万有引力とは何か・・〔その 二〕−2 (幸運の女神 他)
 ―――――――――――――――――――――――


   【 万有引力の新定義 =  人の目に見える世界、見えない世界の万物(森羅万象)が、次元の壁を超えて相互につながっている。 そして、一定の目的と必要性に応じて、互いに引き合う。 そこに働く“力”が、万有引力である。 】

 < ― 前の頁からの続きです ― >


  さて、人の目に見える世界、見えない世界の万物(森羅万象)が、思考・記憶の世界と同様に相互にリアルタイムでつながっているとすると、これまでは信じるに値しない俚諺・俗諺とされてきたことや、場合によっては人々をたぶらかす迷信とされてきたことが実は、確かな根拠を持つものであったことに気付かされます。
  つまり事と次第によっては、人々に害をもたらすとさえ考えられて来た「迷信」が、単なる迷信ではなくなるのです。それどころか、極めて現実的な出来事になるのです。なぜならそれ等に、確かな根拠と裏付けが与えられるからです。そうした「迷信」の中に、隠されていた真相と、閉ざされていた真理が存在するからです。従って、これを機に、我々の世界観が一変することになります。

  前にも申し述べましたが、思考や記憶の世界では形状・形態の類似性・相似性だけでなく、意味・内容の同一性、類似性・相似性でもつながりが生じています。それはかなり抽象的なものであったり、漠然としたものであったり、又は象徴化されて変形されたものであっても、同一のものとして結び付けられます。つまり、かなり融通無碍の結びつきが、極めて正確に生じていることになります。
  そして、過去の記憶を手繰り寄せる時には、その目的の出来事に関連するものが手掛りとして、記憶の表層部に浮上して来ますが、それと同様のことが、この現実の世界でも発生しているのです。ただし多くの場合、その因果関係が見え難いために、相互のつながりが説明できないのです。そのために、偶然という言葉が必要になるのです。しかし、それは実際には見えない糸でつながっていて、必然的に発生する出来事・事象なのです。

  その必然性を創り出すものが、この「万有引力」であり、一定の目的と必要性に応じて発生する“力”なのです。そうしたことがこの現実の世界で、実際に起きていることに注目する必要があるわけです。そうしたときにその出来事・事象が、偶然に起きたのではなくて、必然的に起きたことに気付くのです。
  以下、思いついたものを幾つか紹介しておくことにします。


  ○〔 神・仏をかたどったものは神・仏である 〕
    ( 木彫りの仏像、紙に描いた仏画、十字架のペンダント、カンバスに描かれたキリスト像などは、神・仏の領域に存在するそれぞれの対象と直接つながっている。)

  先に『万物(森羅万象)はリアルタイムでつながっている』 のページで、植物の能力を研究しておられる三上晃氏の実験結果を紹介しましたが、写真と現地・現物とが見えない糸でつながっており、また等高線という数本の線でかたどっただけの地形図も現地とつながっていることから、あちら側の世界には、形状や形態が類似・相似するものはすべて同一のものと認識する機能が存在することが分かりました。つまり、ごくわずかでも似ているものは、同一のものであると認識する極めて精度の高い機能・能力が存在するのです。

  従って、かなり抽象的に描かれたもの、デザイン化されたもの、デフォルメされたものなどが、もとの物体、もとの人物と同一であると認識する能力は、そもそも人が持っている感性ではなく、あちら側の世界に存在する能力によるものと考えることが出来ます。それ故に、夢の中では象徴化といった現象が勝手に発生するのです。人為的な創造の過程を経ずに、かなり変形された物語りが自動的に創られてしまうのです。そうした本人にさえ意味の分からない世界が、夢の世界なのです。
  ですからそれは見た目には、ただの木の彫刻に過ぎなかったり、紙やカンバスに描かれた絵に過ぎなかったとしても、それ等はまさしく神の領域に存在する何者かと、直接的につながっていることになります。
  従って、人々がそれ等に向かって、手を合わせて拝む行為は、決して意味の無い偶像崇拝などではないということです。眼前にいる神・仏そのものに直接、手を合わせているのと同じことになるからです。
  かつて明治の新政府は、廃仏毀釈の政策によって、多くの仏像・彫刻を廃棄してしまったということですが、このように考えてみると、なんとも罰当たりなことをしたものです。同時に、多くの文化遺産を失い、日本人としての過去のよすがも失われてしまったのです。


  ○〔 類は友を呼ぶ 〕
    ( 同じ種類のもの、形状・形態が類似するもの相似するものは、互いに強く引き合っている。)

  種類が同じのものや、形状・形態が類似・相似するものが互いに強く引き合うのは、過去の記憶を手繰り寄せる時と同様に、それに関連するものをサーチ(探査)するのに都合がよいからです。様々なものがその種類ごとに分類され整理されていたほうが、探し物の発見が容易になるからです。そうしたことが見えない世界でも、この万有引力によって自動的に行われているわけです。

  これと同じ意味を持つものに、『うわさをすれば影』があります。つまり何人かで他人のうわさ話をするという行為と、噂の当人がそこへ遣って来ることが、同じ意味・内容として認識されているわけです。つまり、類似するもの・相似するものが互いに引き合っているために、同じものが一箇所に集まる現象が起こるのです。ユングの唱えた「シンクロニシティ」という現象が発生する原理・法則が、ここにあります。
  また内容的には、「恐怖の百物語り」も同じです。たくさんの同じ内容の物語りが集まることによって、そうした実体を引き寄せる引力として作用するわけです。

  * 霊の話をすると他の霊たちが寄ってくる
    テレビの心霊現象を扱う番組では突然、出演者が苦しみ出すことがあります。時には何人もの人たちが、続けて異常を訴える場合があります。その理由として、たいてい『霊の話をしていると、ほかの霊たちがよって来る』からであると説明されます。

  もうだいぶ前のことになりますが、やはり心霊現象を扱ったテレビ番組で、そのゲスト出演者の中に、タレントの研ナオコさんが居ました。
  しばらくすると突然、研ナオコさんが肩を押さえて、苦しそうに下を向きました。司会者や、他の出演者が心配して、研ナオコさんのところへ寄って行きました。研ナオコさんはしきりに 『だいじょうぶ、大丈夫』 と言いながら手で、肩をたたいたりしていました。
  その時の研ナオコさんの説明は、やはり他の霊たちが、たくさん寄ってきているからであるということでした。
  『こうして霊の話をしていると、ほかの霊たちが寄ってくる。その霊が自分の身体に入ったのだ』 とのことで、べつに心配するほどのことはないと言っていました。
  しばらくは苦しそうにしていましたが、ほどなくして治ったようで、自然にもとの状態に戻って普段どおりに話に加わっていました。私はこの時、初めて、研ナオコさんも霊感体質だったことを知った次第です。

  つまり、霊の話をすることによって、磁石のように他の霊たちを引き寄せるという現象が実際に起きるわけです。しかも霊感が強い人というのは、もともと霊がとり憑き易い体質であり、そのためにさらに多くの霊たちが集まって来るのです。ここにも過去の記憶を手繰り寄せるときと同様に、関連するものを引き寄せる万有引力という見えない“力”が働くのです。


  * 自殺の名所
    ( 同じ心境、類似する感性を持った人たちは、互いに強く引き合う。類は友を呼ぶの現象が、死のシンクロニシティを創り出す。)

  前に紹介したように、「自殺の名所」と呼ばれる場所があります。なぜか死を覚悟した人たちが、そうした特定の場所に引き寄せられるのです。よく知られている場所としては、富士の青木ヶ原樹海、 J・Rの中央線、 福井県 東尋坊(国の天然記念物)などがあります。

  これは一つには、その場所が人が死ぬのに適しているために、選ばれやすいという理由が考えられます。また知名度が高いために、多くの人がその場所を知っているということもあります。しかし、それだけでは説明の出来ないことがあります。なにもわざわざ遠方まで出向かなくても、同じような条件の場所は日本全国、至る所にあるからです。ですからこれは、死を覚悟した人に生じる極めて特異な現象であると考えるべきでしょう。
  そして、こうした死のシンクロニシティを発生させる原因として、やはり「類は友を呼ぶ」という現象が関係していると考えられるのです。つまりその人の運命と宿命の部分に、自殺者たちの一定の思考パターン及び行動様式がプログラムとして引き寄せられるために、本人の自覚が無いまま、その人たちと同じような行動を取ってしまうのです。そのためにわざわざ遠方にある同じ場所を、自分の死に場所として選び、同じような死に方をするのです。

  ですから「死者の霊が招く」と言うよりも、自殺を決意した人の状況が、過去に自殺をした人たちの思考パターン・行動様式を引き寄せていると考えることが出来るのです。ただし実質的には、過去の自殺者と同じ場所までわざわざ出かけて行くわけですから、死者の霊に招かれたと言っても同じことになります。「何かにとり憑かれたように」という言葉は、それなりに原因を言い当てた表現であるということです。

  また自殺者たちは、多くの場合、孤独な死に方をしています。数人で行う心中自殺の場合は別として、単独での自殺がほとんどです。従って、その人に、誰か仲間が欲しいという意識が残っていることは間違いないでしょう。そうした意識が、強い思念として残されていることにより、今まさに死を決意した人たちを呼び寄せるのです。つまり、自分が死んだその場所へ来るように、招き寄せるのです。
  このような死者との相互の関係が成り立つことによって、不可解な「死のシンクロニシティ」が発生することになります。つまり、自殺の名所なるものが出来てしまうのです。
  このことを一面的に見れば、まさに「死者の霊に招かれた」と言って差し支えないことになります。つまり、これも「類は友を呼ぶ」の現象であり、万有引力が創り出す現象の一つであるということです。


  ○〔 歴史は繰り返えす 〕
    ( 社会の状況がかつての状況と類似・相似したときに、過去に起きた出来事が時を隔てて“再現・復元”される。同様の現象を現わす言葉として「流行は繰り返す」「二度あることは三度ある」などがある。)

  この世界で起きた出来事は我々の記憶と同様に、すべてあちら側の世界に保存されています。つまり過去の出来事であっても、決して失われることは無いのです。何となれば、その保存されているプログラムを基にして、次の回の世界での新たなプログラムが創られるからです。これについては、前に申し述べた通りです。
  従って、社会の状況が、過去に起きた出来事とのつながりを創り出した時に、その当時の出来事が時代を超えて“再現・復元”されるという現象が起きるのです。つまり歴史的な出来事が、長い歳月を隔てて繰り返されるわけです。
  大きな事件、事故のみならず、あの忌まわしい戦争もまた繰り返されます。ファッションや歌の流行も同様です。かつて流行して一世を風靡したものが、少しだけ形を変えて再度、復活するのです。一度起きたことは二度あり、二度あることは三度あるというのも、そうした過去の出来事を再現するメカニズムが、あちら側の世界に存在するために生じます。
  要するに我々が、過去の記憶を思い出すときに、その出来事に関連する記憶から芋づる式に本来の目的の記憶を引っ張り出すのと同様のことが、社会全体の出来事として発生するわけです。社会の状況がかつての社会状況と類似・相似した時に、かつての出来事のプログラムを、表層部に引っ張り出す万有引力が発生するのです。それによって、過去の出来事が、時代を超えて“再現・復元”されるという現象が起きるわけです。

  我々の人生のプログラムが、時代を超えて再現されることは、前に「運命と宿命」(4)時代を超えて機能する「運命のプログラム」で紹介した事例があります。 考古学者のフランク・ジョセフさんの人生は、百年前に実際に生存した、イグナティウス・ドネリーという人物と同じ運命を辿っているということでした。また、第十六代大統領 リンカーンと第三十五代大統領 ケネディの場合も同様です。
  こうした事例は、この世界で生じた出来事が、あちら側の世界にすべてプログラムとして残されていることを物語っています。そのプログラムが、時を隔てて“再現・復元”されるのです。


  ○〔 神社のお守り 〕
     ( 神社、仏閣、お寺などでいただくお守りや、お札は、そこに祀られているご本尊、及び、その神聖な場所との結びつきを保っている。)

  人々の信仰の対象となるものが祀られている神社・仏閣・お寺などは、もともと清浄な土地が選ばれて建てられています。しかも日々、神職や神主、僧侶によって祈祷や読経が行われます。教会では敬虔な祈りが奉げられます。従って、そのあたり一帯が聖域になっています。
  しかも類似するものを引き寄せる“力”、すなわち万有引力が働くことによって、周囲から聖なるものたちが集って来ます。そこには当然、邪悪なものは寄りつけないことになります。ですから神社・仏閣・お寺・教会などは、聖なるもの(神・仏)たちによって守られている領域であると言えるわけです。
  そうした場所からいただいて来たお守りやお札は、その場所とのつながりを持っています。つまり、そこに祀られている神仏、及びそこに集まって来ている聖なるものたちとの直接的なつながりを仲介するものが、そうしたお守りや、お札であるということです。
  ですから我々が、そのお守りを持ち歩くことは、そうした神・仏を身の回りに携帯するのと同じ意味を持つことになります。ここに人がお守りを持つことの効用があるわけです。


  ○〔  幸運の女神(福の神)の“力” と 縁起物  〕

   *幸運の女神(福の神)
    (  幸運 = 目的神の一つである、幸運の女神(福の神)との結びつきが生じることによって引き起こされる現象である。)

   幸運をもたらす神は偏在であり、ありとあらゆるものに対して、又、ありとあらゆる場面で、“力”として働き掛けると考えられます。
  この世知辛い現代社会では、お金や財産が幸福の象徴であることは間違いありません。従って、もしそうしたものを獲得する場面に、この“力”が働けば、巨額の宝くじに当たるといったことも起こり得ます。道で大金を拾うといったことが起きても、何ら不思議ではありません。
  テレビで紹介された海外の事例では、宝くじの1等に当たった人が、その場面を再現するためにテレビカメラの前で、もう一度くじを買ったところ、そのくじも一等が当たっていたという不思議な出来事が起きました。
  ところが実は、その人が売り場で宝くじを買う前に、横から男の人がすり抜けるようにして宝くじを買う映像が残っていました。つまり、その後で買った宝くじが当たっていたのです。
  ですから、この幸運を招く神の“力”が、その場面に、直接関与したと考えることが出来ます。つまり、その人は最初の時と同様に、もう一度、宝くじにあたるように、運命のプログラムが調節されたのです。その結果、その売り場に残されていた空くじを買わずに、次の当選している宝くじを引き当てたのです。つまり、これは幸運の女神との結び付きが生じたことによって起きた出来事であると考えられるわけです。

  ただし幸運の女神は、ただ単にお金に関することだけでなく、人との出会い、動物との出会い、物との出会いといった様々な場面でも機能していると考えられます。それによって生涯の良友に恵まれたり、寂しい生活を癒してくれる可愛いいペットと出会ったり、以前から欲しいと思っていたお気に入りの物が手に入るといったことが起きるのです。
  また日常生活の些細な出来事にも、この“力”が関与しています。例えば朝寝坊をして、電車に乗り遅れて会社に遅刻すると思ったら、たまたまその電車も遅れていたために間に合ったりとか、長い行列の最後部に並んだところ、その行列が二分割、三分割されて、以外に早く用事を済ませることが出来たりといったことも、この“力”の機能によるものと考えられます。

  さらに人が幸運に恵まれることだけがこの神の仕業ではなく、自然界の様々な現象にも、この力が関わっているものと考えられます。たとえば恐竜やキリンの首が長く伸びたのも、この神が持つ“力”によるものであると考えると辻褄が合います。つまり動植物の進化の過程や、突然変異の発生にも、この“力”が関与しているのです。
  要するに、そうした幸運な現象が起きたことにより、キリンは、他の動物たちが食べられない場所にある餌が食べられるようになったのです。ゾウの鼻が長いのも、同様に考えることが出来ます。手の無い四足歩行の動物でありながら、遠くにある餌を口元まで持って来ることが出来たり、足許を流れている川の水を呑むのに苦労することが無くなったのです。
  ですから当人に都合が好い身体的な特徴も、この神の“力”によるものであり、スポーツ選手の恵まれた身体能力にも、この力が関与していると考えることが出来ます。他の人よりも足が大きかったり、手が大きかったり、筋力が強かったりすれば、それ等の特徴を生かしたスポーツでトップに立つことが出来ます。また恵まれた声量が無ければオペラ歌手にはなれませんから、芸術の創造にも、この“力”が大きく関与していることになります。―― 


   *縁起物
    ( 幸運を象徴するもの、かつて実際に幸運を招いたものは、その出来事とのつながりが保たれていることにより、同様の幸運を引き寄せる。幸運の女神(福の神)の力が働いて生じた出来事の場合も同様である。 )
   ( 言葉の意味・内容は、その実態と直接結び付いている。 例えば目出度い、幸せ、喜び、その他これに類似・相似する言葉は、そのような実態(出来事)と直接的に結び付いており、同様の出来事を引き寄せる力として作用する。つまり、その言葉が指し示す内容との結び付きが、様々な幸運な出来事を呼び寄せる。)

   いわゆる縁起物とされるものには、種々様々なものがあります。昔から神棚(非宗教)、災難除けのお札、破魔矢、干支(えと)の置物、商売繁盛の熊手、七福神の彫刻、千客万来の招き猫 商売繁盛の熊手、等々が縁起物として、各家々に飾られています。
  これ等は、いずれも幸運な出来事、お祝いの儀式・行事などに関係するものであり、それ等の品物を持っていることにより、好い運気を呼び込むとされています。すなわちその家に住む人たちに、幸運をもたらすということです。これはそれ等の品物が、かつて生じた出来事とのつながりを持っていることによりもたらされる現象と考えられます。
  要するに、それ等の品々(縁起物)を媒介として、かつての出来事と同じ出来事が“再現・復元”される切っ掛けになるわけです。或いは幸運をかたどったものが、幸運をもたらす原因を創り出すのです。

  海外では、結婚式場から出て来た新婦が投げたブーケを、未婚の女性が受け取ると、その人が次に結婚できるという言い伝えがあります。そのブーケには、幸せな結婚をした女性と、同じ良縁を引き寄せる効果があるからです。
  つまり、物が単なるものではなく、幸運な出来事を象徴するものになっているのです。そして、そのことに関わった品物(ブーケ)が、幸運な出来事を引き寄せる切っ掛けを創り出すのです。ここに縁起物の本来の意味があるわけです。

  ただし現実的には、そうした都合のよいことは滅多に起きませんから、多くの場合、縁起物はただの飾り物になっています。それでも時として実際に、幸運な出来事が発生するために、こうしたものが庶民の間で根強く残っているのです。何事も起きなければ、とっくの昔に無くなっている風習です。そして、時に発生するそうした幸運な出来事には、やはりそれなりの理由と、原因があったということです。

  ( 因みに、当店の商品は、ラッキー・ドラゴンをはじめとして、いずれも幸運を招くものたちをかたどっています。たくさんの幸運な出来事を引き寄せる切っ掛けを創り出します。しかも、昔から不思議な力を持つとされてきた水晶を使っていることから、最強の縁起物と言えます。幸運の女神(福の神)が、いつでも微笑み掛けて来ます。
  と、、勝手に自画自賛しているボク。店主です。σ(^-^;) 。)


  ( ご注意。 こうした縁起物を扱う業者の中には、大々的に宣伝して、体験談まで捏造して高額で販売している業者がいます。どこにでも在るようなごく普通の品物に、十倍以上の値段が付けられています。
  これは宗教ではないものの、イワシの頭も信心からのたとえのように、のめり込むと周囲が見えなくなりますから、十分に注意する必要があります。
  品物の価値は人によって異なりますが、適切な市場価格というものがあります。幸運に恵まれたいという願いが、人の弱みを創り出します。そこにつけ込むような体験談が、たくさん掲載されています。顔写真が付いているために惑わされますが、もちろんウソの体験談です。文章は広告会社のコピーライター(作家)が書いたものです。
  縁起物が持つ見えない“力”に、値段はありません。神・仏のご利益が、お金で買えないのと同様です。適正な価格で購入して、ご自分の力でたくさんの幸運を招き寄せましょう。)



  これと逆のことを考えると、人の死(不幸)に関係して使われたものは、日常生活の場からなるべく遠ざける必要があります。例えば葬儀などで使われたものや、遺体と接触したものは、家の中に持ち込むことは避けたいものです。
  また葬儀の場から帰ってきたら、玄関で塩を撒いて、身を清めるなどの行為が一般的に行なわれていますが、これは持ち帰った悪しきつながり(因縁)を遮断するという意味からも、やはり必要な儀式と言えるでしょう。それしきのことをやっても、あまり意味が無いと考えるのではなく、万一の場合を考えて、やっておいたほうが無難であると考えるべきでしょう。


  ○〔透視という超能力 〕
   ( 超能力の一つである「透視」という現象が可能になるのは、人と人、人と物、物と物が見えない糸で相互に結びついているためである。そして、過去の記憶を手繰り寄せる時と同様に、一定の目的と必要性に応じて引き合う“力”、すなわち「万有引力」を用いて、捜索の対象となるものを引き寄せることが出来る。つまり通常は、その人の内部で機能するサーチ機能が、個人の壁を超えて、外部的にも機能することによって可能となる現象である。)

  上に紹介した見えない糸による結びつきは、様々なものが考えられますが、殊にその人の身近にいた人物、身近に在った物、その人が気に入って持ち歩いていた物などは、互いに強い結びつきが生じていると考えられます。
  そうした結びつきが出来ているために、万有引力によるサーチ機能を使って見えない糸を手繰り寄せることにより、行方不明者を探し出したり、なくなった物を探し出したりすることが出来るのです。ですから本来は、誰もが持っている個人的なサーチ機能が強化され、しかも個人の壁を超えて外部にまで拡大したものが、「透視」という超能力であると考えることが出来ます。

  少し前までは、こうした能力の存在を否定する考え方が一般的でしたが、実際に起きている出来事を検証すれば、それがまったくの見当違いであることは明白です。
  最近では、テレビに出演している何人かの超能力者によって、幾つかの未解決だった難事件が解決されました。最終的に犯人の逮捕に至ったものや、行方不明だった人の遺体が見つかったものなどがあります。
  超能力者が描いた犯人の似顔絵が、後に逮捕された犯人とそっくりであったり、遺体の遺棄現場が、かなり正確に特定されていたりといったことが実際に起きています。

  こうした幾つかの事例は、我々の考えの及ばないまったく別の構造が、あちら側の世界に存在することを物語っているわけです。つまり、そうしたことを可能にするメカニズムが、確かに存在するということです。
  そして、そうしたメカニズムの一端を担っているものが、この万有引力という“力”であるということです。万物(森羅万象)に様々な結び付きが生じている中で、その出来事に関連する見えない糸を手繰り寄せていくことが出来るのが、この“力”の本来の特質なのです。ただしそのサーチ機能が個人の壁を超えて、外部的にも働くかどうかの違いであるということです。


   ○  ***  ○


  上に記したように、この“力”については、これまでの概念とはまったく異なった見方が可能となります。つまりこの力は、そもそも超次元的に機能している“力”であり、言い換えれば物体と物体が互いに引き合う三次元世界の物理現象は、この力の性質の一端に過ぎないということです。
  そして、このように考えた時に思い起こされるのが、前に紹介した次のような出来事です。

   先に『真空のエネルギーの第一発見者は誰か』のページで紹介したように、グレイタイプの宇宙人はこの力について、絵文字を使って次のように説明したということでした。

       ↓
  * 国家安全保障局、マイケル・ウルフ博士の話。
     「Sー4」の地下施設には、グレイタイプの宇宙人がいた。
     絵文字を使って意志を通じ合っていた。
     『 宇宙人は私に、重力は力ではなく、副次的な現象であると言いました。宇宙空間は、何もない真空ではなく、エネルギーが充満していて、ある方法でそれを取り出すことが出来ると言うのです』


  この『 ―― 重力は力ではなく、副次的な現象である ―― 』 という部分に、この力の隠された真相があったのです。
  つまり、目に見える物質世界がすべてであると思っている我々にとっては、地球が創り出す引力こそが重力であり、これはニュートンの計算式で明確に表わされるものです。これは目で見て確認することが出来る現象であり、また繰り返し行う実験によって確かめることが出来ることから、誰もが納得させられる出来事です。
  しかし実は、それは『副次的な現象』に過ぎないというわけです。つまりその背景には、我々が気付いていない真相が隠されていたのです。要するに、重力が“力”であることは間違いないわけですが、我々はその力が生み出される背景について、まったく気付いていなかったのです。グレイタイプの宇宙人は、そのことを指摘したと考えることが出来るわけです。

  そこでこの“力”について、新たな定義として導き出したのが、このページの冒頭部分に掲げた次のような考え方です。

       ↓
  「万有引力」の新定義 =    人の目に見える世界、見えない世界の万物(森羅万象)が、次元の壁を超えて相互につながっている。 そして、一定の目的と必要性に応じて、互いに引き合う。 そこに働く“力”が、万有引力である。

  要するに、超次元的に機能しているこの力の一端が、我々がいるこの三次元世界では、物質間の力として働いているということです。ですからこの世界が、十次元 or 十一次元 or 二十六次元であるとすれば、それ等の各次元ごとの世界を相互に結び付けているものが、この万有引力であるということです。これが『 ―― 重力は力ではなく、副次的な現象である ―― 』という言葉の本来の意味であろうということです。これまでの我々の考え方を、大幅に拡大する必要性があったのです。

  おそらく我々が「万有引力」と呼んでいるものを完全に理解し、これを人為的に操作することが出来るようになったときに、ようやく宇宙人の科学技術に追いつくことが出来るのかも知れません。同時に、その段階に至ったときに初めて心霊現象や、超能力や、超常現象が不思議な出来事ではなくなるのです。つまり、それほど我々人類の科学技術は遅れているということです。
  真理を探究する科学者、研究者は、現実に起きている出来事を真摯に、且つ、謙虚に受け止めて、思考の窓口を最大限に開放した上で、それらの現象の裏に隠されている真相を見極める研究を行ってほしいものです。その積み重ねによっていずれは、これまで見えなかったものが、徐々に見えて来ることでしょう。そのためにも探求心を曇らせる、愚かな権威主義は排除しなければなりません。


  2005.  5.  2 .      店主記す



 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒