モーセという巨人が起こした奇蹟 
 ―――――――――――――――


   ― 火の神 (炎と熱と光を司る神 = 太陽神 ) ―

  最初に火の神と出会い、しかもその神と一体化した人物は、例の偉大なる預言者、モーセでした。エジプトの王(ファラオ)と交渉して、奴隷として扱われていたイスラエルの民を解放させるために、様々な奇蹟や、天変地異を起こした人物です。現代風に言えば、偉大な超能力者です。


  【 柴の炎 】

  それは最初、モーセの前に、柴の間に燃え上がる炎として現れました。ただし柴が、炎を上げて燃えているのに、その柴自体はまったく燃え尽きないという不思議な現象でした。その場面が、次のように記されています。
     ↓

  「 モーセは、しゅうとでありミディアンの祭司であるエトロの羊の群れを飼っていたが、あるとき、その群れを荒れ野の奥へ追って行き、神の山ホレブに来た。そのとき、柴の間に燃え上がっている炎の中に主の御使いが現れた。彼が見ると、見よ、柴は火に燃えているのに、柴は燃え尽きない。モーセは言った。『道をそれて、この不思議な光景を見届けよう。どうしてあの柴は燃え尽きないのだろう』  
  主は、モーセが道をそれて見に来るのを御覧になった。神は柴の間から声をかけられ、 ーー 略 ーー 」
   ( 同 上    出エジプト記 3 )


  これがモーセと、火の神との最初の出会いです。なんとも不思議な出来事です。そして、その時に神から、イスラエルの民を救出する使命を知らされるのです。
  ただし、この出会いを生んだそもそもの切っ掛けは、モーセの出生にまつわるある出来事にあったと考えられます。

  その頃、イスラエルの民は増え続けており、より強い力を持つことを恐れたエジプト王の命令により、新たに生まれた男児は、すべてナイル川に放り込まれて、殺されることになっていました。しかし、モーセの出生は家族によって三ヶ月間、秘密にされました。
  そして、いよいよ隠し切れなくなった段階で、材料のパピルスをアスファルトとピッチで防水した芦舟に乗せられて、葦の茂みの中に置かれました。モーセは、たまたまそこへ来合わせた王女によって救出され、危ういところで一命を取り留めたのです。

  水の上に浮かべられた芦舟の中の温度は、たちまち水温と同じになります。季節は不明ながらも、たとえ気温の高い夏場でも、川の水がお風呂の湯と同じくなることはありません。よほど分厚い防寒着でも着ない限りは、凍死する危険性があります。冬場であれば、数時間と持ちません。生後、わずか三ヶ月の赤ちゃんが、そうした極悪の環境に置かれたことに注目する必要があります。
  当時、冷えた身体を温める唯一の手段は、燃えている火の近くに寄ることでした。つまり、焚き火に近付くことです。ただし周囲が水に囲まれて、そうして暖をとることが出来ないとすれば、あとは死を待つだけの状態になります。芦舟の中のモーセは寒さによって、すでに仮死状態になっていた可能性が考えられます。いわゆる臨死体験の状態です。

  そうした状況下で、生後三ヶ月のモーセは、暖かく燃えている火を、近くに呼び寄せたいという無意識的願望を抱いたのです。それは寒さという苦痛から逃れるためであり、また死から逃れるための切実な願望でした。
  要するに、臨死体験時という特異な状況の中で、そうした願望を抱いたことに注目する必要があるわけです。臨死体験によって、様々な奇蹟現象の発生することが知られているからです。

  そして、生後三ヶ月の時に抱いたその願望が、後年ある時、ふとした機会に実現したのです。その切っ掛けは、やはり寒さでした。
  当時の羊飼いは、餌となる青草を求めて、野宿しながら移動しました。モーセが荒れ野にまで足を踏み入れねばならなかったのは、居住地の近くに餌となる青草が少なくなったためであり、季節が冬に向かっていたことを意味します。
  荒れ野の中では、夜の冷え込みも厳しかったに違いありません。そうした環境に置かれたことによって、かつての無意識的願望が復活したのです。そして、生後三ヶ月の臨死体験時に抱いた願望が、この時、現実のものとなったのです。つまり、実際に、火を呼び寄せる奇蹟の能力となって開花したのです。

  こう考えると、モーセと火の神との出会いも、決して偶然ではなかったことに気付きます。それは幾つかの段階を踏んで開発された能力だったのです。
  しかも、もう一つの要因として、モーセには出生時外傷があったと考えられます。モーセに関して記されている記述の内容から、どうやら彼は、言葉がやや不自由であったらしいことや、時として、怒りの感情のコントロールが利かなくなる傾向のあったことが窺えます。
  このことからモーセには、今で言うアスペルガー症候群に似た症状があったことが推測されます。その原因としては、出生時の障害が考えられるわけです。そして、そのために脳の損傷部分を補う回路が発達したことにより、そのような特殊な能力を獲得するに至ったのです。これは言うなれば、サヴァン症候群の人たちが持つ能力と同じものです。しかもモーセの場合は、潜在的な願望を持っており、それを実現するための能力として開花したのです。

  以上を要約すると、モーセの特殊な能力は出生時外傷により発生した脳の障害に端を発し、さらに生後三ヶ月にして芦舟の中で、寒さのために仮死状態に陥ったという悲劇的な経緯に基づきます。つまり、その際に抱いた切実な願望が後年、実現されることによって開花した能力であるということになります。
  従って、これは乳幼児期の強靱な回復能力があってこそ可能となった奇蹟的出来事であり、そのために成人が厳しい修行によって獲得することが出来るものとは、桁違いの能力となったのです。偉大なる超能力者、モーセの誕生には、そうした極限情況に近い苦難に満ちた生い立ちが関係していたと考えられるわけです。


  *** ○ -- ☆ -- ○ ***


  【 モーセが起こした様ざまな奇蹟 】

  モーセはその偉大な能力を使って、数々の奇蹟現象を起こして、エジプト王(ファラオ)との交渉を行いました。
  その奇蹟の数々も、これまでの我々の通常の感覚では、まずもって信じられないような出来事です。まして狭隘な科学常識にとらわれている人たちは、その全てを否定するに違いありません。それほど現実離れのした出来事なのです。
  その要点部分だけを抜き出して紹介すると、次のようになります。

  ○ 杖を蛇に変えた。
    モーセとアロンはファラオのもとに行き、主の命じられたとおりに行った。アロンが自分の杖をファラオとその家臣たちの前に投げると、杖は蛇になった。そこでファラオも賢者や呪術師を召し出した。エジプトの呪術師もまた、秘術を用いて同じことを行った。それぞれ自分の杖を投げると、蛇になったが、アロンの杖は彼らの杖をのみ込んだ。 ( 同 上   出エジプト記 7 )

 ○ ナイル川の水をすべて血に変えた。
   モーセとアロンは、主の命じられたとおりに行った。彼は杖を振り上げて、ファラオとその家臣の前でナイル川の水を打った。川の水はことごとく血に変わり、川の魚は死に、川は悪臭を放ち、エジプト人はナイル川の水を飲めなくなった。こうして、エジプトの国中が血に浸った。ところが、エジプトの魔術師も秘術を用いて同じことを行ったので、ファラオの心はかたくなになり、二人の言うこと聞かなかった。 ( 同 上 )

 ○ 蛙がエジプトの国を覆った。
   アロンがエジプトの水の上に手を差し伸べると、蛙が這い上がってきてエジプトの国を覆った。ところが、魔術師も秘術を用いて同じことをし、蛙をエジプトの国に這い上がらせた。
   ーー 略 ーー  主はモーセの願いどおりにされ、蛙は家からも庭からも畑からも死に絶えた。人々はその死骸を幾山にも積み上げたので、国中に悪臭が満ちた。 ( 同 上 )

 ○ 土の塵がすべてブヨになった。
   彼らは言われたとおりにし、アロンが杖を持った手を差し伸べて土の塵を打つと、土の塵はすべてぶよとなり、エジプト全土に広がって人と家畜を襲った。 魔術師も秘術を用いて同じようにぶよを出そうとしたが、できなかった。 ( 同 上 )

 ○ あぶがエジプト全土を襲った。
   主はこう言われた。『わたしの民を去らせ、わたしに仕えさせよ。もしあなたがわたしの民をさらせないなら、見よ、わたしはあなたとあなたの家臣とあなたの民とあなたの家にあぶを送る。エジプトの人家にも人が働いている畑地にもあぶが落ちるであろう。 ーー 略 ーー  』
   主がそのとおり行われたので、あぶの大群がファラオの王宮や家臣の家に入り、エジプトの全土に及んだ。国はあぶのゆえに荒れ果てた。 ( 同 上 )

 ○ 家畜が疫病で死んだ。
   主はモーセに言われた。「 ーー 略 ーー  もしあなたが去らせるのを拒み、なおも彼らをとどめておくならば、見よ、主の手が甚だ恐ろしい疫病を野にいるあなたの家畜、馬、ろば、らくだ、牛、羊に臨ませる。しかし主は、イスラエルの家畜とエジプトの家畜を区別される。イスラエルの人々の家畜は,一頭たりとも死ぬことはない。 ーー 略 ーー 」
   翌日、主はこの事を行われたので、エジプト人の家畜はすべて死んだが、イスラエルの人々の家畜は一頭といえども死んではいなかった。 ( 同 上   出エジプト記 9 )

 ○ 人と家畜にはれ物が広がった。
   主はモーセとアロンに言われた。 ーー 略 ーー  二人はかまどのすすを取ってファラオ前に立ち、モーセがそれを天に向かってまき散らした。すると、膿のでるはれ物が人と家畜に生じた。魔術師もこのはれ物のためにモーセの前に立つことができなかった。はれ物は魔術師のみならず、エジプト人すべてに生じた。 ( 同 上 )

 ○ 大量の雹(ひょう)が降り注いだ。
    モーセが天に向かって杖を差し伸べると、主は、雷と雹を下され、稲妻が大地に向かって走った。主はエジプトの地に雹を降らせられた。
   ーー 略 ーー  雹はエジプト全土で野にいるすべてのもの、人も家畜も残らず打った。雹はまた、野のあらゆる草を打ち、野のすべての木を打ち砕いた。ただし、イスラエルの人々の住むゴシェンの地域には雹は降らなかった。 / ーー 中 略 ーー /
    モーセはファラオのもとから退出し町を出ると、両手を広げて主に祈った。すると、雷も雹もやみ、大地に注ぐ雨もやんだ。 ( 同 上 )

  ○ いなごの大群が襲ってきた。
     モーセがエジプトの地に杖を差し伸べると、主はまる一昼夜、東風を吹かせられた。朝になると、東風がいなごの大群を運んできた。いなごはエジプト全土を襲い、エジプトの領土全体にとどまった。このようにおびただしいいなごの大群は前にも後にも無かった。いなごが地の面をすべて覆ったので、地は暗くなった。いなごは地のあらゆる草、雹の害を免れた木の実をすべて食い尽くしたので、木であれ、草であれ、エジプト全土のどこにも緑のものは何一つ残らなかった。 / ーー 中 略 ーー /
    モーセがファラオのもとを退出して、主に祈願すると、主は風向きを変え、甚だ強い西風とし、いなごを吹き飛ばして、葦の海に追いやられたので、エジプトの領土にいなごは一匹も残らなかった。( 同 上   出エジプト記 10 )

  ○ エジプト全土が三日間、真暗闇になった。
    モーセが手を天に向かって差し伸べると、三日間エジプト全土に暗闇が臨んだ。人々は、三日間、互いに見ることも、自分のいる場所から立ち上がることも出来なかったが、イスラエルの人々が住んでいる所にはどこでも光りがあった。( 同 上 )

  ○ 人と家畜の初子がすべて死んだ。
     モーセは言った。「主はこう言われた。『真夜中ごろ、私はエジプトの中を進む。そのとき、エジプトの国中の初子は皆、死ぬ。王座に座しているファラオの初子から、石臼をひく女奴隷の初子まで。また家畜の初子もすべて死ぬ。大いなる叫びがエジプト全土に起こる。 ーー 略 ーー  』 」
( 同 上   出エジプト記 11 )
     わたしは主である。あなたたちのいる家に塗った血は、あなたたちのしるしとなる。血を見たならば、わたしはあなたたちを過ぎ越す。私がエジプトの国を打つとき、滅ぼす者の災いはあなたたちには及ばない。( 同 上   出エジプト記 12 )
     真夜中になって、主はエジプトの国ですべての初子を打たれた。王座に座しているファラオの初子から牢屋につながれている捕虜の初子まで、また家畜の初子もことごとく打たれたので、ファラオと家臣、またすべてのエジプト人は、夜中に起き上がった。死人が出なかった家は一軒もなかったので、大いなる叫びがエジプト中に起こった。( 同 上   出エジプト記 12 )


  *** ○ --☆--○ ***


  以上のような様々な現象が、モーセによって引き起こされました。そのためにエジプト王(ファラオ)は最終的に、イスラエルの民を解放する決断をしました。エジプト国内に、それ以上の災いが起きるのを防ぐためでした。
  ただし、すぐにその決断を後悔して、モーセの一行を後から追いかけたために、二つに割れた海の底で、多くの兵士たちと共に溺死することになったのです。

  これだけの奇蹟を起こすのは、もちろん普通の人間には出来ませんから、やはり神の力によるものであったと考えるのが妥当です。つまり、モーセが、火の神と一体化することによって獲得した“力”によって引き起こされた現象であるということです。
  このことは逆に言えば、神も、人に憑依することがあり得ると考える根拠となります。つまり霊が人に取り憑くのと同じように、神というものも勝手に人格化して、人の意識の中に入り込んで様々な現象を引き起こすということです。ただし、これは一時的に生じる神憑りとは異なります。その状態が長期間に渡り、或いは、一生涯に渡って継続するからです。従って、人と神が、一体化している状態になります。


  ところで上記の出来事のうち、杖をへびに変えたこと、川の水を血に変えたこと、蛙が這い上がって来たことは、エジプトの魔術師たちにも同じ事が出来たことから、これらの“力のプログラム”は、すでにあちら側の世界に存在していたと考えられます。その“力のプログラム”を魔術師たちも利用することが出来たことによって、モーセが引き起こした現象と同じ現象を起こすことが可能だったのです。
  従って、それ以後にモーセが起こした奇蹟現象が、モーセによるオリジナルの現象であったと考えることが出来ます。そのために魔術師たちには、その場では再現出来なかったのです。


  もちろんこれ等を、すべて作者の創作であると言って取り合わないですむならば、ことは簡単です。現代科学で解決できない難題は、その現象をすべて否定してしまうのが賢明です。その時点で、原因や、理由を説明するための余計な努力は、必要がなくなります。しかし、それでは真相を解明することにはつながりません。真理の探求は放棄されます。もちろんそれは我々が与する態度ではありません。今現在も起きている不可解な現象の発端が、ここにあると考えられるからこそ、困難な道を進まねばならないのです。


  2007.  11.  6 .    店主記す





 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒