( 一 )心霊・超常現象は、現代科学では解明されません
 ――――――――――――――――――――――――

  【心霊現象・超常現象は、現代科学では解明されません。】

  幽霊さんの存在について・・・。

  ○ いまどきの学校では幽霊や、妖怪や、妖精について、どう教えているのでしょう。そんなものはいない、と教えているのでしょうか。
  ○ また「呪い」や「祟り」については、すべて迷信であると言って、全面的に否定しているのでしょうか。


  最近、心霊現象を扱ったテレビ番組が増えました。しばらく前に岐阜県、富加町で起きた事件が火をつけたようです。例のお茶碗が、開いた戸だなから、すっ飛んだという事件です。( この事件の具体的な内容については、上の『岐阜県 富加町の “ポルターガイスト現象 ”』で紹介してありますので、もし気が向いたらお読みください。)
 
  ただでさえ好奇心の強い子どもたちですから、こうしたことにもかなり興味を持っているに違いありません。子どもたちからの質問に対して、先生方はどう答えているのでしょう。
  幽霊は間違いなくいます、と答えているのでしょうか。それとも、そんなものはいません、と答えているのでしょうか。もし実際に見たことがある子どもがいたら、どのような説明をして納得させているのでしょう。
  さらに、そうした心霊スポットへ行ってみたいという子どもたちには、どのように対処しているのでしょう。幽霊なんていないのだから、行ってもかまわないと答えているのでしょうか。それともいるかもしれないし、何が起こるかもわからないから、絶対に行ってはいけないと言って止めているのでしょうか。

  それ以前に、そもそもの大前提として、我々が棲んでいるこの世界は「三次元」であると教えているのでしょうか。それとももっと大きな次元の中の一部であると教えているのでしょうか。
  素粒子理論の一つである超ひも理論では、この世界は「十次元 or 二十六次元」であると言っています。また、新たに登場したM理論では、「十一次元」であると言っています。そうした考え方があることは、教えているのでしょうか。

  近年の科学の進歩には、たしかに目を見張るものがあります。この百年ほどの間に、様々な現象が解明されました。そして、その解明された原理や法則を利用して、様々な新技術が開発されました。百年前には予測することすら出来なかったほどの驚異的な進歩です。今では当たり前になっているコンピューター技術にしても、当時の人たちは夢想だにしなかったことです。

  しかし科学が追及できる範囲は、この三次元世界で起きている現象だけです。物質世界と言い換えてもよいでしょう。要するに手で触れて、目で見ることができる範囲の出来事です。残念ながら触れることが出来ず、目で見ることも出来ない異次元世界の出来事には及んでいません。幽霊も妖怪も妖精も、もともと三次元世界の住人たちではありません。呪いも、祟りも同様です。超次元的な現象です。
  ですから科学的には幽霊も、妖怪も、妖精も、神々も存在しないことになっています。呪いや祟りは、すべて迷信になってしまいました。それは科学というものが、三次元世界の出来事しか対象に出来ないからです。しかし、その最先端の科学をもってしても、解明できない様々なことが起きていることもまた事実なのです。

  もう少し突っ込んでおくと、科学者と言われる人たちは、この三次元世界の物差しで、十次元・十一次元・二十六次元世界の出来事を計っているわけです。基準となる物差しが、そもそも間違っているのです。結果として、そんなものは無いということになります。
  この世界が三次元であれば、それでもよいでしょう。しかし十次元、十一次元、二十六次元であったならば、この結論は間違いです。要するに、この三次元世界の原理や法則は、異次元のセカイでは通用しないのです。あちら側の世界で起きる現象を解明するには、超次元的な物差しが必要です。
  畢竟、計る物差しも無いのに、それが科学的結論であると言って勝手な決め付けをするのは、余りにも無責任というものです。心霊現象、超常現象は現代科学が取り扱える分野ではないことを、広く世間に知らせるべきでしょう。

  くれぐれも子どもたちには科学的に証明されていないから、そうしたものは存在しないなどと教えないでください。あまりにも未熟な現代科学では、まだまだ多くの解き明かされていない現象が存在すると教えてください。現実に、そうしたことが起きているからです。現代科学は、その原因を解明する手段を獲得していないのです。超次元の科学には一切、手が付けられていないのです。
  何か事件や、事故が起きてからでは、取り返しがつきません。現代科学は万能ではないどころか、まったくこの世界の実相を解き明かしていないことを、広く子どもたちに知らせる必要があります。それでなくても、元気な若者たちは大勢います。若さと、無鉄砲、無分別は若者の特権であり、そうした人たちがまず犠牲者になるのです。悲劇が繰り返される前に、その芽を摘み取っておく必要があります。


   【 木の精霊の写真 】

  先日( 2002年 十月十六日、水曜日 )、フジテレビで放送された『力あわせてゴーゴゴー』という番組をごらんになった方はいらっしゃいますか。よい子のみなさんが、必ずご覧になる番組です。ボクもちょっとだけ見ました。σ(゚.゚)。ボクモヨイコデス

  この番組の中で、霊能者の宜保愛子さんが、心霊写真の分析を行っていました。
  その中に、写真に写っている女性の顔の部分が、溶けて崩れているいるように見えるものがありました。
  しかし、この写真に対する宜保さんの解説は、やや意外なものでした。これは人の霊によるものではなく、後ろの木の精霊が写りこんでいるというものでした。
  たしかにアップになった映像では、背景の木の幹の部分に、人の顔のように見えるものが写っていました。わりに太い木でしたから、樹齢で言えば、四〜五十年といったところでしょうか。或いは、もっと経っているかもしれません。

  この説明により、私ははじめて、なるほど木の精霊も「人格化」するのかと、得心がいった次第です。
  と言いますのは最近、私はどうやらこの世界に存在する「あらゆるもの(森羅万象)」は、勝手に独立して「人格化」するようになっているのだろうと考えていたからです。
  この森羅万象というのは、心の世界・精神の世界をも含みます。それにより、幽霊、亡霊、怨霊、悪霊、神(目的神=創造神、美の女神、愛の女神等)、悪魔、妖精、妖怪、精霊(木、水、森、山、湖等)といった諸々のものが、この現実の世界に現れるのだと考えたのです。
  このように考えると、そんなものは無い、あんなものがあるはずが無いという一部の科学者とは、まったく逆の結論が導き出されるのです。つまり、あれもあれば、これもある、そんなことも起きて当然だということになるのです。要するに、幽霊さんも、妖怪クンも、妖精さんも、神様たちもいるのが当然だということです。

  今回の宜保さんの解説は、そのことを裏付けるものとなったので、やっぱり分かる人には、この世界の真相が分かるのだと感じ入った次第です。


   【 心霊・怪異現象が発生する要因及び理由 】

  まず最初に、下のような表を紹介しておきます。これは様々な霊や妖怪、妖精、神(目的神)といったものが出現する由来と、そもそもの原因を表にしてまとめたものです。まだ未完成ですが、これ以上時間をかけても完成することはないでしょうから、この際、恥を忍んで紹介しておきます。


    《 類 別 》         《 内 容 》        《 現 象 》

   (この部分が勝手に独立して「人格化」すると考えてください。)
                    ↓   ↓
                    ↓   ↓  (その結果出現するものが、これです)
                    ↓   ↓        |    |    |    |
  人の心(精神世界)⇒ うらみ。つらみ。そねみ。ねたみ等の悪しき感情。哀しみ。苦しみ、等の心的苦痛。さらには「喜、怒、哀、楽」。心配。不安、等々の感情。総称して、人の“思念・想い”。
                                 ↓   ↓    |    |
                〔死者の場合〕 → 怨霊。亡霊。悪霊。
                〔生者の場合〕 → 生霊
                                ↓   ↓   ↓   ↓
  自然界(妖)⇒ 花。水。森。光。雪。火。→ 花の妖精。水の妖精。森の妖精。光の妖精、等々。

  自然界(物)⇒ 山。川。海。森。 → 山の神。川の神。海の神。森の神。

  自然界(聖)⇒ 火。土。風。雷。 → 火の神。土の神。風神。雷神。

  人工物(物)⇒ 家。井戸。便所。かまど。→ 屋敷神。井戸の神。便所の神。かまどの神。

  自然界(怪異)⇒ 水(川・湖・海)。土。森・林。 → 河童。海坊主。竜。その他の妖怪変化。

  動物(生物)⇒ キツネ。へび。イヌ。ネコ。→ 稲荷。蛇。その他の動物霊。

  神聖(神秘)⇒ 愛。真。善。美。自由。勝利。創造・破壊。種の進化・保存。他に「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」など →  愛の女神。真理の女神。善の女神。美の女神。自由の女神。勝利の女神。創造と破壊を司る神。種の保存と進化を司る神、等々。

  神聖(神秘)⇒ 人の誕生・死 → 誕生神(こうのとり?)。死神。

  神秘(金運)⇒ 運・不運 → 幸運の女神(福の神)。不運の神(貧乏神)

  神秘(恋)⇒ 恋・愛 → 恋のキューピット。失恋(恋破)の天使。

  神秘 ⇒ 善・悪 → 善神。悪魔。 ≠ 〔閻魔大王(善悪の裁き)〕

  神秘 ⇒ 人の安全・保護・守護 → 守護霊。守護神。

   ( ―― 以 下 省 略 ―― )


  ( ここには知識の乏しい私でも知っているような、ごく一般的なものを書き出しました。おそらく脱漏も多いことでしょう。そして、この表に基づけば、さらに様々なものが出現してもおかしくありません。たぶん「見える人」たちは、これ以外にも、いろいろなものを見ていることでしょう。)

   ○○ * * ○○


  これまでずーっと私の頭を悩まして来たのもが、「生霊(いきりょう)」と言われるものでした。これは『源氏物語』にも登場しているように、かなり昔から知られている現象です。夕顔は光源氏と関わったお陰で、六条御憩所の生霊に取り憑かれて死んでしまいます。
  これは死者の霊ではなく、この現実の世界に生存する人から分離した霊が、他の人に取り憑くという現象です。どうしてそんなことが起こるのだろうかと、不思議に思っていました。そして、それを解決してくれたのが、次のような考え方です。

  『 この世界に存在するあらゆるもの(森羅万象)は、それぞれ勝手に独立して「人格化」する。この世界はもともと、そのように出来あがっているのである。従って“幽霊、妖怪、妖精、・・・・等々”といったものは、いるのが当然なのだ。』
  (勝手にと言う言葉を使ったのは、その法則性が分からないからです。如何せんあちら側の世界で機能している法則だからです。)


  つまり、心の世界・精神の世界をも含むあらゆるもの(森羅万象)が、それぞれ勝手に独立して、人格化することによって「心霊現象」が発生するのであり、自然界に存在するものから発生するのが「妖精・妖怪」といった怪異現象であるということです。また神聖なものからは、様々な「神々」が出現するのです。
  ただし正確には、出現するのではなく「同時に存在する」と言うのが正しいことになります。つまり万物(森羅万象)は、他の次元に存在するものと複合的に共存しているということです。

  仏教には、『悉有仏性』という言葉があります。おそらく、これから来ているものと思われますが、昔から「万物に魂が宿る」とか、「万物が仏(神)の化身である」と言われて来ました。ここに、この世界の真理が語られています。つまり物は、物であって、単なる物では無いということです。
  現代科学で用いられている言葉で説明すると、この世界に存在するあらゆる物や、現象や、事象は、他の次元と密接に結びついており、互いに共鳴し合いながら、同時に存在しているということです。
  そして、そうした様々な“魂“や“化身”を生み出す元になるものが、この現実の世界で「人格化」するのです。場合によっては、それが実体化(物質化)するのです。それが霊と呼ばれ、妖怪、妖精と呼ばれ、或いは、神(目的神)と呼ばれるものなのです。

  また仏教には「一即一切・一切即一」「一入一切・一切入一」という言葉で表わされる概念があります。これについては、次のような例えが分かり易いかも知れません。一粒の種でも、それが芽を出して成長すると、巨木になります。小さな種の中に、巨大な成木としての全体性が含まれているのです。同様のことは受精卵と、人との関係でも言えます。一つの受精卵の中に、成人としての全体性が含まれているのです。
  木にしても人にしても、成長するには時間的な拘束を受けますが、もともと時間の無い世界にあるものは、そうした制約を受けません。従って全体の一部としての“化身”は、常に全体性を保持しています。より具体的には、人の心の一部は、いつでも人を創り出せるということです。
  従って、一部の仏教関係者が言うように、霊に関する問いに対して釈迦が答えなかったから、霊は存在しないというのではなくて、すでに他の言い方で説明をしているから、改めて答える必要性が無かったと考えるべきでしょう。要するに、お前さん自身が霊であるのに、なぜそれに気がつかないのかということです。

  もう一度繰り返しておくと、物は単なる物でしかないわけですが、次元を超えた他の領域とつながっていることにより、それは単なる物ではなくなるのです。木にしても、水にしても、花にしても、単なる分子・原子の集合体として存在するのではなく、神の化身(=精霊)としての側面を持っているのです。感情、想いといったものもまた、人の心の一部であると同時に、神の化身(=霊)としての側面を持っているのです。ここに怨霊、悪霊と言われるものの、拠って来たる発生原因があります。それ等が出現する原理が、ここに隠されているわけです。

  そうした他の次元とのつながりを成り立たせるものとしては、以前に紹介した「万有引力」というものが考えられます。これが三次元の物理法則に縛られない存在であることは、すでに説明した通りです。
  このような基準に従うと、様々な不可解な現象の説明が容易につけられます。それを一覧表にしたものが、上に紹介した表なのです。


 *** ○○ - ○○ ***


  例の岐阜県・富加町で起きたポルターガイスト現象以来、各メディアが積極的に心霊現象を取り扱うようになりました。それにより陰陽師といわれる人たちの存在が知られるようになりました。今では単に霊能者というよりは、陰陽師と言ったほうが通りがよいくらいです。
  しばらく前になりますが、悪霊に取り憑かれている人たちを、その陰陽師が救うという番組がありました。例の石田ちゃんこと石田千尋氏が活躍する番組でした。それは霊に憑依されているという数人の女性を、何人かまとめて除霊するというものでした。
  ところがその過程で、人によっては一つの霊だけでなく、様々な霊たちが次から次へと出てきました。キツネ。へび。死霊(自縛霊)。先祖の霊。さらには生霊から、井戸の神様までが登場したのです。これを一体、どう理解したらよいのかと困惑したものです。

  死者の霊がとり憑くというのは、なんとなく分かるような気がします。死の間際の強い思念が、いつまでも消えずに残っていると考えればよいからです。またヘビや、キツネというものも、それなりに理解できます。これ等は昔から、化けると言われて来たものです。地方によっては神社に、神として祀られています。お稲荷さん(稲荷神社)は、あちこちに在りますし、白蛇をご神体とする神社もあります。ですから、それほど驚く必要はありません。
  しかし、どう考えても分からないのが、「生霊」というやつでした。それと今回、新たに登場した「井戸の神様」です。

  ある女性には、以前に不倫をしていた男性の本妻の霊が憑いていました。しかしその本妻とは、すでに双方で和解しており、決着がついていると言うのです。それにも関わらず、その本妻の霊が、生霊としてその女性に取り憑いていたのです。
  井戸の神様というのは、今では使われなくなってしまった古い井戸が、粗末に扱われているために、一家に祟っているというものでした。実際に後日、その家まで行ってみると、古い井戸が半分ほど覆い隠された状態で家が拡張されており、その井戸は古い木材で塞がれていました。その状況は陰陽師がスタジオでのお払いのときに言っていた説明と、完全に一致していました。

  しかし、井戸の神様が祟るというのはこの時、はじめて知りました。昔から、かまどの神様や、台所の神様、便所の神様というものがあると言われて来ましたから、井戸の神様にもとくに違和感はありませんでした。しかし、罰が当たるというのならまだしも、仮にも神と名のつくものが祟ったりするのだろうかと、不思議な気がしました。何かの間違いではないかと思ったくらいです。

  しかしそれにしても、一体ぜんたいこやつらは、何なんだろうかと考えてしまいました。それまで霊というのは、かつて生命を持っていたものが、死の間際に残した「想い・思念」が人格化するのだろうくらいに考えていたのですが、これ等はそれだけでは定義付けができないからです。
  しかも、さらに奇々怪々なのは、その取り憑いたヤツラが人間である陰陽師と、対等に話をすることでした。完全に対等ではないにしても、話が出きるのです。たいていは叫んだり、泣き喚いたりして、除霊をしようとする陰陽師を追い払おうとします。中には、脅し文句を並べ立てたりします。しかし最終的には、「神上がり」と称する儀式を行うことによって、彼等はいなくなります。彼等が取り憑いていた本人も、そのことが実感として感じ取れるようです。いなくなると同じに、気分的にもすっきりするようです。どうしてこんなことが起きるのでしょうか。

  もう一つ、奇妙に思ったのは、自分が死んでいることを知らない霊がいるということでした。死者の霊であれば、知っていて当たり前だと思うのですが、お前は、すでに死んでいるのだと言われなければ気がつかないというのは、一体どういうことなのだろうと思ったものです。

  これ以外にも、不可解な話はけっこうあります。
  タレントの釈由美子さんは、妙な“妖精?”に出会ったということでした。なんでもタンスの引出しを開けて、彼女の下着を物色している頭のハゲた妖精と、目が合ったということでした。しかもジャージーを着ていたそうです。互いに、あっと言って、固まってしまったということでした。次の瞬間には、消えていたそうです。また風呂場では、両腕を組んで、ドンマイ、ドンマイと言って励ましてくれる小さな大仏様のような妖精とも出会ったそうです。その妖精はちょうど流した水で、あーっと言いながらバンザイ状態で、配水管の中へ流されて行ったそうです。

  さらに女優の岩崎ひろみさんは、外国の川で、妙な妖怪を見たと言っていました。ボートで川を下っていたときに、後ろを見ると、得体の知れないものが、ボートの縁に手をかけて登って来ようとしていたというのです。日本へ帰って来てから、ゲゲゲのきたろうの作者である水木しげるさんの『世界の妖怪事典』で調べると、その怪物の絵と名前が載っていたそうです。

  こうした様々な疑問を解決してくれるのが、上に紹介した考え方です。あらゆるもの(森羅万象)が、勝手に「人格化」するというものです。
  霊が陰陽師と話が出来るのは、彼等が、人格化しているからです。また自分が死んだことを知らないのは、死ぬ前に分離した霊だからです。本人とはまったく別に、勝手に出現するのです。井戸の神様が取り憑いたのも、同様です。井戸という人工物が、勝手に人格化したからです。そして一定の目的を持って創られたものが、用が無くなったからといって蔑ろに扱われたために、怒っていたのです。

  これまでにも怨霊、悪霊といったものは人の心が生み出すという考え方はありましたが、それだけでは説得力がありません。根本的な部分の説明がなされていないからです。つまり正確には、霊は人の心だけでなく、万物(森羅万象)から生み出されるというべきだったのです。あらゆるもの(森羅万象)が、人格化する要素をもっているのです。こころの世界、精神の世界は、その一部分に過ぎないということです。これが『悉有仏性』の本来の意味です。縮小解釈ではなく、拡大解釈する必要があったのです。


   【 霊が見える人と、見えない人がいるのはなぜか 】

  人がものを見る場合に、物理的には目で見ていますが、実際には脳で見ています。脳で加工されたものを、映像として認識しているのです。(錯視・立体映像などは、脳が勝手に創り出す現象です) しかもその加工は、超次元的に行われます。つまり我々の脳というのは、次元の壁を超えて機能する装置であるということです。
  これは人の記憶が、どこにあるのかを考えれば、よりはっきりとします。前に『人の「記憶」はどこにあるのか』で説明したように、死者の脳細胞を電子顕微鏡でのぞいても、その人の過去の出来事を知ることは出来ません。人の記憶は、脳内に何らかの科学物質の堆積物として残されているのではなく、次元を超えた別の領域に存在するからです。脳というのは、その領域とコンタクトするための装置なのです。従ってその人が死んでも、記憶そのものは残っています。もしその領域とコンタクトする装置(別の脳)さえあれば、その人の過去の記憶を引き出すことが可能です。

  時として、前生の記憶を持っているという人が現われますが、これはその領域とコンタクトすることができる脳を持っているために起きる現象です。チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(転生霊童=生まれ変わり)の選考は、その子が持っている過去世の記憶を確認することによって行われるということです。また透視という現象も、その人の記憶とコンタクトすることによって引き起こされます。特定の物や場所から、被害者の過去の記憶を辿ることによって、未解決の事件が解決することがあるのは、そのためです。催眠法の一つである退行催眠を使うと、前生の記憶を引き出すことが出きるのも、また同様です。

  要するに、こうしたことから言えるのは、脳の中にあるニューロン、シナプスというのは、次元の壁を超える機能を有しているということです。従って、もともと三次元世界の住人たちではない霊の姿が見えるのは、次元の壁を超えてものを見ていることになります。つまり「霊感」が強い人というのは、脳の中で次元の壁を超えるための物質が、多く分泌される状態になっているということです。精神分裂病の人たちも幻覚を見ますから、もしかするとそれはドーパミンに構造が類似する物質かもしれません。

  ただし、通常は見えない人でも、見えるようになる可能性があります。次のような事例があるからです。
  立花隆氏の『臨死体験』の中には、水晶玉を使うと通常では見えないものが、五十パーセントの人たちに見えるようになるという実験結果が紹介されています。
  水晶の不思議な力に関しては通常、波動とか、共鳴という言葉が使われますが、これはおそらく脳内の何らかの物質が水晶と共鳴して、次元を超えた領域と交信する能力が高まるためではないかと考えられます。

  すでに『水晶の不思議な“ちから”』で紹介したものですが、そこまで見に行くのが面倒だという方のために、その部分をもう一度引用させていただきます。ウェスト・バージニア・カレッジの心理学教授、ムーディ博士の実験結果を紹介したものです。


  「 ムーディが取り組んだのは、ジプシーの占い師がよくやる水晶玉占いである。占い師は、水晶玉をじっと注視しているうちに、未来が水晶玉の中に見えてきたといって、その内容告げる。一般にこれはただのイカサマだと考えられている。
ジプシーは実は、水晶玉の中に何も見えていないのに、何か見えているふりをするのだと考えられている。
  しかし、実はそうではないのだとムーディはいう。それが未来を告げるものかどうかはともかく(ムーディは占いは全く信じていない)水晶玉をじっと見つめているうちに、何かそこにイメージが見えてくるという現象は、実はポピュラーに起きる現象なのだという。
   ムーディが相当数の学生やボランティアを被験者に何度も実験を繰り返したところによると、ほぼ二人に一人は何かを見たという。見えるものは人によってさまざまである。何か単純なものを見ることもあれば、登場人物が出現してストーリー性のある話が展開するということもある。
  だから、ジプシー占い師の場合、本当に何かを見ていた例が多いのではないかという。
  実は、水晶玉占いと同じようなことは、 ――  途中・略 ――  
  その目的によく使われたものの一つは鏡である。  ――  略 ――  あるいはボールに汲んだ水がその目的に使われたこともある。チベットの僧侶は湖の澄んだ湖面を使ったし、 ――  略  ――  要するに、眠りと覚醒の中間のトロンとした状態になるのである。そこまでいくと、たいていの人に何かが見えてくるのだという。
  私は、この話を聞いたときは半信半疑だったがこの原稿を書くために、試しに担当編集者に水晶玉を買ってきてもらって実験をしたところ、確かにみえたのである。私の場合は、何かの生物の受精卵が大きく成長して生きて動いているという状態が見えた。
  担当編集者にも試してもらったら、小さな魚が見えたという。十歳の娘に試させたら、揺れ動く人の腕が見えたという。なるほどムーディのいうとおりである。興味のある方はご自分で試してみられるとよい。  ―― 以下、略 ――  」

   ( 『臨死体験』立花隆著 文芸春秋社刊  第十六章 水晶玉物語 「水晶玉占いの科学」 より )


  上の文中にあるように、立花隆氏自身はもとより、氏の娘さんや、編集担当者までが実際に、何等かの映像(イメージ)を見たのです。またムーディ博士の実験結果では、二人に一人が何かを見ているというのです。それが果たして何んなのかは分からないながらも、通常では起こらないことが実際に起きていわけです。
  従って、少なくとも二人に一人がそうしたものを見るということは、水晶という石が、そもそもそうした能力を持っているからであると考えて差し支えないわけです。原因や理由は別にしても、こうした事実が、確かに存在するということを認識する必要があるわけです。つまり、通常は見えない人でも、工夫次第では見えるようになるかもしれないということです。

  そして、その工夫によって、五十パーセントという数字を、少しでも引き上げることができれば、人々の世界観が一変します。見えない世界が確かに存在することが、多数決で認定されるからです。
  いくら一部の科学者や大学教授が、そんなものが見えるはずが無いと言ったところで、数の多いほうが有利です。これまでとは逆に、見えない人の方が頭がヘンだということになります。そうなると実際は見えない人までが、見えると言い出すことでしょう。これも数の“力”です。一般常識というやつが、見えるほうに味方するのです。
  大勢が逆転すれば、権威も、肩書きも、何の役にも立ちません。そして、常識が無いのは、一部の科学者や大学教授のほうであるということになります。そうした常識のない人たちは、社会的にも受け入れられなくなるでしょう。

  その段階に至ったときに、ようやく私は真理を探求する科学者であると名乗ってきた人たちが、いかに科学の進歩を阻害してきたかが明白になるのです。本来であれば、こうしたことも科学の領域に属するものだからです。
  ただし、現代科学が到底触れることの出来ない超次元の科学です。従って、言葉をかえれば、遠い未来の科学であるということです。


   2002.  11. 13.     店主記す






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒