人体自然発火現象
 ―――――――――


   人体の自然発火

  さて、これまでに紹介した出来事は、いずれも『旧約聖書』に記されている内容であり、今から二千年以上も前の出来事です。しかし、火の神が創り出した“力のプログラム”は、21世紀の今現在も消滅することなく、あちら側の世界に保存されています。
  そして、それが人為的に使われることによって、現代科学では解明されない不可解な現象が引き起こされるのです。謎の発火現象が、今でも発生しているのです。

  人体の70パーセント以上が水です。それほどの水分を含んでいる生身の肉体が、ローソクのように燃え上がることはありません。短時間で骨さえも残らないほど、完全に燃え尽きてしまうことは、絶対にあり得ません。
  ところが、そうした現象が、実際に起きているのです。しかも、近年に至っても発生しているために、事件が起きた現場の写真が、たくさん撮られています。
  つまり、疑いようのない物的証拠が存在するのです。それにも関わらず、なぜそうしたことが生じるのか、まったく解明されていないのです。


  【 アメリカで起きた事件 】

  よく知られている事例は、1951年7月に、アメリカ、フロリダ州 セントピータースバーグで起きた怪奇事件です。これは事件内容の信憑性も高く、証拠の写真なども揃っていることから、利害関係者による捏造や、偽装の余地が無く、疑いようが無い事実として認められています。
  そのために、怪奇現象などを扱うテレビ番組でも、よく取り上げられる事例です。
  事件の概要は、つぎのようなものです。

  1951年7月2日、早朝、アパートの自室で、住人のメアリー・リーザー夫人(67歳)が、無残な焼死体となって発見された。
  切っ掛けは、午前8時7分に、電報を届に来た郵便配達員が、その部屋を訪れたことに始まる。何度もドアをノックをしたが、まったく返事が無かったために、大家のカーペンター夫人宅を訪ねた。
  不審に思ったカーペンター夫人が、部屋のドアを開けようとして触れたノブは、火傷をするほど熱かった。
  周囲から応援が駆けつけて、男性が二人がかりで強引にドアを開けた瞬間、部屋の中から熱気が襲ってきた。
  ただちに消防署に連絡された。警察にも連絡された。
  駆けつけた消防隊員や警察官がそこで見たものは、余りにも異様な光景であった。現場に残されていたものは、次のようなものであった。

  燃えて石灰状になった人間の脊椎と思われるもの。
  肝臓を思わせる物体。
  オレンジくらいの大きさにまで縮んだ頭蓋骨。
  スリッパを履いたままの状態で燃え残った人の足。
  リーザー夫人は身体が大きく、体重は約八十キロはあった。しかし、残されたものの総量は、灰も含めて4.5キロにも満たなかった。

  これ等はリーザー夫人の身体が、三千度以上の超高熱で焼かれたことを物語っていた。
  しかし、夫人が座っていた場所から、少し離れた所にあったものには、何も異常が見られなかった。燃えるどころか、焼け焦げてさえいなかった。

    ( 『戦慄の人体発火現象』 二見書房刊 ラリー・アーノルド著 並木伸一郎訳 参照 )


  これと同じような事件が、世界各地で起きているのです。しかも、かなり昔から起きていたのです。この事件も含めて、同様の怪事件を紹介しているサイトを、幾つか下に紹介しておきます。
  そこには事件現場の写真が掲載されていますから、たいへん参考になります。


                  


                   

  人体発火現象2 http://ww5.tiki.ne.jp/~
qyoshida/kaiki2/157jintaihakka2.htm




  こうした不可解な現象が発生する原因については、幾つかの仮説があげられています。
    ○ 人体のローソク化現象説
    ○ 電磁波による発熱現象説
    ○ 帯電した静電気による発火現象説
  
  これ等の仮説の具体的な内容は、上に紹介したサイトにも紹介されていますから、そちらをご参照ください。
  ただし、これ等の仮説では、自分自身の身体が燃えているのに、なぜ気がつかないのかという根本的な部分の説明がつけられません。
  実際に、自分の腹部が燃えているのに、まったく気が付かない人はいません。自分の手足が燃えて、灰になっていくのに、平然と椅子に座って見ている人はいません。
  上にあげた仮説が、まともな説明になっていないことは誰にでも分かります。非常識の極みです。ここに現代科学の限界があります。


 ○ ○**○○**○ ○


  このような不可解な現象の原因を、誰もが納得のいく形で説明してくれるものが、上に紹介したモーセの時代に起きた「炎の蛇」の事例です。
       ↓

  「 主は炎の蛇を民に向かって送られた。蛇は民をかみ、イスラエルの民の中から多くの死者が出た。 ーー 略 ーー  モーセは青銅で一つの蛇を造り、旗竿の先に掲げた。蛇が人をかんでも、その人が青銅の蛇を仰ぐと、命を得た。」 ( 同 上  民数記 21 )


  これはへびのように見える火焔が、ピンポイントでイスラエルの民を襲ったというものです。
  炎の蛇というのは、万物を焼き尽くす超々高温の熱源のことです。いけにえとして捧げられた牛や羊を、一瞬で焼き尽くす超強力な火焔です。それが人々に襲い掛かったのです。

  つまり、これと同じ現象が、21世紀の今現在も、世界中で起きているのです。
  それが人体自然発火現象と呼ばれているものです。ですから、この現象のそもそもの発端は、モーセの時代にまで遡ることになります。
  因みに、太陽の表面温度は、約6,000度であり、その太陽を取り囲むコロナは、約100万度という超高温であることが分かっています。
  その熱源が炎の蛇の正体であれば、人の身体が一瞬で、骨まで燃え尽きたとしても不思議ではありません。ですから人体自然発火現象というのは、太陽と同等の熱源による焼殺事件ということになります。


  ところで、モーセはこの時、人々を守るために青銅の蛇を造って、旗竿に掲げました。これもやはりモーセの願いを聞き入れた、主(神)の指示によるものでした。それによって、多くの人々の命が救われました。

  しかし、ここに幾つかの疑問が生じます。その一つは、この出来事が、モーセの感知しないところで発生したことです。従って、主(神)が勝手に、民衆の中に炎の蛇を送り込んで、人々を焼き殺したということになります。聖書では、そのように記されています。
  しかも人々が、またもや不平を述べたというもっともらしい理由はついているものの、主(神)が送り込んだ炎の蛇は、必ずしも正義に基づく行為ではなかったことになります。
  なぜなら主(神)が作り出した炎の蛇は、本来、誰にも止めることは出来ないからです。主(神)が正義の実現のために、自ら行った行為であれば、その行為は最後まで遂行されたに違いないのです。
  つまり、モーセの青銅の蛇ごときでは、止められるはずが無いのです。

  こうしたことから、人々を襲ったその炎の蛇は、火の神の“力のプログラム”が、モーセ以外の人間によって機能させられたことにより生じた出来事ではなかったかと考えられるのです。
  つまり、すでに出来上がっている“力のプログラム”を、より進化させて、扱いやすく改良した人物が居たのです。
  ただし、その人物の能力はモーセよりも劣っていたために、モーセが創った青銅の蛇によって、その“力”を封じることが出来たのです。
  これは呪術師が蛇に変えた杖を、アロンの杖が呑み込んだ事例に該当します。つまり能力の強いモーセの青銅の蛇は、何者かが創り出した炎の蛇を飲み込むことによって、その力を消滅させたのです。このことからも、その炎の蛇は、主(神)が作り出したものではなかったことが分かります。

  本来、火の神が創り出す火焔は、一定の区域に、広範囲に降り注ぎます。それほど威力が凄まじいのです。しかし、炎の蛇は能力の小さい者によって創られたために、ピンポイントで人を襲う火焔になったのです。ただし、それが乱造されたために、多数の犠牲者が出たのです。

  そして、その“力のプログラム”は今現座も、あちら側の世界に保存されており、それが何者かによって機能させられることにより、人体自然発火現象という不可解な事件が起きるのです。そのために今も、犠牲者が出つづけているのです。

  残された問題は、被害者となる人たちを、ピンポイントで選定する、その基準です。どのような理由でその人たちが被害者に選ばれるのか、それが分かった時に、人体自然発火現象のすべての謎が解明されます。
  しかし、そこにもまた科学的ではない様々な原理・法則が機能しているに違いありません。モーセの時代に犠牲になった人たちに共通するものは、果たして何であったのか、そして、現代の犠牲者に共通するものは、何か。ぜひ、そのあたりの詳しいことを知りたいものです。


  ○ ○** ‐ **○ ○


  【 ビッグバンの熱源 】

  火の神は、天地創造の際に、ビッグ・バンを発生させる究極の熱源を生み出しました。つまり熱を使って、この世界を無から有に変えたのです。それにより我々がいる、三次元の物質世界を創り出されたのです。
  つまり宇宙のビッグ・バンという壮大な現象は、火の神が生み出した究極の高熱によって発生したのです。それが火の玉宇宙の誕生の瞬間です。今から、約150億年ほど前の出来事です。

  実は、このことを裏付けるような事件が、1938年に、イギリスのロンドンで発生しました。それは不可解な爆発、発火事件でした。しかし、その事件は、ビッグ・バンの熱源が、火の神によって生み出されたことを裏付けるものとなったのです。

  1938年、12月28付のイギリス ロンドン 「デイリーテレグラフ紙」に、ある事件が報道されました。詳しい内容は、上に紹介した幾つかのサイトにも記されていますので、そちらをご参照ください。ここには概略のみを紹介させていただきます。

  ホレース・トゥルー・ニコラスの怪死事件
   ウィンドミル通りを歩いていたニコラスは、突然、大爆発とともにロケットのように飛び上がり、隣家の煙突にたたきつけられた。
   衣服は火に包まれ、髪は焼失し、履いていたゴム靴は溶けて足にくっついていた。
   検死官は、ガス漏れが原因であるとした。しかし、どこにもガス漏れは見つからなかった。


  この事件で注目すべき重要な点は、爆発事故には付き物の衝撃波が発生しなかったことです。火薬などの爆発物によって生じる衝撃波は、固い岩石でさえ粉々に打ち砕くほどの破壊力があります。人間の体ももちろん細切れになって吹き飛びます。
  ところがニコラスの場合は、衣服が火に包まれ、髪も焼失したものの、ゴムの靴は溶けて足に張り付いていたというのです。
  つまり、両足は無事だったのです。より具体的に言うと、両足は、粉砕されていなかったのです。もし地雷でも踏めば、両足が吹き飛ぶのは確実です。従って、これは衝撃波の発生しない爆発であったことになります。

  この事件は、超高温・高熱の熱源が突然、ニコラスの足元に発生し、それが大爆発のエネルギーになったものと考えられます。つまり、超々ミクロのビッグ・バンが、ニコラスの足の下で発生したのです。
  宇宙の誕生の際に使われた“力のプログラム”を進化させ、発展させ、それを改良してニコラスの足の下で、超々極小の規模で、それが発生するようにして使われたのです。
  それ故に、高熱による影響だけが発生したのです。そのために瞬間的に衣服が燃え、髪の毛が燃え、ゴムの靴が溶けたのです。
  また、ニコラスがいた周囲の空気が急激に膨張したことにより、ニコラスの体はロケットのように打ち上げられたのです。
  これはガス爆発の中心地にいると、何も被害を受けないのと同じ原理です。ただし下が硬い地面であったために、突如発生した上昇気流によって、ニコラスは煙突に叩きつけられたのです。つまり、ビッグ・バンならぬ超々ミクロ・バンが発生したわけです。
  それが起きた原因は、火の神が持っているそもそもの能力によるものであったということです。


 ○○ ** ‐ ** ○○


  ― 火の神の痕跡 ―

  モーセが創り出した火の神の“力のプログラム”は、超々高熱の火焔を、一定の場所、区域に降らせるものでした。そのために一箇所に集められた、二百五十人もの人たちが、瞬時にして焼き尽くされたのです。
  そして、その“力のプログラム”は、永遠にあちら側の世界に保存されており、それが何者かによって機能させられることにより、同様の現象が起きるのです。またそのための犠牲者も出ているのです。
  そうした火の神による火焔現象の痕跡が、幾つかの世界的な遺跡群に残されています。


  【 モヘンジョ・ダロの「ガラスの丘」 と カッパドキア 】

  よく知られているものは、モヘンジョ・ダロの遺跡です。
  世界遺産であるモヘンジョ・ダロには、「ガラスの丘」と呼ばれる場所があります。地面は、黒い石が敷き詰められているが、それは一旦、高熱で溶かされ、そのあと急激に冷えて固化したガラス状の物質であるということです。


  また、同じ世界遺産のカッパドキアにも、石の壁などに高熱で溶融した跡が残されているとのことです。従って、あの有名な核シェルターのような巨大地下都市は、その火焔現象から逃れるために創られたのかも知れません。


   モヘンジョダロのガラスの丘  →           


   カッパドキア    →              


  近年、こうした大規模な火焔現象が発生したという情報は、今のところは無いようです。しかし、これはいつでも起きる可能性のある現象です。今のところは、これだけの現象を起こせるような能力者がいないということであり、そうした人物がいつ出現するかは、誰にも分からないのです。
  そうした人物は、人々の苦しみが大きくなった時に出現する傾向があるようですから、できることならば、そうした人物が永遠に出現しないことを祈りたいものです。世界の人々が、いつでも幸福に生きられる状態にしなければなりません。


   2007.  11.  26 .      店主記す





 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒