斥力

  水と水を分けよの力 =真空のエネルギー



 ― 万有斥力(ばんゆうせきりょく) ―

  【 定義 = 人の目に見える世界、見えない世界の万物(森羅万象)が、次元の壁を超えて相互につながっている。 そして、一定の目的と必要性に応じて、互いに反発し退け合う。 そこに働く“力”が、万有斥力である。 】

  万有引力が、三次元の物質世界で、「重力」を生み出したように、それと正反対の力として、万有斥力というものの存在が想定されます。つまり、万物(森羅万象)が、互いに反発しあう力です。
  ただし引力と斥力は、互いに打ち消しあう力ではなく、それぞれが独立した機能を有します。つまり一定の目的と必要性に応じて、それぞれが個別に機能します。それ故に、この二つの力は同時に存在し、万物(森羅万象)に対して同時に働きかけます。

  ですから、かつてニュートンが、りんごの実が落ちるのを見て発見した“力”は、表裏一体の力のうちの片方だけであったことになります。人類は近年に至って、ようやくもう一方の力の存在を、「真空のエネルギー」として確認したわけです。しかし、この力の実態については、まだ何も知らないのです。


 *** -- ○ ○ -- ***


  この“力”も万有引力と同様に、次元の壁を超えて機能しており、あちら側の世界でも様々な現象を引き起こしていると考えられます。例えばフロイトが無意識と名付けた領域は、この力によって人の意識界から遠ざけられていると考えることが出来るからです。
  つまり我々が、過去の記憶を思い出そうとする時にも、引力と斥力の二つの力関係が働いているのです。そして、その記憶を思い出すと、日常生活に支障が生じるような場合は斥力の方が強く働いて、容易には思い出すことの出来ない領域に押し遣られるのです。それが無意識と呼ばれる領域です。これは人の精神世界に存在する、一種の防衛機構と言うことが出来ます。この力は、そうした一定の目的と必要性に基づいて機能しているのです。

  この万有斥力が、我々のいる物質世界で機能した時に、物質と物質、物体と物体を互いに引き離す力となって働きます。それが数年前に新たに発見された“力”、「真空のエネルギー」です。
  この“力”は、そもそもは天地創造の際に神が発した言葉、「水と水を分けよ」の“意味・内容”を実現するものとして生み出されました。つまり原始宇宙の誕生に際して、宇宙空間を一気に拡大させるために使われたのです。それにより宇宙は、急激に膨張し、拡大しました。宇宙のインフレーションが発生したわけです。
  そして次の段階では、大きな塊の状態であった惑星(闇)の部分(水)を、細かく分割する力として使われました。それにより各銀河系には、自らは光を発しない多くの「惑星」が誕生しました。これも神が発した言葉、「水の中に大空あれ。水と水を分けよ」によって実現した現象です。

  さらに次の段階では、この力を局所的に、或いは局部的に発生させて、物質・物体(水)を切り分けるために使われました。それにより各惑星の一部分が切断、分離されて「衛星」や「リング」が創られました。まさに見えない巨大な包丁によって、惑星の一部分が切り取られたのです。その結果、地球には「月」が誕生しました。他の惑星が持っている衛星や、リングも同様にして創られました。

  以上のように、この力(真空のエネルギー)は水(物質・物体)を切断、分離して、それぞれを互いに遠ざける性質を持っているのです。物質・物体を引き寄せる万有引力とは、まったく逆の性質です。
  しかもこの“力”は、その時どきの目的と必要性に応じて、その能力が自在に変化します。つまり一律不偏の融通性の効かない力ではなく、その場の状況、状態に対応して能力を適切に変化させ、目的を最適に実現することが出来るのです。
  今現在も、この“力”が、宇宙の膨張を加速させるために機能しているのは、この世界が次の段階へ移行する過程にあるからです。その結果、どのような事態が発生するか、今の時点では、誰も知らないのです。


 *** -- ○ ○ -- ***


  150億年前の天地創造の際に、創造神が創り出したこの“力のプログラム”は永遠に消滅することなく、今現在も、あちら側の世界に保存されています。そして、この“力”が、人為的に使われることによって生じた出来事が、『旧約聖書』に幾つか記されています。

  それ等の出来事は、今日の科学的常識からすれば、およそあり得ないことであり、むしろ立ち後れている現代科学の観点からは、それ等は絶対に起きるはずが無い出来事です。
  そのためにそれ等の出来事は、この書物の作者たちによって創られたフィクションであるかのように扱われたり、又は、何かまったく別の自然現象を、当時の無知な人たちが取り違えたのではないかと考えられています。
  しかし、上に示した考え方に基づくならば、それ等を現実のものとして認識することが出来ます。つまりそれ等は、実際に起きた、現実の出来事であるということです。



 【 海が二つに割れる 】

  まず、モーセが引き起こした奇蹟です。
  エジプトの王(ファラオ)は、モーセが引き起こした数々の奇蹟を目の当たりにして、遂に、奴隷として扱ってきたイスラエルの民を解放する決断をしました。国内に、余りにも大きな災いがもたらされたからです。さらなる災いが発生するのを避けるためでした。
  そして生活必需品から装飾品、羊、牛などの家畜までを持たせて、一旦は、彼らを出発させます。しかし、壮年男子だけで60万人もの奴隷がいなくなるということは、貴重な労働力を失うことになります。すぐに後悔して、追っ手を出して再び、彼らを捕えようとしました。
  エジプト軍の追撃を逃れて、懸命な逃走を続けたモーセたち一行ですが、とうとう行く手を海に阻まれてしまいました。
  前方には広大な海が広がり、すぐ後ろにはエジプト軍が迫っています。その場面で、あの奇蹟的な出来事が起きたのです。何と、目の前の海が二つに分かれて、道が出来たのです。
  その時の様子が、『旧約聖書』の出エジプト記には、次のように記されています。必要な部分だけを、下に抜き出して紹介しておきます。


  『 イスラエルの部隊に先立って進んでいた神の御使いは、移動して彼らの後ろを行き、彼らの前にあった雲の柱も移動して後ろに立ち、エジプトの陣とイスラエルの陣との間に入った。真っ黒な雲が立ち込め光が闇夜を貫いた。両軍は、一晩中、互いに近付くことはなかった。』

  『 モーセが手を海に向かって差し伸べると、主は夜もすがら激しい東風をもって海を押し返されたので、海は乾いた地に変わり、水は分かれた。イスラエルの人々は海の中の乾いた所を進んで行き、水は彼らの右と左に壁のようになった。』

  『 ・・・・・ エジプト軍は彼らを追い、ファラオの馬、戦車、騎兵がことごとく彼らに従って海の中に入ってきた。・・・・ 』

  『 ・・・・ モーセが手を海に向かって差し伸べると、夜が明ける前に海は元の場所へ流れ返った。エジプト軍は水の流れに逆らって逃げたが、主は彼らを海の中に投げ込まれた。水は元に戻り、戦車と騎兵、彼らの後を追って海に入ったファラオの全軍を覆い、一人も残らなかった。』

  『イスラエルの人々は海の中の乾いた所を進んだが、そのとき、水は彼らの右と左に壁となった。・・・・・・ イスラエルはエジプト人が海辺で死んでいるのを見た。・・・・ 』

      ( 『聖書』 日本聖書教会 共同訳聖書実行委員会 旧約聖書 出エジプト記 14 より )


  海の水が、二つに分かれるなどということは、現在の科学常識ではとうてい説明することが出来ません。そのためにこれは、地震による引き潮が発生したためではないかとか、そこはもともと浅いところで、ちょうど引き汐の時間帯であったために、その砂洲にあたる部分が強風によって一時的に露出したのであろうといった説などが一般的です。

  ただし実は、これをまじめに取り上げる必要性の無いフィクションであると言って否定することが出来ないのは、国家規模で行われたある調査によって、そのことを裏付けるような事実が確認されているからです。それは、「カイロプロジェクト」と呼ばれる調査です。


  ― カイロプロジェクト ― 
  1975年、カイロ博物館と国際的な研究者のチームが、同博物館に所蔵されている二十五体のミイラを調べなおした。
  ミイラの皮膚の色は通常、赤褐色であるが、メルネプタハだけは白っぽい色をしており、しかも、
  『顔の形が崩れ、眉も塗料で直接描いた跡があり、耳が何かに食いちぎられたように欠けていた。また全身に塩分が付着し ・・・・云々 』ということであった。

  メルネプタハ = 前1300年 〜 前1200年頃

   ( 『聖書とイエスの奇蹟』 新人物往来社 第4章 / 地球科学からみた聖書の奇蹟 「モーセの奇蹟を現出させたサントリーに火山の大噴火 」 金子史朗 より )


  エジプト考古学の第一人者である吉村作治氏( 現サイバー大学学長 早稲田大学客員教授 )は、かつてテレビに出演したときに、このことに触れて、モーセが起こした奇蹟を全面的には否定できない旨の発言をしていました。
  要するにこのことは、専門家の間ではよく知られている事実なのです。ただ我々一般人が知らないだけなのです。その調査の詳しい内容を是非、公表してほしいものです。


  この海の水が二つに分かれた出来事は、「水と水を分けよの力」が局部的に働いたためであると考えることが出来ます。つまり地球から、月を分離した際に働いた“力”と同じ力が、この時は、海の水に対して働いたのです。スケールこそはかなり小さくなったものの、起きている現象は同じです。
  従って、この出来事は、局所的に働いた万有斥力(真空のエネルギー)によるものであったと言うことが出来るわけです。対象物が眼前の海水に限定されて機能したのです。



 【 大地が裂ける 】

  モーセはさらに、この“力”を使った奇蹟的な現象を、地上でも発生させました。その結果、発生したのは、人々を呑み込む巨大な地割れでした。

  イスラエルの民は、ようやくエジプトでの奴隷生活から解放されたものの、行く先さえ定まらない状況の中で不安が高まり、様々な不満が噴出して来ました。それが人々を引率するリーダー、モーセに対する不満につながりました。
  そうした状況の中で、コラとオンは民の指導的立場にある250人を仲間に引き入れて、モーセに対して反逆しました。
  主(神)は、この聖なるイスラエルの民250人の中にいるのに、お前たちが主の会衆の上に立とうとするのは、分を越えたふとどきな行為であるといって非難しました。
  それに対してモーセは、誰が聖なる者であるかは、主がお決めになると言って、その判断を主にゆだねます。
  その時に発生した出来事が、多くの人々を呑み込む巨大な地割れでした。また、主(神)が引き起こした人々の焼殺現象でした。
  以下に、必要な部分だけを抜き出して紹介しておきます。


  『 主は明日の朝、主に属する者、聖とされる者を示して、 ーー 略 ーー 。 コラとその仲間はすべて香炉を用意し、それに炭火を入れ、香をたいて、明日、主の御前に出なさい。そのとき主がお選びになる者が聖なる者なのだ。ーー 略 ーー  分を越えているのはあなたたちなのだ。』

  「 彼らはおのおの香炉を取り、それに炭火を入れ、香を載せ、モーセとアロンと共に臨在の幕屋の入り口に立った。」

  「 ・・・・・彼らの足もとの大地が裂けた。地は口を開き、彼らとコラの仲間たち、その持ち物一切を、家もろとも呑み込んだ。彼らと彼らに属するものはすべて、生きたまま、陰府へ落ち、地がそれを覆った。彼らはこうして、会衆の間から滅び去った。」

  「・・・・ また火が主のもとから出て、香をささげた二百五十人を焼き尽くした。」

   ( 同 上  『旧約聖書』 民数記 16 より )


  ( ここに主とあるのが、すなわち「神」のことであり、具体的には火(炎と熱と光)を司る神 = 太陽神を指します。つまり創造神と共に、この世界の創造に携わった神です。実際には、ビッグバンの究極の熱源を生み出した目的神です。)


  この出来事は、通常であれば地震の際に発生した、巨大な地割れによるものであると考えることが出来ます。地震大国の我が国では、それはよく目にする光景であり、両者を結びつけて考えるのが普通です。
  しかし、上の事例によって今では、そうした狭い一元的な考え方をする必要性が無くなりました。つまり、これも局所的に、「水と水を分けよ」の力が働いたためであると考えることが出来るからです。要するに、局所的に働いた真空のエネルギー(万有斥力)が引き起こした現象であるということです。

  ただ上の事例と異なる点は、対象となるものが海の水か、大地かということです。その“力”によって切断、分割されたものが大地を構成する物質・物体に置き換わっただけであり、これは地球から月を分離した際に働いた力のごくごく小規模なものと考えることが出来ます。そうした“力”が働いたために、大地にかなり大きな裂け目が出来たのです。

  しかも、その場にいた人たちだけでなく、一族の家から彼らの持ち物の一切合切が呑み込まれた状況からすると、それ等を引き寄せる力も同時に働いて、それ等を割れ目の中に引き摺り込んだということが考えられます。つまり引力と、斥力がその場で、同時に働いた可能性があるわけです。

  また上に紹介した一文からは、人々を呑み込んだその巨大な裂け目は、地表にそのままの状態で残されたわけではなく、海が割れた時と同様に、再びもとの状態に戻って平坦な土地になったと受け取ることが出来ます。
  つまり、海が二つに割れた出来事と同様の現象が、今度は、地上で発生したと考えるのが妥当であるということです。従って、その大地の割れ目を、元の状態に復元する“力”が働いたことになります。海の水の場合は、斥力が解除されれば、重力によって自然に元の状態に戻るとしても、大地の場合は、双方を積極的に引き寄せるための力が必要となるからです。

  こうしたことから斥力にしても、引力にしても、それ等の“力”は、特定の対象物に対して画一的に働くのではなく、その時の状況と必要性に応じて、最適の状態で機能することが分かります。つまり、一定の目的を実現するために、様々に変化しながら機能する力であるということです。

  そして、もう一つの出来事である人々を焼殺した火については、少々説明を要するのですが、これはモーセという人物が、「火の神」と一体化した人物であり、火炎と熱と光を司る神の“力”を機能させるすることが出来た人物であったことにより生じた現象です。この件に関しては、後でページを改めて説明することにします。



 【 大河の水を堰き止める 】

  上のようなモーセの特殊な能力は、次の預言者、ヨシュアに引き継がれました。ヨシュアはモーセ自身が、後継者に選んだ人物です。ですからかなりの能力を、モーセから受け継いでいたと考えられます。
  そして、何と、彼によって、大河の流れが堰き止められたのです。モーセが海の水を二つに分けたように、今度は、川の水が分けられたのです

  その出来事が起きた時、ヨシュアたち一行は、モーセの十戒が書かれた、二枚の石盤を納めた箱を担いで移動していました。つまりモーセとの強いつながりのあるものが、身近に存在したのです。
  以下に、必要な部分を抜き出して紹介しておきます。


  「 ヨルダン川を渡るため、民が天幕を後にしたとき、契約の箱を担いだ祭司たちは、民の先頭に立ち、ヨルダン川に達した。
   春の刈り入れの時期で、ヨルダン川の水は堤を越えんばかりに満ちていたが、箱を担ぐ祭司たちの足が水際に浸ると、川上から流れてくる水は、はるか遠くのツァレタンの隣町アダムで壁のように立った。
   そのため、アラバの海すなわち塩の海に流れ込む水は全く断たれ、民はエリコに向かって渡ることが出来た。
   主の契約の箱を担いだ祭司たちがヨルダン川の真中の干上がった川床に立ち止まっているうちに、全イスラエルは干上がった川床を渡り、民はすべてヨルダン川を渡り終わった。

                   (  同 上 『旧約聖書』  ヨシュア記 3 )

  「 ヨシュアが祭司たちに、『ヨルダン川から上がって来い』と命じ、主の契約の箱を担ぐ祭司たちはヨルダン川から上がり、彼らの足の裏が乾いた土を踏んだとき、ヨルダン川の流れは元どおりになり、以前のように堤を越えんばかりに流れた。」

                   (  同 上 『旧約聖書』  ヨシュア記 4 )


  この出来事も、水と水を分けよの力が、局所的に働いたためと考えることが出来ます。万有斥力(真空のエネルギー)が、今度は川の水に対して働いたのです。
  ただし川の水は流れているわけですから、それを途中で堰き止めると、上流から流れてくる水が岸から溢れ出してしまいます。ところがそうはならずに、川の水が壁のように立ったというのです。この川の水が壁のように立ったというのは、モーセの時に、海の水が壁のように立ったという出来事と同じ現象です。
  ただし、この時はかなりの量の水が堰き止められたはずであり、すべての水が、その壁の中に吸収されたとも考えられません。従って、流れが復活するまでに集まった大量の水は、何か別の方法で処理されたことになります。もちろん今ここで、その処理方法について、明確な説明をすることは出来ません。ただ想像力を駆使して、様々な妄想を膨らませるだけです。



 【 再び、大河の水を堰き止める 】

  上に紹介したヨシュアの能力は、今度はアハズヤ王の時代の預言者、エリヤに引き継がれました。この人物は、モーセとの直接的なつながりは無かったようですが、やはりかなりの能力を持った預言者でした。モーセと同様に、火の神と一体化した人物であり、火炎と熱と光を司る神の“力”を機能させるすることが出来ました。

  そうした特殊な能力を持ったエリヤには、自分が、この世から消滅する時期の来たことが分かっていました。弟子のエリシャも、そのことを知っており、この地に留まるようにと言うエリヤに対して、わたしは貴方から離れませんと言って、一緒に、彼について行きました。
  エリヤは主に導かれて、エリコを出発し、ヨルダン川へと向かいました。その出来事は、こうした状況下で起きました。
  以下に、必要な部分を抜き出して紹介しておきます。


 「 預言者の仲間五十人もついて行った。彼らは、ヨルダン川のほとりに立ち止まったエリヤとエリシャを前にして、遠く離れて立ち止まった。
  エリヤが外套を脱いで丸め、それで水を打つと、水が左右に分かれたので、彼ら二人は乾いた土の上を渡って行った。」

     ( 同 上  『旧約聖書』   列王記下 2 )



  ここには 「 ・ ・ ・ 水が左右に分かれたので」 とあるだけで、これまでと同様に水の壁が出来たかどうかは記されていません。もしかすると二人が、短時間で渡りきってしまったために、敢えて書き記す必要が無いくらい、小さい壁だったのかも知れません。



 【 三度、大河の水を堰き止める 】

  その特殊な能力は、さらにエリヤから弟子のエリシャに引き継がれます。その能力が引き継がれた際の状況が、次のように記されています。
  上に紹介した部分に続いて、二人が、ヨルダン川を渡った後の出来事です。


  「 渡り終わると、エリヤはエリシャに言った。『わたしがあなたのもとから取り去られる前に、あなたのために何をしようか。何なりと願いなさい。』
   エリシャは、『あなたの霊の二つの分をわたしに受け継がせてください』と言った。
   エリヤは言った。『あなたはむずかしい願いをする。わたしがあなたのもとから取り去られるのをあなたが見れば、願いはかなえられる。もし見なければ、願いはかなえられない。』
   彼らが話しながら歩き続けていると、見よ、火の戦車が火の馬に引かれて現われ、二人の間を分けた。エリヤは嵐の中を天に上って行った。エリシャはこれを見て、 ・ ・ ・ ・ 」

  「 ・ ・ ・ ・ エリヤの着ていた外套が落ちてきたので、彼はそれを拾い、ヨルダンの岸辺に引き返して立ち、落ちてきたエリヤの外套を取って、それで水をうち、
   『エリヤの神、主はどこにおられますか』と言った。エリシャが水を打つと、水は左右に分かれ、彼は渡ることができた。」
   エリコの預言者の仲間たちは目の前で彼を見て、『エリヤの霊がエリシャの上にとどまっている』と言い、彼を迎えに行った。

     ( 同 上  『旧約聖書』   列王記下 2 )


  ここにもやはり 「 ・ ・ ・ 水が左右に分かれ」 とあるだけで、水の壁が出来たかどうかは分かりません。もしかすると水の量が、時期的に少なかったのかも知れません。或いは、溜まった水の処理方法が進化したために、大きな壁を創らないで済んだということも考えられます。


  以上のように、エリシャにエリヤの特殊な能力が引き継がれたのは、不可解な現象の起きた現場に、後継者となるエリシャがいて、その一部始終を目撃したからです。
  これはユリ・ゲラーのスプーン曲げの能力が、それをスタジオ内で見ていた観客や、またテレビの視聴者たちに引き継がれた状況と類似します。また居酒屋のご主人であった綾小路鶴太郎さん(故人)がやっていたスプーン曲げのテレビ番組を、当時高校生の橋本君が見ていて、それと同じ事が出来るようになった経緯にも相当します。

  ここには、そのような特殊な能力が、別の人に引き継がれる何らかの原理が隠されている可能性があります。つまり、その場に居合わせて、両者が、同じ世界を共有することが必要なのかも知れません。そして、ここには、霊が見える人と、見えない人の違いを創りだす原理もあるように思われます。
  薄く覆われている次元の壁を超えることが出来た時に、お互いの世界の共有現象が生じると考えられるからです。その壁が超えられないために、普通の人たちには、霊が見えないし、スプーンが曲げられないし、海の水も川の水も左右に分けられないのです。


 *** -- ○ ○ -- ***



  さて、上に紹介した出来事は、いずれも『旧約聖書』に記されている内容であり、今から二千年以上も前の出来事です。しかし、この「水と水を分けよ」の“力のプログラム”は、21世紀の今現在も消滅することなく、あちら側の世界に保存されています。
  そして、それが人為的に使われることによって、現代科学では解明されない不可解な現象が引き起こされています。
  その幾つかを、下に紹介しておくことにします。


 【 気で人が飛ぶ 】

  その一つに、気で、人が飛ばされるという現象があります。これは気功の様々な流派で発生している現象であり、気と言えば、人を飛ばす技術であるかのような印象さえ与えるほどです。
  インターネット上に掲載されているものを、幾つか下に紹介しておきます。

  もっとも有名なのが、西野皓三氏が開発した、西野流呼吸法です。女優の由美かおるさんが所属する団体です。
      → 西野流呼吸法 → 

  こちらでは人が飛ばされる瞬間の写真を使って、分かりやすく説明されています。
      →  武澤塾    →   

  さらに ・ ・ ・ ・
      →   気の学校  →  

      →   楽庵     →  


  中国気功を代表する太極拳でも、離れた場所にいる気功師が、手をわずかに動かすだけで、相手を動けなくしたり、コロコロと地面を転がしたりします。受け手である側は、笑いながら地面の上を転がります。実に不思議な光景です。


  これまでは人が、気で飛ばされるなどという現象は、かなり胡散臭いと思っていた方が多かったに違いありません。それは一つには、そうしたことが起きるはずが無いという先入観があったからです。また、そうしたことを起こす“力”の理論が無かったからです。

  しかし万有斥力(真空のエネルギー)が、一定の目的と必要性に応じて人為的に創り出せる力であるとすれば、そうした現象は、起きて当たり前の出来事になります。
  つまり、りんごの実が、地面に落ちるのが当たり前のように、人が気によって、飛ばされるのも当たり前になるわけです。一方は、引力が働くためであり、一方は、斥力が働くためであるという極めて常識的な出来事になるからです。

  少なくとも真空のエネルギーの存在を知っている人にとっては、人が気で飛ばされることは、常識的な出来事になります。あとは、それが一定の目的と必要性に応じて、人為的に創り出せる力であることを認識すればよいだけです。ただし、そのことが容易には認識されないために、起きて当たり前の現象が、不可解な現象になってしまうのです。或いは、この世に存在しない現象にされてしまうのです。



 【 上り坂をボールが登る 】

  上り坂なのにボールや、空き缶がコロコロと転がって、登って行く現象があります。ブレーキを掛けていなければ、車も登っていきます。その坂は確かに、上り坂なのに重力に逆らって車や、ボールや、空き缶が、その坂道を登って行くのです。

  最もよく知られているのは、斉州(チェジュ)島にある坂道です。インターネット上に掲載されているものを、下に幾つか紹介しておきます。 ( ただしブログでの旅行記の形をとっているものが多いために、次々と更新されて、そのページに、この記事が残されていない場合があります。)


     斉州(チェジュ)島 →         


  同様の場所が、日本国内にもあります。

     屋島 →         


  これも通常は、目の錯覚によるものと考えられています。一見、上り坂のように見えるものの実際は、下り坂だというのです。しかし、詳しい調査をすると、決して目の錯覚などではないことが分かります。確かに不可解な現象が発生しているのです。

  斉州(チェジュ)島の坂の場合は、その坂を下りきったところに、この“力”の始点があります。その地点に、水平基準器を置くと、空気の泡が中央に来ることから、その場所が水平であることが分かります。その位置にボールや、空き缶を置いても動きません。ところがそこから坂の方へ、わずかに位置にずらすだけでボールや、空き缶が転がり出します。これはかつて、不思議な現象を集めたあるテレビ番組で紹介された内容です。

  その始点から始まって、100メートルほどの場所まで、この“力”が働いているということです。ただし、終点に、対象物はありません。道路の続きがあるだけです。引力の場合は終点に、その物体を引き寄せる対象物があるはずですから、これは引力ではなくて、斥力であると考えられます。

  そのテレビ番組は、若年層を対象にしたバラエティに近い番組でしたから、あまり詳しい調査ではありませんでした。この“力”が、どのような状況下で働いているのか、さらに詳しい調査が必要です。
  たとえばボールを、地面から離しても、この“力”は働くのか。始点に立てた、高さ1メートルほどの水平板の上に、ボールを置いたらどうなるのか。
  ボールが転がり出す高さの上限、下限は、何センチメートルくらいか。逆に、地面を掘り下げた場合にも、この“力”は働くのか。
  また横方向には、どの程度ずれると、この“力”が働かなくなるのか。
  この“力”が働かない物質はあるのか。
  この“力”の強さは、場所によって異なるのか。始点から始まって、何メートルの距離で最大になるか。また終了地点での力の強さの変化割合は。 などなど。
  こうした点を、もう少し詳しく調べると、この“力”の性質が分かるかも知れません。

  気で人が飛ばされる現象が、一時的にしか機能しないのに対して、ここに働いている力は半永久的に残されています。これも人為的に創り出されたものであれば、かつてこの場所で、その“力のプログラム”による現象を発生させた人物がいたことになります。それが誰であったかも知りたいところです。かなりの能力者です。



 【 手を触れずに物を動かす = 念動力 】

  人がまったく手を触れずに、物を動かすという現象があります。これは昔から知られている現象であり、通常は念動力、又は、念力と呼ばれます。
  これもやはり、これまでは胡散臭い手品という印象がありましたが、人が気によって飛ばされたり、車や、ボールが手も触れないのに、上り坂を登って行ったりする以上、これも同様に起きて当然の現象であるということになります。これは否定する根拠が無くなったというよりは、今では、肯定すべき明確な根拠が存在すると言えるのです。

  テレビに登場する超能力者と言われる人たちは、その動きが、どうしても演技のような印象を与えるために、なかなか信用されません。例のユリゲラーもやっていましたが、多弁な彼が、身振り手振りを加えてしゃべりながらやると、どうしてもインチキ臭くなってしまいます。他の人の場合も、同様の印象を受けますから、これはテレビ撮影という特異な環境が作り出す弊害なのかも知れません。もう少し淡々と、事実を事実として見せる工夫をして欲しいものです。

  それにしても、マッチ棒のような小さなものではなく、誰が見ても分かるような、もっと大きな物を動かしてほしいものです。斉州島の坂では重い車が動くのですから、せめて空き缶くらいは動かしてほしいものです。距離も100メートルは無理でも、せめて2〜3メートルくらい動けば、見ている人たちも納得することでしょう。
  インターネット上に、この現象を紹介したものがあるかどうかは分かりませんが、興味のある方は、ご自分で調べてみてください。


  いずれにしても、21世紀の現在では、発生する“力”のスケールがかなり小さくなってしまいました。しかも起きている現象の内容や性質も、かなり変わって来ました。海や川のような大自然が相手ではなく、見世物感覚のちまちました室内芸になってしまいました。能力の手品化が進行したのです。

  これは“力のプログラム”を、自在に使いこなせるだけの能力を持った人がいなくなってしまったということであり、言い換えれば、現代科学がそうした現象を否定し続けてきた結果、能力を持った人が育たなかったということかも知れません。科学万能主義がもたらした大きな過ちです。
  本来であればこうした“力”も、科学的に確かめられるべきものであり、そこに未来の科学の出発点があります。未知の現象を無闇に否定することなく、起きている事実を、真摯に科学する研究者の登場が待ち望まれます。


    2007.  7.  30 .      店主記す




 
 
 

  上でリンクさせていただいたサイトのほとんどが、つながらない状態になっています。
  そこで、別のページで紹介させて戴いたリンク先を、こちらにも紹介させていただきます。
   ↓   ↓


    【 一 】

  ↓ 以下は、普通の坂道で起きている現象です。

  !ひとりでに車が動く ミステリー坂の謎!!
http://www.youtube.com/watch
?v=EhtPZzYXizk&NR=1&feature=endscreen



  おばけ坂@ 久米島ミステリー
http://www.youtube.com/watch?v=6dqLpuQkTXU



  お化け道路 Ghost road
http://www.youtube.com/wat
h?v=4kPGteTKFuU&feature=related



  お化け道路(トッケビ道路)済州島
http://www.youtube.com/w
atch?v=5PWSYfGHm_Q



  ↓ このオジサンが持っているのは、気泡管水準器です。これを使って、道路の傾きを確認しています。その他に、磁気計測機も持ち込んでいます。なかなか本格的な調査を行っています。

  Gravity Hill-Maryland
http://www.youtube.com/wa
tch?v=EzdvkTCMU-4



  Magnetic Hill in Springer, OK
http://www.youtube.com/watch?
v=LUZpVzQZrik&feature=related



  Guatemala water flows up hill
http://www.youtube.com/watch?
v=XFqsdpCB-O8&feature=related



  La?novska zahada vyrie?ena
http://www.youtube.com/watch?
v=eCh7zSGoONc&feature=related



  The Mystery of Spook Hill
http://www.youtube.com/watch?
v=wiXSDNWQ_6Q



  これだけの本数を観れば、、、、
   もはや否定することの出来ない事実だと思うのが普通だろうが、、、。

  それでも、やはりすべてインチキだ、錯覚だ、トリックだと言って、
     否定する人はいるんでしょうね―ェ。( ゚_゚;)



   【 二 】

  ↓ 水路を流れる水が、丘の上に向かって流れて行きます。

  Water Running Up Area
http://www.youtube.com/watch
?v=B9bx-dCj8Do



  Water going 'uphill'
http://www.youtube.com/watch?v=i
3PUxcSBn64&NR=1&feature=endscreen



  ↓ 澄んだ綺麗な水が、けっこう勢いよく登って行きます。オドロキ!。が、、でも、、、この女性の魅力にはかないません。。笑顔が、、ステキ、!!。。

  Water running up, SayTaiwan
http://www.youtube.com/wat
ch?v=BFnZjAy-DME



  Taitung, Taiwan - Water Running Up
http://www.youtube.com/watch
?feature=endscreen&v=io6ItSV8k70&NR=1



  [Taiwan Gives me a Hug!]台湾 - water running up
http://www.youtube.com/watc
h?v=xKKcvdtO_k0






   【 三 】

  下に紹介する動画は、気功師が創り出す“斥力”です。一方向にだけ働く単純な力ではなく、様ざまに変化する多様な力となって機能していることが分かります。
  少なくとも、手も触れていないのに、相手の身体が、勝手に動くことを確認することが出来まーすョ。(゚o゚;)。。
      ↓

  Samurai Qigong, Japan (慧真導 気功)
http://www.youtube.com/watch?
v=KPCdOe1YJV4


  気の増幅法 前編 (慧真導 気功)【 How to amplify Qi Part 1 】
http://www.youtube.com/watch?v=zS
7Y-FxImms&feature=endscreen&NR=1

  気の増幅法 後編 (慧真導 気功)【 How to amplify Qi Part 2】
http://www.youtube.com/watch?v
=HslxDauBb18


  気で飛ぶ-2 ki (気功・呼吸法・気の家)L
http://www.youtube.com/watch?v=70LCK03I31k


  気で飛ぶ-1 ki(気功・呼吸法・気の家)ko.as
http://www.youtube.com/watch?v=9dXtHn0gbKg


  「宇宙心法」 気功師と忍者の対決(素手編)・・・どっちが強い?!
http://www.youtube.com/watch?v=CNBuorYaabs


  Psychic power, amazing, Taichi Chen vs Tekondo, Kung fu
http://www.youtube.com/watch?v
=lR4vyq1WbyU&playnext=1&list=PL293DF
A4AFCBF99F0&feature=results_main


  武道の一種である合気道でも、この“斥力”が使われています。やはり多種多様な力が創りだされています。
      ↓

  大東流合気柔術 合気神伝 part1 Daitoryu Aikijujutsu Aikido Kobujyutsu
http://www.youtube.com/watch?v=f
BSFxJOfiEU&feature=endscreen&NR=1


  大東流合気柔術 合気神伝 part2 Daitoryu Aikijujutsu Aikido Kobujyutsu
http://www.youtube.com/watch?v=b
WjWky1ds0E&NR=1&feature=endscreen


  大東流合気柔術 合気神伝 part4 Daitoryu Aikijujutsu Aikido Kobujyutsu
http://www.youtube.com/watch?v=q
DZ-OBNaGUg&NR=1&feature=endscreen


  西野流対気初体験@ 武術 外気 自発気功 整体 マッサージ
http://www.youtube.com/wat
ch?v=Py3JZ2X4y08


  2/11 武術気功の脅威! 合気道・柳龍拳の気合術 in札幌市中央体育館
http://www.youtube.com/watch
?v=ABuS4VJ25M8


  杖と太刀で合気の奇跡(秘密のコツ理論:Nの震撼) jojutsu kenjutsu
http://www.youtube.com/watch?v=d
DU0C7Q1awI&list=PLB1DD4878A9CDB5E6


  ありえない?? 一人の女性が8人を  by 素材【Nの震撼】
http://www.youtube.com/watch?
v=TH92f48WC6o&playnext=1&list=PL0D
0A57AA5F133F29&feature=results_main

  女性は本気でつかまれてもサラッと投げる  ◆素材を使えば誰でも!?
http://www.youtube.com/watch?v
=MfXeVp3sWJc&list=PL724D903D429F7DBE



  ということで、、
   これで“斥力”という未知の力が、
    人為的に創り出せることが分かりましたーヨネ。(σ_σ) ???。。


  以上、 「 四つの力 」 以外の力(真空のエネルギーほか) のページ より転載いたしました。


   2013.  6.  13 .      店主記す



 


 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒