オレゴンの渦の未知の力を解明してノーベル賞を貰いましょう。 (^-^)/~~~~。
 ―――――――――――――


  今年(2015年)、ノーベル賞物理学賞を受賞した梶田隆章さんの功績は、素粒子の一つであるニュートリノに、"重さ"があることを証明したことです。
  それにより素粒子理論の一つである「標準理論」に、誤りがあることが判明しました。なぜなら、ニュートリノに重さがないことが、この理論の大前提となっていたからです。つまり、理論が破綻したのです。正しく言い換えれば、そもそも破綻している理論だったのです。
  そのために今、物理学の世界では、新たな理論の構築を求めて喧々囂々、侃々諤々の大騒動になっているとのことです。

  ただし、そのための基本となる"力"に関しては、これまで通り『四つの力』しか、念頭に置いていません。強い力、弱い力、電・磁気力、重力の4つです。もともとは一つの力であったものが、宇宙の誕生後、これ等の4つに枝分かれしたと考えられています。
  その四つの力を統合しようとするものが、統一理論であり、大統一理論とよばれるものです。さらには超弦理論、M理論といった最新のものもあります。

  ところが何と、オレゴンの渦では、この四つの力以外の力、つまり5つ目の力、6つ目の力が働いているのです。
  それによって、立つ位置によって人の背丈が変わったり、ボールやペットボトルが、下から上へ向かって転がって行ったり、さらにはホウキが、手を離しても自立したりするのです。

  ですから、その力が何なのかを解明しない以上、いくら理論の名前を変えたところで、この世界の成り立ちの解明にはつながらないということです。実際に存在しているものを、どれほど無視したり、否定したりしたところで、意味の無い理論が作られるだけだからです。破綻した理論の二の舞、三の舞になるだけです。
  そして、言い逃れのために使われる言葉が、目の錯覚であり、トリックであり、ペテンであり、インチキ等々なのです。ようするに自分たちに分からないことは、もともと無かったことにしようと言う態度です。科学者でありながら、目の前で実際に起きている出来ごとを、真に科学をしようとしないのです。これが現代科学なのです。つまり科学者と呼ばれる人たちが、真の科学の発展を妨げているのです。

  このたび行った調査により、我が日本国内にも、オレゴンの渦と同じような現象が起きる場所があることが分かりました。しかも6か所です。
  是非、そこで起きている不思議な現象を、ビデオで撮影して、インターネット上に大々的に公開してください。地元にとっては、大きな人寄せ効果が期待できます。有名な観光名所になることでしょう。
  しかも、それは地元の観光資源になるだけでなく、そこで起きている現象を広く人々に知らせることにより、実際に起きている出来ごとを、事実として多くの人たちに認識させることが出来ます。つまり、それは目の錯覚や、トリックなどではなく、人々の目の前で現実に起きる現象であるということです。
  人の背丈が変化するのは、実際の物理現象として、人々の目の前で起きるのです。ボールが上に登って行くのも、現実の物理現象なのです。また、ホウキが自立するのも、間違いのない事実なのです。

  ビデオの映像によって、そのことが広く認識されることになります。それにより、科学的な調査が始められる切っ掛けとなるに違いありません。
  目の錯覚だ、インチキだ、ペテンだと言って科学者たちが認めようとしない未知の力の存在を、現実に起きている現象として、多くの人々が認めることになるからです。

  ただし、その現象は、アインシュタインが知らなかった現象です。ですから、ヒントになるようなものは、何も残されていません。アインシュタインが残した最後の宿題は、重力波の観測だけです。
  従って、現代の天才的頭脳によって、新たな理論を構築する必要があるのです。つまり、これまでに提出されている理論とは、まったく異なる展開が必要になるわけです。それは四つの力だけでなく、5つ目の力、6つ目の力を統合する画期的な理論です。

  地球人類のさらなる進歩は、そこから始まるのです。つまり、それが宇宙人類への進化の第一歩となるのです。これは、それほど画期的で、斬新なものとなります。従って、その未知の力を解明した人物には、次世代のノーベル賞が与えられるに違いありません。今の時代を超越する偉大なノーベル賞です。

  ところで、オレゴンの渦の日本国内版が、関東圏にもないものかと思って探しているのですが、今のところ見つかっていません。
  まだ発見されずに、密かに眠っているスポットが、どこかにあるはずです。
  ご存知の方は、ぜひインターネット上に、その場所を公表してください。未知の力の早期解明につながることでしょう。


                           2015. 12, 14  太 平 楽 ^(^Q^)/^   ← 多重投稿者







 もとの場所に戻る。
      



s p ⇒