【 佐世保女子高生殺害事件 】

 『人を殺したい』 十五歳 ・ 女子生徒の「狂気」(長崎県佐世保市)
 ――――――――――――――――――――――――――


  2014年7月26日。長崎県佐世保市で、公立高校に通う女子生徒が、同級生に殺害されるという痛ましい事件が発生しました。
  事件の概略は、およそ次のようなものです。

  市内に住む女子高生、松尾愛和さん(15歳)が、その日、家に帰らずに、行方不明になった。
  翌、7月27日の未明。その女子生徒を探していた警察官が、加害女子生徒(犯行当時15歳)の住む自宅マンションを訪れた。
  女子生徒は、松尾愛和さんについて、
  「知らない。夕方別れた。」と述べた。
  だが、不審に思った警察官が、室内に入ったところ、ベッドの上に、仰向けの状態の松尾愛和さんの遺体と、切断された頭部、及び、左手首を発見した。

  犯人の女子生徒は、自宅マンションにて、被害者の後頭部を、鈍器のようなもので十数回殴り、ひも状のもので首を絞めて殺害した。その後、首と、左手首を切断した。
  さらに、腹部が大きく切り裂かれており、臓器がはみ出していた。また胴体部分には、刃物で切ったとみられる複数の傷もあった。
  ベッドの周辺には、のこぎりやハンマーなどとともに、食べ物や、飲み物が散乱していた。

  犯人の女子生徒は、取り調べに対して、
    「人を殺してみたかった」
    「遺体をバラバラにしてみたかった」
    「体の中を見たかった」
  と言う趣旨の供述をしたという。

  女子生徒のマンションから、複数の凶器が見つかった。
     石頭ハンマー。
     テストハンマー。
     スレート切断用のノコギリ。
  女子生徒は、それ等の凶器を、
  「自分で買った」と供述した。
  発見された凶器のうち、のこぎりはベッドの上で、ハンマーはベッドの脇と、下から見つかった。

  ○  ○  *   ○  ○  

  被害者の松尾愛和さんは、事件の1週間ほど前、容疑者の家に遊びに行くと家族に話していた。容疑者は、自分から誘ったと供述している。
  26日昼、佐世保市内の繁華街で、二人で買い物を楽しんだ後、容疑者のマンションに戻った。
  同日、20時 〜 22時頃、女子生徒は被害者の後頭部を、工具で十数回殴り、さらに犬の散歩に使う引綱、リードで首を絞めて殺害した。直接の死因は、頸部圧迫による窒息死。
  犯人の女子生徒は、事件直後に衣服を着替え、また身体を洗うなどして、証拠隠滅と思われる行動をとっている。
  帰宅しない被害者を心配した家族が、警察に捜索願を提出した。

  取り調べに対し、女子高生は、
  「殴ってから首を絞めた。すべて私が1人でやりました。相手は、誰でもよかった。」
  と犯行を認めた。
  受け答えは、淡々としており、謝罪や、反省の言葉も無く、涙を流したり、取り乱したりすることも無かったという。長崎地検は、精神鑑定を検討。
  佐世保簡裁が、精神鑑定留置を認める決定を下した。

  犯人の女子生徒は、さらに次のように述べている。
  「ネコを解剖したり、医学書を読んだりしているうちに、人間で試したいと思う様になった」
  「中学生の頃から、人を殺したい欲求があった」

  県警は、女子生徒の家から、医学に関する書籍を押収した。その書籍は人体図など、体の仕組みを解説する内容で、女子生徒の部屋の本棚に置かれていた。
  凶器に使ったハンマーや、ノコギリについて県警は、頭を殴り、また遺体を切断するために、事前に準備したとみている。
  また、女子生徒は、自宅マンションの前で発見された当時、服には、血痕なども無く、県警は事前に着替えたものとみている。

  ○  ○ * ○  ○ 

  〔問題行動〕
    犯人の女子生徒は、すでに小学生のころから、様ざまな問題行動を起こしていた。
       突然大声を出したり、泣き出す事があった。
       感情の起伏が激しく、変人としてクラスで浮いていた。
       頭がとてもよく、勉強好きだった。
       医学書を読んだり、ネコを解剖するなどした 。

  (1) 給食に異物を混入。
    六年生の平成22年12月の初から、10日頃までの間。
    女子生徒(児童)は給食時、クラスメイト二人の味噌汁に、スポイトで5回にわたり、それぞれ水、ベンジン、漂白剤、衣料用の粉末洗剤の水溶液を、0.3ミリリットル程度を混ぜた。
    二名の子どもが、その給食を食べた。だが、とくに健康被害は出なかった。
   「一緒にやらない?」と、ほかの児童を誘うこともあった。
  このことは、クラスでは誰もが知っていて、公然の事実であった。
  1回目〜4回目は、女児を狙い、5回目は、男児を狙った。

  この問題行動が発覚すると、女子生徒(児童)は両親と一緒に、被害児童の親に謝罪した。
  市教委は、カウンセラーを配置し、加害生徒や関係した児童、親、教職員らに、計15回のカウンセリングを行った。
  加害少女は、この事件以後、学校を休みがちになり、たまに学校に来ても、孤立してしまっていて、話しかけられる雰囲気ではなかったという。
  その後、中学校に入学すると、小動物(ネコ)の解剖に夢中になっているという噂が広まった。そのため学校内では、「やや浮いた感じになっていた」という。

  (2) 金属バットで父親を殴打。
  2014年3月2日。女子生徒は父親が寝ている部屋に、突然、ガタンと入って来て、金属バットで、父親を殴った。父親は、頭蓋骨陥没、歯がボロボロになるくらい痛めつけられたという。
  そのために父親が、女子生徒を精神科に通院させていた。
  父親は医師から、「同じ家で寝ていると、命の危険がある」と助言された。それにより少女を、事件現場となった佐世保市内のマンションで、4月から、一人暮らしをさせていた。

  女子生徒の実母は、2013年10月に、すい臓がんで亡くなっている。
  父親は、その三ケ月後の2014年1月に、再婚した。

  (3) 精神科の医師から児童相談所に相談。
  2014年6月10日。 女子生徒を診察していた精神科医から、長崎県佐世保こども・女性・障害者支援センター(児童相談所)に、電話で相談が寄せられた。
  内容は、猫の解剖や、バットでの父親への暴力など、これまでの少女の問題行動をとりあげて、「このままでは、人を殺しかねない」というものであった。
   「小学校の時に、薬物混入事件を起こした」
   「猫を解剖したり、父親を金属バットで殴ったりしている」
   「このままいけば、人を殺しかねない」
  この相談に対して、児童相談所は、女子生徒の氏名などの個人情報が明らかにされなかったために、助言だけを行ったという。

  犯人の女子生徒は、警察の調べに対して、
  「中学生のころから人を殺してみたいという欲求があった」
  「ネコを解剖したり、医学書を読んだりしているうちに、人間で試したいと思うようになった」
  と述べている。

  犠牲になった松尾愛和さんは、特に親しい友人だった。
  女子生徒は、事件当日、部屋で一緒にテレビを見ていた時に、
  「我慢できなくなった」と供述した。
  また、
  「体の中を見たかった」
  「人を解体してみたかった」と供述している。

  事件後、女子生徒の自宅マンションの冷蔵庫から、猫の頭部が見つかった。このマンションの周辺は、野良猫が多い地域である。女子生徒は、
  「猫を解剖した事があり、人間でもやってみたかった」
  と供述している。従って、事件を起こす直前まで、猫を解体していた可能性がある。

  事件の3日前、父親の再婚相手である新しい母親に、女子生徒が、
   「人を殺して体の中を見てみたい」
   という話をしたという。
  県教育委員会によると、女子生徒は1学期に、3日しか登校していなかった。

  (4) 実母も標的に。
  犯人の女子生徒は、昨年2013年10月に病死した実母を、生前、殺そうと思った事があるという趣旨の話を、知人女性に伝えていたことが分かった。
  関係者らによると、昨年、寝ている実母を殺そうと寝室まで行ったが、思いとどまったと打ち明けられたという。
  その当時、母親は、ガンと診断されて、自宅療養をしていた。

  また、金属バットで殴打した父親についても、
  「殺すつもりだった」と継母に打ち明けていたことが分かった。
  これは事件の3日前の7月23日(水)、継母が運転する車で、精神科へ向かう途中の出来ごとであったという。

  (5) 犯行の道具と手順。
   使われた道具
     テストハンマー → 打音検査などで使う様なハンマー
     石工用ハンマー  → 叩いて石を砕く強力なハンマー 長さ約30cmの石頭ハンマー
     スレートノコギリ → 瓦や塀に使われるスレートを切断するための道具
    ただし、ノコギリの刃は薄く、刃渡り25cm
   いずれも500〜1000円程度で購入できる品物。
   これらの三点は、同時に購入したものではなく、2014年7月23、24、25日にかけて、一つずつ購入した。

   犯行の手順
    (1) ハンマーで被害生徒の後頭部を、十数回殴打した。
    (2) ヒモで首を絞めて殺害した。 (直接の死因は窒息死)
    (3) ノコギリで首と、左手首を切断した。
    (4) 刃物で、腹部を傷つけ、さらに大きく切り裂いた。

  (6) 女子生徒の家庭環境
    父親  ○○大学卒業、弁護士。
    実母(病死)  ○○大学卒、佐世保市の教育委員。長崎県スケート連盟会長を歴任。
    兄    ○○大学に在学中。
    本人  地域でトップクラスの進学校に在学中。スポーツで国体出場。芸術で県知事賞を受賞。
    実家は豪邸。 一人暮らし用のマンション、及び、100万円の現金を与えられる。
    ペットの犬が一匹

    ただし、父親(53歳)は、2014年(平成26年)10月5日、自宅で首を吊って自殺した。「私は生きていていいんでしょうか」などと代理人弁護士に話しており、今回の事件にショックを受け、悩んでいたという。ここに、もう一人の犠牲者が出たことになる。


  ***** ○ **** 


  この事件が起きた長崎県佐世保市では、過去にも、今回とほぼ同様の事件が起きています。小学6年生の女子児童が、同級生を殺害した事件です。
          ↓

   ○ 2004年6月1日。 零時45分ごろ、事件が発生。
   ○ 長崎県 佐世保市 大久保小学校。
   ○ 六年生の女子児童、御手洗怜美(みたらいさとみ)さん、十二歳が、首をカッターナイフで切られて死亡した。
   ○ 犯人は、同級生。十一歳の女子児童。
   ○ 死因は、頚動脈を切られたことによる失血死。
   ○ 一部の報道によると加害女児は、女児を殺害後、その顔を踏みつけたという。

  従って、この事件から、ちょうど10年後に、今回の事件が起きたことになります。
  市の教育委員会では、前回の事件を受けて、命の大切さを教えるカリキュラムを設けたということです。学校教育によって、同様の犯罪が、防げると考えたのです。
  ただし、そのようなものが何の役にも立たないことは、すでに申し述べた通りです。教育や薫陶や躾けでは、出生時にインプリントされている殺人衝動を、取り除くことは出来ないのです。まったく見当違いの努力であり、無駄な骨折りです。
  結局のところ、この10年間、警察も、医者も、裁判所も、前回の事件の“真の原因 ”については、何も調べなかったということです。出生時にまで遡って調べなければ、問題の本質は、何も見えて来ないことが解っていないからです。
  今回もまた、テレビには、いつも登場する精神科の医師や、犯罪心理学の専門家や、教育評論家といった人たちが出演して、前回と同様、分かったような分からないような解説や、議論を繰り返しています。まさに無益な論争です。


  今回の事件でも、多くの人たちが見落としているのは、次のような点です。
  (1) 首・肩から上は、人の頭部である。
     つまり犯人の女子生徒は、被害女子生徒の頭部を傷つけたのである。さらに、頭を支えている首を切断したのである。それは、かつて「酒鬼薔薇聖斗」が行った犯行と、まったく同じである。
  (2) 犯行に使った凶器は、本来、人を殺すためのものではない。
      テストハンマー → 打音検査などで使うハンマー
      石工用ハンマー  → 叩いて石を砕く強力なハンマー 長さ約30cmの石頭ハンマー
      スレートのこぎり → 瓦や塀に使われるスレートを切断する道具
  これ等の道具類は、そもそも人を殺すためのものとして、ふさわしいものではない。これは「酒鬼薔薇聖斗」が、最初、ショックハンマーや、八角げんのうを凶器として使用したのと同じである。つまり、人を壊すことが目的であり、具体的には『人(弱者)を殺して(壊して)自分も死ぬ(壊す)』という行動様式・思考形態に基づいて行われた犯行である。結果として、凶悪な殺人事件が起きたのである。
  そして、人の頭部(顔面)を壊すことが、この種の犯人たちの第一の目的である。今回は、そのために使われた道具が、最初は金属バットであり、次が、石工用ハンマーであった。金属バットは、父親の頭部(顔面)を破壊するために使われた。また石工用ハンマーは、被害女子生徒の頭部を破壊するために使われた。


  佐世保小6女児殺害事件の犯人は、2004年6月1日当時、11歳でした。従って、1993年に生まれました。
  今回の事件の犯人の女子生徒は、2014年7月26日の犯行当時、15歳でした。従って、1999年に生まれました。
  ですから、この地域の産婦人科の病院では、少なくとも1993年から1999年までの六年間は、陣痛促進剤を使い続けていたことになります。ここに、すべての原因があるのです。
  しかも、同様の事件が、これからも繰り返される余地が、そこに担保されていることになります。つまり、今回と同じような事件が、まだまだ繰り返される可能性があるということです。


   ****  ○  ****


  以上のように、ここまでは前回の事件と同様、「陣痛促進剤」の使用によって、出生時にインプリントされたプログラムによって引き起こされた犯行と理解することが出来ます。
  つまり、
  「中学生のころから人を殺してみたいという欲求があった」
  事件当日、部屋で一緒にテレビを見ていた時に、
  「我慢できなくなった」

  これ等は、無意識の領域に閉じ込められていた欲求が、徐々に表面に浮上して来て、意識されるようになったことを物語っています。潜在的な欲求が、次第に顕在化したのです。
  それは犯人の女子生徒が、思春期に入って、性に目覚めると同時に、殺人欲求も目覚めたことを意味します。つまり、胎内期、出産時に原因が創られる統合失調症(精神分裂病)が、思春期精神病と呼ばれるのと同様、出生時にインプリントされたプログラムが、性的欲求の発現と共に顕在化し、殺人衝動となって表面化したのです。
  原始的欲求である性欲は、肉体の成長によって目覚めますが、出生時にインプリントされていた自己破壊の欲求も、同時に目覚めさせるのです。そして、自分自身が破壊された時の体験が、そのまま他者に向けられるものが、殺人衝動です。その殺人衝動は、最終的には自分自身に向けられて、自己破壊が実現されるのです。

  例の「酒鬼薔薇聖斗」の事件では、初めて犯人の少年が精通を体験したのは、異性を意識した時ではなく、猫を解剖をした時であったということです。つまり、性的興奮と、弱者を壊す行為、すなわち殺人欲求が一体化しており、強固に結び着いていたのです。それ故に、猫の解剖が、性的な興奮を生じさせたのです。ここに快楽殺人のメカニズムが隠されていることになります。

  犯人の女子高生は、肉体の成長と共に、遅れてやって来る原始的欲求が目覚め、同時に、出生時にインプリントされていたプログラムが自然発動し、自分自身がかつて体験した出来事を、他者に対して“再現・復元”することによって、極めて凶悪な犯行を引き起こしたのです。ここに出生時に使用された陣痛促進剤が関わっているのです。


   **** ○ **** 


  ただし、今回の事件では、犯人の女子生徒は、これまでの事件の犯人たちとは異なる犯行を行いました。何と、被害者女子生徒の腹部を、大きく切り裂き、内臓を露出させたのです。
  これまでにも遺体がバラバラに切断される事件は起きていますが、腹部を切り裂くことが目的にされたことはことはありません。
  犯人の女子生徒は、取り調べに対して、
    「人を殺してみたかった」
    「遺体を解体してみたかった」
    「体の中を見たかった」
  という趣旨の供述をしたということです。

  従って、この女子生徒には、殺人欲求以外に、人体を解剖してみたいという欲求がインプリントされていたことになります。具体的には、「人の体の中を見たい」という衝動です。
  そして、この猟奇的な行為も、やはり同じプログラムによって実行されたものと考えられるのです。つまり、この犯行も、出生時に自らが体験した出来事であり、その体験が、後年“再現・復元”される形で行われたものであろうということです。

  そして、このことに関連付けて考える必要性が生じるのが、次の事件です。
         ↓

  (1) 給食に異物を混入。
    六年生の平成22年12月の初から、10日頃までの間。
    女子生徒(児童)は給食時、クラスメイト二人の味噌汁に、スポイトで5回にわたり、それぞれ水、ベンジン、漂白剤、衣料用の粉末洗剤の水溶液を、0.3ミリリットル程度を混ぜた。
    二名の子どもが、その給食を食べた。だが、とくに健康被害は出なかった。
   「一緒にやらない?」と、ほかの児童を誘うこともあった。
  このことは、クラスでは誰もが知っていて、公然の事実であった。
  1回目〜4回目は、女児を狙い、5回目は、男児を狙った。

  〔水を混ぜた!!。〕
  女子生徒は、給食の味噌汁に“ 異物 ”を混入しました。ただし、その中に、“水”が含まれているのは、極めて不可解です。
  水は、そもそも人に危害を加えるような、異物とは言い難いものだからです。しかも、スポイトで、0.3ミリリットル程度を混ぜたというのです。他の薬物も、決して猛毒ではありませんから、0.3ミリリットル程度を摂取したとしても、人体にはほとんど影響を与えなかったのです。

  この行為も、女子生徒自らが体験した出来事であり、その体験が、後年“再現・復元”される形で行われたものであろうと考えられるわけです。つまり、食事に薬物を混入させた行為は、かつて女子生徒が自ら体験した出来事であったということです。

  〔新生児に薬を飲ませる。〕
  乳幼児に薬物を与える際は、成人の場合とは異なり、様ざまな細かな注意が必要です。調べてみたところ、次のような点に注意する必要があるということです。

  乳幼児に飲ませる薬は、成人が飲む分量の数分の一です。つまり、体重に応じた分量を、正確に計る必要があるのです。
  薬は、水と一緒に服用した時に、吸収率が良くなるように調整されています。従って、牛乳などと一緒に飲むと、吸収率が悪くなることがあります。
  粉薬は、できるだけ水または湯ざましで溶いて飲ませます。しかし、どうしても嫌がるときは、ジュース、或いは、冷たいもの(シャーベット、アイスクリーム、ヨーグルト等)と混ぜ合わせ、味覚を鈍くして、飲みやすくする方法がとられます。
  水薬の場合は、ビンを、泡が立たないように振り、スプーンや、スポイト、カップ、シリンジ(注射器)などで、1回の分量を正確に計って飲ませます。
  錠剤や粉薬は、あらかじめ水を飲ませて、口の中を湿らせておき、十分な量の水とともに下を向いて飲ませます。
  薬が全くのめない状態では、治療になりませんから、いろいろ工夫をして飲ませます。ただし薬を、ミルクに混ぜると、ミルクの味が変わり、ミルク嫌いになることがあります。そのお子さんの好きなものに溶かしたり、或いは、混ぜて飲ませます。チョコレートやココア味は、混ぜると薬の味がほとんどしなくなります。また、製氷皿などで凍らせて、シャーベット状にする方法もあります。

  この中には、犯人の女子生徒がスポイトを使って、少量の薬物を、食べ物に混入させる行為の原形となったものが含まれています。つまり、犯人の女子生徒は、自分自身が体験した出来事を、かなり忠実に再現・復元していた可能性があるということです。

  そして、この内容を、もう一つの欲求である、
    「遺体を解体してみたかった」
    「体の中を見たかった」
  という衝動と結びつけると、ここに、ある状況が浮かび上がってきます。
  つまり、犯人の女子生徒は、生れて間もなく、腹部の外科手術を受け、その治療のために、薬物を飲まされたのです。その時の一連の出来事が、強い心的外傷となって残されており、しかも、それがインプリント・プログラムとして、脳裏に深く刻み込まれていたのです。
  従って、この一連の犯行も、もともとは女子生徒が、かつて自ら体験した出来事であり、その体験が、後年“再現・復元”される形で行われたものであるということです。
  ですから、おそらく女子生徒の出生時の状況を調べれば、これ等の行為の原形となるものが見つかるはずです。出産直後に受けた外科手術と、その後の投薬治療です。

  そのことを一番よく知っているのは母親ですが、その母親は、すでに他界しています。父親も知ってたと思われますが、残念ながら、その父親も亡くなってしまいました。それにより、貴重な手掛かりが、すべて失われてしまったような気がします。


 **** ○○ ***** 


  また、被害生徒の左手首を切断した犯行も、やはり出生時に体験した出来事が原形になっていると考えられます。そして、これは自分で自分の手首を傷つける、リストカットと呼ばれる自傷行為と同じ原因によるものと思われます。

  病院で産まれる新生児には、取り違え事故が起きないように、赤ちゃんが生まれると、すぐにその場で、油性ペンで赤ちゃんの足の裏に、母親の名前を書きます。その後、さらに手や足に、名札の付いたベルトや、タグが装着されます。
  そのベルトやタグは、ハサミで切らなければ外せないほど、丈夫な素材で出来ています。リストバンドと呼ばれています。バーコードの付いた、母子一体型のものもあります。
  通常は、手首と、足首に装着します。それにより、もし、どちらかが外れても、もう一方で確認することが出来ます。

  ただし、赤ちゃんの成長が早いために、そのベルトやバンドが、すぐにきつくなってしまいます。だからといって、新生児は、すぐ退院して行くために、新しいものと交換することはしません。最後まで、同じものが使われます。そして、退院する際に、ベルトをハサミで切って、取り外します。

  この出生直後に取り付けられたリストバンドの記憶が、自分の手首に対する違和感として残されるのです。何事も無ければ、その記憶が顕在化することはありません。しかし、やはり思春期に入って、性に目覚める頃に鬱状態に陥ると、原始的欲求と共に意識の表面に浮かび上がって来ることがあるのです。そして、インプリントされているプログラムによって、自分の手首に傷を付ける行為が行われるのです。

  この女子生徒の場合は、退院までの期間が長くなったために、ベルト又はバンドの手首への食い込みが、かなり強くなったと考えられます。つまり、通常より強い圧迫感があったのです。そして、その出来事が、強くインプリントされていたため、被害者生徒の手首を切断したい欲求が生じたのです。つまり、そうした背景から、この犯行が行われたものと考えられるわけです。


 **** ○○ **** 


  今回も、また同じことを繰り返しておきますが、赤ちゃんを産むときは、必ず自然分娩で産んであげてください。
  もし自分の子供が、人を殺せば、殺人犯の親というレッテルが、生涯付きまとうことになります。悲惨な人生が待ち受けています。場合によっては、この事件の父親のように、憐れな末路をたどることになるかもしれません。(-人-)。
  陣痛促進剤の使用は、最初に、明確に拒否してください。生まれて来る子供のためだけでなく、自分自身のためにも。家族のためにも。社会のためにも。
  何か事件が起きてからでは、取り返しがつかないのですから。


    2014.   10.  10 .     店主記す






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒