コティングリーの“ 妖精事件
 ――――――――――――――

  妖精(Fairy)というものが、いるかいないかは、けっこう古くからある議論です。これも幽霊や亡霊と同じく、見える人には見えるものの、見えない人にはまったく見えないという類のものであることから、容易に結論は出せません。
  しかし、実際に見たという人がいる以上は、そうしたものが確かに存在するという前提で考えないと、大きな見落としをすることになります。これは子供たちに多いようですが、彼らには実際に森の妖精や、花の妖精などが見えているようです。


  コティングリーの妖精事件

  妖精に関する事件で最も有名なものが、イギリスのコティングリーで起きたこの事件です。映画にもなっていますから、ご存知の方も多いことでしょう。
  1999年4月30日(金)に放送された「驚きももの木20世紀」(テレビ朝日) では、このコティングリーの妖精事件が取り上げられました。なかなかよくまとめられていましたので、この番組の経過に添って、この不思議な事件の概要を紹介しておくことにします。
  ただし、大前提として、妖精(Fairy)を見ている人たちがけっこういるということが分かっていないと、少々分かり難いかもしれません。この大前提が認識されていないために、この番組の作り方も、ちょっと中途半端になっていました。この点だけ捕捉しておきます。

    **  ○○  **

    妖精 = 容姿は人間に似ており、身体は小さく、羽を持つものもいる。

  その写真は、1917年、エルシー・ライト(Elcie Wright 1901年 7月10日生、当時、16歳)と、いとこのフランシス・グリフィス(Frances Griffiths 1907年 9月 4日生、 当時、9歳)の二人の少女によって撮られた。

  場所はイギリス、ヨークシャー地方の村、コティングリー(Cottingley)。
  その村のはずれに、ベック(Beck)という小川がある。
  その周辺で撮られたもの。

  1917年7月、最初の土曜日。エルシーは父親からカメラを借りた。
  そのカメラを使って、写真を撮った。
  それには、妖精が写っていた。
  その写真が1920年、作家のコナン・ドイルに届けられたことから、一大論争を引き起こした。
   ( アーサー・コナン・ドイル(1859〜1930) イギリスの作家  『シャーロック・ホームズの冒険』 『緋色の研究』 『四つの署名』 『恐怖の谷』 などの作品がある。)


  まず、2枚の写真がドイルの手許に届いた。
  写真の専門家の鑑定では、本物だという結果が出された。

  撮影の状況を調査しに行った神智学者、エドワード・L・ガードナーからの報告では、1917年7月、最初の土曜日。 午後3時頃に撮影されたもの。撮影は、エルシー・ライト。
  カメラの機種は、当時は珍しい、ミッジカメラ。
  露出時間、1秒。
  距離、4フィートで撮られた。
  それを父親が現像した。
  それには、五体の妖精の姿が浮かび上がった。
  父親のアーサーは、いたずらだと思っていた。

  二ヶ月後、今度は、フランシスが、エルシーの写真を撮った。そこにはノームといわれる妖精が写っていた。(この写真では、なぜかエルシーの手の指が、異常に長く写っている。)

  1920年10月、ドイルの所へ、さらに3枚の写真が送られてきた。
   ○ フランシスと妖精
   ○ 花を持っている妖精とエルシー
   ○ 何かにくるまっている妖精。

  1920年12月、「ストランドマガジン」という雑誌に、ドイルが妖精の写真を発表する。以後、大論争に発展する。

  五枚の写真が撮られた時期と内容は、次のようなものでした。
   (1) 1917年 7月  フランシスと5人の妖精(ピクシー)
    (2)        9月  エルシーとノーム
   (3) 1920年  8月  フランシスと飛んでいる妖精
   (4)   同上       エルシーにヘア・ベルの花を差し出す妖精
   (5)   同上       妖精たちの「日光浴の繭」


  コナン・ドイル(A・Conan・Doyle)は作家であると同時に、心霊研究家でもあった。もともと神秘的なものに興味があった。
  ドイルと妖精との接点。→ ドイルの叔父は妖精画家。アルコール依存症の父親も入院先で、妖精の絵を描いた。


   **  ○ ○  **

  1930年 7月 7日、ドイルが死去する。
  この事件は次第に忘れ去られた。
  だが、半世紀後に復活する。

  エルシーは、そのままコティングリーで暮らしていた。
  1965年、デイリーエクスプレスの記者が、妖精事件の真相を探るために、エルシーのもとを訪ねた。

  『あの写真は、私とフランシスの想像の産物です』
  この言葉によって、エルシーが偽造を認めたと報道された。(1965年 5月24日、デイリー・エクスプレス誌)


  晩年のフランシスが遂に、告白文を書く。
  その中で、およそ次のような真相を語った。

   「 フランシスの唯一の遊び相手が、いとこのエルシーであった。エルシーはコティングリーの自然が大好きだった。二人は、よくベックに遊びに行った。
   だがベックにいくたびに、服や靴を汚して帰った。フランシスは、母親にしかられた。どうしてあそこに行くのかと聞かれて、フランシスは「妖精を見に行くの」と答えた。
   写真があれば、ベックに行くことを許してくれるだろうと、エルシーが妖精の絵を描いた。それをピンで止めて、写真に撮った。それがドイルの手に渡り、大騒動に発展した。」


  1983年、4月4日付けのタイム誌に、フランシスの告白文が掲載された。同じ紙上で、エルシーも真相を告白した。


  こうして、すべてが幕を下ろしたかに見えた。
  だが、フランシスの娘 クリスティーヌ・ウェイさんの次のような証言がある。

   『 母は、とてもやさしく繊細な人でした。写真のことは語りたがりませんでしたが、あの時に、本当に妖精を見たのだと話してくれたことを覚えています』

  さらに、次のように証言する。

   『 最後の写真だけは本物よ、と言ったんです。その時だけは、エルシーが何も準備していなくて、茂みの中で動いたものを、母が慌てて撮ったって。』
  ( 繭のようなものに、妖精がくるまっている写真 )


  最新技術を駆使して、そのオリジナルネガが徹底的に検査された。
  フォトジャーナリスト ジェフリー・クローリー氏の話。
   『 四枚は、偽造と断定することが出来ました。しかし最後の写真だけは、どうしても偽造の証拠を発見することが出来なかった』

  フランシスは、1986年に永眠した。79歳であった。
  フランシスの娘 クリスティーヌ・ウェイさんの証言。
   『 母は、死ぬまで妖精を信じていました。そして、とても誠実な人でした。私は、そんな母の言葉を信じます。』


  エルシー・ヒルは1988年に永眠した。87歳であった。
  エルシーの息子、グレン・ヒルさんの証言。
   『 母が、妖精を見たかどうかは、私には分かりません。ただ、とてもやさしい人でした。私が言えるのは、それだけです。』


  *** ○ ** ○ ***


  この事件の真相は、フランシスの娘 クリスティーヌ・ウェイさんが証言した言葉の中にすべて集約されています。
  ○ 『 母は、とてもやさくし繊細な人でした。写真のことは語りたがりませんでしたが、あの時に、本当に妖精を見たのだと話してくれたことを覚えています』
  ○ 『 母は、死ぬまで妖精を信じていました。そして、とても誠実な人でした。私は、そんな母の言葉を信じます。』

  つまりフランシスは、実際に、妖精を見ていたに違いあるまいということです。たとえ写真は偽造だったとしても、その写真に写っているものと同じものを、実際に見ていたということです。
  ここに、この事件の、すべての発端があったと言えるでしょう。服や靴を汚して帰ったフランシスが、母親にどうしてあそこに行くのかと聞かれて、「妖精を見に行くの」と答えたのは、事実をそのまま語ったものであるということです。


  もちろんなぜ、そうしたものがものが見えるのかは、水晶球に映る映像(イメージ)と同様、今後の研究課題です。幽霊や亡霊や妖怪というものがこの三次元世界の住人ではないように、妖精もまたこの世界の住人たちではありません。従って、次元の壁を超える能力のある人たちには“ 見える ”ということなのかもしれません。これに関しても、ぜひ遠くない将来に原因が解明されることを願う次第です。


                             2000. 12. 29.        店主記す





 もとの場所に戻る。
     


s p ⇒