夏目漱石の「狂気」と“ 幼児虐待 ”  a@2
 ――――――――――――――


  漱石に発生した不可解な精神異常の謎 ・・・ その 二

  <― 前回からの続きです ―>

 ( 八 )
  ここでは漱石に発生した「狂気」の内容を、具体的に検討してみることにします。そして、実際に現われていた症状から、その裏側に潜む原因を探ってみることにします。もちろんこれは今までにも専門家や、研究者によって行われて来たことです。しかし、様々な見落としがあったものと考えられます。なぜなら前回申しあげたように、資料として『漱石の思ひ出』を使う以上、そこにある記述に惑わされてどうしても視点が揺らいでしまうからです。視点が定まらず、また焦点がボケていては、見えるはずのものも見えません。専門家といえども見落としが生じるのは、当然のことです。

  やや面倒な作業ですが、この作業を行うことにより、これまでは見えなかったものが見えて来ます。そして同時に、新たな発見があります。

  漱石の最初の精神異常は、すでに紹介したように、明治三十六年のイギリスからの帰国直後のものでした。このときはまだ子供たちも小さかったのですが、次の大きな波が、大正二年の正月にやってきます。
  この二度目の時点では、子供たちもある程度成長していました。それぞれの年齢を計算して書き出してみると、下のようになります。


  ○ 長女、筆子    満十三歳半
  ○ 次女、恒子     十二歳
  ○ 三女、栄子     十一歳
  ○ 四女、愛子     七歳
  ○ 長男、純一     五歳半
  ○ 次男、伸六     四歳半


  そして、『漱石の思ひ出』にはこの時の情況が、次のように記述されています。

  「 機嫌がよくってにこにこしているのですが、暮れから妙に顔が火照っててかて
   かしてしているので、変だ変だと思っておりますと、またもや例の頭がひどくな
   って参りました。ちょうどこの前にいちばんひどかった時から十年めにあたりま
   す。この年は正月から六月までがいちばんひどくって、あげくの果てはとうとう
   またもや胃を悪くして寝込んでしまいました。」

  (『漱石の思ひ出』夏目鏡子述、松岡譲筆録 文春文庫 五一 二度目の危機 )


  これが『行人』の執筆中に始まった、二度目の神経衰弱の発生の模様です。そして、『あげくの果てはとうとうまたもや胃を悪くして寝込んでしまいました。』とあるように、持病の胃潰瘍が悪化したために、この年の三月から九月まで、新聞の連載が一時中断しました。
  この時に漱石に現れた具体的な症状は、次のようなものでした。上に紹介した部分の続きです。

  「 何でもお正月の二日か三日のことです。どうも女中が変だとか何とかひとり語
   (ごと)を言っておりましたが、やがて女中に向かって、いきなり木に竹をつい
   だように、そんなことは言わないでくれとこう申します。しかし、女中はべつに
   何も言わないのですから、怪訝な顔をして、何も申しませんでございますがと答
   えると、怖いいやな顔をして黙ってしまいます。後で私に、
   『あんなことを言わせちゃ困るよ』
    とたいそう不興気にたしなめておりました。
          / ーー 中 略 ーー /
    −−−− それでも子供のことですから、何かの拍子にそんなことを忘れてし
   まってげらげら笑ったりします。すると自分のことを笑ってでもいると思うので
   すか、大きな声でどなったり、呼びつけて叱ったりするのです。そうして尻尾(
   しっぽ)はいつも私に参ります。子供たちがポンポンピアノを叩く。それがまた
   気に食わないで一喝を食らわします。こうなってくると家じゅうは急にひっそり
   かんとして、まったく虎の尾を踏む心地と申しますか、みんな爪先立てて足音を
   ぬすんで歩くのです。ちょっとでも音を立てようものなら、コラッとやられてし
   まいますというぐあいです。」

       ( 同 上 )


  上の説明文からも分かるように、どうやら漱石には「幻聴」が聞こえていたようです。またここに『自分のことを笑ってでもいるとでも思う・・・ 』とあるのは、「精神分裂病」の急性期に生じる、「被害的な解釈を伴う自己関係付け」が発生していたと考えられます。いわゆる「妄想知覚」といわれるものです。精神分裂病の典型的な症状です。
  これは一回目の時にも、共通して発生した症状です。その時の鏡子の観察記録も、下に紹介しておきます。

  「 −−− 私などが言わない言葉が耳に聞こえて、それが古いこと新しいことと
   いろいろに連絡して、幻となって眼の前に現われるものらしく、それにどう備え
   ていいのかこっちには見当がつきません。そうなりだすと何もかもみんな悪意に
   取りだすので、私のやることなすことが、話せば話したで、黙っていれば黙って
   いるで、何もかも夏目をいじめ苦しめるためにやっていると、こう感じるらしい
   のです。ーー 略 ーー 」

    ( 同 上 二〇 小刀細工 )



  この『私などが言わない言葉が耳に聞こえて』や、『何もかもみんな悪意に取りだす』が、それに該当します。従って、漱石に実際に現れていた症状に現代医学で用いられている病名を付けるなら、まさしく「精神分裂病」ということになります。
  ただし、そうした異常な精神状態であったにも拘わらず、一回目の時には、きちんきちんと大学と高校へ出掛けて行って、決められた時間の講義を行い、また二回目の時には『行人』という小説を滞り無く書き進めていたのです。
  それに関しては『漱石の思ひ出』の中にも、この後に、

   「 それでもちゃんちゃんと小説は書いておりましたが、しまいには胃と両方を
    悪くしたので、一時執筆を中止いたしました。それは『行人』でしたが、−−」


  と記されています。
  『行人』の新聞掲載は、「帰ってから」の三十八回が、大正二年四月七日まで続いた後、一時中断しました。三月の下旬に発生した胃潰瘍が、かなり進行して、血便が出たためです。体力的にも弱っていました。
  ただしそれまでは、一度も途切れることなく続いていました。ですから、正月の初めから始まった精神的な異常は、漱石の頭脳にはまったく影響を与えなかったということです。もちろんそれは作品の中にも現われていません。ちょうどこの期間に書かれたはずの「帰ってから」にも、もう少し遡って、その前の「兄」にも、作品としての異変は見つかりません。
  ですから『この年は正月から六月までがいちばんひどくって』という鏡子の証言があるにも拘わらず、創作活動の上では何も痕跡が残されていないということです。
  ちなみに、この続きの「塵労」の掲載が始まるのは、三ヶ月後の、九月十八日からです。そして、それが完結したのが、十一月十五日でした。

  ここに、これまでの精神病学の学説では、どうしても説明のつけられないものがあるわけです。これほど高い知性が保たれたままの精神病患者というのは、まずいないからです。また鏡子の説明によれば、「胃潰瘍」が発生すると、どういうわけか頭の具合いの悪いのが治ってしまうということでしたが、そうした奇妙な経過を辿る精神病も見当たらないからです。
  さらに漱石の場合は、何らかの異常があったと証言したのが、妻の鏡子と子どもたちだけというかなり片寄った発病の仕方をしたわけです。こうしたことも、通常は起こり得ないからです。
  その結果として、漱石の場合は病名が、諸説紛々というかなり混乱した情況になっていることは前に述べた通りです。医者も学者も研究者も、まさにお手上げといった状態なのです。


  ところで最新の現代医学は、精神分裂病の発生には「ドーパミン」という脳内麻薬が関係していることを突き止めています。これは神経伝達物質の一つです。この物質が、脳内で過剰に供給されるために、精神分裂病の急性期の症状が現われるのです。抗精神病薬として用いられる薬は、この物質の働きをコントロールするものです。それによって実際に、幻覚や、妄想などの症状が抑えられるのです。このことは精神分裂病の原因が、このドーパミンであることの確かな証拠とも言えるでしょう。
  従って、漱石に現れた症状にも、この物質が関与していたと考えられるわけです。実際に現れていた症状は、まさしく精神分裂病の初期症状であったからです。ですからこの物質が過剰に生産される原因が、何かあったとすれば、それこそが漱石に発生した病気のそもそもの原因ということになります。
  この件については、後で、もう一度触れることにします。


  *** ○ ○ ***


  さて、この時期には、ほとんどの子供たちが漱石から叱られたり、怒鳴られたりしていたようです。ただし、「幼児虐待」として捉えられるようなものは見当たりません。どうやら言葉による叱責程度で済んでいたようです。
  上に紹介した一文の中に、『 −−− 大きな声でどなったり、呼びつけて叱ったりするのです。ーーーー子供たちがポンポンピアノを叩く。それがまた気に食わないで一喝を食らわします。』
  とあるのは、それが暴力行為には至らなかったことを示すものと考えてよいでしょう。従って、先に紹介した次男の伸六氏の事件だけが、例外的に発生した出来事ということになります。


  ところで、そうした状態の漱石を、ほとんどの子供たちが怖がってなるべく避けるようにしていたにも関わらず、中にはまったく例外の子がいました。夏目伸六氏の回想記録の中に、次のような興味深い記述があります。

  「 −−−− 私が相応に物心がついてからの父については、不幸にして、ただ恐
   ろしかったという記憶のみ鮮明である。私ばかりでなく他の兄弟達も、当時の思
   い出はいずれ私と大差ないと思う。ただ、私等兄弟のうちで、たった一人、少し
   も父をこわがらなかった子供がいる。すぐ上の愛子という姉で、父の胸には、外
   の子供に比較して、自分を少しも恐れぬこの子供の気持ちが、特に敏感に映じた
   のではないのか、とにかく、父はこの姉を一番可愛がっていたようである。日記
   中にも、
    『 昨夜アイ子と寝る。夜中に、わが腹を蹴る事幾度なるを知らず。』
    とあるように、この姉はよく父と一緒に寝たりしていた。恐らく、私等兄弟の
   中で、ほとんど父から怒られたことのないのは、この姉だけで、それはむしろ、
   それ自身私等には非常に不思議な事実としか思えないのである。」

  ( 『父・夏目漱石』 夏目伸六著 文春文庫 「父の日記と子供達」より )


  上の説明文にあるように、四女の愛子だけは、どうやら漱石から叱られたり怒鳴られたりしたことが滅多に無かったようです。
  また『父はこの姉を一番可愛がっていたようである』とあることからも、この子に対しては、何か特別な感情が働いていたようです。そのことが、『非常に不思議な事実』という言葉で表現されているわけです。
  これにはやはり、何らかの理由があったと考えられます。こうした特異な現象は、何も原因が無くしては起きないからです。年齢の一覧表に示したように、四女の愛子はこの当時、七歳でした。この七歳という年齢が、謎を解く鍵になりそうです。
  この七歳という年齢に関連して思い出されるのは、かつて漱石が養母の塩原やすのところから、養父の昌之助の許へ引き取られた時のことです。そこには日根野かつの連れ子で、一歳年上の娘、れんがいました。この少女は当時、八歳でした。このことが関係していると考えられます。なぜそのように考えられるかについては、後で触れることにします。意外な事実関係が見えて来ます


 ( 九 )

  この二度目の発病の時には、子供たちに対する“虐待行為”と取れるような出来事は起きませんでした。しかし、まったく犠牲者がいなかったわけではありません。他の子供たちは口頭で叱られたり、或いは、怒鳴られたりした程度で済んだようですが、長女の筆子だけは、それだけでは済みませんでした。やはり代表して犠牲になったのです。
  この時期に起きた出来事として、『漱石の思ひ出』の中に、次のような事件が紹介されています。

  ある日のこと、漱石が、自分の言いつけを守らなかったとして、二人いた女中のうちの一人を廊下から下へ突き落とし、もう一人を門前で、人が見ている前でポカポカとなぐったということです。これに怒った女中が、二人とも出て行ってしまうという事件が起きました。『漱石の思ひ出』にはこの出来事の説明の後、次のような記述が続いています。

 
  「 それを見ていたのが長女の筆子で、いくら父でもあんまり無法なことをすると
   悲憤の涙にくれておりますると、やがて夏目が出て来て、女中は出て行ったか、
   けしからぬやつだと言うので、そこで筆子が憤然とそれは出ていきますとも、あ
   んなことなさるんですものと、女中の肩をもってしまったのです。さあ、そうな
   るとたまりません。なんだ、この生意気なやつめ、父に口答えするとはというわ
   けで、ポカッと来ます。私が帰って参りますと、女中はいず、筆子は口惜(くや
   )しがって泣いている。夏目は夏目であのやつけしからぬやつだと女中はいない
   ので、筆子一人を目の仇にしてしきりと憤慨しております。今にも刃物沙汰でも
   しかねまじい形相なので、これは危ないとみてとって、目の前にいなければそれ
   までのことですから、矢来の兄さんのところへ逃がしてやりました。」

  (『漱石の思ひ出』夏目鏡子述、松岡譲筆録 文春文庫 五一 二度目の危機)


  ここには長女筆子の、気概のようなものが感じられます。父親の無法に対して、敢然と立ち向かうところなどは、漱石の一徹な性格をそのまま受け継いでいるかのようです。
  それにしてもわずか十三歳の我が娘に対して、自分を見失って怒り狂っている大文豪漱石というのも、なんとも奇妙な光景です。傍目には、滑稽ですらあります。


  さてところで、今回これを紹介したのは、「幼児・児童虐待」と結びつける考察を行うためではありません。上の文章の中に、絶対に見逃せない重要なものが含まれているからです。
  それは、次の一文です。
  『ーーー 筆子一人を目の仇にしてしきりと憤慨して −−− 今にも刃物沙汰でもしかねまじい形相・・・ 』
  この部分には、最大限に注目する必要があります。なぜなら、これこそが、すべての謎を解く鍵になるものだからです。
  次に紹介するものに、上の内容を関連させながら読むと、これまではなんとなく見逃していたものがはっきりと見えて来ます。それこそが実は、隠されていた真相に迫るものなのです。

  「 この女中を出してしまう前のことでしたでしょう。末の男の子が泣き虫でよく
   泣きます。それを頭の悪いときには実に怖い人相になるのですから、子供が見た
   らなおのこと怖いので泣きたてます。 / ーー 中 略 ーー / 
    −−−− この子も末子でみんなにいじめられて泣くのだろう。ーー 略 ー
   ー ところがその泣き虫は、その実夏目の怖い顔を見るとなおいっそう泣き立て
   るのだから世話はありません。」

  ( 同 上 )



  ここにあるように、神経衰弱が悪化した時の漱石の顔は、子供が泣き出すほど「怖い顔」になっていたのです。これは上の『今にも刃物沙汰でもしかねまじい形相』と同じ表情と考えてよいでしょう。要するに、人に恐怖感を与える顔だということです。そんな顔つきのままで近づいたら、子どもが泣き出すのも当然という気がします。大人でさえ逃げ出すかも知れません。
  つまり、神経衰弱が悪化した時の漱石は、「顔つき」までが変わったということです。それも決して尋常ではない、「恐い顔」になったのです。

  そして、最大の問題は、果たして、これは一体、何を意味するのであろうかということです。また、これもかつての出来事の“ 再現・復元 ”であったとした場合に、その裏側には、何が隠されているのかということです。
  このことを追及することにより、実はもう一つの疑問も、同時に解かれることになるのです。そのもう一つの疑問というのは、前にも紹介したものなのですが次のようなものです。

  「 いったいこの時以後気のついたことですが、あたまの悪くなる前には、まるで
   酒に酔っ払ったように顔が真赤に上気するのです。初めはそんなことに気がつき
   ませんでしたが、後ではそれがわかり、子供たちまで上の方の娘などはそれを知
   って、いくら前の晩ににこにこしていても、顔がゆだったように火照(ほて)っ
   ている時には、それ明日またと警戒しています。ときまって翌朝になると、がら
   りと雲行きが変わるのだから不思議です。」

    ( 同 上 二二 小康 )


  不思議なことに、漱石の場合は精神的な異常が現われる前に、『酒に酔っ払ったように顔が真赤』になったというのです。当然のことながら、これにも何か隠された意味があるに違いないのです。何も原因や理由がなくて、こうしたことが起こるはずがないからです。

  そして、あちこちに分散的に記されていたために、これまでは見逃していたのですが、これ等をすべて並べてつなげてみると、その裏に隠されているある事実が見えて来ます。あまりにも重大な事実です。
  その点を分かり易くするために、必要な部分を要点だけ抜き出して、羅列してみることにします。

   ○ 『 今にも刃物沙汰でもしかねまじい形相 』
   ○ 『 実に怖い人相 』
   ○ 『 酒に酔っ払ったように上気した赤い顔 』

  さらに、前に紹介した、漱石の不可解な言動を羅列します。

   ○ 『 むやみと癇癪をおこす 』
   ○ 『 子供が泣いたといっては怒り出す 』
   ○ 『 自分一人で怒りだす 』
   ○ 『 妙にあたまが興奮状態になっている 』
   ○ 『 夜中、不意に起きて、雨戸をあけて寒い寒い庭に飛び出す 』
   ○ 『 夜中に書斎でドタン、バタン、ガラガラとえらい騒ぎが持ち上がる 』
   ○ 『 ランプの火屋(ほや)は粉微塵にわれて −−− 、火鉢の灰は畳一面に
      降って −−− 、鉄瓶の蓋は取って投げ −−− 』


  さて、漱石に出現したこれ等の現象は、一体、何を現わすのでしょう。また、これ等の不可解な言動の裏には、何が隠されているのでしょうか。そして、もしこれ等がかつての出来事の“ 再現・復元 ”であったとしたら、それは何に由来するのかということです。

  結論から先に申し述べるならば、これらの全体を通じて見えて来るもの、それは激しい「怒り」の感情です。凄まじい「憤り」の感情です。
  つまり、かつて漱石は、
   「顔を真っ赤」にして怒っていたのです。
   「怖い顔」をして怒っていたのです。
   「凄まじい形相」で怒っていたのです。

  その激しい「怒り」、凄まじい「憤り」の感情が“ 再現・復元 ”されたことにより、顔が「ゆだったように赤く」なり、しかも「怖い人相」になって、
   「むやみと癇癪を起こし」
   「自分一人で怒りだし」
   「あたまが興奮状態になって」
   「夜中、不意に起きて、雨戸をあけて」
   「えらい騒ぎが持ち上がり」

  といった、まさに「狂気」の事態が出現したのです。
  ですから、漱石に現れた不可解な現象というのは、かつて漱石自身が体験した激しい「怒り」の感情が、後年、何らかの切っ掛けで、突然“ 再現・復元 ”されたことによって引き起こされたものであるということです。
  これが漱石の「狂気」のそもそもの原因です。この激しい「怒り」、凄まじい「憤り」の感情が、突然、嵐となって吹き荒れたために、様々な異常な行動が出現したのです。
  さて、それでは、その激しい「怒り」の感情は、果たして、何に由来するのかということになります。ここに「幼児・児童虐待」が関わって来るのです。


   ( 十 )


  漱石は「顔を真っ赤」にして、怒っていたのです。「怖い顔」をして、怒っていたのです。「凄まじい形相」で、怒っていたのです。なぜなら突然、激しい怒り、凄まじい憤りの感情が噴出したからです。それが漱石に現われた「狂気」の正体です。
  それでは、その激しい「怒り」は、一体、何に由来するのかということになります。そのことを解明する手掛かりとなるものがありますので、下に紹介します。ある時、長女の筆子が、自ら語った貴重な証言です。次のようなものです。

  「 母から聞いたところによりますと、その病気が起きるのはほぼ十年周期なんで
   ございますって。わたくしが六つのとき、ちょうど日露戦争の時でございました
   ね。悪いことも何もしないのに、いきなり『筆子を呼んでこい』と、女中にいい
   ますでしょう。わたくしが何の用かと思ってまいりますと机の前にすわらせるだ
   けで、こうでございますの。(ゲンコツでひたいを突いて)ゴツーンと、ひっく
   り返してそれで知らーん顔してにらんでいる。母もとってもかわいそうでした。
   そンときはまだ、ちょうど三番目の妹が生まれたばかりで、まだ四番目の妹が生
   まれていない時ぐらいでございますね。母がしょっちゅう書斎に呼ばれていって
   は、髪振り乱して泣きながら廊下を走って出てくるのをわたくしは覚えておりま
   す。」

 ( 『銀座百点』 第二五四号 昭和五十一年一月一日 座談会 「夏目漱石の長女」 )


  ここにある「三番目の妹が生まれたばかり」で、「まだ四番目の妹が生まれていない時」というのは、実際の年代に当てはめると、明治三十六年の暮れから三十八年の秋に掛けての時期ということになります。
  また『わたくしが六つのとき』というのは、数え歳で六つということですから、明治三十七年六月以降ということになります。因みに日露戦争は、この年の二月に始まりました。講和条約を結ぶのが、翌三十八年の九月です。

  ですからこれは、まだ最初の神経衰弱の余波が残っていた頃の出来事ということになります。
 そして、次の部分には、最大限に注目する必要があります。

  『−−− ゴツーンと、ひっくり返してそれで知らーん顔してにらんでいる。』

  ここには、「幼児虐待」の影が垣間見えます。虐待と言うよりは、むしろ陰険なイジメに近いものと言ってよいでしょう。
  そして、これがかつて漱石自身が体験した「虐待」の“ 再現・復元 ”であったとした場合に、それでは実際にそれを行ったのは、誰かということになります。
  当然のことながら、それは養母の塩原やすであったと考えられるのです。漱石は満七歳まで、この女性と一所に生活していたからです。従って、これと同様のことが、その当時、塩原やすによって行われていたということです。

  ここで思い起こされるのが、御常こと塩原やすという女性のかなり片寄りのある性格です。吝嗇でしかも猜疑心が強く、夫の昌之助に対しても愛人を巡って、執拗な攻撃を繰り返えしました。その結果、この夫婦は離縁になってしまったのです。このことからも分かるように、性格的にかなりの歪みを抱えていた女性でした。
  しかも、この塩原やすという女性は、平気で人に嘘をつきました。そのあからさまな嘘に対して、子供時代の漱石が腹を立てて、
  『あんな嘘を吐(つ)いてらあ』
  と、当の客がいる前でばらしたのです。

  その結果、この塩原やすという女性が漱石に、果たして、何をしたであろうかということです。次男の伸六氏に対して加えられた例の暴力的な虐待は、やすのものと言うよりは、養父の昌之助のものであったと考えるのが妥当です。従って、やすのその後の行動が、空白になっていました。しかし、この女性の性格から推して、なにも報復を加えなかったとは考えられません。当然、何らかの形で様々な報復が加えられたに違いないのです。
  要するにその報復が、こうした「お仕置き」、或いは「意趣返し」という形で行われたものと想像されるわけです。
   『ゴツーンと、ひっくり返してそれで知らーん顔してにらんでいる。』
  ここには、陰険なイジメに近いものがあります。おそらく夫の昌之助に対しての執拗な追及と同様に、子供の漱石が、顔を真っ赤にして怒り出すほどのイジメ、或いは、心的虐待が繰り返えされていたのです。

  この考え方の正当性を裏づけるものとして、次のようなものを上げることが出来ます。
  まず、漱石の「狂気」の行動が、自分の家の中だけで発生したこと。しかもそれが子供たちや、妻の鏡子だけを対象としたものであったこと。これ等は、もともとの「虐待行為」が、家の中で行われたことを示唆しています。
  さらに漱石の場合は、その虐待行為が相手に肉体的な苦痛を与えるものではなく、主として言葉によるものであったという特徴があります。妻の鏡子も、決して殴られたことは無かったのです。『漱石の思ひ出』の中にも、漱石から殴られて怪我をさせられたといった記述は、一切ありません。子供たちも無論、同様です。次男の伸六氏の一件だけが、例外なのです。

  このあたりに、力のある男性によって加えられた虐待との顕著な相違点が見受けられます。つまりねちねちと陰険で執拗な、イジメに近い虐待が加えられたのです。そして、その当時、それが出来たのは、養母の塩原やすしかいないわけです。おそらくこれは、夫の昌之助がいないところで行われたものと考えられます。

  そして、そのかつての激しい「怒り」、凄まじい「憤り」の感情が、後年、ふとした切っ掛けで“ 再現・復元 ”されたことにより、まさに「狂気」の嵐となって吹き荒れたのです。それ故に漱石の顔は、「真っ赤」になったのです。また「怖い顔」になったのです。さらには、「凄まじい形相」になったのです。なぜなら漱石は、心の底から怒っていたからです。そして、その怒りの感情を発散させるために、書斎にある物を手当たり次第に、外へ放り出したのです。また妻の鏡子をはじめとする家人に、当たり散らしたのです。


  このようにして振り返ってみると、漱石の悲劇は、塩原やすという女性に巡り合ったことに始まります。また、その漱石と結婚した鏡子の悲劇も、さらには子供たちの悲劇も、この女性のかつての行為によって創り出されたものだったのです。
  妻の鏡子も子供たちも、原因も何も分からないままに、まさに「狂人」となった漱石に振り回され、怯え、恐れ、悲しみ、憎み、苦しみました。たった一人の女性が与えた影響としては、余りにも大きなものがあります。
  そして、その理由も原因も一切が分からないままに、今では、全員が他界してしまいました。今頃になって、原因が解明されたところで、あまり意味は無いかもしれません。
  しかし、これによって、漱石という人の人格が貶められるようなことは、今後は無くなるでしょう。或いは、すでに貶められている人格の、復権に寄与することになるかもしれません。かつて漱石を、狂人とほぼ同一視していた文芸評論家がいました。しかも嫂(あによめ)と、肉体関係があったとも言っていました。これは甚だしく漱石の人格を貶めるものです。文芸批評の名を借りた死者への冒涜です。以後は、そうした勝手なことは言えなくなるでしょう。それなりの意味はありそうです。

  さて、ところで残された問題は、漱石の心にかつての記憶を甦らせ、且つ、それを“ 再現・復元 ”する形で実際の行動に移させたものは、一体、何かということです。要するに、漱石に「精神分裂病」と同じ症状を創り出したそもそも原因は何であったのかということです。
  これについては、まだ説明がしてありませんでした。


  ( 十 一 )

  すでに紹介しましたように、現代医学は精神分裂病の原因が、神経伝達物質の一つである「ドーパミン」が過剰に供給されるためであるということを突き止めています。ドーパミン仮説といわれるものです。そして前述したように、漱石に実際に現れていた症状は「精神分裂病」の初期症状でした。ですから漱石の場合は、その「ドーパミン」が過剰に供給されていたはずであり、そうした状態を創り出す何らかの原因があったに違いないのです。ここにもう一つの、隠された原因があることになります。その原因によって、漱石の不可解な「狂気」が創り出されたわけです。この点について説明しておくことにします。


  漱石には、「胃潰瘍」の持病がありました。死因そのものが、胃潰瘍でした。潰瘍が悪化して、遂に胃壁内部の血管を破断してしまったのです。ですから直接的な死因は、失血死ということになります。医学の発達した現代では、およそ考えられない死に方です。
  その漱石は存命中も年がら年中、この胃潰瘍のために苦しんでいました。つまり、連続して胃潰瘍が出来ていたのです。ある人の調査によれば、その胃潰瘍は短いものが「一年から一年半」の周期で、また長いものが「三年から四年」の周期で連続して発生したということです。しかも、両者が重なっていた時期もあったということです。つまり一つが治りきらないうちに、また次の胃潰瘍が発生したのです。
  そして、その新たな胃潰瘍が発生するたびに、同時に、精神的な異常も発生したということです。その概略を紹介しておくと、次のようなことになります。

  漱石は、自分自身の異常な精神状態を表現するのに、「不愉快」という言葉を使っています。これは気分的な不愉快を指す言葉ではありません。沸き上がって来る「怒り」の感情が、まだはっきりとした形を取っていない状態を指すものです。最近の子どもたちが使う「ムカツク」と同じ意味です。気分的な不愉快ならば、気晴らしに運動などをすれば発散させることができますが、精神的な不愉快には医学的な治療が必要です。
  要するに、この精神的に不愉快な状態が、やがて激しい「怒り」にまで高まったときに、先に紹介したような「狂気」の行動が出現したわけです。
  実際に、漱石は「不愉快だから絵を描いた」のだと言っています。気分的な不愉快は絵を描いても好くなりませんが、精神的な不愉快には効果があります。つまり漱石は近年、多くの精神病院で取り入れられるようになった絵画療法を、自ら編み出したのです。現代の最先端医療を誰からも教えられずに、自ら開発し、且つ実践したのです。これだけでも大変なことです。

  ですから、この「不愉快」という言葉は、漱石に何らかの精神的な異常が発生したことを示す「キーワード」になっているのです。そして、何と、この言葉が最初に使われたのが、イギリス留学のために乗り込んだ船の中だったのです。
  従って、最初の神経衰弱は、明治三十三年のイギリスへ留学するために乗り込んだ船、「プロイセン号」の中で発生したということです。そして、この時に同時に、胃潰瘍も発生しており、それから大正五年十二月九日に死ぬまでに、合計八回の胃潰瘍が、連続的に発生していたのです。また、そのつど精神的な異常が同時に発生したのです。


  漱石の胃潰瘍と、精神的な異常の発生との関係を年代順に示すと、およそ次のようになります。

  ○ 最初の胃潰瘍の発生。
    イギリスへ留学するために漱石が乗ったドイツ汽船「プロイセン号」船が、横浜港を出航したのは、明治三十三年九月八日のことでした。
    その翌日の晩に漱石は、下痢をしています。従って、食中毒に罹った可能性があります。それから八日後の、明治三十三年九月十七日の日記には、

     「昨夜の動揺にて元気なきコト甚し 且つ下痢す 甚だ不愉快なり」

    という記述があります。
    この「不愉快」こそが、何らかの精神的な異常の発生を意味する言葉であり、この時に同時に、その原因を創る胃潰瘍が出来ていたということです。つまり、この時に発生した「胃潰瘍」が、すべての始まりだったのです。
  ここでは胃の異常を示す言葉は使われていませんが、実際は「下痢」の症状の中に含まれていると考えられます。

 ○ 二回目の発生は、明治三十四年七月一日のことでした。ロンドン留学中のことです。この日の日記には、
   「近頃非常に不愉快なり くだらぬ事が気にかかる 神経衰弱かと怪しまる」とあります。
   また、この頃の鏡子宛の手紙には、洋式の食事が合わずに、胃の調子がよくないことが記されています。

 ○ 三回目は、明治三十六年一月の、イギリスからの帰国直後のものです。
   火鉢の縁の五厘銭をめぐって長女の筆子が、いきなり頬をたたかれたのがこの時です。

 ○ 四回目は、同じ年の六月です。
   『漱石の思ひ出』には、「六月の梅雨期頃からぐんぐん頭が悪くなって、七月に入ってますます悪くなる一方です」とあります。

 ○ 五回目は、明治四十年です。
   漱石は明治四十年三月二十八日、京都へ行った時に、友人の高濱虚子の前で、やや異常な行動を取ったことが知られています。そして、この時に発生した胃潰瘍が、後に、修善寺の大患に結びつきます。

 ○ 六回目は、明治四十四年です。
   漱石は、明治四十四年八月十八日、大阪で講演をした晩に、嘔吐し、吐血しています。

 ○ 七回目は、明治四十五年です。
   明治四十五年四月十九日、野上豊一郎宛ての書簡に、「此二三週間は 又胃に酸が出て −−− 夫に神経もよろしからず閉口」と書いています。

 ○ 八回目は、大正二年一月です。
   連載小説『行人』を執筆中のものです。七番目の胃潰瘍がまだ治りきっていなかったところへ、次の胃潰瘍が新たに発生したのです。そして、これが後に、死因となる胃潰瘍です。つまり、この時の胃潰瘍が治りきらずに何度も再発を繰り返し、さらに拡大して行ったために、遂に胃壁の血管までも破壊してしまったのです。それによって、大正五年十二月九日が運命の日となったのです。

 ( 漱石の「則天去私」と「明暗」の構造』 加藤敏夫 ( リーベル出版社 ) 巻末年表 参照 )


  ところで漱石に、なぜこれほど連続して胃潰瘍が発生したのかという点に関して、この本の著者は、胃壁に棲み着く細菌「ヘリコバクター・ピロリ」の感染を疑っています。この細菌に感染すると、連続的に胃潰瘍が発生することが分かっています。細菌の周囲が粘膜で覆われているために、酸性の胃の中でも生き続けるのです。これを治すためには、抗生物質による除菌が必要です。
  従って、この細菌に感染したのが、イギリス留学のために乗り込んだ船、「プロイセン号」の中であったというのです。たしかに漱石は船に乗り込んだ翌日に、下痢をしています。ですからこの時に食中毒に罹ったと同時に、このピロリ菌にも感染したと考えると、その後の経緯を合理的に理解することが出来ます。


  ところで漱石は、どういうわけか自分の胃潰瘍の進行に、まったく気がつかないことがありました。実際に嘔吐や、血便が出るほどまで悪化してから、ようやく胃の痛みを訴えたのです。つまり、胃潰瘍がかなり進行するまで、自覚症状が出なかったのです。しかも、新たな胃潰瘍の発生には、まるで気付かなかったのです。
  ですから漱石の場合は、新たな胃潰瘍が発生した時の苦痛が、自動的に取り除かれていたことになります。つまり脳内麻薬の一つである「ベータエンドルィン」が、自動的に作られていたと考えられるのです。これはモルヒネの十数倍もの効力を持つ物質です。この物質が脳内で作られるために、人は苦痛から解放されるのです。最初は七転八倒の痛みでも、次第にその痛みに慣れるという現象が生じます。この物資の働きによるものです。つまり漱石の場合は、胃潰瘍の発生と同時に、この物質が自動的に創られていたために、痛みをまったく感じないで済んでいたのです。
  しかもこの物質は、精神分裂病の原因物質とされる「ドーパミン」とも大いに関係する物質なのです。現代医学はこれ等の物質に関して、次のような点を解明しています。

  脳内麻薬は、すべて「チロシン」というベンゼン環をもつアミノ酸で出来ています。つまりこれが、前駆物質と呼ばれる原材料にあたるわけです。そして、これは痛み止めの効果を持つベータエンドルィンの原材料になるだけでなく、「精神分裂病」を引き起こすとされる「ドーパミン」の原料でもあるのです。これ等の物質が製造される一連の過程を、図式で示すと、次のようになります。


  ○ フェニルアラニン → 「チロシン」 → 「ペータ・エンドルフィン」

  ○ フェニルアラニン → 「チロシン」 → ドーパ → 「ドーパミン」 → 

   ノルアドレナリン → アドレナリン

  ( ちなみに「ノルアドレナリン」は、別名「怒りのホルモン」と言われています。人が激怒したときに、多量に分泌される物質です。逆に、減少すると、鬱状態になります。)

    ( 『心がここまでわかってきた』 大木幸介 光文社刊 参照 )


  さて、胃潰瘍による苦痛が取り除かれるためには、精神分裂病の原因物質の「ドーパミン」と共通の原材料である「チロシン」が必要です。また、怒りのホルモンとされる「ノルアドレナリン」は、原料となるドーパミンがあれば、いくらでも創り出されることになります。

  ここに漱石の特異な精神異常の謎が隠されていたのです。つまり、漱石の胃潰瘍の症状は、初めのうちは「チロシン」から自動的に創られた痛み止め物質、「ベータエンドルィン」によって押さえられていたのです。本人が初期の胃潰瘍の発生にまったく気がつかなかったのは、そのためです。
  ただし、そのための原材料が豊富に用意されているということは、「ドーパミン」がいくらでも作られる状態にあるということです。そのために漱石には、精神分裂病の初期症状が発生したのです。また、そのドーパミンから「ノルアドレナリン」が自動的に創られたために、顔を真っ赤にして「怒り狂う」という事態が出現したわけです。

  ただし胃潰瘍がさらに進行すると、自動的に生産されるベータエンドルフィンでは不足するために、胃痛の自覚症状が現われます。そして、痛み止め用の物質を集中して創る必要性が生じます。その結果として、ドーパミンの製造は行われなくなり、精神的な異常も自然に消え去ったのです。
  ですから妻の鏡子が観察した「胃を悪くすると、どういうわけか頭の具合の悪いのが治った」というのは、こうしたメカニズムによるものだったのです。精神分裂病の原因物質であるドーパミンや、怒りのホルモンとされるノルアドレナリンが生産されなくなったからです。

  「 −−− そうしてしまいに胃を悪くして床につくと、自然そんなこんなの黒雲
   も家から消えてしまうのでした。いわば胃の病気がこのあたまの病気の救いのよ
   うなものでございました。」

   (『漱石の思ひ出』 夏目鏡子述、松岡譲筆録 文春文庫 五一 二度目の危機)


  この鏡子の証言は、上のように考えることによって、合理的に理解することが可能になるのです。ですから漱石に「狂気」を出現させたものも、またその「狂気」を消失させたものも、そもそもの原因は、連続して発生した「胃潰瘍」であったということです。
  以上により、漱石に発生した「狂気」のメカニズムが解明されたことになります。ただし漱石の場合は、もともと自動的に「ベータエンドルィン」を作り出すプログラムを持っていたことになります。上に紹介した本の著者は、幼児期に罹った天然痘が原因であろうと述べています。ここではあまり必要性がありませんので、これ以上の言及は避けることにします。


  ( 十 二 )


  漱石に不可解な「狂気」を出現させたものは、連続して発生した「胃潰瘍」でした。その「狂気」を消失させたものも、また胃潰瘍の進行でした。つまり漱石の場合は、胃潰瘍の発生によって「精神分裂病」の原因物質である「ドーパミン」が、脳内で自動的に創り出されていたのです。そのために精神分裂病の初期症状に該当する「幻聴」や、「追跡妄想」などが発生したのです。
  また漱石が時々、理由も分からずに「顔を真っ赤」にして怒り狂ったり、また「怖い顔」になって荒れ狂ったのも、原因はやはり胃潰瘍でした。怒りのホルモンと言われる「ノルアドレナリン」が、自動的に生産されたからです。

  しかも漱石は、それによって遠い過去の記憶の中から、かつての「幼児・児童虐待」の体験を甦らせたのです。そしてそれが“再現・復元”される形で、突然、今現在の行動の中に出現したのです。
  その代表的なものの一つが、明治三十六年に起きた五厘銭事件です。火鉢の前に座っていた長女の筆子が、いきなり頬をたたかれた例の出来事です。これには漱石自身のもっともらしい言い訳がついていますが、この行動のそもそもの発端は、幼児期の体験にまで溯るものだったのです。
  もう一つは、大正二年の次男の伸六氏に対する、ステッキでの殴打事件です。これも同様に、かつて漱石自身が体験した出来事が、そのまま“ 再現・復元 ”されたものだったのです。

  ここには乳・幼児期、児童期に虐待を受けて育った子供たちが、成長して自分自身が同じような立場に置かれた時に、今度は自分が虐待をする側にまわって、子供に暴力を振るってしまうという「幼児・児童虐待」の世代連鎖のメカニズムが働いていたのです。過去に自分自身が体験した出来事が、無意識的に“ 再現・復元 ”されるメカニズムです。
  従って、これ等の異常とも取れる出来事は、何の原因もなく発生したものではないということです。また、単なる「狂気」の産物でもないということです。漱石自身のかつての体験が、突然、“ 再現・復元 ”されたものだったのです。
  そして、こうした様々な原因を創り出したものが、本人もまったく気が付かないうちに発生した「胃潰瘍」であったということです。これが漱石に出現した「狂気」の、全体像ということになります。


  ところで、これまでの一連の考察により、漱石に出現した現象に関しては、或る共通点を見つけ出すことが出来ます。
  それは、精神的な異常が発生した時の漱石の問題行動は、すべてが乳幼児期に漱石自身が体験した出来事の“ 再現・復元 ”であったということです。子供たちに対する幾つかの「虐待行為」はもちろんのこと、激しい怒りの「感情」までが、そのまま再現・復元されたわけです。つまり「行動様式」、「思考形態」、さらには「感情の変化」までもが、正確に“ 再現・復元 ”されていたということです。

  従って、これ等以外にも、漱石の行動で何か“ 再現・復元 ”されたものがあるのではなかろうか、と考えることが出来ます。つまり、表面的にはさほど目立たないものの中にも、これ等と同様に過去の出来事が繰り返されたものがあるのではなかろうかということです。
  そして、こうした観点から『漱石の思ひ出』の中に記されている個々の出来事を検討してみると、それに該当するような幾つかの事例を拾い出すことが出来ます。
  例えば、次のようなものがあります。


  ○ 神経衰弱が高じたときの漱石は、妻の鏡子をじゃまものにして、なんとかして実家に帰して離縁しようとしました。
  そして、実際に鏡子を実家へ帰すために、次のように言ったということです。

  「貴様はお産でねているのだから、相当日がたったらかえれ」

   (  同 上 二〇 小刀細工 )

  ここには、養母の塩原やすから受けた「虐待」の影響があると考えられます。つまり、これと同様の言い方で、言葉による虐待が行われていたのではなかろうかということです。
  「おまえは、もともとこの家の子ではないのだから、さっさと出ていけ」
  こう言って、塩原やすが漱石の額を小突きながら、にらみ付けていた情況が目に浮かびます。要するにこの行動も、漱石が過去に実際に体験したことが、“ 再現・復元 ”されたものであった可能性があるということです。


  ○ また、次のようなこともあったということです。

   「ある晩夕飯をたべていますと、子どもが歌をうたいました。するとうるさいというが早いかお膳をひっくりかえして書斎に入ってしまいました。」

   ( 同 上 二一 離縁の手紙 )

  ここには、養父である塩原昌之助の影響がありそうです。その情況としては、愛人が発覚したあとの塩原やすの執拗な追及に対して、いよいよ堪忍袋の緒が切れかかっていた時期の出来事が想像されます。
  つまりこれは、養父の昌之助が、家から出ていってしまう直前の出来事ではなかったかということです。今夜もまた始まった妻のやすの執拗な追及に対して、昌之助が遂に、怒りを爆発させたのです。その時の行動が、そのまま“ 再現・復元 ”されたと考えることが出来るわけです。


  ○ さらに、次のようなこともありました。

  「 朝早く四時半か五時に目をさまして、自分で起きて戸をあけ、それから『おきろ』とどなるのです。」

   ( 同 上 二一 二度目の危機 )

  これもやはり、塩原やすの行動の“ 再現 ”と考えることが出来そうです。夫の昌之助が家から出て行ってしまった後の出来事として考えると、当たらずとも遠からずという気がします。塩原やすが子どもの漱石に、当り散らしていた情景が浮かんできます。


  ○ また、どういうわけか漱石は、女中や下女に対して妙な不審感、懐疑心、或いは敵愾心のようなものを持っていました。『漱石の思ひ出』の中から、女中や下女に関係する記述を拾い出してみると、次のようなものがあります。


  「何が癪にさわるのか女中を追い出してしまいます。私にはいよいよつらく当たります。」
    ( 同 上 一九 別居 )

  「女中を二人とも追い出してしまって、かえって見ると家の中は真っ暗がりで、子どもがその暗い中で泣いているという始末。」

   ( 同 上 二一 離縁の手紙 )

  「何でもお正月の二日か三日のことです。どうも女中が変だとか何とかひとり語(ごと)を言っておりましたが、やがて女中に向かって、いきなり木に竹をついだように、−−− 」

   ( 同 上 二一 二度目の危機 )

  「−−− すると出すなというのになぜ出したといきり立って、一人を廊下から下へ突き落とし、一人が門のところへ出たのを追うて、門前の路の上で人が見ているところでポカポカなぐったそうです。」

              ( 同 上 二一 二度目の危機 )

  「−−− 子供が見たらなおのこと怖いので泣きたてます。すると、守(もり)をしていた娘が尻をつねったのだと言って、とうとうこれも出してしまいました。」

   ( 同 上 二一 二度目の危機 )


  下女や女中に対するこのような奇妙な態度には、やはり何らかの原因があったと考えられます。そこで思い出されるのが、以前に紹介した次のような出来事です。
  御常こと塩原やすという女性は、いつも食品戸棚に錠を下ろしていました。この行為の対象となる相手というのは、当然のことながら家人である下女や女中です。
  その下女には、やす自らが味噌汁(おつけ)をよそってやっていました。つまり、下女が勝手に食べられないように、量を管理していたのです。しかし、育ち盛りの少女たちに充分な量の食事が与えられなかったら、彼女たちが盗み食いに走るのは、むしろ当然のことです。食品戸棚の錠くらいならば、工夫次第でなんとかして外すことが出来たでしょう。

  ですから、『どうも女中が変だ』というのは、当時の塩原やすの口癖であった可能性があるわけです。
  そして、下女の盗み食いの現場を捕らえては、『ポカポカなぐった』りしたうえに、『追い出して』しまうといったことが繰り返えされていたのです。
  従って、漱石の下女や女中に対する上のような不可解な行動も、その大もとを糺せば、養母であった塩原やすの行動の“ 再現・復元 ”であったと考えられるのです。


 ○ また、神経衰弱が悪化した時の漱石の症状の中には、

  『何もかも夏目をいじめ苦しめるためにやっていると、こう感じるらしいのです。』

   ( 同 上 五一 小刀細工 )


  というものがありました。どうやらこれも、かつて漱石が実際に体験した“ 感情 ”の“ 再現 ”であったと考えられます。つまり長女の筆子に対して行ったイジメのようなことが、その当時の漱石に対して日常的に行われていたとすれば、そうした感情が固定されたとしても不思議ではないからです。漱石はその当時、実際にいじめられたり、苦しめられたりしたのです。ですからこの感情も、かつて実際に体験したものが、そのまま“ 再現・復元 ”されたものであったと考えられるわけです。


  ○ 塩原やすの影響とみられるものは、まだあります。『漱石の思ひ出』には、次のような出来事が紹介されています。

  「 まだ寒いころでございましょう。女中が咽喉をいためて変なかすれ声で声をつ
   ぶしておりました。するとそれをたいそう気にしまして、なぜそんな声をしてい
   る、大きな声を出してみろと申します。いくら声をつぶしていたって、一声二声
   普通の声は出るものですから、相当大きな声を立てますと、それみろ出るのにな
   ぜ出さない、貴様はうそをついている。細工をしてけしからんやつだと言って怒
   りつけました。何でも細工をしてるとみるのが、病気になるとこの人の癖でした
   。そうしてそれを非常に嫌って憎むのでした。」

   ( 同 上 五一 二度目の危機 )



  上の文中に『何でも細工をしてるとみるのが、病気になるとこの人の癖でした』とあるように、漱石は裏で秘かに行われる小細工やウソを極端に嫌いました。それは主に妻の鏡子に対してのものでしたが、この時には、女中に対しても向けられていたことになります。
  従って、このことから、次のようなことが考えられます。この特異な思考形態は、塩原やすが持っていた女中に対する不審意識と、そのやすの嘘や小細工を憎んだかつての記憶が、同時に“ 再現・復元 ”されたためではないかということです。つまり、塩原やすの女中に対する不審感とそのやすが弄した小細工に対する憤りとが、そのまま“ 再現・復元 ”されたことにより、このような現象が出現したのです。
  ちなみに塩原やすの嘘と小細工の巧みさについては、『道草』の中に次のように記述されています。

  「 然しこれ程父を自由にした姉の口先は、御常に比べると遥かに下手であった。
   真(まこと)しやかという点に於いて遠く及ばなかった。実際十六七になった時
   の健三は、彼女と接触した自分以外のもので、果たしてその性格を見抜いたもの
   が何人あるだろうかと、一時疑ってみた位、彼女の口は旨かった。」

    ( 『道草』 六十四 )



  これからも塩原やすという女性が、嘘と技巧と小細工に関していかに高度なテクニックを有していたかが分かります。そして、こうした様々な嘘や、技巧や、小細工を弄して、当時の漱石に執拗なイジメを繰り返えしたのです。その時の感情がそのまま“ 再現・復元 ”されたために、漱石は嘘や小細工を極端に憎んだのです。そして女中に対しても、それと同様の意識が再現されたのです。



  さて、これまでに紹介した事例は、いずれも積極的に肯定もされなければ、また全面的に否定もされないという種類のものです。言うなれば、そうした考え方も成り立つかも知れないという、可能性の範囲内に留まるものでした。ところが次の事例によって、それ等に一定の方向性が示されることになります。つまり、単なる可能性の範囲からさらに一歩を踏み出して、より現実性を持つものに変わるのです。そうした意味から次の事例は、なかなか重要なものであると言えるわけです。

  ○ 前にも紹介したように、どういうわけか漱石は四女の愛子だけは、ほとんど怒ることがなかったようです。次男の伸六氏の回想記録の中にもあったように、どうやら愛子に対しては、何か特別な感情が働いていたようです。
  その部分を再度、下に紹介しておきます。

  「−−− ただ、私等兄弟のうちで、たった一人、少しも父をこわがらなかった子
   供がいる。すぐ上の愛子という姉で、父の胸には、外の子供に比較して、自分を
   少しも恐れぬこの子供の気持ちが、特に敏感に映じたのではないのか、とにかく
   、父はこの姉を一番可愛がっていたようである。
    / ーー 中 略 ーー /
    −−− 恐らく、私等兄弟の中で、ほとんど父から怒られたことのないのは、
   この姉だけで、それはむしろ、それ自身私等には非常に不思議な事実としか思え
   ないのである。」

    ( 『父・夏目漱石』 夏目伸六著 文春文庫 「父の日記と子供達」より )



  ここには『非常に不思議な事実』と記されていますが、当然のことながらこれにも、何らかの理由があったと考えられるのです。そして、このことに関連して思い出されるのが、かつて漱石が塩原やすのところから、養父の昌之助の許に引き取られた時の出来事です。そこには日根野かつの連れ子で、一歳年上の娘、れんがいました。この少女は、当時、八歳でした。
  当時の漱石は、この少女に対して、やや特殊な感情を抱いていました。

 「−−− 碌(ろく)に顔さえ見合わせなかった。口はまるで利(き)効かなかった」

    ( 『 道草 』 四十三 )



  これが、最初に、その少女に出会ったときの漱石の態度でした。そして、この状態は、その後もずっと継続されたのです。
  『道草』の中では、この少女は御縫さんとして登場しています。その女性に関して、次のような記述がなされています。

  「−−− 何年振りにも顔を合わせた事のない彼とその人とは、度々会わなければ
   ならなかった昔でさえ、殆(ほと)んど親しく口を利いた例(ためし)がなかっ
   た。席に着くときも座を立つときも、大抵は黙礼を取り換わせるだけで済まして
   いた。」

    ( 『 道草 』 六十二 )



  ここに『 ーー 親しく口を利いた例(ためし)がなかった。』とあるように、その少女に対しては、最初の出会いの時の態度がそのまま維持されていたのです。つまり、初めに出会ったときの感情が、そのままの形で固定されていたと言ってよいでしょう。
  四女の愛子に対しては、この感情が“ 再現・復元 ”されたのです。それは愛子が、この少女とほぼ同年代だったからです。
  それは「顔さえ見合わせなかった。口はまるで利(き)効かな」かったという特殊な感情です。又は「黙礼を取り換わせるだけで済まして」という少年期の微妙な心理状態です。この心理状態が“ 再現 ”されたら、とうてい怒りを向ける対象にはなり得ません。
  子供の方でも、父親から怒られなければ、怖がる必要はありません。ましてや恐れる必要もありません。それにより、よけい愛子の方でも漱石になついたものと考えられます。
  つまり、伸六氏が述べたような四女の愛子をめぐる『非常に不思議な事実』は、こうして出現したのです。過去に体験した特殊な“ 感情 ”が、そのまま“再現・復元”されたからなのです。

  ところで、これだけでは、やはり肯定もされなければ、否定もされないという考え方の領域に留まるものです。つまり、そうしたこともあり得るかも知れないという、可能性の範囲内のものです。
  しかし実は、この事例に関しては、次のような新たな証言があるのです。それにより、一つの方向性が決定付けられるのです。そうした意味で、非常に貴重な資料です。

  「 それはさておき、愛子という叔母は小さい頃ざっくばらんに何でも言える子で
   、父のこともあまり怖がらず、平気で何でも言ったそうである。いつも子供に、
   殊に私の母と直ぐ下の妹、恒子に恐れられ避けられているのを知っていた漱石は
   内心淋しく、この物怖じせずに何でも言った娘を特に可愛く思ったに相違ない。
   、母を「筆」と呼び捨てにするのに、この叔母のことは「愛子さん」と「さん」
   までつけて優しい声を出して呼んだと母から聞かされた。」

  ( 『 孫娘から見た漱石 』 松岡陽子マックレイン著 新潮選書 )


  この本の著者である松岡陽子マックレインさんは、母親が、漱石の長女の筆子です。つまり、漱石の孫娘にあたる人です。そして、ここで注目すべきは、
  『この叔母のことは「愛子さん」と「さん」までつけて −−− 』という部分です。『母を「筆」と呼び捨てにするのに』と比べると、余りにも対照的です。

  このことからも、四女の愛子が漱石にとって、特別な存在であったことがわかります。しかも、この後に続く、
  『優しい声を出して呼んだ』という部分は、その裏側に何か隠されたものがあることを示しています。これが自分の娘に対する通常の呼び方でないことは、明白だからです。「さん」までつけて、しかも、優しい声で呼びかけるようなことは、自分の娘には絶対にあり得ないからです。
  従って、ここにもかつての出来事の“ 再現・復元 ”現象が起きていたと考えられるわけです。つまり漱石は当時、その少女のことを、『れんさん』と呼んでいたのです。少女の方が、漱石より一つ年上であったことを考えれば、これはむしろ当たり前の呼び方であったと思われます。

  そして、その時の感情が、そのままの形で“ 再現・復元 ”されたことにより、ただの「アイ子」ではなく、『愛子さん』という呼び方になったのです。つまりここには当時の「 ーーー 顔さえ見合わせなかった。口はまるで利(き)効かな」かったという例の特殊な感情が働いているわけです。そして、そのことを裏づける証拠となるものが、『 ーーー 優しい声を出して呼んだ』という部分なのです。要するに、『れんさん』との感情的な同一視現象が生じていたのです。


  次男の伸六氏が述べたような、『非常に不思議な事実』が出現したのは、こうした理由からだったのです。つまり、これまでに紹介した幾つかの事例と同様に、過去に体験した「感情」までもが、そのままの形で“ 再現・復元 ”されたからです。
  そして、この事例があることによって、上に紹介した幾つかの事例も、単なる可能性の範囲内に留まるものではなくなったのです。要するに、それなりの現実性を持つものに変化したということです。
  またこの事例によって、“ 再現・復元 ”されたものが、必ずしもかつての虐待・イジメの体験や、怒りの感情と結び着くものだけではないということが分ったわけです。従って、もっと丹念に探せば、様々な行動様式や、思考形態、或いは別の種類の感情の再現・復元も見つかるかもしれません。この事例は、そうした新たな方向性までも開くことになるので


  *** ○○ ***


  それにしても、このようにして調べてみると、なんとも不思議な気がします。あれほどの名作、大作の数々を残した大文豪、夏目漱石が、幼児期に体験した出来事を忠実に“ 再現・復元 ”する行動を繰り返していたのです。
  人の心の中には、一体どのようなからくりが仕掛けられているのでしょう。もしかすると人の心というものは、それほどまでに乳幼児期の体験に縛られているということかも知れません。

  今日でもよく使われる言葉に、「子どもは、親の背中を見て育つ」というものがありますが、この言葉はいみじくも、そうした事実関係を言い当てたものと言えそうです。ふと気がつくと、子どもたちが父親や母親と同じようなことを言ったりしたりするのは、時として見掛けるありふれた光景です。ことほど左様に、子どもというものは、親の言動に影響されるということです。
  ですからこのことを、より具体性を持った言葉に言い換えるならば、「子どもは知らず知らずのうちに、親の行動をインプリンティング(刷り込み)されながら育つ」ということなのかもしれません。子どもにとって親からの影響は、それほど大きいということです。


                               2001. 10. 23.        店主記す






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒