おばけ坂に " 斥力発電所 " を造ろう (^-^)/~~~~
 
――――――――――――――

  ハーイ。
  太平楽 太郎 でーす。(^o^)/。

  次の段階として、例のお化け坂に働いている"斥力"も、人によって創り出すことが出来るのかということですがぁ、、、。。もし、それが出来れば、大都市や、工業地帯のド真ん中に、斥力発電所を造ることが出来ますーヨネ。(^〜^;)/ 。
  ハテ、、さて・・・。


  【 突然、新たに出現した おばけ坂 】
  まず、2009年6月13日付けの朝日新聞から、次のような記事を紹介させていただきます。
        ↓

  不思議な坂 上りなのに転がる車輪
  確かに下り坂に見える。だが、ペダルを踏まないと自転車は進まない。折り返し点を回る。もと来た道は上り坂のはずだ。しかし、車輪はそろりと勝手に動き出す。
  中国・瀋陽市郊外にある「怪坡(クワイポー)(不思議な坂)」は、もとは単なる田舎道だった。90年春、通りがかった警察車両が故障した。そのとき、故障車が勝手に「坂を上り始める」のを見て、警官が驚いた。話が広まって地元紙が取り上げ、有名になった。
  長さ80メートル、幅25メートルの怪坡を端緒に、ホテルや動物園もある900ヘクタールの「瀋陽怪坡風景区」として開発され、年間約50万人が訪れる。取材に出向いた日も数百人の児童でにぎわっていた。
  瀋陽の小学6年生、邸佳博さん(12)は「上り坂なのにどんどん加速する。不思議!」と目を輝かせた。
  怪現象については議論百出。「地下の強力な磁場の作用」との説があったが、金属球と木製球を転がす実験では、両者に違いがなかった。
  最有力は錯覚によるもの、との説。風景区管理委員会によると、中国科学院の調査で、起点と終点の標高差は1.2メートル、傾斜角度1.87度と測定された。それでも低い方から高い方に車輪は動き出す。錯覚説も消えた。
  管理委の担当者は「これ以上調べる予定はない。手品と同じで、答えがわかったらつまらない。謎のままでいいんですよ」と笑った。(西村大輔)


  この記事には、写真が挿入されています。記事で紹介されている坂を、子供たちが、自転車で上って来ます。不可解な記事の内容が分かりやすくなりますので、全体のコピーを、次のページに掲載させていただきました。ご参照くださーい。(~ヘ~)。。
       ↓

  2009年6月13日
 朝日新聞 切り抜きのコピーです。




  現在、この坂は、次のようになっています。
       ↓

 http://blog.goo.ne.jp/shige1947311/e/2240f0c4a4ee9ed233956788e74ab7f6


 http://www.chiseioh.com/ja/shenyang/07.php


 https://kaumo.jp/topic/37328


 http://www.chiseioh.com/ja/shenyang/07.php


 https://www.google.co.jp/search?q=%E7%80%8B%E9%99%BD%E6%80%
AA%E5%9D%A1%EF%BC%88%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%91%E5%9D%82%EF
%BC%89&hl=ja&biw=1150&bih=797&tbm=isch&imgil=f1ijXBOZXsCQXM%253A%
253Bn7-7TGmUk5jf_M%253Bhttps%25253A%25252F%25252Fkaumo.jp%2525
2Ftopic%25252F37328&source=iu&pf=m&fir=f1ijXBOZXsCQXM%253A%252Cn
7-7TGmUk5jf_M%252C_&usg=__epFKIs8YHxUYpna3dIvmH9UPI-k%3D&ved=0ah
UKEwj7xdCCxN_RAhWEa7wKHSvSByQQyjcIOQ&ei=7MWJWPufH4TX8QWrpJ
-gAg#imgrc=f1ijXBOZXsCQXM%3A



  以上のように、新たなおばけ坂が、今から23年前の1990年4月に、突然、出現したということです。このような事実があるということを、認識しておく必要があーります。(^-^)//。


   * * * * ○ ☆★☆ ○ * * * *



  すでに指摘したように気功や、合気道や、スプーン曲げ、等で生み出される未知の力"斥力"は、一定のパターン化された力として生み出されます。
  ですから気功、合気道では、やる人が違っても、やり方が同じであれば、技を掛けられる側の人は、すべて同じような動き方をしーます。スプーン・フォーク曲げの場合も同様です。やり方が同じであれば、誰がやっても、同じような曲がり方をーします。( ゚_゚;)/。。

  それは、創り出される力の性質、性格、伝わり方が、一定のパターンに固定されているためです。つまり、そのような状態を創り出すための一定のパターン化された力が、すでに存在しているのです。その力を利用しているために、結果が同じくなるのです。

  これは見方を変えると、一定のパターン化された力が、この三次元の物質世界とは別の場所に、保存され、蓄積されているということです。その力を利用しているために、発生する現象が、すべて同じくなるのです。名付けて"力のプログラム"でーす。(=_=)//。。つまり、そのような現象を引き起こすように、"プログラミングされた力"のことです。
  もちろん、その名前を付けたのは、ボクσ( ゚○゚;)でーす。 呼び名が無いと、いろいろ不便ですかーらね。

  上の新聞記事で紹介されたおばけ坂は、次のようなものでした。
        ↓
  長さ 80メートル、幅 25メートル の範囲
  起点と終点の標高差は 1.2メートル、傾斜角度 1.87度。

  他の場所にあるおばけ坂も、いずれも同じような状況です。世界的に見ても、それほどのバラつきはありません。すべて似たり寄ったりの状態で、その不可解な現象が発生しているのです。
  それは、おばけ坂を創り出すための、一定のパターン化された"力"が存在し、その力が使われているためです。それにより、どこでも同じような状態のおばけ坂が出現するのです。上の新聞記事にあるおばけ坂も、その"力のプログラム"を利用して創られたのでーすョ。(σσ)/ 。

  その"力のプログラム"を起動し、駆動し、活動させることができれば、新たなおばけ坂を創り出すことが出来ます。そして、小高い丘の裾野に、そのようにして造り出した坂を、何本も並べれば、強力な発電所が出来ます。大都市部で必要とする電力も、そうして造った近くの発電所で賄うことが出来ます。

  そこで、なんとかして、その"力のプログラム"を起動させた人を探し出しましょう。その人ならば同様の現象を、別の場所でも発生させることが出来るに違いありません。が、、、しかし、今となっては、その人を見つけ出すことは、まず不可能でしょう。23年も前の事です。
  しかも、それは本人が、まったく自覚しない状態で発生した現象である可能性があります。つまり、重い荷物を持って、その坂を上っていたときに、「後ろから誰か押してくれると助かるのになア」と、ふと思う程度の感覚で出現したと考えられるからです。「このスプーンが曲がってくれるとうれしいなぁ」という感覚と同じです。かなり無意識に近い感覚です。その無意識的な願望が、おばけ坂となって実現したのです。従って、特に本人の記憶には残らない状況ーです。^(-_-)^。。

  ですから新たに、その"力のプログラム"を操作することが出来る人を見つけ出したほうが、容易であろうということになります。ただし、その場合は、いかにしてその人を探し出すか、という大きな課題が残されています。もちろん、その人探しには、多くのヒマと、カネが掛かります。人手も掛かりーます。(--;)。。

  さて、ここで、いよいよヒマと、おカネを持て余している人たちの出番が来ます。広い世間には、そういう人たちも、いないようでけっこう居るものです。腐るほどの大金を持ちながら、使い道が分からない。やるべき仕事も持たず、かと言って、他にやりたいことも無い。ただただヒマと、カネを持て余している。そうした人たちです。
  ぜひ、是非、その持て余しているものを、有効に使って戴きたいものです。世のため、人のために使えば、それなりの見返りがあります。少なくとも、感謝の言葉が返ってきまーす。すると天国、極楽からの引力が、強く働くようになりまーす。(^-^)/~~~~、、。


      * * * *  ○  ☆   * *  ★  * *   ☆  ○  * * * *



  【 ビワ樽の中の永久機関 】 

     おまけでーす。(^o^)/

   何者かが造った永久機関です。
         ↓

  オレゴンの渦の一つとして紹介した場所です。
  アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンバーナディーノ郡、キャリコ・ゴーストタウン

   Calico Ghost Town
http://www.youtube.com/watch?v=k2Cp3toqQiQ



   ここでもオレゴンの渦と同じ現象が起きていますが、さらに、ビワ樽の中の永久機関というおまけまで付いています。もしかすると、他の八ヶ所の場所でも、見つかっていないだけで、実際には、あるのかも知れまーせんネ。(゚_゚)/。

  上に紹介した動画の中に、下のような映像が映っています。
  水道の蛇口からは、水が流れています。ごく当たり前の風景のようですが、ただし、その蛇口は、水道管とつながっていません。ただ針金で、つり下げてあるだけです。 つまり、樽の中に流れ落ちた水が、蛇口との間を永久機関でつながれており、再び、その蛇口から流れ落ちているのです。通常では、あり得ないことが起きています。
             ↓

  画像をクリックすると、拡大写真のあるサイトのページが開きます。


  これは、なんとも夢のような装置です。この永久機関と同じものを、おばけ坂に応用して、そこに斥力発電所を造ろうということーです。σ( ゚○゚;)。。。

  そのための絶好の見本でーす。
  それにしても、これって、いったい誰が造ったんでしょうかね―ェ。(?_?)エ?。。


  * * * ○ ☆ ★ ☆ ○  * * *



  えーと、、。(^-^)
  万有引力は、誰もが知っているように、アイザック・ニュートン(1642-1727)が、サルや、リンゴの実が、木から落ちるのを見て発見した“力”です。 少し前には、空から爆弾が、雨あられと落ちてきました。今ではときどき、飛行機や、ミサイルが落ちて来ます。燃え残りのロケットの破片や、残骸も落ちてきます。ニュートンが発見した引力のせいです。約300年以上も昔の発見でしーた。(*^ー^*)¥ハーィ。。

  また、時どきですが、空から大量の魚や、ヒキガエルや、氷の塊りや、その他、様ざまなものが降ってきます。日本国内では数年前に、オタマジャクシや、小魚が降って来て、ニュースになりました。これもすべて、ニュートンが発見した引力のせいです。

  悪いことばかりしている人には、天罰が下ります。これもまた、引力によるものです。自業自得の原理と、神の摂理に基づくものです。
  神仏がお創りになった原理、法則ですから、その天罰は、偶然ではありません。引力によってもたらされる、必然です。
  この世は、悪が滅びて、善が栄えるようになっているのです。地獄、極楽は、そのためにあるのです。
  悪いことをした人たちは、地獄へ行って、閻魔様に八つ裂きにされます。釜茹でにされます。もちろん、よい子のみなさんには、縁の無いお話です。σσ(^.^)ボクモヨイコデース。。

  一方の万有斥力は、いまだに発見されていない未知の“力”です。この人が第一発見者ですよと言って、ノーベル賞を貰った人は、まだいません。オレゴンの渦や、おばけ坂へ行けば、誰もが、身をもってその存在を確認することが出来るにもかかわらず、なぜか発見されていないのですーヨネ。(?_?)エ?
 
  これは科学者とよばれる人たちの、怠慢によるものです。それだけ真理を探究し、物ごとを真剣に科学する真面目な学者が、いなくなってしまったのです。おそらく、大学教授という肩書のほうが大事だからなんでーしょうーネぇ。(=.=)。。

  真理の探究には、ヒマとカネが掛かります。しかも、必ず見返りがあるとは限りません。人生を棒に振ることにもなりかねません。、、が、、そもそも異端のレッテルを貼られるのが、恐いからですかーネぇ。
  なんでも日本物理学会の会員は、約一万八千人もいるということです。科学者だけが集まる大集団です。もちろん全国的な組織です。
  が、、どーやら、この学会の体質から、変えて行く必要がありそーうですょーオ。いっそ無くしてしまえってか。('_')/(^^;)。。
 
  いずれにしても引力と、斥力は本来、表裏一体で存在している“力”であり、それぞれが別々の機能を有します。従って、ニュートンは、その片方だけを発見したにすぎないということなのーですーョ。(^0^)/。

  ですから、こういうことを言っているボクが、その斥力の第一発見者になりそーうです。なぜって、他の人たちは、何も言っていないんだからーサ。
  ボクにノーベル賞をくだーさい。σσ(( ゚○゚;)。。ア、、賞状は要りませーんヨ。晩さん会の食事もいりません。賞金だけでいいでーす。。σ(^!^)。。

  ところで、そもそも問題なのは、多くの人たちが引力も、斥力も、それ以外の様ざまな力も、人が意図的に創り出すことが出来る力であるということに、まったく気づいていないということです。未知の力は、人為的に創り出すことが出来るのです。そのことに、気づいていないのです。
  そうした基本認識が無いために、たまたまその現象を生じさせた人を、超能力者、異能者と呼ぶならばまだしも、逆に、ペテン師だ、インチキだ、手品だ、錯覚だ、トリックだ、などと言って騒ぎたてるのです。遂には、人格攻撃までして、社会から抹殺しようとするのーです。( ゚_゚;)//オーコワ。

  要するに本来、起きて当たり前の事が起きているにも関らず、無知、無能、おバカであるがために、不可解な出来事、奇怪な出来事になっているのでーすョ。
  なぜなら、科学的常識という高ーい壁が、立ちはだかっているからです。まさにおバカの分厚いカベなのでーす。^(゚_゚)^ 。。
  でも、これを読んだ人たちは、きっとおりこうさんになりますーるょ。。(σ_σ) ???。。

  ということで、、、
  なんとかして、このおばけ坂をあちこちにたくさん造って、そこに斥力発電所を造りましょう。そうすれば、危険な原子力発電所は、使わなくて済みます。日本列島は、地震の巣の上に成り立っています。この国に、原子力は不向きです。
  未知の力を、既知の力にして、その力を有効に使いましょう。(*^ー^*)¥ハーィ

   でーは、デワ、、
     またの機会にいーぃ。(^o^)/~~~~~~~。


   太 平 楽 ^(^Q^)/^ ← 多重投稿者


     2013.  2. 8.        店主記す




 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒