世田谷一家殺害事件
 ―――――――――――――――


 ( 前回の『人を殺したい』『 十七歳・三十七歳の狂気 』からの続きです。)

  《  *****  この事件は、まだ犯人が捕まっていない未解決の事件です。しかも動機などが不明なために、捜査は難航しています。しかしながら、上に紹介した幾つかの事例と関連させて考えると、非常に分かりやすい部分がありますので、ここに紹介しておきます。もしかすると犯人の捜索に、役立つかもしれません。或いは逆に、捜査をかく乱するするだけで、まったく役に立たないかもしれません。すべては読まれた方の判断しだいです。もし犯人が捕まって事件が解決した段階で、あまりにも見当違いな内容であった場合には、これは削除します。或いは、大幅な修正を加えることにします。一応、その旨、お断りしておきます。 *****  》


  前回紹介した事件は、いずれも『人(弱者)を殺して(壊して)自分も死ぬ(壊す)』という行動様式及び思考形態が、犯人たちの心の奥底に存在することによって引き起こされました。つまり、このような潜在的な衝動があることによって、様々な凶悪な犯罪が実行されたのです。
  そして、それ等の事例を細かく分析することにより、この事件との密接な関連性を導き出すことが出来るのです。従ってこの事件も、同様の衝動によって引き起こされたと考えられるわけです。つまり、これまでに紹介した犯人たちと、同じ原因を抱えた人物によるものであろうということです。
  その関連性というのは、具体的には次のような点です。


  「酒鬼薔薇聖斗」の事件では、犯人の少年は日を追って、犯行の内容をエスカレートさせて行きました。この少年が最初に行ったのは、小動物の虐待(殺害・破壊)でした。それにより力の弱い猫が殺(壊)されて、犠牲になりました。この段階では、まだ凶悪な犯罪とは言えません。軽犯罪法に触れる程度の犯罪予備軍的な行為です。ただし、これがすべての始まりだったのです。
  次に少年は、ショックハンマーで女児の頭を殴りました。いよいよ動物では飽き足らなくなって、遂にその標的が人に向けられたのです。八角げんのうを使った犯行では、女児が頭蓋骨陥没で亡くなりました。
  そして次に少年は、女児をナイフで刺しました。ここで初めて積極的に人を殺す(壊す)ための道具が使われました。もしこの段階で、殺人(破壊)衝動が強かったら女児は、メッタ刺しにされたことでしょう。この時、被害者が一度しか刺されなかったのは、むしろ不幸中の幸いと言えるかもしれません。
  犯人の少年には、さらに「絞殺をためしてみたい」という衝動が発生しました。つまり、別の殺害(破壊)方法に興味を持ったのです。この衝動により、知り合いの男児の首を絞めて、窒息死させました。また男児の頭部を切断したり、目や口元を傷つけたりしました。こうして人を殺す(破壊する)という衝動を、具体的な行動として実現したのです。

  この一連の犯行で特に注目されるのは、被害者の頭部(顔面)を傷つけるという行為です。少年は最初、ショックハンマーや金づちで、被害者の頭部を殴っています。人を殺すための凶器としては、ふさわしくないものが使用されたのです。しかし他の事例でも、同様のことが行われています。【三】の千葉県で起きた通り魔傷害事件や、【九】の愛知県豊川市で起きた老女殺害事件の事例でも、犯人はやはり金づちで、被害者の頭を殴っています。
  なぜかこの種の事件では、人の頭部に対する執拗なこだわりがあるのです。これはコロンバイン高校で起きた銃の乱射事件で、犯人たちが生徒に銃口を向けて、至近距離から顔面を狙って撃ったことにも関係します。つまり、十七歳の狂気の中心的な衝動は、人の頭部(顔面)の破壊であるとも言えるわけです。

  こうした人の頭部に対する執拗なこだわりは、次のような状況で発生すると考えられます。赤ちゃんは狭い産道を通過するために、頭蓋骨の蝶つがいを外して、細長く変形させて出て来ます。これにはやはり苦痛が伴うはずです。自然分娩の場合は、その苦痛を取り除く物質が自動的に脳内で創られることにより、障害は残りませんが、陣痛促進剤が使われて無理な圧力が掛かると、この一連の過程が急激に進行します。それにより意識を失うほどの苦痛が生じる可能性は、十分にあり得ます。つまり、そうした出産時の体験が、赤ちゃんの精神神経回路にインプリントされることにより、人の頭部に対する異常な執着心が植え付けられるのではないかと考えられるわけです。


  「てるくはのる」の事件では、人を殺(壊)すために、執拗な破壊攻撃が加えられました。被害者を包丁で何ヶ所も、メッタ刺しにしました。また犯人は、その際に使用した凶器を、現場に残して逃走しました。しかも犯人は、凶器として使った文化包丁以外に、金づちや、農薬も用意していました。近くの公園では、血のついたジャンバーといっしょに、長さ25センチの別の刃物も見つかりました。
  犯人はこれだけ多くの遺留品を残したにも関わらず、一ヶ月以上たってもみつかりませんでした。たまたま事情聴取が行われたために、後から犯人であることが分かったのです。ですから遺留品からは、この種の犯人は見つからないということです。

  また、【九】の「愛知県豊川市で起きた老女殺害事件」では、犯人は「人が物理的にどのくらいで死ぬのか知りたかった」と証言しました。ここに十七歳の狂気の不可解な心理が語られています。しかし実は、この衝動こそが、凶悪な犯罪を生み出す根本原因なのです。


  さて、以上のような点を念頭に置いた上で、今回のこの事件を振り返ってみると、これまでは見逃していたものが見えて来ます。同時に、この事件の犯人像が明確になります。つまり「酒鬼薔薇聖斗」の事件、「てるくはのる」の事件、「愛知県豊川市で起きた老女殺害事件」を総合的に判断し、共通する部分を関連付けると、自ずからこの事件の真相が見えて来るのです。


 ↓  ↓  ↓  ↓

  世田谷一家殺害事件の概要は次の通りです。

   2000年(平成12年)12月30日
  東京・世田谷区上祖師谷で、一家四人、全員が殺害された。被害者は会社員の宮沢みきおさん(44歳)、妻の泰子さん(41歳)、長女で区立千歳小学2年のにいなちゃん(8歳)、長男で区立上祖師谷南保育園の礼ちゃん(6歳)。

  犯行が行われた時間は、同日の夜、11時半から31日午前零時ごろまでの間とされている。この時間帯に、近所の人が被害者宅で、ドスンという物音がしたのを聞いている。

  被害者の宮沢みきおさんは、階段の下で、首や腕など数ヶ所を刺されて、うつ伏せに倒れて死んでいた。階段に血痕が付いていたことから、階段の上から転げ落ちたと見られている。
  妻の泰子さんと長女のにいなちゃんは、二階の階段近くで、首や顔など数ヶ所を刺されて、並んで倒れていた。床には、大量の血が広がっていた。
  長男の礼ちゃんは、三階の寝室(屋根裏部屋)のベッドの上で、死んでいた。窒息死であった。
  宮沢みきおさんは外出着で、妻と二人の子どもたちは、寝巻着とみられるジャージ姿であった。


  犯人は持ってきた刃渡り24センチの柳刃包丁で、最初に、宮沢みきおさんを殺害した。宮沢みきおさんの頭部からは、包丁の刃の先端部分が発見された。そして柳刃包丁の刃が欠けたために、犯人はこの家の台所にあった文化包丁を使って、泰子さんとにいなちゃんを殺害した。最後に、礼ちゃんを刺殺ではなく、鼻と口を塞いで窒息死させた。

  警察の調べで、宮沢さんと妻の泰子さん、にいなちゃんの三人は、刃物でメッタ刺しにされたための失血死であることが分かった。また、泰子さんとにいなちゃんは、主に、首や顔を上から切りつけられているのに対し、宮沢さんは顔や首以外にも、足や、でん部なども切られていた。
  さらに出血の状態や凝固の仕方などから、その半数は、死後に刺された傷であることが分かった。つまり犯人は殺害後も、執拗に遺体を傷つけたことになる。


  凶器として使われた包丁は、全部で三本。そのうちの二本は現場に残されていた。しかし宮沢さんからは、現場に残されていた包丁とは切り口や、深さの異なる傷が多数発見された。それは二本の包丁よりも、かなり深い刺し傷であった。従って、そのもう一本の刃物は、犯人が持ち帰ったものとみられている。

  また犯人は、犯行後に冷蔵庫内を物色し、ペットボトル入りのお茶を飲み、メロンをかじり、アイスクリームを食べたと見られている。冷蔵庫に、犯人の血痕が付着していた。また二階の台所には、アイスクリームの空き箱があった。

  現場に残された血液の分析から、犯人は手に、かなりの傷を負っていると見られている。犯人の血液型は、A型。

  室内では、ほとんどのたんすの引き出しが開けられ、書類が散乱するなど物色された跡があった。一部の書類は、浴槽に投げ込まれていた。

  犯人のものと思われるトレーナーの上着が、二階の床に残されていた。このトレーナーはSMAPのメンバーの木村拓哉が、テレビドラマ「ビューティフルライフ」(TBS系)で着用したものと同じタイプで「ラグランシャツ」と呼ばれ一時期、若者の間で流行した。綿製の上着はLサイズで、身長175〜185センチ用のもの。胴の部分は白、両腕と丸首の縁取り部分は濃い紫で、何度か洗濯した跡があった。

  さらに遺留品として、黒いハンカチ二枚が残されていた。このハンカチには結び目があり、「ギ・ラロッシュ」製の「ドラッカー・ノワール」という若者に人気の香水が付着していた。また、包丁を入れて来たとみられる深緑色のヒップバッグが残されていた。

  現場の状況から、犯人は四人を殺害後、室内に長時間とどまっていた可能性の高いことが分かった。一家が殺された時刻以降に、宮沢さんのパソコンが使われ、インターネットに接続された記録が残っていた。その記録から、犯人が一晩中その現場にとどまり、パソコンを使用していた可能性が浮上した。
  このことから犯人は、約10時間以上にわたって現場に滞在し、パソコンを使用したうえで、かなり日が昇ってから、ようやくその場を立ち去ったとみられている。

  犯人は犯行後、血のついたトレーナーを着替え、台所で血を洗い流したうえで、止血するために、救急箱を物色している。

  前年の夏から、事件発生直前の十二月中旬にかけて、現場の宮沢さん宅の近くの世田谷区上祖師谷や千歳台で、野良猫を虐待する事件が、四件以上発生している。目にクギを刺された猫。しっぽを刃物で切り取られた猫。右側のしりから足首にかけて、刃物で皮膚をはぎ取られた猫。前足を鋭い刃物で切り落とされた猫、等々であった。


  **** ○○ ****


  この事件は、目撃者が一人もいないために、犯人像がまったく分かっていないということです。もうじき発生から、一年半になりますが、捜査はかなり難航しているようです。遺留品があまりにも多いために、かえってそれに振り回されているのかも知れません。また通常の犯罪と比較すると、多くの疑問点が浮かび上がって来るということです。

  捜査が難航している最大の原因は、一家殺害の動機が分からないことだそうです。被害者が刃物で、何度も切りつけられている残忍な殺し方から「怨恨説」。現金二十数万円が無くなっていたために、「金目当て説」等が出ているとのことです。
  さらに捜査の焦点をぼかしてしまうのが、犯人がパソコンを操作しながら、翌日まで現場に居残っていたことだそうです。目的を果たしたら、現場からすぐに立ち去るのが、通常の犯罪者の心理だからです。
  また、なぜ長男の礼ちゃんだけ、殺害の方法が異なるのか。なぜ犯人は大量の遺留品を残して、そのまま立ち去ったのかといった疑問もあるそうです。


  さて、これらの疑問を解いてくれるのが、上に紹介した三つの事例です。つまり「酒鬼薔薇聖斗」の事件、「てるくはのる」の事件、「愛知県豊川市で起きた老女殺害事件」を総合的に判断すれば、一家殺害の動機を始めとして、すべての疑問が解かれてしまうのです。

  この事件でもっとも注目されるのは、殺害の方法です。犯人は、三人の被害者をメッタ刺しにしています。しかも死んだ後からも刺しています。特に頭部(顔面)を、執拗に攻撃しています。
  このことから、上に紹介した事例のように犯人は、人を殺すというよりは、人を壊すという殺し方をしていることが分かります。すでに死んでいる人を何度も刺す行為は、「てるくはのる」の時と同じです。つまり人を殺すことよりも、壊すことが犯人の目的だったのです。

  また凶器を幾つも準備するのは、それぞれの凶器を使って実験したいからです。ここでは金づちこそ使われませんでしたが、それと同様のことが行われました。宮沢みきおさんの頭部に柳刃包丁の刃先が残っていたのは、金づちで殴る代わりに、頭上から突き刺したからです。つまりこれは「酒鬼薔薇聖斗」事件の、最初の犯行に該当するわけです。
  さらに犯人が持ち去った刃渡りの長い凶器は、刀の試し切りならぬ、試し突きに使用されたのです。これは「愛知県豊川市で起きた老女殺害事件」で、犯人の少年が「人が物理的にどのくらいで死ぬのか知りたかった」と証言したことに該当します。つまり人を物理的に破壊するのに必要な刃物の長さと、力加減を確認したのです。その手応えを確かめるために、特別な刃物が準備されたのです。「てるくはのる」の事件で用意されていた、長さ25センチの刃物と同じ用途です。

  また、礼ちゃん(6歳)だけは、死因が刺殺ではなく、窒息死でした。これは「酒鬼薔薇聖斗」の事件で、まず金づちで女児の頭部を殴ることからはじまり、遂に、知り合いの小学生の首を絞めて殺害した経緯に相当します。つまり犯人は、別の殺害(破壊)方法を試したかったのです。要するに殴打殺人、刺殺殺人、絞殺殺人という幾つかの殺(壊)し方を実践したのです。「酒鬼薔薇聖斗」の犯人が数日掛けて行ったことを,一夜で済ませたことになります。

  現場には、多くの遺留品が残されていました。これは「てるくはのる」の事件の時と同じです。犯人は使った凶器はもとより、着ていたものも脱ぎ捨てて逃走しました。しかしその遺留品からは、犯人に結びつくものは何も発見されませんでした。一ヶ月以上経ってから警察は、ようやく任意での取り調べで、犯人に辿りついたのです。
  つまり、警察のアシがつくようなものは、何も残さないのが、この種の犯人たちなのです。かなりの知能犯であり、また周到な準備のもとに実行されているのです。ですから遺留品からは、今後も、直接犯人に結びつくものは発見されないとみるべきでしょう。

  現場には、結び目のある黒いハンカチが、二枚残されていたということです。もしこのハンカチに、宗教的な意味合いが込められているとすると、「酒鬼薔薇聖斗」の事件の「モバイドオキの神」と同じ意味を持つことになります。一枚だけでなく二枚も残されていたことは、その可能性を大きく示唆します。

  通常の犯罪者は目的を果たしたら、すぐに犯行現場から立ち去るということですが、この犯人の場合は、翌日まで現場に留まって、パソコンをいじっていました。これは「酒鬼薔薇聖斗」の事件の犯人が、警察に早く捕まえてほしくて犯行声明文を書いたと供述したことに該当します。つまりこの犯人は、目的を完全に果たしたからこそ、そのまま現場に留まっていたということが考えられるのです。要するに犯人は当初、逃げるつもりが無かったのです。むしろ警察が来るのを、いまだ遅しと待ち構えていたとも考えられるわけです。

  ハンカチに付着していた香水も含めて、犯人の遺留品や遺留物のうち靴を除く五点が、JR中央線荻窪駅前の二つのビル内で購入できるということです。このことから警察は、犯人の生活圏が同駅の周辺にあるという見方をしているそうです。
  この点は「酒鬼薔薇聖斗」の犯人、「てるくはのる」の犯人と同じです。彼等は、被害者と同じ区域内に住んでいました。自宅からさほど離れていない場所で、犯行を行ったのです。従って、この事件の犯人も、現場の近くに住んでいる可能性が大きいと言えます。

  小動物への虐待は「酒鬼薔薇聖斗」の犯人だけでなく、「大分の一家六人殺傷事件」の犯人も行っています。つまり、小動物(弱者)を殺(壊)すことが、彼等の衝動を満足させる第一段階として実行されるのです。そのために犠牲になるのが、身近にいる犬や、猫なのです。

  従って、この事件の犯人も、同様の経過を辿っていると考えられます。いきなり目標が宮沢さん一家・四人に向けられたとは、およそ考えられないからです。ですから、事件の前の年から起きた猫殺しの犯人こそが、宮沢さん一家を殺害した犯人に違いあるまいということです。おそらくこう言い切ってしまっても、差し支えないように思います。

  また、その猫殺しも、いきなり対象が猫に向けられたのではなく、幾つかの段階を経てから、猫にまで到達したと考えるべきです。つまり「酒鬼薔薇聖斗」の犯人が、小学生・中学生の頃からそうしたことを行ったように、以前は、もっと小さな動物が対象として選ばれたに違いありません。
  そうした幾つかの段階を経て、遂に、猫の尾を切ったり、足を切ったり,目に釘を刺したりという悪質なレベルに至ったはずなのです。ですからこの点に焦点を当てて、きめこまかな調査をすれば、必ず犯人に行き着くことが出きます。猫殺し以前の行為を、近くで見ていた人がいるに相違ないからです。最初は公然と殺害されても、咎められないような小動物から始まったと考えられるからです。

  ただし「てるくはのる」の犯人も「酒鬼薔薇聖斗」の犯人も、ほとんど外出しなかったために、周囲からまったく疑われることがありませんでした。どうやら家族でさえ、気がついていなかったようです。
  この事件の犯人も、おそらくほぼ同様の生活をしてると考える必要があります。年末という犯行の日時から推測すると、ほかの家族が不在で、犯人だけが家に残っていたことが考えられます。従って、ほとんど人前に顔を見せない人物を探し出さなければなりません。捜査には、かなりの努力が必要になります。
 非常に困難を伴う捜査であるとは思いますが、すぐ近くにいる犯人を、みすみす見逃していることも確かなのです。丹念な洗い出し作業を行ってほしいものです。

  また、いつまでも捜査が長引けば、同じ犯行が繰り返される可能性があります。猫殺しと同様に、人殺しも、一度では終わらないからです。何としても新たな犠牲者が出る前に、解決しなければなりません。何かそのための手立てを講ずるべきでしょう。


  ****  ○○  ****
  ****  ○○  ****


  この事件は、誰もが、早期の解決を願っています。あまりに凶悪な事件であり,社会的な影響も、計り知れないものがあります。

  事件の発生から、もうじき一年半になろうとしています。現場の担当者たちの努力にも関わらず、いまだに解決しないのは、おそらく捜査の方法に間違いがあるためです。「怨恨説」「金目当て説」以外にも、凶悪な犯罪が行われることを考慮に入れる必要があります。発想の転換が必要です。

  関係者がこれを読むかどうかは分かりませんが、もし参考になれば、幸いとするところです。

  個人的にも、この事件が、早く解決することを願っております。

  亡くなられた宮沢さんご一家のご冥福をお祈り申し上げます。

  ご遺族の方々には、謹んでお悔やみ申し上げます。


                             2002.  5. 2.        店主記す






   ( ―  補足 ― )

  先日の警察の発表によると、遺留品のヒップ・バックの中から、ごく微量の放射性鉱石「モナザイト」が発見されたということです。これは日本国内には存在しない物質であるとのこと。
  捜査本部では、有力な手掛りになると見て、分析を続けているということです。
                           (2002.12.16.朝日新聞(夕)参照)


  また故・宮沢みきおさんのご両親が、200万円の懸賞金をかけられました。このお金は、年金から取り崩して捻出されたとのことです。


  尚、犯罪被害者の支援活動をしている弁護士や地元の住民たちが、支援組織を創って、広く情報の提供を呼びかけています。

  何か手掛りになるような情報をお持ちの方は、ぜひこちらまで連絡してあげてください。
   『世田谷事件』被害者・遺族を支援する会 のホームページです。
           ↓
  http://homepage3.
nifty.com/setagaya-san/


  成城警察署はこちらです。
           ↓
   http://www.keishicho.metro.
tokyo.jp/jiken/jikenbo/seijo/seijo.htm



  ついでに、警視庁はこちらです。(他にも未解決の事件がたくさんあります。)
           ↓
  http://www.keishicho.
metro.tokyo.jp/index.htm



     2002.  12. 30.        店主


 **** ○○ ****


  2004年12月
    懸賞金が、300万円に引き上げられました。

  時間の経過とともに、寄せられる情報が減ってきているようです。何か情報をお持ちの方は、ぜひ成城警察署まで、連絡してあげてください。


     2004.  12. 29.        店主






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒