物質化現象(= 強い力・弱い力)
 ――――――――――――――――


   【 「無」から誕生した我々の宇宙 】

  我々が存在する宇宙は、およそ150億年(最新の学説では137億年)ほど前に、「 無 」から誕生しました。これは1983年に、ウクライナ出身の科学者、アレキサンダー・ビレンキン (Alexander Vilenkin)が唱えた学説です。『無からの宇宙創生論』と言われるものです。

  その理論の中で使われている言葉の意味や、数式は、専門的な知識を持たない素人には、とうてい理解の及ばないものです。「物質と反物質」はまだしも、「位置エネルギーが運動エネルギーに換わる」や「量子論的トンネル効果」、さらに「時間も空間も物質もない状態」などは、想像の限界を超えています。基礎からの学習が必要となります。

  そしてこの学説は、車椅子の科学者として知られるイギリスの物理学者、スティーヴン・W・ホーキング(Stephen William Hawking )博士が、さらに発展させました。

  ホーキング博士の「無境界仮説」では、我々の宇宙、つまり時空には境界や、端は無いとして、量子論の波動方程式を虚数時間を使って計算し、宇宙の誕生を説明します。これもやはり我々の理解を超えた領域であり、高度な専門的知識が必要となります。
  結果的にはホーキングの学説も、ビレンキンと同じく、この宇宙は、無から誕生したということになります。

  以上の学説は、今では有力な仮説というよりも、次第に宇宙論の常識になりつつあります。つまり、現在、我々が存在しているこの世界は、無から誕生したのです。これが最先端の現代科学が導き出した結論です。無というのは、何も無い状態のことです。


 ***  ○ ○ ○  ***


   【 三次元の物質世界 】

  我々が存在している世界は、まぎれも無く『三次元の物質世界』です。この広い宇宙には、様々な物質、物体が満ち溢れています。
  そして、我々の肉体もまた、様々な物質の集合体として成り立っています。つまり我々人間は、こころを持つ生命体ではあるが、それは三次元の物質・物体と結びついて存在しているのです。
  ですから物質である肉体の消滅と同時に、人の命も消滅します。それが、死です。ただし、物質ではないこころまでもが、同時に消滅するのかどうかは、また別の問題として残されています。

  ところで、上に紹介した最先端の宇宙論では、この世界が「無」から誕生したと言います。つまり、我々がいるこの三次元の物質世界は、無から有に変えられた世界なのです。言い換えれば、この世界に存在するすべての物質・物体は、150億年ほど前に、無から有への物質化現象によって生み出されたのです。

  ただし物質が、物質として存在するためには、「強い力」と「弱い力」の働きが必要です。この二つの力が無ければ、物質は物質として存在しないのであり、物体も物体として存在しないのです。
  従って、原始宇宙が誕生した際に、これ等の力が生み出された瞬間があったはずなのです。つまり、無から有を生じさせる力が、天地(宇宙)が創造される以前に、或いは、天地創造と同時に生み出されたに違いないのです。

  上に紹介した『無からの宇宙創生論』は、このことに触れていないのです。たとえ現在のこの宇宙が無から誕生したとしても、その直接的な原因については、何も説明していないのです。
  そのために我々素人には、なんとなく腑に落ちない部分が残ってしまうのです。一連の難解な方程式の中にある真実は、一般の人たちには見えないからです。結果的に、専門的な知識を有しない一般の人たちを、常識的に納得させるものとなっていないのです。

  そうした意味で、この学説は、我々がいる三次元世界の成り立ちを、完全には解明していないことになります。さらに、無から有を生じさせた力との関係を解き明かす必要があるからです。
  この点が解明されたときに、はじめて『無からの宇宙創生論』は総合的に完成された理論となって、多くの人々を納得させるものとなるでしょう。



 ****  ○ ○ ○  ****


   【 物質化現象(= 強い力・弱い力) 】

  これまでに提出されている宇宙理論で、原始宇宙の誕生を説明する『ビッグ・バン宇宙論』は、客観的に見て正しい。また誕生初期の宇宙空間が、瞬時に超々巨大な膨張をしたという『インフレーション宇宙論』も正しい。さらには、何も無い空間から突如として、現在我々が存在するこの宇宙が誕生したという『無からの宇宙創生論』も正しい。

  しかし、一つ抜け落ちているものがある。それが、無から有を生じさせる「物質化現象」の理論です。つまり、「強い力」と「弱い力」を生み出した背景です。ここに、三次元の物質世界が誕生したすべての謎が隠されているのです。


  そして、この疑問を解決してくれるのが、『旧約聖書』に記されている天地創造の場面です。
  『旧約聖書』の創世記によれば、最初に神が発した言葉、

   「光あれ」
   によって、「ビッグ・バン」が発生し、天地(世界)の創造が開始されました。それは今から、約百五十億年ほど前の出来事でした。

  従って、神、即ち創造神が発したこの言葉には、そうした出来事を発生させる「号令」の意味があったことになります。より具体的には、「光の速さで創られて行く三次元の物質世界よ、出現せよ」という意味です。
  その“意味・内容”を実現するものとして、「宇宙のビッグ・バン」、「宇宙のインフレーション」、という壮大な現象が発生したのです。

  ただし実は、その前に、無から有を生じさせる力、つまり「強い力」と「弱い力」が生み出されていたのです。それによって、物質が物質として存在する世界が誕生したのです。つまり、三次元の物質世界が、具体的に生み出されたわけです。

  要するに、現在我々がいるこの世界は、誕生の瞬間に壮大な「物質化現象」が発生し、それによって無から有に変えられた世界なのです。
  結果的に、『無からの宇宙創生』が為し遂げられたわけです。

  さらには、それ以外の幾つかの“力”とのバランスによって、今現在に至るような天地の創造が進行したのです。こうして誕生からおよそ150億年ほどを経たところに、我々のいる現在の宇宙があるわけです。


 ****  ○ ○ ○  ****


   【 何者かの「意志(願望)」の存在 】

  ところで、「無からの宇宙創生」に際しては、この現実の世界を生み出すための一定の方向性を持った“力”、すなわち創造神の意志・意向・意図が働いていたことを見逃してはなりません。

  これは今現在、我々が存在する世界が、無闇やたらな偶然の積み重ねによって生み出された世界ではないということであり、つまり何者かの意志・意向・意図・目的に基いて創造された結果の産物であるということです。
  言い換えれば、無から有を生み出す物質化現象には、特定の目的を持った何物かの「意志(願望)」が介在するということです。

  そのことを証明するのが、「光あれ」、こうして、光があった。に続く、次の部分です。

   「神はその光を見て、良しとされた」

  これは天地創造のための一連の展開が、すでに設定されている設計図(プログラム)に従って、順調に進行したことを表わすものです。つまり、この世界を創造する一連のプログラムが、あちら側の世界にすでに存在しているということです。

  ですから、この世界に存在する万物は、あちら側の世界にあるプログラムに基いて生み出されたことになります。要するに、あちら側の世界には、そうした特定の方向性を持った力が、すでに“力のプログラム”として存在しているのです。創造神は、そのプログラムを機能させて、この世界を創造したのです。

  そして、その“力のプログラム”を機能させる何者かの中には、我々人間のこころも含まれるのです。ここに、特殊な能力を持つ人によって引き起こされる、物質化現象の原理が存在します。

  つまり、創造神がこの物質世界を創り出したように、他の何者かによっても同様のことが可能であるということです。無から有を生み出す物質化現象は、次元を超えた領域に存在する“力のプログラム”と、そうした何者かの「意志(願望)」が結びついた時に発生するからです。


  ここで、これまでと同様に「強い力・弱い力」を、新しく定義付けると、次のようになります。

   ―― 強い力・弱い力 ――
  【  人の目に見える世界、見えない世界の万物(森羅万象)が、次元の壁を超えて相互につながっている。 そして、一定の目的と必要性に応じて、三次元世界に物質・物体を生み出すことが出来る。 そこに働く力が、強い力・弱い力である。 】


  2008.  10.  1 .     店主記す






 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒