自閉症の原因
 ――――――――

  自閉性障害(AD = Autistic Disorder)

  自閉症の原因は、医学的には何も分かっていません。一般的な仮説としては脳に、何らかの機能的な障害があって、それが特有の症状を引き起こしていると考えられています。しかし、その機能的な障害がなぜ生じたのか、その原因は何なのかといったことは、まったく不明です。
  考えられる候補として、(一)遺伝子や染色体の異常による脳の器質的、機能的障害。(二)脳内の情報伝達物質の代謝障害 などが上げられています。ただし明確な根拠が示されているわけではありませんから、結局のところ、何も分かっていないというのが現状です。

  統計的には、自閉症の発症率は1000人に1人と言われています。また、男女比では、4対1の割合で男子に多いことも分かっています。
  もちろんこれは親の養育態度や生育環境、心理的な原因で生じる障害ではありません。しかも厄介なことに、医学的な治療では、治すことが出来ない障害です。

  出現する主な症状
   母親をはじめとして、他人と視線を合わせようとしない。
   抱っこされたり、あやされたりしても喜ばない。
   同年代の子供に興味を示さない。他の子と一緒に遊ぶこともない。
   特定の行動を儀式のように延々と繰り返す。一つのことに没頭する。
   環境の変化を嫌う。普段と異なる場所へ行ったり、家具の位置が変わっていると状況によっては、パニックを起こすことがある。
   独り言やオウム返しが多く、言葉によるコミュニケーションが成立しない。

  この自閉症が近年、増える傾向にあるということです。それには当然、何らかの原因があるに違いないのです。現代医学は、その根本的な部分を見逃しているのです。



  (一) 陣痛促進剤

  1997年2月に、神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件の犯人である「酒鬼薔薇聖斗」の母親が書いた手記が、文庫本になって出版されています。著者名が『少年Aの父母』となっています。
  その中に、犯人の少年が産まれた時の状況が、以下のように記されていました。要点を抜き出して紹介しておきます。

  その日、母親は、なんとなく容体がおかしいのを感じて、病院に電話をしたそうです。すると当直の助産婦から、内診をするから、来るようにと言われました。
  病院へ行った後、
  『 内診がすむと、入院してくれと言われて、びっくりした。』
  と記されています。
  これが朝の、五時30分のことでした。そして、その45分後に産まれたのが、「酒鬼薔薇聖斗」こと、少年Aでした。
  そこには、
  『 少しずつ陣痛が始まり、苦しかったけど、すぐ生まれてくれたのでラッキーでした。』
  と記されています。
  これは、1982年7月7日の出来事でした。つまり、この日が、少年Aの誕生日になったのです。


  病院へ行く前の少年Aの母親は、陣痛や、破水といった出産の兆候にはまったく触れていません。つまり切迫した出産の兆候は、何も無かったのです。それなのに病院へ着いて、わずか45分後に、少年Aを出産したのです。
  母親はこの時、32歳でした。しかも初産でした。ただでさえ困難の予想される出産です。その出産時間が、たったの45分間に短縮されたのです。通常であれば十数時間は掛かるはずの産みの苦しみが、45分間ですんだわけです。文中に「ラッキー」とあるのは、そのことを指します。
  ( 因みにある医学雑誌には、平均的な時間が初産で13時間、経産婦で8時間と紹介されていました。)

  当然のことながら、これは陣痛促進剤が使われたからです。『少しずつ陣痛が始まり、・ ・ ・ 』 とあるのは、陣痛促進剤が引き起こした陣痛です。
  つまり少年Aこと「酒鬼薔薇聖斗」は、自然に生まれたのではなくて、薬剤を使って強制的に産まされたのです。母親は産んだ直後、気が遠くなるほどの痛みを感じたことも記しています。尋常な出産ではなかったことが分かります。

  実はこれが、この一家の悲劇の始まりだったのです。その後に生じた不幸な事件の原因が、すべてこの時に創られたからです。従って、この45分間はラッキーどころか、魔の45分間だったのです。
  少年Aこと「酒鬼薔薇聖斗」は幼少期、人見知りが激しかったそうです。また、不登校にもなりました。これ等はいずれも、出生時の心的外傷体験によるものです。つまり、陣痛促進剤が使用されたことにって創られた精神障害です。

  しかもその後の凶悪な殺人事件も、この時に同時にインプリントされたプログラムによって引き起こされたのです。
  小学四年生の女児の頭部を、八角げんのうで殴打して殺害した事件。小学三年生の女児の腹部を、くり小刀で刺した事件。小学六年生の男児をタンク山で首を絞めて殺し、頭部を金ノコギリで切断した事件等々は、いずれもこの出産時の出来事に由来する犯行だったのです。ですから、まさに呪われた45分間であり、悲劇の45分間であるとも言えるわけです。なぜそう言えるのかについては、『陣痛促進剤が創り出す精神障害』及び『十七歳・三十七歳の狂気』で申し述べた通りです。

  また、この少年は「注意欠陥・他動性障害=Attention Deficit Hyperactivity Disorder」と診断されていました。しかも「直観像素質」という特異な能力を持っていた点も注目されます。これ等の症状にも、陣痛促進剤が関係していると考えられるからです。

  要するに、この「酒鬼薔薇聖斗」が起こした凶悪な事件は、いずれも出生時にインプリントされたプログラムに由来するものだったのです。そして、そのプログラムを創ったのが、出産時に使用された陣痛促進剤であり、それが同時に、不登校や注意欠陥・他動性障害といった精神障害を創り出す原因になったものと考えられるのです。


  (二) 不登校と自閉症

  先日の朝日新聞の『声』欄に、島根県出雲市の四十四歳の主婦の方の投稿が掲載されていました。中学一年生の娘さんが、昨年の10月から、不登校になってしまったということです。( 一時期、発熱、吐き気、頭痛などがあり、水さえ受け付けなかったということですから当然これは何か、別の症状が合併しているように思われます。ところが病院に入院して検査をしても、何も異常が見つからなかったということです。)
  しかも、息子さんは、超多動の自閉症であるということです。このことが原因で、娘に寂しい思いをさせたのではないかとも書かれていました。この一年は、つらくて長い一年であったと嘆き悲しんでおられました。( 2003年12月29日付朝刊 参照 )


  この投稿記事の中には「不登校」だけでなく、「自閉症」及び「注意欠陥・多動性障害」という障害の原因を探る上で、貴重な手がかりが含まれています。
  息子さんが多動性障害を伴う自閉症で、しかも娘さんが不登校になったというのは、二人とも同じ原因に由来する障害を抱え込んでいると考えられるからです。つまり、障害を発生させた原因が同じだということです。

  実はしばらく前から、自閉症という障害も結局は、陣痛促進剤の使用が原因で創り出されるのではないかと考えていました。そう思っていたところへ、この記事を読んで、さらに確信を深めた次第です。
  おそらくその娘さんも息子さんも、同じ産院で生まれたに違いないからです。そこで使用された薬剤 ( = 陣痛促進剤 ) が原因であったと考えられるのです。

  自閉症児の特徴として、パニック状態に陥った時に、自傷行動を起こすという奇妙な症状のあることが知られています。
  頭を自分の手で、ボカボカ叩いたり、壁にガンガンと頭をぶつけたりするということです。出血してもやめないということですから、かなり激しい衝動です。しかも頭部を傷つけるのですから、非常iに危険な行為です。

  これはいったい何に由来するのだろうかと、ずっと疑問に思っていました。そして、どうやらこれも、青少年犯罪の犯人たちに異常な精神構造が創られるのと同じ原因で生み出されるのではないかと思い至った次第です。
  要するに、例の「酒鬼薔薇聖斗」が持っていたプログラムと、実質的な内容は同じだということです。現われる外見が異なるだけで、どちらも同じ行動様式で引き起こされるのです。それは人の「頭部・顔面に対する破壊衝動」 として捉えられる行動様式です。
  そして、そのような行動様式を創り出す元凶が、やはり陣痛促進剤なのです。


  (三) 陣痛促進剤と殺人衝動

  前に「十七歳の狂気」で紹介した一連の犯行で注目されるのは、被害者の頭部(顔面)を傷つけるという行為です。
  その当時、十四歳だった「酒鬼薔薇聖斗」が起こした事件では、犯人の少年は最初、ショックハンマーを使用しました。それで女児の頭を殴りました。幸いこの時の被害者は、軽症で済みました。次に少年は、八角げんのうを使用しました。この犯行では、一人の女児が、頭蓋骨陥没で亡くなりました。

  通常、ショックハンマーも八角げんのうも、人を殺すための凶器にはなりにくいものです。もし人を殺すことが目的であれば、殺傷能力の高い刃物や、破壊力の大きい鉄パイプ、金属バットのようなものを使うのが普通です。つまりこの場合、殺人のための凶器としては、不適切なものが使われたわけです。
  この先端が丸くて、しかも片手でしか持てない鈍器を使った犯行は、殺人と言うよりは、破壊行動と捉えることが出来ます。つまり、この一連の犯行は、人の頭部の破壊を目的として行われ、結果的に殺人事件が引き起こされたのです。

  そして実は、この行動は、この種の事件の犯人たちに共通した行動様式と言うことが出来るのです。他の事件でも、金づちやハンマーが使われているからです。
  千葉県で起きた通り魔傷害事件、愛知県豊川市で起きた老女殺害事件でも、犯人はやはり金づちで、被害者の頭を殴っています。またコロンバイン高校で起きた銃の乱射事件でも、犯人たちは、他の生徒たちに銃口を向けて、至近距離から顔面を狙って撃ったのです。つまり、十七歳の狂気の中心的な衝動は、人の頭部(顔面)の破壊であると言えるわけです。人の頭部に対する、執拗なこだわりがあるのです。

  前に紹介したものですが再度、下に、それ等の事件の概要を掲載しておくことにします。

  【 千葉県で起きた通り魔傷害事件 】
   2000年9月
  千葉県で、通行中の中学生が、金づちで殴られるという事件が起きた。
  八日市場署は同月十六日、中学三年生(十五歳)の少年を逮捕した。その少年は、自転車で通り掛かった中学生(十二歳の男子生徒)を殺そうと、金づちで右後頭部を殴打した。
  少年は犯行後、道路に落ちていた木片で、自分の頭を殴った後、近くの家に行き、警察へ連絡するように頼んだ。
  その少年の供述内容
  『誰でもいいから人を殺そうと思った。目だって学校に行かなくてすむと思った。』
  『人を殺して自分も死のうとしたが、死に切れなかった』

  【 愛知県豊川市で起きた老女殺害事件 】
   2000年5月1日。
  愛知県豊川市。 自宅にいた主婦(64歳)を刺殺し、その夫(68歳)にも怪我を負わせる事件が発生した。
  犯人は、高校三年生(17歳)の少年であった。
  少年は「人を殺す経験がしたかった」「人が物理的にどのくらいで死ぬのか知りたかった」と、不可解な動機を述べた。
  少年は主婦の頭を金づちで殴ったうえ、包丁で首や顔など約40箇所を刺した。帰宅した夫にも切りつけ、さらに首をしめて、怪我をさせた。
  この少年は、自閉症に近い「アスペルガー症候群」と診断されて、医療少年院へ送致された。

  (アスペルガー症候群 → 自閉症連続体のうち、比較的能力の高い方に位置する障害のことを言います。)

  【 米、コロンバイン高校で起きた銃の乱射事件 】
   1999年4月20日
  アメリカ コロラド州 デンバー郊外のリトルトン 公立コロンバイン高校で、銃の乱射事件が起きた。
  黒いトレンチコートを着て目出し帽をかぶった二人の犯人(17歳と18歳)は、昼食時間で生徒が集まり始めたカフェテリアに乱入し、いきなり銃を乱射した。
  犯人たちは薄笑いを浮かべながら、生徒に銃口を向け、至近距離から顔面を狙って撃った。生徒と教師13人(男9人(含む教員、1人)、女4人)を殺害し、26人を負傷させた。
  その後、犯人たちは図書館に向かって歩きながら、発砲を続けた。さらに犯人たちは、手投げ弾のような爆弾も投げた。
  また幸いにして使用されなかったものの、犯人たちはパイプ爆弾や、手投げ弾のほか、ガソリンを詰めた容器や、大小のプロパンガスボンベに時限装置と殺傷能力を高めるために多数のクギなどをテープで止めたものを持ちこんでいた。
  二人の犯人は、いずれも同校の生徒であった。
  犯人たちは、持っていた銃で自殺した。


  このように人の頭部(顔面)に対する破壊衝動が、この種の犯人たちの犯行の動機になっていることが分かります。
  そしてこれが、出生時にインプリントされた原始的プログラムの“再現・復元”による行動様式であるとしたとき、そのまま自閉症児の自傷行動と結びつけて考えることが出来ます。つまり自閉症児の自虐行動は、対象が自分自身であるか他人であるかの違いがあるだけで、出産時に自分自身の頭部に加えられた衝撃を、機械的に“再現・復元”する行動様式であるということです。人の頭部(顔面)に対する破壊衝動という点で一致するわけです。

  胎児は狭い産道を通過する際に、頭蓋骨の蝶つがいを外して、頭を細長く変形させて出て来ます。もしその過程が急速に進行すれば、胎児の脳に障害が残るであろうことは、容易に想像されます。
  保護するものが何も無い状態で、頭部が急激に圧迫されたり、突然、開放・減圧されたりすれば、脳がダイレクトに影響を受けます。剥き出しの状態の脳に、もろに衝撃が加えられるのです。脳内の血流に乱れが生じたり、或いは、内部の毛細血管が破壊されることも起こり得ます。脳神経系の損傷も起こり得るでしょう。つまり赤ちゃんは産道を通過する際に、頭部(脳)を破壊されて出て来るのです。

  そうした状態が、陣痛促進剤の使用によって創り出されるわけです。本来であれば数時間・十数時間は掛かる出産時間が、45分間に短縮されるために発生する障害です。これが自閉症や、アスペルガー症候群を創り出す原因なのです。また、その他のもろもろの精神障害を創り出す原因でもあるのです。
  要するに陣痛促進剤が使用された赤ちゃんは、産まれる際に、脳に損傷を負った状態で生まれて来るのです。言い換えれば、脳の一部が破壊された状態で産まれて来るということです。これは自閉症が『脳に機能的な障害があって、それが特有の症状を引き起こしている』 という一般的な考え方と一致します。

  愛知県豊川市で起きた老女殺害事件の犯人が、アスペルガー症候群でありながら、しかも金づちを使って人の頭を殴って殺したのは、その障害の発生が出産時にまでさかのぼることを物語っています。
  つまり「酒鬼薔薇聖斗」と同じプログラムが、この犯人の少年にも組み込まれていたのです。具体的には『人(弱者)を殺して(壊して)自分も死ぬ(壊す)』 という行動様式及び思考形態がインプリントされると同時に、アスペルガー症候群という脳の障害が創り出されたのです。両者が合併して組み込まれていたのです。
  従って、この事件の犯人の少年も、少年Aこと「酒鬼薔薇聖斗」と同じ生まれ方をしたことが分かります。つまり出産の際に、陣痛促進剤が使用されたということです。それによって創り出された障害が、アスペルガー症候群であるということです。重い自閉症の一歩手前の障害です。


  (四) サヴァン症候群と学習障害

  サヴァン症候群というのは、かつての映画『レインマン』で知られる症例です。自閉症児の中には、まれに特異な才能を発揮するケースがあります。
  人によってはごく短時間見ただけの動物を、正確な絵に描くことが出来たり、飛んでいる飛行機から見た風景を、詳しい風景画に描くことができます。音楽では、一度聞いただけの曲を、正確に再現することが出来ます。他にも、歴史の年号を正確に覚えていたり、何年も前の日付と曜日を正確に答えることが出来ます。
  ある統計では、自閉症児のうち約10パーセントが、多少なりともサヴァンの徴候を示すということです。(『なぜかれらは天才的能力を示すのか』(ダロルド・A・トレッファート著)草思社刊 参照 )

  これは一説には、脳に生じた欠損部分に、他から入り込んだニューロンが複雑に絡み合って、そこで高密度に成長したために生じる能力ではないかということです。ですから脳に、自閉症という障害が発生したことの見返りとして形成される能力とも言えるわけです。
  そして、この能力は、少年Aこと「酒鬼薔薇聖斗」も持っていました。それは、直観像素質と言われるもので、見たものを写真撮影したように記憶できる能力のことです。本をぺらぺらめくりながら読む速読術というものがありますが、それと同じ能力です。
  このことは少年Aが、自閉症の発生原因と同じ経過をたどって産まれたことの証明になります。つまり裏を返せば自閉症の原因には、陣痛促進剤の使用が関わっているということです。

  学習障害(LD=Learning Disabilities)というのは、知的な発達に遅れはみられないものの「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算」「推論」といった能力の特定の部分に、著しい困難が生じる障害のことです。
  サヴァン症候群が、様々な種類の片寄った能力として出現するのと同様に、この学習障害も、脳の様々な領域が破壊されることによって生じるものと考えられます。つまり出産の際に、脳の各部位ごとに損傷が起きているのです。
  そのために「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算」「推論」といった特定部位の能力が劣化してしまうわけです。ですからこれもやはり、陣痛促進剤の使用が原因で創られる障害であると言えるわけです。


  **** ○ -- ○ ****
  **** ○ -- ○ ****


  それにしても上の考え方が正しいとすると、それこそ全国各地・世界各国で、なんとも悲惨なことが起きていることになります。産婦人科の医者によって、人為的に生み出されるものが自閉症、アスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害、学習障害といった脳の障害だからです。出産時に、脳の一部が破壊されたことによって生じる障害だからです。
  新聞に投稿された女性のご一家の場合は、大事な子供たちが二人とも、生まれた時からそうした障害を抱え込んでいたことになります。もちろん親の育て方などではなく、粗製濫造の産婦人科医療の現場で、乱暴に産まされたことがすべての原因です。

  自閉症の場合は、わりに小さい時から症状を確認することができます。遅くも3歳から4歳くらいには、かなり奇異に感じられる行動が現われて来るということです。
  ですから病院のカルテが処分されないうちに、どのような薬剤が使用されたかを調べることが出来ます。病院のカルテはたしか、5年間の保存が義務付けられているはずです。その統計を取れば、真偽のほどが明らかになるでしょう。

  そして、もしそれが確かめられれば、被害者の会を結成して、病院に損害賠償を請求することも可能になります。その薬剤の使用を認めた、国の責任を追及することも出来ます。国家賠償も可能になります。今後、同じような被害者を出さないためにも、ぜひやってほしいものです。
  それにはたくさんの統計を取らなければ証明できませんので、組織的な連携が必要です。自閉症児に関しては、すでに全国的な組織が出来ているようですから、相互に連携を取れば、その証明も早期に可能になることでしょう。

   ○  --  ***  --  ○


  とにもかくにも、子供を産む際は、自然分娩に近い状態で産んであげてください。産院での陣痛促進剤の使用は、絶対に拒否してください。何も言わなければ、知らない間に使われてしまう病院もあるようですから、入院する前に、明確な意思表示をしてください。
  新たな生命を生み出すために、数時間の産みの苦しみに絶えてください。それはただ単に、生まれて来る子供のためだけでなく、自分自身のためでもあるのです。
  もし生まれた子供に『人(弱者)を殺して(壊して)自分も死ぬ(壊す)』という行動様式及び思考形態がインプリンティングされていれば、将来、殺人事件が起きるかも知れないからです。しかも彼等にとっては、自分の家族さえもが、弱者の一部なのです。

  少し前に大阪で起きた事件では、18歳の男子大学生と16歳の女子高校生が、それぞれの家族を殺そうとしました。そして大学生の母親は、実際に包丁で刺されて、死んでしまいました。自分が産んだ子供に、殺されたのです。なんとも悲惨な事件です。
  動機についてその大学生は、自殺をする前に一度、人を殺してみたかったと言っているそうです。

  また茨城県では14歳の男子中学生が、家の居間でテレビを見ていた12歳の小学生の妹の頭を、鉄の棒で叩いて、頭蓋骨骨折の重症を負わせるという事件も起きています。動機について少年は、インターネットで人の死体を扱ったサイトを見ているうちに、自分も人を殺してみたくなったと言っているそうです。
  直接的な動機付けはインターネットで見たホームページあったとしても、その少年にはもともと人の頭部(顔面)に対する破壊衝動があったのです。その結果として、弱者である妹の頭を、実際に鉄の棒で破壊するという行動を起こしたのです。

  また最近では、ゴミが片付けられない女性たちが増えているそうです。テレビでも取り上げられて話題になっていますが、先日も部屋の中がゴミの山になっていても、それが片付けられず、積もり積もったゴミの中で生活しているという異常な光景がテレビで紹介されました。
  その部屋の住人は、身だしなみの整った若い女性でした。昼間は会社に勤めているということで、精神的には何も異常が無いのに、ゴミがゴミとして認識されないのです。人から指摘されて認識することは出来ても、ゴミとして処理することが出来ないのです。
  これも原因は、注意欠陥多動性障害の症状の一つであるということです。こうしたところにも、陣痛促進剤の乱用による弊害が現われているのです。おそらくもっともっと様々な形の障害が起きているに違いありません。ただ我々が知らないだけなのです。

  自閉症が4対1の割合で男子に多いことと、この片付けられない女性の割合が反比例するような気がするのですが、そうした統計を取ってみると、何か新たな発見があるかるかも知れません。


   2004.   1.  6 .        店主記す





   【 兄弟で自閉症 】

  2004年3月22日の朝日新聞 『声』欄に、横浜市に住む男性(34歳)の投書が掲載されていました。 先日の、石破防衛庁長官の 『自閉隊発言』 に抗議するものでした。
  この方には六歳と、五歳の息子さんがいらっしゃるそうですが、何と、二人とも自閉症であるとのこと。
  六歳の長男は、多動で、言葉は少し話せるが、パニックになると手がつけられないということです。また五歳の次男は、手を引いて意思を伝えるのみだそうです。
  そうした大変な状況にあるにも拘わらず、世間の無理解が加わり、家族は、二重の重荷を背負わされていると訴えておられます。


  この投稿記事の内容から判断するに、二人の息子さんは六年前と、五年前に、同じ病院で産まれたと考えてよいでしょう。千人に一人の割合で発生するこの障害が、たまたまこのご一家の兄弟に発生したのではなく、二人が、同じような状況で産まれたための障害であると考えるのが妥当だからです。
  つまり、出産の際に使用された陣痛促進剤が原因で、兄弟の脳に同じ障害が残ったのです。 千分の一の確率 × 二人 は、偶然ではなくて、むしろ必然であったということです。もし三人目が生まれていれば、× 三人、 になっていたかもしれないということです。その理由は、上に申し述べた通りです。
  ところで、この考え方を裏付ける資料が見つかりましたので、下に紹介しておきます。
         ↓
  『 自閉症児 イアンの物語 』
マーティン・ラッセル著 吉田利子訳 (草思社)
(2001年 1900円
         

  この本の 105頁から 106頁にかけて、サンプル数は少ないながらも、自閉症児の脳の調査結果が紹介されています。
  自閉症の人の脳を死後解剖したところ、小脳に異常(空洞)が見られたことや、MRI(磁気共鳴映像法)を使って調べた結果、小脳が正常な人よりも、かなり小さいことなどが解ったということです。
  ( 手許に本が無いために、本屋さんで立ち読みした際の記憶に基いて書いています。ですから内容をあまり詳しく紹介出来ません。関心のある方は、図書館などでお読みになるとよいでしょう。)

  この脳の解剖学的な異変については、出生以前の原因によって生じるのではないかという考え方があるそうです。しかしこれは、むしろ出産時に発生したと考えたほうが、より合理的であるというのがこれまでに申し述べた私見です。


 2004.   3.  22 .    店主記す



 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒