十七歳・三十七歳の狂気
 ―――――――――――――

  《 『 人を殺して自分も死ぬ (人を殺したい)』 という行動様式 及び 思考形態 》

  近年、17歳の少年たちによる凶悪な犯罪が連続して発生して、世間の人を驚ろかせました。少年たちに何か、重大な異変が起きているように感じていたところ、さらに小学校に押し入った37歳の男によって、小さな子どもたちが、次々と殺害されるという悲惨な事件が起きました。異変が起きているのは、どうやら子どもたちだけではないようです。病根が、かなり深く浸透しているようです。すでに深刻な事態に陥っているのかも知れません。

  少年たちによる犯罪は、それぞれ独立して発生した事件であり、犯人はもとより場所も、時間も、背景もまったく異なります。しかしそこに何か、共通するものがあるのではないかと思って調べてみたところ、意外なものが見つかりました。いずれの犯行も 『 人(弱者)を殺して(壊して)自分も死ぬ(壊す) 』 という行動様式・思考形態に基づいて、そうした犯行が行なわれているのです。つまり、こうした不可解な衝動が、少年たちを突き動かしていると考えられるのです。
  従って、少年たちに、そうした行動様式・思考形態を取るように仕向ける原因が、何かあることになります。つまり心の奥底に、そうした衝動が植えつけられていることにより、必然的に、凶悪な犯罪が起きているということです。

  まず、実際に起きた事件を、いくつか紹介しておきます。上のような認識に基づいて読むと、事件の背景に潜むものの重大さに気付くことになります。


 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

  【 一 】
    〔 新潟で起きた老女殺害事件 〕

    1999年1月
   新潟県小千谷市で、71歳の老女が殺された。四ヶ月後に自首して来た犯人は、17歳の高校生であった。
  少年は裁判の際に、動機について、次のように述べた。
  『人を殺して自分も死にたかった。相手は誰でもよかった。』

  少年は1999年1月21日、 一人で自宅にいた被害者をみつけ、高齢で反撃されることもなく、容易に殺害できると考えて、殺害を決意。用意していったハンマーで数回殴った。犯行を隠そうとして、被害者を便所に引きずり込んだ。その際、まだ生きていることが分かると、さらに何度も殴って、殺害した。
  犯行後、凶器を捨て、血の付いた服は洗濯して、証拠の隠滅を図った。



  【 二 】
      〔 「てるくはのる」の犯行声明文を残した殺人事件 〕

   1999年12月21日
  京都市伏見区の小学校に、黒い目出し帽を被った若い男が侵入し、校庭で遊んでいた小学二年生の男児を、包丁でめった刺しにして殺害した。馬乗りになって、何度も刺すという異常なものであった。男児の首や腕、手のひらなどに、六箇所の刺し傷が残されていた。首の後ろからあごの下に掛けての傷は、長さ20〜25センチ、深さ五・六センチに達していた。被害者の男児は、ほぼ即死状態であった。
  凶器は、刃渡り十五センチの文化包丁で、現場に放置されていた。その他に、金づち、容器に入った農薬、塗料缶が発見された。近くの公園では、血のついたジャンバーといっしょに、長さ25センチのナイフのような別の刃物も見つかった。

  殺害現場には、声明文が残されていた。それには、
   「私は日野小学校を攻撃します。理由はうらみがあるからです」「私を識別する記号は『てるくはのる』」
  と書かれていた。

  2000年2月6日
  同じ伏見区内に住む21歳の男が、公園で警察の事情聴取を受けている間に、逃走を図った。数十分後に、男は近くの14階建てのビルの屋上から飛び降りて、自殺した。自宅に残されていたメモなどから、その男が、犯人と断定された。



  【 三 】
      〔 千葉県で起きた通り魔傷害事件 〕

   2000年9月
  千葉県で、通行中の中学生が、金づちで殴られるという事件が起きた。
  八日市場署は同月十六日、中学三年生(十五歳)の少年を逮捕した。その少年は、自転車で通り掛かった中学生(十二歳の男子生徒)を殺そうと、金づちで右後頭部を殴打した。
  少年は犯行後、道路に落ちていた木片で、自分の頭を殴った後、近くの家に行き、警察へ連絡するように頼んだ。

  その少年の供述内容
  『誰でもいいから人を殺そうと思った。目だって学校に行かなくてすむと思った。』
  『人を殺して自分も死のうとしたが、死に切れなかった』



  【 四 】
      〔 小学六年生による母親刺殺事件 〕

   2001年4月
  兵庫県尼崎市で、小学六年生(11歳)の男児が、母親(44歳)を包丁で刺して、死なせるという事件が起きた。
  男児は動機について、次のように話した。
   「自殺したらどうなるんだろうという気持ちで、自宅の包丁で左人差し指を軽く切っていた」
   「すぐに血が止まる程度だったが、帰宅した母親に『あんた、何しているの』と激しく怒られたので、包丁で刺した。」

  また男児は、「包丁で自殺しようとして母親に激しくしかられ、腹が立って包丁を振り回して、刺した」 とも語った。



  【 五 】
      〔 大阪教育大付属池田小学校で起きた連続児童殺傷事件 〕

   2001年6月8日
  包丁二本を持って小学校に侵入した三十七歳の男によって、一・二年生の児童、八人が殺害され、教員二人を含む十五人が負傷するという事件が起きた。
  男は自分の乗用車で小学校の門前まで乗り付け、一階の教室に窓から侵入した。ちょうど二時間目の授業が終わった後で、休憩時間だった。男は、刃渡り約十五センチの出刃包丁で、次々と児童を刺した。まず黒板の前にいた三人の男児を、何も言わずに刺した。さらに数人の子どもたちに切りつけた。
  男は、計四つの教室や廊下で、一・二年生の児童と教諭を次々と殺傷した。
  約十五分後に、男は二人の教諭によって取り押さえられた。犯人はその間、終始無言であった。

  犯人の男は、取り調べに際して「小学生なら抵抗されず、殺せるだけ殺すつもりだった」と語った。
  また、その後の取調べに対して、次のように供述した。
   「エリート校のインテリの子どもをたくさん殺せば、確実に死刑になると思った」

  犯行に使われた出刃包丁は、事件を起こした日の午前中に、池田市内の刃物店で買った。購入の理由について「人を殺すために買った」と供述した。
  車の中には他に、別の包丁一本、ナタ、アイスピック二本、カッターナイフなどがあった。

  過去の犯罪歴
  犯人の男は、以前に精神安定剤を入れたお茶を小学校の教諭四人に飲ませ、障害容疑で逮捕されたことがあった。男はその当時、精神安定剤を常用しており、そのことから精神分裂病と診断されて、措置入院四十日のあと、処分保留で釈放された。また元の妻に対する障害事件で、かつて逮捕されたこともあった。
  男は、その措置入院のあと自ら精神病院に出向き、幾度も入退院を繰り返した。また男は、女性に対する強姦事件を繰り返した。そして逮捕を逃れるために、精神病院に入院した。しかし一度は閉鎖病棟に入れられ、薬を飲まされて行動を制限されたため、その病院を逃げだした。その際に五階屋上から隣接する車庫の上に飛び降りて、顎の骨を折る怪我をした。このことから精神分裂病の診断が下されたが、裁判では、性格異常であるとして、懲役三年の実刑判決を受けた。

  犯人の男は、小・中学生のころから、弱い者に対していじめや嫌がらせを繰り返した。また家庭内でも、母親を殴るなどの暴力を振るっていた。


 *** ○ * -- * ○ ***


  以上のように日本国内で起きた事件では、犯人が最終的に、自殺するに至ったものはごく稀です。しかし、海外で起こる事件では、明確にそのパターンを踏襲するものがあります。しかも凶器に大量殺戮が可能な拳銃や、自動小銃などが使われるために、かなり悲惨な事件に発展します。


  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

  【 六 】
      〔 米、コロンバイン高校で起きた銃の乱射事件 〕

   1999年4月20日
  アメリカ コロラド州 デンバー郊外のリトルトン 公立コロンバイン高校で、銃の乱射事件が起きた。

  黒いトレンチコートを着て目出し帽をかぶった二人の犯人(17歳と18歳)は、昼食時間で生徒が集まり始めたカフェテリアに乱入し、いきなり銃を乱射した。
  犯人たちは薄笑いを浮かべながら、生徒に銃口を向け、至近距離から顔面を狙って撃った。生徒と教師13人(男9人(含む教員、1人)、女4人)を殺害し、26人を負傷させた。
  その後、犯人たちは図書館に向かって歩きながら、発砲を続けた。さらに犯人たちは、手投げ弾のような爆弾も投げた。

  また幸いにして使用されなかったものの、犯人たちはパイプ爆弾や、手投げ弾のほか、ガソリンを詰めた容器や、大小のプロパンガスボンベに時限装置と殺傷能力を高めるために多数のクギなどをテープで止めたものを持ちこんでいた。
  二人の犯人は、いずれも同校の生徒であった。

  犯人たちは、持っていた銃で自殺した。



  【 七 】
      〔 フランスの市議会議場で起きた発砲事件 〕

   2002年3月27日
  フランスのパリで起きた事件。
  ナンテールの市議会議場で、銃の乱射事件が起きた。合計、八人が死亡した。

  犯人(33歳)の男は調べに対して、次のように供述した。
  「自殺したかったが、名前も知れず死ぬのは嫌だった」
  「準備をしたうえで、冷酷に、ねらって殺害した」

  その犯人は、事件現場で「おれを殺せ」と叫んでいた。

  逮捕の翌日、犯人の男はパリの警察施設で、警察官から取り調べを受けた。だが男は突然立ち上がると、窓に近寄って、足を掛けた。警察官らが足をつかんで引き戻そうとしたが、男はそのまま中庭に落ちて、死んだ。


 *** ○ * - * ○ ***


  上に紹介した事件は、いずも「殺人」と「自殺」とが一体化したパターンで構成されています。つまり「人を殺して自分も死ぬ」という行動様式・思考形態が実行に移されて、凶悪な犯行が行われているわけです。
  ただし上に紹介した事例で、少々奇異に感じられることは、日本国内で起きた事件では金づちやげんのう、ハンマーといった人を殺すための道具としては、やや不似合いなものが使われていることです。

  人を殺すために、出刃包丁が凶器として使われるのは容易に理解できますが、金づちやげんのう、ハンマーは本来、人を殺すための道具とはなり難いものです。先端が丸みのある鉄の塊ですから、多少の重量はあるにしても、人の身体を傷つける凶器として使うのは不向きです。
  これ等の道具がもつ本来の機能は、振り下ろした一点に強い衝撃を加えることです。もっぱら木に鉄釘を打ち突ける際に使われます。あるいは不要な物を打ち壊す道具として使われます。つまりこれ等は、物体を破壊するための道具なのです。そうしたものが殺人のための凶器として選ばれていることに、やや違和感が生じるわけです。もし強い衝撃を加えることにより人を殺すのであれば、金属バットや鉄パイプの方が有効です。それなりの長さがあることから、両手でしっかりと持つことが出来ます。全身の力を込めれば、かなりの破壊力が生み出されます。片手でしか持てない金づちやげんのうとは、比較にならないほど強力なパワーです。

  要するに金づちやげんのう、ハンマーは、人を殺すという目的に合致したものではないのです。従って、そうしたものを凶器として選定することに、何か特別の意味があったのではないかと考えられるわけです。つまり犯人たちの本来の目的は、人を「殺す」ことではなく、人を「破壊」することではなかったかということです。
  もちろん殺人でも破壊でも、結果的には同じことが生じます。それが、人の死です。しかしその結果だけを見ても、何も判明しません。そこに至る過程にこそヒントがあります。これは犯人の深層心理を解きほぐすのに必要な分析なのです。

  さて、こうした考え方に従うと、【 四 】の事例で紹介した少年の言葉は、実際には次のように言い変えることが可能です。

  「自殺したらどうなるんだろうという気持ちで、自宅の包丁で左人差し指を軽く切っていた」

        ↓   ↓
  「人が壊れたら、どうなるんだろうという気持ちで、ーーーーー 」


  また【 二 】の「てるくはのる」の事件では、まったく見ず知らずの小学生を、何も理由が無いのに、何度も包丁で刺しています。つまり、犯人は人を殺すというよりは、人を壊すという行動を繰り返したのです。
  ですから彼等の行動の根底にあるものは、殺人衝動ではなく、破壊衝動と言うことができるわけです。その人を壊してみたいという衝動が、現実には「殺人」という行動になって現れるのです。

  しかも壊す相手は、誰でもいいのではなくて、絶対に自分よりも力の弱い者でなければならないのです。被害者に子どもや、お年よりや女性が選ばれるのは、そうした選定基準に基づくからです。しかも多くの場合、その前段階で犬や、猫などの小動物が対象として選ばれます。つまり密かに「猫殺し」や、「犬殺し」が行われるわけです。これ等も、自分より弱い者だからです。そして、動物では飽き足らなくなって、次の段階で対象が人に向けられた時に、自分よりも力の弱い人たちが選ばれるのです。

  要するに、そうした力の「弱い人」を「壊す」ことが、彼等の本来の目的であり、深層心理に組み込まれた行動パターンなのです。そして、その目的を遂行するために、金づちやげんのう、ハンマーなどが凶器として選ばれ、また小さな子どもたちや、お年よりがその対象者として選ばれるのです。ですから、犯人たちの心の奥底に隠されているものを、より正確に表現するなら、
   《 人(弱者)を殺して(壊して)自分も死ぬ(壊す)という行動様式及び思考形態 》 ということになります。


  こうした点を認識した上で、次の事例を読むと、犯人たちの行動の意味がよく理解できます。
  ただし次に紹介する事例は、上の図式パターンの前半部分のみが実行されたものです。つまり、人を殺す(壊す)という点で共通する犯行です。もちろんその根底には、これまでと同様の行動様式・思考形態が働いています。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  【 八 】
      〔 神戸市須磨区の連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇聖斗)〕

   1997年2月10日
  神戸市須磨区内の路上で、犯人の少年は、二人の小学六年生の女児を見つけた。後ろから近づき一人の左後頭部を、ショックハンマー(打面がゴムで覆われたハンマー)で、一回殴打した。これにより、加療約一週間の外傷を負わせた。続けざまに、もう一人の女児の右後頭部を、同ハンマーで殴打した。こちらには、特に外傷は残らなかった。

   同年 3月16日
  同区内の路上で、小学四年生の女児(10歳)の頭部を、八角げんのうで殴打した。女児は頭蓋骨陥没で、一週間後に死亡した。
  その数分後、同区内の歩道で、通行中の小学三年生の女児の腹部を、刃渡り13センチのくり小刀で刺した。傷は8センチの深さに達していた。加療約14日の外傷を負わせた。

   同年 5月24日
  知り合いの小学六年生の男児(11歳)を、タンク山の頂上まで連れ出した、そこで男児の首を絞めて殺した。同夜、現場に残した金ノコギリを思い出すと、遺体を切断する衝動に駆られた。

   翌25日、タンク山の現場で、男児の頭部を金ノコギリで切断した。その際「死体にまだ魂が残っている」と思い、小刀で、まぶたや口を傷つけた。また「ぼくの血は汚れているので、純粋な子どもの血で清めたかった」として、ポリ袋にたまった血を口に含んだ。

   26日、深夜、男児の頭部を、中学校の正門前に置いた。
   27日、早朝、それが発見され、大騒ぎになった。
   その後、報道機関に「酒鬼薔薇聖斗」の名前で、犯行声明文が届けられた。

  犯人は、中学三年生(十四歳)の男子生徒であった。

  犯人の少年は、小学五年生の時に、ナメクジやカエルの解剖を行っていた。最初は好奇心からであったが、やがてカミソリでカエルの腹を開くと、興奮を覚えるようになった。
  小学六年生では、猫を捕まえて解剖するようになった。
  中学1年の時に、注意欠陥・他動性傷害の疑いがあると診断された。
  犯行の一週間ほど前に、二人の友人に「三匹の猫を殺して手と足と首を切り、中学校の正門前に置いた」と話した。

  * 少年の供述や、関係者の証言をもとにした行動の分析
  「人間を殺したときの満足感が、どんなものか知りたい」と空想するようになった少年は、
  「適当な相手がいたら、絞殺をためしてみたい」とぼんやりと考えるようになり、被害者の男児に出会ったときに、
  「自分より小さいから殺せる」と思い、タンク山に誘った。
  殺害の後で、
  「幼い子どもの命を奪って気持ち良いと感じている自分自身への嫌悪感があった」とも言っている。
  しかし少年は、男児の首を絞めて殺害した際、および遺体を切断した際に、性的な快感を覚えたという。

  精神鑑定では、米国精神医学界の「精神疾患の診断・統計マニュアル」の基準に当てはめると「行為傷害」に該当するという。それにより医療少年院送致の保護処分が決定された。

  また、酒鬼薔薇聖斗という名前で犯行声明文を書いたいきさつについては、こう語っている。
  『自分を捕まえてくれない警察へのいらだちがあった。早く捕まえてほしいという気持ちの裏返しだったのかもしれない』


  注意欠陥・他動性傷害
  「 少年は小学生のころから忘れ物や勘違いが多かった。原稿用紙に作文を書くように言われたのにリポート用紙に書いたり、音楽会の日に体操服で登校したりしたことがあった。」

  ふだん少年は自室の窓を、分厚いカーテンで閉めきっていた。
   「太陽の光は好きじゃない。光を浴びるととてもいやな気分になる。雨の方が心が安らぐ」と話していた。

 
  この少年は、直観像素質を持っていた。
  * 直観像素質
    見たものを写真撮影するように記憶できる能力のこと。

  朝日新聞に載っていた解説文
   「直観像 → 心理学用語の一つ。以前に見たものが、まるで目の前にあるかのように鮮明に見える現象。 「残像」や空想とは異なり、数時間後や数日後、あるいは数年後でさえ、一度見たものが原色で正確かつ明瞭に再現される。」



  【 九 】
      〔 愛知県豊川市で起きた老女殺害事件 〕

   2000年5月1日。
  愛知県豊川市。 自宅にいた主婦(64歳)を刺殺し、その夫(68歳)にも怪我を負わせる事件が発生した。
  犯人は、高校三年生(17歳)の少年であった。

  少年は「人を殺す経験がしたかった」「人が物理的にどのくらいで死ぬのか知りたかった」と、不可解な動機を述べた。

  少年は主婦の頭を金づちで殴ったうえ、包丁で首や顔など約40箇所を刺した。帰宅した夫にも切りつけ、さらに首をしめて、怪我をさせた。

  この少年は、自閉症に近い「アスペルガー症候群」と診断されて、医療少年院へ送致された。



  【 十 】
      〔 佐賀の高速バス乗っ取り事件。〕

   2000年5月3日。
  佐賀県で、佐賀発福岡行きの高速バスが、17歳の少年に乗っ取られた。広島県の小谷サービスエリアへ向かう途中に、乗客の一人が包丁で刺されて死亡し、二人が重症を負った。
  翌、四日。 早朝に、突入した警官によって、少年は逮捕された。

  少年は、高校入学の直後から、引きこもりの状態になった。家庭内暴力もあったが、それは言葉によるものであった。

  小学四年のときから、いじめを受けていた。中学三年の時に、制服をカッターナイフで切られた。三学期には、からかわれて階段の踊り場から飛び降り、せき髄損傷の大怪我を負った。


  犯行が行われる二ヶ月ほど前の三月四日、母親が、少年の机の引き出しからメモみつけた。それには、こう記されていた。
  『 最近もう一人の別のが出てきた そいつは僕に恐ろしい事を勧める 人を殺せ /  人を殺せ 誰か僕を止めてください / もう止まらない  / もう止まらない 』

  その二日前に、母親は少年の部屋で、大きな包丁二本と、ナイフ一本を見つけていた。
  驚いた両親は、翌五日に、国立の精神療養所である地元の肥前療養所に、少年を入院させた。

  入院二ヶ月後の五月三日。少年は、国立肥前療養所の外泊を許された。その日の午後、佐賀駅前のバスセンターから、福岡・天神行きの高速バスに乗り込んだ。

  9月29日。少年は佐賀家裁で最終的に「行為障害」と診断され、五年以上の医療少年院送致が決定した。
   ( 医療少年院には、14歳以上26歳未満の人が収容される。全国に四つの施設があり、約320人が収容されている。)

  鑑定人は、少年の事件時の責任能力を認めたが、「自分が自分でなくなる感覚の解離性障害や行為障害の症状もみられ、精神分裂病を発病する恐れもある」 としている。



  【 十一】
    〔 大分の一家六人殺傷事件 〕

   2000年8月14日
  大分県野津町で、一家六人を殺傷する事件が起きた。三人がサバイバルナイフで、次々と刺されて、死亡した。三人が、重傷を負った。

  犯人は、高校1年生(十五歳)の男子生徒であった。

  中学1年生のころから、残虐な場面があるテレビゲームや映画に夢中になった。また、犬や猫を虐待した。

  精神鑑定では、「重症の行為傷害」と診断された。


 *** ○ * -- * ○ ***


  ここでの最大の問題は、犯人たちの心の奥底に潜む『人(弱者)を殺して(壊して)自分も死ぬ(壊す)』という不可解な行動様式・思考形態が、何に由来するのかということです。
  この点が解明されなければ、同様の犯罪が今後も、繰り返し発生することになります。たとえ少年法の適用年齢を引き下げて、厳しい刑事罰を科したとしても、問題は何も解決しません。【 五 】や【 七 】で紹介した事例のように、自殺するために人を殺すという発想では、刑事罰は予防処置にならないからです。

  また、精神鑑定の専門家が用いる「行為障害」という病名だけでは、原因は何も解明されていません。いくら症状を分類したところで、実際の治療に生かされることはないからです。そのために少年たちが医療少年院に送致されても、障害は取り除かれないのです。精神病院に入院しても精神病が完治しないように、現代医学では行為障害もまた治すことが出来ないからです。もし治すことが出きるなら,【 十 】の事件は、発生しなかったのです。ここに根本的な問題があるわけです。

  上に紹介した事例から分かることは、事件を起こした少年たちは無意識的な衝動に突き動かされて、犯行を行っています。つまり犯人たちは一見、自分自身の意思で行動しているかのように見えますが、実際は心の奥底に隠された無意識的な衝動によって動かされているのです。その衝動が、人を「壊す」ことなのです。従って、この衝動の由来を解明する必要があるわけです。

  以前に紹介した事例で、妊産婦本人が知らないうちに数種類の陣痛促進剤が使われて、胎児が圧死してしまったという事件がありました。二人目の出産であるから、本来であれば軽く済むはずのところ、子宮破裂で妊婦自身の命さえ危うかったのです。
  この事例が、ある推測を可能にします。つまり、外見的には正常な出産であっても、子宮内の胎児に、かなりの衝撃が加えられる場合があり得るということです。たとえ圧死するには至らないまでも、それに近い状態が生じている可能性があるわけです。もしかすると胎児が、意識を失う程度のことは起きているかもしれません。もちろんそのような時には、妊婦自身も通常の痛みではなく、異常に激しい痛みを感じるということです。
  従って、そうした状態で生まれて来る赤ちゃんは、一時的な死を体験している可能性があります。死の直前で、かろうじて生き返えった状態です。ですから生まれる時に、何と、臨死体験を経験していることになります。そして、その時の体験が、記憶の中にインプリントされていることにより、後に人を壊してみたいという衝動として“再現・復元”されるのです。

  また、自分より弱い者を選んで壊すというのは、自分自身がもっとも力の弱い胎児であったことから来ています。本人がまったくの無力であった時に、危うく壊されかかったのです。あるいは実際に意識を失うなどして、精神的に破壊されたのかもしれません。それにより『(弱者)を(壊して)自分自身も(壊す)』という一見、不可解な行動様式・思考形態が記憶の中にインプリントされてしまうのです。ですから、これもまた陣痛促進剤によるあまりにも大きな弊害ということが出来ます。

  ただし以上のことは、先に申し述べた「インプリントプログラム自然発動説」の考え方を発展させたものです。つまり、理論的な考え方として導き出されたものですから、何か証拠を示せといわれても、それは出来ません。しかし、もし犯人の少年たちに、退行催眠による治療が行なわれれば、その真相が解明される可能性は残されています。

  いずれにしても、このようなことが考えられる以上は、できるだけ陣痛促進剤を使うのはやめてほしいものです。将来、母親になる女性たちは、なるべく自然分娩に近い出産を心がけてほしいものです。
  ある時、突然、自分の息子が、他人を刺し殺してしまってからでは、取り返しがつかないからです。人生に、遣り直しはきかないのです。一度失われた命は,二度と生き返ることがないからです。


  -------------------
    ○ ***** ○
  -------------------


  ところで、もう一つ、これまでに紹介した事例とは、やや性格の異なるものがあります。例の東京の文京区で起きた「幼稚園児殺害事件」です。それもここで、いっしょに紹介しておくことにします。
  この事件の概要は、次のようなものでした。


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  【 十二 】
    〔 文京区音羽の幼稚園児殺害事件 〕

   1999年11月22日
  午前11時50分ごろ 当時二歳の幼稚園児であった女の子が殺害された。犯人は被害者の母親と親しくしていた、35歳の女であった。二人は、同じ園に通う子どもを持つ友人同士であった。

  犯人の女は、幼稚園の庭の隅に一人でいた女児を抱きかかえて、幼稚園のわきの公衆トイレに連れ込み、女児が巻いていたマフラーで首を絞めて殺した。そして遺体を、用意してあった黒い手提げバッグに詰めると、それをいったん自宅に運び込んだ。
  女は午後四時半ごろに自宅を出て、新幹線などを利用して、静岡県大井川町の実家に向かった。そして、実家の裏庭に、女児の遺体を埋めた。
  この一連の行動について、犯人の女は、
   「早く土にかえしてやりたいと思ったから」 と供述した。


  また、犯人の女は女児殺害の動機について、次のように語った。
  「表面的には仲がよいと思われているが、実はそうではない。仲良しだと見られなくてはいけないという義務感の積み重ねがあった」
  「唯一の友達だった○○ちゃんの母親に嫌われた。自分の子どもへの態度に絶えられなかった」
  昨年ごろから、
  「私の子どもに対する態度が絶えられない」 と思うようになったのだという。

  このように犯人の女は、二人の間には、確執があったと述べた。しかし、被害者の女児の母親には、まったく心当たりが無かった。

  また犯人の女は、裁判の際の供述で、幼い子の首を絞めるのをやめなかった理由について、こう述べた。
  「憎しみが強かったからだと思う」
  また、
  「手を離せば、------ 手を離せばよかったのだけれど、---- 離せなかった」 と言葉を詰まらせた。

  その年の春先には、憎しみから、被害者の女児の母親の首を絞める光景が、頭の中に浮かぶようになったという。
  その後、
  「母親と一体に思えて、同じ憎しみを○○ちゃんに持つようになって」きて、事件の1ヶ月ほど前には、被害者の女児を絞殺する光景に置き換わったという。


  同月25日、犯人の女は、夫に付き添われて警察に自首した。

  夫の証言。
  「幼稚園の夏休みが終わるころに『また顔を合わせなければならない』とこぼしていた」
  11月中旬になると、妻の様子は極端に悪くなっていった。
  「料理が手抜きになったり、夕食の洗い物も朝までそのままだったりして、疲れているのかなと思った」
  細かいことで子どもを叱り、食事もせず、頭が割れるように痛い、と繰り返し訴えた。

  警察に自首する前に、夫が女児を殺害した理由を聞いたところ、妻は、「どうしてこうなったのかわからない」と答えたという。

  * 犯人の女は、過去に摂食障害に陥ったことがあった。
  * また幼いころから、周囲に同調する過剰適応の傾向があった。


  東京地方裁判所は2001年12月5日、犯人の女に対して検察側の求刑懲役18年のところ、懲役14年の判決を言い渡した。これを不服として、東京地検が控訴した。現在、控訴審が進行中の事件である。


 *** ○ * - * ○ ***


  この事件でもっとも注目すべき点は、犯人の女が女児を殺害した後にとった、不可解な行動です。本来であれば女児を殺害した時点で、女の目的は達せられたはずです。従って、女児の遺体は、そこに放置しておいてもかまわなかったはずなのです。もし遺体の発見を遅らせたいのであれば、簡単には探し出せない場所に隠すだけでよかったのです。
  ところが犯人の女は、女児の遺体を周到に用意していた手提げバックに詰めて、それをいったん自宅に持ち帰ったのです。これだけでもかなり不可解な行動と言えるのですが、その後の行動は、さらに不可解千万です。何と、女は、女児の遺体を入れた重いバッグを提げて、地下鉄に乗り、新幹線に乗り、さらにはバスにも乗り継いで、大井川町の実家まで運んだのです。
  そこに行き着くまでには、人ごみの雑踏の中を通り抜けねばなりません。また地下鉄や新幹線では、人が座っている座席の隣にも座ったことでしょう。その際に、多くの人と視線を交わしたはずです。もしかすると隣の人と、言葉も交わしたことでしょう。その間、犯人の女は、女児の死体を抱きかかえていたのです。

  最大の疑問は、果たして正常な神経を持つ人間に、そのような行動が取れるだろうかということです。バッグの中には、自分が殺した女児の死体が詰まっているのです。もし何かの拍子でバッグの口が開いて、中を見られれば、大騒動になります。そのことを考えるだけでも、大変な緊張感です。ただでさえ東京駅の通路は混雑していて、安心して歩けない状態です。いつ人にぶつかるかもしれません。そんな所を死体の入った重いバッグを提げて歩くなどは、通常の感覚で出来る行動ではありません。

  また実家に日が暮れてから着けば、家の人たちとも話をしたことでしょう。もしその日、実家に泊まったとすれば、家族といっしょに食事もしたでしょう。犯人の女が女児の遺体をいつ裏庭に埋めたかは不明ですが、それまでは片時も手放すことが無かったのです。ここには「早く土にかえしてやりたいと思ったから」という理由では、説明のつかないものがあるわけです。


  また当初、犯人の女の憎しみの感情は、女児の母親に向けられていました。ところがその憎しみの感情が次第に、その女児の方に移っていきました。これもまた不可解な点です。わずか二歳のいたいけな幼児が、殺されるほど憎まれたのです。

  犯人の女のもともとの感情は、母親に対する、
  「私の子どもに対する態度が絶えられない」というものでした。
  それ故に、その母親を憎んだのです。この理由には、それなりの正当性が感じられます。ところが、なぜかその対象が、二歳の女児に移ってしまったのです。
  女は、幼い子の首を絞めるのをやめなかった理由について、
  「憎しみが強かったからだと思う」
  と述べているのですが、それは誰に対する憎しみだったのでしょう。
  さらには、
  「手を離せば、------ 手を離せばよかったのだけれど、---- 離せなかった」  とも供述していますが、それはなぜだったのでしょう。坊主とケサの譬えがありますが、それほど二歳の女の子が憎かったのでしょうか。しかも女児の母親は、確執や軋轢のようなものは、何も無かったと言っているのです。これが事実とすると、その憎しみの感情は、一体、何に由来するのかということになります。

  以上のことから、犯人の女の行動と心理を、もう一度検討し直す必要性が生じます。そして、その結果として、少々奇抜な発想に辿り着きます。それは犯人の女が、憎しみの感情を向けるべき本来の相手は、二歳の女児でも、その母親でもなく、まったく別の人物ではなかったかということです。つまり、その別の人物というのは、三十五年前の遠い記憶の中にある人物であり、もしかすると犯人の女を殺そうとした人物であった可能性があるのです。

  これはかなり突拍子もない発想のようですが、こうした疑問が生じるのには理由があります。犯行の前に、女は激しい頭痛を訴えていました。このことから女の頭の中では、何か異変が生じていたと考えられます。たとえば多重人格の人では、人格変換が起きるときにやはり頭痛が発生します。別の人格が出現する切っ掛けが頭痛なのです。おそらく脳というハードに心というソフトが、うまく対応できないためかも知れません。ですから犯人の女にも、この時、それと同様のことが起きた可能性があるわけです。

  以前に紹介した「逆さフラッシュバック」は、ミラーニューロンに蓄積されている記憶と、今現在の感情とを直結するシステムであり、感情によって人の行動がコントロールされるメカニズムです。つまり感情がかつての記憶を“再現・復元”し、その記憶によって今度は、人の行動がコントロールされるわけです。
  ですから、この事件のすべての謎を解くカギは、犯人の女の実家の裏庭に隠されていることになります。なぜなら犯人の女が三十五年前に体験した出来事が、無意識的に繰り返されたと考えるのが、もっとも無理の無い考え方だからです。より具体的には、この女自身がかつて殺されそうになった、或いは、他の幼児が殺される場面を目撃したといったようなことです。そうしたことが、この女の実家の裏庭で行なわれたのです。そして、それが三十数年後に、時と場所を変えて、“再現・復元”されたわけです。

  ただし、これは理論的な推測にすぎませんから、当事者にどのような人物が関わっていたかなどは分かりません。また真相と推測の間に、どの程度の距離があるかも分かりません。しかし、いずれにしても犯人の女は、それに類する体験をしており、その際の感情が、憎しみの感情として“再現・復元”された可能性があるということです。同時に、その時の記憶が、女児の遺体をわざわざはるか遠方にある実家まで運ばせたと考えられるのです。


  第一審の判決文では、女がなぜ新幹線を使わなければならないような遠方にある実家の裏庭に、女児の遺体を運んで埋めたのかという点には、まったく触れられていませんでした。おそらく弁護側も検察側も、特に問題にしなかったものと思われます。しかし、せっかく控訴審が行われるのですから、この点も突っ込んで、再調査してほしいものです。もしかしたらそれにより、「逆さフラッシュバック」の新たな側面が見えて来るかもしれません。
  これは心の不可思議さを解明するめったに無い機会といえるでしょう。そしてこの事例もまた、退行催眠による治療が行なわれれば、同時に真相が解明されます。人が犯した罪を裁くのが裁判所の使命であれば、その過程で原因を明らかにすることも、また使命の一つです。牽いては、正しい裁きが行われる必要条件とも言えるでしょう。要するに、検察側が求刑する懲役18年に近づけるだけで、裁判を片付けないでほしいということです。
  また今後、同様の被害者が出ないためにも、真相の解明は必要です。ぜひ真理を追究する姿勢で臨んでほしいものです。

  関係者がこれを読むかどうかは分かりませんが、一応、書いておくことにしました。まったく参考にならないかも知れませんが、このような別の角度からの見方も可能であるということです。
  罪を憎むことと、人を憎むことは、同じではありません。そして真相が判明してこそ、罪の大きさが明らかになります。人を罰することは、それからでも遅くはありません。正しい認識に基づいた審判だけが、人を納得させます。公正な判決を期待します。


                             2002.  4. 20.        店主記す



  ― 補 足 ―

       〔 文京区音羽の幼稚園児殺害事件 〕

  東京都文京区で1999年11月、当時二歳の女児が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた山田みつ子被告の控訴審判決が、2002年11月27日、東京高等裁判所であった。
  高橋省吾裁判長は、
   「何の落ち度もない女児の命を奪った残虐な犯行で、被害者のいたたまれない心情を重くみると、原判決は軽い」 と述べ、一審判決の懲役十四年を破棄して、改めて懲役十五年を言い渡した。

  ただし、この裁判によっても、犯人の女の動機は、何も解明されなかった。この公判の中でも被告は、二歳の幼児を殺害した動機について、
   「自分でもよく分からない」 と繰り返すだけであった。

  この点に関して、判決文では、
   『 婚姻して上京後間もなく、女児の母親と親しくなったが、次第に疎外されていると思い、憎悪からついには殺意を覚えるに至った。母親の殺害は困難なことから、殺害の対象を女児に転化させた』 と述べている。

     ( 以上 2002年11月27日 朝日新聞(夕) 参照 )


  《 ―― この裁判は、2002年十二月十二日が上告期限であったが検察側、弁護側ともに、上告の手続きを取りませんでした。これにより、東京高等裁判所判決、懲役十五年が確定しました。 ―― 》


 *** ○ * -- * ○ ***


  この事件は結局、動機が何も解明されないまま、懲役十五年という刑だけが確定してしまいました。一審判決より刑期が、一年増えただけです。裁判という制度の中では、人の心の闇を解明することは無理なのかも知れません。そもそも現代の精神医学が、こうした心の闇の部分を解き明かす手段を獲得していないことが問題です。
  薬物療法だけが医学的な治療法であるとする風潮が改められない限りは、いつまでたっても解明されることはないでしょう。ここに余りにも大きな弊害が隠されています。


 それにしても幼児・児童虐待で、母親や父親が、自分の子どもを殺した場合と比べると、この十五年という判決は、かなりの開きがあるように思えてなりません。
  自分の子供たちを殴り殺したり、食事を与えずに餓死させたりしても、せいぜい懲役五〜六年という判決がほとんどです。長くても十年です。
  それと比較すると懲役十五年というのは、やや公平性を欠くような気がします。失われた子どもの命の比重が、自分の子どもと、他人の子どもとでは異なることになるからです。十五年が長いという意味ではなくて、失われた子どもの命の重さに、差があるということです。
  かつて刑法の「尊属殺人」の定めが違憲と判断された経緯からしても、このような失われた子供の命に対する歴然とした量刑の差は、やはり不自然です。人の命の重さが、均一に量られていないことになるからです。
  もし、この山田みつ子受刑者の場合も原因が解明されていたら、情状が酌量されて、幼児・児童虐待による殺人の親たちと同じ程度の量刑になったのでしょうか。どうしても、こうした疑問が生じることになります。しかし、裁判が終わってしまった今となっては、誰も、どうすることも出来ません。


                               2002.  12. 15.        店主記す




 もとの場所に戻る。
      



s p ⇒