“ 万有引力 ” とは何か 〔その一〕
 ――――――――――――――――


  【万有引力】(universal gravitation)

   質量を有するすべての物体間に作用する引力。二つの物体の間に働く万有引力は、両物体の質量の積に比例し、距離の平方に逆比例する。ニュートンが導入し、これによって天体の運行を説明した。宇宙引力。

  【万有引力定数】

   万有引力の法則に現れる比例定数。基礎定数の一。重力定数。 6.6726×10-11m3/s2・kg  記号はGまたはγ

        ( 以上、岩波書店 『広辞苑』 第五版 CDロム版 より )


  ニュートンが発見した“ 万有引力 ”については、今ではほとんどの人が知っています。全てのものは、お互いに引き合っている。リンゴやサルが木から落ちるのは、その“力”のためである。地球上では別名“ 重力 ”とも言う。
  ( ろくに勉強をしない受験生が、試験で落ちるのは、この力のせいではない。別名、自業自得と言う。)

  月が地球の周りをまわり、その地球が太陽の周りをまわっているのは、この引力で引っ張られているからである。
  ( あまり酒を飲み過ぎると、世界が、自分を中心にしてまわりだすが、これも引力のせいではない。ボクにはよくあることだ。σσ(@_@;)ウーイ、ヨッパラッタゾ。)


  ところで、ふと次のような疑問が生じます。
   ○ その引力という“力”は、どのようにして相手方に伝えられるのか。
   ○ その力が伝わるのに、ある程度の時間がかかるのか。
   ○ また、伝わる範囲に限りがあるのか。

  たとえば彗星が惑星に衝突して、その惑星を真っ二つに割ってしまったとします。或いは、逆に、近くにあった別々の惑星が、くっついて一つになってしまったとします。その出来事が周囲の惑星には、どのようにして伝えられるのでしょう。

  もしそれが三次元的なものであれば、時間的な拘束を受けます。光の速度を超えることはありません。しかしその情報は、おそらくただちに伝わっている筈です。そうでなければ宇宙の端から端まで伝わるのに、150億年もかかってしまいます。これでは、宇宙はいずれ収縮に向かうだろうという「閉じられた宇宙」の考え方は、発想の段階から成り立ちません。宇宙は、光の速さで拡大しているからです。

  従って、その“力”は全宇宙的な規模で、リアルタイムで伝わっていることになります。距離による強弱の違いこそはあるかもしれませんが、全宇宙の全てのものが、同時にその影響を受けているということです。それでこそ「万有引力」と銘々された由縁ということになります。
  ( 最近、三軒先の奥さんが、子供を産んだようだ。ときどき、ホギャー、ホギャー と赤ちゃんの泣き声が聞こえる。そのためか、あっちの方角からの引力が、分散されて小さくなったような気がする。>> σ(^ヘ^;)モチロン、ウソデス。)

  ということは、「万有引力」というものは全宇宙的な規模で、リアルタイムで情報を伝え合う能力を持っていることになります。しかも、時間的な拘束を受けないということは、この“力”は三次元的な物理法則に縛られないということです。つまり次元の壁を超えるものであるということになります。
 そして、次元の壁が超えられるということは、他の次元にも入り込むことが出来るということです。或いは、逆に他の次元から、こちら側の世界に入り込んでくることが出来るということです。

  もしそれが何らかの情報を伝える能力を持っているとしたら、一体どういうことになるでしょう。
  名前こそは、「万有引力」という名称がつけられているものの、実はこれこそが、様々な不思議な現象を引き起こす張本人ではないのか、と考えることが出来るわけです。


  ****  −  ****


  もう一度、整理しておくことにします。

  月が、一定の距離を保って地球の周囲を回っているのは、お互いの引力で釣り合っているからです。また地球が、太陽の周りを回っているのも同様に、相互の引力で釣り合っているからです。そして、その引力はリアルタイムで、瞬時も途切れることなく働いています。もし一瞬でも相互の引力関係が破られれば、月も地球も軌道から外れてしまうでしょう。

  また太陽系の他の惑星も、自分自身が持っている衛星との引力関係を保ちつつ、さらに中心にある太陽との引力関係でつながっています。
  この関係は単に太陽系のみに限られずに、銀河系の他の天体に関しても同様です。ありとあらゆる恒星、惑星が相互の引力関係によって、主星との関係を保ちつつ回転運動をしているわけです。

  これはさらに発展させると、各銀河系同士でも同じことが言えます。総ての銀河系が、相互の引力関係を保ちつつ、リアルタイムでつながっているのです。
 つまり我々が棲むこの地球と、宇宙の果てにある惑星とは、引力というものによってリアルタイムでつながっているということです。従って、150億光年も先にある、まったく見ることの出来ない惑星の情報が、実は、リアルタイムでこの地球まで届いているということなのです。


  さて、ところで、地球上の「潮の満ち干」は、月と太陽の位置関係で引き起こされます。つまり海水は月の引力と、太陽の引力を同時に受けているわけです。もちろん弱いながらも、他の惑星からの引力の影響も受けています。
  では海水のどの部分に対して、その力が働いているかですが、もし水(H2O)の分子にだけ働いているとすると、真水の移動が生じます。しかし実際には、そんなことは起こりません。海水の中の水生生物はもちろんのこと、海水の中に含まれている総ての物質が一緒に移動します。
  従って、その力はありとあらゆるものに対して、均一に働いていることになります。つまり海水に溶け込んでいるNA−CLという分子、或いはその他の原子単位の物質に対しても、その力は均等に働いているということです。

  そうした時に、次のような考え方をすることが出来ます。この地球上で生じている潮の満ち引きによる変化は、リアルタイムで150億光年の宇宙全体に伝わっているということです。もちろん距離による強弱の違いはあるとしても、万有引力というものが持っている本来の性質によって、宇宙の果てまで確実に伝えられているわけです。
  これは言い換えれば地球上の海水の一滴、さらにはH2O一分子の変化が、リアルタイムで全宇宙に伝えられているということなのです。


  *** ○○ *** 


  上のように考えたときに、「万有引力」というものが、リアルタイムで万物を結びつけていることは間違いありません。しかも、これが三次元的な物理法則に拘束されないものであるということには、最大限に注目する必要があるわけです。
  それによって、様々なわけの分からない現象が引き起こされているということは、十分に考えられるからです。万物が次元の壁を超えてつながっているとしたら、この世界は、それこそ「何でも有りの世界である」ということになるからです。

  ちなみに素粒子理論の一つである「超ひも理論」では、この世界は「十次元、または、二十六次元」であるといいます。もちろんこれは計算式から導き出されるものです。ですからその世界が、どういうものであるかが分かっているわけではありません。
  しかし幽霊や妖精や妖怪といったものが、我々が棲むこの三次元世界の住人でないとすれば、彼等は別の次元の世界にいると考えるべきでしょう。つまり最先端の科学がようやく、そうしたものの存在を否定しないですむところまで来たということです。「何でも有りの世界である」というのは、このことを指します。もちろんその中には、超常現象も含まれます。

  いずれにしても、以上によって「万物がつながっている」ということが確認できたことになります。万物をリアルタイムでつないでいるものが、確かにあるということです。しかもそれによって引き起こされる現象が、「重力」だけではなくて他にもいろいろとあるんだと考えると、何かと都合がよいということです。
  実際のところ、シンクロニシティ(共時性・同時性)という現象は、あちら側の世界と何らかのつながりがあるからこそ発生するのです。そこにこの「万有引力」というものが関係しているとすれば、それなりの根拠になります。これについては、またあとで触れることにします。


    2001. 1. 4.    店主記す


  補足説明

  あらゆる物質を構成する最も基本的なものは、一体何かということを調べるものが「素粒子理論」といわれるものです。電子、陽子、中性子よりも、さらにさらに先にあるものということです。この理論によって、クォーク、レプトンといったものの存在が予測されており、少し以前には「トップクォーク」の存在が確認されたということで、大騒ぎになりました。

  「超ひも理論」というのは、その素粒子理論の一つです。この理論の特徴というのは、その最も根元的な物質というのは一種類だけで、それは両端が結ばれた「輪ゴム」のようなものであると考えていることです。それが「超ひも」です。そして、その輪ゴムのようなものが、振動の形態を様々に変えることによって、性質の異なる物質に変化していくというのです。

  この理論計算式から導き出されるものが、この世界は、実は「10次元」、或いは「26次元」であるというものです。26次元というのは、左右非対称性を取り入れた場合の数値であるとのことです。
  ですから現在我々が棲むこの世界は、三次元世界であると言われているわけですが、実は、さらに次元を超える多くの世界の中の一部にすぎないということです。
  では、その10次元・26次元世界とは一体、いかなる世界かということになりますが、それについては、実は誰にも分からないのです。
  ただし、仏教には「十方法界」(十方微塵世界)という思想があります。また釈迦は24以上の仏の教化を受けたとも言われているそうです。ですから、あるいは釈迦という人には、それが分かっていたのかも知れません。もちろん、ただの偶然だと言ってしまえばそれまでですが、、。

 ですから、もしこの現実の世界が、10次元・26次元の世界に内包された世界であるならば、何が起きたとしても不思議ではなくなります。なぜなら不思議、不可解、奇々怪々な出来事とされているものは、次元を超えたあちら側の世界との結びつきで起きていることになるからです。ただそのつながり方が説明できないだけなのです。


  もし「超ひも理論」について調べられるとしたら、手ごろなものとして、

   〇 『超ひも理論と「影の世界」』 広瀬立成著  講談社ブルーバックス

   〇 『超ひも理論入門(上)(下)』
          FDピート著 久志本克己訳 宮崎忠監修   講談社ブルーバックス

  以上が参考になります。




 もとの場所に戻る。
     


s p ⇒