万有引力とは何か・・〔その 二〕 −1 (色即是空の真実)
 ―――――――――――――――


   【 万有引力の新定義 =  人の目に見える世界、見えない世界の万物(森羅万象)が、次元の壁を超えて相互につながっている。 そして、一定の目的と必要性に応じて、互いに引き合う。 そこに働く“力”が、万有引力である。 】


  ほとんどの方がすでにご存知のように、アイザック・ニュートン(1642年〜1727年)は、りんごの実が木から落ちたのを見て、この“力”を発見しました。( ただし、これは創作されたお話だそうです。)
  物体と物体が互いに引き合うために、りんごの実が地面に落ちるという現象が起きるのです。そこに働く“力”を、「万有引力」と名づけました。
  そして、この力は、光の速度を超えて相手に伝わっていると考えました。

  また、アルバート・アインシュタイン(1879年〜1955年)は、1916年に発表した『一般相対性理論』の中で、重力波という考え方を提示しました。
  それによると質量を有する物体の周囲の空間は歪んでおり、物体が運動すると、空間の歪みの様子が変化します。それが波として周囲に伝播します。これが重力波です。
  そして、その波は、光の速度で伝わると考えました。
  この考え方を立証するために現在、世界各国で大掛りな実験装置を建設して、莫大な費用を投じて研究が行われています。もし見つかれば大発見ですが、見つかるという保証は何処にもありません。もちろんこれまでに掛かった費用は戻って来ません。
  それでも、その存在を間接的に証明して、ノーベル物理学賞を受賞した研究者がいるということですから、いずれは直接的な証拠が見つかるかも知れません。
  それが見つかった時に、初めて重力波の存在が確定し、またその波動が光の速さで周囲に伝わることが証明されます。

  ( 1974年。Hulse と Taylor により、連星パルサーPSR1913の公転周期が減少していることが発見された。これは重力波の放出にともなう、エネルギーの減少によるものであると証明された。彼等はこの発見により 1990年、ノーベル物理学賞を受賞した。)

  《 しかしながら、ここに一つの疑問が生じます。我々がいるこの宇宙は、約三百億光年の広がりがあると考えられています。そして宇宙の中心部分から対極にある星同士は、互いにもの凄いスピードで離れています。しかも真空のエネルギーによって宇宙の膨張が加速しているために、そのスピードはさらに早まっています。ですから両者が離れる速度は、もしかすると光の速さを遥かに超えているかもしれないのです。
  従って、一方の惑星で発生した重力波の影響は、永遠にもう一方の惑星に及ばないことになります。つまり全宇宙的にみると部分的に、重力の濃淡が出来てしまうわけです。しかもその濃淡が永遠に混じり合わないとしたら、全宇宙が重力によって閉じられることは無くなります。要するに開かれた宇宙であることが、最初から決まっていることになるのです。
  もしかしたらアインシュタインの考え方の基本部分には、光の速度は一定であり、この世界には、それよりも速いものは無いという考え方があったのかもしれません。そのために、光より速いものがあったら成り立たない方程式を組み立ててしまったのです。
  その当然の帰結として重力波も、光の速度で伝わるということになったのです。因みに電磁波も、光と同じ速さで伝わります。ですから重力波というものがもしあるとすれば、やはり光速で伝わると考えたのは自然な成り行きだったのかも知れません。
  いずれにしても、その直接的な証拠が見つかったときに再度、この議論が蒸し返されます。すべてはその結果待ちということになります。 》


 *** ○○ * ○○ ***


  さて、上に紹介した考え方は実は、余りにも狭い考え方であり、この“力”の実態を把握したものではないというのが、これから申し述べる私の考え方です。
  なぜなら前にも述べましたが、この力は、超次元的に機能していると考えられるからです。この力は全宇宙の万物(森羅万象)を、リアルタイムで相互に結び付けており、三次元世界の物理法則に拘束されない力だからです。
  つまり実際には、見ることも聞くことも出来ない宇宙の果ての情報が、この力によってリアルタイムで、この地球上にいる我々の所まで届いているのです。
  ただし我々には、その情報を取り出すことが出来ないのです。ですから、もしそこから情報を取り出すことが出来たら、全宇宙で起きている様々な出来事を、リアルタイムで知ることが可能になることでしょう。

  そうした超次元的に機能している力に対して、我々はこれまで、目に見える現象だけに限定して理解して来たのです。つまりこの“力”を三次元的な力であると、勝手に思い込んでいたのです。もちろんニュートンの考え方もアインシュタインの考え方も、この範囲を超えていないわけです。余りにも狭い考え方というのは、このことを指します。

  アインシュタイン以後にも、大統一理論、超弦理論、超対称性理論、くりこみ理論、などなどの様々な考え方が提出されました。しかし、そうした状況は今でも、まったく変わっていません。
  なぜなら現代科学は目に見えない世界、つまり超次元的な世界の存在を想定していないからです。それは科学者には理解することができない世界だからです。
  それ故に幽霊は存在しないし、超能力は存在しないし、超常現象も存在しないということにならざるを得ないのです。科学的に解明されないものが存在しては、自分たちに都合が悪いからです。要するに、自分が知らないものは、すべて存在しないという小さな子供と同じ発想をしているわけです。

  そのためにこれまで様々な不思議な現象、不可解な現象が、何も説明が付けられないまま放置されて来ました。
  そして、実際に起きている出来事であるにも関わらず、存在しないものとして扱われて来たのです。すべてが目の錯覚や、幻覚、妄想にされてしまったのです。或いは、単なる偶然の積み重ねであるとして、天文学的な数字を並べて、その確率を計算するだけだったのです。

  これまでは、そこに必然性があるとは、誰も考えなかったからです。また、そこに我々が知らない新たな原理・法則が存在することに、誰も気付かなかったからです。
  そして人々は、何とも不思議な出来事である、不可解なことが起きるものだと、遠巻きに眺めるだけで済ませてきたのです。

  ただしわずかな希望としては、素粒子理論の超ひも理論、及び最近になって登場したM理論というもので、この世界が十次元or二十六次元、又は十一次元であるという数字が算出されたことです。
  つまり我々は、なにがなんだか分からない世界の中に居るらしいことに、ようやく気付き始めたのです。
  ですから近年、新たに発見された真空の力(エネルギー)も含めて、すべての力を統合的に説明できる方程式でなければ、この世界の成り立ちを説明するものにはなり得ないのです。従って、まったく新しい理論の構築が必要になります。
  それが現時点で、どの程度まで進んでいるかは不明ながらも、その新たな理論によって、初めて、心霊現象、超常現象の存在が明らかになることでしょう。
  ただし権威主義の科学が横行している今の状況が改められない限りは、まず実現しませんから、どうやら当分先のことになりそうです。


  ○  ***  ○


  先に『万物(森羅万象)は “リアルタイム” でつながっている』のページで紹介したように、万物(森羅万象)がリアルタイムつながっていることは間違いありません。そして、それ等が互いに引き合うことによって、我々がいるこの三次元世界で、様々な不思議な現象が発生するのです。時として、不可解な出来事が起きるのです。

  人の目に見えない世界の代表的な出来事としては、思考の世界、記憶の世界をあげることが出来ます。
  これは我々の心の中で実際に起きている現象であり、前に申し述べたように、脳という次元の壁を超えることが出来る装置によって活動している世界です。我々にはごく身近な現象であり、また誰もが実感できる代表的なものです。

  そして、これはほとんどの人が経験することですが、すでに忘れ掛けているような遠い過去の出来事を思い出そうとしても、すぐには思い出せないことがあります。そうした時に我々は、すぐに思い出せる幾つかの手掛りに関連させながら、その目的の記憶を手繰り寄せていきます。
  たとえばその出来事が起きた年代や、そのことに関連する物、関連するほかの出来事、関連する人とのつながりなどから、本来の目的の出来事を思い出すことが出来ます。
  まさに芋づる式に、遠い過去の記憶を手繰り寄せていくわけです。つまり我々の思考・記憶の中では、そうした様々なものが相互につながりを持っており、密接に関連付けられているのです。それ故に、忘れかけていた遠い過去の記憶を呼び起こすことが出来るわけです。

  フロイトが精神分析の技法として取り入れた『自由連想法』は、このような現象が存在することによって成立します。
  すぐには思い出せない無意識界に閉じ込められた記憶も、意識の表層部に浮かんで来る様々な記憶との関連性で、かなり時間は掛かるもののなんとか手繰り寄せることが出来るのです。そして原因になっていた記憶を、その当時の感情と共に今現在の記憶として呼び戻したときに、症状が消えるのです。つまり病気が癒るわけです。

  従って、我々の思考の世界、記憶の世界には、確かにこの“力”が機能しているということであり、言い換えれば人の目に見えない世界、すなわち次元を超えたあちら側の世界にも、この力が機能しているということです。
  こうした認識を確かなものとしたときに、初めて、これまで我々が見逃していたものが見えてくるのです。


   ○  ***  ○


  万物(森羅万象)がつながっていると言っても、なにしろ人の目に見えない世界の出来事ですから、容易には信じられないに違いありません。実感として感じられないからです。
  しかし、実は“見える人”には、それが見えるらしいのです。このことに関係すると思われますので、次のような出来事を紹介しておきます。

  かつてパソコン通信が全盛だった頃のことですが、そうした不思議な現象を取り扱っている会議室で、ある女性とお話をしたことがあります。その女性は何と!、自分自身の守護霊(神)の存在が分かるという人でした。
  ただし、その女性自身も、最初はまさかそれが自分の守護霊であるとは思っていなかったようで、なぜか自分の後ろに、いつも女の人がいる。顔は見えない。見えるのは、せいぜい手から先くらいである。煩わしいから、あっちへ行けと言って怒っても、どこへも行こうとしない。(たいていの霊はこうすると、すごすごと退散するということでした。) なぜか自分にまとわりついている。これは一体、何なんだろうといった感じの発言でした。
  そして、それはごくごく普通のおばさんのような女の人だとも言っていました。
  その女性自身は『後ろの人』という言い方をしていましたが、いろいろな資料で調べてみると、それは背後霊、すなわち守護霊(神)と考えるのが正しいのではないかと思った次第です。

  この女性の霊的な能力は半端ではなく、霊が見えるのは日常茶飯事のことで、それ以外にも様々な離脱体験を経験していました。
  自分の身体から、ふわふわと漂うように抜け出した魂(意識主体=霊体)が、いろいろな世界へ出かけて行くことが出来るということでした。
  その時に、初めて私は、見える人には見える何者かが存在し、分かる人には分かる現象が確かに起きている。科学では説明することの出来ないことが、実際に起こっていることを知った次第です。

  そして、その女性は幼少期の或る時期、人々から糸のようなものが数え切れないほど出ているのが見えたということでした。その糸は無数にあって、甚だしい時にはそれがもやのように見えて、人々がそのもやのような糸の中を泳いでいるように見えたということでした。
  しかもその糸は、様々なつなかり方をしていて、時にはその人のすぐ前で、ストンと下に垂れ下がっていて、直接にはその人と結ばれていないものもあったということでした。

  そこで調べてみたところ、これと同じ内容の現象が、立花隆氏の『臨死体験』(文芸春秋社刊)の中でも、簡単に紹介されていました。次のようなものです。

       ↓
  『 アトウォーターの本にも、臨死体験後の超能力の実例が沢山出ている。その中には、植物の生体エネルギーの波動が見えるようになった人とか、目の前のいろいろなものが光り輝く糸によって結び付けられ、それによってこの世の諸事物がネットワークをなしているのが見えるようになったという人や、動物の声が聞き分けられるようになったといった変わった例も見受けられる。』
      ( 第八章 トム・ソーヤーの変身  体から発する生態エネルギー )


  ここでは『 ―― 目の前のいろいろなものが光り輝く糸によって結び付けられ、それによってこの世の諸事物がネットワークをなしているのが見えるようになったという人 ―― 』 という簡単な説明しかされていませんが、これが上に紹介した女性の体験と同じ内容であることは間違いありません。従って、これは見える人には見える現象であり、確かに存在する現象の一つであるということです。

  ですから、この光り輝く糸こそが、万物(森羅万象)を相互につないでいる糸であり、さらには次元の壁を超えて、様々な世界とのつながりを創り出している糸であると考えることが出来ます。もちろん、我々の「運命と宿命」の絆を創り出している赤い糸でもあるわけです。

  ただし、その見えない糸によるつながりは、引力として常時、機能している必要性はないわけで、過去の記憶を思い出そうとする時のように、一定の目的と必要性に応じて、その出来事に関連するものとの結びつきが創り出されればそれでよいわけです。

  ですからここに、この力のもう一つの側面があると考えられます。つまり万物(森羅万象)は、その見えない糸でリアルタイムでつながれており、それが一定の目的と必要性に応じて、お互いに引き合うということです。
  その“力”が、我々がいるこの三次元世界では、物質同士が互いに引き合う「万有引力」として働いているのです。


   ○  ***  ○


  この“力”については、さらに次のことも関係して来ます。
  『旧約聖書』の創世記の第三の日には、
   ○ 「天の下の水は一つ所に集まれ」という神の言葉があります。

  先に申し述べましたように、これは惑星を構成する全ての物質を、一点に集中させる現象が発生したという“意味・内容”であると解釈しました。
  そして、それは具体的には、「重力」の発生であるとしました。

  従って、この“力”の発生には、天地の創造を司る神、すなわち創造神の意志(願望)が働いたことになります。つまり、前の『「気」と真空のエネルギー』 のページで述べたように、この重力(万有引力)というものもまた、創造神がこの世界を創造する際に、ツールとして使用した、「気」によって生み出された可能性があるということです。

  ですからこの“力”も真空のエネルギーと同様に、創造神以外の何者かによっても創り出すことが可能な力なのかも知れません。
  つまり我々は、わずらわしい地球の重力(引力)があるためにまったく必要性を感じることは無いものの、もし何か必要が生じた際には、人為的に創り出すことが可能な力であろうということです。或いは、すでにどこかで実際に、そうした現象が発生しているかも知れないということです。

  真空のエネルギーの場合は、物体から他の物体を遠ざける“力”として働いたわけですが、万有引力の場合は、物体に他の物体を近づける“力”として働くことになります。

  と・・・、ここまで書いてから、ふと思い出したのは、次のような事例です。
  それは、なんと!。 石に、石がくっ付くというものです。 これこそはまさに、万有引力に違いないと思われる格好の事例です。

  ○ これはすでに何度か、テレビの番組で紹介されているものですが、熊本県球磨郡岡原村に住む野島四六さんが引き起こす不思議な現象です。
   中京テレビが行ったレポートの内容が、写真付きでこちらのホームページに紹介されています。
       ↓
 http://www.ctv.co.jp/yume/
database/category/04/07/01.html

 http://www.ctv.co.jp/yume/
database/area/07/11.html



  この部分が将来、ホームページから消去されると困りますので、内容を資料として保存しておく意味から、そこの紹介文を下に掲載させていただきます。

   ↓    ↓    ↓    ↓

  熊本・熊本    2002年3月16日 #306
   ミステリー 不思議な力を持つ男  

    内容  何の変哲もない石をピタッとくっつけてしまう野島四六さん。 その秘密は神様のお告げで占う儀式。何故くっつくのか科学的に 解明不可能な謎の力の持ち主。
   取材先 「野島四六さん」
   住所 熊本県球磨郡岡原村
   電話 個人宅のため非表示
   レポーターコメント
     本当に、タネも仕掛けもない何でもない石と石がくっつくんです。 こんな不思議なことがあっていいのでしょうか…? 信じたくないけど、これこそ、神様のワザ?解明できないのがくやしぃ〜!

  ↑    ↑    ↑    ↑ 


  この野島さんの不思議な能力は、2004年12月19日に放送された日本テレビの「特命リサーチ200X」噂の検証ファイル でも、「神様が宿る石がある?」として取り上げられました。この番組は不思議な出来事を、科学的に解明することを目的としていますが、結果として『解明できず』ということで終わりました。

  また野島さんは、この能力を使って、占いが出来るということです。手に持っいる石を、台の上に置いてあるもう一つの石の上に重ねて、占いの答えが「Yes」ならば石がくっ付き、「No」ならばくっ付きません。この占いは、とてもよく当たるということです。
  もちろん同じ石を使って、ほかの人が同じことをやっても、石同士がつくことはありません。ただし以前に見た映像では、野島さんがその人の手の上に自分の手を重ねると、石がくっつきました。

  この野島さんの事例は万有引力というものが、人為的に創り出せることを証明する格好の事例と言えます。このことは逆に考えると、創造神によって創り出された力が、全宇宙的に機能している万有引力であり、我々にとっての重力であることの証拠となります。
  また、この野島さんの事例の場合も、石(物)と石(物)がむやみやたらとくっつくのではなくて、一定の目的と必要性に応じて、互いに引き合っていることになります。つまり引力の発生に、人の意志(願望)が関与しているということです。


  ○ また、この他にも、人の身体に金属製の物がくっ付くという事例があります。いわゆる磁石人間と呼ばれる現象です。
  たいていはスプーンやフォークなどを、胸や、背中に付けるものが多いのですが、かなり大きくて重いものがくっつく事例があります。前に見たテレビの映像では、大きな手斧や、スコップなどをくっつけることが出来る人がいました。

  こちらのホームページには大きな石、数本のナタ、大きなバナナの房を付けている人の写真が掲載されています。
       ↓
   http://x51.org/x/04/08/1847.php

  この人は、マレーシアのタンジュン・ランブータンに住むタン・コク・タイさん(男性・66歳)で、金属だけではなく、あらゆるものを身体にくっつける事が出来るということです。金属以外のものでは電話機や計算機、プラスチック、ガラス瓶、本、ビスケット、バナナ、松明などをくっつけることが出来るそうです。そして、説明文によれば胸にくっついている大きな岩は、何と、38.5kgもあるということです。


  ○ さらには、今にも落ちそうで落ちない巨大な岩の事例があります。ミャンマーのチャイティーヨーにある、ゴールデン・ロックと呼ばれている岩です。信者たちによって岩の表面に、幾重にも厚く金箔が張られていることから、こう呼ばれているそうです。

  こちらのホームページに、その写真が掲載されています。
       ↓
   http://www.lec-jp.com/ryokou/asia/005.html

  又は、こちら。
       ↓
   http://www2m.biglobe.ne.jp/~ZenTech/
gaiphoto/p16_myanmar.htm


  これだけ巨大な岩を、人の力で動かすことは出来ません。また落ちないように、何らかの細工を施すことも、まず不可能でしょう。岩の重心がどのへんにあるかは不明ですが、極端に内側に片寄っていない限りは、地震などで間違いなく落ちるはずです。従って、この岩の落下を防止するために、物と物をくっつける力、すなわち万有引力が使われたのではないかと考えられます。その力が、今現在も働いているのです。


  上に紹介したものと同様の岩が、日本国内にもありました。
  小豆島の土庄(とのしょう)港には、右手の山の頂上付近に、今にも転がり落ちて来そうな巨大な岩があります。この大岩は、鏡餅のように二つ重なっていることから、「重ね岩」と呼ばれているそうです。

  こちらのホームページに、その写真が掲載されています。
        ↓
   http://www16.ocn.ne.jp/~jinensha/newpage749.html

  ここにも万有引力が機能しているかどうか確かなことは分かりませんが、地震大国の日本国内で、こうした巨岩が存在することは不思議です。


  こうして探してみると、人為的に発生させる万有引力というものが、けっこう広く知られている現象であったことに気付きます。また自然の岩と岩のように、局所的に働く万有引力が存在していることにも気付かされます。
  これまでは、そうした見方をしなかったために、単なる奇人・変人が引き起こす珍現象だと思って、その裏に潜む重大な事実に気付かなかったのです。或いは、なんとも奇妙で、不可解なことが起きているくらいで済まして来たのです。従って、これ以外にも、まだまだ様々な現象が起きているに違いありません。ただ我々が、そのことに気付かないだけなのです。

    ○    ○


  〔 色即是空の真実 〕

  《 ―― 霊感がある人の中には、強い静電気体質の人がいます。そのため自宅の家電製品が、次々に壊れてしまうということが起きます。パソコンやテレビがすぐに使えなくなって困るそうです。
  同様の現象は気功によっても発生します。前のページで紹介した西野皓三氏の場合も、「対気」のシーンをビデオで撮影していた時に、突然、カメラが回らなくなったということです。(『“気”の発見』 祥伝社 参照)
  また、しばらく前には、素手で蛍光灯が点けられる人が、テレビで取り上げられたことがあります。その人が蛍光灯の両端の電極部分を両手で掴むと、棒状の蛍光灯が点灯しました。
   従って、これ等の事例から分かることは、たしかに人体が、電気を発生させているということです。或いは、電磁波を発生させるということです。
  つまり人為的に、電気が、造られているということになります。従って、このことは『電・磁気力』にも、我々が「気」と呼ぶものが関わっていることの証拠になります。

  そうすると、これまでに知られている「四つの力、プラス真空の力(エネルギー)」の五つのうち、三つが、我々が「気」と呼ぶものを使って創り出されたことになります。
  あと残っているのは、『強い力』と『弱い力』の二つですが、もしかするとこれ等の力も、やはり「気」によって創り出された可能性が高くなりました。或いは、その現象もすでに、どこかで起きている可能性があります。我々が気付いていないだけなのかも知れません。

  そこで調べてみたところ、『強い力』は、全てのカラー荷を持つ素粒子に働き掛け、クォークを結びつけて陽子や中性子を造り、また中性子とともに原子核を造るということです。
   『弱い力』はすべてのクォーク、レプトンに働き掛け、原子核のベータ崩壊、中性子、パイ中間子などの粒子の崩壊の原因を創るということです。
  従って、この“二つの力”によって、様々な物質が創り出されていることになります。つまり分子レベル、原子レベル、さらにその先の、電子・中性子・陽子、及び、もっと先のクォーク・レプトン等々の生成段階に直接的に働きかける“力”が、この『強い力』と『弱い力』であるということです。

  ところで前に『(三)物質化現象という奇跡』 のページで紹介したように、「無から有」が生じる現象は、否定することが出来ない事実として存在します。
  つまり常識的には、絶対に起こり得ないはずの現象ですが、現実には認めなければならない事実なのです。しかも紹介した事例からも分かるように、人為的にそうした物質、物体が創り出されているのです。
  こう考えてみると、様々な物質を創り出す力、つまり『強い力』と『弱い力』の二つも、やはり「気」によって創り出されたことになります。無から有が生じる「物質化現象」がまさに、これに該当すると考えられるからです。

  すると創造神は、この世界に存在するすべての“力”を、我々が「気」と呼んでいるものを使って創り出したことになります。
  すなわち、もともとは「一つの力」であったものが枝分かれしたのではなくて、「気」というものの形を変えたものが「四つの“力”」or「五つの“力”」であるということです。さらにはこの後、新たに出現して来るかも知れない「六つ目の“力”」「七つ目の“力”」であるということです。

  もちろんこの世界を創造するために、ビッグ・バンを発生させた超々強大な“力”も同様です。やはり「気」を変化させたものだったのです。
  さらには、その後の秩序だった宇宙の創造から、生物の創造、そして我々人類の創造までの至る所で、一定の目的と必要性に応じて、「気」から創り出された様々な“力”が使われたのです。
  つまり、この世界にあるものはすべて神が創ったプログラムに則って、目的神である創造神が創り上げたということです。
   『聖書』の言葉を借りれば、天地が、神によって創造されたということです。そのためのツール(道具)として使用されたものが、創造神の意志(願望)に基づいて創り出された様々な“力”だったのです。
  従って、我々が「気」と呼んでいるものは、まさに神の力であり、様々な意志(願望)を実現するためのツールとして使われる根源的な力を指すことになります。言い換えれば、神そのものが、すなわち「気」であるということです。 》


  《 ――  おそらくほとんどの人たちが、この世界に存在する物質は、実体のあるものとして、確かに存在すると思っています。そして、これは否定することが出来ない事実であると確信しています。私自身も、今までは、そう思っていました。物質・物体は、我々の五感によってはっきりと感じ取ることが出来るように、間違いなく存在しているからです。
  それは我々がいるこの世界が、三次元の物質世界だからです。我々の肉体そのそものが、そうした物質によって成り立っているからです。つまり、我々がいるこの世界では、それ等は確かに存在しているのです。
  しかし我々が、実体を持って確かに存在すると思っているこの世界が、実は「気」によって創られたものであるということは、この現実の世界というのは、すなわち無に等しいことになります。「気」という見えない“力”を使って創造された世界であり、もし創造神が創り出した幾つかの力が消滅すれば、消えてしまう世界です。言うなれば、虚構の世界です。

  この世界が創られてから150億年ほどが経っているとしても、もともとは無であったものが、創造神が創りだした幾つかの“力”によって、有に変えられたのです。壮大な物質化現象によって生み出された世界が、今我々がいるこの世界なのです。従って、我々は物質で創られた肉体を持って、一時的に、この世界にいるに過ぎないということです。物質の中に閉じ込められることによって、今のこの世界に存在することが出来るのです。
  無から生じたこの世界は、いずれ消滅して、無に帰るに違いありません。それがどれくらい先になるかは不明ながらも、間違いなくこの世界は消滅します。そして、次の回の世界が、新たに創造されるのです。我々がいるこの世界は、何度もそれを繰り返しているだけの存在なのです。そのたびに創造神の活躍の場が創られるわけです。

  すると確かに存在するのは、もしかすると我々の“こころ”だけなのかも知れません。おそらくこれだけが物質的な存在である我々の肉体が無くなっても、あちら側の世界に存在し続けるものなのかも知れません。もちろん実際のところは、分かりませんが ・ ・ ・ 。

  般若心経に 『 ・・・ 色即是空。空即是色。 ・・・ 是諸法空想 不生不滅 ・・・ 是故空中無色 ・・・ 』 とありますが、或いは、このことを現わしているのではないかと考えられます。
  我々が確かに存在すると思っているものすべてが、空である。実体のあるものは、何も無いというのがこの世界の真相であり、またこの世界の真実であるということです。

  専門的な知識の乏しい私には、余りにも難解で、これまではまったく意味不明の文章でしたが、ようやく得心がいった次第です。

  それにしても、この虚構の世界に閉じ込められて、我々は日々、何をあくせくしているのでしょうか。出来ることならば、さっさとここからおさらばしたいものですが、そう簡単にすんなりと抜け出すことが出来る構造にはなっていないようです。 ―― 》

 < ― 次の頁へ続きます ― >


                             2005.  5.  2 .        店主記す






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒