【 佐世保小6女児殺害事件 】

  『人を殺したい』十一歳 ・ 女子児童の「狂気」(長崎県佐世保市)
 ――――――――――――――――――――――――――――

  先日、長崎県 佐世保市で、小学六年生、十一歳の女子児童が、同級生の女子児童を、カッターナイフで殺害するという事件が起きました。
  新聞、テレビ、雑誌等々で大々的に取り扱われましたから、ご存知でない方はまずいらっしゃらないでしょう。この事件を取り扱わないメディアは無いほどでした。そのために日本中が大騒ぎ、といった状態になりました。
  事件の概略は、およそ次のようなものです。

 ○ 2004年6月1日。 零時45分ごろ、事件が発生。
 ○ 長崎県 佐世保市 大久保小学校。
 ○ 六年生の女子児童、御手洗怜美(みたらいさとみ)さん、十二歳が、首をカッターナイフで切られて死亡した。
 ○ 犯人は同級生。十一歳の女子児童。
 ○ 死因は、頚動脈を切られたことによる失血死。
 ○ 一部の報道によると加害女児は、女児を殺害後、その顔を踏みつけたという。


  県警の調べに対して、加害女児は『最初から殺すつもりだった』と話した。
  切りつける前に「いすに座らせ、手で目隠しをした」という。しかし、一方では、『気がついたら(怜美さんが)倒れていた』とも話した。

  『 県警によると、給食が始まる1日午後0時20分ごろ、女児の方から、「ちょっとおいで」と言って怜美さんを特別教室の「学習ルーム」に誘った。室内に入った後、怜美さんと2人で窓のカーテンを閉め、タオルのような物で怜美さんを目隠ししようとした。しかし、嫌がられたので、いすに座らせ、後ろから手で目隠しをして切ったと話している。』 (2004年6月3日 朝日新聞)


  犯行に至るまでの状況、及び本人が述べた動機は、およそ次のようなものでした。

  ○ 加害女児は動機について、担当の弁護士にインターネットの掲示板と、交換ノートに、嫌なことを書かれたと話した。二人はお互いのホームページに書き込みをしていたが、『ぶりっ子』『いい子ぶっている』などと書かれたことから肚を立て、怜美さんがこの世からいなくなればいいと思ったという。
  ○ 犯人の女児は、事件の一週間前に同級生の男児に、カッターナイフを振り上げたことがあった。男児は学校側に『本を読んでいたところをのぞきこんだら、女児がカッターナイフを振り上げた』と説明した。ただし、刃が出ていたかどうかは不明。
  ○ また女児は学校の壁に、頭をぶつけるなどの奇妙な行動を取っていた。
  ○ 二人は同校のバスケットボール部に所属していて、仲がよかったが、加害女児はこの春に退部していた。

  女児は事件後、長崎少年鑑別所に収容されていたが、その後、精神鑑定を受けさせることが決定した。鑑定結果が出るまでには、約二ヶ月ほどかかるという。


  **** ○ ○ ****


  例によってテレビには、いつも登場する精神科の医師や犯罪心理学の専門家や、教育評論家といった人たちが出演して、分かったような分からないような解説を繰り返していました。その話を聞いてもおそらく何も解決しないし、何も判明しないしほとんど意味の無いような議論でした。これまでに起きた事件と同じような視点で、この事件を捉えているからです。あれこれ言っている本人たちも、何も確信を持っていないからです。

  今回の事件では取り分け、家庭の都合で女児がバスケットボール部を退部させられたことや、ホームページの掲示板への書き込みが問題視されています。しかも、それが直接的な動機になったかのように言われています。そのために小学生から、パソコンを取り上げろといった意見さえ聞かれました。

  そうした表面的なことだけが大きく取り上げられているために、もっと根本的な部分が見逃されています。そして、それが近年多発している凶悪な少年犯罪に共通するものであることに、ほとんどの人が気付いていないのです。

  今回の事件で多くの人たちが見落としているのは、次のような点です。

 (一) 首・肩から上は、人の頭部である。つまり犯人の女児は、被害女児の頭部を傷つけたのである。
 (二) 刃渡りの短いカッターナイフは本来、人を殺すための道具としてはふさわしくない。これはかつてショックハンマーや、八角げんのうが凶器として使用されたのと同じである。
 (三) 被害女児が死んだのは、犯人の女児がカッターナイフで何度も、同じ場所を傷つけたからである。これは積極的に人を殺すという行為ではなく、壊すという行為である。
 (四) 犯人の女児は、自分の頭を壁にぶつける奇妙な行動をとったことがある。これは自分の頭部を、破壊したいという秘められた衝動があったことを物語っている。
 (五) 犯人の女児は被害女児を殺害後、その顔を足で踏みつけたという。これは人の頭部(顔面)を壊すという衝動に基づいた行動である。


  以上のような点を認識した時に、ようやく今回の事件の背景が見えてきます。
  つまりその女児は、かつて神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件の犯人、酒鬼薔薇聖斗と同じ行動を取ったのです。具体的には、『人(弱者)を殺して(壊して)自分も死ぬ(壊す)』という行動様式・思考形態に基づく犯行です。
  使われた凶器にカッターナイフと八角げんのうという違いがあるだけで、人の頭部(顔面)を破壊するという行為そのものは一致します。つまり、自分の頭部を破壊する代わりに、他人の頭部を破壊したのです。その結果、殺人という凶悪な犯罪が発生したわけです。

  では、なぜ自分の頭部を破壊しようとしたのかですが、ここに出産時の「陣痛促進剤」の使用が関わって来るのです。つまりその女児は出産時に、頭部(顔面)を破壊される体験をしたのです。その体験が後年、“再現・復元”される形で行われたのが今回の犯行です。出産時の自分自身の体験を、他人に対して衝動的に再現したのです。
  これは前回、『自閉症の原因』で申し述べた内容と同じです。そして、これが同時にアスペルガー症候群、学習障害、注意欠陥・他動性障害といった様々な精神障害の原因でもあるのです。
  要するに、そうした精神障害を創り出すそもそもの原因となるものが「陣痛促進剤」であり、その際に同時に埋め込まれるものが『人(弱者)を殺して(壊して)自分も死ぬ(壊す)』という行動様式・思考形態なのです。これまでに紹介した多くの事例から、こうした考え方が確かに成立するということです。

  ですから警察や裁判所は、表面的な調査だけでなく、出産時まで遡る綿密な調査を行ってほしいものです。どのような種類の陣痛促進剤が使われたのか、病院のカルテを探し出して、徹底的に追求して欲しいものです。それでなければ今後も、同様の犯行を防ぐことが出来ません。


  **** ○ ○ ****


  ところで、上の事件が起きたために、金沢市で起きた事件の取り扱いが小さくなってしまいました。
  朝日新聞では、六月三日の夕刊の片隅に載っただけでした。事件の概略は、次のようなものです。

  ○ 2004年5月29日、金沢市で、民家に男が侵入し、高校1年と、中学1年の姉妹を金槌で殴って重軽傷を負わせるという事件が起きた。
  ○ 犯人は、同市内の高校1年の男子生徒であった。
  ○ 調べに対して、少年は、『死刑になりたかった』と供述した。
  ○ 犯人の男子生徒は、被害にあった姉妹の長女の中学時代の同級生であった。


  これも例のプログラム『人(弱者)を殺して(壊して)自分も死ぬ(壊す)』という行動様式・思考形態に基づく犯行です。凶器が金槌で、しかも動機が『死刑になりたかった』というのが、この種の犯人たちの特徴です。
  これと同じような事件が、過去に幾つも発生しています。具体的な事例の紹介は、ここでは繰り返しません。前のページに遡って、お読みください。

  要するに、こうした不可解な行動様式・思考形態を創り出すそもそもの原因があるのです。そのことを認識する必要があるわけです。そうした基本的な認識が無いために、子供たちが凶悪な事件を引き起こす原因が分からないのです。そのために結局、行き着く先は「親の育て方が悪かったからだ」ということになってしまうのです。

  世間の大多数の人は、まさか出産の際に、妊産婦本人にさえ無断で使われた陣痛促進剤が原因であるとは考えません。従って、親の責任だけが追及されます。
  以前、長崎市で起きた事件の際には、某国会議員が、親を引き摺り出して謝罪させろなどと言っていました。しかも多数のメディアが、それに同調する記事を書いていました。
  そうした世間の無理解から、家族は職場を失い、住む所を失い、行く所さえ失ってしまいます。現に過去に起きた事件の犯人の家族は、ほとんどが行方知れずの状態になっています。ここにもう一つの悲劇が起きています。悲しい現実です。


  **** ○ ○ ****


  【 医療少年院で行われる医療 】

  少し前に、神戸市須磨区の連続児童殺傷事件の犯人、酒鬼薔薇聖斗こと少年Aが、医療少年院を仮退院したという報道がありました。
  そして、その時の報道によって分かったことは、どうやら酒鬼薔薇聖斗こと少年Aに対して医療少年院では、数人のグループを創って行った「家族ごっこ」が、唯一の“ 治療 ”だったようです。その結果、贖罪教育が完了し、精神的にも良好な状態になったので、仮退院が決まったのだそうです。それ以外には、出所後に備えて職業訓練をしただけであるということでした。

  これに対してまず疑問に感じるのは、疑似家族を創って「家族ごっこ」なるものをして育て直しをすれば、精神障害が治るのかということです。なんでも精神科の医師も加わって創られた専門のグループだということですが、やはり少年の生育暦に問題があったから、あのような凶行に及んだのだと考えたようです。要するに「親の育て方が悪かった」からだという考え方です。

  今更、ここで改めて申し上げるまでもなく、少年Aの無意識段階にインプリントされている『人(弱者)を殺して(壊して)自分も死ぬ(壊す)』という行動様式及び思考形態は、贖罪教育を受ければ消えるという種類のものではありません。たとえ理性や知識で押さえ込もうとしても、止むに止まれぬ衝動として湧き上がって来るものです。うつ病にしても、精神分裂病 (統合失調症) にしても、パニック障害にしても、どれほどの理性と知識と才能があっても発症が抑えられないのと同じことです。教育や薫陶やしつけでは、解決されないものなのです。

  このことは、大阪教育大付属池田小学校・連続児童殺傷事件の犯人である宅間守死刑囚の場合を考えれば明白です。この男にも、同じプログラムがインプリントされていました。
  小学校に侵入して、何人もの児童(弱者)を殺したのは、その原始的プログラムによるものです。つまり、『人(弱者)を殺して(壊して)自分も死ぬ(壊す)』という例のプログラムが引き起こした悲劇的犯行だったのです。
  そうした行動様式及び思考形態に無意識的に支配されていたために、あのような極めて凶悪な犯行が行われ、また上級審の裁判を自ら取り下げることによって、『 自分も死ぬ(壊す) 』 という最終目的を実現しようとしているのです。
  そして、ここで注目しなければならないのは、宅間守死刑囚が例の凶悪な犯行を行ったのが、三十七歳の時であったということです。それなりの教育を受けて、それなりの知識を獲得して、それなりの経験を積んだにも拘わらず、あのような犯行を行ったのです。

  また、文京区音羽の幼稚園児殺害事件の犯人である山田みつ子受刑者の場合も、犯行当時、三十五歳でした。蓄えた智識、教養はもとより、お寺の副住職の夫のもとで、自らも坐禅を組むほどの熱心な仏教徒でした。その彼女が、自分でも動機が明確に説明できないような、凶悪な犯行を行ったのです。理性や智識によっては、知人の幼児の首を絞める手を止められなかったのです。幼女が死ぬまで、首を絞め続けたのです、

  つまり、このことは例の原始的なプログラムが解除されない以上は、成人した酒鬼薔薇聖斗こと少年Aも、またいつ何時、宅間守死刑囚、山田みつ子受刑者と同じ犯行を行うか、誰にも分からないということです。
 これは、なんとも、恐ろしい事態です。現代の精神医療が、薬漬けの治療が優先されていることの代償です。患者の障害(病気)を治すことを第一儀に考えていない、今の医療制度が招いた弊害です。もし彼がこの後、再び人を殺したら、誰がどのような責任を取るのでしょうか。

  そして、このことは同時に、今回の十一歳の女子児童についても言えるのです。精神鑑定を行って病名が決まれば、それで万事が終わったということにはならないのです。その女児が抱えている心の病気、精神的な障害を完全に取り除かなければ、更正したことにならないからです。再犯が防げないからです。
  現代医学は、そのために何をするのでしょうか。結局は、少年Aの場合と同じく、第二の「家族ごっこ」をして、世間が忘れた頃に、こっそりと社会復帰させるのでしょうか。これもまた、なんとも恐ろしい事態です。


  今はただ、成人した少年Aも、未来の少女Aも何事もなく、無事に今後の長い余生を過ごすことを祈るばかりです。

  ともかくももう一度、ここで繰り返しておきますが、子どもを産むときは、必ず自然分娩で産んであげてください。
  もし自分の子供が、人を殺せば、殺人犯の親というレッテルが生涯付きまとうことになります。悲惨な人生が待ち受けています。
  自分でも知らないうちに使われないように、陣痛促進剤の使用は最初から、明確に拒否してください。生まれて来る子供のためだけでなく、家族のためにも。
  何か事件が起きてからでは、取り返しがつかないのですから。


    2004.   6.  21 .        店主記す






  2004年9月15日、上記の女子児童に対する処分が決まりました。

  『 長崎県佐世保市で起きた、同級生の女子児童を殺害した犯人の女児に対して、長崎県家庭裁判所佐世保支部(小松平内裁判長)は、児童自立支援施設に送致し、行動の自由を制限できる強制措置を2年間取れるとする保護処分を決めた。』(2004.9.16 朝日新聞 参照)

  結局のところ警察も医者も裁判所も、今回の事件の真の原因について、ほとんど何も調べなかったようです。そして、原因はこれまでどおり、やはり『親の育て方が悪かった』からだということになってしまったようです。翌日の九月十七日付けの朝日新聞、社説の見出しは、『子育てに鳴らした警鐘』となっていました。
  これは判決文の中で、両親に関して、
   『 ----情緒的な働きかけは十分でなく、おとなしく手のかからない子として問題を見過ごして来た。ーー 略 ーー とはいえ、両親の女児への目配りは十分でなく、両親の監護養育態度は女児の資質上の問題性に影響を与えている。』

  と述べていることから来ています。要するに、遠まわしながらも原因は、親の育て方にあったと言っているわけです。親が問題点を見過ごしたから、人を殺すような女児に育ってしまったというのです。

  それならば、親がどういう育て方をしたら、人殺しをしない子供に育つのかという疑問が生じます。なぜならこの決定では、殺人を犯した女児Aに対して、何か精神的な障害があったとは判断されなかったからです。つまり裁判所の判断は、ごく普通の子供たちでも、人を殺することがあるのだと言っているのです。
  世間一般の親たちにとっても、その点が、最も知りたいことだったに違いありません。自分たちの子供も、いつ人を殺すか分からないからです。しかし、それに関しては、何も説明していないのです。なんともいい加減な判決です。

  従って、女児Aに対しては今後、治療は、何も行われません。障害が無い以上は、治療の必要性も無いからです。児童自立支援施設に送致されて行動の自由は制限されますが、それは治療が目的ではありません。情緒的な混乱から生じる自傷行為を防ぐためです。
  ですから女児Aが抱えている病理は、そのまま、放置されます。そして、二年後には、十三歳になった女児Aが、社会に復帰します。
  私がここでわざわざ指摘するまでもなく、女児Aが再度、今回と同様の事件を起こさないという保障は、どこにもありません。もし起こしたとしたら、誰が、どのような責任を取るのかも分かりません。次に人が殺されたときに、ようやく治療が必要だったと気が付くことになるのでしょう。なんとも恐ろしい事態です。

  **** ○ ○ ****

  さて、上記のように長崎県佐世保市で起きた事件は、日本中の人たちが注目した事件であったにも関わらず結局、悲劇の原因は何もつかめませんでした。結果的に裁判所は、ごく普通の子供たちでも人を殺すことがあり得るという結論を出したのです。正常な精神状態の十一歳の女児が、平気で人を殺せるというのです。なんとも恐ろしい結論です。

  そんな結論は、絶対に容認できないというのが私の主張するところです。その主張の正当性を理解していただくために、その根拠となる点を幾つか指摘しておくことにします。

  判決文の中で、女児の人格特性の一つとして、
   『(2)女児の情緒的特性
      幼少期より泣くことが少なく、おんぶや抱っこをせがんで甘えることもなく、一人でおもちゃで遊んだり、テレビを見たりして過ごすことが多いなど、自発的な欲求の表現に乏しく、対人行為は、受動的だった。』(2004.9.16 朝日新聞 参照)

  という注目すべき点が上げられていました。これはおそらく、医師が提出した精神鑑定書に基づいたものでしょう。
   ( しかしながら、このような精神構造を持つ人格がなぜ創られたのか、こうした特徴をもった女児に育ったそもそもの原因は何なのかという点については、まったく触れられていないのです。つまり、もっとも根本的な部分を調べようともせずに、結果的に親を追い詰めるような判決文の書き方をしているわけです。)

  ところで、もし精神医学を専門とする医者であれば、この部分を一読しただけで、これが自閉症児の特徴に被さってくる症状であることに気がつくはずです。
  前に紹介したように、自閉症児の特徴としては、次のようなものが挙げられます。

 ○ 母親をはじめとして、他人と視線を合わせようとしない。
 ○ 抱っこされたり、あやされたりしても喜ばない。
 ○ 同年代の子供に興味を示さない。他の子と一緒に遊ぶこともない。
 ○ 特定の行動を儀式のように延々と繰り返す。一つのことに没頭する。
 ○ 環境の変化を嫌う。普段と異なる場所へ行ったり、家具の位置が変わっていると状況によっては、パニックを起こすことがある。
 ○ 独り言やオウム返しが多く、言葉によるコミュニケーションが成立しない。

  これに対比させるために、下に再度、女児の特徴を羅列しておきます。

  ○ 幼少期より泣くことが少なく、
  ○ おんぶや抱っこをせがんで甘えることもなく、
  ○ 一人でおもちゃで遊んだり、テレビを見たりして過ごすことが多い
  ○ 自発的な欲求の表現に乏しく、
  ○ 対人行為は、受動的だった。

  以上のように、程度の差こそはあるものの、女児Aの幼少期は、母親だけでなく他者との関係が、自閉症児の特徴とかなり似通った状態にあったことが分かります。
  つまり、普通に考えれば、この女児は出生時に重篤な精神疾患である自閉症が創り出される原因と、同じ状況下に置かれたのではないかと考えられるわけです。
  もう少し踏み込んだ言い方をしておくと、自閉症の原因に陣痛促進剤の使用が関わっていると考えられたように、この女児の特異な精神構造にも、陣痛促進剤の使用が関与したのではないかということです。

  しかも、この女児に関しては、そのほかにも、
 ○ 主観的・情緒的なことを具体的に表現することが苦手である。
 ○ 言葉や文章の一部にとらわれやすく、文章の文脈やある作品が持つメッセージ性などを読み取ることが出来ない。
 ○ 聴覚的な情報が中心となる会話によるコミュニケーションでは、文脈理解などの不器用さが際立ち、相手の意図を理解して返答したり、自分の気持ちをうまく表現したり出来なかった。

  といった点が指摘されています。
  これ等が何に由来するかを考えれば、当然結びつく推測は出産時に、脳の一部が破壊されたためではなかろうかということになります。アスペルガー症候群や、学習障害と同じ原因であるということです。つまり、陣痛促進剤が使用されたための脳の障害(損傷)が根底にあるに違いないということです。


  もしかすると医療の専門家、司法の専門家、犯罪捜査の専門家といった人たちは、こうした普通の考え方をしない人たちなのかも知れません。そのために女児Aの、出産時にまで遡る調査が行われなかったのです。
  しかし、それではいつまでたっても、問題は解決されません。つまり原因は、何時までたっても解明されないということです。

  ともかく女児Aは、精神的な障害があるとは判断されませんでしたから、施設に収容されても治療は何も行われません。女児Aが抱えている病理は、完全に放置されたままです。薬漬け医療が中心の現代医学で治せるかどうかは別としても、本人が自分の障害(病理)を自覚していない以上、自分で治そうと努力することもありません。
  「酒鬼薔薇聖斗」が例の凶悪な事件を起こしたのは、十四歳の時でした。大分の一家六人殺傷事件の犯人は、十五歳でした。佐賀県のバスの乗っ取り犯は、十七歳でした。「てるくはのる」の事件の犯人は、二十一歳でした。先日、突然、死刑が執行された宅間守死刑囚の場合は、三十七歳でした。文京区音羽の幼稚園児殺害事件の犯人で、現在服役中の、山田みつこ受刑者の場合は、犯行当時、三十五歳でした。
  今現在、十一歳の児童である女児Aが、何も治療を受けないまま放置された場合、果たして三年後に、六年後に、或いは、10年後、20年後に、再び凶悪な犯罪を引き起こす可能性が否定できないということです。

  ただし、この考え方の正当性が確認できるのは、次に人が殺された時なのかも知れません。その時になって、ようやくこの女児Aにも治療が必要だったと気付くのです。その場合は、果たして誰が、どのような責任を取るのでしょうか。

  ということで、、何度も同じことを繰り返しますが、子どもを産むときは必ず、自然分娩で産んであげてください。


     2004.   9.  23 .      店主記す






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒