万物(森羅万象)は “リアルタイム” でつながっている
 ―――――――――――


   万物(森羅万象)は、リアルタイムでつながっている。

  これは、C・Gユングが唱えた「シンクロニシティ(共時性・同時性)」という現象を理解するためには、ぜひとも必要な考え方です。そして同時に、この世界が一体いかなる構造になっているのかを探るためには、不可欠なものとも言えるでしょう。
  ただし、何も根拠を示さずにこういうことを言うと精神状態を疑われそうですから、少々長くなりますがご説明しておくことにします。


  ユングが、シンクロニシティという現象を発見したきっかけは、黄金のカブトムシにまつわるある出来事からでした。
  ある時、ユングが診ていた患者の一人であった若い女性が「黄金の神聖なカブトムシを与えられる夢を見た」と話しました。するとふと後ろの窓ガラスに、虫がぶつかる音がしました。そして、開けたその窓から入ってきたのが、「神聖カブトムシ(スカラベ)」に近い「スカラベイド」であったというのです。
  しかもこの事件をきっかけにして、その女性の症状は、快方に向かったということでした。エジプトの神話では、スカラベは再生の象徴とされているそうです。ですからこの事例では、「黄金のカブトムシ」というものが持っている“意味・内容”が相互に結びついて、この現実の世界で発生・実現されたことになります。

  これとほぼ同様のことが、かつて私の周りでも起きました。ある時、我が家の隣に、漢字で「ハナオ」という屋号の人が越して来ました。この漢字は実は、まったく別の読み方をするのですが、普通に読めばハナオとしか読めません。
  その当時、私が履いていたサンダルは、皮の部分がかなり痛んでおり、新しいものと替える必要がありました。軽くて履き心地満点の桐のサンダルでしたから、私は、ぜひ皮の部分だけを手に入れたいと思っていたのです。
  ただしその当時は、ハナオ(鼻緒)とサンダルの皮が、同じ機能を持っていることに気がつきませんでした。そのことに気付いたのは、だいぶ後になってからのことです。隣の人がいなくなってからでした。つまり私自身は何も気が付かなかったのに、そうしたシンクロニシティという現象が生じていたのです。
 しかもご丁寧に、そのことを気付かせるもう一つの出来事が起きたのです。もしそれが起きなければ、結局、気が付かないままになったことでしょう。
  その後しばらくしてから、ハナオカ某という人から、何度も間違い電話が掛って来ました。発音的には、ハナオにカの一字が付け加えられただけの名前です。この時になって、ようやくハナオ(鼻緒)とサンダルの皮とが結びついたのです。どちらも下駄の部分を足につなげる機能を持つものです。そのことに気付いた時、私はただただ唖然としたものです。

  つまり私が欲しいと思っていたサンダルの鼻緒は、我が家の隣にハナオという人を呼び寄せ、さらにハナオカという人からの間違い電話まで呼び込んだと考えることができるからです。呼び込んだとは言わないまでも、これらのものが私の周囲で、時を同じくして発生したことになります。要するにユングの「黄金の神聖なカブトムシ」と同じことが起きたのです。
  尚、これは別件ですが、以前、大金が欲しい、どこからか遺産でも転がり込まないものかと思っていたら、突然、○○地所という不動産屋がやってきたことがあります。たしかに土地は金目のものには違いないのですが、不動産屋のおばさんがやって来てもどうしょうもありません。どこかで大きなズレが生じたようです。ゲンナマはいまだに手に入りません。どうやら金とは縁が薄いようです。


  さて、これらの事例が示すものは、万物が “意味・内容” によってつながっているということです。
  ユングの事例では、「神聖なカブトムシ」そのものが持っている“意味・内容”の部分で相互につながっています。私の場合もまた、「ハナオ(鼻緒)」というものが持っている“意味・内容”のつながりがあって生じたものです。
  そして、こうした出来事がこの世界で、実際に起きているということを認識する必要があるわけです。この認識を基礎として、さらに発展させたときに、『 万物(森羅万象)はリアルタイムでつながっている』という表題に示した基本原理を導き出すことが出来るのです。

  これは以前紹介したことですが、もし「万有引力」というものが、次元の壁を超えてそれらをリアルタイムで結び付けていると考えれば、そのことを無理なく理解することができます。
  つまりこの“力”は、この三次元の物質世界で「重力」として働くだけでなく、目に見えないあちら側(次元を超えた)の世界にもリアルタイムで届いていると考えればよいからです。また逆に、あちら側から届く情報によって、さまざまな不可解な現象や、奇奇怪怪な現象が引き起こされているということです。


  もう少し付け加えておくと、この基本原理は「こころの世界」にも働いていると考えられます。実際に、次のような事例があります。精神分析学の創始者であるフロイト自身が体験した出来事です。

  フロイトはある時、どうしてもライヒェンハルの次の大きな駅の名前が思い出せませんでした。後で分かったその駅の名前は、ローゼンハイムでした。フロイトはその一時間ほど前に、妹のローザの家を訪ねていました。つまりローザの家、即ち、ローゼンハイムというつながりが「家族コンプレックス」によって、記憶の中から消し去られたというのです。
  またある時は、長く付き合っているある患者の名前が思い出せませんでした。その患者は、失明の懸念を漏らしていたということです。そのことを手がかりにして記憶を呼び起こすと、われとわが身を弾丸で傷つけた青年の姿が記憶に登りました。この青年は、実はフロイトが思い出そうとしていた患者と同姓でした。ところがこの二人の青年の事例から、自分の身内の一人について不吉な予感を抱いていたことに気づくまで、その名前が思い出せなかったということです。
    ( 以上、フロイド選集・13 日本教文社刊 『生活心理の錯誤』 第三章 名前および文章を度忘れする場合 参照 )


  前者の例では、ローゼンハイムという言葉の類似性によるつながりが生じていたことになります。そして無意識的に「ローザの家(ローゼンハイム)」を記憶の中から追いやったために、ローゼンハイムという駅名までが記憶から消えてしまったのです。
  後者の例では、肉体的な損傷・或いは損壊がつながりになっています。自分の身内の者がそうしたことをしでかすかも知れないという危惧の念が、それにつながるものを記憶から消し去ったのです。

  これらの事例は、『万物(森羅万象)はリアルタイムでつながっている』という基本原理が、「思考」や「記憶」の分野にも機能していることを示すものです。同時に、精神分析療法で行われる自由連想法というものが、この原理によって成り立っていることが分かります。無意識の領域に押しやられた記憶も、意識界に残されている記憶とつながっているからこそ手繰り寄せることが出来るのです。

  もう一つ、次のような事例を紹介しておきます。
  植物の不思議な能力を研究している三上晃氏の実験によれば、植物の反応によって、見えないところのものが“見える”ということです。実際には、バイオセンサーという装置を使って行います。その実験装置は、植物に取り付けた電極と探したいものが写っている写真を、電気コードで結びつけるという簡単なものです。
  実際の実験は、次のようにして行います。まずサンプルとなる対象物(純金の板)をバイオセンサーに接続します。次に被対象物となる純金の板を入れたつぼを地中に埋めて、写真を撮ります。その写真にバイオセンサーを接続して電源を入れると、ランプが点灯して、その場所に純金の板があることを示します。
  次に、そのつぼを掘り出してしまってから、同様の作業をします。するとその写真からは、純金の板が存在することを示す反応が無くなります。つまり、ランプが点灯しないのです。
  同じ写真を使うのですから、本来であればランプはつかなければいけません。ところが、ランプが点かない。そして、再度、掘り出したつぼを元の場所に埋め戻すと、今度は、ランプが点きます。何度繰り返しても同じ事が起きます。
  このことから氏は、古くから言われている『万物はみなつながっている』というのは、抽象的な文学表現ではなく、現実の問題であると言います。そして、
   「地球上のあらゆる物質、動植物、文字通り一木一草にいたるまで、みなつながっているのである。宇宙の果てまでつながているのである。しかも、それは物理的にである。」と言っています。
      ( 以上、『知られざる植物の超能力』たま出版 三上晃 第二章 植物は人間の眼  に見えないものを写真から探し出す 参照 )


  この事例では、写真と現地・現物とが見えない糸でつながっていることにより、そうした実験結果が生じると考えられます。つまり写真に写っている景色は、現地・現物と何ら変わらないということです。それ故にセンサーに、純金の板の存在が反応として現われるわけです。
  そして、このバイオセンサーによる探索は、地図を使っても可能であるということです。つまり等高線という数本の線でかたどった地形図が、現地とつながっているというのです。これは「形状や形態の類似性、相似性」によるつながりです。それによって、そうしたことが実際に可能になっているわけです。

  またこの事例は、かなり重要な示唆を与えてくれます。等高線という線でかたどったものが、現地とのつながりを保っているということは、かなり簡略化されたものでもそれが何を表すかが、正確に認識されているということになるからです。
  従って、一筆書きの似顔絵のようなものでも、本人とのつながりが生じていることになります。またデザイン化されたものや、抽象化されたものでも、それが何を表すかが正確に認識されるということです。つまり、あちら側(次元を超えた)の世界には、そうしたわずかな類似性・相似性でも相互に結びつける機能があるということです。このことを知っておくことはきわめて重要です。

  なぜならこれによって、夢の「象徴化」の原因までが説明出来てしまうからです。フロイトによれば夢の中では、男性性器は人物となって現われ、女性性器は風景となって現われるということです。これは動と静の対比として捉えれば納得できます。雄大な風景の中を動き回る人物は、まさしく男性性器そのものです。
  また突起物や棒状のものは男性性器であり、凹所、空洞は女性性器であるとも言います。これはそれぞれの形状の特徴が反映されたものです。両者が合体して一体となる状況から来ています。
  さらに子供たちは、小動物となって現れるということです。これは活動的な子供たちの特徴が反映されていると考えられます。チョコチョコと動き回る小さな子供たちは、まさに小動物の動きに似ています。
  つまり思考の世界では、全てのものがそうしたわずかな類似性、相似性によって結び付けられていると考えることができるわけです。これは精神世界の謎を探る大きな手がかりになります。


  さて以上の事例によって「“ 意味・内容 ”の類似性・相似性」、「“ 形状・形態 ”の類似性・相似性」によって、互いが結び付けられていることが分かりました。ただし、こうした“つながり”を作り出す要素は、このほかにも様ざまなものがあると考えられます。
   「透視」というのは、人の持ち物からその人の記憶を辿ったり、或いはその人の現在の所在地を探したりする能力のことですが、これはその物が持ち主とのつながりを保っていることにより可能となる現象です。イギリスの警察では実際に、こうした能力を持つ人の協力を得て、様ざまな凶悪事件の犯人を捕まえることに成功しています。ですから人と物、物と物のつながりというのは無限のパターンがあると考えられるわけです。


  ということで長々と申し述べましたが、以上のような根拠によって、『万物(森羅万象)はリアルタイムでつながっている』という標題の考え方が成り立つわけです。そして、このような認識を基礎としてさらに発展させると、かなりとんでもない発想が導き出されるのですが、それについては、またの機会に、、、、。


                               2001. 1. 7.        店主記す



 もとの場所に戻る。
     


s p ⇒