永久機関


  
永久機関が ・・ 二か所に ( ゚_゚;)
 
―――――――――-――――――

  ハーイ。
  太平楽 太郎 でーす。(^o^)/。

   おまけでーす。(^-^)/~~~~

  上のページで紹介した永久機関は、次のようなものでした。ここに再度、ダブって紹介しておきます。なんとなればこうした装置が、確かに存在していることを認識した時に、はじめて今回の事例も同じものであることに気付くことが出来るからです。
  そうした必要性に基づくことを御承知おきください。

    ↓     ↓     ↓


 ―― 最初に発見した永久機関 ――


  【 ビワ樽の中の永久機関 】 
         ↓

  オレゴンの渦の一つとして紹介した場所です。
  アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンバーナディーノ郡、キャリコ・ゴーストタウン

   Calico Ghost Town
http://www.youtube.com/watch?v=k2Cp3toqQiQ



  上に紹介した動画の中に、下のような映像が映っています。
  水道の蛇口からは、水が流れています。ごく当たり前の風景のようですが、ただし、その蛇口は、水道管とつながっていません。ただ針金で、つり下げてあるだけです。 つまり樽の中に流れ落ちた水が、蛇口との間を永久機関でつながれており、再び、その蛇口から流れ落ちているのです。通常では、あり得ないことが起きています。
             ↓

  画像をクリックすると、拡大写真のあるサイトのページが開きます。


  これは、なんともゆめのような装置です。この永久機関と同じものを、おばけ坂に応用して、そこに斥力発電所を造ろうということーです。σ( ゚○゚;)。。。

  そのための絶好の見本でーす。
  それにしても、これって、いったい誰が造ったんでしょうかね―ェ。(?_?)エ?。。


  * * * * ○ ☆★☆ ○ * * * *


  ―― 二つ目の永久機関 ――

  【 手押し井戸の口と水桶を結ぶ永久機関 】

  今回発見した事例も、すでに紹介した次の動画の中で紹介されています。
    ↓

  【 6 】
  アメリカ合衆国 ノースカロライナ州  ブローイングロックにある ミステリーヒル

  The Amazing Mystery Hill! Pawan P Janveja isTotally Fascinated!
http://www.youtube.com/watch?v
=hV7VkaeKmzg&NR=1&feature=endscreen



  この動画の始めの方に、手押しポンプの井戸の水が、下の水槽に流れ落ちる映像があります。その水は、さらにその下の水桶に注ぎ込んでいます。
  下の写真をご参照ください。
     ↓




  この場面の拡大写真が、次のサイトに紹介されています。
   ↓

http://img.groundspeak.com/waymarking/
bcf6f5e5-b960-45aa-9027-2370995a721b.JPG


    ↑
  画面をクリックすると、より大きな画像になります。


  この写真を見て気付くことは、上の水槽から下の水桶の中に流れ落ちた水が、外部に溢れ出していないことです。地面に、流れ落ちていないのです。
  つまり井戸の出口と、水桶が、上の動画の蛇口とビワ樽のように、永久機関でつながれているのです。要するに両者が、循環機関でつながっていることになります。
  これは上のビワ樽の中の永久機関の存在を認識した時に、初めて気付くことが出来ます。まさにあり得ない構造物であり、通常の感覚では見逃してしまいます。


  * * * * ○ ☆★☆ ○ * * * *


  この二つの場所に存在する永久機関は、地球の引力によって下に流れ落ちる水を、何らかの方法で、元の場所に戻すことにより成り立っています。水が地面に溢れ出していないのは、そのためです。

  原理的には、流れている水の中央部分に、チューブ状の引力(=引力チューブ)が機能していることにより、再び水が、もとの場所に戻されていると考えられます。
  つまり、第一の事例でいえば、水道の蛇口から、ビワ樽の中に落ち込む水流の中央部分に、細い引力チューブが通っており、それが逆流ポンプの役目を果たすことにより、ビワ樽の中の水が再び、蛇口まで戻されているのです。

  二番目の事例も、やはり流れ落ちる水の中央部分に通っている引力チューブによって、桶の中に流れ落ちた水が、再び、井戸の口まで戻されているのです。
  こう考えると、なんとなく説明が付けられそうです。実際に、現場へ行って、色の付いた水を流してみれば、そのことを確認することが出来るでしょう。

  この引力チューブは、おそらく水だけではなく、他の様ざまな物も吸い上げることが出来るに違いありません。以前、牧場で飼われていた牛が、空中に引き上げられて、空高く上って行くという不可解な話がありました。また、UFOにさらわれたと証言する人も、勝手に身体が浮き上がり、気が付くとUFOの中にいたということです。こうしたことを実現させる装置が、この引力チューブである可能性があります。
  それにしても、こうした不可解な現象を可能にしている技術には、ただただ驚嘆するしかありません。

  もちろんこの考え方を、妄想じみていると思う人もいることでしょう。そうした人たちは、ぜひ地球上の最先端の科学で、理論的に解明してほしいものです。何と言っても、実際に起きている現象なんですから・・・・ネ・。。
  科学者の皆さん、がんばって、、、ね・・・。(^~^;)/ 。。ア、、べつに応援しているわけではありませんけど、、ネ、、。σσ( ゚○゚;)。

  ということで、、、
   でーは、デワ、またの機会にいーぃ。(^o^)/~~~~~~~。


    太 平 楽 ^(^Q^)/^ ← 多重投稿者



  この装置が見つかったのは、今のところ二ヵ所だけですが、おそらく他の場所にもあるに違いありません。丹念に探せば、残りの7ヶ所でも見つかることでしょう。
  ヒマとお金のある方は、ぜひ現地まで行って調べてくださいーな。(^0^)/。。


       2013.  4. 7.        店主記す



 もとの場所に戻る。
      


s p ⇒