夏目漱石型の“ 精神分裂病(統合失調症)”
 ――――――――――――――――

  前述しましたように、夏目漱石の場合は新たな「胃潰瘍」の発生が、特異な“精神分裂病”の発生原因になっていました。
  つまり胃潰瘍が発生した時の痛みが、強い鎮痛作用を持つベータエンドルフィンによって自動的に取り除かれるとともに、同時に、精神分裂病の初期症状が現れていたのです。胃痛の自覚症状の代わりに、幻聴や、追跡妄想が現れていたわけです。なぜならベータエンドロフィンの原材料(前駆物質)は、精神分裂病の原因物質とされるドーパミンであり、そのドーパミンが脳内で自動的に製造されて、過剰に供給されていたからです。

  従って、このことから何らかの“痛み”、或いは、広い意味での「苦痛」が直接的な原因となって、精神分裂病の初期症状とされる幻聴、幻覚、妄想等が発生する可能性のあることが推測されます。つまり、本来ある筈の痛みを感じない代わりに、精神分裂病の陽性症状が出現するというパターンです。名付けて、「夏目漱石型の“精神分裂病”」です。

  さて、こうした観点に立って調べてみたところ、実際にそうした事例がみつかりましたので、下に紹介しておくことにします。


  「 すでにどこかに書いたことだが、突然、幻聴が消えたと言った患者に、その直前
   一ヶ月の事件を問うたところ、最後に出てきたのは、歯を直し、足のウオノメを取っ
   たことであった。私は幻聴が消える寸前の時には、このように平衡機能を中心に脳
   に余分な負担をかけていたものが取り去られると、それだけでも、幻聴が消えるこ
   とがありうると真面目に考えている。この人は、その後10年以上、幻聴が戻ってき
   ていない。
    まだどこにも書いていないが、最近、こういうことがあった。若い同僚の診ている患
   者で、入院後多年、幻聴と頭部の不快感を訴えていた。私はこの患者を診て、後頭
   部に多数の小豆粒大の円形褐色の突起物をを発見した。それは、頭髪の間に小さ
   な血豆の玉を散らしたように見えた。実際、一部はそれが取れた跡があって、新鮮
   なものは、中央に一点の出血斑を持つ軽い皮膚陥凹となり、その部分は頭髪を失っ
   ていた。前頭部には、小さな脱毛部が散在して、かつては、そちらにも存在していた
   ことを示唆していた。私は、患者に、それが前からあることを知っており、不快を自覚
   していることを教わった。私は、若い同僚に、皮膚科受診を示唆し、  < ーー 途
   中、一 部 省 略 ーー >
    私はさほど期待していなかったが、一ヶ月後に行ってみると、頭部の湿疹は消失し
   ており、多くの痕跡があった。皮膚科医はよい仕事をしたのだ。患者は、頭部の不快
   感が消えたことを告げ、ついでに声も聞こえなくなったと告げた。そして、寂しくないこ
   とも教えた。これは、まだ二ヶ月以前であるが、二つの主要症状は再発していないそ
   うである。もちろん、これは、若い同僚が、私が助言をする日までにいい関係をつくり
   あげていたからできたことである。また、皮膚病を直したら、幻聴が消えるなどど一般
   化するつもりは毛頭ない。しかし中枢神経系、特に、自律神経系と平衡機能に負担を
   かけている事態はとにかく除去するべきだと思っている。」

    ( 『こころの科学 90 分裂病治療の現在』 日本評論社 
                 「分裂病にはどういう治療が必要か」中井久夫 より )




  ここには二つの事例が紹介されています。一つは、歯と、足のウオノメの治療をしたら、幻聴が消えたというものです。もう一つは、頭部の湿疹の治療をしたら、幻聴が消えたというものです。
  この二つの事例に共通するものは痛み、即ち、「苦痛」を発生させる原因があったということです。本人たちに自覚症状が無かったとしても、本来であればそれ等は、かなりの痛みを感じさせるものです。そして、その原因が取り除かれたら、精神分裂病の症状の一つである「幻聴」が消えてしまったというのです。

  ですからここには、夏目漱石に生じた現象と同じことが起きていたと考えられるのです。つまり、その本来感じる筈の痛みは、強い鎮痛作用を持つとされるベータエンドロフィンによって押さえられており、その原材料(前駆物質)となるドーパミンが、脳内で自動的に製造されて、過剰に供給されていたために「幻聴」が現れていたということです。

  このように考えると、その直接的な原因を創っていたものが取り払われたことによって、同時に、精神分裂病の症状までもが消えたことが合理的に理解出来るわけです。ですからこのことは夏目漱石に起きた事例が、決して特別なものでは無くて、広く一般化され得る証拠となります。
  中井久夫氏は、『皮膚病を直したら、幻聴が消えるなどど一般化するつもりは毛頭ない。』 と言っていますが、実際には、これこそが精神分裂病の原因であったということです。何となれば、これ等は“苦痛”が原因となって創り出される「夏目漱石型の“精神分裂病”」に含まれるものだからです。

  もちろん何れの場合にも、ベータエンドロフィンを自動的に創り出すプログラムを、もともと持っていることが前提となります。つまり、自動的に「苦痛」を取り除くプログラムです。そのプログラムは乳・幼児期、さらには胎内期に創られますから、もしその段階まで記憶を溯ることが出来きれば、真の原因を発見することが出来るでしょう。


  以上、「夏目漱石型の“精神分裂病”」を考える際の資料として紹介しておきます。


   *** ○○*○○  ***


  ついでに申し述べておくと、夏目漱石の場合には、なぜ自我崩壊に至らなかったのかという疑問があります。実際に漱石の場合は精神分裂病の症状が現れても、高い知性を保ったままでした。最初の時には高等学校や大学できちんと講義を行い、また二度目の時には、『行人』という長編の連載小説を書き続けていたのです。

  それは漱石の場合は、もともとの原因となるプログラムが創られた時期が、ある程度の年齢に達していたためではないかと考えられます。漱石は満三歳の頃に、種痘が原因で天然痘に罹りました。そのために、軽いあばたが残りました。その時の強力な「苦痛」の体験が、自動的にベータエンドロフィンを造り出すプログラムを創ったと考えられるのです。そして、そのプログラムが後年、胃潰瘍の痛みに対して自動的に機能したことにより、まったく苦痛を感じなかったのです。その代わりに幻聴、妄想等が発生したわけです。

  つまり、その原始プログラムが作られた時の年齢によって、自我崩壊に至るかどうかが決まるのであろうということです。言い換えれば、たとえこの種のプログラムが原点回帰をするにしても、発生時点より前にはさかのぼらないということです。それにより、すでに自我が確立されていれば、その状態が保持されることになります。

  一般的にもよく知られている事例として、次のようなものがあります。
  セシュエー女史の『分裂病の少女の手記』の主人公であるルネという女性の場合は、産まれて間もなくして極端な飢餓状態に置かれました。薄められたミルクによって、餓死寸前の状態になっていたということです。
  たとえ大人でも、一週間も断食を続ければ幻覚や妄想が発生します。これは厳しい修行をする山岳修験者が、一様に体験するものです。祖母がやって来た時には、赤ちゃんは骸骨のように痩せこけていたということです。
  この少女の場合は、発病以後、自我崩壊に近い状態に陥っています。かろうじて自己が認識できる程度にまで退行しました。それは自我がほとんど確立されていない段階で、原因となるこのプログラムが創られたためであろうと考えられるわけです。

  ですから、もし母胎のウイルス感染などで、胎児期にこのプログラムが創られたとしたら、完全な自我崩壊に陥るであろうという予測が成り立ちます。一連の流れとして、そもそもの原因が発生した時点まで遡ると考えられるからです。故に、このために同じ精神分裂病でも、人それぞれに違いが現れるのではなかろうかということです。

  そして、夏目漱石の場合は、その年齢がかなり高かったたがめに、自我崩壊には至らずに、しかも高い知性を保持したままでいられたのであろうということです。
  ですから、満三歳というのは、その境界点ということができるかもしれません。もしそれより遅ければ、このプログラムは創られずに、ただの生死を分けるような苦しい病気で済んでいたことでしょう。これは思い出すことができる苦痛です。逆に、もっと早ければ、自我崩壊が発生するために、あれだけの名作の数々は残されなかったことになります。つまり満三歳という年齢が、「天才」と「狂気」を振り分けたのです。


    2002.  1. 3.     店主記す






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒