オレゴンの渦 日本国内版 → 現在 3ヶ所
 ―――――――――――――――――――――
 

  新発見でーす。(^^)/。
  検索サイトを使って調べてみたところ、「オレゴンの渦」と同じような現象が起きている場所が、日本国内にも、何ヶ所かあることが分かりましーたョ。
  現在のところ、三ヶ所が見つかっています。
  アメリカ合衆国内にある 9ヵ所以外に、今回新たに 3か所が見つかったことから、合計で、12か所になりました。( ゚_゚;)
  
  おそらく広大な面積を有するロシア、中国、アフリカ、インドといった大陸にある国々にも、あちこちにあるに違いないと考えるのが正しいでしょう。ヨーロッパ各国も、また然りです。
  要するに、滅多に人が入り込まない秘境にあるために、知られていない。公表されていないから、知られていない。国家機密として隠されているから、知られていない。研究が秘密裏に行われているから、公表されない。等々といったところでしょうか。

  ですから、全世界的な規模でみれば、おそらくこの数倍、数十倍の数が、存在することになります。
  果たして、それらの場所は、一体全体どのような意味を持つのでしょーうか。(?_?)?


  ↓   ↓   ↓   ↓


  (一) 匹見峡ミステリーハウス

    この場所で撮影された動画が見つかりました。

     ↓ こちらです。
  2014匹見峡バーベキューキャンプ ...
https://www.youtube.com/watch?v=NNjh2sCu-zw

  ただし、ミステリーハウスでの場面は、かなり後の方です。
              ↓
     23:01  背比べをする場面
     23:40  木の板の上の置いたボールが、上へ登って行く 
     23:48  登れない階段  
  それぞれカットが短いので、注意深く見ないと、見逃してしまいます。


  以下は、写真だけの掲載ですが、主要な場面が網羅されています。

  T字型の背比べ台の使用方法が、パネルで説明してあります。
  このパネルは、目田森林公園にあるものとまったく同じです。書いてある説明文も同じです。ただ額縁にあたる部分が違うだけです。どうやら二か所で、同時に作られたものと思われます。

           ↓
  ひとり旅 [534] 匹見峡へ<ミステリーハウス&昼食は山菜料理を>島根県益田市
http://4travel.jp/travelogue/10344244

http://4travel.jp/photo?trvlgphoto=16219759


  同じく、写真だけです。

          ↓
  【匹見峡で夏を満喫!レポ@】
    〜春夏秋冬楽しめる!渓谷の匹見峡〜
http://www.all-iwami.com/blog/%E5%8C%
B9%E8%A6%8B%E5%B3%A1%E3%81%A7%E
5%A4%8F%E3%82%92%E6%BA%80%E5%96%
AB%EF%BC%81/



  ミステリーハウスと巨大迷路を尋ねる
http://portal.nifty.com/2011/05/12/c/2.htm


  人が斜めに立っている写真が掲載されています。

        ↓
  ミステリーハウスの関連タグ
http://tofo.me/tag/ミステリーハウス

  こちらには、いろいろな写真が掲載されています。
  小屋の外でも、人が斜めに傾いて立っている写真があります。




  (二) 目田森林公園

  こちらの目田森林公園は、フェイスブックに自分のページを開設しています。

         ↓
  https://www.facebook.com/pages/%E7%9B%AE%E7%9
4%B0%E6%A3%AE%E6%9E%97%E5%85%AC%E5%9C%92/402
740043182849#!/pages/%E7%9B%AE%E7%94%B0%E6%A3%
AE%E6%9E%97%E5%85%AC%E5%9C%92/402740043182849


  人が斜めに傾いて立っている写真が、何枚か掲載されています。
  でも、残念ながら、動画がありません。

  地元の人たちが、この場所で起きる現象の意味を、よく理解していないのかもしれません。
  もし、オレゴンの渦の日本国内版が、ここにあるのですよということになったら、この公園は大ブレイクします。観光の名所になることでしょう。
  ぜひ、立つ位置によって人の背丈が変わるところを、動画で撮影していただきたいものです。インパクトが違います。大きな集客力が期待できます。

  因みに、立てたホウキが自立することと、水が上に流れることは、こちらで確認されています。
       ↓
  続、オレゴンの渦を解明してみるの話
http://www.tabinomichi.com/?p=10520


 この目田森林公園と、下(一)の匹見峡・ミステリーハウスは、距離的にもかなり近いはずです。

   益田市匹見ミステリーハウス
 島根県益田市匹見町匹見植地

   目田森林公園
 島根県出雲市佐田町反邊1141?4

   どちらも同じ島根県内です。何か関連性や共通性があるのでしょうか




  (三) 白浜エネルギーランド ミステリーゾーン
       所在地 和歌山県西牟婁郡白浜町3083

  この施設では、実際に起きている様ざまな不思議な現象を、すべて目の「錯視・錯覚」によるものとしています。アトラクションの運営会社としては、科学万能主義の権化である日本物理学会を、敵に回したくないということでしょうか。
  そのために来場者に対しても、現代科学で解明することが出来ないような不可解な現象、非科学的な現象は何もに起きていないという建て前で、分かったような分からないような適当な案内を行っています。
  つまり、実際に起きている不可解な現象を、すべて目の錯覚という言葉を使って誤魔化しているのです。
      ↓
http://www.energyland.jp/knowledge/human1
http://www.energyland.jp/attraction/wonder/
mystery_zone.html



  そのために、T字型の背比べ台の上で起こる現象の本当の意味を、ほとんどの人たちが、まったく理解していないのです。人の背丈が変化することも、目の錯覚であると、思い込んでいるからです。
  ですから、ここで動画を撮ろうという人が、ほとんどいないのです。そうした意味合いから、次に紹介する動画は、かなり貴重なものとなります。

      ↓
 白浜エネルギーランド
https://www.youtube.com/watch?v
=tf6Ko2Pnvgs



  この人の背丈が変わる現象を、写真で撮ったものがあります。二人の立つ位置によって、双方の背丈が変化していることがはっきり分かります。
  しかし、来場者本人はこの不思議な現象も、やはり目の錯覚によるものであると思い込んでいます。そうした趣旨のコメントが書きこまれています。

      ↓
  FLHX症好群 白浜エネルギーランドとミステリーゾーン
http://sigeki-yossie.blog.eonet.jp/default/
2012/03/post-3221.html



  下の写真集の中ほどには、親子とみられる二人が、お互いに立ち位置を変えた状態で、その変化を比較した写真が掲載されています。
  二人は身体を、やや左側に傾けてバランスを取っています。何らかの力が、左側から右方向へ向かって働いているためです。その力の発生源に近い左側に立つと、背丈が小さくなります。

      ↓
  白浜エネルギーランド
http://kozaru98.fc2web.com/kouen/
wakayama/energie/energie.htm


  そのほかの動画も何本か紹介しておくことにします。オレゴンの渦で起きている現象と、同じ現象がここでも起きています。参考までにご覧ください。


  【R28ch】第50回 ぶらり旅 第8回 「エネルギーランドに行こう part4」
https://www.youtube.com/watch?v=
j9we7RnVKtA



  trickery in エネルギーランド
https://www.youtube.com/watch?v=
Yg2awLSqRvg



  坂を上るボール
https://www.youtube.com/watch?v=
KTPOH1sdTkU



  9/1白浜・エネルギーランド
https://www.youtube.com/watch?
v=xPj_4PhPdC4



  たとえ家が斜めに傾いていたとしても、健康な人が、その場所へ入っただけで突然、変調を来たすということはありません。それでなければ傾いた古い家を修理、解体する業者は、作業が出来ません。仕事になりません。
  ところが、この施設を訪れた人たちの感想として、次のような不可解なコメントが書き込まれています。
     めまいがする
     気持ち悪くなった
     立っているだけで気持ち悪い
     船に酔ったようになる
     目が回る
     平衡感覚が狂う
     頭痛や吐き気を催す

  こうした体調の異変は、その空間に働いている何らかの力によって生じるのです。つまり、その空間には、我々が知る四つの力以外の力が働いているのです。その未知の力によって引き起こされる体調の異変なのです。

  果たして、その力がなんなのかは、本来であれば、科学者と言われる人たちが解明することになるのですが、・ ・ ・ ・ 。
  今では、実際に目の前で起きている出来ごとでも、真に科学する科学者が、いなくなってしまいました。
  ほとんどの人たちが、目の錯覚だ。トリックだ。インチキだ。ペテンだ。と言って、取り合おうとしないのです。
  自分たちの手に負えない現象は、無かったことにするのが一番だからです。そうすれば科学者という権威と肩書きが、守れるからです。わが身にとって安全だからです。それが現代科学なのです。

  これで日本国内に、3か所が見つかりました。

  丁寧に探せば、まだまだ見つかるということでしょーうね。(^-^)/~~~~


                      太 平 楽 ^(^Q^)/^ ← 多重投稿者


                               2015.  11. 6.        店主記す



 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒