( 四 ) 人体の物質化(死者の再生)
 ―――――――――――――――


  前回の調査によって、「物質化現象」というものが、間違いなく存在することが確認されました。つまり何も無い空間から、突如として物質、物体が出現することがあり得るということです。これは常識的には考えられないことですが、集めた幾つかの事例は何れも、そうした現象が、確かに存在することを示しています。
  従って、我々が知らないまったく別の原理、別の法則によって、そうした物質、物体が生み出されるということです。そして、我々がいるこの世界は、そうしたことが起きて当たり前の世界であるということです。なぜならこの世界は、より高次元の世界に内包されている世界だからです。そこに働いている原理・法則が、この世界にも普遍的に機能しているのです。


   《 「願ったこと(夢)が叶えられる」という基本原理 》

   ここでは引き続き、「物質化現象」についての考察を進めますが、同時に、より高次元の世界に機能している原理・法則についても触れておくことにします。つまり、それはあちら側の世界に働いている原理・法則ですが、我々が居るこの世界にも普遍的に機能している原理・法則です。言い換えれば、十次元・十一次元・二十六次元の世界に働いている“力”のことです。
  そうした基本的原理・法則が働いているために、この世界で、科学的に説明の出来ない現象が起きるのです。時として、不可解な出来事が発生するのです。そうした原因の一つが、「願ったことが叶えられる」という基本原理の存在です。別名「願望実現の原理・法則」です。ここでは以下に紹介する事例に即して、簡単に触れておくことにします。



  【 イエス・キリストが起こした奇蹟 】

  イエス・キリストという人は、釈迦と並ぶ一大教祖の一人です。そして生前、数多くの奇蹟を起こしたことが伝えられています。ただし、余りにも古い時代の人であり、またこの人を取り巻いていた宗教関係者たちによって、事実関係が、歪められて伝えられた可能性が否定できません。そうした事情から、この人が起こした奇蹟については、やや懐疑的にならざるを得ませんでした。
  しかし、前回紹介した事例と比較すると、伝えられている内容を否定する根拠が無くなります。それどころか、それ等の事例の延長線上の出来事と考えると、現実の出来事として受け入れることが出来ます。つまり、「福音書」という伝記の中に記されている出来事は、いずれも確かな事実に基づくものであろうということです。
  その中から、幾つかの事例を抜き出すと、次のようなものがあります。


  〔 水がぶどう酒に変わった奇蹟 〕

  イエスと弟子たちは、ある時、ガリラヤのカナという町で行われた結婚式に招かれました。ここには、イエスの母親も来ていました。ところがその宴の途中で、用意してあったぶどう酒が切れてしまった。母が、その窮状を、イエスに伝えた。イエスはこの家の者に、大きな石の水ガメに水を満たすように言った。水がいっぱいになると、イエスはその水を、宴会の会場へ持って行かせた。
  客にふるまうぶどう酒が無くなって困っていた世話人が、その水を飲んでみると、上等のぶどう酒であったので驚いた。 (ヨハネ 二・1―10)


  〔 パンを増やした奇蹟 〕

   ある時、遅い時間にも関わらず、イエスたち一行がいることを聞きつけた群集が、教えを請いに集まって来た。イエスが病気の人を治してやったりしたことから、さらに時間が経過した。やがて日が暮れてきて、人々は空腹になった。しかし近くには、食料が調達できる場所は無かった。手許にあるのは、五つのパンと、二匹の魚だけであった。
  イエスはパンと魚を手にとると、次々に裂いて、それを弟子たちに手渡した。弟子たちは、それを群集に分け与えた。そして、その場にいた全員が、空腹を満たした。そこには女と子どもを除いても、五千人の男たちがいた。しかも食べ残したパンくずだけで、十二の籠がいっぱいになった。 (マタイ 十四・13―21 マルコ 六・32―44 ルカ 九・10―17)

   ( 食料のパンが増えたという出来事は、旧約聖書にも記されています。モーゼが神に助けを求めると、水が湧いたり、粉状のパンが空から降ったりしました。預言者・エリシャもまた、パンを増やして人々に分け与えました。)



  これ等は、前回紹介した事例と比較しても、それほど突飛なことではありません。すでに存在する物の性質を変えたり、同じ物の量を増やすのは、無から有を出現させるよりは容易であろうと考えられるからです。また過去に前例がある以上は、それと同じ現象が起きても、仰天するほどの驚きではなくなります。また起きたのか、といった感覚で受け止めることが可能です。
  しかし、次に紹介する事例は、そう簡単には了解することができません。


   ↓   ↓   ↓ 


  〔 生き返った死者たち 〕

  ○ ヤイロの娘
   ガリラヤ湖の近くで説法中のイエスの許へ、ヤイロという者が遣って来た。自分の娘が今、死に掛けているので、救けて欲しいということであった。その家に行く途中でイエスは、婦人病(長血)の女を癒してやった。そのために余分な時間が掛ってしまった。そこへ娘がすでに亡くなったという知らせが届いた。
  それでもイエスは、娘の許へ赴いた。人々が泣き喚いて取り乱していた。イエスは、この子は死んだのではなく、眠っているだけだと言った。そして子どもの手を取ると、「娘よ。起きなさい」と言った。すると、その少女は、すぐに起きあがって歩き始めた。 (マルコ 五・21―43)


  ○ 復活した死者ラザロ
   ベタニヤ村のラザロが重病になったという知らせが、イエスの許に届いた。ところがイエスは二日ほど動かずに、その場所に留まっていた。イエスが村に着いたときには、ラザロは、すでに墓に埋葬されていた。死後、四日も経っていた。
  イエスは墓に向かって、「ラザロよ。出てきなさい」と大声で言った。するとラザロは、手や足や顔を布で巻かれた状態で、墓から出てきた。 (ヨハネ 十一・1―46)


  〔 イエス自身の復活 〕

  イエスは生前、自分は死の三日後に、甦ると言っていた。十字架から降ろされたイエスの遺体は、誰にも盗み出されないように墓の入り口を大きな石で塞いで、さらに兵士たちが見張っていた。
  三日目の朝、マグダラのマリヤと他のマリヤたちが、その墓へ様子を見に行った。その時、大きな地震が起きた。墓の番をしていた警備の兵士たちは、恐怖のために逃げ出した。入り口をふさいでいた石が転がって、墓の穴が開いていた。ふと見ると神の使い(天使)が、その石の上に座っていた。そして、イエスは甦って、ガリラヤへ行ったと伝えた。墓の中の遺体があった場所には、イエスの身体を包んでいた亜麻布と、頭に巻いてあった布が残されていた。
  その後、イエスは四十日間にわたって、弟子たちの前に姿を現わした。最後はオリーブ山で、弟子たちが見ている前で天に昇って行った。
   (マタイ マルコ ルカ ヨハネ いずれの福音書にも、内容的に多少の違いはあるものの最後に、このエピソードが記されている。)


    ( ただし死者が甦ることについては、旧約聖書の中にも、ほぼ同様の出来事が記されています。預言者エリヤは、死んだ子どもを生き返らせました。またエリシャも、すでに死んでいる子どもを生き返らせたことが記されています。)


   ↑   ↑   ↑


  以上のように死者を生き返らせたり、自分自身が生き返ったりしたというのですから、常識的に考えれば、とうてい受け入れがたいことです。何かの間違いではないか、と思うのが普通です。科学の万能性を盲信している人たちにすれば、まさに狂気の沙汰でしょう。

  また医学的にも、法律的にもそうしたことは、絶対にあってはならないことです。それでなければ、「人の死」の定義が崩れてしまいます。脳死状態の人から臓器を摘出することが出来なくなるばかりか、心臓の摘出手術をした人はその時点で、殺人罪を犯したことになってしまいます。例の臓器移植法は、殺人を認める法律になってしまいます。

  しかしながら実は、このとんでもない事態も、次の事例といっしょに組み合わせて考えると、あながち起こり得ないことではなくなるのです。それどころか、大いに有り得ることと考えられるのです。



  【 ドッペルゲンガー(複体) ⇒ 実体化(物質化)した生き霊 】

  ドッペルゲンガーというのは、実体化した生霊のことです。ドイツ語で、Doppel ga:nger(生き霊)。 自分とは違うもう一人の人間が、同時に、この世に存在するというものです。
  これもかなり昔から知られている現象です。自分自身で、自分の実体化した霊を見ることもありますし、或いは第三者が、それを見ることもあります。

  このドッペル・ゲンガーと出会ったことがある人は、結構いるのです。現代心理学では、この現象の存在を認めています。世界中のあちこちで実際に起きている現象ですから、認めないわけにいかないのです。ただし心理学では、これを一種の「幻覚」として扱っています。つまり、実態の無い存在であるというのです。
  特に脳に腫瘍が出来た人で、この現象が発生しやすいことから、偏頭痛との関係で説明しようとしています。そして、手術で腫瘍を取り除いたら、この現象が起きなくなった事例があることから、脳の中で発生する現象であると解釈しています。要するに、患者は、幻覚を見ていたのだというわけです。

  しかし、これでは、第三者が目撃した場合の説明がつけられません。まったく健康な人が、他人の幻覚を見たことになるからです。しかも伝えられている事例の中には、実体のある存在、すなわち物質化したドッペルゲンガー(複体)と出会ったという報告があるのです。
  具体的な事例として、手許にある本の中から、次のようなものを紹介しておきます。それは大正10年1月20日、午後二時頃、青森県弘前市で起きた出来事だということです。


   『ーーー 弘前連隊の畑大尉が同市上手町の銭湯赤湯で入浴中、平素親しくしてい
    る岩崎権三郎という剣道の先生をしている老人が来たので、無沙汰の挨拶を述べ
    、背中を洗ってやった。岩崎老は厚くこれを謝して畑大尉より一足先に湯から上
    がって帰って行った。この岩崎老は畑大尉一人だけ見たのではなく、その時刻に
    入浴していたみんなで見て、岩崎老人に久しぶりで会ったという人もいた。
     ところがその日岩崎老は病あつく、外出はおろか、いつ危篤に陥るかわからな
    い状態で、家族は病人から一刻も離れず看病していた。畑大尉はこのことを少し
    も知らずにいたところ、その二日後の1月22日に岩崎老の死去を聞き、驚いて
    岩崎家に弔みに行き、前々日、赤湯で同浴したことを語った。すると岩崎家の人
    々は不思議そうな顔をして、20日午後二時頃、岩崎老人がしきりに赤湯に入浴
    したいから車を雇ってくれと云ったという。これは岩崎老人の複体と考える以外
    説明がつかない。 ( 岡田建文 『 奇跡の書 』 ) 』

        (『霊魂の世界』板谷樹・宮沢虎雄 日本心霊科学協会
               第九章 人間の霊的構成 7複体 入浴した複体 より )


  上の文中にあるように、岩崎老人は、まさに死の床にありました。実際に二日後には、亡くなったのです。ですから絶対に、動ける状態ではありませんでした。ところが畑大尉をはじめとする銭湯に居た人たちは、全員が、その岩崎老人を目撃したばかりか、互いに会話をし、さらには背中まで流してやったのです。
  つまり、その場に間違い無く、岩崎老人本人が居たのです。要するに、それは実体の無い幻覚や、錯覚などではないということです。生身の人間が、そこに実在したのです。

  従って、これは本人の「想い」が勝手に独立して人格化し、しかも実体化(物質化)したと考えるのが合理的です。つまり銭湯に現れた人物というのは、実体化した生霊であったということです。無から生じた肉体と、本体から分離した霊(意識主体)によって構成されたもう一人の人物(複体)であったということです。分かりやすく言えば、生身の肉体をもった生霊です。


  そして、なぜそうしたことが生じるのかということを考えたときに、上に紹介したような「願ったことが叶えられる」という基本原理の存在が浮かび上がって来るのです。要するに情況としては、今まさに危篤状態にあった岩崎老人の切なる願望が、もう一人の自分、すなわちドッペルゲンガー(複体)の出現によって叶えられたわけです。
  具体的には、ぜひ銭湯へ行きたいという「想い」が、分身としての生霊を生み出し、その生霊が物質化(実体化)して、実際に銭湯に現れたのです。通常、こうしたものは夢の中で叶えられるものですが、その岩崎老人が持っていた何らかの能力によって、もう一人の自分が創り出されたのです。それによって願望が、現実に叶えられたわけです。


  もう一つ、紹介しておきます。
  これは例のテレビ番組 『奇跡体験! アンビリバボー』フジテレビ( 1998年1/17 土曜日 )で放送されたものです。

  この日は、ある占い師の体験談が紹介されました。それは上の岩崎老人の事例と同様に、まさしく「ドッペルゲンガー(複体)」の話でした。
   (( しかし内容の解説では、その人が一種の「幻覚」を体験したような説明になっていました。どうやら心理学的な解釈をとり入れたためのようです。ただし、これが幻覚ではないのは、それを目撃した第三者がいたことからも明白です。))
  その話の概容は、次のようなものでした。


  ↓   ↓    ↓ 


  その占い師は、よく当たることで評判だったそうです。ところがある時、運勢を見てもらうためにその占い師の所へ行く途中だった若い女性が、交通事故にあって、重傷を負ってしまいました。血がだらだらと流れて、意識不明の状態でした。
  その占い師はちょうど、その事故現場に出くわしました。そして、怪我をした女性の顔や、服装を詳しく目撃しました。
  その女性は間もなくして、救急車で病院へ運ばれて行きました。

  ところがその数日後、大怪我で病院に運ばれたはずのその女性が、占い師の所へ手相を見てもらいにやって来たのです。事故現場ではっきりと顔を見たので、すぐに同じ女性であることが分かりました。あまりにも回復が早いので驚いたそうです。
  ところが、差し出されたその女性の手のひらは、どういうわけか真っ白だったということです。( この点に関して詳しい説明はありませんでしたが、おそらく掌紋や、指紋が無かったということでしょう。)

  それからしばらくして、再び、その女性がやって来ました。その時に、占い師が不思議に思って、前回のことを確認すると、その女性がここへ来たのは、今日が始めてであるということでした。
  しかも、ちょうどその頃、その女性は生死の境をさまよっていたということでした。それだけでなく、その女性は夢の中で、お花畑の前にいたその占い師に、今と同じように、手相を見て貰ったということでした。

  この出来事の一部始終は、いつも隣に出店する別の女性占い師が見ていて、証人になっていました。つまりこれは、実際に起きた出来事であり、しかも第三者によって目撃された事例であるということです。


   ↑   ↑   ↑


  さて、この事例で重要な点は、上の岩崎老人の場合と同様に、まったく無関係の第三者の目撃証言があるということです。もし、その占い師だけが見たのであれば、実体の無い霊(幻覚)を見たという解釈も成り立ちます。しかし、隣にいた女性占い師も同じ人物を見ていたということは、それは実体のある霊、すなわち物質化した霊であったということです。ただし本人は、まだこの世に生存しているわけですから、本体から分離した霊、すなわち生霊(いきりょう)です。

  要するに、岩崎老人の時と同様にこの女性も、まさに生死の縁をさまよっている状態の時に、無から生じた肉体と、本体から分離した霊(意識主体)によって構成されたもう一人の人物(複体)が創り出されたのです。そして、そのドッペルゲンガー(複体)によって、その占い師に見てもらいたいという願望が実現されたのです。
  従って、この事例からも、「願ったことが叶えられる」という基本原理の存在が浮かび上がって来ることになります。


  いわゆる「臨死体験」の状態の時には、さまざまな不思議なことが起きることが知られています。上に紹介した二つの事例は、そのような状態の時にもう一人の自分が物質化されて、現実に願望が叶えられたわけです。ですから人が生死の境に陥ったときには、通常では起きない何らかの変化が生じるものと考えられます。具体的には、特殊な能力の出現です。そうした能力によって、あちら側の世界にあるメカニズムが操作されて、生身の肉体を持った分身が創り出されたのです。
  もちろんそれ等は、裸で歩き回っていたわけではありませんから、衣服や靴や装飾品なども、同時に物質化されたことになります。すると例の聖者・サイババがネックレスや腕時計を物質化することも、否定する根拠が無くなります。


  ** ○○ ** 


  ところで、このドッペルゲンガー(複体)は、この他にも、いろいろな場所で、実際に目撃されています。その一つが、タクシーの運転手が体験する不思議な出来事です。
  タクシーの運転手というのは、職業柄、いろいろな体験をするそうです。先日、テレビに出演した人が話していましたが、乗せたはずの乗客がいつのまにか消えていたといったことは、さほど珍しくないそうです。自分たちの方からはあまり公言しないために、世間に知られていないだけだということです。
  そして、ある人の体験談が紹介されました。その人の場合は、首都高速を走っていた時に、陸橋の上から、和服のおばあさんが飛び降りるのを目撃したということでした。あわてて急ブレーキを掛けたものの、間に合わずに、てっきり自分の車で轢いてしまったと思ったそうです。ところが車から降りて調べてみると、あるはずの死体が、どこにも無かったというのです。
  しかも、その運転手だけが見たのであれば、幻覚や錯覚ということも考えられますが、その時いっしょに走っていた他のタクシーの運転手が、二人も、まったく同じものを目撃したというのです。つまり合計、三人が、同じ情況を目撃したのです。ですからその三人が目撃したものは、幻覚などではなく、実際の生身の人間であったと考えるのが妥当です。

  そして、ここにも「願ったことが叶えられる」という基本原理の存在が浮かび上がって来ます。つまり、そのおばあさんは、死にたかったのです。おそらく、寝たきりの状態であったり、病気が重かったりで、自分では動けない状態であったと想像されます。
  そのために、そのおばあさんの「想い」が、ドッペルゲンガー(複体)を生み出して、陸橋から飛び降りて死ぬという願望を実現させたのです。ただし、本人はまだ生きているはずですから、それは実際の自殺ではありません。死体が見つからなかったのはそのためです。願望が実現される直前に、その物質化された分身は消滅したのです。

  しばらく前のことになりますが、JRの御徒町駅で、これとほぼ同様の事件がありました。若い女性が電車に飛び込んだために、電車が急停車したという事件です。
  運転手は、人がぶっかった時の衝撃を感じたそうです。ところが電車から降りて、恐る恐る調べてみると、あるはずの死体が消えていたというのです。どこにも隠れるところは無いのに、人間が一人、忽然と消えてしまったのです。
  これは写真週刊誌のフライデーでも取り上げられた事件です。この駅の周辺では、同様のことが時々起きるということでした。またその内容が、日曜日のあるテレビ番組の中で紹介されました。ですからご存知の方も多いことでしょう。1997年4月に起きた事件です。


  ** ○○ ** 


  さて、上に紹介した事例は、イエスキリストが起こした奇跡が、現実のものであったとする根拠となります。なぜなら肉体が存在する以上、その一部を物質化して元通りに修復するのは、無から有を生じさせるよりも容易であろうと考えられるからです。そうして再生された肉体と、本人の霊(意識主体)とが合体すれば、健康な肉体を持った人間が復活します。
  つまり、イエスキリストが持っていた能力によって、死んだ人が生きかえったことも、また、一度は死んだイエス自身が生き返ったことも、現実に起きた出来事と捉えることが出きるということです。
  因みに、死者自身が生き返ったという点では、我が国でも弘法大師・空海に関して、類似する伝説が残されています。空海は即身成仏によって入定しましたが、その後も、日本中のあちこちで、生きている空海と実際に出会った人たちがいたということです。

  ところで、上の事例では臨死状態の人の切なる願望によって、ドッペルゲガー(複体)が生み出されました。これは人が死に瀕した時に、意識状態に何らかの変化が生じるためであろうと考えられます。また、そうした状態になったときに、あちら側にあるメカニズムに働きかけることが出来るのです。臨死体験者の不思議な出来事は、それによって生じます。
  ただし、イエス・キリストを始めとする聖者たちの場合は、通常の状態でそうした意識変化を生じさせることが出来るのです。ここに修行、鍛錬によって悟りに至った人たちと、そうではない人との違いがあるわけです。


  それにしても、以上のようなことが間違い無く起きるとすると、我々が認識する「人の死」の定義は、根底から改める必要性が生じます。我が国でも中世までは、人が死んだ後、祈祷師を呼んで何日も祈りを捧げました。復活を信じていたからです。それによって実際に復活した人がいたかどうかは分かりませんが、今でも一度は死んだはずの人が、死体安置所や、通夜の席で生き返ったといって、時としてニュースで報じられることがあります。たいていは死の判定に誤りがあったためとされていますが、実際には、本当に生き返っている可能性もあるわけです。
  また、考えるだけでも恐ろしいのは、もしかすると生き返ったのが、遺体を焼く焼却炉の中であったということもあり得るということです。我々が知らないだけで、けっこうとんでもないことが、実際に起きているのかも知れません。

  そうしたことからも、やはり脳死というのは、完全な人の死ではないと言えそうです。イエスがラザロを復活させたのは、死後、四日目でした。脳は死後数時間で破壊されますから、脳死状態から生き返ったことになります。
  すると脳死状態というのは、ごくごく稀にではあるが、生き返る可能性の残された遺体ということになります。人によっては、復活することがあるかもしれないということです。一律には定義付け出来ないということです。どうやら臓器移植に関係する法律は、この部分だけでも改定する必要がありそうです。



     2003.  2.  7.    店主記す






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒