( 二 )死者の霊は自分の死の状況を“再現・復元”する
 ――――――――――――――――――――――――


  どうやら死者たちの霊は、自分自身が死んだ時の状況を、物理的に“再現・復元”する “力” を持っているようです。通常は、霊に「 引きこまれる 」という言い方がされますが、死者の霊によって、何の関係も無い第三者が、その人が死んだ時と同じような死に方をするという現象が起きています。

  ただし多くの場合、その因果関係が立証できないために、たいていは有耶無耶になってしまって、いずれは忘れ去られるという経過を辿ります。それにより正確な事実関係が、ほとんど把握されないのです。原因としては、科学的常識という厄介な代物が存在するためです。科学的に考えて、そうしたことは起きるはずが無いという、一部の科学者が言うような狭矮な常識です。そうした科学的常識と言われるものが、間違った認識であることは、前の章で申し述べた通りです。

  ここではたとえ明確な因果関係は立証できないまでも、幾つかの事例を分析することにより、正当な考え方を導き出したいと考えます。つまり、そんなことがあるはずが無いという狭矮な科学的常識ではなく、実際に起きている事実から、新たな法則性を導き出すという試みです。

  本来であればたくさんの事例が必要になるのですが、残念ながらまだそれほど多くの事例を収集するに至っておりません。しかしサンプル数は少ないながらも、一定の方向性を導き出すことは可能です。それにより、これまでとはまったく異なった認識に辿り着きます。
  以下に、そうした幾つかの実例を紹介しながら、内容を具体的に説明して行くことにします。


    *** ○ -- ○ ***


  【 魔の交叉点 】

  よく知られているものとして、「魔の交叉点」「死の丁字路」というものがあります。他の場所と比べて、なぜか交通事故が多発する場所のことです。調査をして原因を調べても、理由は分かりません。決して見通しが悪いわけでもなく、信号機が見難いわけでもなく、他と比べても特に変わったところが無いのに、なぜかその場所で、死亡事故が多発するのです。
  時には、人が立っているのを見たといった報告例などもありますが、そもそも霊というものが否定されている現代社会では、真面目に取り上げられることはありません。せいぜいが目の錯覚か、一時的な幻覚として取り扱われます。そうなることが分かっているために事故の関係者も、初めからそうした証言はしないのが普通です。あの人は頭がヘンだと思われるのは、いやだからです。しかしよくよく調べてみれば、最初の死亡事故が起きてから以後、その場所で、立て続けに事故が発生するようになったという事例が多いことも、また事実なのです。

  そうした事例の一つが、『水晶にまつわる「不思議な話」』の中で、『水晶のブレスレットが防いだ衝突事故』と題して紹介した一文の中に含まれている出来事です。もう一度、下に、その部分を抜き出して紹介しておきます。

   ↓   ↓   ↓


  1998年7月4日。
  ○ まず向かったのは、ひたちなか市の多良崎城に続く山道。
    ここはバイク事故が、立て続けにおこる場所であるという。

  十数年前、カーブがある場所で、男女二人乗りのバイクが事故を起こし、男性は一命を取り留めたが、女性は即死した。顔面にひどい傷を負っていた。その直後から、女の霊が現れるようになった。

  そして、まるで呼び寄せられるように、バイク事故が、立て続けに起こるようになったという。現在は、ここへのバイクでの立ち入りは、禁止されている。

  一行の車がその心霊スポットに近づいた時、突然、カーステレオのテープが切れた。しかも取りだしたカセットの表面は、大きなヒビが入って割れていた。(実物の写真が映し出された。人の顔面と共通する部分が割れていたのが不思議です。)

  ○ 同行した大学生レポーター、奥山○子さん(19歳)の証言
    『 ・・ なんかそういう、、目に見えることが起きるとは思わなかったので、・・驚きました。』

  ↑   ↑   ↑ 


  この場所では、最初の死亡事故の後、バイクの事故が頻発するようになりました。そして、最初に亡くなったその女性は、顔面にひどい傷を受けていました。
  今回、一行の車が、その心霊スポットに近づいた時、突然、カセットテープのフェイス部分が割れました。人の顔とカセットテープのフェイス部分は、意味的につながりがあるだけで、両者の間には、何の因果関係もありません。

  従って、これも一部の科学者のように、単なる偶然として片付けてしまえば、ここから先へは一歩も進みません。そして、この場所で事故が多発する原因も、いつまでたっても解明されません。もし、このままバイクの走行が解除されれば、引き続き事故が起きることでしょう。
  そして興味本位で、わざわざこの場所へ出かけて行く若者たちが犠牲になるのです。前途ある若者の未来は、一瞬にして閉ざされます。家族の嘆きと哀しみは、どこにもぶつけることが出来ません。また保障も受けられません。こうした事故はたいてい、自分の不注意で起こした「自損事故」として片付けられるからです。


  ただし、この件に関しては、次のように考えることが可能です。
  最初に亡くなったその女性は、顔面にひどい傷を受けていました。即死であったことから、顔面骨折をしていた可能性があります。おそらく脳が完全に破壊されたと考えてよいでしょう。
  女の霊が目撃されるようになったのが、それ以後であることを考え合わせれば、事故で亡くなったその女性の霊が出現するようになったと考えるのが合理的です。

  従って、補足でも触れたように、カセットテープのフェイス部分が割れたのは、その女性が死んだ時と同じ状態が創り出されたためであると考えることが出来ます。つまり死者の霊が、自分自身が死んだ時と同じ状況を、通り掛かりの第三者に対して、物理的に“再現・復元”したのです。
  この場合は、たまたまカセットテープが割れただけで済みましたが、もし走行中のバイクの運転者のヘルメットに同様のことが起きれば、確実に事故が発生します。バイクのスピードによっては、死亡事故になります。

  要するに、このことは見方を変えれば、死者の霊には、そうした状況を創り出す“力”があるということです。しかもそれは、カセットテープの硬いプラスチックを打ち砕くだけの「物理的な力」として働くのです。それが霊の意志であり、そうした“意味・内容”を実現するための“力”が創り出されるのです。
  つまり普通の人には霊というものは見えない存在ですが、その見ることも触ることも出来ない存在が、我々が棲むこの三次元世界で、強力な物理的“力”を発生させるのです。この段階に至ったときに、ようやく我々は目で見て確認することができるのです。そして、その驚愕の事実に、始めて震撼するのです。このことを認識する必要があるわけです。

  さらにもう一歩踏み込んでおくと、異次元の世界に棲むものたちはすべて我々がいるこの三次元世界で、様々な物理的現象を発生させることが出きるということです。従って、岐阜県・富加町の町営住宅で起きたポルターガイスト現象を始めとする様々な奇怪な現象は、まさしく悪霊・怨霊たちによって、或いは、妖精・妖怪たちによって、さらには種々の神々によって引き起こされる物理的現象であるということです。
  こちら側の世界にいる我々には、なかなか次元の壁を破ることは出来ないものの、あちら側からは簡単に壁を超えることが出きるのです。それは彼等が、物質的な存在ではないからです。
  そして彼等が「人格化」している以上は、彼等の感情を逆撫でするようなことをすれば、それなりの反撃があるのは、まさしく道理というものです。従って、そうした場所に興味本位で入り込んだり、よりにも拠って「キモ試し」などをするのは、自殺行為です。他人の家の中に、土足で踏み込むのと同じことだからです。自分からわざわざ死にに行くようなものです。

  これまではそうしたことを、助長する風潮があったことも事実です。明治期に行われた廃仏棄釈が、その発端でした。進んだ西洋文明を取り入れるに当たって、古来の風習・習俗を否定したのです。目で見える現象の解明だけが科学であると、誤解したのです。そして、目に見えないものは、すべて迷信にされたのです。
  それによって、数々の悲劇が引き起こされました。おそらく「キモ試し」だけでも、かなりの人たちの命が失われたことでしょう。それも前途のある、元気な若者たちの命が失われたのです。
  しかも今現在も一部の科学者たちによって、そうした弊害が改められずにいるのです。少々無鉄砲で無分別ではあるものの、度胸と勇気と行動力のある若者たちの命が、危険に曝されているのです。すべては狭矮な科学的常識とやらがもたらす悲劇です。そして、これは今後も、なお繰り返される悲劇なのです。

   ***   ○ --- ○   ***


  【 自殺の名所 】

  俗に「自殺の名所」と呼ばれる場所があります。不思議なことに、自殺をするのにも、決まった場所があるようです。何もわざわざそこまで行かなくてもよさそうなものなのですが、なぜか死を覚悟した人たちは、そうした場所に引き寄せられるようです。
  切り立った断崖の上から、年に何人もの人たちが海に飛びこむために、中には自殺を思いとどまるようにと、立て札が立てられている所もあるほどです。
  またJ・Rの中央線では、電車への飛びこみ自殺が、後を絶ちません。電車はどこでも走っているのに、なぜか中央線に集中するのです。そのことは統計資料によって、明確に裏付けられています。 富士の樹海も同様です。青木:ヶ原樹海は、溶岩に含まれる鉄分が磁石を狂わせるために、方位磁石が使えません。そのために一度迷い込んだら、二度と戻れないとも言われています。かなり危険な場所として知られています。ところが多くの人が、わざわざ遠方から死ぬために、ここにやって来るのです。

  よく「死者の霊が招く」と言われますが、そうしたこともあり得ると考えるべきでしょう。もちろんこれも科学的に、因果関係が説明できる種類のものではありません。やはりあちら側の世界で機能する、何らかの“力”によって操作されているものです。つまり死ぬ人たちは、自らの意志で死に場所を選んでいるのではなく、選ばされているのです。その場所に引き寄せられている、と言ったほうが分かり易いでしょう。
  ( ここにも実は、万有引力という見えない“力”が関与しているものと考えられます。言うなれば「死のシンクロニシティ」です。この件に関しては、いずれ章を改めて触れることにします。)

  そうした場所では、たくさんの心霊写真が撮られています。またテレビ局で使われている暗視カメラの映像には、小さな発光体が映ります。オーブと呼ばれるものです。ですから当然のことながら、その場所が自殺の名所であることと、有名な心霊スポットになっていることは、密接な関連性があると考えるべきです。
  つまり、浮かばれない死者たちの霊が、様々な心霊現象を引き起こし、さらには目で見える形での物理現象をも引き起こしていると考えるのが合理的であるということです。


  さて、そうした場所に関係した事例が、次に紹介する内容です。下に紹介するのは、2002年8月1日に、例のテレビ番組『アンビリバボー』(フジテレビ)で放送されたものです。


   ↓   ↓   ↓


  福井県 東尋坊
   ( ここはかつて、東尋坊というお坊さんが、仲間の僧たちによって海に投げ捨てられたことに由来して、この名が付けられたということです。)

  この地の輝石安山岩からなる巨大な柱状節理の景観は、国の天然記念物に指定されている。しかし、ここにはもう一つの側面として、自殺の名所という悲しい現実がある。
  毎年、三十人以上の遺体が、この近くの海域で引き上げられる。

  またこの場所では、不可解な心霊写真も多く撮られている。従って、心霊スポットとしても知られている。

  その東尋坊から、約一キロほど離れた海上に、無人島がある。
  福井県 三国町 雄島(おしま)。
  この島は別名、「水死体があがる島」と言われている。
  東尋坊から身を投げた人の水死体が、海流に乗り、この雄島の岩場に流れ着く。

   ( 地元の人たちの証言でも、ここに水死体が流れ着くのは、珍しいことではないという。インタビューを受けた人も、実際に、死体を引っ張り上げたことがあるという。)

  周囲、二キロ余りの無人島には、約二百メートルほどの橋が架けられており、本島と繋がっている。
  またここは、様々な怪奇現象が起こる場所としても知られている。


  かつて、三人の地元の若者が、霊が必ず現れるという深夜に、興味本位から探索のために、その橋を渡った。

  ここには古くから、幾つかの言い伝えがあった。その一つが、
    『 島を一周する道を、逆にまわってはいけない。雄島は、死後の世界につながっており、もし逆回りをすると、死の世界に導かれる』 というもの。

  三人の若者は、その言い伝えに逆らい、順路ではなく、反時計回りに歩いて行った。そして、島を一周して、入り口にある神社に辿り着いた。結局そこでは、彼等は異常現象に遭遇することは無かった。
  三人の若者たちは、何事もなく帰路についた。しかし、異変は、雄島橋を渡っている時に起きた。

  突然、一人の若者が、橋の上で立ち止まった。
  その若者は、何者かに足を掴まれて、動けなくなっていた。

  ( この場面の再現映像では最初、橋桁の下から伸びた手で若者の足首が掴まれており、徐々に水に濡れた長い髪の女の顔がせり上がって来た。つまり死者の霊が、若者の足首を掴んでいたために、動けなくなったのである。 ややおどろおどろしい造りになっていました。 これがどの程度の事実に基づくかは不明ながらも、この後に登場した“見える人”の意見などを参考にして創られたものと思われます。その女性は自分自身で、実際に、その状態を体験していたからです。 以前、何人かで探索に出かけた際に、怖くなって橋の途中から引き返そうとした時、やはり霊に足首を掴まれて橋の上で倒れ、あやうく海中に引きずり込まれそうになったのです。その逸話も、この後、再現映像で紹介されました。)

  残る二人は、悲鳴を上げながら、一斉に逃げ出した。
  翌日、置き去りにされた若者は、水死体となって発見された。

  その数日後、逃げた二人のうちの一人は、事故で死亡。
  残ったもう一人の消息は、不明である。


   ( この後に、アンビリバボーの取材班が深夜の雄島を歩くことになるのですが、以下は、省略します。地元の人たちからの強い忠告で、逆廻りに歩くのをやめた経緯などが放送されました。)

 ↑  ↑  ↑  ↑ 


  この事例も、やはり死者の霊が、自分自身が死んだ時の状況を、第三者に対して物理的に“再現・復元”したと考えるのが合理的です。なぜなら水死体で見つかったその若者は、前夜、橋の上にいたのです。もしそのまま橋の上で、凍死や、心臓麻痺で死んでいたのであれば、霊との関係は考える必要がありません。しかし注目すべきは、その若者が、水死体で見つかったということです。
  最終的に水死体になるには、まず海中に転落する必要があります。しかも泳ごうとしても、泳げないような状況が創られる必要があります。要するに、地元のかなり泳ぎが達者な人でも、絶対に助からない状況です。

  ですから考え方としては、若者の足首を掴んだのは当然のことながら東尋坊から身投げした水死者の霊であり、その霊によって若者も、同様の死に方をさせられたということです。この場合は、文字通り霊によって、海中に、物理的に「引き込まれた」ということになります。
  具体的にその順序を辿ってみると、次のようになります。
  まず、橋の上で、その若者の足首を固定して、動けなくなる“力”が働いたのです。 = その“力”が、人の手の形になって現われたわけです。
  次に、その“力”は、若者を水中に転落させる“力”となって働いたのです。 = その“力”が人格化して、水に濡れた女の上半身となって現れたのです。
  さらに、水中に落ちた若者に対して、動きを封じるための“力”が働いたのです。 = これは想像になりますが、おそらく霊感の強い“見える人”が見れば、人格化した女の霊が、その若者に抱き着いている様子が見えたことでしょう。
  つまり、その若者を水中に引きこみ、さらに水死させる方向での連続的な“力”が働いたのです。なぜなら、それが水死した霊たちの意志だったからです。自分たちが、そうした死に方をしたからです。その状況が、若者に対して、物理的に“再現・復元”されたのです。

  もちろん、この場を逃げた二人にも、やはり同様の見えない“力”が働いたものと考えられます。
   そのうちの一人は、事故で死亡したということで、詳しい死因は不明ながらも、その人が持って生まれた運命が、大幅に変えられる事態が発生したと考えてよいでしょう。つまり人の運命を司る部分に、その見えない“力”が関与したのです。従って、その死亡事故は、まさしく起こるべくして起きたことになります。逃れられない死を、その若者は、自ら招いてしまったのです。

  残るもう一人は、消息が不明とのことでしたが、こちらにも同様の考え方が成り立ちます。つまり、その若者は、遺体さえ見つからない死に方をしている可能性が高いということです。
  ここでは年間、三十人もの遺体が発見されるということですが、東尋坊から飛びこんだ人のすべてが、水死体となって引き上げられるわけではありません。水死体となって見つかるほうが珍しいと考えるべきです。潮流によって海岸まで辿り着き、たまたま住民に発見された遺体だけが引き上げられるのです。従って実際には、その数倍の人たちが、ここで自殺を図っていることになります。
  要するに、そのような行方不明状態の死が、その若者に対して、物理的に“再現・復元”されたと考えることが出来わけです。ですから、消息が不明であるというのは、ただ単に、遺体が見つからないということです。やはりこの若者も、逃れられない死を、自ら招いたのです。

  これにより一見、他愛の無い遊びに見える「キモ試し」が、いかに危険な行為であるかが了解していただけると存じます。まさに自殺行為であり、見方を逆にすれば、誘導的な殺人行為でもあるのです。人の命が、実際に失われるからです。直接手を下さないという意味では、完全犯罪です。そうしたことを助長する風潮は、即刻、改める必要があります。

   ***  ○ --- ○  ***


  【 避けられない悲劇 】

  さて、以上により死者の霊は、自分自身が死んだ時の状況を、物理的に“再現・復元”する“力”を持っていると説明したことが、なんとか理解していただけたことと存じます。
  ところで上に紹介した事例は、本人が注意深く慎重に行動して、霊と接触しないように気をつければ、なんとか避けることが出きる種類の厄災です。一つは、地元で霊が出るといううわさのある場所ですから、そこを通らないようにすれば安全です。もう一つも、やはり昔からうわさや言い伝えがある場所ですから、危険な時間帯にわざわざそこへ行かなければ安全です。

  ところが、どんなに注意しても、接触が避けられない場合があります。それは霊に関する情報が、事前に何も無い場合です。一番最初に、その場所に立ち入ってしまった人は、避けようにも避けきれません。或いは、外部の人が、何も知らずにそこに紛れ込んでしまった時にも、やはり避けようがありません。何も気が付かないうちに、事件や、事故に巻きこまれてしまうことでしょう。ようやく気がついた時には、すでに遅いことになります。
  従って、前もって、何らかの防衛手段を講じておく必要があります。効力が強い神社のお札や、お守りが入手できれば、そうしたものを身に付けるのも好いでしょう。また、水晶がお守りになるのであれば、それを身に付けておくのも好いでしょう。 (こうして、さりげなく水晶の宣伝をするボク。けっこう商売が上手でしょ。σ(゚.゚)。。)


  しかし、そうした防衛手段にも限界があります。安心なはずの家の中で、しかも対象者が小さな子どもであったら、まず避けようがありません。そして実際に、そうした悲劇も発生しているのです。ですから霊というのは、なかなか厄介な存在なのです。


  次に紹介するのは、『金スマ』(2002年11月15日。TBSテレビ)で放送されたものです。
   この番組の内容は、例の陰陽師の石田ちゃんこと石田千尋氏が、建築技師とタイアップして、風水に基づいた家のリフォームを行うという企画でした。

  ↓   ↓   ↓


  その家では、かつて子どもが浴槽に転落して、水死するといういたましい事故が起きた。
  風呂場の風呂桶の中に、前日の残り湯が、ひざの高さまくらいまで残っていた。そして、水面には、夕べ入ったときに子どもが遊んだおもちゃが浮かんでいた。
  母親が目を離した隙に、当時、二歳の息子が、浴室に入りこんだ。

  息子の姿が見えなくなったことに気付いた母親は、各部屋の中を捜しまわった。浴室に辿り着いたときには、子どもはすでに死んでいた。風呂桶の残り水で、水死したのである。

  母親は、各部屋が細かく区切られていたために、見通しが悪く、そのために気付くのが遅れて死なせてしまったのだという。そこで家を、全面的に模様替えをしたいということであった。


  それに先だって、陰陽師の石田ちゃんが例のごとく、神殿を設えて祈祷を行いました。するとその母親には、やはりいろいろな霊が取り憑いていることが分かりました。
  そして、その中に昔、近くの川で水死した子どもの霊がいました。陰陽師の石田ちゃんが、ここの家の子どもを風呂場で水死させたのは、お前かと問い糺したのに対して、母親は小さくうなずきました。

  つまり、この場合も死者の霊が、その二歳の子どもに対して、自分自身が死んだ時と同じ状態を創り出したのです。一見、風呂場での事故死とされた単純な事件にも、調べてみるとこうした背景が隠されていたのです。

   ↑   ↑   ↑ 


  この事例で分かることは、避けようにも、避けきれない場合があるということです。二歳の子どもの命は、誰も気がつかないうちに、死者の霊の手に握られていたのです。
  そして、こで問題なのは二歳の子どもの死を、事前に予防する方策が無いということです。ほかの家族にしても、まさか子どもに取り憑いている霊の存在は、知りようが無いからです。

  この家では、小さな命が失われたことにより、家のリフォームを計画したことがたまたまテレビ局の番組の企画と合致し、それによって、この家に取り憑いていた霊たちの存在が分かったのです。もし、そのことがもっと早く分かっていれば、二歳の幼児の命は、失われずにすんだことでしょう。

  そもそも霊の存在が否定されている現代社会では、こうしたことに対する予防は、まったく不可能に近い状態です。だいいち霊能者、占い師、陰陽師、風水師といった人たちがペテン師呼ばわりされるようでは、そうした能力がある人たちを捜すのもたいへんです。たいていは大っぴらに看板を架けずに、ひっそりと営業しているからです。
  もし、幸いにして探し出すことが出来たとしても、能力の保証がありません。本人が言う“力”を信じるほかありません。また、場合によっては、とんでもない金額を要求されることもあります。世間相場というものが無いからです。大金を支払った上に、何も解決されなければ、金をドブに捨てるのと同じ事です。

  この家の場合は、たまたま幸運が重なって、陰陽師による祈祷が行われ、また風水に基づいたリフォームが行われました。従って、今後は、霊も寄り付くことは無いでしょう。外見的にも、以前とはまったく異なりました。部屋全体が明るくなって、広々としていました。これならば霊たちも棲み憑かないように思えました。


  つまり、こうしたところにも、一部の科学者が言う科学的常識の弊害が、大きくのしかかっているのです。もし霊の存在が否定されなかったら、霊能者、陰陽師、祈祷師、占い師といった職業も定着していたことでしょう。その中から自然淘汰されて、本当に能力のある人だけが残ります。世間の評判が、その人の能力を評価するからです。従って困っている人は、安心してその人たちに依頼することが出来ます。料金も世間相場というものが確立されれば、法外な金額を要求されることもなくなります。
  家を建てる、家を買うというのは、一生に一度の大事業です。そのような時に、ほんとうに有能な人から、適切なアドバイスが受けられます。従って、この事例の場合も、家を買う時点で、祈祷・除霊をしてもらっておけば、いたずらに幼児の命が失われることは無かったのです。

  イタリアのカトリックの総本山であるバチカンには、公認のエクソシスト(悪魔払い師)が、数百人も登録されているということです。イタリアが文明国であり先進国家であることは、誰もが認めるところです。その国に於いても、必要性があるからこそ、それだけの人数を確保しているのです。因みに、映画の『エクソシスト』は、実話に基づいて創られたものだということです。
  日本でも、同様の制度を取り入れて、犠牲者を減らすための対策が必要かも知れません。それでなくとも小さな子どもたちが犠牲になるのは、胸がいたみます。悲劇の数は、少ないほどよいに決まっています。家族の哀しみも、それだけ少なくなります。

  ただし、そのためにはまず、広く蔓延している科学常識という厄介な代物から退治する必要があります。また、そうした害毒を撒き散らしている、一部のえせ科学者たちも退治しなければなりません。そして心霊現象・超常現象は、現代科学の領域ではないということを、広く世間に認知させる必要があります。しかし現状では、余りにも前途遼遠な課題と言えます。



   2002.  11. 28.        店主記す


  ― 補足 ―
    同じ霊でも、座敷童子(ざしきわらし)の場合は、出会った人に幸運をもたらしてくれるようですから、性質がまったく異なるようです。 一応、彼等の名誉のために、・ ・ ・ ・ ・ 。。






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒