「幼児・児童虐待」の発生メカニズム
 ―――――――――――――――


  警察庁のまとめでは、児童虐待防止法が施行された昨年(2000年)の11月から1年間で、186件の児童虐待事件が発覚。211人の保護者が、警察に逮捕または、書類送検されたとのことです。その具体的な内容は次のとおりです。

  虐待の被害にあった18歳未満の子、192人。
  その内の死亡者、56人。(昨年より13人も増えた。)
  事件の類別では、
      傷害が               93件
      殺人及び殺人未遂        30件
      保護責任者遺棄(致死を含む) 17件
      その他                 ー
  被害者の年齢
      1歳未満        37人
      6歳以下       119人
             ( 小計  156人 全体の62パーセント)
      その他          36人
  死亡した子の内訳
      傷害致死        25人
      殺人           22人
      保護責任者遺棄致死  6人
      重過失死         3人
               合計  56人

      ( 以上 2001年12月13日 朝日新聞(夕)より )


  ( これは警察が、直接関与した事件の数字です。つまり表面に現れた、ごくごく一部の統計数字です。死亡や、傷害に至らない幼児・児童虐待は、この中に含まれていません。ですから実際は一桁も、二桁もの違いがあるはずです。)


  上の統計数字から一目瞭然で分かることは、小さな子供たちが、何の理由もなく殺されているということです。
  虐待の被害者では、6歳未満の幼児・児童の被害者が、62パーセントを占めています。従って死亡した56人のうちの半数以上が、無抵抗の子供たちであったことを示しています。つまり小さな子供たちは、逃げることも出来ず、まったく逆らうことさえ出来ない状態で、虐待を受け、最終的には殺されたのです。
  しかも驚くべきことには、一歳未満の赤ちゃんがかなりの比率で、虐待の被害を受けているということです。37人の赤ちゃんたちに、何か責任があったとでもいうのでしょうか。泣くこと以外に、赤ちゃんに何が出来るでしょう。
  要するに幼児・児童虐待というのは、子供たちに何らかの責任があって引き起こされるものではないということです。子供たち自身には何の落ち度もなく、また何の責任も無いのに虐待を受け、苦しめられて、そして56人の子供たちが現実に死んで行ったのです。分かり易く言えば父親や母親によって、殺されたということです。

  なぜ、こうしたことが起こるのでしょうか。最大の問題は、こうしたことが現実に起きているにも関わらず、原因がまったく解明されていないことです。従って、虐待による殺人を未然に防ぐ手だてが、何も講じられていないのが現状なのです。この種の事件は、今後も、無くならないことになります。被害者が、さらに出つづけるということです。


   (一) 発生のメカニズム

   (1) ミラーニューロンの記憶

  「幼児・児童虐待」は、親から子への世代連鎖が起きることが知られています。実際に乳・幼児期に虐待を受けて育った子供が、成長して自分が同じような立場に置かれた時に、今度は、自分自身が虐待をする側にまわって、子供たちに暴力を振るうといったことが起きます。つまり過去に、自分自身が体験した出来事が、無意識的に“再現・復元”されてしまうのです。

  もっとも一般的な「幼児・児童虐待」は、次のような情況で発生します。核家族化が進んでいるために、若い母親は赤ちゃんの育て方について、身近な人たちからアドバイスを受けることが出来ません。そうした若い母親たちが、なかなか泣きやまない赤ちゃんにストレスをため込み、思わずカッとなって、頭の中が真っ白になった時に、ふと気が付いたら、わが子を叩いていたということが起きます。
  そして、これが一度発生すると、その後は虐待行為を止めようとしても、自分の意志では止められなくなります。カッとなるたびごとに、赤ちゃんを叩くようになってしまうのです。そして、よくよく考えてみると自分自身が、幼児期に母親や父親から、同様の虐待を受けていたことを思い出すのです。つまり、自分自身がかつて体験したことを、そのまま繰り返していることに気付くわけです。これが「虐待の世代連鎖」と言われるものです。

  なぜ、そうしたことが生じるのかという点については、先に紹介した「ミラー・ニューロン」との関係で説明することが出来ます。これはすでに紹介したように、自分は何もしていないのに他人の動作を見るだけで、同じ事をしているかのように、脳が活動する機能です。それが自分の実際の行動でなくても、自分の行動とまったく同じように記憶されるわけです。従って、その記憶が後年、何らかの切っ掛けで突然、再現・復元されてしまうと考えれば、幼児・児童虐待の世代連鎖の原因を理解することが出来ます。
  つまり、脳が持っているこの機能によって乳・幼児期、児童期に体験した出来事が、一種の「条件反射」のプログラムとして記憶の中にインプリントされており、自分自身が同じ情況に置かれたときに、そのプログラムが自動的に発動してしまうのです。それにより、かつての自分自身の体験が、今度は現在の自分の行動として“再現・復元”されるわけです。
  ですからこれは、人がもともと持っているメカニズムによって創り出されるものであると言えるわけです。


  (2) 感情によってコントロールされる行動 ( 逆さ「フラッシュバック」 )

  ところで、ミラーニューロンの記憶だけでは、まだ完全にこのメカニズムが解明されたことにはなりません。なぜなら、それでは虐待を受けて育った人たちは、必ずすべての人が「幼児・児童虐待」をするようになるのかという疑問に突き当たるからです。申し上げるまでもなく人の行動というものは、それほどメカニックなものではありません。ましてやこころの働きは非常に複雑です。また、かなりの柔軟性を持っています。ですから過去に虐待を受けた人たちでも、すべての人が必ず同様の虐待行為を繰り返すとは考えられないわけです。
  またこれとは逆に、過去に虐待を受けていなければ、絶対に幼児・児童虐待をすることは無いのかという疑問も生じます。この点も解明されなければ、まだ充分とは言えません。
  そして実は、この疑問を解決してくれるものが、先に紹介した夏目漱石に発生した事例なのです。

  夏目漱石の場合も、今日一般的に発生している幼児・児童虐待と同じことが生じていました。つまり漱石の場合も脳内が怒りのホルモンとされるノルアドレナリンで満たされていた時に、かつて自分自身が体験した虐待を“再現・復元”する行動を取っていたのです。これは若い母親が、カッとなって、頭の中が真っ白になっている状態に該当します。怒りのために我を忘れ、前後の見境さえつかなくなった状態です。
  漱石は、頭の中が、そのような状態になっていた時に、火鉢の前に座っていた長女の筆子をひっぱたくという例の五厘銭事件を起こしたのです。また、次男の伸六氏に対するステッキでの殴打事件も、同様に顔を赤くして怒っていた時に生じたのです。

  ところで、漱石の事例で注目されるのは、過去にそう何度も体験したことではないことが、正確に繰り返えされたことです。長女の筆子を叩いた五厘銭事件にしても、その原体験は、そうたびたび起きた出来事ではなかった筈です。おそらく一度か、せいぜい起きたとしても二・三度です。また次男の伸六氏に対するものも、原体験はおそらく、一度だけであったと考えられます。同様のことが、そう何度も起きたとはとうてい考えられません。ところが漱石は、そのたった一度だけの体験を、正確に“再現・復元”する行動をとったのです。
  それは何故であろうかということです。

  ここには、まだ解明されていない、何らかの心的メカニズムが存在するものと考えられます。それはミラーニューロンに蓄積されている記憶と、今現在の自分の感情とを直結するシステムであり、発生した感情により、人の行動がコントロールされるメカニズムです。
  それは具体的には、こういうことです。

  ○ 養母の塩原やすは、血眼になって探していた小銭を、何も知らぬ子供の漱石がもてあそんでいるのを見つけた時に、カッとなって怒ったのです。その怒りの感情に直結する行動が、目の前の子供の頬を、ピシャリと叩くというものだったのです。
  そして、漱石は、自分自身が怒りの感情で満たされた時に、その出来事を、そのまま“再現・復元”する行動をとったのです。

  ○ また、養父の塩原昌之助は、かつてステッキで子供の漱石を殴打した時に、やはりカッとなって怒っていたのです。その怒りの感情に直結する行動が、殴る、蹴る、敲くというものだったのです。
  そして、漱石は、自分自身が怒りの感情で満たされた時に、その出来事を、そのまま“再現・復元”する行動をとったのです。

  ○ さらに塩原やすは、子供の漱石から自分が吐いた嘘を、当の本人がいる前で『あんな嘘を吐(つ)いてらあ』と指摘されて、怒り狂っていたのです。その怒りの感情に結びつく行動が、『(ゲンコツでひたいを突いて)ゴツーンと、ひっくり返してそれで知らーん顔してにらんでいる。』というものだったのです。
 そして、漱石は、自分自身が怒りの感情で満たされた時に、その出来事を、そのまま“再現・復元”する行動をとったのです。


  さて、以上の事例から分かることは、何れの場合も感情と行動が、一体化して結び着いていることです。具体的には怒りの感情と、それに結び付く行動が連動していて、今現在の行動として、自動的に“再現・復元”されているわけです。
  ですから、これから導き出されることは、ミラー・ニューロンに貯えられている記憶は、様々な感情の種類ごとに分類されて記憶の中に保存されており、自分自身が同様の感情に支配されたときに、その時の相手の感情に該当する行動が自動的に“再現・復元”されるということです。
  それにより漱石は、自分が怒りの感情に支配された時に、かつての塩原やすの行動を、長女の筆子に対して“再現・復元”する行動をとったのです。同様にして、赤い顔をして怒っていた時には、かつての塩原昌之助の行動を、次男の伸六氏に対して“再現・復元”させたのです。
  それは、これらの行動パターンが、怒りの感情に直結する行動として分類され、記憶の中に保存されていたからです。そして、自分自身が同じような情況に置かれた時に、その記憶が一種の「条件反射」のプログラムとして機能したのです。ですからこれは、ミラーニューロンに蓄積されている記憶と、今現在の自分の感情とを直結するシステムであり、感情によって人の行動がコントロールされるメカニズムです。つまり、それによって、「フラッシュバック」と逆のことが起きるのです。名づけて「逆さフラッシュバック」です。

  「フラッシュバック」の場合は、その時の出来事を思い出すだけで、強い恐怖感や不安感に襲われます。これは思い出した記憶によって、その時の感情が自動的に“再現・復元”されるためです。つまり記憶と感情が直結しているわけです。分かりやすく言えば、記憶が様々な感情物質を作り出しているということです。
  「逆さフラッシュバック」では、それとは逆のことが起きます。つまり、感情がかつての記憶を自動的に“再現・復元”するのです。そして、その記憶によって今度は、その人の行動がコントロールされるわけです。分かりやすく言うと、発生した感情が、その人に様々な行動を起こさせるということです。
  つまり両者の間こは、まったく同じメカニズムが働いているのです。正、逆ともに機能するメカニズムなのです。


  以上のように考えると、漱石がなぜそれらの行動を取ってしまったのかを、容易に理解することが出来ます。
  また、最近問題になっている「ストーカー」という不可解な行動も、理解が可能になります。産まれたばかりの赤ちゃんは、無菌室のガラスで隔てられているために、母親は外から覗き込むだけです。ここには、愛する人との接触が許されない情況があります。そしてこの状態が、たとえ離婚しても、かつて愛した人から離れられない行動として自動的に“再現・復元”されるのです。愛情の対象であった人と、接触が出来ない状態が創られるためです。それによって、人の行動が無意識的にコントロールされるわけです。ですからこれは、本人の覚醒意識に基づかない行動なのです。

  また赤ちゃんの時に愛された経験の無い人は、人を愛することに不器用です。これはミラーニューロンの中に、そうした記憶が保存されていないためです。つまり頬ずりや、だっこ、キスといった愛情表現の行動が、自動的に“再現・復元”されないからです。感情によって操作される行動パターンが、インプリントされていないのです。
  母親でありながら、泣いている赤ちゃんのあやし方が分からないという現象が生じるのはそのためです。泣く子をあやしたり、愛撫したりするのは、母親であれば誰でもやっていることですが、自分で体験していないために、実際の行動に結びつかないのです。要するに、「逆さフラッシュバック」の機能が働かないわけです。


   (二) 根本的な原因

  さて、上記したように「幼児・児童虐待」は、強い怒りの感情に直結している “行動再現プログラム” によって引き起こされます。つまり、その人がかつて体験した出来事で、相手の怒りの感情に直結する行動が、後年、自分自身が怒りの感情に支配された時に、今度は自分の行動として“再現・復元”されてしまうわけです。それは発生した「感情」により、人の行動がコントロールされるメカニズムが存在するためです。

  ですから、実際には夏目漱石の場合と同様に、脳内に自動的に怒りのホルモンとされる「ノルアドレナリン」を創り出すプログラムを持っている人たちによって、「幼児・児童虐待」が引き起こされることになります。具体的には、「ムカツク子供たち」や「キレやすい子供たち」が成長したときに、かつての虐待の体験が、そのまま“再現・復元”されてしまうということです。これが「虐待の世代連鎖」を作り出すそもそもの原因です。

  それでは、そのムカツク子供たち、キレやすいこどもたちは、なぜ生み出されるのかということですが、これは前にも説明したように、例の「陣痛促進剤」の使用が関係しているのです。つまり赤ちゃん自身に、まだ産まれてくる自覚が無いうちに、強制的に胎内から排出されることが問題なのです。その段階で発生した強い怒りの感情が、自動的に“再現・復元”されるからです。従って、すべての原因は、この薬剤の使用にあるとも言えるのです。その点を明確にするために、再度、次の一文を紹介させて戴きます。


    <子宮の外で>
     突然の出来事だった。なにが起ころうとしているのか、ようやくわかりかけた
   とき、いきなりわたしの目の前に、この黄色い部屋とおおぜいの人とが現れたの
   だ。あまりうれしいことではなかった。だから、そのきもちを、すぐみんなに訴
   えようとした。
     最初は、うんと嫌な顔をしただけ。できるだけ不愉快そうに見えるように。
          / ーー 中 略 ーー / 
    [子宮の中で]ひとりでいたときは、声を立てる必要なんかなかった。そのま
   までとても気に入っていたから。だから、いろんなものにすごく腹がたっていた
   んだと思う、だれにというわけではなく、なにもかもに、たぶんわたしの暮らし
   がかき乱されたことに。
     腕が自由になると、すぐにバタバタさせた。ほんとうにだれかを叩いてやりた
   かったほどだ。おもいっきり振りまわしたような気がする。そのとき手先が紫色
   になっているのが  ーー 略 ーー 。とにかく怒りで頭が一杯だったのだ。
   そのときだった、わたしに声が出せるとわかったのは。いよいよ頭に血がのぼっ
   てきたとき、喉からなにかが出た。
      ーー 略 ーー  だから  わたしは怒りばかりか、失望も感じ出してし
   まった。だって、わたしがなにもできないとわかっていたから。腕をブンブン振
   り回してだれかを、いいえ、みんなを思いっきり叩いてやりたかったのに。ーー
     以下、略 ーー

    ( 『誕生を記憶する子どもたち』(デーヴィッド・チェンバレン著 片山陽子訳 春秋社刊) 11章 「デボラは思う、私には心があると」より )


  上の文中にあるように、何も準備が出来ていない段階で強制的に排出された赤ちゃんは、強い怒りの感情で満たされているのです。
   『いろんなものにすごく腹がたっていたんだと思う、だれにというわけではなく、なにもかもに、たぶんわたしの暮らしがかき乱されたことに。』『とにかく怒りで頭が一杯だったのだ。』 という部分には、最大限に注目する必要があります。
  そして、この時の強い怒りの感情が、般化や強化という過程を辿って表面に現れて来ると、ごく些細な切っ掛けで、突然、“再現・復元”されます。そのために、キレる、ムカツクという現象が起きるのです。つまり、これが怒りのホルモンとされる「ノルアドレナリン」を自動的に創り出すプログラムとして機能するわけです。

  ですから「幼児・児童虐待」は、この怒りの感情に直結するプログラムを持っている人たちによって引き起こされていると言えるのです。言い換えるならば、出産に際して「陣痛促進剤」が使われた人たちということです。そして、その人たちが必ずしも虐待を受けながら育ったということではなくても、漱石の事例のように、たった一度だけの体験でも、それが正確に“再現・復元”されることがあり得るということです。


 ***  ○ ○  ***
 ------------------------


  今日、あまりにも多くの幼児・児童虐待による殺人事件が起きています。一体これまでに、どれほどの人たちに「陣痛促進剤」が使用されてきたのだろうかと考えると、空恐ろしい気がします。しかも、今現在もこの薬剤は、使われ続けているのです。病院が長い休みに入る前に産まれてくる子供たちは、ほとんどすべてがこのプログラムを持っていると考えなければなりません。
  最近では、自然分娩で子供を産む母親たちが増えて来ているということですが、子供の将来のためにも、ぜひそうしてほしいものです。もちろんその子に不登校や、ひきこもりや家庭内暴力が発生すれば、厄災は母親の身にも降りかかってきます。そうしたことを避けるためにも、自然な形での出産を心がけていただきたいものです。

  いずれにしても、すべての元凶は、脳内で自動的に創られる「怒りのホルモン」です。この物質が、勝手に創られてしまうことが問題なのです。
  もしこの物質の製造を意識的にコントロールすることが出来れば、幼児・児童虐待は無くなります。ドメスティック・バイオレンスも無くなります。ただしそのためには、すでに抱え込んでいる原始的なプログラムを解除しなければなりません。
  それには先に紹介した、「呼吸法」の修得が、もっとも手頃な方法であろうと考えられます。もしこうした問題を抱えている人で、なんとか治したいと思っている方は、やってみるとよいかもしれません。ただし、けっこう根気のいる修行になります。一朝一夕には修得できない技術です。成果を焦らずに、気長に続けてみて下さい。
  もちろん私としては、無理にお勧めするつもりは毛頭ありません。情報提供の一環としてお知らせする次第です。やるかやらないかは、あくまでもご本人がお決めください。


   2002.  1. 1.        店主記す






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒