物品・物体の引き寄せ現象(アポート apport = 万有引力)
 ――――――――――――――


    我々が今現在、存在しているこの世界を創造するのに際して、創造神は『天の下の水は一つ所に集まれ』という言葉を発して、惑星を構成する全ての物質を、一点に集中させる現象を起こしました。つまり、重力を発生させたのです。
  それにより、この三次元の物質世界の万物が、互いに引き合うようになりました。原始惑星の誕生です。つまり拡散していた高温のガス状のものが、一点に結集して大きな塊になったのです。また、その引力バランスが保たれていることにより、惑星が恒星の周囲を、また衛星が惑星の周囲を、一定の距離を保って回転し、さらには相互の均衡を保ちつつ銀河系という惑星の集団が構成され、最終的には宇宙全体のバランスが保たれています。それは、このリアルタイムで引き合う“力”によって保たれているのです。

  木の上にいるサルや、熟したりんごの実が地面に落ちるのは、この“力”の働きがあるためです。人が二階から飛び降りて、足を骨折するのも、同様です。落下する人の体重を支えるには、重力加速度に耐える強い脚力が必要です。それは生半可な鍛錬では、獲得できない能力です。
  学校の二階から飛び降りたぼっちゃんが、腰を抜かしただけで済んだのは、非常に幸運でした。父親に『此次は抜かさずに飛んで見せます』と答えたそうだが、二度とそのようなことをしてはいけません。ましてや『此次は三階から ・ ・ ・ 』などとは、思っても考えてもいけません。万有引力を侮ると、手痛い目にあいます。よい子の皆さんは、絶対に真似をしてはいけません。


  我々のこれまでの考え方では、そこに働いている“力”が万有引力であり、これはニュートンの方程式で理解することが出来る領域です。現代科学の及ぶ範囲内の出来事です。学校で先生に質問すれば、分かり易く教えてくれる内容です。ラジオの『なんでも相談室』で訊いてみてもよいでしょう。きっとていねいに教えてくれるはずです。

  ところで、もし、その“力”を特定の対象物に対して機能させたら、一体、どのようなことが生じるでしょうか。この特定の対象物というのは、一定の種類の物質、物体、品種、品目という意味です。それ等に限定して、その力を機能させた場合、果たしてどうなるかということです。

  超常現象の一つとされるものに、 物品・物体の引き寄せ現象(アポート apport) ≠ニ呼ばれるものがあります。これは手の届かない遠方にある物品・物体を、瞬時に、手許へ引き寄せる現象のことです。物品・物体の瞬間移動現象です。

  こうした現象は、科学的には絶対にあり得ない現象であり、もちろん通常の考え方では説明することが出来ないものです。そのために、これも科学者たちによって存在しない現象とされてきました。要するに科学的に説明することが出来ないから、この世に存在するはずが無い現象なのです。科学の発達した現代社会においては、非科学的な現象なのです。
  そのために実際に起きている出来事でありながら、その事実さえもが否定されて来ました。しかしながら、この訳の解らない現象はかなり古くから知られており、しかも今現在も、世界中で起きているのです。

  そして、これも『万有引力』によって引き起こされる現象であると考えると、容易に理解することが可能となります。つまり、この“力”が、本来持っている能力がやや変形されて、特殊な機能を獲得したために引き起こされる現象であると考えればよいからです。

  要するに現代科学は、万有引力という“力”を、三次元の物質世界だけで働く力であると狭く捉えているために、その範囲からはみ出して起きている現象が理解できないのです。この“力”の本来の性質からすれば、そうしたことはむしろ起きるのが当然の現象と考えられるのです。

  ただし、そのためには万有引力という“力”の定義を、下のように変える必要があるのです。
     ↓
   ―― 万有引力 ――
  【  人の目に見える世界、見えない世界の万物(森羅万象)が、次元の壁を超えて相互につながっている。 そして、一定の目的と必要性に応じて、互いに引き合う。 そこに働く“力”が、万有引力である。 】


  この“力”は本来、次元の壁を超えて、リアルタイムで万物(森羅万象)に働きかけている“力”なのです。つまり、この力は、我々がいる三次元世界だけで機能するのではなく、超次元的に機能している力であるということです。
  こうした認識が無いために、この世界で実際に起きている出来事が、説明のつけられない不可解な現象になってしまうのです。存在しない現象にされてしまうのです。留意すべき点は、この“力”が、三次元の物理法則に拘束されない“力”であるということです。


  我々の心の世界が、この“力”によって成り立っていることは、先に申し述べた通りです。万有引力という“力”は、記憶や思考のような人の目に見えない領域でも機能しており、一定の目的と必要性に応じて、その“力”を発揮しているのです。
  それにより忘れかけているような遠い過去の出来事を、今現在の記憶として呼び戻すことができるのです。また一定の目的を持った思考・思索の最中に、様々な必要な情報が意識の表層部に集まって来るのです。その目的に直接、間接に関連するものが、まさに数珠繋ぎになって、意識の表面に浮かび上がって来るわけです。それにより我々の思考・思索が成り立つのです。過去に体験した楽しい思い出も、ほろ苦い思い出も、本人が意識することなく自然によみがえって来るのです。

  つまり、この“力”は我々の心の世界では、直接必要とする情報だけでなく、それに関連する事象、及び、関係する事柄に絞って、集中的に機能させることが出来るのであり、それにより多くの情報の中から目的とするもの、必要とするものが区別され、今現在必要とするものを表面に引っ張り出すことができるのです。これが、この力の本来の性質です。

  そして、もし、こうした心の世界で起きている出来事が、次元の壁を超えて、この三次元の物質世界でも起きるとしたら、果たして、いかなることが生じるでしょうか。つまり、目に見えない心の世界で起きていることと同じことが、我々がいるこの物質世界でも起きるとしたら、果たして、どのような結果が生じるかということです。

  もともと超次元的に機能するこの“力”が、三次元のこの物質世界で特定の物品・物体に対して機能したときに、それ等を時間と空間を超越して、瞬時に、手許まで引き寄せる現象が生じるのです。
  三次元世界から、いったん異次元の空間を経て、再び、この三次元の世界に戻って来るのです。それにより遠方にある物品・物体が超常的に、手許に引き寄せられる現象が生じるわけです。それが “物品・物体の引き寄せ ”と呼ばれる現象です。

  もちろんこれは、ニュートンの方程式では、理解することが出来ないものです。つまり、現代科学の及ばない領域の出来事です。
  ただしそれは、創造神が発した『天の下の水は一つ所に集まれ』という言葉を、部分的に変形させたに過ぎないものです。
  つまり『天の下の水』の代わりに、特定の対象物を現わす言葉と入れ換えることによって生じる現象です。その特定の対象物(物品・物体)が、一つ所に、超次元的に集められる現象なのです。


  *** ---- ○○ ----  ***


  【 モーセが起こした奇蹟 】

  先のページで紹介したように、『旧約聖書』に登場するモーセは、その偉大な能力を用いて数々の奇蹟現象を起こしました。その中には、物品・物体の引き寄せ現象と見られるものが、幾つか含まれています。それ等を抽出して、再度、下に紹介しておきます。


  ○ 杖を蛇に変えた。
     モーセとアロンはファラオのもとに行き、主の命じられたとおりに行った。アロンが自分の杖をファラオとその家臣たちの前に投げると、杖は蛇になった。 ( 出エジプト記 7 )

   ( これは無生物である杖という物体が、突然、生き物の蛇に変えられたと考えるよりは、手許にある杖と、遠方にいた蛇の場所の置き換えが行われたと考えるのが妥当です。つまり遠方にいた蛇を、自分の手許に引き寄せると同時に、代わりに杖をその場所へ移動したのです。それぞれの場所が入れ換ったわけです。具体的には万有引力によって、蛇を引き寄せると同時に、万有斥力によって杖をその場所に移動したことになります。 )


 ○ 蛙がエジプトの国を覆った。
    アロンがエジプトの水の上に手を差し伸べると、蛙が這い上がってきてエジプトの国を覆った。
   ーー中 略 ーー  主はモーセの願いどおりにされ、蛙は家からも庭からも畑からも死に絶えた。人々はその死骸を幾山にも積み上げたので、国中に悪臭が満ちた。 ( 同 上 )

   ( この内容からは、どうやら夥しい数の蛙がエジプトの国内に溢れ返ったと考えられます。当時、エジプト国内に生息する蛙の数がかなり多かったとしても、幾つもの死骸の山が出来る程ではなかったでしょう。蛙は食料となる餌と、棲息する周囲の環境によって自然淘汰され、ある程度限られた数しか存在しなかったはずです。従って、それ以外の夥しい数の蛙が、国の内外、及び周辺諸国から掻き集められたことになります。 )


 ○ 土の塵がすべてブヨになった。
   彼らは言われたとおりにし、アロンが杖を持った手を差し伸べて土の塵を打つと、土の塵はすべてぶよとなり、エジプト全土に広がって人と家畜を襲った。 ( 同 上 )

   ( これも無生物である土の塵が、突然、生き物のブヨに変わったのではなく、国の内外から掻き集められたブヨと、土の塵が、その存在する場所を入れ替わったものと考えられます。杖が蛇に変わったのと同様に、それぞれの場所の入れ換え現象が起きたのです。  )


 ○ あぶがエジプト全土を襲った。
   主はこう言われた。『わたしの民を去らせ、わたしに仕えさせよ。もしあなたがわたしの民をさらせないなら、見よ、わたしはあなたとあなたの家臣とあなたの民とあなたの家にあぶを送る。エジプトの人家にも人が働いている畑地にもあぶが落ちるであろう。 ーー 略 ーー  』
   主がそのとおり行われたので、あぶの大群がファラオの王宮や家臣の家に入り、エジプトの全土に及んだ。国はあぶのゆえに荒れ果てた。 ( 同 上 )

  ( これも国の内外から、夥しい数のあぶの群れが、超次元的に引き寄せられたために生じた現象と考えられます。)


  ○ いなごの大群が襲ってきた。
    モーセがエジプトの地に杖を差し伸べると、主はまる一昼夜、東風を吹かせられた。朝になると、東風がいなごの大群を運んできた。いなごはエジプト全土を襲い、エジプトの領土全体にとどまった。( 出エジプト記 10 )

  ( これも同様に、国の内外から夥しい数のいなごの大群が、超次元的に引き寄せられたために生じた出来事です。)


  ただし上記の出来事のうち、杖をへびに変えたこと、蛙が這い上がって来たことは、エジプトの魔術師たちにも同じ事が出来たことから、これらの“力のプログラム”は、すでにあちら側の世界に存在していたと考えられます。
  その“力のプログラム”を、魔術師たちも利用することが出来たことによって、モーセが引き起こした現象と同じ現象を起こすことが可能だったのです。


  ○ うずらの大群が集まって来た。
   モーセはさらに、次のような奇跡現象も起こしました。

  エジプトの支配から逃れたイスラエルの民は、エリムとシナイの間にあるシンの荒れ野に迷い込みました。すでに食料が尽きかけていたため、一行は激しい飢えに見舞われました。
  その時、モーセは人々に向かってこう言いました。

  「 主は夕暮れに、あなたたちに肉を与え食べさせ、朝にパンを与えて満腹にさせられる。主は、あなたたちが主に向かって述べた不平不平を、聞かれたからだ。ーー 略 ーー 。」
  そして、次のように続きます。

  「 夕方になると、うずらが飛んで来て、宿営を覆い、朝には宿営の周りに露が降りた。この降りた露が蒸発すると、見よ、荒れ野の地表を覆って薄くて壊れやすいものが大地の霜のように薄く残っていた。 ーー 以下、略 ーー 。 」
  モーセは彼らに言った。

  「 これこそ、主があなたたちに食物として与えられたパンである。ーー 略 ーー 。 」
       ( 出エジプト記 16 )


  このうずらに関しては、別の個所にも次のように記されています。やはり民が飢えに苦しみ、次第に不平を言い始めたときのことでした。ただし大量のうずらが集まってきたものの、同時に疫病が発生したために、たくさんの死者が出ました。
  次のように記されています。

  「 さて、主のもとから風が出て、海のほうからうずらを吹き寄せ、宿営の近くに落とした。うずらは、宿営の周囲、縦横それぞれ一日の道のりの範囲にわたって、地上二アンマほどの高さに積もった。/ ーー 中 略 ーー /
   肉がまだ歯の間にあって、噛み切られないうちに、主は民に対して憤りを発し、激しい疫病で民を打たれた。ーー 略 ーー 。 」 
      ( 民数記  11 )

  上の文中にある「二アンマ」という数字を、今我々が使っているセンチメートルに直すと、およそ 1m になるということです。歩いて一日の距離というのは、どこをどう測るかによってかなり誤差が生じるとしても、少なくとも数十キロメートルにはなります。
  それだけの夥しい数うずらの大群が、彼らの周囲に集まって来たことになります。風が吹いただけでは、そうした現象はまず起きませんから、うずらの大群の引き寄せ現象が起きると同時に、風が吹いたものと考えられます。つまりその風は、副次的に発生したのです。



  【 イエス・キリストが起こした奇蹟 】
  モーセが創りだした“力のプログラム”は、その後、『新約聖書』に登場する偉大な能力者、イエス・キリストに引き継がれました。


  ○ ガリラヤ湖での大漁
   イエス・キリストが、ガリラヤ湖(ゲネサレト湖)の岸辺に立ち寄ったときのことでした。群集がイエスの話を聞こうと、周囲に押し寄せて来ました。イエスは近くで舟を洗っていた漁師のシモンに、その舟を岸から少し遠ざけるように頼み、舟の上から話をされた。
  そのシモンという漁師は、この後に起きたある出来事を切っ掛けに、すぐその場で、イエスの弟子になった人物である。
  イエスは集まって来た人々に、神の教えを説かれた。
  そして、話が終わってからシモンに、

  『沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい』と言いました。

  シモンは夜通し漁をしたが、何も捕れなかったので訝りながらも、その指示に従った。
  すると捕り尽くせないほどの魚が網に掛った。その時の情況が、次のように記されています。

  「 そして、漁師たちがそのとおりにすると、おびただしい魚がかかり、網が破れそうになった。そこで、もう一そうの舟にいる仲間に合図して、来て手を貸してくれるように頼んだ。彼らは来て、二そうの舟を魚でいっぱいにしたので、舟は沈みそうになった。 ーー 略 ーー 。 」
     ( ルカによる福音書  5 )


   漁師のシモンにしてみれば、その周辺には、間違いなく魚はいなかったのです。それにも拘わらず、なぜか大量の魚が集まって来たのです。モーセが蛙やイナゴや、うずらを引き寄せたのと同様に、イエスが魚たちを引き寄せたからです。


  *** ---- ○○ ---- ***


  【 現在も起きている様々な引寄せ現象 】

  さて、これまでに紹介した出来事は、いずれも旧約・新約の『聖書』の中に記されている出来事であり、今から二千年以上も前のものです。しかし、モーセが創り出したこの“力のプログラム”は、21世紀の現在も消滅することなく、あちら側の世界に保存されています。
  そして、それが人為的に使われることによって、現代科学で解明されない不可解な現象が引き起こされているのです。謎の現象が、今でも、発生しつづけているのです。


  ところで、『聖書』の中に記されている出来事は、空を飛ぶものは空から集まり、地上のものは地上に集まり、海のものは海の中に集まるという一定のルールがありました。大量のうずらは空から落ちてきましたし、蛙は池や川から地上に這い上がりました。魚たちは、水の中に集まりました。いずれもそれぞれの生き物たちの生息域で発生する現象でした。
  しかし、このルールが破られたときに、それは怪奇現象となって人々を驚かせます。それが空から魚や、蛙が降って来る現象です。

  海にいる魚が空から降って来れば、それはまさしく怪奇現象であり、川や沼にいる蛙が空から降ってくるのも、まさに怪奇現象です。そうした怪奇現象が、実際に起きているのです。
  これは、それぞれの生息場所を無視して発生する物品・物体の引き寄せ現象です。従って、モーセが創り出したその “力のプログラム” を、その後さらに進化・発展させた人物がいたことになります。

  インターネット上には、そうした数々の事件を扱ったサイトが幾つかありますので、詳しい内容は、そちらをご参照ください。
  参考までに、次のようなサイトを紹介しておきます。
          ↓

  http://x51.org/x/04/08/2501.php  

  http://ryoshida.web.infoseek
.co.jp/kaiki/19futtekuru.htm  


  http://members.jcom.home.ne.jp/in
vader/works/works_11_d.html
  


   ここでは実際に、どのような出来事が起きているか、簡単に紹介しておきます。以下は、すべて上に紹介したサイトから、部分引用させていただいたものです。
     ↓
  〔1〕
   1999年1月27日 ルイジアナ州のバストロップという街では二日間にわたって、何千羽ものクロウタドリが降ってきた。

  〔2〕
   1998年10月 アメリカのワシントン州、タコマ周辺の地域に、300羽以上のムクドリの死体が降ってきた。

  〔3〕
   1982年から1986年 米コロラドはエヴァンスにて、トウモロコシの粒が雨のように降るという現象がたびたび報告された。
   1999年8月18日 アメリカのノースカロライナ州のリンカーンという街で、トウモロコシの葉が大量に降ってきた。
   2001年8月 米カンザス州ウィチタにおいてはトウモロコシの皮が、雨のように降るという現象が報告された。

  〔4〕
   1861年2月 シンガポールの多くの地域に、魚の雨が降るという現象が報告された。
   1948年 英国はボーンマスにて、ゴルフ場にニシンの雨が降った。
   1956年 米アラバマ州チラチーにて、ある夫婦が晴天の中、空に現われた小さな暗雲を眺めていた。雲が丁度彼らの頭上に来た時、雲はその中身を一斉に放出した。空から落ちて来たのは雨、ナマズ、バス、ブリーム(淡水魚)だった。
   1989年 オーストラリアはイプスウィッチのある民家の芝生が凡そ800匹ものサーディン(イワシの類)で覆われた。魚は小雨の最中に空から降って来た。
   2000年5月31日 エチオピアのある農場に大量の小魚が落下してきた。魚は雨あられと降り続き、辺り一面が、小魚でいっぱいになるほどだった。

  〔5〕
   1873年 米ミズーリ州カンザスシティが嵐の間、カエルによって埋め尽くされた。
   1901年7月 米ミネソタ州ミネアポリスにて、カエルとヒキガエルによって町の一角が覆われた。
   1981年5月 ある朝、ギリシャ南部の都市ナフリオンにて、カエルの雨が降るという出来事があった。カエルは北アフリカ産のものであると鑑定された。
   1995年 英国はシェフィールドにて、ネリー・ストロー氏とその家族がスコットランドに向けてドライブ中、激しい嵐にあった。嵐の最中、彼らの車は激しい雨だけでなく、数百匹ものカエルが彼らの車を直撃したという。

  〔6〕
   1802年 ハンガリーにて長さ5.5mほどもある氷塊が落下してきた。
   1989年 ユーゴスラヴィアのベオグラードにて、重さ70kgもの青緑色の氷塊が落下してきた。
   1989年4月25日 アメリカにてバレーボール程の大きさの氷塊が民家の屋根を貫くという事件も発生している。

  〔7〕
   1877年 米ノースカロライナのJ.L.スミス氏所有の農園に、長さ30cmほどの小さなワニたちが降り注ぐという事件が発生した。

  〔8〕 1881年 イングランドはウスターにて、重さ何トン分にも及ぶヤドカリとタマキビ貝が空から落下してきた。

  〔9〕 1968年8月27日 ブラジルはカカパヴァとサンホゼカンポスにまたがる1kmのエリアにて、凡そ5分間に渡って、空から血と生肉が降り注いだ。


  ○○ ** ‐ ** ○○


  上に紹介したような出来事が、実際に起きているわけです。それに対して現代科学は、原因を竜巻のせいにしていますが、それだけで説明できないのは明白です。

  しかも、それ等の現象が、人為的に作り出された“力”によるものであることを証明するような出来事も発生しています。
  それは石の雨が、ある女性を、どこまでも追いかけて来るという不可解な出来事です。2004年08月03日現在、この出来事は継続して起きているということです。

  詳しい内容は、下に紹介するサイトをご参照ください。
           ↓
      http://x51.org/x/04/08/0317.php  


  ここにその出来事の経緯を、簡単に紹介しておきます。上のサイトから部分引用させていただきました。
         ↓

  『 南アフリカ、リンポポにて、ある女性が、雨のように空から降る石に追われている。
    石の雨に怯えて暮らすミユイ・ションギ(58)は三週間前、住み慣れたロンバニ村から追い出され、親戚の住むノンベラニ村に移住した。
    しかし石の雨はどこへ行こうとも、彼女の後を追いかけて来た。 』


  原因として考えられるのは、その女性がある人物から、 “呪い” を掛けられたのではないかというものです。それは、次のような因果関係が推測されるからです。
         ↓

   『 彼女はおそらくジンバブエの商人に呪いをかけられていると推測していたという。彼女は、その商人から服を分割払いで購入するも、きちんと支払うことが出来なかったのだ。そしてその後、彼女に石の雨が降り始めたのである。』


  こうした経緯からして、その商人の恨み、つらみの怨念が、一種の呪いとなって、その女性に投石する“力”を創り出した可能性が考えられるわけです。つまり、『○○は一つ所に集まれ』を、『石がその女性の頭上に降り注げ』という言葉に進化・発展させたということです。

  この辺りには、サンゴマと呼ばれる南アフリカの伝統的なシャーマンがおり、能力の強いサンゴマが祈祷することで、そうした呪いを解く事が可能であるということです。これは逆に考えれば、そうした呪いの“力”を創りだす事も出来るということであり、商人と、そうした祈祷師との関係が注目されます。


  そして、このことは我が国でも古くから言われてきた『呪い』や、『祟り』というものが、実際に存在する根拠ともなります。なんとなればあちら側の世界に、そうした現象を引き起こす“力のプログラム”が、数多く保存されていると考えられるからです。
  これまでは取るに足りない“迷信”とされてきたものが、にわかに現実味を帯びて来ました。古来よりの言い伝えを、非科学的な“迷信” と考えるのではなく、根拠を有する有益情報と捉える必要があるわけです。そのほうがより安全に生きられるということです。

  テレビでも取り上げられたものに、座った人が、必ず死ぬという呪いの掛けられた椅子がありました。また持ち主が触ると、必ず死ぬという大きなダイヤモンドもありました。ツタンカーメン王の墓の呪いもありました。
  ここには、そうしたことが起きる原理があると考えられるわけです。一生が健全に過ごせるように、昔から伝わる人々の知恵を、大事にしたいものです。


   2008.  7.  29 .     店主記す





 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒