位寛大であった。外へ出
   る時は黄八丈の羽織を着せたり、縮緬の着物を買うために、わざわざ越後屋まで
   引っ張って行ったりした。
        / ーー 中 略 ーー / 
    彼の望む玩具(おもちゃ)は無論彼の自由になった。その中には写し絵の道具
   も交じっていた。
        / ーー 中 略 ーー / 
   要するに彼はこの吝嗇な島田夫婦に、余所から貰い受けた一人っ子として、異
   数の取り扱いを受けていたのである。」

      ( 『道草』 四十 )


  ここにあるように、養父母の島田夫婦は物と金で、幼い子どもの歓心を引き付けようとしたのです。しかし、下に紹介する一文は、彼等のそうした目論見が、まったく成功しなかったことを示しています。

  「 然し夫婦の心の奥には健三に対する一種の不安が常に潜んでいた。
   彼等が長火鉢の前で差し向かいに坐り合う夜寒(よさむ)の宵などには、健三
   によくこんな質問を掛けた。
    『御前の御父ッさんは誰だい』
   健三は島田の方を向いて彼を指差した。
        / ーー 中 略 ーー / 
   『健坊、御前本当は誰の子なの、隠さずにそう御云い』
    彼は苦しめられる心地がした。時には苦しいより腹が立った。向うの聞きたが
   る返事を与えずに、わざと黙っていたくなった。
   『御前誰が一番好きだい。御父ッさん? 御母さん?』
    健三は彼女の意を迎えるために、向うの望むような返事をするのが厭でたまら
   なかった。かれは無言のまま棒のように立っていた。」

     ( 『道草』 四十一 )


  そして、この件に関しては、さらに次のように続きます。そこには幼いながらも、漱石がそうした二人の歪んだ愛情を、明白に拒否する姿勢が示されています。

  「 自分達の親切を、無理にも子どもの胸に外部から叩きこもうとする彼等の努力
   は、却って反対の結果をその子供の上に引き起こした。健三は蒼蠅(うるさ)が
   った。
   『なんでそんなに世話を焼くのだろう』
   『御父ッさんが』とか『御母さんが』とかが出るたびに、健三は己れ独(ひと)
   りの自由を欲しがった。自分の買って貰う玩具(おもちゃ)を喜んだり、錦絵を
   飽かず眺めたりする彼は、却ってそれ等を買ってくれる人を嬉しがらなくなった
   。」

      ( 同  上 )



  つまり島田夫婦から注がれる愛情の裏に、大いなる打算が含まれていることを、幼い子どもの漱石はすでに見透かしていたのです。相手が子どもとみて、見くびって接していた二人には、純粋な愛情と打算の含まれた愛情の区別が幼い子につけられるとは、夢にも思わなかったのです。
  しかし、そうした歪んだ愛情を注がれた子どもが、性格的にまともに成長することはおよそあり得ません。精神的な発達段階で、何らかの心の歪みとなって現れて来ます。それは漱石とても、例外ではありませんでした。そのことが、次のような文章で説明されています。

  「 同時に健三の気質も損なわれた。順良な彼の天性は次第に表面から落ち込んで
   行った。そうしてその欠陥を補うものは強情の二字に外ならなかった。
    彼の我儘(わがまま)は日増に募った。自分の好きなものが手に入らないと、
   往来でも道ばたでも構わずに、すぐ其処へ座り込んで動かなかった。ある時は小
   僧の背中から彼の髪の毛を力に任せてむしり取った。ある時は神社に放し飼いの
   鳩をどうしても宅(うち)へ持って帰るのだと主張して已まなかった。」

   ( 『道草』 四十二 )


  ここには親の愛情に飢えた子どもの心理が、そのまま書き記されています。拗ねている子どもたちは、決して欲しいものが手に入らないから強情を張って、道ばたに座り込むのではありません。我儘を言って親を困らせることにより、満たされない欲求を満足させているのです。本当に欲しいのは、両親の純粋な愛情なのです。子供時代の漱石の強情と我儘は、こうした背景から生み出されたのです。


  ところで、御常こと塩原やすという女性の場合は、性格的に、もともと大きな欠陥がありました。この女性は人に嘘を吐くことが、非常に巧みだったのです。これは彼女が持っていた強い猜疑心と、裏腹の関係で磨かれた性癖と考えられます。つまり嘘と偽善に満ちた環境で育てられたことにより、彼女自身が他人の言うことが信じられなくなっていたのです。そして、それが身に付いた習い性となって、今度は人に対して平気で嘘を吐くようになったのです。強い猜疑心は、その反作用として生まれます。他人の言動に対する過剰な警戒心です。

  しかし、子どもの頃から正義感の強かった漱石には、そうした御常の態度が我慢出来ませんでした。漱石の強情と我が儘が、そうした側面に強く発揮されたのです。そして、むしろ一徹な正義感となって、幼い漱石を突き動かしたものと考えられます。その結果、渡世技巧を弄しながら平然と嘘を吐く御常に対して、そのことを公然と指摘するようになるのです。
  これについては『道草』の中に、次のように記されています。

  「 御常は非常に嘘を吐くことの巧い女であった。それからどんな場合でも、自分
   に利益があるとさえ見れば、すぐ涙を流す事の出来る重宝な女であった。健三を
   ほんの子どもだと思って気を許していた彼女は、その裏面をすっかり曝露して自
   から知らなかった。
    ある日一人の客と相対して坐っていた御常は、その席で話題に上った甲という
   女を、傍(はた)で聴いていても聴きづらい程罵(ののし)った。ところがその
   客が帰ったあとで、甲が偶然彼女を訪ねてきた。すると御常は甲に向かって、そ
   らぞらしいお世辞を使い始めた。遂に、今誰さんとあなたの事を大変誉めていた
   ところだというような不必要な嘘まで吐(つ)いた。健三は腹を立てた。
    『あんな嘘を吐いてらあ』
    彼は一徹な子供の正直をそのまま甲の前に披瀝(ひれき)した。甲の帰ったあ
   とで御常は大変に怒った。
    『御前と一所にいると顔から火の出るような思いをしなくっちゃならない』
    健三は御常の顔から早く火が出れば好い位に感じた。」

    ( 同  上 )



  さて、ここで見逃してならないのは、この時の御常の態度です。自分が吐いた嘘を、客がいる前で公然と指摘した漱石に対して、果たして『御前と一所にいると ーーー 』云々、といった程度の怒りの発散で済んだであろうかということです。
  確かにここには、こうした言葉のやり取りだけで終わったかのように記されています。しかし『甲の帰ったあとで御常は大変に怒った。』という情況からすれば、決してそれだけで済まされたとは考えられません。また、同様のことがその後も、二度、三度と重なった場合に、それでもやはりそうした言葉のやり取りだけで済まされたであろうかということです。
  そして、もし逆上した御常こと塩原やすという女性が、漱石に対して何らかの「虐待行為」を加えたとすれば、それはもう一つの出来事と大きく関係して来ます。つまり、それこそが、夏目伸六氏が体験した出来事の原形となるものではないかということです。

  「 私は思わず兄と同様、父の二重外套(まわし)の袖の下に隠れようとした。
     『馬鹿っ』
    その瞬間、私は突然怖ろしい父の怒号を耳にした。が、はっとした時には、私
   はすでに父の一撃を割れるように頭にくらって、湿った地面の上に打倒(ぶった
   お)れていた。その私を、父は下駄ばきのままで踏む、蹴る、頭といわず足とい
   わず、手に持ったステッキを滅茶苦茶に振り回して、私の全身へ打ちおろす」

  要するに情況としては、客が帰った後で、怒り狂った御常が、こうした仕打ちを加えた可能性があるということです。これは御常こと塩原やすという女性の性格的な歪みを考え合わせた時に、かなりの妥当性を有するものとなります。彼女の偽善的な態度の裏には、強い凶暴性が隠されていると考えられるからです。


  以上により、もう一つの出来事も、やはり「幼児虐待」と同様のメカニズムで発生した可能性が高くなったことになります。つまり前の事例と同様に、過去に漱石自身が受けた「虐待」の体験が、突然“ 再現・復元 ”されたためであろうということです。

  ところで、これまでは御常こと塩原やすという女性に限定して調べてきましたが、実はこの件に関しては、養父である塩原昌之助という人物が、大いに関係していた可能性があるのです。しかもこちらの方が、より妥当性が高いと言えるのです。
  次回では、その点を探ってみることにします。


   ( 五 )

  さて、夏目伸六氏が体験した出来事には、もしかすると養父である塩原昌之助が関係していた可能性があると申し上げたのですが、なぜ、そうした考え方が成り立つのかという点について説明することにします。

  上の年表に示したように、漱石の養父母となった塩原夫婦は、やがて離縁になります。原因は夫の塩原昌之助に、日根野かつという愛人が出来たためです。
  そのことが発覚すると塩原昌之助とやすの間柄は、次第に険悪になって行きます。やすは猜疑心が強いだけでなく、かなり嫉妬深い性格であったために、どこまでも追及の手を弛めなかったのです。
  二人の諍いは、日を経るに従って壮絶になって行きます。そのあたりの経緯が『道草』には、次のように記されています。

  「 その中(うち)変な現象が島田と御常との間に起った。
   ある晩健三が不図(ふと)眼を覚まして見ると、夫婦は彼の傍(そば)ではげ
   しく罵り合っていた。出来事は彼に取って突然であった。彼は泣き出した。
    その晩も彼は同じ争いの声で熟睡を破られた。彼はまた泣いた。
   こうした騒がしい夜が幾つとなく重なって行くに連れて、二人の罵る声は次第
   に高まって来た。仕舞には双方共手を出し始めた。打つ音、踏む音、叫ぶ声が、
   小さな彼の心を恐ろしがらせた。最初彼が泣き出すと已んだ二人の喧嘩が、今で
   は寝ようが醒めようが、彼に用捨なく進行するようになった。」

    ( 『道草』   四十三 )


  最初の頃は、子どもの漱石が泣くことによって、その夫婦喧嘩はなんとか治まっていました。しかし、それが次第にエスカレートしていくと、子どもの泣き声などは無視されるようになります。つまり、子どもがもはやかすがいの役目を果たさなくなったわけです。
  こうなると、貰いっ子としての漱石の存在価値は薄くなります。さらに事態が悪化すれば、余計ものとして邪魔者扱いにされたことでしょう。『ーーー 彼に用捨なく進行するようになった。』というのは、そのことを暗示しているわけです。

  『道草』には、いよいよ極限状態に近づいた二人の関係が、次のように記述されています。短い文章ながら、ここでの島田の描き方は、まさに鬼気迫るものがあります。

  「 ーーー その島田は以前と違って、大抵は宅(うち)にいない事が多かった。
   彼の帰る時刻は何時も夜更けらしかった。従って日中は滅多に顔を合わせる機会
   がなかった。
    然し健三は毎晩暗い灯火(ともしび)の影で彼を見た。その陰険な眼と怒に震
   える唇とを見た。咽喉(のど)から渦捲く煙(けむり)のように洩れて出るその
   憤りの声を聞いた。」

   ( 同  上 )


  これにより島田夫婦こと塩原夫婦が、まさしく一触即発の状態にあったことが分かります。
  しかし、ここでの最大の注目点は、この後に続く部分です。夫婦の関係がそうした危機的な情況にあるにもかかわらず、島田こと塩原昌之助は、健三こと漱石を外に連れ出すのです。そして、御藤さんの娘の御縫さんと、汁粉屋で同席させたりするのです。
  そのことは当然のことながら、御常の知るところとなります。むろん猜疑心の強い御常が、そのまま捨て置くはずがありません。健三は後で御常から、さんざん問い詰められます。その情況が、下のように記されています。

  「 それでも彼は時々健三を伴(つ)れて以前の通り外へ出ることがあった。彼は
   一口も酒を飲まない代わりに大変甘いものを嗜(たしな)んだ。ある晩健三と御
   藤さんの娘の御縫(ぬい)さんとを伴れて、賑やかな通りを散歩した帰りに汁粉
   屋へ寄った。健三の御縫さんに会ったのはこの時が始めてであった。それで彼等
   は碌(ろく)に顔さえ見合わせなかった。口はまるで利かなかった。
   宅へ帰ったとき、健三は御常から、まず島田に何処へ伴れて行かれたかを訊か
   れた。それから御藤さんの宅へ寄りはしないかと念を押された。最後に汁粉屋へ
   は誰と一所に行ったという詰問を受けた。健三は島田の注意に拘わらず、事実を
   有りのままに告げた。然し御常の疑いはそれでも中々解けなかった。
         / ーー 中 略 ーー / 
    『汁粉屋で御前を何方(どっち)へ坐らせたい。右の方かい、左の方かい』
     嫉妬からでる質問は何時まで経っても尽きなかった。」

                     ( 同  上 )


  島田にしてみれば、このことは妻の御常には、絶対に知られてはならない隠し事であったはずです。嫉妬深い御常が知れば、後で、どれほどの騒動が起きるか分かりません。従って、健三こと当時の漱石に対しては、厳重な口止めをしたはずなのです。『島田の注意に拘わらず』とあるのがそれです。
  ところが健三は、そうした島田の注意を無視して、御縫さんといっしょに汁粉屋へ行ったことを、御常にしゃべってしまいます。ここにももしかしたら漱石の一徹さから来る、頑固な正義感が働いたのかもしれません。『事実を有りのままに告げた。』とあるように、健三こと漱石には、最初から隠すつもりなど無かったと考えることができます。要するに漱石には、隠し事や不正義に対する反発があったのです。これは言い換えれば、そういうことをさせる島田に対する反発です。

  しかしその結果として、島田夫婦の関係が、決定的に破綻したことは間違いありません。御常にしてみれば、動かぬ証拠をつかんだことになりますから、その晩の夫婦喧嘩は、おそらく壮絶を極めたことでしょう。その辺りの詳しいことは書かれていませんが、上に紹介した部分と考え合わせれば、ある程度は想像することが出来ます。問い詰められて、窮地に立たされた島田のうなり声までが聞こえてきそうです。

  そして、二人の関係は結局、次のような結論に到達します。『道草』の四十四回の冒頭には、

   「 間もなく島田は健三の眼から突然消えて失(な)くなった。」とあります。

  これは夫の島田が、家から出ていってしまったことを意味します。これにより、島田夫婦こと塩原夫婦の離縁が確定したのです。
  この後の経過は年表にも示したように、漱石は一時的に塩原やすと一緒に生活しますが、間もなくして、塩原昌之助と日根野かつの許に引き取られることになります。そこで一歳年上のお縫いさんこと、日根野れんと同居することになるわけです。
  従って、塩原昌之助にしてみれば、夫婦別れになるそもそもの材料を提供したのが、貰い子の漱石であったという恨みが残っていることになります。こうした背景があるということを認識してから、次へと進むことにします。


  上に抜き出した部分の中に、次のような一文がありました。まず、
  『健三の御縫さんに会ったのはこの時が始めてであった。』とあります。
  これに続いて、
  『それで彼等は碌に顔さえ見合わせなかった。口はまるで利かなかった。』と記されていました。

  これは明治7年(1874年)のことでした。漱石はこの時、満七歳でした。日根野れんは、一つ年上ですから、満八歳でした。
  この当時は、まだ昔からの男女の倫理観が、そのまま受け継がれていました。つまり、男女七歳にして、席を同うせずという武士道の精神です。そして、子供たちといえども、幼い頃からそうした精神を受け継いでいたのです。
  子どもの漱石がこの時、その少女と顔も合わせずに、また一切口もきかなかったのはそのためです。子ども心にもすでに男女の羞恥心が芽生えていたのです。これは漱石がませていたということではなく、こうした時代背景であったということです。

  さて、そうした時に、ここに一つの推測が成り立ちます。それは、これと同じような場面が再度、或いは再々度繰り返されたとしたら、どのようなことが生じたであろうかということです。しかも漱石とれんは、やがて一緒に暮らすことになるのであり、従って、これと同様の場面は、いくらでも起こり得たはずです。
  つまり具体的には、もし漱石が最初の時と同じように、その後も日根野れんに対してそうした態度を取り続けたとしたら、果たして何が起こったかということです。もちろんその場合に前提として頭に置くべきことは、少女に対する羞恥心が、すぐに消えることは無いということです。

  結論から申し述べると、もしそうした情況が生じたならば、例の夏目伸六氏が体験した出来事の中にある、
   「 『羞(はず)かしいからいやだあ』
    と、父の背後にへばりつくように隠れてしまった。」

  というのは、まさしくその当時の漱石自身が取った、実際の行動であった可能性が高くなるわけです。つまり、情況こそは異なるものの、伸六氏が取ったこの行動というのは、かつての漱石自身の行動ではなかったかということです。

  そして、養父の塩原昌之助にしてみれば、この時点では、すでに邪魔者とさえ感じているガキですから、甘えた行動は許さないでしょう。また、やすと離縁になる直接的な切っ掛けを作ったのが、このガキだという思いがあったとすれば、怒りにまかせて暴力を振るうことは大いにあり得た筈です。
  つまり塩原昌之助にしてみれば、漱石にきつく口止めをしたにも関わらず、妻のやすに言いつけられたに等しい情況だったわけです。それによって、二人の関係は、完全に破綻したのです。憎むべきは、言いつけに背いたこのガキです。かつての恩人からの貰いっ子であるからと、今までは大事にしてきたものの夫婦関係が破綻した今となっては、余計者でしかありません。
  そうした心理状態になっているところへ、またもやそのガキが、聞き分けのないことを言い出したのです。しかも、いきなり自分の身体にまとわり着いて来たのです。その時、カッとなった島田が果たして、何をしたであろうかということです。
  つまり、そのような情況に於いて、

   「『馬鹿っ』
    その瞬間、私は突然怖ろしい父の怒号を耳にした。が、はっとした時には、私
   はすでに父の一撃を割れるように頭にくらって、 < ーー 途 中、省 略    
   ーー > 手に持ったステッキを滅茶苦茶に振り回して、私の全身へ打ちおろ
   す。」

  という出来事が生じたものと推測されるわけです。要するにこれこそが、夏目伸六氏が体験した奇怪な出来事の原形ではなかったかということです。

  この事件が、三人で連れだって出掛けた外出先で起きたこと。また、使われたものがステッキであったこと。そして、下駄履きのままの暴力沙汰であったこと。こうした状況を考え合わせると、女性から受けた虐待というよりは、力のある男性からの暴行と考えた方が納得できます。つまりこれはその時に、養父の塩原昌之助から受けた「虐待行為」であったと考えた方が、理解しやすいということです。


 *○* *○*


  さて以上により、先に紹介した二つの出来事が、「狂気」の産物と言うよりは、むしろ漱石自身が幼児期に実際に体験した出来事の“ 再現・復元 ”であった可能性が強くなったことになります。ここには虐待を受けた被害者自身が、将来の加害者になるという「幼児・児童虐待」のメカニズムが働いていたことになります。つまり現在、大きな社会問題となっている「幼児・児童虐待」と同じメカニズムで発生したものであると考えられるわけです。
  もう一度確認の意味で整理しておくと、長女の筆子に対するものは、養母の塩原やすによって加えられた「虐待」の“ 再現・復元 ”であり、また次男の伸六氏に対するものは、養父の塩原昌之助によって加えられた「暴力行為」の“ 再現・復元 ”であったということです。

  ところで、このように、漱石の不可解な行動が、かつての虐待行為の再現であったとしたら、それでは他の子供たちには、そうした被害が及ばなかったのであろうかという疑問が生じます。つまり長女の筆子と次男の伸六氏以外にも、同様の被害を受けた子どもたちが居たのではなかろうかということです。その点についても調べてみる必要が生じます。


  ( 六 )


  漱石の神経衰弱(注)は、明治三十三年のロンドン留学中に発病したと考えられています。もちろんそれ以前の明治二十八年に突然、松山行きを決めた時にも、何らかの症状が出ていたと考えることは出来ますが、根拠となるようなものは何も残されていません。要するに調べようがないということです。従って、ここでは分けて考えることにします。
  そして、その神経衰弱の経過は、大小の幾つかの波があったことが知られています。中でも大きな波が、二回あったということです。

  最初のものは、明治三十六年一月のイギリスからの帰国直後のものです。長女の筆子が、いきなりぴしゃりと敲かれたのがこの時です。一枚の五厘銭が引き起こした悲劇です。そして妻の鏡子の証言によればこの年の六月ごろから、漱石の神経衰弱はかなり悪化したということです。
  むやみに癇癪をおこしては、夜中に、一人で怒り狂っていたということです。その三ヶ月後の九月には、一時的とはいえ妻子と別居することになったのです。

  ただし漱石はこの年の四月から、第一高等学校の英語教師として、また東京帝国大学文科大学の講師として教壇に立っています。しかも、ほとんど休むことも無く、また遅刻することさえ無く、定時に出勤して講義を行っていました。ですから外見的には、まったく異常は見られなかったことになります。つまり、外ではまったく正常であるにも関わらず、家の中ではかなりの異常性を示すという不可解な現象が生じていたことになります。ちなみに教え子たちの中にも、漱石の言動を異常に感じていた人は誰もいませんでした。

  二回目は、それから十年後の大正二年、『行人』を執筆していた時のものです。次男の伸六氏が、漱石と兄の純一氏と三人で外出した折に、突然、ステッキで敲かれたのがこの時です。
  新聞に連載中であった『行人』は、間もなくして胃潰瘍が悪化したために、一時中断しました。ただしそれまでは、この作品は滞りなく書き継がれていました。つまり漱石の場合、神経衰弱の発生は、創作活動にまったく影響を与えなかったということです。知的創造力は、正常に保たれていたのです。
  一部にはこの作品が、やや疑り深い内容になっているという人もいますが、ストーリーの連続性が保たれているという点に於いて、作品としては完成しています。正常な精神状態の人でも、これだけのものを書くことは出来ません。従って、ここに大いなる謎が生じるわけです。漱石の「狂気」というのは、一体、何なのかということです。いまだに解かれない謎となっているの由縁です。


  ところで漱石には、ぜんぶで七人の子供たちがいました。最後に産まれた子は、すぐに亡くなってしまいましたので、実際に成長したのは六人です。
  そのうち長女の筆子と末っ子の伸六氏は、漱石から「幼児虐待」とも取れる仕打ちを受けていたことが分かりました。つまり、漱石の奇怪な行動の中には、自分自身が幼児期に体験した出来事の“ 再現・復元 ”と思われるものがあるということです。そこで他の子供たちに対しても、同様のことが行なわれた可能性がなかったかどうかを探ってみることにします。

  分かりやすくするために、漱石の神経衰弱の発生と、子供たちの誕生とを年表の形式で示すと、次のようになります。


 明治29年 6月    熊本にて、中根鏡子と結婚する。
            ( 漱石はこの時、第五高等学校の教授であった。松山中
                 学を退職したのは、この年の四月。)
   30年 7月    妻、鏡子、最初の子を流産する。
   32年 5月31日 ○長女、筆子誕生。
   33年 6月    単身で、イギリスのロンドンに留学する。
   34年 1月26日 ○次女、恒子誕生。
   36年 1月23日 イギリスより帰国。
              帰国直後より、強度の神経衰弱が発生する。
              ( 五厘銭事件が発生。突然、筆子のほほをピシャリと敲
                いた。)
        4月    第一高等学校の英語教師。東京帝国大学文科大学の講師
              として教壇に立つ。
      6〜7月    次第に神経衰弱が悪化した。
         9月    神経衰弱の悪化により、一時、妻子と別居する。
       11月 3日 ○三女、栄子誕生。
               ( この頃より、水彩画を描き始める。)
   38年12月14日 ○四女、愛子誕生。
   40年 6月 5日 ○長男、純一誕生。
   41年12月17日 ○次男、伸六誕生。
   43年 3月 2日  五女、雛子誕生。
   44年11月29日  五女、雛子突然死。
   45年12月 6日  『行人』の連載が始まる。
 大正 2年 1月     この頃より、強度の神経衰弱が発生する。
       3月〜9月  胃潰瘍のために『行人』の連載が中断。
              ( 伸六氏がいきなりステッキで叩かれた事件は、この頃の
               ものと推測される。)
    5年12月 9日  逝去。満49歳であった。


  上の年表で分かるように、漱石がイギリスから帰国した時に生まれていた子どもは、長女の筆子と次女の恒子だけでした。筆子が、満三歳半で、恒子が間もなく二歳になろうという時でした。


 ( 注 )
  ( 現在一般的に使われている「精神分裂病」という言葉は、スイスの精神医学者、オイゲン・プロイラーが、1911年(明治44年)に使い始めたものです。それ以前は、クレペリンの「早発性痴呆」という言葉が、1899年(明治32年)頃より使われていました。ただし日本で精神分裂病という言葉が定着し始めるのは、1918年(大正7年)以後です。それ以前は、精神的な疾患は十把一絡げに「神経衰弱」という言葉で表現されていました。)


  ( 七 )


  さて、明治三十六年当時、長女の筆子に関しては、すでに紹介したようなことが起きたわけですが、次女の恒子に関しても、少々気になる出来事が起きています。『漱石の思ひ出』には、次のような一文が記されています。

  「 次女の恒子がようやく三つで、ちょうど赤ん坊ができて私に離れた時なので、
   ひいひいよく泣くのです。もちろんやかましくもあるのですが、それがひどく神
   経にさわるとみえて、夜中にでもなんでもひどい目にあわします。ひとつには私
   への面当てかと思いましたが、ともかく時々狂的にいじめるのです。」

  (『漱石の思ひ出』夏目鏡子述、松岡譲筆録 文春文庫 二〇 小刀細工 )


  これは明治36年11月に三女、栄子が産まれた直後の出来事です。ここに恒子の年齢が『ーーー 三つで』とありますが、正確には、満二歳と十ヶ月です。
  そして、ここに『時々狂的にいじめる』とあるのを、見逃すことは出来ません。その具体的な説明はありませんが、当時まだ二歳半の幼児に対して、執拗なイジメのようなものが行われていた形跡があるからです。しかも『夜中にでもなんでもひどい目にあわせ』るという情況からは、やや病的な側面のあったことが窺がわれます。

  そして、これも「幼児・児童虐待」の一つであったと解釈すれば、この不可解な行動を無理なく理解することが出来ます。つまり漱石自身が、かつて幼児期に、この通りの仕打ちを受けていたということになるからです。そして、その時の体験が、後年、同じような状況が発生したことにより、突然“ 再現・復元 ”されたのです。

  それでは乳幼児期の漱石に対して、そうした仕打ちをしたのは誰かということになりますが、それはやはり養父母の塩原夫婦であったと考えられます。もちろん生まれてすぐに里子に出された先の、古道具屋(一説に八百屋)の夫婦であった可能性もあるわけですが、しかしこの夫婦には、お乳が出ました。つまり、この夫婦は実際に、子どもを育てた経験があるということです。
  従って、子どもがなぜ泣くのか、その理由が分かっていたことになります。対処法さえ分かっていれば、子ども泣いたからといって何も苛める必要はありません。しかし、塩原夫婦には子供がいませんでした。つまり、子育ての経験がなかったのです。もちろん養母のやすには、お乳が出ませんでした。

  『道草』の四十四回には、御常こと塩原やすから来た手紙の中に、お乳が出ないので、最初からおじやだけで育てたことや、下性(げしょう)が悪くて、寝小便の始末に困ったことなどが事細かに書かれていた話が記されています。
  つまり本来であれば、当時の漱石には、まだお乳が必要だったのです。そのお乳が無くて、また子どもの育て方が分からずに、突然幼い子どもの養父母となった塩原夫婦は、子どもの夜泣きに四苦八苦していたのです。
  こうした状況から、漱石が貰われて行ってから間もなくして、小さな赤ん坊を持て余した塩原夫婦によって、そうしたイジメに近いことが行われていたと考えられるわけです。最初はイジメではなかったとしても、毎晩の夜泣きに手を焼くうちに、次第に理性を失っていくということは大いに有り得ることです。そして、そうしたかつての出来事が、この時突然“ 再現・復元 ”された可能性があるいうことです。


 *** *○○* ***


  さてところで、この先へ進む前に、少し検討しておかねばならないことがあります。これはなかなか厄介な問題であると同時に、事の性質からすると、非常に重要な問題です。
  この『漱石の思ひ出』の中には、漱石の「狂気」に関して、精神病学の呉秀三博士に診察を依頼したところ、「追跡狂」という精神病の一種であろうという診断が下されたことが記されています。呉秀三博士といえば、この分野の専門家です。従ってその人の言うことを無視して、素通りすること出来ません。
  この本の中には実際に、何箇所に亘って、次のような記述がしてあります。


  「 その後洋行からかえって来て千駄木にいたころ、ーー 略 ーー 全くお話に
   ならない乱暴を家のもの、ことに私にしますので、私もほとほと困って、ある日
   兄さんに話しますと、 / ーー 中 略 ーー / 
    −−−− その後精神病学の呉さんから診てもらいましたところ、それは追跡
    狂という精神病の一種だろうと申しておられました。」

     (『漱石の思ひ出』 夏目鏡子述、松岡譲筆録 文春文庫 一 松山行 )


  「 そのうちに尼子さんがお約束どおり呉さんに診せてくださいましたということ
   だったので、呉さんのところへ様子を伺いに参りますと、ああいう病気は一生な
   おりきるということがないものだ。なおったと思うのは実は一時鎮静しているば
   かりで、後でまたきまって出てくると申されて、それから病気の説明をいろいろ
   詳しくきかしてくださいました。」

   ( 同上 一九 別居 )


  この部分を、どのように受け取るかで、この後の判断が大きく変わって来ます。そして実際にこの一文があるために、専門家や研究者たちでさえ、まったく方向性を違えた判断を下しているのです。しかもカルテの存在までが論議されているほどです。厄介な問題というのはこのことです。

  しかし、この部分を詳細に検討してみると、幾つかの疑問点が浮かび上がって来ます。中でも最大の疑問は、漱石は具体的にどのような“ 診察 ”を受けて、「追跡狂」という診断名を与えられたのであろうかということです。
  鏡子の主治医であった尼子四郎は、以前からしばしば漱石の家に出入りしていましたから、漱石本人とも直接話をする機会があったでしょう。そして、それとなく病状について、本人から聞き出すことに成功したかも知れません。しかしその後、呉秀三と漱石が病気の“ 診察 ”という名目のもとに、直接話をしたかどうかが不明なのです。

  漱石自身はこの後も、自分自身の異常な精神状態を言い表すのに、「神経衰弱」という言葉を使っています。もしこの時、正式に呉秀三の診察を受けたのであれば、漱石本人にも「追跡狂」という病名が伝えられたはずなのです。従ってその後は、漱石もこの言葉で、自分自身の症状を言い表わしたに違いないのです。しかし、この「追跡狂」という病名は、この『漱石の思ひ出』という本の中にしか出て来ない不思議な言葉なのです。

  精神分裂病の初期症状の中に、「漠とした被注察感」というものがあります。患者が、どことなく周りから見られている感じがすると訴えるものです。これは患者にとっては確実に存在する感覚ですが、その実体については、方向も距離も定かでなく、しかもそれが人間であるか否かも曖昧であるというかなり漠としてものです。
  また急性期には、「被害的な解釈を伴う自己関係付け」といった現象が生じます。いわゆる「妄想知覚」と言われるものです。これはたとえば通りすがりに、数人が談笑しあっているのを見て、自分の悪口を言っていると思ったり、カラスの鳴き声を聞いて、自分は今日殺されると確信する、といったようなものです。( 参考資料 こころの科学『分裂病の現在』 日本評論社刊 )

  こうしたことを知った上で、この本の「一 松山行」や「二一 離縁の手紙」に記されている出来事を読むと、どうやら漱石には当時、そうした精神分裂病の初期症状のようなものが出ていたようだという推測が成り立ちます。
  そして呉秀三が、尼子四郎から受けた説明で、この病気のことを「ああいう病気」として鏡子に説明したのであれば、たしかに生涯治りきることのない病気ということになります。精神分裂病は医学の進歩した現在でも、完治させることが出来ない病気だからです。ただし当時は、まだ精神分裂病という言葉はありませんでしたから、呉秀三の「ああいう病気」というのは、「早発性痴呆」を指すことになります。

  しかしながら、精神病学の専門家であった呉秀三が、漱石がこの病気だと診断したとは、到底考えることが出来ないのです。なぜなら漱石は、家から一歩外へ出れば、まったく正常だったからです。毎日、高等学校と大学で、きちんと講義を行っていたのです。そのようなまともな行動をとる人物をつかまえて、しかも本人のいないところで妻の鏡子に対してだけ、「あれは生涯治りきらない病気です」などと告げるであろうかということです。
  ですからこれは、次のように考えることが出来るのです。鏡子が呉秀三から聞かされた話というのは、鏡子が尼子四郎に話した内容と、漱石があるいは尼子四郎に話したかも知れない事実関係をプラスして、専門家である呉秀三が、第三者的な意見として述べたものに過ぎないということです。つまり鏡子は、「ああいう病気(早発性痴呆)」の一般論としての説明を受けただけであるということです。
  その主な症状の一つに、「追跡妄想」というものがあるという説明はあったはずです。これは、この病気の特徴の一つだからです。そしてこれは、漱石に現われていた症状とも一致します。それが「追跡狂」という言葉の語源になったのです。

  鏡子が、呉秀三が話したそうした一般論としての説明を、漱石本人がその病気であると思い込んだのだとしたら、鏡子の早合点ということになります。しかし、もしそこに何らかの作為が働いているとしたら、別の問題に発展します。
  ところで、その場合に問題なのは、ただの「追跡狂」という診断名では、この当時の漱石に実際に起きていたことの説明がつけられないことです。「追跡狂」や探偵妄想どころの騒ぎでは済まないことが、現実に起きていたからです。
  当時の漱石に、具体的にどのようなことが生じていたかは、鏡子自身が『漱石の思ひ出』の中で語っているところです。


  「 −−−− 六月の梅雨期ごろからぐんぐん頭が悪くなって、七月に入ってはま
   すます悪くなる一方です。夜中に何が癪(しゃく)にさわるのか、むやみと癇癪
   (かんしゃく)をおこして、枕と言わず何といわず、手当たりしだいにものをほ
   うり出します。子供が泣いたといっては怒り出します。時には何が何やらさっぱ
   りわけがわからないのに、自分一人怒りだしては当たり散らしております。どう
   にも手がつけられません。」

    (『漱石の思ひ出』夏目鏡子述、松岡譲筆録 文春文庫 一九 別居 )


  「 このころは何かに追跡でもされている気持ちなのかそれとも脅かされるのか、
   妙にあたまが興奮状態になっていて、夜中によくねむれないらしいのです。夜中
   、不意に起きて、雨戸をあけて寒い寒い庭に飛び出します。
            / ーー 中 略  ーー / 
    −−− 息を殺して寝たふりをして、聞き耳を立てていますと、やがて何事も
   なく戻って参ります。かとおもうと夜中に書斎でドタン、バタン、ガラガラとえ
   らい騒ぎが持ち上がることがあります。 / ーー 中 略 ーー / 
    −−− まあよかったと翌朝学校へ出るが早いか書斎に入ってみますと、ラン
   プの火屋(ほや)は粉微塵にわれている、火鉢の灰は畳一面に降っている、鉄瓶
   の蓋は取って投げたものとみえてとんでもないところにごろついている。二目と
   見られた部屋の模様じゃありません。留守の間に大掃除をしておくと、帰って来
   てまたけろりとしてそこに入っております。」

                    ( 同上  二一 離縁の手紙 )


  つまり、この当時、妻の鏡子が実際に目撃したのは、

    ○ むやみと癇癪をおこす。
    ○ 子供が泣いたといっては怒り出す。
    ○ 自分一人で怒りだす。
    ○ 妙にあたまが興奮状態になっている。
    ○ 夜中、不意に起きて、雨戸をあけて寒い寒い庭に飛び出す。
    ○ 夜中に書斎でドタン、バタン、ガラガラとえらい騒ぎが持ち上がる。
    ○ ランプの火屋(ほや)は粉微塵にわれて −−− 、火鉢の灰は畳一面に降って −−− 、鉄瓶の蓋は取って投げ −−− 。
    ○ 大掃除をしておくと、帰って来てまたけろりとしてそこに入っております。


  こうした乱暴で、凶暴で、且つ理解に苦しむ奇怪な行動であったわけです。これは『追跡でもされている気持ちなのかそれとも脅かされるのか』といった原因では、とうてい説明することの出来ないものです。しかもさらに不可解なのは、『留守の間に大掃除をしておくと、帰って来てまたけろりとしてそこに入っております。』という二面性のあったことです。
  こうした出来事の一部始終は、尼子四郎を通して、呉秀三にも伝えられていたに違いないのです。ところが、こうした情況が説明されているにも関わらず、「追跡狂」という病名しか付いていないことの方がむしろ不思議なのです。
  要するにこの病名では、なぜ『むやみと癇癪をおこす』のか、なぜ『妙にあたまが興奮状態』になるのか、なぜ『ドタン、バタン、ガラガラとえらい騒ぎが持ち上がる』のかという肝心な部分がまったく説明できないのです。しかも翌日には、定時に学校へ出かけて行って、多くの生徒の前できちんと講義を行い、そして家に帰ってくると、『帰って来てまたけろりとしてそこに入っております』という行動を繰り返したのです。
  妻の鏡子にしてみれば、これこそが最も知りたいことだった筈です。その肝心な部分が抜け落ちているのです。専門家であった呉秀三の能力が疑われるところです。

  ですからこれは逆の見方をすれば、この「追跡狂」という病名には、大いなる疑義があるということです。鏡子が持ち出したこの病名では、漱石の「狂気」の主要な実体が、何も把握されていないからです。従って、妻の鏡子が呉秀三という精神病学の権威の診断結果として、「追跡狂」という病名を持ち出した本来の意図は、別にあったのではなかろうかという疑問が生じるのです。おそらくこのことは、鏡子に「ヒステリー」の持病があったここと無縁ではなかったように思われます。
  ただし、ここでは、さらなる言及は避けることとします。今これを始めると、さらなる迷宮の深みに入り込むことになるからです。


  さて、だからといって、以上のことによってこの『漱石の思ひ出』の中では、事実関係が曲げられていると主張するつもりは毛頭ありません。おそらく実際には多種多様な出来事が発生し、その背景にはさらに複雑な事実関係があったとしても、その全てがここに網羅されているわけではないからです。
  ましてや妻という立場は、客観的な第三者ではありませんから、恣意的な片寄りが生じることは否めません。しかも厄介なことに、私情が絡んで来ます。それによって見えるものも見えなくなります。また私的プライバシーに関わるものは、避けるのが当然です。この本は、そうした観点に立って読む必要があるということです。
  ですから、この際に申しあげておくならば、この本は「妻の鏡子にとっての事実」が述べられている本であるということです。しかも、そこには鏡子という人物の性格や、特異な精神構造から、多少の歪みが生じている可能性が否定できないということです。このことを明確にしておく必要があったわけです。


 ** ○○ ** ○○ **


 <― 次回に続きます ―>


      2001. 10. 23.        店主記す





 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒