火の神 (炎と熱と光を司る神)
 ―――――――――――――――


   火を司る神 ( 火の神 = 太陽神 )

  火を司る神は創造神と共に、今現在、我々がいるこの物質世界(三次元世界)を、具体的に創造した神である。
  今から約、150億年(最新の学説では 137億年)ほど前の天地創造の際に、創造神の「光あれ」の号令によって究極の高熱を発生させ、それにより宇宙のビッグ・バンを引き起こした。これが火の玉宇宙、誕生の瞬間である。

  因みに、宇宙年齢で 10兆分の1秒(10-13秒)の時に、宇宙の温度は、計算上 1兆度のそのまた1万倍であったと推測されている。
  従って、誕生の瞬間は、それよりもさらに高い温度であったことになる。それがこの世界での 究極の高温である。
  つまりこの世界を、無から有に変えるために必要な熱源が、この神によって創り出されたのであり、物質世界を創造するための具体的な手段を提供した神である。
  より正確には、気を熱に変える能力を持つ神である。

  火の神が創り出した“力のプログラム”は、その後、「光と闇」を分けるために、恒星(太陽)の内部で、核融合現象を引き起こした。
  それにより、自ら光を発する天体(恒星=太陽)が誕生した。つまり、恒星(=太陽)は周囲に、光と熱を放射する発光体となった。また、自らは光を発しない惑星(地球)の内部では、高温のマントル対流を創り出す熱源として機能している。

  故に、太陽神と呼ばれるものは本来、我々がいる惑星系にある太陽のみを指すのではなく、この宇宙を創造した根源的な熱の発生源を指す。つまり、あらゆる熱源に普遍的に存在する“力”のことであり、炎と熱と光を司る目的神を意味する。

  この神は、今現在も活動し、実際に機能している“力”そのものであり、宇宙の万物が、この神が創り出した熱と光によって支配されている。
  また宇宙の温度が、 2.7度Kに設定されたのも、この神の力によるものである。 従って、創造神が、この世界を展開するための全体のプログラムを創ったのに対して、火の神は、我々がいる物質世界を具体的に創造し、実質的に支配している神ということになる。


  ○ ○ *** ○ ○


  今から約150億年前の天地創造の際に、火の神が創り出した“力のプログラム”は、永遠に消滅することなく、今現在もあちら側の世界に保存されています。そして、その“力”が、人為的に機能させられたことにより発生した出来事が、『旧約聖書』に幾つか記録されています。

  それ等の出来事もまた、今日の科学的常識からすれば、絶対にあり得ないことであり、むしろ立ち後れている現代科学の観点からは、それ等は絶対に起きるはずの無い出来事です。
  そのために、それ等の出来事もまた、この書物の作者たちによって創られたフィクションであるかのように扱われたり、又は、何かまったく別の自然現象を、当時の無知な人たちが取り違えたのではないかと考えられています。

  しかし、前回の「水と水を分けよの力」が引き起こした現象と同様に、一定の考察を辿ったとき、それ等の出来事も実は現実のものであり、遠い過去に実際に起きた出来事であったと認識することが出来るのです。


 *** ○ -- ☆ -- ○ ***


  『旧約聖書』の中には、人々が主(神)に祈りを捧げる際に、いけにえ以外に『焼き尽くす献げ物』を備える記述が頻繁に出てきます。この焼き尽くす献げ物を備えることが、一体どのような意味を持っているのかが理解できないために、古代史や宗教史に関する予備知識をもたない我々には、この書物全体が不可解な内容になってしまうのです。

  たとえばソロモン王は、主(神)に願いを叶えてもらうために、焼き尽くす献げ物として、牛一千頭を捧げました。その場面が、次のように記されています。

  『 ソロモンは会衆と共に主に尋ね、そこで臨在の幕屋にいます主の御前にある青銅の祭壇に上り、その上で焼き尽くす献げ物一千頭をささげた。』 (牛の場合は頭が、羊の場合は匹が使われています。)
  ( 『聖書』 日本聖書教会 共同訳聖書実行委員会 旧約聖書 歴代誌 下 1 ソロモンの知慧と富 )


  牛一千頭分の献げ物といったら、その場に巨大な山が築かれるほどの量です。それが焼き尽くす献げ物として、神である主に捧げられたのです。

  それでは焼き尽くす献げ物とは、果たして、何なのかという疑問が生じます。なぜ、そのようなものを捧げる必要があるのかということです。
  この疑問を解き明かすことが出来たときに、この書物で主(神)とされているものが、一体いかなるものを指すかが判明します。同時に、我々が認識する神というものの概念とは、かなり趣きの異なるものであることを認識させられるのです。
  そのことを理解するための最適の一文が、次の部分に記されています。ソロモン王に関して記された続きの部分です。それにより焼き尽くす献げ物と、主(神)との関係が判明します。

  ソロモン王は、主(神)を祀るための巨大な神殿を建造しました。そして至聖所には、主の契約の箱を安置しました。箱の中には、モーセがシナイ山から持ち帰った、例の十戒が書かれた二枚の石板が納められていました。
  そうした状況下で、ソロモン王が祈りを捧げると、次のような異常な事態が発生しました。
     ↓

  『 ソロモンが祈りを終えると、天から火が降って焼き尽くす献げ物といけにえをひとなめにし、主の栄光が神殿に満ちた。祭司たちは、主の栄光が神殿に満ちたので、神殿に入ることが出来なかった。』
    ( 同 上  歴代誌 下 7 )


  この『 天から火が降って ・ ・ ・ ・ 』 とある部分には、最大限に注目する必要があります。つまり、焼き尽くす献げ物が、天から降って来た火によって、ひとなめに焼き尽くされたということなのです。
  従って、その火を降らせたものこそが主(神)であり、その場に山のように積み上げられていた献げ物を、一瞬にして焼き尽くした実体です。

  これが『旧約聖書』に登場する神であり、そうした驚くべき現象が実際に引き起こされたのです。このことを現実のものとして認識しないために、『旧約聖書』という書物全体が、胡散臭い内容の書物になってしまうのです。
  また、そこに『主の栄光』とあるのは、超高温の熱のことです。神殿がある部屋の中に熱がこもっているために、生身の司祭たちは、その中に入ることが出来なかったのです。


  これにより『旧約聖書』で主(神)とされているものが、具体的には“ 火の神 ”を指すことが分かります。それは我々がいる物質世界(天地)を、具体的に創造した神であり、炎と熱と光を司る目的神です。要するに、大量の献げ物が瞬時にして焼き尽くされたのは、この神の力によるものだったのです。


  そして、神への信仰を忘れた人々が、神の意志に叛く行いをした時に、この神が怒り狂うというのが、この書物の中で説かれている内容です。そのために生じる災いが、我々にごく身近な出来事としての地震であり、火山の噴火であり、溶岩流、火砕流の発生です。

  そうした大自然の災いが、主(神)の意志によって引き起こされる以上、創世記 19 に記されているように、ソドムとゴモラの街が大火砕流によって消滅させられたのも、もちろん神の意志によるものであったということになります。
  これはかつて九州の雲仙普賢岳で起きた、悲劇的な災害と同じです。火口付近に出来た溶岩ドームが砕けて、火砕流が低地に押し寄せ、街も人々も呑み込んだのです。

  ただし聖書で、これを神の意志によるものとしているのは、その神が火を司る神であり、人々に災いが起きるのは、そこに住む人たちが神の意志に叛く行為をしたからであるという理由付けからです。
  つまり、そうなる原因を作ったのはそこに住む人々であり、神の意志に叛く行いが、堕落した人々の間に広く蔓延していたからであるといった理屈が成り立つわけです。無闇やたらに、何の理由もなく主(神)が、人々の上に硫黄の火を降らせたわけではないということです。
  もちろんロトと、その娘たちが救われたのも、やはり神のご意志であり、決して偶然に助け出されたわけではないということになります。そこにも主(神)の思し召しがあり、正しい行いをする者たちに対する救いがあるのです。これが、この書物の中にある一貫した思想です。


 ○ ○ *** ○ ○


  以上のように、この書物は火の神が実在することを前提にして、それぞれの場面ごとに、様々な脚色がなされているのです。もちろん主(神)の行いとされるものは、すべて正義に基づくものであり、様々な出来事を正当化する根拠になっています。
  つまり、人々を殺すことも、主(神)の意志によるものであれば、それは正当な行為であり、主(神)の御心に沿った行いということになります。
  そうした理由付けをして、敵対する部族の婦女子から、産まれたばかりの子供までの全員を、容赦なく殺害したのです。要するに、主(神)が、政治的に利用されたのです。

  そのために使われたものが、『かたくなにする』という主(神)の言葉です。
  「 しかし、わたしはエジプト人の心をかたくなにするから、彼らはお前たちのあとを追って来る。」
  (同 上  出エジプト記 14 )

  こうしてモーセが、追跡して来たエジプト軍の兵士たちを全員、海の底に沈めて殺すことが正当化されたのです。彼らは、主(神)の救いを必要としない人たちであるという、極めて正当な理由があるのです。

  さらには、『主にささげよ』という、主(神)の言葉です。
  「 鬨(とき)の声をあげよ。主はあなたたちにこの町を与えられた。町とその中にあるものは、ことごとく滅ぼしつくして主にささげよ。」

  この主(神)言葉に従って、ヨシュアが率いていた軍勢は、崩れ落ちた城壁を乗り越えて町に突入し、残虐な殺戮行為を行ったのです。
        ↓

  「 彼らは、男も女も、若者も老人も、また牛、羊、ろばに至るまで町にあるものはことごとく剣にかけて滅ぼし尽くした。」
   ( 同 上  ヨシュア記 6 )


  ここに当時の権力者によるこの書物の内容の書き替え、都合のよい編集、一部の文書の捏造が行われた形跡が窺えます。
  つまりその当時の権力者はこの書物を、人々を支配するための道具として使ったのです。発生した出来事はたしかに事実に即しているとしても、その出来事が起きた背景に手を加えることにより、民衆を先導し、統率するための手段に使ったのです。つまり宗教による国民支配です。

  たとえば『主はモーセに仰せになった。』で始まる長文で、多岐に渡るモーセの律法の部分が、民衆を統治するための創作であることは、誰の目にも明らかです。つまり人々を支配し、統率するために必要な法や規範が、すべて神の言葉によるものとして記されたのです。
  しかも、創世記の部分にも手を加えたために、全体の理解が困難になったのです。人類の誕生に関する部分は、当時の権力者によって理想化され、美化されてしまったと見ることが出来ます。結果的に不可解な内容になってしまったのです。
  そうした大幅な改変、改竄、捏造が行われたことには、充分に留意する必要があります。この書物に記されているものを、すべて丸呑みににすることは、総てを否定することと同等の危険性があります。どちらも真理を探求する姿勢からは、遠ざかるものだからです。


 *** ○ - ☆ - ○ ***  


  ところで、突然、“火の神” などというものを持ち出しても、現代人の我々の通常の感覚では、そうしたものはなかなか容認できないのが普通です。科学の進歩した現代社会では、通例であれば、なんとも胡散臭いたわ言として、一笑に付されて終わりになります。

  ところが、この神の存在を無視して来たがために、今現在も世界の各地で、実際に起きている不可解な事件の謎が解けないのです。

  それは、『人体の自然発火現象』 と呼ばれる現象です。生身の人間が、生きたまま火に焼かれるという現象です。
  この事件が起きた現場の様子が、多くの写真に撮られていることから、これは否定することができない事実として確認されています。しかも、それは一件や、二件ではなく、世界中で何十件も起きているのです。
  それなのに、なぜそうしたことが起きるのか、誰にも納得のいく説明ができないのです。古くから知られている現象でありながら、いまだに解けない謎として放置されたままになっているのです。


  2007.  10.  24 .     店主記す







 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒