夏目漱石の「狂気」と“幼児虐待” a@3
 ―――――――――――――
  〔― 捕 捉 ―〕

  漱石の家族と弟子たち


  漱石に時として出現した「狂気」の正体は、強い怒りの感情、凄まじい憤りの感情でした。しかもそれは、妻の鏡子をはじめとする家族に対して向けられました。ですから漱石という人物については、家族と弟子たちとでは、まったく印象が異なっています。弟子たちは漱石の「狂気」に、ほとんど気付いていなかったのです。

  前に紹介した、松岡陽子マックレインさんの『孫娘から見た漱石』の中には、次のような興味深いエピソードが記されています。

  「 私が今でも鮮明に覚えている両親の面白い会話がある。多分それは昭和二十六
   、七年頃(1951、52)、私がアメリカへ留学する直前ではなかったかと思
   う。それから少しして父は『夏目漱石』という伝記を出したから、その準備をし
   ていた頃と記憶している。父は漱石の晩年に、自分がまだ学生の頃、芥川龍之介
   や久米正雄と共に漱石山房の木曜会に何度か出席し、当時の漱石を、家族の経験
   した激烈な人とは全く異なったむしろ円満な、澄んだ心の持ち主として覚えてい
   たらしい。そして母との会話で、漱石が少なくとも晩年はそんな人であっただろ
   うと賛意を求めていたのだが、母は断固としてそれに同意せず、自分の父は最後
   まで昔と変わらぬ激しい人物であったと主張していた。私は一人の人間がこうし
   て正反対のイメージを二人の人間に与えたことを知り、その会話を興味深く聞い
   ていたのを今でも覚えている。漱石はそういう複雑な人であったということだろ
   う。」

     ( 『孫娘から見た漱石』 松岡陽子マックレイン著 新潮選書 より )



  この本の著者である松岡陽子マックレインさんは、以前にも紹介しましたが母親が、漱石の長女の筆子で、父親が、弟子の一人であった松岡譲です。漱石亡き後、義母である鏡子の口述筆記をして、『漱石の思ひ出』を書き上げた人です。
  ですから、
  『−−− 母との会話で、漱石が少なくとも晩年はそんな人であっただろうと賛意を求めていたのだが、−−− 』
  というのは、父である松岡譲が、母の筆子に、少なくとも死の直前には、漱石もある程度、落ち着いて来たのではないかと尋ねたということです。

  松岡譲がそのように考えたのには、それなりの理由があります。晩年の漱石は、「則天去私」という独自の思想体系を確立したと考えられているからです。そして、未完に終わった大作『明暗』は、この思想を具現化するものとして書かれたと言われているからです。
  そのような高尚な思想を確立した人が、「狂気」のままの精神状態であった筈がないという前提があるわけです。従って『−−− 円満な、澄んだ心の持ち主として −− 』というのは、それこそが本来のあるべき姿であるということです。

  しかし、それに対する筆子の返事は、

  『 −−− 断固としてそれに同意せず、自分の父は最後まで昔と変わらぬ激しい人物であった −− 』


  というものでした。つまり漱石の激しさは、死ぬまで変わらなかったと言っているわけです。


  ところで、上の質問をした当人というのが、『漱石の思ひ出』を筆録した松岡譲その人であったという点で、大いに注目されます。なぜなら未亡人の鏡子から、最も詳しく漱石の「狂気」について聞かされた人物だったからです。このことからも漱石の「狂気」が、家族以外の人たちには、いかに理解され難いものであったかが分かるわけです。

  またこの一件に関しては、和辻哲郎の著述の中にも、次のように記されています。


  「 木曜会で接した漱石は、良識に富んだ、穏やかな、円熟した紳士であった。癇
   癪を起こしたり、気ちがいじみたことをするようなところは、全然みえなかった
   。諧謔で相手の言葉をひっくり返すというような機峰はなかなか鋭かった。しか
   し相手の痛いところへ突き込んでゆくというような、辛辣なところは少しもなか
   った。むしろ相手の心持をいたわり、痛いところを避けるような心遣いを、行届
   いてする人であった。だから私たちは非常に暖かい感じをうけた。
          < ーー   途 中、省 略 ーー > 
    −−− この純一君と話しているうちに、漱石の話がたびたび出たが、純一君
   は漱石を癇癪持ちの気ちがいじみた男としてしか記憶していなかった。いくら私
   が、そうではない、漱石は良識に富んだ、穏やかな、円熟した紳士であったと説
   明しても、純一君は承知しなかった。子供のころ、まるで理由なしになぐられた
   り、怒鳴られたりした話をいくつでも持ち出して、反駁するばかりであった。そ
   こにはむしろ父親に対する憎悪さえも感じられた。」

     ( 『漱石の人物』 和辻哲郎 漱石全集別冊 角川書店 より )


  このように和辻哲郎もまた、漱石という人物の印象については、『−−− 良識に富んだ、穏やかな、円熟した紳士であった。』という印象を述べています。
  これは長男の純一氏の、『−−− 癇癪持ちの気ちがいじみた男としてしか記憶していなかった。』という部分とは、あまりにも対象的です。

  要するに長女の筆子にしても、長男の純一氏にしても、さらには次男の伸六氏にしても家族の見方は、弟子たちとはまったく異なっていたということです。
  それは、漱石の「狂気」が、家族に対して向けられた「怒り」であったからです。特にそれは、妻の鏡子に対して向けられていたと言ってもよいでしょう。
  なぜなら漱石は、かつて養母の塩原やすから、家の中で虐待ゃイジメを受けたからです。そして、その当時の怒りが、そのままの形で“ 再現・復元 ”されたものだからです。ここには「幼児虐待」、或いは、「ドメスティック・バイオレンス(家庭内での暴力)」と同じメカニズムが働いているわけです。


  漱石の死後、鏡子の『漱石の思ひ出』が出版されたときには、多くの弟子たちがその内容に驚くと同時に、強く反発しました。
  中でも弟子の一人であった小宮豊隆は、その著書『夏目漱石』の中で、すべての原因は、妻の鏡子の無関心と、無理解のためであると手厳しく非難しています。


  「 −−− 理由なしに女房を憎み、理由なしに子供をいじめ、理由なしに下女を
   追い出し、そこいらの人間に怒鳴り散らすとすれば、是は、尼子四郎や呉秀三を
   まつまでもなく、まさに気違ひの沙汰である。ーー 略 ーー 然し鏡子が理由
   がないといふそのことに、第一の問題があるのである。
         < ーー 途 中、省 略 ーー > 
    私から言わせれば、漱石の癇癪の根本は、鏡子の無理解と無反省と無神経から
   来ているのである。もっとも是はあながち鏡子のみではなく、誰が漱石の妻にな
   ってゐても、漱石は ーー 以下、略 ーー 」

   ( 『夏目漱石』 小宮豊隆 岩波書店 四一 再び神経衰弱 )


  これが当時の弟子たちの大方の見方であり、また妻の鏡子を“悪妻”の代表格にしてしまった最大の原因だったのです。漱石を慕っていた弟子たちにしてみれば、たとえ未亡人であるとはいえ、恩師の人格をも貶めるようなこの本の内容に、我慢が出来なかったのです。

  ところで鏡子自身は、他の人たちにそのことがなかなか分かって貰えないことを、この本の中で次のように述べています。



  「 この発作はその後数年たってからひどく起こってまいりましたが、いったいに
   ずいぶんと病気の昂(こう)じている時でも、遠い人には案外よくって、近い人
   ほどいけないのですから、始末におえません。だもんでそれで私が困り話しなん
   かをしましても、知らない方は、あの謹厳な夏目がと本気になさいませんのです
   。ーーー 略 ーーー 」

    (『漱石の思ひ出』 夏目鏡子述、松岡譲筆録 文春文庫 一 松山行 )


  上の説明文にあるように、何も知らない人にとっては、『あの謹厳な夏目が −−− 』という状態だったのです。なにしろ一歩外へ出れば漱石は、それなりにまともだったからです。大学や高等学校での授業も、きっちりと行っていたのです。そうしたまともな行動をとる人の「狂気」を、信じろと言う方が無理でしょう。これは近年問題になっている幼児・児童虐待と同じなのです。ドメスティック・バイオレンスと同じなのです。よほど注意して観察しなければ、まずもって気がつかないのです。そういう特異な性質のものなのです。

  ですから週に一度、木曜日にだけ集まって来る弟子たちが、漱石の「狂気」の実体を知らなかったとしても、それは無理のないことでした。そして、そこから生まれた認識の違いが、そのまま家族と弟子たちの漱石像の違いになったということです。

  今でも多くの人たちが、晩年の漱石は、それなりの落ち着きを得たのではないかと考えがちです。「則天去私」の思想を神話ではないと考えると、どうしてもそうした方向に傾いてしまうわけです。
  しかし、『漱石の思ひ出』の中には、何ヶ所かにわたって次のように述べられています。


   「 絵は死ぬまで好きで描きましたが、ーー 略 ーー 紙のけばだつまでいじっ
   ているのだから、根気のいいものです。死ぬ年などもずいぶん「中央公論」の滝
   田樗陰さんなどこられて描かされていましたが、この時もだいぶあたまのわるい
   時でした。 ーー 以下、略 ーー 」

    ( 同 上 二二 小康 )

  「−−− とまた帰った後からすぐその故障が始まります。またも係りが調べに来
   る。それというので受話器をかけます。かえるとまたはずしておくといったぐあ
   いに、頭の悪い時に、ことに電話を邪魔にするので弱りました。死ぬ前などもこ
   んなぐあいでしたもので、とうとう離れへ移したことがあります。」

   ( 同 上 五一 二度目の危機 )

  「 この時もかなりひどくもありましたが、外国から帰ってきてからの時にくらべ
   れば、よほどおだやかになっておりました。そうして病気の間も短うございまし
   た。その後亡くなる年にもまた起こっておりましたが、この時にくらべれば、ず
   っとまた静かになっておりました。が、とうとう死ぬまで時々思い出したように
   起こっておりました。」

   ( 同 上 五一 二度目の危機 )


  分かりやすくするために、要点部分だけを抜き出すと、次のようになります。

  ○『 死ぬ年なども −−− この時もだいぶあたまのわるい時でした。』
  ○『 死ぬ前などもこんなぐあいでしたもので、−−− 』
  ○『 その後亡くなる年にもまた起こっておりましたが −−−』


  これから分かることは、「則天去私」の思想を確立し、あの未完の大作『明暗』を書いた漱石は、ついに最後まで「狂気」の状態にあったということです。なぜなら、直接の死因となった胃潰瘍は、死ぬ直前に突然出来たものではなく、何年も前に出来たものが治りきらずに、徐々に拡大を続けていたからです。
  つまり、この本の巻末に収録されている長与又郎博士の解剖所見にあるような、長さが5センチメートル、幅が1.2 〜 1.5センチメートルという大きな胃潰瘍は、死の数日前、或いは数ヶ月前に、一気に出来上がったものではないということです。それは漱石本人にも自覚症状が無いうちに、徐々に拡大して行ったものなのです。それ故に、死ぬまで「狂気」の状態が続いたのです。


  ただしこのことは、漱石が確立したとされる「則天去私」の思想が、幻想であったとするものではありません。その思想は確かに確立されており、あの大作『明暗』は、その思想を実現するものとして書かれたことに、間違いはないのです。
  そして、むしろ漱石の場合はそうした「狂気」があったからこそ、その思想にまで辿り着くことが出来たのであるという、まったく別の考え方が成り立つです。つまり、「狂気」と「悟り」の一致点を見出す考え方です。

  ただし、そのことを突き詰めようとすると、さらなる迷宮に入り込むことになります。ですから、ここではやらないことにします。もしこの件に関して興味のある方は、『漱石の「則天去私」と「明暗」の構造』加藤敏夫(リーベル出版刊)をお読みください。この本の中では、哲学的側面、芸術論的側面、方法論的側面の三つの方向から、この思想の分析が行われています。これまでに誰もやっていないアプローチですから、一読の価値はあるでしょう。

  ここで結論だけを申しあげておくなら、漱石は確かに独自の思想に到達していたのであり、その思想を具現化するものとして、あの『明暗』という作品が書かれたのです。そして、その思想の何たるかが語り尽くされないうちに、遂に、あちら側の世界に旅立ってしまったのです。
  ですから、未完に終った『明暗』という作品の結末を探ることは、この思想の謎に迫ることでもあるのです。両者は絶対に切り離せない形で、密接に結びついているからです。
  そして、その『明暗』が、書き始められる以前に、すでに結末までが出来上がっていたと認識することは、この思想を根本から問い直す切っ掛けになるに違いありません。先に掲載した拙文を再読していただけると幸いです。


      2001. 10. 23.        店主記す





 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒